日本医学; 和方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系 ; 代謝医学❗; 必須性の罠❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実現 拉致事件ら❗

             ☆         必須性の罠❗   ;
     タンパク質の決定的な重要性❗    ➕     鉄は、 その次❗   ;

         ◆      ”  プロテイン     ;        20  g    ✖    2
     、を、 ➖ヶ月を飲めていたのに、
   いきなり、 全く、受け付けなくなった❗ 、
     ”  現象は、 どうして起こるのか?    ;

       こういうケースは、 
    全例の女性であり、
   男性では、皆無❗    =
    タンパク不足が重度❗ 。

      通常では、   消化と吸収の能力を超える、
    プロテインを飲むと、
    吐き気❗ 、 下痢を生じる❗ 。

        これは、 「  正常な消化管の反応  」。

        ➖回      ;       5  ~   ➕   g   
   、の、  自身の消化吸収能力に見合った量に減らすと、
      普通に飲める。

      ほとんどの患者は、 これで、上手く、プロテインを導入できている。


       ◇◆     『  プロテイン  』      ;
   ≒    【     色々な、アミノ酸たちから成る、
  『  タンパク質  』   】   ;
 『  タンパク質な、 サプリメント  』   ;
      、
   ◇◆    『  アミノ基   ➕   カルボキシ基  』   ;
  【     タンパク質らの各々を構成する、
  色々な、 アミノ酸たち、 においては、
   共通する、 属性な事として、
    アミノ基な、  NH2  、 と、
    カルボキシ基な、  COOH  、 とを、
   必ず、 その分子な身柄に帯びて、 成る、
    という事が、 あり、
     従ってまた、
    色々な、アミノ酸たちから成る、
   どの、 タンパク質 、も、 必ず、
   その身柄に、  NH2  、 と、
  COOH  、とを、 帯びて、 成る❗     】   ;
      。  

    ◇◆    『  プロテイン・スコア  』   ;
  【     人々の体に必要な、   タンパク質ら、
  の、各々を構成する、 のに必要な、
   色々とある、 アミノ酸 、たちの、
   そろいようの度合い    ;
  タンパク質価数  、 とでも言うべき物    ;
  、 であり、
    人々が、 その体の外側から、
  必ず摂取すべき、  8種類の、
   必須   アミノ酸   、 を、  一つでも、
   欠いてある場合のものは、 
     0点   、 とされ、
    卵 、 と、  蜆   シジミ   、だけが、
   満点の、  百点  、 を、
   宛   ア   てられてある     】   ;
       。

               しかし、
     稀に、   ”  プロテイン     ;      20  g    ✖    2
      、を、    ➖ヶ月を飲めていたのに、
      いきなり、 全く、 受け付けなくなった  ”
      、 という人がいる。

       そのような人は、   上記の人よりも、
   さらに、重篤な、 タンパク不足❗
    、 なので、
     プロテインは、 全く、消化吸収できていない❗ 。

      そして、  「  正常な消化管の反応  」、も、
     無くなっているため、
    当初は、  プロテインを飲んでも、
      不調は、生じないのだろう。

          ➖ヶ月を継続すると、
     「  正常な消化管の反応  」 、 が回復する❗
     、が、ために、
      吐き気、 下痢を生じて、  いきなり、受け付けなくなる。 

             言い方を変えると、
       回復の兆候 、 とも言える。

       その場合、  一旦は、  プロテインを中止し、
    出汁、  ボーン・ブロス、  卵  、で、  タンパク質を補給❗ 。

     その後に、   プロテイン     ;       
    5   g    ✖    2     、 で開始する。

      5   g    ✖    2
   、が、  無理なら、
       2  g    ✖    2     、  で開始する。

         ➕   g    、の、   プロテインを作り、
    ➖日をかけて、  チビチビと、飲めば良い。

        これが、 できない人は、皆無だろう。

       ◆    コメント欄より    ;

      当院では、  メンタル的な弱点を持っているが、
    身体的には、 普通の人が多いので、
     このような症例が、 少ないのかもしれない。

     内科の患者では、 身体的弱点を持っている患者が多いので、
   このような症例が、多いのかもしれない。

    元な記事は、こちら

      ◇     EAA パラドクス❗  ;

    【     タンパク質らのどれ彼を構成し得る、
  必須な、 アミノ酸、たち、な     】  、
    EAA 、での、  パラドックス    =
    EAA 、のみの大量な摂取は、
   EAA 不足を引き起こす❗   ;

     EAA  、への大量な摂取による、
   不調は、
     ビタミン   B6  、  ビオチン  、
  その他の、 ビタミンや、
  ミネラル、 での、  不足性による❗ 、
  と、 言われているが、
  それは、 本質ではない❗ 。

      【     人々の体の内側で、  より、 全く、
   合成され得ないが為に、
     その体の外側から、 摂取し付けるべき、
   命に関わる必要性を帯びてある     】 
     、
   必須アミノ酸の桶理論は、
  非必須アミノ酸が、 十分な量、 で、
  ある❗ 
    、
   ことが、 前提条件。

    非必須アミノ酸は、
  必須アミノ酸から、作られる❗ 。

    非必須アミノ酸が、十分にある、
   前提のもと、での、 
   各必須アミノ酸、 の、 必要量の比率が、
    プロテイン・スコア❗ 。

    
    EAA 、のみの大量な摂取では、
  EAA 、が、  
   非必須アミノ酸、らへの合成に浪費され、
   プロテイン・スコアが低下する❗ 。

     つまり、   EAA 、のみの、
  大量な摂取は、
   EAA 、の不足を引き起こす❗    ;
  「   EAA  パラドックス   」。

     非必須アミノ酸は、
 ”  体に不必要な、アミノ酸  "  、ではない❗。

   ”   体に必要だが、必須アミノ酸から、
  合成が可能な、アミノ酸❗  ”  。

    1日に、  10  g  、 以下の、
    EAA  、なら、  食事で、
   非必須アミノ酸らを補えるので、 
    安全❗ 。

    つまり、
  ESポリタミン      ;
     2 g     ✖   3   、は、 安全❗ 。

     ◇◆     『  ES  ポリタミン  』   ;
  【     色々な、 アミノ酸、 たちから成る、
   『 タンパク質  』、らを成す事へ向けて、
   その、 アミノ酸、たちを補給する薬     】  ;
        。

    10  g   、 以上の、 
   EAA  、を摂取する時には、
   非必須アミノ酸らを、
   食事だけでは、補えない❗ 。

    EAA  、の、 3倍の、
    『  プロテイン  』      ;
 ≒    【     色々な、アミノ酸たちから成る、
  『  タンパク質  』   】   ;
 『  タンパク質な、 サプリメント  』   ;
     、 を併用するべき、 必要性がある❗ 。

     プロテイン    ;
    30  g   ➕   EAA  ;    10  g  。
     プロテイン     ;
    60  g    ➕   EAA  ;    20  g  。


        ◇◆      『  必須性  』   ;
 【     必須、の、 アミノ酸 、だの、
   必須、 の、 脂肪酸、 な、
    オメガ   3  、 だの、 は、
    人々の、生きてある体において、 
   合成されない、 
     が、 ゆえに、
    その体の外側から、  必ず、
     飲み食いなどして、 摂取し付ける、
    事が、 要りような、
     宛ての、物ら、であり、
        
        それらな、 必須、の、物らは、
    人々において、  生合成されない❗
   、 が、 ゆえに、
     十分に、 消化と吸収を、
   自らへ、宛てられさえ、すれば、 より、
    そのまま、で、
    その宛ての体の各所へ、
   宛てられ得て、 使われたり、
    使い回されたりすべくある。

       何を飲み、 何を食べるにせよ、
    人々の体らで、 合成され得る、
    何彼ら、は、
     必ずしも、  そのままな、形態で、
   それ自ら、ら、が、
    その宛ての体のあちこちへ、
    送り届けられる、 
      とは、限らない❗
      、のに対して、

    『  必須  』、 な、 どれ彼、らは、
     必ず、 それ自らな、 形態のまま、で、
   その宛ての体の各所へ、 
    送り届けられるべき、 筋合いを、
    自らに帯びてある❗     】     ;
          。

         ◇       必須な、物らは、
     人々の体で、 合成は、されない❗
     、 ので、
     きちんと、 
   消化と吸収を宛てられさえすれば、 
     かつ、   送り届け、 などの、
   手続きな事らが、 成りさえすれば、
    そのままな形態で、
   それらを必要とする所ら、へ、
    宛てられる、 べき、物らでは、ある
      、  が、
      分解されたり、 
    何彼を、 付け加えられたりして、
   利用され得る、 物ら、でも、あり、

       必須では、ない、物ら、へ、
    仕立てられる、 もと、な、
     物として、使い回され得る、
    ので、
     それらを基に仕立てられ得る、
   より、  必須性の、無い、 物ら、が、 
   より、不足されてある、
    場合には、
    必須な、物らが、 よく、摂取されても、
  必須性の、無い、物らを成す事へ、
   より、 宛てられる、
   余りに、
    必須な物として、 そのまま、で、
   必要な所らへ、宛てられる、
   度合いを、 より、 小さくされ得る。

    必須では、ない、 アミノ酸たち、 が、
     何らかの理由で、 より、 
   不足させられる、 せいで、
    必須な、 アミノ酸、たち、が、
   その形態なままで、 宛てられるべき、
   所々において、 より、
   不足させられるに至る、 事、などが、
      あり得る❗     】     ;
           。

     ☆       細胞ごとの内側に、用意される、
   『   色々な、アミノ酸たちから成る、
   タンパク質   』 、 らの決定的な重要性❗    ;
          19/   7/15   20:50    ;

        ◇      自らの側の、 負電荷な、 
     電子  e➖      、 を、 
   『   酸   』 、 である、 物質へ、
   与え付けてやる、 塩基性のある、
    物質であり
    、
   その、3つごとな、 ➖つごとの、 並びよう、な、その物、が、
   細胞ごとの内側に、 用意される、
  色々な、アミノ酸、たちの中の➖つを指定する、
   関係性を自らに帯びてある
  、が、ゆえに、
   『  遺伝  情報  』、な、その物 、でもある、
   『   塩基   』 、    
     、 が、ある
   が
     、
      そうした物である、
   『   塩基   』 、  らからも成る
    、  
      遺伝子 、の、 本体な、  『  DNA  』   ;
         ≒     
    『   デオキシ  リボ  核酸    』     ;
   、らが
     、
      毎日に、 いつでも、 
    その、 体なり、 それらのある、 
      細胞なり、 からの、 
     求めらに応じて、 成してある、
      日常の仕事は
       、
     それらの含まれてある、
     細胞の内側の物らをして、
    特定の、 類な、『   タンパク質   』 、らの、
      各々を作らしめる、
       事、 だけ、 でしかなく、

     その、含まれてある、 細胞ごとの内側に、 用意される、
    色々な、 アミノ酸 、たちから、
    特定の、 タンパク質らを作る、
     事を基にして
       、
      人々の命と健康性とを成し続ける、
      のに必要な、
   あるべき、 代謝ら、 を、 成し続け得る、
    ように、 してある、
     だけ、 であって、

           遺伝子らは、 
     それ以外の事らは、
    その本来の仕事としては、
      特に、 何も、して居ないし
      、
    その主の命と健康性とを成し続ける、
     事へ向けては、
    特に、 それ以外の事らを、
     成すべきでも、ない 。

       この、 遺伝子らのどれ彼、 の、
      特定の、 タンパク質を作らしめる、
       その、日常の仕事らのどれ彼へ対して、
     それを、 差し止め得る、
      仕掛け、らが、 
  その体の主の、 経験らのどれ彼によって、
      作られてしまう、 事があり、

     その、 仕掛けらなり、
    設定らなり、 の、 どれ彼が、
     宛て付けられる場たちとして、

       遺伝子らのそのもの     ;
        ≒ 
    『     塩基の、 3つごとによる、
    一つごとな、 並びよう     』     ;
    、 では、ない、
       が
      、
    遺伝子ら、を、 巻き付ける❗
    、などして、
   遺伝子ら、を、 己が身柄へ、 絡み付けてある❗ 、
    タンパク質らから成る、物ら、がある。


         ★        枕木らの付いたままな、
   2つの、 『   列婁  レル   』     ;
   ≒      『   レール   』     ; 
   、  らから成る、 線路を、 
    ぐにゃぐにゃに、 柔らかくした上で
     、
     二重な、 螺旋   ラセン   、 を、
    成すように、 ひねった❗
   、 というような、 格好をしてある、
     遺伝子らは、
   ひも 、 のようでもあり、

       タンパク質から成る、
   『   ヒストン   』 、 という、
     円盤らの各々に、
    巻き付けられてもある❗ 。


       こうした、 タンパク質ら、と、
   遺伝子ら、とから成る、
   のが、
   『   染色体  』 、だ❗ 。 


        ある生き物らの経験性らは、
    その、 精子、な、 細胞や、
   卵子、な、細胞 、 の中の、
    遺伝子、 な、 
   『  塩基らの配列  』  、 では、ない❗
   、 方の
     、
       タンパク質である、
  『   ヒストン   』
     、らのどれ彼の、一定の部位 、 を
     、
   炭素   C   、 の、 一個 、 と、
  水素   H   、 の、 3個 、とから成る、
   『    メチル基   CH3   』
      、 に、
     置換     オッケー    、 する       ;
            ≒     
   『    メチル化をする    』       ;  
      、 事により
      、
    『   ヒストン   』 、に、 巻き付いてある、
       遺伝子ら、 が、 
    より、 きつく、『   ヒストン   』 、へ、
      寄せ付けられるようにし、

      その遺伝子らのどれ彼が、 
    自らの含まれてある、 細胞の、
      内側の物らをして、
   特定の、 タンパク質 、 を、作らしめる、
      あり得る、
    遺伝性な、 働き得よう、 を、
   より、 未然に、 差し止め得てしまう、
      要因性を成してしまう、 事があり、

         これが、
      遺伝情報な、  『   塩基らの配列   』 、 を、
    全く、 変えない❗
     、で、 成される、
  『   後天性の遺伝性   』、 らの成される、
     仕組みな事でもある。


         ◇     『    塩基らの配列    』  、 な、
   『   遺伝子   』  、 では、ない❗
      、 方の、
   
     遺伝子ら、と、 結びついてある、
   タンパク質 、な、 物ら、 の、 どれ彼の、
    状態を変化させる事により、

      ある、 先祖員の経験性による、 ものら、が、
     その子孫員ら、へ、 遺伝される❗
     、 場合らにおいて
      、
   その変化を、 自らに担う、
   部位らの各々で、 成される事らには、
     次のような、事らがある❗    ;

        ◆     エチル化❗    ;

    化合物、 か、 単体な、 分子へ、
    エチル基、 な、 C2H5 -    、を導入する、
      反応❗  。

       @       エチル化は、
   『    ヒストンら、な、 連なり    』 
  、  でもある、
    『    クロマチン    』
       、と、 
   『    遺伝子ら    』 
     、との、
   結び付きよう、を、より、ゆるめて
     、
      その遺伝子らのどれ彼が、
      特定の、 タンパク質を、
      作らしめ得るようにする、 反応❗  。


        ☆    メチル化❗   ;

      化合物 、か、 単体 、な、 分子へ、
    メチル基  、な、 CH3   、 を帯びさせる、
      反応であり
      、
   『    ヒストン    』  、 へ巻き付いてある、
    遺伝子らが、 特定の、
    タンパク質らのどれ彼を、作らしめる、 
     あり得る、
    遺伝性の働きよう、らを、
    未然に、 抑制する、
    結果を成す、 反応でもあり
      、
    逆に、 遺伝性の働きよう、を、
    促す、 場合もある、 
     反応である、 という❗   。


          ★     エステル化❗   ; 

      『    カルボン酸    』 、 な、
   『     何彼     ➕     COOH     』 
   、  と
      、
    『    アルコール    』  、 な、
    『     何彼     ➕     OH     』 
   、 と、 から
       、
    『    エステル    』 、 な、
    『     何彼     ➕     COO     ➕     何彼     』 
   、 を、 成す、 反応 ❗ 。


        ◆     MBL   ;

   『    ヒストン    』 、 は、
      細胞の中で、
   膜に包まれて、  核に存在する、
    塩基性、の、 『   タンパク質   』 、 です。

     正に荷電した、 塩基性、の、
  『   アミノ酸   』 、 を豊かに含み
     、
   DNA   、 の、 負に荷電した、
   『    リン酸基    』     ;
     ≒ 
    『     H3   P   O4     』      ;
    、  と、
      相互で作用している❗
     、 ことが、 知られています。

       『    ヒストン    』  、 には、  一般的に、
     H1 、 H2A  、  H2B  、  H3  、
    H4  、 の、  5種類が存在します。

       真核生物の核の中では、  DNA   、は、
    4種類の、  コア・ヒストン      ;
       ≒      
   『    核  ヒストン    』         ; 
  (     H2A  、 H2B  、 H3  、 H4     ) 
  、   から成る、
    『    ヒストン  8 量体    』
      、 に巻き付いて 
      、
    『    ヌクレオソーム    』 、 を形成しています。

      この、 DNA 、と、 ヒストン、 との、
     複合体である、  ヌクレオソーム   、が、 
     連なった構造を、
     『   クロマチン   』 、 と、呼びます。

        『   ヒストン  H1   』
      、 は、
  『   コア・ヒストン   』  、 とは、異なり
     、
      ヌクレオソームらの間の、   DNA      ;
       ≒     
   『    リンカー  DNA    』      ; 
      、 に結合する、   『   リンカー・ヒストン   』  、です。

       ヌクレオソーム構造、および、
     クロマチン 、の、 高次な構造の、
     安定化への関与が、 知られています。


       ☆     酸素なしで動く心臓を実現する鍵は、
    「   カメ   」  、 にあるかもしれない❗    ;

     亀   カメ   、 が、 冬眠することは、
    よく知られていますが、
     その冬眠の場所に、 池の中や、
    湖の下 、 を選ぶことがあるのは、
      余り、知られてはいません。

       カメは、  酸素  O 、 を無しでも、
      最大で、 6カ月も、 生存が可能で、
      水の中のほうが、 安全だ❗ 
     、 というのが、 その理由ですが
     、
  カメの、 無酸素でも生きられる能力が、
   人間にも応用できる、可能性がある❗
    、 と、 研究者は、 考えています。

           Developmental    plasticity    of    cardiac    anoxia-tolerance   
 in    juvenile    common    snapping    turtles
     (   Chelydra   serpentina   )    |       Proceedings   of   the   Royal   Society   B  :     Biological   Sciences

    Turtle    study    shows    hearts    can   be    programmed   to    survive    without   oxygen

    Some   Animal   Hearts    Can    Adapt   to    Survive    Without   Oxygen,
     And    Scientists    Are    Intrigued

          カメは、   その卵からかえる、  孵化までの環境に、 
    酸素   O   、 が少なければ、 少ないほどに、
     成体になったときに、
  低酸素でも生きられるようになる❗
    、  ということが、 知られています。

       マンチェスター大学の研究チームは、
    そのメカニズムを解析するべく、
    野外から収集してきた、 噛付亀     カミツキガメ   、 の卵を、 実際に、
    酸素の濃度が、 10  %    、 という、
   低酸素の状態において、 孵化させ、
    成体の心臓を調査する、 という、
       実験を行いました。

      この酸素の濃度が、   ➕   %   、 の環境とは   
     、
     巣穴に産み落とされた卵らの中で、
   一番の底側に置かれてしまった、
       卵の状況を模したものです。

     また、  対照群として、
    酸素の濃度が、 21 %   、 で孵化させた、
     噛付亀らも、用意しました。

         それぞれの条件の下で生まれた、
     噛付亀らを、 生後の、 15カ月から、 24カ月になるまで、 
     一般的な大気と同じ、
   酸素濃度の環境の下で、 飼育し
       、
   その、 心臓から、 心筋細胞だけを抜き出して
   、
      その、 細胞の中の、 
    『   細胞内   カルシウム   』
      、 や、 
  『   正電荷、な、 陽子 、 である、
   水素イオン   、 の、 濃度である   』
    、 
      PH    
    、に、
  『   電子強盗、 な、 活性酸素   』 
   、  などの、 
    低酸素への耐性に関係している、
    成分らを、 それぞれを分析しました。

         分析の結果にて
       、 
     低酸素の下で、 孵化した、
    噛み付き亀らの心筋細胞らは、
    無酸素の状態でも、 
   通常の大気の中で、と同様に、 動く❗
    、 ことが、 判明❗  。

           加えて、   哺乳類 、 などでは
     、
    酸素の濃度が、 急激に上昇した場合には
    、
    細胞組織での損傷がみられる❗
   、  ことが、 わかっていますが
      、
    低酸素で孵化した、 噛み付き亀ら、の、
     心筋細胞らでは、 
     酸素の濃度が急激に上昇しても、
   細胞組織が損傷しない❗
     、 ことも、 わかりました。

            研究チームは、 
     低酸素の環境の下で、
   孵化した、    カメ  、の、 『   ゲノム   』    ;
     ≒     
 【      3つごとの、 塩基ら、による、 
一つごとの、 配列ぶり、 である、
   『   遺伝  情報   』、 らの全て      】      ;
    、  には
      、
    『   エピジェネティック   』    ;
     ≒      
  『    後天遺伝学    』      ;
   、  的な、 変化が生じる❗
    、 と、 みています。

         ≒     
  【     その、 遺伝子の、   塩基らによる、 配列ぶり、を、変えずに、 
    その先祖員らの、 経験性らが、
    その子孫員ら、の、 細胞ごとにおいて、
     特定の、 タンパク質  、らが、
     作られたり、 作られなかったりする、
     事や、
     それらに基づいて成る、 現象な、
      事ら、である、
     遺伝性ら 、 へ影響する、 事になる、
      変化 、が生ずる❗
     、 と、 その研究者らが、 観ている     】
         。

          研究チームのジーナ・ガリさんは、
     「     カメと人の心筋細胞ら、は、
    解剖学的に、 近しいために、
       カメが、 無酸素でも生きる、
    能力のメカニズムを解明できれば、
    人間にも応用できます❗    」
     、
      と、 語っており
       、
   「     人間の心臓が、
    酸素の欠乏に耐えられるようになれば、
      心臓発作によって、
    心筋細胞に供給される、酸素が断たれても、 
     問題性が、 なくなったり
      、
   臓器らの移植に際して、
   臓器での損傷性を抑える❗ 
   、 ことが、 できたりする、 可能性があります     」 
    、 と、 論弁しています。


          ☆       宛て・対象の、 遺伝子、 の、
      塩基らによる並びよう、を、
     変えず❗
      、 に
      、
      遺伝子らを自らに巻き付けてある、
     タンパク質ら、 の、 
   一定の部位らのどれ彼を、
   CH3    、 などに置き換える、
    などして   
       、
       特定の、 タンパク質らのどれ彼が、 作り出される、
      あり得る、
     遺伝性の働きようら、が、
    差し止められたり、 
    逆に、 促されたりする、 
     事ら、にも、 基づいて、
     あり得る、 
    代謝らのどれ彼らが、 
    成り立ったり、 差し止められたりし
      、
      精神系の現象な事ら、までが、 より、
    成り立たしめ得られ易くされたり
     、
       より、 未然に、 
    差し止められ易くされ得たりする、
    後天性の遺伝性、な、現象ら、への、
   観察系らからの情報な事らも、
    特定の、類の、 タンパク質ら、の、
    どれ彼が、 
   より、 成り立たしめられ得たり、
  差し止められ得たりする、
    事らを通して
     、 
       あり得る、 
     あるべき、 代謝ら、 から、
   精神系の現象な事ら、などの、
  何でも、かんでもが、
  存在させられ得たり、
  得なかったりする、 
    それらな事らにおいて
     、
    いかに、 タンパク質ら、の、 どれ彼が、
   成されたり、 成されなかったりする、
    事ら、の、 そのもの
     、と、
   それらの組み合わせようら、 とが、
   より、  もとに成り得てあり、

     人々の命と健康性とを成し続ける、
    あるべき、 代謝ら、を成し続ける、
    事へ向けても、
    人々の遺伝子らをして、
     特定の、 タンパク質ら、を、
    よく、成さしめ得るようにしてやり、

       より、  異物性、 などを成さないように、
    あるべき、代謝員ら、への、
   より、 漏れの無い、
   摂取らを成し付けるべき事などへ、
    思いをめぐらしめ得る、物らでもある。
  
       19/    8/6   15:29

    ☆      すべては、食事❗   、 
   食べたもので、 体も心も、作られる❗  。

  「   うつ消しごはん   」、
    カスタマー・レビュー、 より    ;

      ➕代の半ばに、 親が、
    完全な、菜食主義になりました。

    動物性のものは、 出汁ですら摂らない、
    徹底ぶり。

     それまで、  活動的、行動的だった、
    わたしは、 18くらいの時に、
    どうにも、 気力が出ず、
     ひきこもり気味になり、
    やっと、 高校を卒業。
    進学した大学へも、 入って早々に、
      行かなくなりました。

     やる気も、楽しみや興味も、湧かなくなり、
      本当に、無気力。

    でも、それが、 辛いと感じる、
  感受性は、 多いにあって、
   輝けるはずだった、 貴重な、青春時代を失いました。

       このころに、  激しいニキビにも、
    悩まされていて、 5年が経ったころ、
    ドラッグ・ストアのカウンセラーさんに、
     化粧品よりも、
   『    タンパク質を摂るよう    』 、 に、言われ、  目から、 ウロコ❗  。

       血液への検査を受けてみると、
    栄養失調だと言われ、ここでも、
   『    タンパク質を摂るよう❗    』 
    、 に、 言われました。

       本当に、 長いことを、
   タンパク質を、ほぼ、 摂らない、
     食事をしていたのです。

          心療内科では、   統合失調症だ
     、 と、 診断されましたが、 
      今では、 外に、 働きに出て、 休日には、遊びに出かけ、 
    人といても、
  リラックスして、 楽しめるし、
   したいこと、 楽しいと思えることが、
     山積みです❗  。

    毎日が、異様に不安で、 怖かったのに、
       それも、ない。

     食事と便秘の解消は、 心に、
     朗らかさを取り戻してくれました。 
ーーーーーーーーーーーーー
     ☆    藤川院長❗    ;

     全ての慢性の疾患への根幹には、
     タンパク質での不足性 、が、あります。

       全ての患者に、   
    卵、 の、 3個 
      ➕        肉 、の、 2百  g      ➕      プロテイン      ;
     ≒       
   タンパク質 、 の、
      20 g     ✖     2 
    、 を指導しています。

      いきなりに、 この量は、
    摂取できない人には、 可能な範囲で、
      継続するよう、 伝えています。

          ≒       
     【     消化の代謝らを成す、 
   酵素   コウソ   、らも、
   『   タンパク質   』、 から成り
     、
    日頃に、   『   タンパク質   』、 を、
   より、 欠いてある、 飲み食いら、
     を、 成してある人々は
      、
    その、 『   タンパク質   』、らを、
     消化する、 酵素らも、 
     質や、 量、が、  不足している、
    度合いらにも応じて
     、 
    より、 タンパク質らへの摂取らで、
    胃が、ムカムカする、 などの、 
    拒絶な反応らを成し得る❗ 、
    状況を、  自らへ、余計に、成してもある❗     】
        。

          ・・プロテイン      ;
      ≒      
    【     タンパク質、な、 サプリメント     】    ; 
     、
      が飲めれば、
     食事のみの、 『   高タンパク食   』
  、 に比べ、  4倍速で、改善します❗   。

     統合失調症な、患者にも、 当然に、
   プロテイン 、 を推奨しています❗ 。

     プロテイン 、 が継続できれば
    、
   【     『  異食い性の欲求性  』、 の、 あり得る、
   湧き立ちようの度合いが、 減り、
    『   炭水化物    ➖    食物繊維   』 、 な     】
   、 
      『  糖質  』
   、 への、  摂取の量が減る❗
    、ので
     、
      一気に、
   『    高タンパク   /   低糖質食    』
   、 が、 実行できて、
    目覚ましい改善が得られます。


          ◆       『   ブドウ糖   』 、 や、
     人の体内で、 『   ブドウ糖   』 、へ、
    成るに至り得る、  炭水化物な、 『   糖質   』 
   、 への、 飲み食いなどによる、
    摂取らを、 より、 差し控えるべき、
     理由な、 事らの中には
      、
   血潮にまざる、 より、 余計な、
   ブドウ糖ら、が、
    タンパク質から成る物ら、などと、
    より、 余計に、 結びついて
     、
        例えば、
     それが、 赤血球たちの各々の中に、 沢山にある、
     鉄分、と、
   タンパク質、 とから成る、
  『   ヘモグロビン   』
    、 へ対して、成されれば
      、
    より、 ヘモグロビン、 が、
    体中の細胞たちへ、   酸素   O   、 を送り届け得る❗
    、 その、 度合いを、小さくされてしまう❗
     、  というように
      、
     体中の物らの機能らが、
     より、 そこなわれる❗
   、 といった事が、あり、

      例えば、
   『   繊維状、 の、 タンパク質である   』 、
  『  コラーゲン  』 、 らのどれ彼らへ
    、
   『   ブドウ糖   』 、が、 くっ付くと
     、
   『  コラーゲン  』
    、 らが、  丈夫に、構成され得ずに
    、
   コラーゲンらから成る、
   血管ら、などが、 
  より、 破れ易くなる❗
    、
      といった事が、 あり、

     わけば、 湧くほどに、
     その主を太らしめる、
   『   インスリン   』 、 を、
    より、 余計に、 湧かしめる❗
    、  事だけが
     、
     炭水化物な、 糖質への摂取らを制限すべき、
     妥当な理由の事なのでは、ない❗ 。


          大抵の人々は
       、
      その遺伝子ら、が、
    特定の、 タンパク質らのどれ彼、を、
    細胞ごとに、 作り出さしめる、 
   毎日に、 いつでも、 成される、
  日常の仕事、を、 成す事を通して
     、
    ブドウ糖では、ない❗
    、物らから、
  ブドウ糖らを作り出す、
   『   糖 新生   』 、 な、代謝ら
   、 をも、 成さしめ得ており、

      より、 その体の外側から、
   『   ブドウ糖   』 、 らを摂取すべき、
    必要性は、 それだけ、 無い❗   。

      また、 
   『   糖 新生   』、 な、代謝ら
     、や、
  『   ブドウ糖   』 、に代わって、
  『   脳の細胞   』、 などへの、 栄養分 、に成る、
  『   ケトン体   』 、 を、
  『   脂肪酸   』  、らへの代謝らから、
       成す❗
     、
      その、代謝ら、に、  問題性がある、
     日本人たちにおいて、
  60数人に、 何人かの割合で、 存在する 、 人々においても
     、
     ブドウ糖らには、
     必要分らがあり、

      その必要分をこえる分らを、
    ブドウ糖らを飲み食いする事は
     、
      タンパク質ら、などと、
     ブドウ糖らが、 より、 余計に、
    結び付く❗
   、  などして
      、
      その体の構造の、 丈夫性や、 機能性らを害   ソコナ  い
     、
      その命や健康性を害う、 余計な、 度合いらを成す❗
    、  事になるので
      、
     糖質への摂取らに制限性を成すべき、
     必要性が、ある❗
     、事では
     、
    より、 通例な、遺伝性らへの主である、
    人々と、 変わりは、無い❗   。

       あなたが、  あなたな自らや、
     あなたの家族員らに、 友ら、と、
     その周りの日本人たち、などの為に、
       最優先で、 成すべき事は
       、
     自らの遺伝性らを知る度合いを深め、
     その遺伝性らに、 より、 向いてある、
    飲み食いらを成し得るようにしてやる❗
       、 事だ。

       日本人に成り済ましても来てある、
    反社会的な、 外国系の部族社会員ら、
     に、 より、 都合が、悪い、
    から、 という、 つまらない理由で
    、
    人々が、 より、 見据えるべき、
    宛ての事らから、
   人々を、 心理的にも遠ざけて置くべき、
     では、ない❗  。

     勿論な事に、   日本人ではない、
   海外のどの社会の人々にも、
  より、 自らの遺伝性らを知る、
    度合いらを深め、
   それに応じて、 その食事らを、
     工夫すべき必要性がある。


      ☆       社会不安障害    (   SAD   )   、
     な、 女性も、 半年で完治して、卒業❗    ;

      症例;      40代の前半、 女性。
     夫、 二人の息子との4人家族。

     H26頃から、 人前での過緊張、
   発赤、 動悸が強まり、   自分で、コントロールできない。

      H30.11、   当院     ;
   ≒      藤川医院   、 受診。

        BP     ;   
     ≒      血圧    ;         169   /   84. 。

    緊張して、血圧が上がってしまう❗ 。

    食欲、 睡眠は、 問題なし。
    何でも食べられる。
    妊娠中に、 貧血を指摘された。

    →    高タンパク   /   低糖質食
      ➕      プロテイン      ;
      20 g     ✖     2

    ➕     Now アイアン    ;       36  mg 。

     ジェイゾロフト   ;       25  mg 
     ➕
   ドグマチール   ;       50  mg  
     ➕
   メイラックス   ;       0.25  mg 。

     ➖週間後に、 再診、

     【      その体の、 タンパク質、の、
  あり得ようらを反映する、
『 尿素 窒素 』 、 な      】
     、
   BUN     ;       11・3    
     、

      【      『  タンパク質  』 、 で、 封をされる様に、
    包まれて、 成る、 事において、
   危険な、 電子強盗、  を仕立てる 、  遊離した、
   『  鉄   イオン  』    、 な、 状態を、
   成さないようにされてある、
   『   貯蔵 鉄   』 、な      】
     、
  『   フェリチン   』  ;       9
      。

     プロテインは、 2回を飲めており、
   少し、 気持ちが落ち着いた。

  →    【     鉄分を補給する     】
  、
     フェルム  、を追加。

       H30.12、
    プロテイン 、を、  規定な量を飲めており
    、
    かなりに、 元気になった。

     糖質への摂取量が減った❗ 。

     動悸が、なくなった。

   →   メイラックス 、 を中止。

      ビタミン  B群   、 な、
     B50 
      、

   【      ワクチンらからの、 あり得る、
副作用らを軽減もする      】 
     、
  ビタミン   C    、 な
     、
     C1000 
       、

   【      子宝 ビタミン E1 、 
    を、 始めとして、 色々とある      】
   、
   ビタミン   E   、 な
    、
     E400 
     、 を追加❗ 。

        H31.1、
     かなり元気になり、普通になった。

  →   ジェイゾロフト 、  ドグマチールは、
     隔日での服用に、 減量❗ 。

        H31.2、
    BUN    ;       13・2 
    、
    フェリチン   ;       47 
     。

     プロテイン 、の、   規定量  
      ➕      低糖質食
     ➕      ビタミン   、 を継続❗   。

      R1.6、
    元気になり、 薬を飲み忘れるようになった。

   →   ジェイゾロフト、 ドグマチール  、
   を中止❗ 。

    プロテイン 
     ➕      糖質を制限 
      ➕      ATP  セット  、で、
    健康自主管理に。
    卒業、おめでとう❗


      メガビタミン・グループの記事、
       パニック    ➕   膠原病  、 も改善❗    ;

    (     昨日の記事へのコメント、
   本人の同意のもとで、 転記     )  ;

       良かったです(*´・ω・`)ね。
   私も、 30年を、 同じような症状があり
    、
    歯医者、美容室、乗り物、
   トンネル 、 が、 ダメでした❗ 。

      藤川先生のブログを参考に、
    食事での、 たんぱく質を増量❗ 。

      国産の、  ビタミン、 ミネラル、   鉄   Fe   、 を増やして、
    少し、 楽になったのですが
    、
    今年の2月に、 膠原病、 の、
   皮膚筋炎になってしまいました。

          その後に、
    プロテイン      ;
    30 g      (    90  cc    )     ✖     3回 
     。
    E400-      7粒 
     。
   B50-       2粒     ✖     3回 
     。
    C1000-     3粒     ✖     3回
      。

      【      『   ビタミン   B3   』  、 な、
   『   ナイアシン   』  、 に近い     】
    、
    ナイアシン・アミド     ;
    5百-       2粒     ✖     3回    
       。    

    Iron50-       2粒     ✖     1回 
       。

        【      カルシウム   Ca  、 が、
     ちぢこませる、 筋肉ら、を、
    マグネシウム   Mg   、 が、
   より、  ゆるめる❗
     、 ので
     、
       マグネシウム   Mg   、 を、
     より、 欠いてしまう❗
    、事は
     、
      インスリン抵抗性を高める❗
    、  だけでなく
      、
     心臓の筋肉らの攣縮     レンシュク       ;
     ≒      『   ちぢこまり   』      ;
       、 を、
     より、 解けなくされて、
      突然死❗   
     、 を、 その主へ、 もたらし得もする、
         が、    その      】
       、

     Mg    &     Cal     、な、 粒     ✖     2回 
         。

        緩めの糖質制限で❗
     、    血液検査は、
       9ヶ月で、 正常値です。

     身体のサイン 、らへの、 原因に気付けず、 
      難病にまで、発症してしまいました。

           タンパク質 、 大切です❗
          。
  
         特に、  メガ摂取 ❗  
           。

          藤川先生の著書を何度も読ませて頂き、
        歩行困難も、 全く、無くなり
      、
      全身の筋肉痛も無くなり
     、
    快適な身体で過ごせるようになりました。
     もうすぐ、お薬も無くせそうです。

      難病の完治を目指しております。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     ☆   藤川院長❗   ;

       素晴らしい経過。
    プロテインを、 体重の、2倍を飲めている❗。

         ≒ 
     【     例えば、   体重が、  50  Kg   、
    ならば、  タンパク質 、 を、
     50    ✖    2 g   、 を、
      1日で、 飲めている❗     】 。

        完治も、間近でしょう。


     ◇      鉄   ➕   タンパク質 、 をはじめとした、
   色々な、アミノ酸、たち、 と、 ビタミンら、に、
   ミネラルら、 での、 不足性ら、 を、 より、
    埋め余し付ける事との、 
     より、 よき、 重なり得ようらを成す形で
      、
          ➖回の食事において、
          5割を超える、 割合での、
     高度な、 脂員     ヤニン   、 らへの、
       飲み食いが、 あるべき事❗     ;

             ただし、
       それら、などへの、 代謝系らに、 障害性がある、
    体質なり、 遺伝性らなり、 への、 主である人々は、
      その限りでは、なく❗
     、
      誰もが、 自らの遺伝性らに、 より、 適合する形での、
     飲み食いら、に、 運動ら、などを成すべき事     ;


      ◇◆     『   高度な脂肪食❗  』  ;
   『   脂員   ヤニン   』   ;
     【     飲み食いする宛ての、
    コレステロール 、などな、
   脂員    ヤニン   、らが、   
  そのまま、 その主の血潮の、
   脂員ら、になる、訳では、なく、
   その、 8割ほどは、
  その主の体で、   炭水化物、な、
   糖質から、作り出される❗ 、
   物である、 
   と、 専門家らは、
   最近の研究らや実験らにも基づけて、
    判断して観せ得ており、
 
     人々が、 飲み食いする宛て、から、
   脂肪だの、 脂質だの、といった、
   脂員らを、 
  通例な遺伝性らへの主である人々で、
   より、 その、通例な、代謝系らに、
  問題性なり、 障害性なり、の、
  無い、 人々は、
   はずすべきでは、なく、

        むしろ、 
      『  タンパク質  』、 たち、 と、
  タンパク質に包まれて、成る、
   貯蔵鉄、 な、 フェリチン 、らに成る、
   より、   危険な、 電子強盗、 である、
   『  鉄   イオン  』   、な、 状態ではない、
   『  鉄分  』 、 とを、 十分に、
  補給し得てある、 人々で、
  より、 通例な、 遺伝性らへの主である、
   人々は、 
   食事で、 摂取し得る、 宛ての、
   脂肪分、 が、  5割 、を超える❗ 、
     割合での、
    高度な、脂肪への摂取らを成し付ける、
   事で、
    より、 ブドウ糖、らではなく、
    脂肪酸、らへの、代謝らから、
   作り出される、
     『  ケトン体  』、 らによって、
        赤血球たちを除いた、
     脳の細胞ら、などの、
    大抵の細胞ら、への、 栄養分らを、
    まかない付け得る、 体質を、    
    自らに、成し、
    ガン細胞ら、や、 赤血球ら、などの、 
   ブドウ糖ら、を、自らへの、
    唯一に、 主な、
  栄養分として必要としてある、
   細胞ら、へは、
    タンパク質への構成材、な、
   『  アミノ酸  』  、などから、
   ブドウ糖を、 その肝臓などが、
   作り出す、
    『   糖  新生  』 、 らにより、
    自前で、 ブドウ糖らではない、
  物ら、から、
  ブドウ糖 、らを与え付け得る、
    状況のもとでも、
    その心身の、 健康性なり、
   その機能らの健全性なり、を、
   能く、 成し付け得る❗ 、 
      という。

       まずは、  タンパク質たち、と、
   タンパク鉄たち、 とへの、補給や、 
   備蓄を、 自らの体で、 十分に、
   成し付ける事が、
   それへの前提として、 必要であり、
    これら、 を、 十分には、
  自らに成し得ていない、 人々は、 より、
   まず、 それらを、 自らへ、 十分に、 よく、
   補給し付けるべき、 必要性がある❗     】  ;
          。
    

         ◆     ビタミン   D❗    ;

   「   すべての不調は  自分で治せる  」 、 より    ;

     骨が、 より、 すかすかになる、   骨スカ症、な、
      骨粗鬆症 、 への、   対策としての、 効果が、 知られていますが
     、
      15種類の、 がん、ら、 の、 発症を抑える❗
    、  作用がある、
    と、 されるほか、に
     、
        色々な、慢性の疾患のリスクを下げる❗
     、 と、  いわれています。

            ビタミン   D   、 は、
       ほとんどの人において、   不足している❗
      、 とも、 いわれています。

         ビタミン    D    、は、
      過剰な投与による、  副作用は、 心配が、ありません❗ 。


        ◇◆     『  ビタミン  D  』  ;
    【     コレステロール 、 を、
  自らへの原料としており、
  2つがある、 腎臓 、たちが、
    働き者な、 活性型にしてくれ、
   それが、  欠乏すると、
   若年死が増える、 事が、
   判明し得てある、 補酵素 、な     】、
     『  ビタミン  D  』  ;
 【    C28       ➕    H44       ➕    O     】   ;
   
        ◆◇     『  カルシトリオール  』   ;
  『  ホルモン型  ビタミン  D  』   ;
「 ジヒドロキシコレカルシフェロール 」  ;
【    C27       ➕       H44       ➕    O3     】  ;

  3つのアルコール基を持つ、
   ホルモンとしての活性を有する形の、
   ビタミン  D  。 
    
      この物質は、  腸からの、
    カルシウム   Ca  、 へ対する、
     吸収性を高める❗
   、 事により、
   血潮の中での、 カルシウム   Ca  、
     の、 濃度を高める❗     】   ;
          。

        2万    IU   
     、で、
    花粉症が劇的に治った❗
    、 との報告もあります。


          ただし、
    ビタミン     D    、  を、    ➖万    IU   、 以上な、
    大量を摂取したい❗
    、 という場合には
    、
       【     納豆 、などに、 豊かに含まれる    】
    、
      ビタミン     K     、 への摂取が、 必須です❗ 。

          ビタミン    D    、を、 大量に摂取すると、
      その分、
     ビタミン   K
    、 が、  消費され、  不足する❗
     、 からです。

          ビタミン   K    
    、 と組み合わせた、  錠剤を摂る❗
     、
      ビタミン    D     ;         ➖万   IU
     ➕      ビタミン    K2
    、を、      百  ~  2百   mcg     、  を摂る❗
     、
        あるいは、
      ビタミン    K   、 が豊富な納豆を、
    ➖日に、  ➖   パック   、 を食べるのでも、良いでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      ☆       藤川院長❗     ;

     25  -  OH  -  D3    、  の、  最適な健康を維持するための至適濃度は、
    40  〜   60   ng  /  ml
    、 が、  よい❗
   、と、されている。

         自分の場合、
    ➖万   IU   、 の、 服用により、
       88
   、まで、 増えたので、   今は、 隔日での服用としている。

        花粉症の人には、   
     D3   &   K2   、  で、     2万   IU   、  で開始して、
    症状が改善すれば、   5千  IU   、 に減量する❗
    、  ことを推奨している。

     喘息の人にも、     A    ➕    D
     、 を推奨している❗ 。


      ◇◆   『    ビタミン    A   』   ;
 【     糖と糖とを結び付ける事において、
   糖と糖とからも成る、   粘液ら、や、  
  粘膜ら、を、 よく成す、  
   代謝ら、を、  タンパク質な、
  酵素   コウソ  、 と、 合体をする事で、
   成す、  補酵素    ホコウソ  、 であり、
    『  カボチャ  』  、 などの、 
   色素な成分、 の、 ベータ・カロチン 、
   から、 人の体において、
    その必要性らに応じて、
  作り出され、 その場合らにおいては、
  より、 異物性や、 過剰な摂取による、
  損害性、 成る物、 を、 成さない     】 、
    脂へ溶ける、
  『  ビタミン  A  』    ;
  【    C20   ➕   H30   ➕   O    】   ;
        。

    ◇◆     『   ビタミン  D 、 の、 不足性❗ 、
  と、 若年死の増加❗  』   ;
  【     脂員   ヤニン  、 な、
  コレステロール 、を、 自らへの、
  原料として、 成る、 
 『   ビタミン  D  』 、での、 不足性、
  が、 一定の度合い以上に、 あると、
   若年死が増える❗、 事が、
   科学的な調査により、 
   判明し得てある、 
    との事である、
   が、
    そうであれば、
     脂員ら、への、 摂取ら、を、
  一定な度合い以上に、 少なくする、
   事が、
    突然死や、 若年死ら、などへの、
   より、 おおもとな、 
   要因性を成してしまう、 事も、
   考え宛て得る事になる❗     】  ;
          。

     ◇◆     アイユー  IU  
 (   国際単位  ) 
    International Unit

     ☆     ミネラル、や、ビタミン、などの、
    微量栄養素 、の、 食品中の含有量は、

   普通は、  g  グラム  、や、   
    mg   ミリ・グラム   、 で、表すが、

    ビタミン A  、  などのように、
   似たような分子構造の複数の物質
  (   ビタミン  A  グループ   )   に、

     同様な機能があるなどの場合には、

     基準となる、   特定の物質  、 と、
     その一定量    (  IU   )   、を、

    国際的に決め、
   生体内での働きが、  その何倍であるか、  
  の、 数値によって、  存在量  、 を表す。

    ビタミン   A   、 の場合は、   

  ビタミン   A   アセテート    ; 
  0・000344   mg    、を、  1  IU    、
  とする。

     1   IU    、  は、

 ビタミン  A レチノール ;
    0・3     μg    マイクロ・グラム   。

 ビタミン  C    L-アスコルビン酸   ; 
   50   μg    。

  ビタミン  D   コレカルシフェロール   ;
    0・025   μg    。

  人工の、   ビタミン  E   
  dl-α- トコフェロール  酢酸  エステル
    1   mg     ミリ・グラム    。

    天然の、  ビタミン   E 1
    d-α-   トコフェロール
     0・667     mg     、

   と、   定められており、

    天然の、  ビタミン  E 1  、 の方が、
   人工の、 ビタミン E 、 より、
   その、『   電子強盗を差し止める   』、
   働き者である度合いが、
    5割 、 以上も、 大きい  ❗ 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント