高血糖 の 記憶 ❗ ➕ 糖 タンパク質 ❗ ➕

  ⛲  高血糖 の 記憶 ❗  ➕  糖 タンパク質 ❗ ➕
      ;
   解放を急ぐべき、 シナによる  
  桜木琢磨市議らへの実質での拉致事件ら❗
      ;

        ○●        日本医学   ;     和方❗   ;
 三石分子栄養学  ➕  藤川院長系  ;   代謝医学   
   ;       
       ☆     より、 体だけの現象な事ら、と、
   精神系の現象な事ら、 との、
  すべてに関わる、 
   『  代謝  』、 らや、 その各々は、

     人々の心と体の健康性や命を、
  能く、成し付け得る、 もとな、
   要因性 、でもあり、

    それらを、 より、よく、
  成し付ける事を、 
   目的な事として観宛てる場合において、
    より、 直に、 自らで、
  それらを成し付け、
   それらの成る事と、
  自らの成る事とを、 重ね合わし得る、
    目的性 、 でもあり、

   それらを、 加減し、左右する事で、
  より、直に、 それな自らで、
  人々の命と健康性との、あり得ようら、
  を、 加減し、左右し得る、
   目的性の要因性 、 を、 自らへ、
  観宛てられるべき、筋合いにある❗ 。

     より、 目的性の度合いを、
  自らに帯びない、 要因性を、
    外因性 、とするならば
        、
    より、 直に、 自らで、
  人々の命や健康性の度合いらを成す、
 のに必要な、 あるべき、代謝を、 成せない、
   運動性ら、などは
      、 
   あるべき、あり得る、代謝ら、への、
  外因性 、であり
       、
  より、 間接的に、
  あるべき、代謝らを左右し得る、
   立場にある。

    より、 あるべき、
 代謝系らを成し付け得るようにする上で、
   一定の運動性ら、などが、
  特定の、 あるべき、代謝らを成さしめる、
  手続きな事として、 より、 欠かし得ない、
  ものである場合らにおいては
      、
    その場合ごとの、 それらは、
   より、 その目的な事を成す向きで、
  より、目的性の要因性としての度合いを、
   自らへ、観宛てられるべき、
    立場を占める事になる。

       その場合も、 
   あるべき、 代謝ら、の、 各々や、
   より、 全体が、 
    人々の命や健康性を、 より、直に、
  自らで、成す、
   その、 目的性の要因性 、 である、
    その度合いを、 どれだけに、 成し、
   それへ、 どれほどに、  自らで、 直に、
   関わり得るか、の、 度合いらに応じて
       、
     それら、の、 
   人々の命や健康性を成し付け得る、
  向きでの、 重要性の度合いら、が、
  観宛てられるべき、  筋合いを、
   自らに帯びる事になる。

     薬らや、 手術ら、などによる、
  あるべき、代謝ら、や、
  それらの連携性を、 成し得る、
    度合いら、は
       、
   薬らや、 手術ら、 などの、
   人々の命や健康性とを成し付け得る、
   事へ向けての、
   それらの重要性の度合いら、でもある、
   が、
    あるべき、 代謝らの全体へ対して、
   薬らや手術ら、などの、 成し得る、
  代謝らは、
    数    %    、 以内の、 
   度合いのものでしかなく
      、
    その連携性を成し付け得る事での、
   重要性の度合いら、が、
   それより、 甚だしく、
   大きく、 あり得るにしても
      、
    それらを合わし得た以上に、
       人々が、 日頃に、
   飲み食いする宛ての物らによって、
   あるべき、 代謝らの全体を、 より、
  漏れ、を、無しに、 成し付ける、
   事の方が、  圧倒的に、 成し得る、
   重要性の度合いは、 大きい❗
   。



  
     ☆      ドクター江部❗
     ;

    近年では、  
   AGEs          ≒        終末  糖化  産物ら      
   ≒      
   ご飯、の、 お焦げ、の、 成分ら       
   ≒       糖 タンパク質 ら         
    、    
     *の、
    血管壁への蓄積 ✔️
  が、
   糖尿病 合併症 への 元凶ではないか、
  と、 言われています。


      AGEs   
   、  には、 
   体内で産生されるもの
    、
    と、
   食事に由来のものがあります。


     糖質制限食では、  
  肉や魚や卵、 などの、
  動物性 タンパク質 、 を焼いて食べる、
   ことが、 よく、あります
   ので
   食事に由来の、  AGEs  
   、が、 
   有害か、無害かは、 気になる所です。



  A)     体内で産生される 、
     AGEs   、は、  有害 ✔️
    ;

  1.      体内で、  高血糖により、 産生された、
  AGEs  
  、 が、  
  細小血管合併症に関わることは、
  以前から、 指摘されていました。


   『   細小 血管 合併症   』
     、  
   とは、
  糖尿病 網膜症 、や、  糖尿病 腎症 、 です。


  2.     さらに、 近年には、
   「   高血糖の記憶  **  」  
   、  
   という概念で、
  米国の大規模臨床研究・DCCT の、
  フォローアップ試験である、 EDIC-DCCT の報告
   、
  UKPDS の、 20年後の解析で
   、
  大血管 合併症 にも、  AGEs 、 が関わっている ✔️
    、
  という説が、有力となっています。
 

   『   大血管 合併症   』   
     、 とは、
 心筋梗塞、や、 脳梗塞  、 などです。


   高血糖の記憶・借金を残さない ✔️
  ためには
   、
    糖尿病の、発症の初期の段階から
   、
   血糖 への 制御性を保つ ❗
  、
  ことが、 大切です。



   当然、 早ければ早いほど、 いいわけです。
  
    糖尿人の皆さん、  
   カロリー制限食
    (   高 糖質 食   ) 
     、
     では、  必ず、
   『  食後 高 血糖  』 が生じ、
  将来に、 借金を残します。


    是非、糖質制限食で、 速やかな、
    血糖コントロールを目指ししましょう。


   3.     糖尿病でない人でも、
     AGEs  、 は、  蓄積します。


     血管壁
  以外においても
   、 
  全身の、 タンパク質 に、
   ブドウ糖 、が、 へばりついて
   、   
     AGEs 
   、
   となります。

   
   
  ️⛲   【   繊維状な、 タンパク質である
          コラーゲン❗
           は、
    血管ら、などを構成する
   が、
   コラーゲン 、たちが、
  そうした、組織らを、 より、 丈夫に成す❗
    、
   三重の、螺旋 ラセン 、な、 構造を、
  能 ヨ く、 健全に、 成し付ける❗
    、
   のに、 必要な、 代謝員 、が、
  『  ビタミン  C  』   】
      ;


  骨のコラーゲンにたまると、 
   骨粗鬆症 ✔️
    、
   皮膚のコラーゲンにたまると、 
    シワ ✔️
     、
   目の水晶体にたまると、
     『   白内障 ✔️   』
      、
      となります。




          🌍🌎      『    子宝 ビタミン  E❗  』  
                 ;
    【       人々が、  大量に撮るべき、
     ビタミン   C    、 などが、
    他者から、  その枠内の、 電子  e➖  、を、
   自らの側へ、 引き寄せて、 奪う、
   電子強盗になる事を、  未然にも、
   より、 差し止め❗
       、
   子宝    ビタミン   E1 、 を、
    はじめとして、  色々とある       】   ;

  【      バス・ジャック事件に巻き込まれて、
    大火傷を負わされた後に、
    女流作家に成った、 日本人が、
    『  子宝    ビタミン   E❗  』   、 の、 大量な、
  肌への塗布、 や、 摂取により
   、
   その火傷した肌の健全性を、 大いに、
   回復し得た例、 などが、
    報告されており❗ 
       、
  細胞ごとの、物流を、よくするのに、
  必要な、代謝員       】    ;
 
      『   ビタミン   E   』   ; 
  【     C29    ➕    H50    ➕    O2     】   ;
            。



         🌍🌎     『   ビタミン  C  』
    ;
  【      疫鎮    ヤクチン    ;      ワクチン     ;
  、らの、  あり得る、  副作用ら、 の、
   度合い、を、 より、 軽減もし、
    ウィルス 、らの本体を、
   断ち切りもし、
  実験らでは、
   肺病を成す、  結核菌たちを、
   全滅させもし
  、
   繊維状、 な、 タンパク質 、である、
   コラーゲン 、 たちを、 より、
   丈夫に成す、事において、
   血管らを構成する、 組織ら、を、 より、
  丈夫に成しもし
 、
   免疫員、な、 白血球たちの各々を、
  より、 活性化して、
  働き者にしてやりもし
  、 
    その体に、  不具合ら、 が、
  余計に、 あれば、ある程に、
  より、  大量に摂取しても、
   腹が、 より、 下らなくなり
  、
    腹の、ゆるみよう、や、 下りよう、を、成す、
  それへの摂取らの度合いが、
  その体の中にある、 不具合らの、
  度合い、への、目安になる、
  『    補酵素   ホコウソ   』   
    、
   だが、
 自らが、 電子強盗に仕立てられる事による、
 あり得て来てある、害ら、へ対して
  、
 『 子宝 ビタミン E1 』 、
 などによる、 差し止め、が、必要であり
  、
  ビタミン E❗ 、らによる、
 電子強盗らへの、 ➕分な、差し止め❗ 、には
  、
  自らは、 他者へ、 
 負電荷な、 電子 e➖ 、を、 与えながらも、
 自らは、電子強盗に、成らない❗ 、
 アミノ酸な、 『 システイン 』 、 らの、
 ➕分に、補給されてある、事が、必要だ  】
     ;  
    『   ビタミン  C   』    ;
  【    C6    ➕    H8    ➕    O6    】   ;
          。




      血の中の、  AGEs  、 が多いと
    、
   『   歯周病 ✔️   』
     、
    にも、なりやすいのです。


  
  B)     食品に由来の、   AGEs  、 については、 無害か。


      食品に含有される、  AGEs 
    、が、
  人体に有害か、否かは、
  現在は、論争中です。

   歴史的にみると、 
  人類が、 火を使うようになり
    、
  食事からの、  「   AGEs   」 、  への摂取は、
   劇的に、 増加しました
   が、
   火を使い始めて、 人類の寿命が縮んだ、
  という話は、 聞いたことが、ありません。


    人類が、自ら、火をおこして、 日常的に、
  使い始めたのが、 いつからかは、明確には、
   わかっていません
   が、
  約  百万年前 
  、と、 されているようです。


   従って、 
  人類の歴史から考えると、
  食品に由来の、  AGEs 
  、は、
  人体に無害な、 可能性が高い❗
   、
 と、考えられます。


   そして、 
   生体内の、   AGEs 
  、  が、
 食品の、 AGEs 、に由来するか、どうかです
   が、
   それを示す、   エビデンス      ≒        証拠      、
    は、 
   実は、 少ないのです。 


     現実には、  毒性を示す、  AGEs 、の、
    具体的な構造が、 不明 ✔️
   なので、
   食品に含まれる量や、 生体への吸収濃度も、
   不明です。


    AGEs 、の 毒性を示す根拠となる、
    疫学的研究も、ありません。


    食品に由来の、  AGEs 、 が有害   
   、  という、
    根拠は、 ほとんど、無い 
   、に等しいのです。


    また、
   日本の伝統的な食品である、
  「  味噌  」 、  「  醤油  」
    、 
  は、
    AGEs 、  の 含有量が、
   極めて多い食品です
   が、
    それらを毎日に摂取している、 日本人
   の、
    平均寿命は、 世界有数のランクであり、

   2013年に、  ユネスコは、
  「  和食 」  、 を、
    無形文化遺産に登録しました。


    このように、
   食品に由来の、 AGEs
   、は、
   無害であり、

  焼き肉や、焼き魚、に、 揚げ物、 などを含む、
    糖質制限食を、安心して、食べて良い
    、  
    と、 思われます。



   C)     AGEs 値 の 検査
      ;

    様々な 、 AGEs 、 がある
    ので、
  一つの検査法で、   AGEs 、の 総量を測定する、
    ことは、 困難です。


    一方で、
     近年には、  各種の、  AGEs
   、の、
    化学構造が解明された ❗
   ことや
   、
   【   酵素  コウソ  、らなどと同じく
     、
   色々な、アミノ酸 たちを構成分として、ある、
    タンパク質 、 から成る   】
    、 
   『   抗体   』
    、 
  らを、
   作成する、 技術の進歩によって
   、
  個別な、  AGE 
   、の、
  血液検査での測定法が、
   確立されました。


    2千6年には、   ELISA法による、
    血中 ペントシジン 測定
   が、
   腎機能 検査 項目 において
    、
   保険 収載     (    実施料    百30点    )
      、 され、
   臨床検査として、測定されるようになりました。



    『   ペントシジン   』
    、  は、
   構造が同定されている、
     数少ない、  AGEs
  (   糖化  最終  産物   )  、らの、一つです。


 
   『   ペントシジン   』
    、 は、
    コントロール不良の、 糖尿病、や、
  腎不全で、
     高値 ✔️
  、 となります。


 
   血漿の中の、  クレアチニン値が上昇する ✔️
   以前の
   「   軽度  腎機能  障害期   」 
    、 から
    、
  「   高度  腎機能  障害期    」 、   「   腎 不全期   」
  、
 「   尿毒症期   」 、   「   血液・腹膜透析期   」
   、  への、  
   腎機能の低下に伴い
   、
    血漿の中での濃度が上昇する ✔️
   ために、
    腎疾患への診断に、 有用です。 



     AGE 測定器 
  (    腕に光をあてて、測定    ) 、も、
     あります
    が、
    保険が効きません。



   D) 私の結論  ;

 1)   体内の血糖 ✔️ により、 産生された、
    「   AGEs   」
    、 
          は、
    動脈硬化、や、 老化、に、
   糖尿病 合併症 、  などの、  リスクとなる。


    すなわち、
    糖質 への 摂取 による、
    『  食後 高 血糖  』
      が、
     大きなリスクとなる。


  2)  食事に由来の、  「   AGEs   」
     、は、
   動脈硬化、や、 老化、に、  糖尿病 合併症、
   などの、 リスクには、ならない❗
    、
    可能性が高い。


     諸説がありますが、私は、現時点で、
    このように考えています。



      ☆    AGEs   ;

     ブドウ糖は、 体内で、 タンパク質に、
    へばりつく性質があります。

    タンパク質と糖が結びついた物質
   で、
    AGE 
  、 と呼ばれる、 物質 、があります。


     Advanced    Glycation    End-product  
    、の、
    頭文字らをとって、   AGE  
    、 です。


   日本語では、  
  終末 糖化 産物
    、 と訳されています。

 
   過剰な血糖は、糖化反応により
   、
    血管壁のコラーゲン
   、 などの、
    色々な、タンパク質
    、 に付着します。


    付着した糖は、 一部が変性して、
     アマドリ化合物    
    (   変性  ブドウ糖   )   
    、   となります。


   この、 アマドリ化合物から、
   さらに、
     糖化反応が進行すると、    
   AGE
  (   終末  糖化  産物   )
    、   ができます。


     AGE 
   、は、 
  糖尿病 合併症 を引き起こす、
    重大な原因の、1つです。


    AGE  
  、には、  多種の物質があります。


    それらを総称して、  
    AGEs
   、
   といわれます。

  
  日常に、 よく検査される、 
    グリコ・ヘモグロビン
   、や、 
   グリコ・アルブミン 
   、 は
   、
   糖化反応の、 前期の生成物である
    、
   『   アマドリ 転位 生成物   』 
   、 
     です。


     **高血糖の記憶    ;

    糖尿病 血管 合併症 の メカニズムを、
    特徴的に説明する、
   高血糖の記憶
    (    hyperglycemic  memory    )    
   、  と呼ばれる、
    概念があります。


    「   高血糖の記憶   」 
    、  とは、  
   過去の、
    高 血糖 レベル
   と、
   その曝露期間が、
    生体に記憶され、
   その後の、 
  血管合併症の進展を左右する ✔️
   、
    という、 考え方です。
  

     ヒトの糖尿病において、
     この、
 「   高血糖の記憶   」 、  の存在を示す、 
   エビデンス
   (   証拠   )   、   として、

   米国の、 1型 糖尿病 患者 への
  大規模 臨床 研究・DCCT、
   の、 
   フォローアップ試験である、
  EDIC-DCCT  、の、  報告があります。


    DCCT   、では、
  1型 糖尿病 患者を、 
  従来の 通常 療法群
   と、
 より、厳格に、  血糖 への 管理を行う、
   強化 療法群 
   、 とに分け、
    平均で、
   6・5年間、を、 追跡しました。


  その結果にて、  
  通常療法群に比べ、
  強化療法群で、
     平均の、
   HbA1C 値 が、   
   1・9  %
    、を低下し、

   強化療法群で、 
  血管合併症への進展リスク
   が、
    大幅に、 減少しました。  (☆)




   ⛲    『  ヘモグロビン・エー・ワン・シー     ;
   HbA1C  』
           ;
    【     赤血球の内側に、 沢山がある、
   鉄分を帯びて、成る、 タンパク質な、    
  『   ヘモグロビン   』、 へ、  
   最大で、  4個まで、  
   『   ブドウ糖    』、  が、くっついて成る、
    『 糖 タンパク質 』
   、で、
    赤血球の、ヘモグロビン、らが、
  細胞たちの各々へ、  酸素    サンソ    O   、
  たちを送り届け得る、  度合いが、
    ブドウ糖により、
   相応に、 減ってしまう❗     】  
     ;
    『 グリコ・ヘモグロビン  』    ;
     『 糖化 タンパク質❗ 』
    ;
   食後高血糖が、
   数年間、 を、 続いたあとに、
  空腹な時での、血糖値が上昇する❗  、 という、
  流れが、 ほとんど、
   なので、
   <     早朝 空腹時 血糖値と、 HbA1c    >
    、だけでは、
   食後高血糖を見逃す❗、 
   可能性が極めて高い  】
    。



    同研究の終了後に行われた、 
   EDIC-DCCT 
  、では、
  通常 療法群にも、  強化 療法 を実施し
  、
 両群を、さらに、 平均して
  、
   11年間、を、 追跡しました。


  つまり、  
 「   継続的な 強化 療法群   」 
    、と、
 「    通常 療法  →  強化 療法群   」
   、 との、
  2つのグループらでの比較
  が、
 DCCT   、の、終了後の、  11年間、に、
  行われたことになります。


  その結果にて、  
 開始から、  3  ~  4年で、
  両群の、  平均の、  HbA1c 値 
  、 が、
  ほぼ、 同等となった ❗
   、
   にも関わらずに
   、
   11年間の、
   心筋梗塞 、 脳卒中 、 心血管死 、の、
     リスク  
  、は、
  「   継続的な 強化 療法群   」 、 の方
  が、
    やはり、
    低かった
  (    相対 リスク    57 %  、 低下   )   
    、  ことが、
   報告されたのです。    (☆☆)


     すなわち、 
   糖尿人において、  
    一定な期間を、
  血糖 コントロール が、不良であれば
   、
   高血糖の記憶が、  
  「   借金   」 、 のように、
  生体内に、 残り
   、 
  その後の、 
  良好な、 コントロールが得られても
  、
   血管 合併症 リスク
 での差は、 縮まらない ✔️
   、
  ことが、 示されたわけです。
 

    この借金の正体が、
   組織に沈着せる、   AGEs 、ではないか
   、
   と、言われています。


    まだ、 仮説ではあります
   が、
  組織に沈着した、 AGEs
   、が、
  血管を傷害し続け、
 動脈硬化への元凶となり
  、
  「   高血糖の記憶   」
   、  を、 最も、よく、
    説明する
  、と、 されています。

(☆)  N Engl J Med 1993; 329: 977-986
(☆☆)  N Engl J Med 2005; 353: 2643-2653




  ⛲  高血糖の記憶。
      質の良い HbA1c と
     質の悪い HbA1c 。
   
    食後高血糖。

  2021/  10/12  14:51 0 -
【   日付
    21/  10/12
   高血糖の記憶について
   おはようございます。
  いつも、色々な知識を教えていただき、有難うございます。

   先生が  高血糖の記憶  と呼ばれているものについて
   お聞きしてよろしいでしょうか。

  当方  40代女性です。  
  糖質制限歴 1年弱 です。

   先日、 心雑音を指摘され、
  たまに、息苦しさや胸痛を感じることもあり
   、
  心臓エコーをとりました。

   とりあえず、 
  弁膜症ではない と言われました。

   ➖か月後に、 造影剤 CT をとることになっています。

    検査説明で、
  もし、 プラーク  などがたまっていたら
   手術の可能性もないことはありませんと言われ、
  こちらで
  糖尿病により、
  ステント手術を受けたことがある方のコメントを思い出しました。

   私は、 過去で最高では
   hba1c  が
    6.2   
   だったことがあります
    が、
  このぐらいの数値で
   高血糖の記憶の可能性は
   ➕分にあるでしょうか?

   検査しないと、わからないのは
   重々承知ですが、
   検査日が、かなり先なので、不安です。

  絶対は、勿論ないので、
  確率的な観点で、よいので、
  教えていただけませんでしょうか?   】


   こんにちは。
  「  高血糖の記憶  」  について、    
   コメント・質問を頂きました。


   まずは
  「  高血糖の記憶  」  (*)   という
   概念について説明します。


   現在にて、
   血糖 コントロール 良好
   でも
    、
  過去な  数年  ~  ➕年
    、
   HbA1c
    が    
   8  ~  9  %
    、
   などの期間があれば
    、
  すでに、 ➖定の動脈硬化が存在します ✔️
    。



   糖質制限食を実践して、
   2 ~ 3ヶ月で、
   HbA1c
   が
   6.9 %
   以下に改善しても
    、
  過去の高血糖時代の動脈硬化は、
   残存している ✔️
       、
   ということです。


     従って、
   糖尿病の新規での患者さんには
    、
  既存の動脈硬化の有無を確認する❗
   ために、
  「  眼底  検査  」
  「  頸動脈 エコー  」
   を
   必ず、してもらいます。


    高雄病院には
   眼科がないので、眼科を受診して貰います。


   必要がありそうなら、
   循環器科でも
   冠動脈 などの チェックをしてもらいます。


   糖尿病の患者さんが、
  スーパー糖質制限食を実践して、
   HbA1c  6.9  以下
    を達成すれば
     、
  そこからは、新たな借金は生じません    
   が、
   過去の借金である
 「  高血糖の記憶  」  は
    消えません。


   糖尿病合併症の元凶のメインとされる
   「  AGEs  」
    は、
  まさに
   高血糖の記憶のメインでもあります。


   さらに、 
   糖尿病ではない人でも、
  <  糖化 ⇒  老化  >
   、
   という事があります
    ので
  糖質制限食で、
   AGEs の 産生を最小限にする
   ことは、
  いわゆる 老化現象 を 最小限にできる❗
    、
   ということでもあります。


   なお、 原則的には
  「  高血糖の記憶  」  は
   消えにくいのです
    が、
   実は
   AGEs  (  終末 糖化産物  )  も
   分解代謝されにくい
   ことは、 事実です
    が
   それでも
   一定なていどにては、
   分解代謝されることも
   わかってきました。


   例えば、
   運動習慣により、
  一定な ていどにて
   AGEs 
   が
  分解代謝される可能生があります
   が、
   詳しい検討は、なされていません。


   実際、
  私の糖尿病患者さんにおいても
    、
  糖質制限食の実践で
    、
   冠動脈 の プラーク
  (  血管壁のこぶ 、  動脈硬化の産物  )
    が、
   小さくなったケースがあります。



    また、
   眼科の定期的受診で、
  以前は、確実に
   糖尿病 網膜症 が 徐々に進行していた
   のが、
   糖質制限食の実践以後は、
   進行が停止して、
  眼科医が びっくりした
   という、 患者さんも、
   おられます。


    さらに、
  長年の糖尿病で、 糖尿病 網膜症 だった
   のが、
  進行が止まり
    、    
  その後に
  やや改善した
   という 患者さんもおられました。


    従って、
  原則的には
 「  高血糖の記憶  」
   は、
  消えにくいことは、 間違いないです
   が
  糖質制限食の実践や運動により、
  個別のケースでは、
  一定の改善が期待できるようです。


   質問の方は、
  糖質制限歴  ➖年弱で、
   HbA1c  6.2 %
   が
   過去最高とのことです。


   まず、心配ないと思います
   が、
  心エコー 、  頸動脈エコー 、  造影 CT
   を撮影されるなら、
  それらに異常がなければ、安心 と言えます。



  HbA1c 検査の弱点は
    、
   食後高血糖を見逃す ✔️
    という点です。


   つまり
   平均血糖値を見ている
    ので、
  食後  200 mg / dl  であっても
    、   
  夜中に
   65 mg  /  dl
   とかであれば、
  平均血糖値としての
   HbA1c
   は
   6.2 %  くらいになり
    、
   一見、良好です。


    しかし
   このような  HbA1c
   は、
  食後高血糖が存在し、血糖変動幅が大きく
   、
  「  酸化 ストレス リスク  」  となる
  「  質の悪い HbA1c  」
    です。

   これでは、動脈硬化を予防できません。


   これに対して、
  スーパー糖質制限食の実践なら、
   食後高血糖はなくなり、
   血糖変動幅増大も なくなります
   ので
   達成された  HbA1c  は、
  「  質の良い HbA1c  」
    であり
     、
  動脈硬化 への 予防ができます。



  ⛲  スーパー糖質制限食 と エビデンス ❗ 
        。
       米国糖尿病学会見解の変遷。

    2021/  10/8  17:50 16 -
【   21/ 10/8   おばQ
   極端な糖質制限で糖尿病合併症になる?
   先生こんにちは。 ツイッターで
  「  極端な糖質制限で 糖尿病合併症になる  」 と
   何の根拠も示さずに書いている医師を見かけたのですが、
  医師の言うことだからと真に受けている人も多いようです。
  そのようなことはありませんよね?   】

こんにちは。
おばQ さんから、
糖質制限食に関して、ネガティブな情報をツイッターで発信する医師がいる
  との
コメントを頂きました。


   結論から言いますと、
  『  スーパー 糖質 制限食  』  の実践で、
    厳格に
    糖質 への 摂取を制限しても
     問題は ありません。


   これに関しては、
   米国糖尿病学会のお墨付きがあります。


   米国糖尿病学会の
  トレーシー・ブラウン 現 CEO
   は、
  自ら スーパー糖質制限食を実践中であり
   、
   それにより
   インスリン 注射 を 中止できています。


   米国糖尿病学会と
  スーパー糖質制限食と
  エビデンスについて、
以下、経時的に検討してみました。


  <  米国糖尿病学会  (  ADA  )  の
     糖質制限食に対する 見解の変遷  >


  ①  ADA  は、  2007年まで
     糖尿病の食事療法において
     糖質制限食は、推奨しない、 としていた。


  ②  2008年、
    「  食事療法に関する 声明 2008  」  において、

  「  減量が望まれる 糖尿病 患者には  
     低 カロリー食 、  もしくは
    低 炭水化物 食による
    ダイエットが推奨される  」  と、

    ➖年の期限付きで、
   糖質制限食の有効性を認める見解を記載。


 ③  2011年、 
    肥満を伴う 糖尿病患者に
   2年間の期限付きで
   糖質制限食の有効性を容認。

 ④  2013年10月、
   「 食事療法に関する声明 2013 」 において
    期限や限定なしで、
   糖質制限食を容認


 ⑤  2019年4月、
    コンセンサス・レポートで
    糖質制限食が、エビデンスも最も豊富と記載。


  ⑥  2020年4月、 
    「 栄養療法 」

 地中海式、低炭水化物、および 
  ベジタリアン食事パターンは、
 いずれも
 研究で良好な結果が示されている
 健康的な食事パターンの例である。

 個別の食事計画は、個人の好み、ニーズ、
 および
   目標に焦点を当てるべきである。

 糖尿病患者の全体的な炭水化物摂取量を減らすことは、

 血糖値を改善するために
 最も多くのエビデンスが示されている
   ので、

 個人のニーズや好みに応じた様々な食事パターンに
 適用することができる。



   米国糖尿病学会  (  ADA  )
    は、
  蓄積した エビデンス に基づき、 見解を発表しています。


    2007年  までは、
   エビデンス 不足のため、
   糖質制限食を否定しています。


   その後、
  エビデンス の蓄積により、  徐々に
   糖質制限食を肯定していき
    、
   2013年 10月には、
   正式に 容認する に到りました。

  
   さらに、 2019年 4月には、
   糖質制限食が 最も エビデンスが豊富
   と明言しました。


   糖質制限食に関しては
  Low- Carbohydrate  
   or 
   Very  Low-Carbohydrate  Eating  Patterns
(  低 炭水化物 食 、  超 低 炭水化物 食  )
    と
   記載してあります。



   タンパク質 の 摂取 比率
   は、
  ➖定なので、
  超 低 炭水化物食
   は、
  間違いなく
   高 脂肪 食
    です。


 高雄病院のスーパー糖質制限食は
 この 「  超 低 炭水化物 食  」に相当し
   、
  脂質 への 摂取の比率は
    56 %
    です。

 
   2020年 の
  ADA 「 栄養療法 」 においても
 『  糖質制限食が
    最もエビデンスが豊富  』  
   と
   再び 明言してあります。


   2021年の
   ADA ( 米国 糖尿病 学会 )  「 栄養療法 」  も、
   2020年と同様の記載です。


   耐糖能が悪化する可能性があるような
   食事療法を
  米国糖尿病学会が容認することはあり得ません。

    すなわち、
   糖質制限食の安全性は、
  米国糖尿病学会により担保されていると言えます。


          ⛲       タバコ、に含まれる、 ポロニウム❗
      、の、 放射能の度合いは、  ウラン、の、百億倍❗

       ф◆      気道をふさぎ、 窒息死❗ 、 もさせる、 アレルギーら❗

       ◇§       喉で、つながり得る、 餅ら❗

        ▼@       放射線による障害性らも軽める、 微太  C❗

         🌍🌎        武漢コロナ 、 などに感染したら、
  飲んでは、いけない❗ 、  薬ら    ;

  ⛲  肺 、が、 鼻水のごとき液で、覆われ、固められて、 窒息死❗




   ☆    ガン細胞たちは、  ブドウ糖だけ、  を、 
     唯一の、主な、栄養分としてあり、              
    糖質を制限する事を含む、                              
       ビタミン・ケトン療法は、                              
     ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、         
   ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。  

      Cancer cells are only glucose,      
    only, as main, nutrients,                              
     including    limiting  carbohydrates,                         
  vitamin / ketone therapy                            
      can also be used to  starve cancer cells ,        
       It will reduce the possibility.     

     タンパク質たち、と、   ビタミンら、に、      
   ミネラルら、   を、     完全以上に、
 飲み食いなどして、    摂取し続ける、 事が、        
    一部の人々を除いた、                                        
   ほとんどの人々の健康性を成し続ける、  
  代謝ら、を、  
 完全以上に、 成し続ける事に、 必要であり、                              
    これら、を、 より、 欠いてしまう事は、    
    万病を引き起こす、 可能的な度合ら、を、  
    より、 余計に、 成す事を意味する。

     ☆       いずれにせよ、
     日本人たちは、     より早くに、
  日本人たちの足元の、  地下へ、   
 より、  どこからでも、 
 より、 速やかに、 落ちついて、
 歩み降りてゆき得る、  避難経路ら、と、
 より、 快適に住める、  避難所らとを、
 作り拡げてゆく、    
 公共事業らを成す事により、

    日本の、    財務省の役人ら、と、 
  与野党の、 主な政治家らとが、

 英米のカネ貸しらの主張する事らを、
  そのまま、自らもまた、 
オウム返しにして、主張し、
 実行もする事において、

    日本政府の財政における   、   緊縮   、  
  を、 繰り返し、 成す事を通して、

   彼らへの、 主  アルジ の立場にある、   
 日本の主権者としてある、日本人たちへ、 
   物価だけではなく、   
 その労働らへの賃金らの水準へも、 
 より、  押し下げる向きへ圧力をかける、
 要因らの系である、
 デフレ不況性   、を、  
 押し付け続けて来てある、

  その、 デフレ不況性 、を、 
 解消し去ってゆく、 と共に、
  日本人たちの防衛性の度合いを、
  飛躍的にも高めてゆくべき、  
 ぎりぎりの状況にも、 ある 。

    地上を襲い、  地上をおおい得る、
  あり得る、 災害らへ対して、 

   地上に、  避難所らや、 
 避難経路らを設定して、
  日本の主権者たちを、 
 それらへ誘導する事は、

   人食い虎どもの住む、   密林へ、 
 わざわざ、 人々を誘導する事に類する、
  行為であり、

   日本の主権者としてある、  
 日本人たちの一般    、へ対して、  
 個々の日本国民においても、   
 執事なり、  召し使いなりの立場にある、 
 公務員などの、 者らにおいても、 
  成す事が、   許されない  、 
   行為なり、 態度なり、 であり、

   日本国民たちの一般の、  あり得る、
  福利ら、を、  より、 能くも、 
  最大限にも、 成す事を、 約束して、
    日本の社会に、  存在し、  存続する事を、
   日本国民たちの一般から、  許されてある、
  筋合いにある者としての、   義務 、 に、 
 違反性を成す、  行為であり、 

   それが、   作為型では、 無く 、
  無知性と痴愚性とにもよる、  
 不作為型の、  行為なり、 態度なり、
 であっても、 
  それへの責めを負うべき、 筋合いを、 
 その主らの側に、  成すものである事に、 
  変わりは、  無い。 



   ⛲   『  人間たる義務❗  』
       ;
               ✔️ 日本政府の財源が、 税金ではなく❗ 
     、
   国債 、なる、 貨幣 、 の発行であり、
   
   日本国家への主人である、日本国民たちへ、
   補償をしても、
   過剰なインフレ性を成さない✔️
  範囲内であれば、
   問題性が、無い❗
   、
   という事を公に指摘しない✔️
    、 
  財務役人ら、と、与野党の政治家らに、 
   報道員らの全員が、
  医療崩壊  、などにもよる、 
  日本人たちの、余計な、 死を呼び寄せている❗
    。

    という事は、
   日本人たち
            や、
  日本人たちと真の友好性を成し得る側の、
   外国人たち
          が、
   日本の内外の、
  日本に関わり得る
  どこででも、誰へ対しても、
  公に指摘すべき、 最たる事であり
    、
   それは、
  人道性を成し行うべき、
  人間としての義務でもある❗   】
    。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント