主権者; 世主 セス 、ら❗; 宇宙須停所 ➕ 消費特典制❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

             ☆         宇宙須停所❗   ➕    消費特典制❗    ;
    報道されない ❗ 、事からも、後押しを得て来てある、
    日本人の数千人以上を、すでに、 監禁中な、 シナ❗   ;
      19/    8/6   15:55     ;

       ★      地下避難網ら ➕ 消費特典制❗   ;
       19/    3/22   00:30    ;

    ☆    務録    ブロク     ;     美惑星 エコノミア❗    ;
   ☆     自回答の引っ越し保管 ➕ ;

     ☆     east14532002 さん     ;
    年収が、  何千万、何億もあ るのに、  
   金をあまり使わない人をどう思いますか? 。
 何億という豪邸を 買ったり、  
    高級車を買ったり、
     宝石・貴金属、などを買うなどして、
    お金を派手に使わないのが、 
   景気 が回復しない、 要因の➖つ
     、 に思えるんです ;

 ベストアンサーに選ばれた回答  ;

   ・・すでにある、 貯蓄分を、 
より多く、 消費へ回す 、ことで、 
その消費に 対応する 、

 「   品物やサービス   」 、 の提供をする、
    側の人たちの、
   「   所得   」、らが、より、 多くなり、

   さらに、その人たちの消費に対する、
   売り手な側の人たちの、所得、らが生ずる❗
   、 というように 、

    お金回り   ;    仕事回り  、を、  より、 よくしてゆく  ;
     好景気にしてゆく❗
    、 上で、

 より、 富んでいる人たちが、
   より、 消費し易い、 社会状況を構築してゆく、
     ことは、極めて重要な事です。

       中央政府、な、 日本政府、 が、
   地下へ、 避難網らを作り拡げてゆく、
   公共事業ら、を、 より、 大々的に、
     成し行う❗
    、 事に加えて、
  
      その為にも、   貨兌    カダ    ;      カー ド     ;
    、 が普及し、 
   根途    ネト     ;      ネット    ;
   、 の、 機能が、  社会の全般に行き渡りつつある、
        現在の状況の特性を活かして、

   消費をすれば、するほどに、 割得になる、
   『   消費   得点   優遇制度   』 
    、 を、 中央政府が構築して、

    日本の国主である、 日本人たちの全員の、
    各資産への把握度を高めて行く❗
     、と共に、

    貯蓄から、消費へと、  回す分の大きい人ほど 、
     相続税などを減免する❗
     、 割合を増やしたり 、

      電車、など、への、
    乗り降り、が、自由の、
     無料   経須   へス    ;     パス    ;
     、を与えたり、

     特定の保養施設・ホ テル、への、
   優先予約権、など、を与えたり、

     宮内庁その他との調整後に、 
    景気の向上への功に対して、
    一代限りの、爵位 、 を与えたり 、

     海外向けの文化的な名誉大使にしてやって 、
    その好きな分野での文化活動の場を与えた り、

   景気の向上への功労者とし て、それ専用の、
   コンサ ートに招待されるようにしたり、

    プロ・芸術家による 、功労者への専用の、
   ネットでの授業、などへの、
     握接   アクセツ  権     ≒
    アクセス 権      ;
     、 を与えたり、

     宮中の晩餐会へ招待して貰えるようにしたり 、

    好きな映画の試写会へ、優先的に、
     招待され得るようにしたり、

    何であれ、 消費で得た、 翻堵   ポント   ; 
   ≒    ポイント       ;
     、 を、 より、
    好きな特典への活用に使える様にして、

    今の、 反日員らから成る、 政府ではなく、
   より、 本格性のある、 日本人たちから成る、
    政府機関で把握し得た、
   国主らの各々の消費動向に応じた、
     得点の付与によっても、

    大き過ぎる、 デフレ・ ギャップを埋め得る❗
     、 以上の効果を生じ得るように、

     あるべき、政府は、 
    行動してゆくべきであろう。

   個々人の思惑なんて 、
   ばらばらのものに頼っていては、
  「    合成の誤謬による 、財務表不況    」 、 後の、 
    サブプライム不況にも見舞われている、
   日本のデフレ不況を克服してゆくのに、
    時間がかかり過ぎて
     、
   経済さえ立ち行くならば、
   自害せずに済む 、何万もの人たちが、 
    自死へ追い遣られて行く事になります。

    政治家らも含めて、 その資産の状況の、
   一層の、 公的な把握で、
   困ったことになる人たちが
    、
     猛反対をしようが、しまいが 、

    社会の主らの一般の福利の拡充に、最も役立つ事が 
     、
    現在の国主たちの一般の消費の割合を、
   わずかに、 1 割ほどを、 大きくする❗
    、 だけの事である、 という事は
     、 
   経済学的に、分り切っている事なのだから
    、
    その線へ向けて、 あるべき、 政府は、
    行動してゆくだけで好い訳です。


      ☆     yakoukin さん    ;
    株ニュースで、 企業の情報を、いち早く、
    知れる方法は、どんなものがございますか?   ;

     モーニングスター、
    ヤフー★ファイナンス、、など、 皆、
   株価が動いた結果しか、発表されません。

    日本証券新聞や、日経新聞の方が、
    いいんでしょうか?  。
  皆さんは、どのようなもので、 
情報を、 いちはやく、得てますか? ;

     ベストアンサーに選ばれた回答  ;

 ・・企業の情報をいち早く知れるのは、 
  その一定以上の見通しようらの全体図を、
  自ら、構築し得ている場合の、
  経営者・経営陣 、であり、

    その人たちが、 心得ている諸情報を、  
    第一次の綜合情報群である、とし、

   また、 それ以外の、 その企業絡みの、
    断片的な諸情報の各々を、
  立場上、直に、知り得て当然の人たちの、 
  その諸情報を、
   第一次の断片情報群である、とすると、

     部外者の一般人たちが、得られる情報なんて、
   第二次、第三次どころか、
  諸情報を流す人たちの利害に関わる、
  意図的な、特徴付け、
   迷彩化、 ぼかし、 魔改造を経た、
  加工されたものか、 
   通利性の大きな部分を省かれたものか、
   あるいは、 本当に、総合的な、 
   一定以上の経済系の知見の欠けている人には、
   先駆けの功名の足しにも、全く、成り得ない、 
    資料的なものでしかないし、

    何とかファンドの運営者といった、
   プロでも無い、 といった意味では、
   素人でしかない、
    一般の人々が、 企業の現場、ないし、
  企業への経営の現場で、 自ら得る事になる、
    諸情報を、
   生のままで、得られる事は、 無い❗
    、 のだし、

  プロの投資家同士が、 その市場での、
  やり取りを通して、それなりに把握できる、
    諸情報と、
  同等の諸情報も得られる事は、無い❗
    、 ので、

    いち早く、 とかいう事には、
    こだわらない方が、好いです。

    素人の利得につながる、
   有効な意味のある、 速報めいた物なんて、
    全く、 無い❗  、 ので。

    そんな事より、 自分が、どうしても、
   買いたくて、 買い続けている、
   商品 、 などがある場合に、

    その商品を売っている会社の、
    公表されている資料を調べてみるとか、

    その会社の投資家向けの応対部門に、
   電話で、確認してみたい事を聴いてみるとか、

   自分の実生活や、身近な人たちの、
    購買での習性に関心を払って
     、
   その購買の対象に選ばれ続けている、
  商品 、などらの販売元の企業らに注目して、
   銘柄選びをした方が、 まだ、
     ずっと、 歩が好い事で、

    いち早く、とかいう事で、 
    当てにも何にも成らない、
   情報群をつかまされても、
    何とか、好いようになる、と、
   思い込んでいるのは、 極めて危険な事で
    、
    一般の投資家らを狙う、
   ゴールドマン・サックス  、 などの、
   自分らが、より、高く、売り抜ける❗
    、 などする為に
     、 
     一般の投資家たちへ、 事実らとは、
   真逆な、味付けをした情報らを、
   事あるごとに、 垂れ流して来てある、
   極悪な、 ペテン師らの、
    格好の標的にされるだけの事です。

      一般の投資家たちが、 いち早く、
    通利性の高い情報に触れ得る、可能性は、
   余程に、違法性の高い事態に、
    関わってでもいない限り、
      全く、ありません。

      プロの投資家たちには、 
   諸情報への経済的な知見に基づく、
   一定以上の解釈力があるだけでは、
     無く、

 素人な、一般の投資家たちには、 
    どうしても得られない、
   瞬時の、通利性の高い諸情報を得られる、
    有利性らがあるがゆえに
    、
   それなりに、一定な期間以上に渡って、 
    プロでやっていける訳で、

    そういった情報の質の格差が、無ければ、 
    好不況に関わらず、
    ずっと、プロでやっていける、
     という訳には、いかないんですよ。

     
        ☆    宇宙須停所❗   ;

      ★       東京理科大に、
   「   スペース・コロニー❗  」
   、  が完成、 閉鎖環境で、 実証実験を開始へ    ;
    2019/ 8/2    ;       マイナビ・ニュース    ;

    東京理科大学・野田キャンパス    ;     (   千葉県は、 野田市    )
     、 に、
「     スペース・コロニー
・デモンストレーション・モジュール     」
   、 が、 完成❗ 、  7月30日に、
オープニング・セレモニーが開催された。

      @       東京理科大学、 は、 理系の大学で、
      偏差値的には、 
    明治大学、の、 政治経済学部などに、
   受かるかどうか以上の、 学生らが、
     通う、 宛ての、大学。

          モジュールは、 半径が、
    2.5   m    、 の、 蒲鉾   (   かまぼこ   )    型。

         月面などの、 閉鎖環境で必要となる、
     要素な技術を実証する、
    プラットフォームとして活用していく、
        予定だ。

      東京理科大学、   宇宙航空研究開発機構     ; 
    (   JAXA    )    、   清水建設の3者は、
   「    宇宙滞在技術の検討に係る連携協力    」 
   、 を、  2018年度より開始。

      将来の宇宙での居住に関する、共同研究を進めてきた。

     今回に完成した、  模准    モジュ     ;       モジュール     ;
    、 は、
    この共同研究の一環として、
      開発されたもので、
    清水建設が設計・製作・建設を担当した。

     野田   格坡    キャッパ    ;     キャンパス     ;
  、の、 校舎の屋上に設置された、
    モジュールは、 本体と前室の、
    2部屋な構造。

    本体側には、 気密性を持たせており
     、
      前室は、  空舗   クポ    ;      エア・ロック    ;
    、 のような形で、
      利用する。

     まだ、  何も、 中身は無い状態だったが、
     今後は、 実験機材を運び込み、
   光触媒を活用した、 空気への浄化の技術、
    植物への生産の技術、 などの、 実証実験を行う。
   
      このモジュールの大きな特徴は、
     空気で膨らませる、
    インフレータブル構造を採用している、
     ことだ。
      中空な構造のために、
    固い壁を持つ、 構造物より、 軽く、
    小さく畳んで、 運ぶことが可能。

       研究の視野に入れているのは、
      将来の月面への有人での探査だ❗ 。

      JAXA 有人宇宙技術センター長の、
        筒井史哉氏は、
     「     ・・ 月に住む、 といっても、
    壁は厚く、 とても、我々だけでは、できない。
    世の中の様々な人の助けが必要で、
     時間もかかる。
   宇宙分野以外のフィールドの人達にも、
    参加してもらい、
    幅広い先端技術を入れないと、いけない。
   今回に作った、 モジュールを、
     新しい仲間を引き入れる場にできれば     」
      、 と、期待を述べた。

      東京理科大学 スペース・コロニー
    研究センター長の、 向井千秋氏は、
     「     東京理科大学には、 宇宙を専門にする、
      学科は、無いが、 逆に、 
     それが、 無いことで、
    櫓圭     ロケー     ;      ロケット      ;
    、 や、 衛星に、 目を向けなくても、良かった     」 
      、 とし、

     「     ロケットや衛星では、
    規模も大きな、 米国・ロシア・中国、
   に対抗するのは、 大変だが、
    "  衣食住  "  、 の分野なら、 日本も勝てる❗    」 
     、 と指摘。

       「     東京理科大学には、 
     これまでに、 培ってきた、 様々な研究がある。
        衣食住であれば、 今まで入りにくかった、
   企業や大学も、参加しやすい。
   アカデミアと産業界から、追い風を吹かせたい❗    」 
     、 と、 意気込んだ。

      地球の低軌道の、 国際宇宙須定所であれば、
    まだ、 食料や水を、 地球から、補給しやすいが
    、
      月面となると、
  重量あたりの、 輸送   故須    コス    ;     コスト     ;
    、が、
    格段に上がる❗ 。

         従来以上の、  履再供    リサイク    ;     リサイクル      ;
    、 技術を開発し、
    食料も、 なるべく、 自給自足する、
     必要がある。

    同  専汰    センタ    ;       センター     ;
    、では、  そのために必要な、
   要素技術への研究開発を行っている。

    ただ、 目的は、 宇宙だけではない。

            向井氏は、 
   「     月面に住むことを研究すれば、
  より、 持続が可能な、 社会の実現に繋がる。
  地球な上での、社会課題への解決に貢献できる❗    」 
     、 と、 述べる。

          月面を想定したのは、
     「     月面は、 究極の閉鎖環境。
   目標が高いほど、得られる、
   アウト・プットも大きい ❗    」 
    、 という、
    狙いもあった、 という。

      東京理科大学の松本洋一郎学長は、
「     閉鎖空間の中で生きていける❗
    、 ことを実証できれば、 そこで開発した、
    技術らが、 地球に戻ってくる❗    」 
    、 と説明。

     「     最終的な思いは、    SDGs     ;
      (    持続可能な開発目標    )  
       。
    この限られた地球、という、宇宙船の中で、
    人類が、 どうやって暮らしたら良いのか。
       このモジュールが、 その、きっかけとなれば    」 
       、 と、 期待を寄せた。

      ★    2019年   8月5日   6時00分 ;
    あらゆる分野で役に立つ、
    科学や法律から導かれた、
    「    11の普遍の法則    」  ;

     ➖つのことを深めたり、極めたりするのは、
        重要ですが、多くの分野で、
      普遍的に通用する法則が、
       世の中には存在する❗
    、が、 ために
     、
    ➖つの対象に限定して、ものを見てしまうと、
     盲目になってしまうこともあります。

        科学や法律の分野で、
     法則化されたものら、の中には、
       他の分野でも、通じるものが、
    多く存在することから、  編集者として、
    ニューヨークタイムズ、や、  SABEW  、で、 2つの賞を受けた、
   Morgan  Housel  氏が、
    「   11の普遍的な法則   」 
    、 を挙げています。


      ◆1:      リトルウッドの法則    ;

    数学者の、 ジョン・エデンサー・リトルウッド氏は、 奇跡を、
   「     百万回に、➖度しか発生しない、 例外的な事象     」
     、 と、 定義し
      、
    「     人間が起きている間の、   ➖秒に、 ➖度は、  事象が起きる     」
      、
     「    人は、  ➖日に、 8時間は、活動する    」 
    、  と仮定すると、    35日間で、
      百万の事象が発生する❗
      、 ことになります。

          つまり、   その場合の、奇跡の定義からみて、
      人は、 平均して、   35日間に、 ➖度の、
      奇跡を体験することになる❗ 、というのが、
       リトルウッド氏の主張。

        ここから、   「    現実において、 奇跡は、 ありふれたもの    」 
     、 という事が、いえる様になります。

        ソーシャル・メディアが発達し、
         人々の生活や、   居釆    イベン    ;      イベント     ;
      に、
       須舗爛灯     スポ・ラント     ;        スポット・ライト      ;
   、  が当たるようになった現代、
    リトルウッドの法則以上のペースで、
     奇跡が生まれている、 ともいえます。

       ◆2: ギブソンの法則 ;

      「    法律と公共政策において、
      専門家は、 真逆の、 
     2つの見方を示すことがある    」 
   、 という、 ギブソンの法則は、
      他の分野にも、あてはまります。

      ギブソンの法則がみられる原因には、
      複数の理由らが考えられ、1つは、
      同じ議論に見えても、 
      文脈が異なることがあるため。

             また、
      専門家が、 視聴者のために、
   分かりやすさを重視して、
    複数がある側面らのうちの、
    1つの面を語った場合も、
  「    あの時とは、 真逆のことを言っている❗    」
    、 という、 印象を持たれがちです。

        さらに、 データや訓練から得られた、
      知見を、 信念や人生観が越えた時や、
    「    自分の考えること    」
     、 ではなく
       、
   「    キャリアのために求められること    」
   、  を発言する必要がある時などに
    、
     「    言ってることが、 違う❗    」 
     、  と、 思われます。

            人の発言の多くは、 
     その、考えらの一部を切り取った物であり、
        外から見ると、 一貫していない❗
      、 ように見える、 というのは、
        日常生活でも、よく、あるはずです。

         ◆3:   ブランドリニの法則     ;

       イタリアのソフトウェアへの開発者な、
      アルベルト・ブランドリニ氏は
      、
     「     でたらめな主張な事に反論するのに、
     必要な、 エネルギー量は、
    でたらめな主張な事を生み出すよりも、
    桁違いに、大きい     」
     、 と発言して、
      大きな話題となり、後に、
    「   ブランドリニの法則   」 
  、  と、 呼ばれるようになりました。

          法律の分野では、 
      証明することが、 重視され、
      「    起こらなかったこと    」 、 を、
もとにした主張は、 不可能ですが、
       法廷の外では、 
    その逆のことが、 起こります。

             つまり、 
       解説者は、
    自由に意見を述べることを許されますが
    、
     批評家は、 これに対し、
   証拠を持って、反論しなければ、なりません。

     これは、 ブランドリニの法則が、
    宛てられる物らの内の、  ➖つ、
     、 と、 いえます。

        ◆4 :     グッドハートの法則     ;

        グッドハートの法則は、
     イングランド銀行の、 チャールズ・グッドハート氏に由来するもので、
    「     計測する結果が、 目標になると、
       その計測の結果自体が、 役に立たなくなる    」 
     、  ということを意味します。

          グッドハートの法則は、
    イギリスの統治下のインドで起きた、
     コブラ効果に代表されるもの。

      イギリス政府は、 デリーでの、
    コブラによる被害を心配し、
      死んだコブラに対して、
     報酬を提供するようにしました。

        すると、   報酬を目的に、
     人々が、 コブラを飼育してから、 殺し始めた為に
     、
     政府は、 プログラムを中止。

       不要になったコブラを、 人々が、
      外に放ったため、 野生のコブラは、さらに、増殖した、 という出来事が、
     「   コブラ効果   」   、 の由来です。

         ≒      
   【      自らの身内員らに、 無い、
     人々を、 倫理的な目的の宛て・対象に、
    より、 できない、 心理性を成すように、
          促す   、筋合いで、
            部族の内外ごとに、 
       階層や序列を宛て合う、 
       差別性を成し合っても、ある、 
     反社会的な、 部族社会の一定数の人々が
      、
      コブラへの、 宗教的な思い入れからも、
     自らの育てた、コブラを殺さずに、
    その、コブラをして、 自らの側に、  無い❗
     、であろう、 
       誰彼な人々を、  害わしめ得る、
     余計な、 度合いを、 成す❗
     、事を、 選んで、 成した、
      という事であるらしいが
       、
       イギリスの側の者らの、
     自己投影式の解釈らにより  
      、
      この事に関する、 報道らが、
   そのような事情のあり得る事を、
    より、思わしめる、
   内容な事柄らから成る、物らである、
      事も、あり得る     】
        。 

        ・・同様のことが、 現代の企業にもいえ、
     従業員に対して、 目標を設定すると、
    従業員は、 システムな上の、
    大事な事柄を無視して、
    目標に最適化しようとします。

           投資家が、    CEO     ;
   ≒      『   最高  経営  責任者   』      ;
      、に対して、
    御留     ゴル      ;       ゴール       ;
   、  を設定するよう求める事も、 同じ。

         この結果として、
    ゼネラル・エレクトリックは
     、
    エンド・ユーザーではなく
     、
    名もない金融パートナーな、
   投資ファンドに販売し、
     売上での目標を達成しつつも、
    会社自体を危険にさらす❗
     、 という、 選択を行いました。

     グッドハートの法則は、 物理学における、
    観察者の効果に近いもの❗
     、 とも、 いわれています。

    ◆5 :   ドロの不可逆則     ;

      古生物学者、な、 ルイ・ドロ氏は
    、
  「      生物は、 たとえ、 以前に、 存在したときと、
     同じ、存在条件におかれていても、
  以前の状態に、 きっかりと、 戻ることは、 ない❗     」
     、 と、 主張しました。

       進化の道筋らを経てゆく、
    ある先祖員らから、 その子孫員ら、 において
     、
      尻尾を失った動物が、
     尻尾を失うまでに経た道のりは、
    余りに、 複雑である❗
    、 が、 ために
    、
     より、 同じ道のりを再現することができず
    、
       ゆえに、 再び、 尻尾を得られる❗
     、 可能性は、 ほとんど、 ゼロ  、 だ
       、 というのが、   ドロ氏の考えです。

           ≒     
  【      片手の指が、 6本だった、
     一部の人類員らの子孫員らにおいて、 
      5本の指で、 その片手を占める事が、
      通例な状態に成ったら
      、   
      その子孫員らにおいて、 また、 
     6本の指から成る、片手が、 通例な、 状態には、
     なかなかに、  成らないし
      、
      蹄    ヒヅメ   、が、 2つずつから成る、
      足らを帯びてある動物らが、
     より、 指に類する物ら、の、 多い状態の、 子孫員らを、
      通例性のある物として、 成す❗
     、  事も、 より、 無い❗
      、 という事     】
           。

        ・・ドロの不可逆則は
      、
     ビジネスの世界にもいえ、
    顧客を得るには、  適切な頃合いで、 特定の物を望む、
   適切なユーザーをターゲットにし、
     正しい方法で、 物を作りだす、
        必要があります。

          全ては、 同時進行であり、
   一度は、 顧客を失ったブランドが、
    再び、顧客を取り戻すのは、
        至難の業です。

             また、 
       チームの成功は
     、
   ➖人の人間に、 スポットライトが当たる、
   ことが、 多いものですが、   実際には、
   他のスタッフとの関わり合いの中で、
     成功は、 生まれます。

        チームの成功は、
      チームによるものであり、
   個々の、   須辰   スタッ    ;     スタッフ     ;
   、 を、  別の場に配置しても、
   成功が再現されるわけでは、ありません。

    ◆6 :   パーキンソンの法則   ;

    「     役人の数は、 仕事の量とは、 無関係に、増え続ける     」 
     、 というのが、
  シリル・ノースコート・パーキンソン氏の主張。

       余暇を過ごす年配の女性は、
    「    めいにハガキを書く    」   、 という、作業を、
   「    ハガキを探すのに、 ➖時間    」、
   「    メガネを探すのに、  ➖時間    」 、
   「    住所の検索に、 30分    」 、
   「    構図に、  1時間15分    」 、
  「    出かける時に、 かさを探すために、  15分    」
     、 といった作業らにより、
    ➖日での仕事にすることが、 できます。

          気づかぬうちに、  リソース     ;
    ≒     『  資源  』      ;
       、 は、
     ニーズ     ;
    ≒     『   要謂  イリー   、  必要性   』       ; 
       、
     を超えるものであり、
     すべきか、否か、 に関わらず、
      従業員は、  多くの仕事を見つけます。

             同じことが、 
   「     不要な写真で、 ストレージがいっぱいになって、
     さらなる、容量が必要になる     」  、 という、
     須纏音    スマトン    ;       スマート・フォン      ;
      、 にもいえる、
         とのこと。

     ◆7:   ウィーオの法則   ;

     フィンランドの経済学者な、 オスモ・アンテロ・ウィーオ氏は、
   「     コミュニケーションは、 大抵は、 失敗する、
     偶然に、 上手くいく、 場合を除いて     」 
      、  ということを説きました。

      ・メッセージが、複数の方法で、 理解できるとき、
     人は、 それを、 最も有害な形で、理解する。

     ・コミュニケーション      ;
     ≒     『   込入卦   コミリケ   』    ;
      、
    が増えるほどに、
    込入卦での成功は、 難しくなる。

    ・マスコミの場合、   重要なのは、
    事実よりも、 「   どう見えるか   」、だ。

        上記の事らは、 
    手書きの時代に述べられており、
         テクノロジー      ;
     ≒      扌工侍     テクジ      ;
     、
  が発達した現代において、 その説得力は、
     さらに、大きな物となっています。

       ◆8:   セイヤーの法則    ;

    コロンビア大学の政治学の教授な、、 ウォーレス・スタンリー・セイヤー氏
   、にちなめて、 名付けられた、  「   セイヤーの法則   」
      、 は、
     「     どんな争いにおいても、
    感情の強さ、と、 賭け金の多さ、とは、
     反比例する❗     」
      、 というもの。

      このことから、 セイヤー氏は、
    学術界における、 政治的議論が、
    非常に激しいものになる
   、 と、 指摘しました。

          また、
    投資の世界でいうと、
   資産として持っている、 お金が、
    少ないほど、
   投資について、 激しく主張する、
    ことになる、  とのこと。

    ◆9  :    スティグラーの法則   ;

      統計学者の、 スティーブン・スティグラー氏は、
    「     科学的発見に、 
     第一発見者の名前が付くことは、ない     」
    、 という、 法則を提唱しました。

      これには、 主に、 2つの原因があります。

      ➖つは、 発見が、 
    単独で発生するのが、 まれだ、
ということ。

     多くの発見は、 それまでに生まれた、
    複数の発見な事らを組み合わせる、
  ことによって、 導かれるものである、
     ためです。

       ビル・ゲイツ氏は、
  「     スティーブ・ジョブズや、 私は、
   あるべき以上に、 称賛されています。
    そうしないと、 物語が、
    複雑になりすぎるからです     」 
     、 と、 語っており
      、
    複数人の成果らである物であっても、 
    一人に脚光がいきやすい❗
     、 ことを示しています。

       また、 
  「    優れた案を生み出す人    」 
   、 ではなく、 
  「    案を伝えることに優れている人    」 
   、 が、  もてはやされやすいのも、 事実。

       これは、   すばらしい発見を書いた、
     難解な学術的な本よりも、
    簡単な心理学の本の方が、
     ベスト・セラーになりやすい❗
      、 ことからも、 わかります。

      爆発的に、はやる、 コンテンツは、
   大部分が、 運と、適切なタイミングで、
   適切なプロモーションを行った❗
    、  ことによるものです。

          ◆  10  :    ミルの間違い❗    ;

     18~19世紀の歴史家・哲学者・経済学者、な、 ジェームズ・ミル氏は、
    立憲君主制を、 政府のあるべき形、
      、 と、 考えていました。

           しかし、  
   理論生物学者の、 スチュアート・カウフマン氏は、
    ミル氏が、 彼の時代の、
    「    最も確かなもの    」 、 から、
    推論を導いたことを指摘しており
     、
   「     慣れ親しんだものから、
    最適性を推論する     」 、 ことの、
      危険性について、 述べました。

     カウフマン氏は、 このような事象について、
    「    ミルの間違い    」 
    、 と、 呼んでいます。

    「    慣れ親しんだものを、 最適だ❗
    、 と、  考える時は、  懐疑主義が必要になる    」
     、 とのことで、
     自分の判断を批評する、
    証拠を見落としている、
      可能性を考慮することが必要だ
  、と、 カウフマン氏は、 述べました。

    ◆11 :   ヒッカムの格言    ;

     「    ある事柄を説明するためには、
    必要以上に、 多くを仮定するべきでない    」
    、 とする、 オッカムの剃刀      カミソリ       
    、 は
    、
     医療においては、
    「     患者の症状に対して、
複数の原因な事らが考えられるならば、
もっとも、仮定が少ない、原因を選ぶべきだ❗     」
   、
      という、 指針として使われます。

        ただし、
     医師のジョン・ヒッカム氏は、
   オッカムの剃刀の限界について指摘。

     統計的にみると、極めて珍しい、
   ➖つの疾患が、 原因となることよりも、
   複数の原因らが、かさなっている❗
     、 ことの方が、多い、 そうです。

   
       ◇       『    子宝   ビタミン   E1   』
     、 
    を始めとして、 色々とある、
   『   ビタミン  E   』
      、 たちは   
      、
       細胞の膜を構成する、 『   不飽和、な、脂肪酸   』 、 たちが
    、 自らの側の、
     負電荷、な、    電子   e➖    
      、 を、 奪われて
      、
      自らをして、  他者から、
      電子  e➖     
    、 を、 引き寄せて、 奪い去る、
     電子強盗、な、 状態にされる❗
      、 事を、
      より、 防ぎ、

        細胞ごとの、 栄養分らや、
   ゴミら、などの、 出入り、 である、
    『   細胞ごとの物流   』
      、を、
   能   ヨ   く、  成し得てくれる❗
     、  事を通して、

        例えば、
    悪くなった、 耳らを、
   元のように、   よく、 聴こえる❗
    、  状態にしたり、

       頭痛らを去らしめ得たり、
   胃潰瘍などを完治し得たりする❗
     、
     要因性も成す
    、
    『    補酵素   ホコウソ   』    ;
          ≒ 
    『   ビタミン   』  、 であり、

         補因子、 な、 ミネラルら、と同じく
      、
   酵素   コウソ   、 な、 タンパク質❗
      、と
      、
    よく、 一定な度合い以上で、 
      合体を成す事において
   、
     代謝らの各々の働きをなす、物であり、

           つまりは、
    そうした、 代謝らのどれ彼を直に成し合う、
      代謝員ら、  の、 
     よく、 合体し得る度合いが、
   一定以上に、 無い❗
     、 場合らにおいては、

     より、 余計に、 その代謝員ら、 が、
      摂取されて、
    
     摂取された、 どれ彼らが、
   より、 合体する度合いを、
   ➖定以上に、 成さない❗
   、   限りは
      、
   その、代謝ら、の、どれも、
    成されないままにされる事になる❗  
       。

         また、 
   『   ビタミン  B群   』
     、などを、
     大量に摂取して
      、 
  その、 あり得る、 合体性の度合いら、
      の、
      代謝ごと、での、 差なり、
    不足分なり、 を、 より、 
     埋め余し得ても、

     炭水化物な、 糖質 、への、
      余計な摂取らを成して
     、
      余計な、 糖質らへの代謝ら、へ、
      より、 余計に、 
     『   ビタミン  B群   』
      、
    などが、 動員されてしまい、
     それが為に
       、
      より、  その人々の健康性を成し増し、
    より、 あり得る、 万病を、 未然にも、 
    よく、 差し止め続け得てゆくのに、
      必要な、  より、 
    あるべき、 代謝ら、の、
    どれ彼ら、が、 未然に、
    差し止められ続けてしまう❗
    、 
    事態らが、成る、事、 などが、
     考えられ
     、
   そうした事ら、からも、
   糖質らへの摂取らは、 
    制限されるべく、ある❗
       。


      三石分子栄養学➕藤川院長系の、
        記事らの中では
      、
    ノモンハン事件で、 耳を悪くした、
   日本人が、 おじいさんに成ってから、 
    『   子宝   ビタミン  E❗   』
    、 を、
    より、 大量に、摂取するようにしてから
      、
     耳らの聴こえようが、 良くなり、

      ビタミン  E    、 への、 摂取を減らしてから、
   また、 耳らの聴こえようが、
    悪く成った❗
    、 実例などが、紹介されてある。

     『   ちはやふる   』 
     、  などには、 
  耳の聴こえ得ようらを左右する、
   耳の奥の毛たちが、 無くなると、
   二度と、生えない❗
   、 といった、 
    医学書らからの、引用がある、
     が   
      、
     それは、 より、 あるべき、 代謝員ら、への、
    『    確率的  親和力    』
    、 らでの、  あり得る、 
     不足分ら、を、 埋め余す、 に足りる、
   程以上の、 摂取らを成し付けない、
     場合には
     、
   そうなる、 という事でしかなく、

       より、 あるべき、 代謝員らへの、
   より、 有り余れる摂取らを成し付ける、
    事で、 そうした毛たち、なども、
     復活され得る
    、 事が、 考えられる❗
       。


        広東省は、 東莞市に住む、
19歳の男性が、 耳の痛みを覚えて、
病院へ行ったら、 何と、耳の中に、
26匹の、ゴキブリらが生息していた❗。

     担当医によると、 1匹の親、 な、 ゴキブリ
   、 が、 耳の中に侵入し、 そこで、 子を産んで、増殖した
     、と、観られる。 

    すぐさま、 ゴキブリを耳から掻き出す、
   処置が行われたが、 手遅れになれば、
    聴力を失う 、 危険もあった。 

     この➖週間後にも、 浙江省は、 金華市で、
   男性の耳の内部から、 生きたゴキブリを摘出する、
      医療処置が行われている      ;
    ≒      『   銭江  晩報   』   :      9月2日付 。 
           中国人の報道員    ;
   ≒     『   ジャーナリスト   』 、 の、 
周来友氏は、 こう話す。 
「     中国では、毒餃子事件で有名になった、 メタミドホス 、 を代表として、
    日本や外国らで、認められていない、
   毒性の強い殺虫剤が、 
    長らく、使われてきた
      。 
   中国のゴキブリらは、 鍛えられ、 
 殺虫剤らに対し、 強い耐性を持つ、様になった      ;
       ≒      
  【     そうした毒らに耐性が、
より、 無い、 ゴキブリらは、
自分も、 自分に基づいて、 成る、
あり得る、 自分の子孫員らも、
  より、 生かし得ない❗
    、から、
    より、 耐性のある者ら、が、
   かけ合わさった、 その子孫員ら、
   だけが、 より、 自らの存続と、
   自らの子孫員ら、とを、 得る❗
   、 機会らに、 余計に、 恵まれる、
       事に成る     】
        。 

         最近は、   国際的批判もあって、 
    殺虫剤は、 かなり、マイルドになり
     、 
      中国のゴキブリらに、
     威力を発揮できなくなった。 

     昔の中国人らは、ゴキブリを、
    素手で叩き潰していたが、 
    最近の都会人らは、 ゴキブリから、 
    逃げ惑う、あり様です。 
    ゴキブリは、人に対して、
     大胆になってきている     」 。
       @       怖かった話は、 現地で、
     ツアーのお土産って言われて、
    小包を渡され、 日本に帰ったら、
    間違ってたって、交換させられ、 
     運び屋にさせられた人と、 
    ツアーで、トランクを盗まれ、 
     新しい鞄を用意したって、
     運び屋にされた人の件。

     後者は、 今も、裁判中の日本人。
     海外へ行くの、コワー ❗  。

    @     ハワイで、海岸を歩いてたら、
      太った黒人な男女の2名に、
    花の首飾りをかけられ、
    写真を撮ってあげる、と言われ、
   自分のスマホを渡して、撮って貰ったら、 金を請求された。 
    スマホを返してくれない。 
    警察も呼べない。 金を払った。 
    2度と、ハワイには、行きたく無い。

    @       飛行機の冷房のは、
   昔の長距離便の、あるあるだな。 
   外気温が、  マイナス   40度  とか、の、
    所らを飛んでるんで、
機内の気温を上げると、 
         エネルギー      ; 
    ≒      『    物を、 ある一つな向きへ、 
    動かす、  物理学における、 意味での、
   【   仕事   】 、をなす、 能力や、
  その大きさ、 等    』        ; 
     、
      が、 余計にかかるから、 
     なるべく、 低い温度にする      : 


     @      ガイドブックを片手に歩いている、
         とかな、  観光客丸出しの馬鹿 
       ≒         
  【     だが 、 
 案内図を観ないで、 勘で動いて、
危険地域へ紛れ込んだり等するよりは、
  マシ     】
      。 
       鴨にして下さいって、 
宣伝して歩いてるって、気づかんのか。 
         夜道は、 歩かないとか、 
       タクシ―へ乗ったら、 ナンバーを、
     スマホで、 誰かに伝えるふりをするとか、
     防止する手段何て、幾らでもある。

     きょろきょろせず、姿勢を正して、
    堂々と歩いてるだけでも、全然、違う、 と、思うけど。 : 
 
        @        乞食対策に、 個包装の菓子 、
    を持ってっているわ。  子供なら、
   それを配ると、喜んでいる。 
      本当に、 食うのに困ってる人なら、 大人でも、
        喜んでくれるな。  

    @         正規の援助をするなら、   
    日本の薬を、 海外の貧乏な人らへ配り、 マンガ、 
    つまり、  見て解る、解説図  、
  らも配って貰うのが、 何よりも、
     人の命を救える❗ 。

    ばい菌の繁殖を防ぐ、消毒薬や、
    風邪薬位の、ちょっとした薬らが、 
    絶大に役立つから、 海外へ行くなら、
    余分に、 携帯してほしい❗ 
       。     

      @      どこの国かは、忘れたが、 風邪とかで、
       病院に行ったら、胆嚢が炎症で、やばいから、
     緊急に手術する、 と言われ、
    健康な胆嚢を摘出されて、
    高額な手術費を取る。

     診断の内容が不信だったら、
    日本で、 もう一度は、見て貰う、 と言って、
      断った方が、 無難❗ 。 

     実際に、日本に帰ってきて、
   病院で診て貰ったら、何ともなかった❗
     、 という事がある。

     @       私のドイツ人の友が、
     東京に行った時、真夜中なのに、
    女性が、 1人で出歩いている事に、驚いていた。
      ヨーロッパの主要な都市で、 
   同じ様な行動をしたら、間違いなく、警察沙汰になるか、
     最悪の場合には、
    生命が奪われる、 と、 話していました。 
 

        ◆◇      日本も、倣っているのが、
        良くない所だが、 
     欧米の一神教徒らの考え方らを、
     型としては、考えらの基底にしている、
      者らは、
      より、 凶悪な者らを許して、
   仲間の社会へ迎え入れる事を、
    天国へ近づく事の様に、
      観成している所があり、 

      強姦し、殺人を成した、
    極めて有害な精神障害者らまで、
    一般の社会へ戻したり
      、
     連続殺人鬼を、神から、
    特別な才能を授けられた者として、 
    ファン・クラブを結成したりもし
     、 
      それを見逃し、放置する、 
      反倫理的な思想性があり、 

     それは、  部族社会性を解消し得ていない、 度合の大きさや、 
   唯一神の理論な上での、 全知全能性から観て、

       諸悪への元凶の方も
     、
      唯一神である❗
     、 事が
      、 
    論理的に帰結する事らの一つである❗
    、 という事と
       、
       神から人々へ与えられた、   ロゴス      ;
    ≒     『    言葉、 論理、 社会倫理事項ら    』     ;
     、 が、
     神のロゴス、な、言葉ら、を、自らに、預り得て、
  その、内容な、事柄ら、を、
   社会倫理性ら、としても、  人々へ、 触れ回る、
    『    言葉らを預かる者、  と、 書く宛てな    』 、 
      『   預言者   』 
      、らにより、
      上書きされて来た、 歴史が
     、 必ずしも、 在りのままに、
     伝えられて来ている訳では、 ない❗
    、 為に
       、 
       イエス師により
     、 
   社会倫理な事らが上書きされて
     、 
      それまでの、 地域らの、
    部族社会性らを反映した、
    自らの部族社会に、無い、
    人々を相手にして成す事を、
      肯定されていた
    、 野蛮で、
   残虐な倫理事項らが
     、
    より、  解消され得た❗
    、 事、 などへの
     、 
       宗派を超えた、社会の一般に、
     共通の認識系らが、明確には、
      成り立っていない❗
     、  事、 などから
       、 
     それ自らの成立ちを得ている、
      思想性ら
      、なので、
  
        欧米部族社会らの構成員ではない、 
       日本人らが、   彼らと同じ様に、
      有害な、   サイコパス       ; 
    ≒      『   精神病質者   』      ;
      、の類の者らを、
       自らが、 主    アルジ   、 としてある、
     一般の社会に放って置く、
     行為を成して来ている事は
     、
       全く、 筋違いな事であり、
   
      余計な、 リスクを、
     自らの社会一般の人々へ、
   加えたままにする、有害な、
   実質での、 犯罪な行為を、 我彼へ、宛てて、
    成し続けている事に、他ならない❗ 
      。 

       @       殺虫剤は、 日本のゴキブリにも、効果的とは、言えないわ。 
      効果的なのは、 風呂への掃除とかに使う、 
     吹きつけ型の泡洗剤。 あれなら、 
   ゴキブリらの体中の呼吸の穴らを塞いで、 窒息させるから、いちころよ。

     @       電車内で小耳に挟んだ話。
     ドイツへ出張した、サラリーマン。 
     入国して、 すぐ、カード入り財布を、
     すられ、 数日後には、 電車の網棚に、
     荷物を載せてから、座っていたら、 
     戸が閉まる寸前に、荷物を持ち逃げされた❗ 
    、 とさ。 
      医学界の偉い研究者で、   海外の病院に招かれて、初めての渡米で、
    空港の出口で、自分の名を呼ぶ奴がいて、
     お迎えだ、と信じて、乗り込んだら、
    ただの白タクで、大いに、ぼられた❗  
     。 
      初見の白タク運転手が、何故に、
   その名を知っていたか?  、 スーツ入れに、
    でかでかと、 自分で、
      名入りの須提架    ステカ    ;      ステッカー     ;
    、 を貼っていたから。 

     @      意外と、知られていない、
    事なのかもしれないが、 耳かきをする❗
     、 という、文化が有る国は、少ない。 
    全く、耳かきをしない国もあるので、 
    耳垢が、大変な事になり、
    摘出な処置をする何て話も、多々。 

     @      沖縄のマンゴーを売る為に、
    遺伝子らへの操作で、  生殖能力の無い、
   オスを作り、 コバエを絶滅させたのが、 あったじゃん。 
    それで、この世から、
  ゴキブリと蚊を絶滅させてくれよ    : 

      @      耳鼻科で見た、虫対策のポスター  : 
  【     蜘蛛や虫が耳に入った場合の対処     】 : 
     無理に取り出そうとすると、
   奥へ逃げ込む   ➕   押し込んだりして、
     耳の中を傷付けてしまうから、
    第三者に、タバコの煙を、
   耳の穴に吹き込んで貰うと、煙を嫌い❗ 、
     出てくる模様。    その後は、すぐ、
      耳鼻科へ、GO 。   確か、 こんなんだった。 

 

      ◆◇       シナとの密約がある❗、
   アメリカの裏の実態を明かした、
   アメリカの要人からの直言❗  ;
   2016/  1/30 1:9:30  ;

        ☆      三橋貴明氏❗   ;

   消費税減税反対の空気醸成を許すな❗

        2020-   8-9    9:34:5
チャンネルAJER更新しました。
「落選させるべき自民党議員(前半)」三橋貴明 AJER2020.8.4
  
       皆様、是非とも、メルマガ登録を❗ 。
 
稲田朋美衆議院議員に質問 「理念なきバラマキ」って何? [三橋TV第272回]

 
 稲田朋美
「私は緊縮派ではないが、理念なきバラマキには反対。
  財政再建の旗を下ろさず、次世代のための改革を進めたい。」
 岸田文雄
「消費税は下げるべきではない。10%に引き上げるだけで、
どれだけの年月と努力が求められたか。」
 麻生太郎
「財政を放漫なものにおくわけにはいかない。
財政の持続性確保は重要な問題で、一概に
消費税を簡単に切り下げる話に与しているわけではない」
 政府税制調査会
「消費税増税を中核に据えた、骨太の議論が必要ではないか」
 そして、自民党税制調査会の現会長、甘利明。

『自民・甘利氏、消費減税に否定的 「現金給付した方が効果高い」
 
     自民党の甘利明税調会長は

     8日のBSテレ東番組で、
  新型コロナウイルスで落ち込んだ景気の刺激策としての
   消費税の減税に否定的見解を示した❗ 。

     「下げた翌年にはありがたみが消える。
   一部相当額を現金給付した方が、
    経済の刺激効果がはるかに高い」と述べた。
     減税後、税率を戻す難しさも強調した。(後略)』

 ありがたみって・・・・・。
 先日も書きましたが、そもそも

     消費税は
   、

   1.景気の安定化装置
    (ビルトインスタビライザー)の機能がなく、
    恐慌期でも容赦なく徴収する残忍な税金

2.消費性向が高い
     低所得者への税率が高く、
    消費性向が低い
    高所得者への税率が低い、 逆累進課税。
    当然、格差の拡大に貢献する❗ 。

    3.政策目的が「消費抑制」以外にない
  
4.(大雑把に)粗利益x税率で税額が決まるため、
   企業が
   従業員を   
  「売上原価(外注費)」として、
   消費税を節税しようとし、
   労働環境を悪化させる。

 などなど、
    国家を衰退させ、滅亡へと誘う
   「亡国の税制」なのでございます。

 要するに、我々日本国民は
    「消費税」という
    重荷を背負わされた状況で生きる
    ことを強いられているのです。

        その重荷を取り払うと、「翌年に
   ありがたみは消える」って、アホかっ❗ 。

 まあ、財務省に吹き込まれたレトリックを
   そのまま喋っているだけなのでしょうけれども。

 ちなみに、別に現金給付に反対はしませんが(というか賛成しますが)
    、
   消費税の廃止の方が、経済効率は、はるかに高い❗  、 です。

 そもそも、現金給付をいくらするつもりなのか知りませんが、
  一人へ、 10万円ずつを配っても、 総額は、
   12兆円強  。    しかも、一度切り。

 それに対し、消費税収は
    国税だけで、   20兆円  。

      消費税を廃止すると、
   「毎年」「継続的」に
   国民の一人当たりへ、
   約   20万円の所得が残る❗    
     、 のです。
 
 
    そして、 財務省は、  この、 
   「継続的な予算拡大」が、 絶対に、 許せないわけです。

     以前も書きましたが、
    財務省の、
    勝利、敗北は、  以下の通りとなっています。

↑【勝利】

   ① コロナ危機、第二次世界恐慌への対策は、予備費のみ

   ② 最低限の補正予算

    ③ 中規模補正予算と現金給付

     ④ 大規模補正予算と粗利補償

---壁---

    ⑤ 消費税減税

    ⑥ 消費税廃止

    ⑦ 長期財政拡大計画の策定
    (  国土計画の復活。96年までの日本  )

      ↓【敗北】

 それにしても、岸田といい、甘利といい、
「消費税を引き上げるために、どれだけ苦労したと思っているんだ!」
 と、感情論のレトリックを平気で使うわけですから、何と
    政治レベルが低い国なのでしょうか。

「国民を苦しめる構造を作るために、死ぬほど苦労したんです。
  だから、構造を壊さないで(泣)」
 と、日本国民は言われているわけです。

 この種の「結論ありき」の消費税減税否定論に、
   「ふざけるなっ❗」という声を上げなければなりません。

      自民党減税反対派や財務省は、
「消費税減税などあり得ない」
 との空気を醸成し、既成事実化しようとしているのです。
 
「消費税減税反対の空気醸成を許すな!」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを❗ 。


        ◇◆         日本人たちは、   より早くに、
  日本人たちの足元の、  地下へ、   
  より、  どこからでも、 
  より、 速やかに、 落ちついて、
  歩み降りてゆき得る、  避難経路ら、と、
  より、 快適に住める、  避難所らとを、
  作り拡げてゆく、    
  公共事業らを成す事により、

    日本の、    財務省の役人ら、と、 
  与野党の、 主な政治家らとが、

  英米のカネ貸しらの主張する事らを、
  そのまま、自らもまた、 
 オウム返しにして、主張し、
  実行もする事において、

    日本政府の財政における  、緊縮   、  
  を、 繰り返し、 成す事を通して、

   彼らへの、 主  アルジ の立場にある、   
  日本の主権者としてある、日本人たちへ、 
   物価だけではなく、   
 その労働らへの賃金らの水準へも、 
 より、  押し下げる向きへ圧力をかける、
 要因らの系である、
 デフレ不況性   、を、  
 押し付け続けて来てある、

   その、 デフレ不況性 、を、 
  解消し去ってゆく、 と共に、
  日本人たちの防衛性の度合いを、
  飛躍的にも高めてゆくべき、  
 ぎりぎりの状況にも、 ある 。

    地上を襲い、  地上をおおい得る、
  あり得る、 災害らへ対して、 

   地上に、  避難所らや、 
  避難経路らを設定して、
  日本の主権者たちを、 
 それらへ誘導する事は、

   人食い虎どもの住む、   密林へ、 
  わざわざ、 人々を誘導する事に類する、
  行為であり、

   日本の主権者としてある、  
  日本人たちの一般    、へ対して、  
  個々の日本国民においても、   
  執事なり、  召し使いなりの立場にある、 
  公務員などの、 者らにおいても、 
  成す事が、   許されない  、 
   行為なり、 態度なり、 であり、

   日本人たちの一般の、  あり得る、
  福利ら、を、  より、 能くも、 
  最大限にも、 成す事を、 約束して、
   日本の社会に、  存在し、  存続する事を、
  日本国民たちの一般から、  許されてある、
  筋合いにある者としての、   義務 、 に、 
 違反性を成す、  行為であり、 

   それが、   作為型では、 無く 、
  無知性と痴愚性とにもよる、  
 不作為型の、  行為なり、 態度なり、
 であっても、 
  それへの責めを負うべき、 筋合いを、 
 その主らの側に、  成すものである事に、 
  変わりは、  無い。

     日本人たちには、核武装❗、と、
  地下避難網ら❗、が、より、
   日本の内外に、本格的な、
   平和性らを成し付け得てゆく上でも、
   必要❗。

    この事らを、 より、 日本人たちへ、
  伝える措置を自ら成さない、 者らは、
  より、 反日員としての、
  負の度合いを、 自らへ宛てて、
  観積もらせる、 筋合いを余計に成し、
  より、 伝える措置を自ら成す主らは、
  より、日本人たちの一般の、
 足しに成り得る向きに、 働き得た主として、
  正の向きの度合いを、 自らへ宛てて、
  観積もらせる、 筋合いを成す。

    差し引きで、 より、
 どちら側であるかの、度合いを観積もられ、
    その度合いらに相応しい処遇を、
   宛てられるべき立場にも、
   誰もが、ある。

    より、  日本人たちへ、
  知らせるべきを、 知らせず、
   不作為型の、 煙幕を張る、
   報道員ら、とか、 より、
  早くに、 知らされながら、
   根途の宛先や、 職場などの、  
  周囲の人々へ、 より、
 伝える事を差し止め得て来てある者ら、は、
  
         特に、 
     ◇◆      1日に、 一度も、
    日本人たちや、 日本への観光客ら、
  などに、 色々な災害らや、
    攻撃性らへ対する、
   地下避難網の、あるべき事を、
   伝えず❗ 、
    に、
   何千もの、 おしゃべり、や、
  報道を成してある、
   ラジオやテレビらの報道員ら、は、
    
   地下に避難網らを欠いてある、
  が、 為に、 余計な、
  損害性らや、 自分や、
  自分の家族員ら、などの死を、
    予定され、 押し付けられる、
  度合いを成し宛てられてある、
   人々の一般へ対し、  
  あり得て来てある、   あり得る、  
  災害らや攻撃性らへの共犯として、
   償うべき、度合い、を、 
  日々に、 余計に、 自らの側に、
   成し増す、 立場にある者らだ❗ 。

        この事らの発信なり、  履列    リレ    ;       リレー     ;
    、 なり、 への参加をもって、
   日本人たちの一般の側に参加し、
    その社会の主権者たちの一般の側に参加する、
   主としての筋合いを自らに成す、 もの、とし、
     
      自らの社会の過半数が参加してから後に、   
   参加する行為らを成す者らと、
   それをしない者ら、については、
    その前に、参加し得てある主らによる、
   審査により、
   その成ると成らぬとの選別が、
   成され得る、もの、 ともし得る、
      筋合いが、 この事には、ある❗  。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント