主権者; 世主 セス 、ら❗; インフル、と、 武漢コロナ 、 に、 レバノン❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

            ☆       インフル、 と、武漢コロナ、 に、 レバノン❗   ;
   
          ◆◇        インフルエンザのウィルスらは、
      人々の血潮の中へ侵入できず❗ 、
     従って、
    血潮から、臓器ら、への、侵入もできない❗
   、 のに対して
      、   
          武漢コロナのウィルスらは、
      血潮へ侵入し、  血潮から、臓器らへも侵入し得、
    炎症らなどを多発させ得る❗ 
           。

         武漢コロナのウィルスらの方が、  より、
    その人ごとの、 日頃の弱点らを突いて、
      悪化させ得る、 可能的な度合いを余計に帯びてあり
        、
        人ごとの、 日頃の飲み食いや運動などの質による、
     弱点らを、 より、 日頃から、 克服し付ける向きな、質の、
    飲み食い、と、運動ら、などを成し付ける事は、
     武漢コロナ、などへの、 より、  あり得る、
     重症化の度合いを、 より、 小さくし付ける上でも、
      決め手になる重要性を帯びてある❗
         。

           そこに、  同一な個人の、 
       色々な、アミノ酸たちから成る、
      タンパク質らな、 酵素    コウソ  、 らをはじめとした、
     合体をして、  一つごとな、代謝 、を成し合う、
     代謝員らごとな、 代謝ごとにも、 異なり合い得る、
        代謝の成る、  確率的な度合いの系である、
    『   確率的な親和力   』 、らでの、 あり得る、
      不足性ら、を、 より、 
     埋め余し付け得る向きな、 質と、度合いら、での、
    飲み食いらに、 運動らなどを成し付ける事の、
    意義がある。

         鼻水のような、 粘液が、湧き、あふれて、
     肺の細胞らの成す面が、 覆われ、
   より、 全く、 息が、  その、 肺、な、その物で、
    できなくされる❗
      事において、
     その主が、 窒息死させられる❗
     、 事などへ向けて、
      武漢コロナ、の、ウィルス、らなどは、
     働いて来てある事が、
      実例らをもって、 報告され得てある、
       が、
      その実例らの主らにおいても、
    より、 日頃から、 
    その確率的な親和力らでの不足性らを埋め余し付ける向きな、
    質と度合いらでの、 
   より、 あるべき、代謝員ら、への、
   飲み食いら、と、 
   より、 あるべき、代謝らを成す事らへの外因性な、
    適度な、  過剰性のない、  入浴なども含む、 
    運動性ら、などとを、 能く、成し付け得ていた、
    であれば
     、
     少なくとも、
    その、 命と健康性とを成し付ける上で、
    より、あるべき、代謝ら、
      を、欠く事による、  
      過剰な、免疫性ら、なども含む、
      弱点な物事らは、  より、
    その主の体の所々で、 未然にも、解消され、
      脱却され得て、
     その死への要因性としての度合いを、 より、
       成さない、
      可能態な、ものらにとどまり得ていたろう。
       
    
      『  糖  新生  』、 な、代謝ら、などの、
      代謝系らの全般に、 障害性の無い、 より、
    通例な、 体質なり、 遺伝性なり、の、 人々で
    、
       その、免疫性らの、 あり得る、度合いらを、
    差し引きで、 より、 小さくする、
   『  肥満  』、 などを自らに成してある主らは
      、
         より、 自らの、血糖値は、上げない、
     食物繊維な、 糖質への摂取らは、成し付けて、
   その腸内細菌らへの栄養分らを確保しつつも
   、
     より、 自らの、 血糖値を上げる、向きな、
   炭水化物な、糖質への摂取らは、
    より、 差し控え付け得るように
     、
    『   異食い性の欲求性   』、らが、
     より、  湧き立たない向きな、 質の、
     飲み食いらに切り替えるべき、 
       必要性がある。

       『  異食い性の欲求性  』 、らが、
     より、 湧き立つか、 どうか、も、
     糖質漬けに成ってある人々が、
      あり得る、 感染らなどへ対して、
   より、 重症化しやすいか、
   より、 無症状や、軽症ですむか
    、 を占い宛てる、
      目安に成り得る。    


            ★     人類史上で、 最悪の伝染病    ;
   「   1918年インフルエンザ  」 、に関する、 ➕の誤解❗   ;

       1918年に流行し、   
   当時の世界人口の、 4分の➖ 、に感染した❗
   、といわれる、  「  1918年インフルエンザ  」、
   別名で、   スペイン風邪❗
    、は、
    2千万人から、 4千万人が死亡した❗
    、と、 いわれています。

         しかし、 この伝染病には、 誤解も多い、 として、
   人類史上で、 最悪の伝染病の➖つ、 ともいわれる、
    1918年インフルエンザから学ぶための、 
   「   ➕の誤解   」、 が、   学術系メディアの、
   The Conversation   、 で公開されています。

     10   misconceptions   about    the   1918   flu,
    the   '  greatest   pandemic   in   history  '

     ◆誤解1:     スペイン風邪は、スペインで発生した    ;

        1918年インフルエンザは、    第一次世界大戦のさなかに、
    ヨーロッパの兵士たちから、最初に、症例が報告されましたが、
    戦争を行っていた国らでは、 
   敵に、弱点を知られまい❗
   、として、 情報を隠しました。

        このため、 病気は、 大陸を広がっていき、
       中立国であった、スペインに上陸してはじめて、
   その存在が報告され、 名前がつきました。

       その起源は、 現代でも、 議論が分かれる所であり、
    ヨーロッパのほか、 東アジアや、
    アメリカのカンザスさえ、 可能性として考えられる     ;
     ≒
   【     アメリカに、 労働者として、多くいた、
    シナ人らが、 野生の動物らを食べ付けていて、
    それらから、 人々へ感染し得る、 ウィルスらが、 
   作り出されて、  ひろがったのでは❓
    、 とする、 説もある     】
       、 とのこと。

   
   ◆誤解2  :    「  スーパー・ウイルス  」、 によって、
   パンデミックが引き起こされた    ;

    1918年インフルは、 急速に広がり、
   最初の6カ月間で、 2千5百万人が亡くなりました❗ 。

          一方で、   近年の研究から、
    1918年インフルのウイルスは、
    他の年に流行した、 インフルエンザ、の、
    ウイルス 、に比べて、  致死性が高かった❗
    、 ものの、
    根本的には、 異ならなかった❗
   、 ことが、示されています。
     
       死亡率を上げたのは
    、
   戦地における、 環境の悪さや、
   都市での混雑、
    戦争に伴う、
   栄養失調や、 衛生状態の悪さ❗
   、 といった、 要素であり
     、
     インフルエンザによって、
    弱まった肺が、
    細菌性肺炎になったことが、
     死因の多くを占める❗
      、 と、 考えられています。

    ◆誤解3:     最初の流行が、 最も致命的だった    ;

     1918年インフルは、   
   1918年ごろから、 第1波、  1918年の秋頃から、 第2波、
   1919年の春から秋にかけて、 第3波が起こりましたが、
    第1波の致死率は、
    比較的に、低かった❗
     、 とのこと。

     1918年の、 10月から12月にかけておそった第2波が、
    最も致死率が高く、
   第3波は、 第1波 、以上では、あるものの、
    第2波よりも、低い致死率だった
    、と、いいます。

         第2波がおそってきた当時に、   軽症な患者は、
    自宅にとどまりましたが、
   重症な患者は、 しばしば、
    病院や軍営の混雑した場所に集められました。

         これにより、
    致死的な形で、 ウイルスが広まった❗
      、と、研究者は、考えています。

      ≒
    【     検査を増やす、 などとして、
   人々を、 より、 集めて、
   あり得る、 感染の機会らを増やすべきでは、ない❗     】
      。

    ◆誤解4  :      ウイルスは、 感染者のほとんどを殺した    ;

     多くの人をおそった、 1918年の、インフルエンザでしたが、
    かかった人が、ほぼ、全てが、死亡するような病では、
      ありませんでした。

        一方で、
    感染者が属するグループによって、  致死率が異なり、
    ネイティブ・アメリカンは、   
  特に、大きな影響を受けました。

      これは、  過去の、
    インフルエンザ株にさらされた事がなかった❗
   、 ことが、影響している
   、 と、 考えられています。

      中には、 それまで存在した、
    ネイティブ・アメリカンのコミュニティ、 な、
    そのものが消滅してしまった❗
     、 とのこと。

   ◆誤解5  :      当時の治療法は、
  病気に、ほとんど、影響を与えなかった    ;

     1918年に、 特定の抗ウイルス療法は、 存在せず、
    現代と同様に、 医療は、
   病気への、 「  治療  」 、 ではなく、
   患者への、 「  サポート  」、を、 目的としていました。

         研究者の中には、
     1918年インフルエンザの死者の中には、
    アスピリン中毒が、 死亡率や重症度に影響を与えた❗
    、 という、 仮説を唱える人もいます。

          当時の医療当局は、
     インフルエンザに対し、
    ➖日に、  30  g   
      、の、 
   アスピリン 、 の投与を推奨していました。

       現代では、   安全な投与量として、
  「   ➖日に、 最大で、 4  g   」
   、と、 定められており
    、
    大量のアスピリン 、の投与が死を招いた❗
    、 可能性があるそうです。

            ただし、
   アスピリン 、の投与が行われなかった地域でも、   
   致死率が高いことがあり、
   議論には、 決着がついていません。

      ◆誤解6  :     すぐに、 ニュースが大々的に報じられた    ;

     1918年に、 インフルが流行した当時にて、
    各国の当局は、 兵士の士気が下がったり、
    国中でパニックが起こったりすることを避けるべく、
    パンデミックを軽視する傾向にあり、
   当初は、 報道も多くなかったそうです。

       しかし、  パンデミックの最盛期になる
     、と、当局も行動に移し、
    多くの都市で、 検疫が行われ、
   時には、 警察や消防士たちが、
    行動を制限されることもあった
    、 とのこと。

  ◆誤解7:    パンデミックが、第一次世界大戦の結果を変えた    ;

         パンデミックは、
    連合国と中央同盟国の両方に、等しく影響を与えたため、
    パンデミックの流行によって、
    戦争の結果が左右された
    、とは、考えられていません。

     ただし、 戦場という環境が、
  ウイルスにとって、
   病原性を強める理想的な場所を作り出した❗
    、ことは、確かです。

◆誤解8:     広範囲にわたる予防接種により、
    パンデミックが収束した     ;

   1918年インフル 、への、 予防接種は、
   1918年に行われなかったため、
   パンデミックの収束は、
   予防接種によるものでは、ありません。

       何年も、軍に属していた兵士らは、
   新兵らに比べて、 死亡率が低かった❗
   、 ことが、 明らかになっており
      、
    過去のインフルエンザ株への暴露が、
    体を守っていた可能性は、考えられます。

         これに加え、   
   急速に進化する、 ウイルスが、
    致死率の低い株に変化した❗
    、 可能性もあります。

       致死率が高いと、
   宿主を急速に殺すため、
  簡単には、 伝染されなくなります❗ 。

      自然淘汰のモデルから考えて、
   ウイルスが致死性を下げた❗
     、ことも、十分に考えられる
     、 とのこと。

     ◆誤解9:    ウイルスの遺伝子が、
   その、塩基らによる配列を決定されたことは、ない     ;

      2005年、  研究者らは、 
   1918年インフルの塩基配列を解読しました。

     この研究で採取された、  参封   サンプー    ;     サンプル    ;
   、は、
    アラスカの永久凍土に埋葬された死者から回収された
     、とのこと。

       その後に、
   1918年インフル・ウイルスの遺伝子を、
    リバース・ジェネテクス法により、 人工合成し、
     サルに感染させたら、
    パンデミック中に観察された症状を示す❗
    、 ことが、わかりました。

         サルは、
       免疫が過剰な反応をする、
  『  サイトカイン・ストーム  』
   、により、 死亡したことから、
   1918年な当時も、
   『  サイトカイン・ストーム  』
    、が、  若年な成人での死亡率を高めた❗
    、 と、 考えられています。

    ◆誤解10:     今日の世界は、
   1918年と同じぐらいに、 無防備だ     ;

       感染症の深刻な流行は、
    数十年ごとに発生する傾向がありますが、
      現代の科学者は、
    病で死にかけている患者を隔離して、対処する方法について、
    1918年な当時よりも、 多くを理解しています。

      また、
    細菌への二次感染と戦うための抗生物質は、
     当時は、 存在しませんでしたが、
     現代では、 医師が処方することが、 可能です。

     社会的距離や手洗いの重要性が、 広く知られており、
     ワクチンや抗ウイルス薬の開発にも期待できます。

          ◇     2020年   8月3日   ;
   340年間を信じられてきた、
  「  精子の泳ぎ方  」、 が覆される、
   3Dで、 泳ぐ精子を再現すると、 こんな感じ    ;

      17世紀に、  「   精子は、 ヘビのように尾を揺らして泳ぐ   」
   、 と、確認されてから、   これは、 科学の定説となってきましたが、
    最新の技術を駆使して、 観察が行われた結果にて、
   「    実は、精子は、 スクリューのように動いて前進している❗   」
   、 ことが、 判明しました。

     この発見により、
   男性の受精能力に関する研究が進む
    、と、みられています。


       1674年に、 アントニ・ファン・レーウェンフック氏が、
   顕微鏡を発明し、 微生物を発見したことで、
    科学を大きく進歩させました。

     その後な、 1677年に、  レーウェンフック氏は、
    顕微鏡で、 精子を確認し、
    王立学会の秘書に対し、
  「   精子は、尾を、ヘビやウナギのように動かして泳ぐ   」
   、という、 手紙を書きました。

    実際に、科学者によって、 顕微鏡の下で、
    精子が泳ぐ様らが確認されたことから、
    レーウェンフック氏の発見は、
    科学の定説となっていました。

      しかし、    3D顕微鏡と数学的知識によって、
  約  340年にわたって、信じられてきた定説が、
    覆されることになりました。

       Polymaths Laboratory   、の代表で、
   ブリストル大学のエンジニアリング数学者な、
   Hermes Gadelha  氏が、   科学誌・Science Advances
    、に発表した研究によると
     、
      精子は、  ウナギやヘビではなく、
   「  カワウソ  」、 のように泳ぐ❗
     、とのこと。

     カワウソは、 体の全体をねじるようにして泳ぐ❗
    、ことで、知られています。

Human sperm swims like a corkscrew in 3D - YouTube

     その軌跡を見ると、
   尾が、円を描くように動くことで、
   精子が前進していることが、わかります。

    ・チューブの中をローリングして泳ぐ、
   ユーラシアカワウソ - YouTube

     Gadelha  氏ら研究者は、      ➖秒間に、
    5万5千  フレーム   、 を記録する、
    ハイ・スピード・カメラを使って、
     精子の動きを確認しました。

      その結果にて、  長年を信じられてきた、
   「    ヘ ビのように、左右に尾を揺らす    」
     、 動きではなく
        、
         精子の尾は、
   「    精子の本体と共に動き、 共に、回転する❗    」
    、  ことが、 判明しました。

      コルク抜きのように、 一方向にだけ回転する❗
    、 ことで、  精子は、 前に進む❗
      、 とのこと。

         研究者は、  この発見に非常に驚き、
  その後な、2年をかけて、 何度も、確認を行い、
    数学的に、 発見が正しい❗
    、 ことを確認しました。

        この発見は、
    精子の動きや、健康の謎を解き明かす鍵になる❗
   、可能性がある、  と、考えられています。

      研究者は、 この発見から、
   男性側の受精能力に関する研究が進むことを期待している
    、 とのことです。

           ☆      2020年  8月3日  17時30分      ; 
        武漢コロナ・ウイルスの拡大への防止対策の影響か、
    インフルエンザ 、 などの症例が、激減❗   ;

        WHO  、による、   武漢コロナ・ウイルス感染症     ;
     (   COVID-19   )     、の、   パンデミックへの認定から、
   約  5カ月が経過してもなお、
     COVID-19の感染者数の増加が、落ち着く気配は、見られません。

         一方で、
       世界的に、 COVID-19  、 の拡大を防ぐために、
      色々な施策が採られてきたおかげか、
    他の感染症の症例が激減している❗
    、ことが、 報告されています。


           武漢コロナへの対策として採られてきた、  
    「  ソーシャル・ディスタンス  」  戦略は、   早いうちから、
   他の感染症の抑制にも役立っている❗
     、 ことが、 示されています。

       豪州では、 早いうちから、
   インフルエンザの症例が、例年より、少ない❗
   、 ことが、 報告されていました。

         豪州のインフルの頂    オベ    ;      ピーク     ;
    、は、  6月  ~  8月ですが、
     北半球からの旅行客による、  「  持ち込み  」、 により、
   例年、 ➖月にも、増加する❗
    、 傾向性があるのだそうです。


         例に漏れず、  2020年1月も、
    インフルエンザ感染の報告数は、  
     6962件と、 高い状態から始まり、
      2月は、  7161件 、と、 さらに増加しましたが、
    3月は、  5884件に減少。

      そして、 4月は、  229件にまで激減した❗
     、 とのこと。

     前年の同期が、  ➖万8705件なので、
   その減少幅が、 どれだけ、大きいか、が、うかがえます。

         感染数が激減したのは、  オーストラリアが、
   2020年3月20日に、 国境を閉鎖したことの影響が大きい
   、と、 考えられています。

         例年に、 児童が、
    インフルの拡散への原因となっていることから、
    3月の中旬から、  学校の授業のリモート化が進み、
   登校する子どもが減ったのも、
     感染数の減少への一因
     、と、みられます。

       豪州の隣国な、 ・ニュージーランドは、   2020年6月に、
  武漢コロナへの、 「  勝利宣言  」、 を出し、
    その後に、 再び、 新規での感染者は、 発生していますが、
    2020年7月のニュージーにおける、
    インフルの報告数は、
    人口の、  0・7  %
    、で、
     例年の、  3  ~  4  %
     、 に比べて、 低い数字で推移しています。

     同様に、南米・アルゼンチンでも、
   2020年1月  ~  7月の、 インフルの報告数は、
   例年の、   64  %   、 だ
    、 とのこと。

      COVID-19  、が、 最初に報告された中国では、
   インフル 、以外に、  麻疹   (  はしか  )  、 の感染数が、
      70  %   、減❗
    、
     おたふくかぜの感染数が、
       90  %   、減❗
    、 と、 なっているそうです。


        いずれも、  豪州の例と同様に、
   ソーシャル・ディスタンスをはじめとした、
   COVID-19  、への対策が、
    他の感染症に対しても、 功を奏したものでは❓
   、 と、考えられています。

 
       ☆      欧州に比べ、東アジアで、
   武漢コロナ 、での死者が、少ないのは、
    血圧の調整に関係する、
  遺伝子の、わずかな違いが、原因の可能性❗   ;
       2020/    8/1   18:00     ;

    欧州に比べ、  東アジアで、
  武漢コロナ・ウイルスの感染者や死者が少ないのは、
   血圧の調整に関係する、 遺伝子の、わずかな違いが、
    原因の可能性があるとする、 研究の結果を、 
    国立国際医療研究センターの山本直樹特任部長
   (  ウイルス学   ) 、らのチームが、 
    1日までに、まとめた。 

        山本特任部長は、
      遺伝子の違いを調べることで、
   「   感染のしやすさや重症化のリスクを予測する、
   ことが、できるのでは❓   」
   、 と考えている。 

      7: ID:qlDeswEt0      ;       日本人は、 幾ら、
   塩分を取っても、死なないからな。 
     血圧への調整でだけは、 無敵かもしれん。

    21:  ID:rIzbaEzC0  >>7    ; 
      味噌汁が、 ワクチン代わりか。

    14: ID:U9ekPPar0    ;      どういう違いだろうかな。
  俺は、 どうも、 カリウムに対する、耐性が弱いのか、
   取りすぎると、  心臓が、バクバクになるわ。

     16:  ID:x2peijEK0      ;        東アジアで猛威を振る、 うウィルスだったら、
    中国共産党に被害が及ぶからだろ ( 笑 ) 。

      146:  ID:IjFph0gL0  >>29      ;          BCG 、では、 感染しても、
   重症化しにくい、 との説がある。 
    感染しなくなる説は、無かった❗ 。 
    今にて、 感染らが拡大しても、  欧米に比べて、
  致死率が低いなら、その線は、まだ、生きてるのではないか? 。 
     感染らの拡大は、 普通にするが、 致死率を抑える❗
   、 という説だったはずだ。

    161: ID:mI9WzAL60 >>42      ;          ニューヨークで、すでに、
   人種ごとに、差があり 
   アジア系は、そもそも、かかりにくい、重症化しにくい❗
    、と、 報告されている 。

   63:   ID  :   /Bp0sjWL0     ;
  ・BCG 
・納豆 
・血圧   ←  new  ❗  。

     73:  ID:+NzbJuL20      ;       マスク・肥満だろ❗ 。 
    ACE 2 受容体が、  デブに多く、感染しやすく、
   脂肪による炎症で、 サイトカイン・ストーム、
   つまり、 重症になりやすい❗ 。

    ID:8/dqCVIv0     ;     アジア系のデブが、もれなく掛かる、
   糖尿病と関係がある事だろうな、おそらく。

      101:  ID:qNYzF3AI0    ;        欧州型より、 毒性が低いし、
  いまにて、流行っているのは、 東京型、埼玉型に変異したものだっけ?  、
  この先では、どうなるかは、わからんね。
     
    【     子宝    ビタミン   E1  、 らと、
    アミノ酸 、らとへの十分な、
    摂取らを得てある上で、
    より、  細胞ごとからの、
   炎症性の物質を、 日頃から、
    絞り出し置く、 働きようもする、
    ビタミン   C  、 や、   ビタミン  B3 、な、
   ナイアシン  、 らを、 よく、
   補給し付ける❗
   、 事は、
    武漢コロナ 、 などでの、   あり得る、
    炎症の多発化、 などを、 より、
   未然に、 差し止め付ける事から、
   その、重症化を、 より、 未然に、
   差し止め付け得る、
     可能性があり❗
        、
          あわせて、
        粘膜、 や、 粘液 、 を、
      能く、 成し付ける、  もとになる、
       『   ビタミン  A  』、 
     や、
       肺などでの、 粘液の過剰な分泌を、
   より、 去り得る、
     NAC  、 などに成り至り得る物らを、  
    よく、   補給し付ける❗
     、  事は、
      肺での、 粘液の過剰な分泌による、
     窒息死 、 などを、 より、 未然にも、
    差し止め付け、
    その、重症化も、 より、 未然に、
     差し止め付け得る、
       可能性がある❗     】    ;
           。     


     ☆     神の一手となるか?     ;
    発毛に有望な、 マイクロ RNA 、が特定される    (  米研究  )
       2020/    8/3     ;

    ノースカロライナ州立大学の研究グループにより、
    髪の再生をうながす❗
   、と考えられる、  マイクロ  RNA   (  miRNA  )
   、 が、 特定された。

     これを利用する事で、
   クリームやローションのような、
    新しい発毛剤を開発できるかもしれない。

     ◆    発毛に欠かせない、皮膚乳頭細胞    ;

     髪が発毛するには、
   毛包    ケヅト   、 の成長サイクルを調整する、
   「   皮膚  乳頭  細胞   」
   、が、  健康でなければ、ならない。

     だから、この細胞が、 不健康なままで、 発毛剤を使ったり、
   外科的に、植毛したりしても、
    それほどの効果は、 得られない❗ 。

        最近の研究によると
    、
     ハゲてしまった部位でも、 
    毛包が消滅してしまう様な事は、なく❗
    、
      ただ、縮小しているだけなのだ
     、 という。

        だから、 もし、 皮膚乳頭細胞を元気にする事さえできれば、
   毛包を復活させ、 発毛も期待できる
    、 と考えられる。

       今回にて、 チャン・クゥ氏らが行ったのは、
   皮膚乳頭細胞を、 2次元な環境、 ならびに、
    3次元、な、 スフェロイド環境で、 培養し、
    それを、 マウスに処方する
     、 という実験だ。

     「  スフェロイド  」
   、 とは、  三次元な、 細胞の構造のことで、
    細胞に備わった、自然な微環境を再現する事が、できる。

      培養細胞を移植した部位を観察してみると、
    3次元な、 スフェロイド細胞を与えられた部分では、
     15日で、   90  %
   、の範囲で、  発毛が見られた❗
      、 という。

     「    最良の結果が得られたのは、
     ケラチンの足場に組み込んだ、
    三次元スフェロイド細胞でした
    。
     スフェロイドは、  髪の毛の微環境を再現し、
    ケラチンの足場は、
    発毛に必要なアンカーとして作用します    」
    、 と、チャン氏は、説明する。
  
           研究グループは、
    皮膚乳頭細胞が、 毛包の成長プロセスを制御する
    、方法も調べている。

         そのために、
    皮膚乳頭細胞の、 エクソソーム  miRNA
    、 が分析された。

      「   エクソソーム  (  小胞  ) 」
     、とは、
       細胞によって分泌される、
    顆粒状の物質のことで
     、
     細胞同士が、  込入卦     コミリケ    ;     コミュニケーション    ;
     、 を図るさいに、  重要な役割をはたすものだ。

         そして、この中には、
     miRNA   、 という、
    遺伝子の発現を調節する、
     分子が含まれている。

        研究グループが、
    皮膚乳頭細胞の中のエクソソームmiRNAを調べたら
    、
   「   miR-218-5p   」、 という、   miRNA  、 が、
    毛包の成長をうながす❗
    、 分子経路を強化している
    、 ことが、 判明した。

     miR-218-5p  、  が増えれば、
    毛包の成長が促進されるし
     、
     反対に、
    その機能を阻害してしまえば、
     成長しなくなるのだ❗ 。

        チャン氏によると、
    スフェロイドとして培養した、
   皮膚乳頭細胞による、 細胞治療が、
    ハゲに効くかもしれない。

      ただし、 こちらの方法では、
   そうした細胞を成長させたうえで、
    ハゲた部位に移植せねばならず、
     かなりの手間がかかる。

          一方で、
   miRNA  、 ならば、   
    分子ベースの薬剤に混ぜて利用することができる。

      したがって、
    可能性としては、
   頭皮に塗布して使う、
    クリームやローションへの開発が考えられるようだ。

References:news.ncsu/ written by hiroching / edited by parumo
・あわせて読みたい→
    新たに承認された皮膚炎への治療薬に、思わぬ発毛の効果❗ 。
    全頭性脱毛症の少女の髪の毛が、劇的に生える  (  米研究  )  。

  
        ◇◆     『  亜鉛   ➕   銅  』   ;
  【     亜鉛   Zn    ➕     銅   Cu     ;

    ・・水へ溶ける、 水溶性、 な、
    物ら、の、全てを引き受けて、
  処理する、
  『  腎臓たち  』、 の、 各々の、
  どちらか、や、 両方から、
 『  エリスロポエチン  』、 なる、
  ホルモン、 が、 血潮へ送り出され、
  それが、
  『  骨髄  』、を成してある、
   細胞らへ届く、と、

 『  赤血球  』、 たちが、 
  より、 作り出されて、
 血潮の量が、 増やされもする、
  事になる、 が、

  『  赤血球  』、 を、 作り合うのは、
  ビタミン   B群   、 に含まれる、
  補酵素   ホコウソ  、 な、
  『  葉酸  』 、 に、 
  同じく、 補酵素 、 な、
『  ビタミン  B12  』、 と、
 『  鉄  Fe  』、 だけではなく、

 『  鉄  Fe  』、 を、
  しかるべき所らへ送り届ける、
 『  銅  Cu  』、 も、
  必要なのだ ❗ 、 という。

  この、 『  銅 Cu  』、 は、

   イカ、や、 タコ、の血潮にあって、
   自らへ、 酸素   サンソ   O  、 を、
  くっ付けて、 彼らの各々の、
  体の細胞たちへ、 それを送り届ける、
  運び員をやっており、
   それが為に、
  イカ、や、 タコ、の、血潮らは、
  青く見える状態を成してあり、

    人々の体らにおいては、
   白髪に成る、のを防いで、
  より、 髪の毛ら、などをして、
  本来の色を失わずに、
  在り続けさせるべく、
    髪の毛らの根の所で、 入れ替わるべき、
   色のある新手と、  能く、
  入れ代わるようにする、
  働きも成してあり、

 三石分子栄養学➕藤川院長系らによると、
  『  銅  Cu  』、 への、
  過剰な摂取による、 害らは、
 『  亜鉛  Zn  』、 への、
  摂取を、 相応に、 成す事で、
  防がれ得る、 という     】   ;
      。


     ◆      採血なしで、血液の中の酸素量を測れる、
  「  パルスオキシメーター  」、は、
   どんな仕組みで、 酸素を測定しているのか?    ;

     武漢コロナ感染症の症状を把握する手段の➖つとして、
   パルス・オキシ・メーターは、   日本でも
    (   PDFファイル   )  、
      宿泊療養や、自宅療養向けの検査ツールとして、
       導入されています。

       パルス・オキシ・メーターは、
    血液に、酸素   O   、 が、
    どのくらいで含まれているかを示す、
     酸素飽和度を測定でき、
      酸素量の低下から、
   武漢コロナ感染症による、
   「  息苦しさ   」 、を、  数値化することも、できます。


     血潮の中の酸素   O    
   、は、
    赤血球ごとの内側に、 何千とある、 タンパク質➕鉄分、な、
    『  ヘモグロビン  』
     、 によって運ばれています。

       血潮の中の、 ヘモグロビン 、が、 どの位で、
    酸素を運んでいるかを表すのが、
     『  酸素  飽和度  』  。

       血潮な中にある、 半分の、ヘモグロビンが、
   酸素を運んでいれば、
    パルスオキシメーターの値は、
       50  %     
          。
 
     血潮な中にある、 全ての、ヘモグロビンが、
    酸素を運んでいれば、
    その値は、  
      100  %
     、 になります。

       人間の正常値は、  96  %
     、以上で、
        95   %
   、 未満は、
    呼吸不全を起こしている❗
     、 危険性があります。


      パルスオキシメーターでは、
    血液中の酸素飽和度を、 光を使用して、 測定します。

   光は、  発光部    ;     (    light   sourse    )    、から、
   受光部   ;   (    light   detector    )
    、 に向かって、 照射されます。


           発光部側が、
     爪、
    指の腹側が、
    受光部になるようになるよう、
   指先を、 パルスオキシメーターに差し込むことで、
     血液中の酸素量が測定できます。

            指には、
   動脈    (   artery   )    、と、
   静脈   (   vein   )
    、  があり
    、
      赤血球ごとの内側にある、  ヘモグロビン  
   、 たちは、
    動脈を通って、  酸素を全身に運んでいます。

     そのため、 パルスオキシメーターは、
    動脈の中の、 酸素飽和度を測ります。


   「   ヘモグロビンが、  照射された光を、どれだけ吸収したか   」
  、 という点から、  酸素   O   、たちの量が、 測定されています。

      ヘモグロビンは、 酸素の有無で、それぞれで、 色が異なり
   、
      酸素を運ぶ、 ヘモグロビンは、
    「   鮮やかな赤色❗   」
    、
      酸素を運んでいない、 ヘモグロビンは、
    「   暗い赤色   」
      、に変化。

       色の違いから、
      酸素の有無で、  ヘモグロビンは、
    光を吸収する量も、異なる❗
     、 というわけ。

       血潮の中の、 ヘモグロビンが多いほどに、
    ヘモグロビンに、 光が吸収され、
     血潮を透過する、 光の量も、 少なくなります❗ 。


          指の一部に、 光を照射する❗
   、ことで、
    単位な面積あたりの、
    ヘモグロビン 、 たちが、
   酸素   O   、 たちを運んでいる、
     量を測定します。

      また、 パルスオキシメーターには、
    二種類の、 波長が異なる、  爛灯   ラント    ;      ライト     ;
    、 が、 使用されています。

        ➖つは、
   波長が、  約  650   nm   、 の、 
     赤色光      (   Red   light   )
       、
    もう➖つは、
    波長が、   950   nm   、の、
    赤外線    (   Infrared   light    )   
     、 です。

      2種類のライトらを使って、
    光の吸収率を測定し、
     酸素を運んでいる、 ヘモグロビンの量を測定しています。


      酸素を運んでいない、 ヘモグロビンは、
    赤い光を多く吸収します❗ 。


       パルスオキシメーターは、
    ヘモグロビンによって吸収される、 赤色光
   、と、
    赤外線な光の量らを比較する事により、
     酸素飽和度を計算しているのです。

    また、 パルスオキシメーターは、
    光で、 酸素飽和度を測定している事から、
    室内の光   (   Room   Light   )
    、は、  測定を邪魔する、   
       ノイズ 、 となります。

    室内の光 、といった、
    環境光のノイズを抑える為、
    パルスオキシメーターは、
   赤い光と、 赤外線のライト、 とを、
     同時には、 点灯させず❗
     、
      それぞれのライトの、
   オン、と、 オフ、 とを、 すばやく、 切り替えています。

       まず始めに、 赤い光の爛灯が、 オンになり
     、   
     赤色光は、 指を通って、 受光部に到達します❗ 。

       室内が明るいと、
     室内の光も、受光部に到達します。


      次に、 赤色光をオフにし、
     赤外線をオンにします。

      赤外線も、同じく、 指を通過して、 受光部に到達し、
    室内の光も、受光部に到達します。

    そして、
    パルスオキシメーターは、
   赤色光と赤外線の両方を、  オフにし、
    室内の光を記録します。

       最後に、 測定した室内の光らの分らを、
     測定値から、 差し引いて
      、
    赤色光と赤外光のレベルを取得しています。

     なお、 あまりにも、
   室内の光が強すぎると、 
   正しい測定結果が得られない❗
   、可能性があるため、 注意が必要です。


         したがって、
    より、正確に、測定を行うには、
    強い光を遠ざけるか、
   パルスオキシメーターを、
    布や手などで、 覆う
     、 必要があります。


    爪に、マニキュアを塗っている場合も、
    マニキュアが、光を吸収してしまう❗
     、 可能性があります。

    パルスオキシメーターで、 正確な測定結果を得るには、
    室内の光や太陽光をなるべく遮った状態で、
    指先に何もつけていない状態で
    指を奥まで差し込む必要があります。


        ☆       年を重ねても、心身ともに、
   健康でいるための、 「  5つのポイント  」、 とは?     ;

      加齢により、  体力や気力が衰えるのは、
    誰しも避けられないことですが、
    年を取っても、若々しくて、健康な人もいれば、
   急に、老け込んだり、体調を崩してしまったりする人もいます。

      南デンマーク大学で、
   公衆衛生について研究している心理学者の、
   Ziggi Ivan Santini   氏らが、
   これまでに発表された、色々な研究らの結果をもとに、
  「    心身共に、健康な高齢者になるための行動    」、を、
   5つのポイントにまとめました。


     ◆1:   新しい事を学ぶ    ;

     50歳以上のアメリカ人な、 3635人を、 最長で、
   12年間にわたり調査した、 2016年の研究によると
     、
      本をよく読む人は、   そうでない人に比べて、
    寿命にして、 23カ月分のメリットがあった❗
     、 とのこと。

      また、  認知症の患者な、  648人を対象とした、
    2013年の研究では、
   「     2つの言語を身に付けたバイリンガルの人は、
   ➖つの言葉しか話さない人に比べて、 平均して、
    4年半も、認知症になるのが、遅かった❗    」
     、 ということも、分かっています。

        ほかにも、 生涯学習が習慣になっている人は、
    心臓病や肥満といった
     (   PDFファイル   )  、
    生活習慣病のリスクも低い❗
    、 ことが、分かっています。

        このことについて、
    Santini  氏らは、
  「    アートや音楽の教室に通うなどの活動は、
    脳の色々な領域らの間の、
    コミュニケーションを向上させる❗
    、ので、
    脳の健康増進につながります。
    また、  精神の回復力も向上させ、 
    ストレスの多い状況の下での、
     適応力も、アップします❗    」
     、 と述べました。


    ◆2:    クラブ活動に参加したり、
     誰かと、 アナログ・ゲームをプレイしたりする    ;

     ハンド・ボールや、フット・ボールといった、
   団体で行う、  須方    スポー    ;      スポーツ     ;
    、が、  健康に与える影響について調べた、
     複数の調査らの結果によると、
    こうしたスポーツには、
   血圧の低下や、 脂肪量の減少❗
    、 といった効果がある
     、 とのこと。

       スポーツ 、 以外の、 クラブ活動にも、
    健康な上での、 メリットがあります。

          例えば、
    合唱団に所属している、 平均の年齢が、
   60歳の男女な、 84人が参加した、 2015年の研究では
   、
       合唱団で歌うことには、
   幸福感の増加や、孤独感の低減❗
   、といった、  精神面でのメリットや、
     肺の健康が増進する❗
    、といった、  肉体的なメリットがある
    、 ということが、 確認されているそうです。

       ほかにも、  編み物や絵画のコミュニティに参加する❗
    、 ことにも、
      リラクゼーション効果や、
  「  幸せホルモン  」、とも呼ばれる、
   『   オキシトシン   』 、  の分泌が促される❗
   、 といった効果がある
   、 ことが、 確かめられています。

        さらに、  1936年の生まれな、 
   スコットランドに在住の者な、  1091人を、
    68年にわたり追跡した調査では
   、
     アナログ・ゲームを頻繁にプレイする人は、
  「    記憶力や思考力といった、 認知機能が高く、
    高齢者になってからの認知機能の低下も、少ない❗    」
    、 ことが、分かっています。

      ボードゲームをプレイすることが、
   認知機能の低下を防ぐ - GIGAZINE

     ◆3:    ボランティア活動に従事する     ;

     英語圏には、
  「    It’s   better   to   give   than   to   receive
     (    貰うよりも、与える方が、良い    」
    、 という、 格言がありますが、
     こうした、 古い知恵に裏付けられているように、
   無償で、誰かに尽くす行為には、
    健康上のメリットがある❗
    、ことが、 科学的に実証されています。

      50歳以上のアメリカ人な、 1万2998人が参加した、
    2020年の研究によると
   、
     年間に、  百時間以上を、  ボランティアに従事した人は、
    従事していない人に比べて、
    死亡率や、 身体が不自由になる、 リスクが、
   有意に、 低かった❗
     、 とのこと。

      また、  Santini  氏自身が主導した、 2018年の研究では
   、
     毎週に、 ボランティアをしている人は、
    ボランティア活動をしていない人に比べて、
    メンタル・ヘルスが良好である確率が、
     2倍も高い❗
    、 ことが、 判明しています。

     ◆4:    地域社会に関与する     ;

    1958年の生まれな、 イギリスに在住の者な、
    9119人が参加した、 2016年の研究によると
   、
      33歳の時点で、 市民活動 、 などに頻繁に参加していた事が、
    50歳な時点における、
    認知機能の高さと関連性がある❗
   、ことが、 分かっている
    、 とのこと。

        この研究の結果について、   Santini  氏らは、
  「    自分のコミュニティに貢献できることは、
   メンタル・ヘルスを維持する鍵となります。
    なぜなら、 人間には、  コミュニティとのつながりと、
   その中で果たすべき、 役割の両方が、必要だからです。
    これを満たす方法の➖つは、
    政治や市民団体の活動を通じて、
   地域社会に関与することです    」
    、 と述べました。


      ◆5:   宗教活動や精神的な活動を行う    ;

      日本でも、 「  苦しい時の神頼み  」、 というように、
   海外でも、 病にかかった人は、
   宗教的な信念に従って、
    病気に対処しようとする傾向がある❗
     、とのこと。
  
      1872年  ~   2010年に発表された、
合計で、  3300件以上の文献や論文を検索し、
   宗教や精神的な活動が健康に与える影響について
     定量的     ≒      科学的      、
   に評価した、 2012年の研究では、
  「   信仰や精神的な営みは、
   病気の治療や手術を受けた際の予後を良くする傾向がある   」
   、 ことが、示されています。

          Santini   氏らは、
 「    膨大な研究により、  宗教や精神的な活動は、
   メンタル・ヘルスに、 有益な効果を及ぼす❗
    、ことが、 確かめられています。
    こうした、メンタル・ヘルス上のメリットは、
    免疫機能の改善や、 
    ストレス反応の軽減を通して、
    身体的健康にも、プラスの影響を与え、
    病気のリスクを減らします❗    」
    、 と、 指摘しました。

     
      ★    太陽を燃やし続けるプロセスが、完全に解明される❗   ;  
     2020/    8/2

     太陽を燃やす、 2つの核融合❗   ;

     太陽が真っ赤に燃えているのは、
  そこで、核融合が起きているからだ。

      その核融合のほとんどは、
  「   陽子  -  陽子連鎖反応   」
     、 と呼ばれるものだ。

       これは、   正電荷な、 陽子の運動エネルギーが、
     相互の、 静電反発力を超えたとき、に、
   陽子同士が融合して、
    その原子の核が、  陽子、の、➖個だけでも成る、
  『  水素  H  』
   、をして、
   『   陽子、の、2個   ➕   中性子、の、2個   』、 な、
  『  ヘリウム  』
  、に変換する、  プロセスであり
     、
      太陽のエネルギーの、   99  %
    、が、  これによるものだ
     、と、されている。

    だが、  もう➖つ、 
    もっと、珍しい核融合がある――それが、
   「   CNO  サイクル   」 、 だ。

      CNO   乍繰   サクル   ;     サイクル     ;
   、 では、
     炭素・窒素・酸素の同位体が、 触媒として作用し、
   4つの陽子が、核融合を起こす❗     ;

    (     C  、は、 炭素、  N 、は、 窒素、  O 、は、 酸素を表す    ) 。

        どちらの程居    ホドイ   ;      プロセス      ;
   、でも、
  「   ニュートリノ   」 、 と呼ばれる、
  亜原子、な、 粒子が発生する❗ 。

      これは、 ほとんど、 質量がなく、
   ほぼ、 光速で移動する上に
   、
   【     質量同士での、 引き付け合い、 などが、 より、 無い
   、 為に     】
   、
    ほとんど、 何でも、すり抜けてしまうために、
  なかなかに、検出することが、できない、
    幻のような粒子だ。

     CNOサイクル・ニュートリノは、
   世界で最大の地下研究所な、
  グラン・サッソ国立研究所で実施されている、
  「   ボレクシノ(  Borexino   」
    実験によって検出された。

        同研究所は、
   イタリアのグラン・サッソ山の地下にあり、
   素粒子物理学の研究で名高い。

      重量が、  278  トン  、    
   大きさが、16.9   ✖   18  メートル 、の、
    シンチレーター検出器には、
      蛍光    ;    (   シンチレーション   ) 、 する、
    液体で、 満たされており
    、
      その液体に含まれている、 
   負電荷な、 電子    e➖    、 に、
    ニュートリノが干渉すると、 発光する❗ 。

       その光が明るいほど、に、
     エネルギーが高い❗
    、 ことを意味しており
      、
     CNOサイクル・ニュートリノが干渉した
       、 可能性が高くなる。

         この発見によって、
   太陽が燃える、 核反応の仕組み、への、
  理解が、さらに進むことだろう。

       たとえば、
   豊富に存在する、 水素と炭素・窒素・酸素の比率
  、 などを推測する、手がかりとなる。

References:sciencetimes/phys/ written by hiroching / edited by parumo

      ◆◇       シナとの密約がある❗、
   アメリカの裏の実態を明かした、
   アメリカの要人からの直言❗  ;
   2016/  1/30 1:9:30  ;

         ☆      三橋貴明氏❗   ;

     グローバル化された、かつての日本国

       2020-  8-11   9:35:5   
「落選させるべき自民党議員(前半)」三橋貴明 AJER2020.8.4
     皆様、是非とも、メルマガ登録を❗ 。
 
※当日、参加できない場合、アーカイブ視聴が可能です。
 
ブレグジットの歴史的意味 中国共産党に立ち向かう国々 [三橋TV第273回]


 レバノンのディアブ内閣が総辞職しました。

 レバノンのディアブ首相は、  10日、国民向けテレビ演説を行い、
   内閣が総辞職する意向を表明した。

    4日に、首都ベイルートで起きた爆発後、数千人の市民が、
    政府やエリート層の責任を追及し、
   大規模なデモ活動を行っていた。

      後任の首相を巡っては、
   議会の各派やアウン大統領らが協議する
    、 と、 みられる。

    ディアブ氏は、 アウン氏に辞意を伝えた。
     アウン氏は、これを受け入れ、
    ディアブ氏に、 後継首相が決まるまで、
    暫定政権を率いるよう依頼した。

     ディアブ氏は、
   160人以上が死亡した爆発について、
  「   長年の政治、行政、国家の腐敗の結果起きた   」
   、  と述べた。

     今年1月に発足した、自らの政権は、
    腐敗したエリート層が握る政治の構造を変えようと試みたが、
   「   孤立無援で、彼らは、そろって妨害に回った   」
    、 と説明した。(後略)』

 レバノンは、本ブログでは
  「供給能力」に焦点を当てて取り上げてきました。
 
 レバノン経済は、
    国内の供給能力が、極端に不足しています。

     食料品  (  だけじゃないですが  )
   の大半を輸入に頼っており、
     恒常的な貿易赤字国でした。

 結果、為替レートには、 常に、 下落圧力がかかり、
   これを放置すると、
   LBPは、ひたすらに下落し、
   輸入インフレで、 国民が苦しむため
   、
     レバノン政府は、
   1ドル  =   1507  LBP
   、の、  固定為替相場制を採用。
 
 固定為替レートを維持するため、レバノン政府は
   ドル建て国債を発行し、介入を続けましたが、
  今年3月にギブアップ。

 レバノンは、
「供給能力が不足していたが故に、財政破綻に至った」
 と、財政破綻の「王道」を辿った、典型的な事例になりました。

   そして、供給能力が不足する
  レバノンの「構造の問題」をまざまざと見せつけてくれたのが、
  先日の爆発事故でした。

 レバノンはリストの言う
   「生産諸力」を強化することが可能な構造になっていない。

    理由は、
   政治腐敗というよりは、宗派主義。

   宗教各派が
  政治権力を「分け合う」前提の政治構造になっているのです。

 国民の宗教が、 バラバラだったとしても、
  「同じ国民」としてまとまることは、 不可能ではない
    、と思います。

      とはいえ、その場合は、
   政治権力と宗教を切り離す政教分離が、不可欠でしょう。

 レバノンの場合、宗教による分断が、 政治権力を分断し、
  最終的には、 「国民の分断」になっているように思えてなりません。

    国民が分断され、生産諸力が、非常に弱い。

   結果、 投資が伸びず、生産性も上がらず、
    供給能力での不足が続く❗ 。

 さらに、国民が分断され、ナショナリズムが崩壊すると、
    民主制は、 維持が、 不可能になります。

    レバノンは、 再び、 内戦期のような、
   「国民同士が攻撃しあう」状況に至るのではないでしょうか。

 AFP通信によると
    、
     元から、 食料の、 85  %  
   、 を輸入に頼っている、 レバノンが、  先日の大爆発で、
    小麦、トウモロコシ、大麦、
   約   1万5千トン  、が貯蔵されていた、
サイロ、 近くの製粉所、さらには、
   荷下ろし中だった小麦も、 全てが、
    失われてしまった❗
   、 とのことです。
 
 特に、サイロが失われたため、人々は!
  小麦不足が長期化するのではないか
  、と、恐れている、とのことです。
 
 
 3月のデフォルト(財政破綻)以降、
    LBPの実勢レートは
   1ドル   =   8000  LBP  
   、前後に下落しています。

     つまりは、
    輸入物価が、 五倍❗ 。

    その上、 爆発事故で、
   「  穀物の供給能力  」 を奪われてしまった❗ 。

   無論、  この手の、 「  非常事態  」に、 国民を守るのが、
    「政府」 、あるいは、 「国家」です。

     その国家が、
  「   国民・政治家が連帯し、危機に立ち向かう   」
    、 構造になっていない。

      というよりも、
       連帯の構造を作りようがない宗派主義が、
       憲法で、定められている。

 レバノンが、  かつての内戦期のように、再び、
   国民同士が殺し合う国と化さないよう、
    祈らずには、いられません。

 さて、ユーラシアの反対側の島国、
   歴史的なグローバル国家であった、 レバノンとは、
    真逆の歴史をたどった日本国では、
   「日本国民」、「皇統」、「日本語」、という、
   ナショナリズムの三本の柱が、
  「民主制で選ばれた政権」により、破壊されようとしています。

 レバノンは、太古のフェニキアの時代から、   グローバル国家  
   (   というか、都市連合   )  、で、
   ヒッタイト、アッシリア、バビロニア、マケドニア
   (  アレクサンドロス大王  )、 セレウコス朝、 ローマ帝国、
    イスラム帝国、シリア王国、そして、フランスと、繰り返し、
    「他国」の支配下に置かれた歴史を持ち、宗教も複雑で、元々が、
   「国民の連帯意識」たるナショナリズムを形成し難い国です。

 それに対し、世界最古の歴史と伝統を持ち、
   自然災害大国であり、
  健全なナショナリズムが醸成されやすい我が国が、
  グローバリズムにより、
    国民の分断が進んでいる。

 レバノンの状況を見ると、改めて、
  「グローバル化された、かつての日本国」という
   未来を想像し、戦慄を覚えざるを得ないのです。
 
「国民を分断するグローバリズム路線からの脱却を❗」に、
   ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを❗ 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント