主権者; 世主ら❗; 6次経 ロジフ ❗ ➕ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

           ☆      6次経    ロジフ     ;
        地球規模での、 対立性ら、と、火種ら、への、
    元凶員ら、な、累代型の、犯罪加害者ら❗    ;
            19/    7/20   17:39     ;

        ☆    シナ、と、アメリカ、との密約❗  ;

    ◆     反社会性を極めるべくもある、
     観念な、 規定性らからなる、
    反社会的な、 儒教型の、
   部族道徳律、な、 観念体系ら、への、 
     主である、事を、 通例な事としてある、
    シナ朝鮮人ら
    、と
   、
    世界各国の、 シナ朝鮮系員ら、ほどには、
  反社会的な、 部族社会性を、
    その精神性らに帯びては、いない❗
  、 にしても
    、
   より、 身内部族員ら、の、枠を越えた、
  第三者な、  ヒト  、の、一般を、
   福利らの供与、 などでの、
   目的な宛て、 目的な対象、 として、
   格付けて観宛て得る、 度合いらを、
   より、 余計に、 成して、あり得る、
    精神性ら、の、
より、 一般に、 あり得てある、
    その度合いについて
    、
    道の精神性の主であるか、
    道の精神性らへの理解性の、
  一定な度合い以上で、あり得る、
   精神性の主である、事が、
    より、通例な、 
  日本人たちの一般と比べて
   、
     日本人たちの一般と、
   シナ朝鮮員らの一般との、
    中間に、
   西の一神教系の人々は、あり、

       特に、
   英米の、 累代型の、
   実質的な、 犯罪加害者ら、
   でもある、
    英米の、 富裕権力層員ら、は、

    自らの階級や人種に、 無い、
   第三者な、 人々へ対して、
   より、 だまし、らを成し宛て
    、
   より、  その、 相手な、自らの社会の側に、
    対立性らを成し起こし得るようにし、
     火種らをまきちらすようにして、

     第三者な、 人々を、 不当に、
   損ない得る、 実態ら、を、
 世界のあちこちで、 成して、
   観せて来てあり、

     その、 精神性らの一般の、
     骨の髄にまで、 
   第三者な、 人々へ対する、
   凶悪な、 詐欺師としての、 
   負の、 倫理的な規定性ら、が、
   根を張るべくして、 張ってある、
   事が、 うかがい知れる、 縁 
   ヨスガ  、 らを成してもある❗ 。

     凶悪な反社会性らを成すべくある、
    累代型の、犯罪加害者ら、と、
    その系統員らへ対しては、

      より、  罪業らを重ね得ないように、
   より、 善い社会を成し得る、
    主としてもある、 主権者たる、
     人々は、

       より、 平和にも、
  より、善い社会らを成すべくもある、
  主としての、 自らの、 天道を成す、
   主の、 倫理性なり、 道理性なり、
 に類すべき、 倫理的な精神性である、
   天道理性に基づけて、
  倫理的な慈悲性を宛てて、 より、
   根絶してやるべきでもあろう。

     ☆     根途記事➕論評群➕❗;
法務省 koueki-psec@moj.go.jp : 
   菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959
  菊池医院 0192211620 通報宛先 ttp://www.jinji.go.jp/rinri/ 

     アメリカとシナに密約がある事を、
  米国側の担当者が、暴露した事を、
   前に、何度かを記事にした。 

     『  日米  安保  条約  』
  、 には、 
   日本国憲法の規定な事らに違反して、 
   日本の主権者である、
 日本国民らの主権者性     ;
   ≒ 
  【     日本国民らが、
日本国民ら、な、自らを統治する、
 権利を行使する、唯一の主である事     】
    、
   を、 勝手に、否定する❗
   、 条項がある、 
  との情報も、あり
   、
    それによると
   、
   日本にある、 
  アメリカ軍の基地らの総司令官が、
その恣意的な      ;
   ≒ 
  【     勝手な 、 独り善がりな     】
    、 
        判断において、
     日本政府が、 
   日本    ≒     日本の主権者である、
   日本国民ら      ;
    、を、
   統治できない状態に成った
   、と、判断し得たら
     、 
    その司令官が、 日本政府の代わりに、
    日本を統治する
    、 という、規定の物が、
    それであり、

      日本政府、な、自体が、
    日本の主の日本国民らから、 
   日本国民らへの統治な行為を、
   一定の事らに限定された形で、
   委任されている、
  執事役の存在であるに過ぎない、
   にも関わらず、 に、

     日本国民らの執事に代わって、
    アメリカ人が、
   日本の主であり、
   自らへの主である、 日本国民らを統治する
   、 という、 
   筋違いな主張を成している条項だ。 

       その条約における、
    日本側については、
    日本国民の誰彼が、 
  アメリカ国民らを統治すべき、
   規定な事が無く
    、
      それは、 
 主権者性を冒す事において
   、 
  日本の憲法の規定性らに対しても
    、 
  より、 在るべきではない、
    不平等な条約であり、

       トランプ氏は、 
  民主主義の法治国家の行政の長
   、 への、 候補であるからには、
   この不平等性をこそ、
  問題視して観せるべきなのだ
    、 という事を、
    頭に据えてから、 
  次の記事らを観て頂こう。 


       アメリカの大統領選で、 
   共和党から指名を得る争いで、首位を走る、
  ドナルド・トランプ氏:     69歳は、
  大統領に就任した場合に、 日本が、
  駐留経費の負担を大幅に増額しなければ、
   在日米軍を撤退させる考えを示した。 

    米紙ニューヨーク・タイムズ  (   電子版   ) 、 が、
   3月26日に掲載した、
    インタビューで語った。

       氏は、 これまでも、
  「   日米安全保障条約は、不公平だ   」
    、 と、  日本側への、 負担増を求める意向を示していたが、
    米軍の撤退の可能性に言及したのは、
     初めてだ。 

      会見談で、  日米安保条約について、 
  「    片務的な取り決めだ。 
  我々が攻撃されても、日本は、
   防衛に来る必要がない    」  、と説明。

          ☆   共同通信   ;

   【      アメリカの公開されてある、 
公文書の記述らにおいて、
アメリカの政府機関員ら、の、
日本の社会へ向けての、
代理員である、 事が、 
明らかにされ得てある、
岸信介氏
   、 と、
    その身内員らや、
子孫員ら、 などの、 その、 
与党員である、
『   岸アメリカ員ら   』、 により、
   日本政府が      】 
    、
  裁判権を放棄❗   ;    米 、 以外とも密約❗   ;
     53年に、 政府、英・豪などに適用     ;

          2019年 3月11日 夕刊    ;
 日本に駐留する、 米軍人らの、
   刑事事件を巡り
    、 
   「    重要な事件 、 以外、
   日本は、 裁判権を行使しない❗    」 
   、 とした、 
     1953年の、
  『   日米密約を踏まえ   』
     、
     日本政府が、 同じ年に、
   米国が主体の、 朝鮮国連軍
   、 との、 地位協定交渉で
    、
   英国や、オーストラリア、 などの、
   英連邦の四カ国にも、
   『   密約を適用していた   』  
    、 ことが、  ➕日に、
      機密性を解除された、
   複数の英国の公文書らで、分かった❗ 。

      裁判権の放棄が、広範に行われていた❗
      、 可能性がある 。
 
           日米間では、
       在日米軍の、
     権利・義務を規定した、
    日米地位協定がある。

        日本は、 
      国連軍とも、別に、
   地位協定を結んでおり、 現在も有効。

       締約国は、   神奈川県や沖縄県
     、などの、 7カ所の、
     在日米軍の施設らを使用できる。

      裁判権の放棄、な、密約が、
    継承されているか、 どうか、は、
    検証が、必要になりそうだ。

    日米での密約が適用された、
   ほかの二カ国は、
  カナダ  、に、 ニュージーランド 。
 
      琉球大の我部政明教授が、
  イギリスの国立公文書館で、入手した。

           我部氏は、 
  「     米軍に加え、
   国連軍に参加の、 英連邦、 との、
   密約が存在していた❗
     。
   裁判権の行使  、 という、
  主権の実質を、 相手国に委ねる一方で
    、
    体面を重視する姿勢は、
  日米同盟や、 基地の使用に関する、
  説明責任に向き合わない、
  現在の日本政府の態度につながる     」 
    、 と、 指摘している。
 
        日米は、  52年に、
  日米地位協定の前身に当たる、
    行政協定を結び、
    米軍人や軍属らによる、
    日本国内の犯罪らの全てで、
    米側に、 裁判権を与えたが
     、
   53年の9月の改定で、
    公務中の事件 、 などを除き、
    日本に、 第一次裁判権が移った。

       だが、 実際は、 同年の、
    日米合同委員会の記録で
     、
      日本側が、 「   重要な事件   」 
 、 以外で、  裁判権を行使しない❗
  、 と、 陳述し
     、
     米軍人らの事件についての、
   裁判権を放棄する  、事な、
    秘密の合意を交わした。


     ◆       英外務省、   露の北方領土への、
    領有の根拠  ;
     「   ヤルタ密約   」 、に疑念❗    ; 

    「    ルーズベルト米大統領が、越権署名   」  ;
    外交公電で、 全在外公館に警告❗   ;

     ★    ヤルタ密約秘話    2016. 12.5 7:3    ;

  「   ヤルタ  密約   」  ; 
       公表の直前の、
   1946年2月9日付で、
   ロンドンの英外務省から、
   全在外公館へ一斉に送られた外交電報。

   「     ルーズベルト大統領が、 権限を越して、
   米議会からの承認を、無しに、
   署名した、 合意の有効性に、
  論議が起こるかもしれない     」 、
   、 と、 警告している
(    英国立公文書館に所蔵    ) 。

 【   ロンドン   ≒   岡部伸 記者   】  ;
     ロシアが、 ソ連時代から、
北方領土への領有を主張する、
最も有力な根拠としてきた、
「   ヤルタ 密約   」   ;
(    ヤルタ協定のうちの、 極東密約    ) 
   、 の有効性について
   、
   ルーズベルト米大統領が
    、
  その大統領としての権限を越して、
   署名し、 米議会で、 批准されていない❗
    、  ことを、 引き合いに
    、
    英政府が、 大戦の終了後の、
 1946年2月に疑念を示していた❗
  、 ことが、
    英国立公文書館に所蔵の、
   英外交電報で、 明らかになった❗  。

     電報は、 
   米英ソ  、な、 3カ国が、
   同11日に、 ヤルタ密約を公表する、
   2日前の9日   、に、 
    英外務省から、
  全世界の在外英公館な、 54カ所に、
  「    緊急、 かつ、 極秘    」  、に、
    一斉に送られた。

      電報の冒頭には、
   「     ソ連の、
   スターリン首相、 ルーズベルト米大統領、
チャーチル英首相が、
45年2月11日に、  クリミア会議    ;
(    ヤルタ 会談    )
     、で、
   ソ連の対日参戦条件について、
   極秘に合意した、 密約の、
   内容の文書が含まれる     」 
    、と、 記され
    、
    米英ソ、の、 3政府が、 合意から、
  ➖年後にあたる、  46年2月11日に、
   それぞれの議会で、
   合意文書を発表する 、 としていた。

   「     ソ連の、 樺太、千島列島、
    への占拠は、 日本が敗戦する、 という、
   文脈の中で取り扱われるべきだ    」 
    、 とした上で
    、
「    ルーズベルト大統領が、
 その権限を越して、 署名したことや、
米上院の批准も、無い❗
    、 状況の下での、
有効性について、 米国内で、
論議が起こるかもしれない    」
    、 として
    、
   「   (   英国は   ) 、  その議論に、
巻き込まれないよう、 注意すべきだ    」 
  、 と、 警告している。

 ソ連は、  ヤルタ密約を根拠に、
   当時は、 有効だった、
  『   日ソ  中立  条約   』
   、 を破棄し
    、
   満州   (   中国 東北部   ) 、 や、
   北方四島に侵攻し、 占領。

     後継国家のロシアも、
   北方領土の領有権を主張してきた。

    一方で、 
   米国では、 53年に就任した、
  共和党のアイゼンハワー大統領が、
   年頭教書演説で、
 「    あらゆる秘密協定を破棄する    」 
  、 と、宣言して、 問題が表面化❗  。

      56年には、 
     アイゼンハワー政権が
     、 
   「     ヤルタ協定は、 
   ルーズベルトの個人の文書であり
    、
  米政府の公式文書でなく、 無効 ❗     」 
    、 との、 国務省の声明を発表し
    、
    ソ連の、 領土への占有に、
   法的な根拠が、 無い❗
   、 との、 立場を鮮明にした❗ 。

        一方で、
    当事国らの一つである英国は、
   立場を明らかにしてこなかったが
    、
    チャーチル首相が
    、
   41年の8月に、
    ルーズベルト大統領と、
  領土の不拡大、な、原則をうたう、
 『   大西洋  憲章   』
    、 に署名している。

    今回の電報を通じ、 密約が、
   大西洋憲章に反する、 との、
  英政府の、 46年の当時からの、
   認識が示された形だ。

  ■ ヤルタ密約 ;

    1945年   (   昭和20年   )   ; 
     2月4日から、 11日まで、
   クリミア半島、の、  ヤルタ   、で、
   米国のルーズベルト大統領、
   英国のチャーチル首相、
   ソ連のスターリン首相による、
   連合国、な、 3カ国、の、
    首脳らによる会談が開かれた。

    ルーズベルト大統領は、
    ソ連による、
 千島列島と南樺太への領有権を認める❗
  、 ことを、 条件に
     、
   スターリン首相に、 
  日ソ中立条約を破棄しての、
   対日での参戦を促した❗ 。

         会談では、
    ドイツの降伏後の、
  2カ月、または、 3カ月で、
 ソ連が、 対日での参戦をする❗
  、 ことが、 秘密の協定として、
   まとめられた。

       また、
    国際連合への創設を協議し
    、
    ドイツと、 中・東欧での、
   米ソの利害を調整する、 ことで、
   大戦後の国際秩序を規定。
   東西冷戦の幕開けへのきっかけにもなった。


     ☆   Wikipedia ➕❗  ;

    ☆     三枚舌外交❗    ;
(    さんまいじた  がいこう   ) 
     、 とは、
 イギリスの、 第一次世界大戦における、
 中東問題をめぐる、 外交政策のこと。

        イギリスは、
     第一次世界大戦中に、
  戦後の中東問題に対して、
以下の、 三つの協定らを結んでいた。

     それぞれが、 アラブ・フランス・ユダヤ
   、に、 配慮した振りをして観せた❗
   、  内容の物であった。

       1915年、の、 ➕月 - 
    フサイン=マクマホン協定
( 中東での、 アラブ、の独立・公開 ) 。

     1916年、 の、 5月 - 
  『   サイクス・ピコ 協定   』   ;
(     英仏露による、 中東への、
  分割・秘密協定     ) ❗。

    1917年、の、 11月 - 
  『   バルフォア 宣言   』   ;
  (     パレスチナにおける、
  ユダヤ民族員らの居住地の建設・公開     ) 。

         これらにより、 
  第二次世界大戦後の、パレスチナ問題や、
    現在も、 不自然な国境で、
   分断されている、 クルド人問題
  、などの、
    多くの問題な事らを生じた❗  。


     @    『   フサイン=マクマホン 協定   』  ;

     アラビア半島にある、
    マッカ  (   メッカ   )  、への、
  太守である、フサイン・イブン・アリー氏
    、と、
     イギリスの駐エジプト高等弁務官な、
   ヘンリー・マクマホン  、 との間で、
    やりとりされた書簡。

    オスマン帝国の支配下における、
  アラブ人らの居住地での、
   独立への支持を約束した。

         イギリスは、 
     アラブ人らによる、
  独立を約束することにより、
    アラブ人たちに反乱をさせ、
  アラブをイギリス陣営に引き込み、
 トルコと戦わせることを目的とした。

     ただし、 ここで規定された、
     アラブ人から成る国家の範囲は
    、
   ホムス、 ハマ、 アレッポ、
    ダマスカスを結ぶ、 線の、
   内陸側とされている❗
    が、ために
   、
    シリアの地中海への沿岸部、に、
  レバノン、や、エルサレム市も含む、
  現在の、 パレスチナ地域も、
    含まれていない。

     @   『   サイクス・ピコ協定❗   』  ;

   イギリス、フランス、ロシア
   、 の間で結ばれた、 秘密協定。

     イギリスの中東への専門家な、
    マーク・サイクス、 と、
   フランスの外交官な、
   フランソワ・ジョルジュ=ピコ
  、とによって、 原案が作成された。

     オスマン帝国の領土へ宛てて、
  以下のように規定していた。

     シリア、 と、 アナトリアの南部、や、
   イラクのモスル地区を、
   フランスの勢力範囲とし
    、
   シリアの南部と南メソポタミア    ;
  (    現在の、 イラクの大半    ) 、 を、
    イギリスの勢力範囲とする。

  (   狭義の   ) 、  パレスチナを、
   国際管理下に置く。

     イギリスは、  事実な上での、 同盟国で、
   大国である、 フランス、の、
  利益を重んじて観せる
  、 ことを目的としていた。

       が、
     ケマル・アタチュルク氏らにより、
トルコ共和国が、新しく建てられた為に
   、
   南な、イギリスの勢力圏との間に、
    押し込まれた格好となり、
     結果として、
 フランスは、 大きな負担を強いられた。

     1917年に、  ロシア革命が起こると、
     同年の、 11月に、 革命政府によって、
     旧ロシア帝国の、
    サイクス・ピコ協定の、
   秘密外交が、 明らかにされた。

  
      @   『   バルフォア 宣言❗   』 ;

      1917年、の、 11月、
     イギリスの外務大臣な、
  アーサー・ジェームズ・バルフォア
   、 が、 
イギリスのユダヤ人コミュニティーの、
   『   理兌  リダ   』    ;
   ≒    『   リーダー   』   ;
    、  である、
  ライオネル・ウォルター・ロスチャイルド
  、 に対して、 送った書簡で、表明された、
    シオニズム政策。

       内容は、  パレスチナにおける、
  ユダヤ人らの居住地の建設である。

     イギリスは、 パレスチナにおける、
   ユダヤ人らに配慮して観せる、
  ことによって、 ユダヤ系員らから、
  戦争への資金を引き出す、
    ことが、 目的であった。

     この協定らが、
  相互に、矛盾性を引き起こしていたとして、
  イギリスの謀略外交
   、と、批判されている。

    ・・クルド人らの地域ら、 などにも、 
  影響性らが及んでおり
   、
     必ずしも、
    パレスチナ地域や、
   ユダヤ人ら、と、アラブ人ら、
   だけの問題では、ない。

     ミャンマーのロヒンギャ族  、と、
    イギリスの植民地支配❗   ;
     2015年  5月29日    ;

     今月になって、  ミャンマーからの難民、
   ロヒンギャ族の海上漂流が、 
   大きなニュースとなっている。

    各国が受け入れを拒否している為であり、
     帰国しようにも、
   ミャンマーが、 それを許さない。
   かなりに多くの人数であるようだ。

     ロヒンギャ族員らは、 イスラム教徒で、
   ベンガル湾に面した、 ラカイン州に、
   多く住んでいおり、 

     仏教徒が多数を占める、
  ミャンマーでは、 迫害を受けている。

     驚くことに、 ロヒンギャ族には、
     ミャンマー国籍が、 ない❗ 。
           無国籍なのだ。

     ミャンマーでは、 1823年以前から、 
   ミャンマーにいた人達を、
   正式な国民として、 国籍を与えている。

      ロヒンギャ族員らは、 
  それに該当していない、 というのが、
  ミャンマー政府の主張だ。

    ロヒンギャ族は、  歴史的には、
   古くから、 ミャンマーにいたが、
   イギリスのビルマへの侵略の後に、
      急増した❗
     、 と、 される。

    上記の、 1823年というのは、
   第1次英緬戦争      ;
    (    1825   ~   34年    )
     、 の前年で、
      この戦争の結果にて、
    現在は、 ロヒンギャ族が多く住む、
    ラカイン州が、 英国の植民地となり
     、
      やがて、英領な、インドの一部となった。

     ビルマ人の立場からすれば、
    ロヒンギャ族  、 というのは、
   英領な、 インドの一部となった、
    ラカイン州へ 、 イギリスの、
    植民地への支配の一環として、 
     連れてこられた、 外部の民族だ❗ 。

     ◇      世界の社会らへ、
   その内外での、 対立性らを成す、 
   異質な、 存在らを当て付け、
   火種らをうえて来てある、
    英米の富裕権力層員ら、
    と、
   そのへの、現地での、
   代理員として機能する、
    実態らを成して来てある、賊員らは、

      日本の政府機関ら、なども、 
     それへの与党員らで左右して、 
    その社会の主権者らの一般へ、
     より、 小さい、
     経済系の、 成長や、
    縮小を必然化する、
  その中央政府の財政における、 
   引き締め、 を、 繰り返し、 
   成さしめる事を通して、 

    戦争による被害らにも類する、 
      損害性ら、を、 
  その社会の主権者らの一般へ、
     宛て付け続けて来てもある。


    ◆     あり得る、 感染爆発ら❗
   、にも。
    解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗  ;
            19/   7/20   19:30     ;

      ◇       地球、な、 世界における、
      人々の誰彼は、
    その、どの人へ対しても
   、
      最大でも、 6人ほどの人々を、
   その間に置いて、 隔てられてある、
    交流系らのどれ彼に属してあり、

     大統領だの、 何とか王だの、
   『   大星  ダイヒュー  』    ;
   ≒       『   大スター   』    ;
    、 だのへ対しても
      、
    知り合い、の、知り合いら
   、 を、 たどってゆくと
     、
     精々な所が、 遠くても、
    6次の、 可能的な、
    仲介員ら、しか、 存在しない❗
   、 といった事を述べた、
    記事らを、 ここでも、
   紹介して来てある、
     が
      、
      それは、
   人から人々へ、 感染する、
  微生物ら、 に類する、 何彼らにより
    、
  どんな立場の人々も、 
  その系統員らも、 絶やされ得る、
   可能的な度合いら、を、
   規定する、 度合いのある、
     事でもある。

    反社会的な、 儒教型の、部族倫理員である、
    者を、 一般な、者としてもある、
    シナ朝鮮員ら
    、や、
  それらに類する、 反社会的な、
  倫理性の主ら、 によって
     、
   それら、との、 関わりようらを、
  宛て付けられ得る、
  世界中の、 あらゆる人々は
    、
  感染性の、危害性らを宛て付けられ得る、
  6次以内の、 近さにある❗
   、 事から
      、
      特に、 日本人たちは
    、
   それらによる、    集   タカ   り
   、 などの、 宛先にされて来てある❗
   、  事からも
      、
     反社会員らにより
    、
    感染性の、 攻撃ら、も、
  より、 甚だしい度合いらで、
    宛て付けられ得る❗
     し、
       現に、  肺病を成す、 結核菌ら、などを、
    シナ朝鮮人らの、 日本への出入り、などからも、
    移され、  殺され得ても来てある❗
      、 事を
      、
     より、能  ヨ  く、 案じ宛てて、
      自らの側の、人々や、
    より、 反社会性も、反日性も、 無い、
       人々を、
     そうした危害性らからも、
     守り得る、  自他の能力性ら、を、
   より、能く、 発揮させ合うべき、
     利害関係性を帯びても、ある❗ 。

       自らの社会の内外の、 
    反社会員、な、 反日員らからの、
   感染性の、 あり得る、攻撃ら
    、 へ対しても、 

      地下に避難網らを成す、事において、
     空気ら、などを、 能く、
   隔て、 
    有害員らを、 能く、
  検知し宛て得る、 仕掛けらを、
   成してゆく、事からも
     、
    より、 その、 あり得る、
   日本人たちや、 観光客ら、
  などへの、 損害性ら、を、 
   減らしてゆく事が、できる❗ 。


      ◆    エボラ出血熱の死者が、 
     千6百1人を超えた、 コンゴ  、での、
  流行について、 緊急事態を宣言❗
    、
   国際的な感染の拡大が懸念される    ;
    by   『   WHO   』    ;
   ≒     『    世界  保健  機構    』  ;

     、 が、
    アフリカ大陸の中部の、
   コンゴ民主共和国での、
  エボラ出血熱の流行について、
「     国際的に懸念される、 公衆衛生上の、
  緊急事態     」    (   PHEIC   ) 
   、 を宣言しました❗  。

     流行は、  2千18年の8月から、
   始まっていて、  2千19年、 の、
   7月までの、 1年間に、 
    千6百人❗  、 以上が、 死なされる、
    事態となっています。

    Ebola   outbreak    in    the   Democratic   Republic   of   the   Congo    
  declared    a   Public Health   Emergency   of   International   Concern

       Statement    on   the   meeting   of   the   International   Health   Regulations 
     (  2005  )    Emergency   Committee   for   Ebola   virusdisease
    in    the   Democratic   Republic   of   the   Congo   on    17   July   2019

    『   エボラ  出血熱   』
    、 は、
  エボラ、を成す、 ウイルスによる、
  『   熱性  疾患   』。

    「   出血 熱   」  、 と、 
   名がついているように、
   症状らの、 1つとして、
 「  出血  」  、 がありますが
    、 
     必ず、
  出血する、 訳ではなく
   、
   発熱・疼痛   トウツウ    ;
   ≒       うずく痛み     ;
      (     頭痛や、 筋肉痛、 など     ) 
    、 といった、 症状らも出ます。

      特徴的なのは、
     その致死率の高さで
    、
       ≒ 
    【     その微生物らに感染されてから、
   その主が、 死なされるまでの時間が、
     より、 短いほどに、
   より、 他者へ感染し得る、
   あり得る度合いらは、 小さくなる❗     】
       。

       厚生労働省によると
    、
  「   スーダン型   」 、の、 致死率は、
   約   50 %
     、 で、
   「   ザイール型   」 
   、だと、  致死率は、
  約   9割❗
     、 に上る、 とのこと。

     近年だと、 2千14年に、
   西アフリカで大流行した、
    事例が、 有名で、 
    このときは、
   2014年の、 8月8日に、 WHO  、が、
「    国際的に懸念される、 
公衆衛生上の緊急事態    」     ;      (    PHEIC    )
     、を宣言❗ 。

     解除されたのは、  ➖年半後の、
    2016年、の、 3月9日でした。

    今回の事例では、 WHO  、 が、
   2018年、の、 8月1日に、
   コンゴ民主共和国での、
  エボラ出血熱の発生を宣言❗  。

    2019年、の、 7月15日までに、
  2512例の感染らがあり、
   千676名が、 死なされた。

    PHEIC  、な、 宣言が出された、
    理由らの、 1つは
     、
   ルワンダ、 との国境の都市な、 ゴマで、
   感染者が見つかったこと。

      この感染者は、
    2019年、の、7月14日に、
   すでに、 エボラが流行っていた、
  ブテンボ  、 なる都市から、
   その家族員とともに、 バスで移動した、
    男性で、 翌る、 7月15日に死にました。

     当局は、 すぐに、男性の家族員や、
    接触のあった、 75名を特定して、
   予防接種を行い、 監視下に置いた❗
  、 とのことですが、  
     ゴマから、 ルワンダへは、
    1日に、1万5千人以上が、
   国境を越えており、
  さらなる感染の拡大が、
     懸念されています。

 
      ★   Wikipedia➕❗   ;

    ◇    アビガン   ;
    
     ファビピラビル    Favipiravir    ; 
     ≒ 
   『    C5   H4   F   N3   O2   』   ; 
    、 は、
     富山大学医学部教授の、 白木公康氏
    、と、  富士フイルムホールディングスの、
   傘下の、 富山化学工業が、
    共同研究で開発した
     、
  『    RNA  依存性  RNA  ポリメラーゼ  阻害剤   』
   、
    で、   商品名、な、アビガン錠    ;
   Avigan  Tablet   
     、 の名でも呼ばれる。

     Favipiravir
     、 は、 
    富山化学、の、 江川裕之氏らが合成し
    、
         古田要介氏らが、 その、
  『   抗  インフルエンザ  活性   』 、を見出し
    、
    富山大学医学部の、 白木公康氏らが、
   インフルエンザの感染した、 マウス
    、での、  有効性
     、と、
    タミフルより、強い、 治療効果❗
    、を有していること、や、
     薬剤耐性を生じない❗
     、 ことを見出した。

      Favipiravir     、の、 作用機序は
    、
       『    その、3つごとな、 ➖つごとの、
   並びよう    』   
    、 が、 
    細胞ごとの内側に、 用意される、
   色々な、アミノ酸たちの中の➖つを指定する、
    関係性を帯びてある、 が、ゆえに、
   『  遺伝  情報  』、 な、 その物、 でもある、
   『  塩基  』 、 らからも成る
    、
     RNA     ;
   ≒     『   リボ  核酸   』    ; 
     、
      を合成する、 代謝を成す、 
    タンパク質から成る、   酵素   コウソ 
    、 に、
 
         プリン     ;
       (    アデノシン・グアノシン    ) 
       類似体として
     、 
     RNA鎖に取り込まれるが
     、
       取り込まれた部位で、

      RNA  、 への、合成を停止させる❗ 、
    Chain   terminator     ;
   (    伸長  阻止  薬    )
       、 として、
    ウイルス 、の、  RNA 、 への、
     合成を阻止する❗  。

         本来は、 
   抗インフルエンザ・ウイルス薬で、
    ウイルスの、  細胞内での、
   遺伝子の複製を防ぐ、 ことで、
   増殖を防ぐ仕組み❗  。

          そのために、 
  インフルエンザ・ウイルスの種類を問わず、
   抗ウイルス作用が期待できる❗ 。

       ・・動物実験で、
     胎児に対する、 奇形の成る事を促す、
   『  催奇形性  』 
    、 の可能性が、指摘された❗
   、 ために、
     厚労省による、
   製造と販売への承認は、 大幅に、
    遅れた上に、
    緊急の場合にのみ、  製造が可能❗
    、との、 条件がついてしまい
    、
   経営に貢献する、 という、期待は、
    外れる結果になった。

     催奇形性の危険がある❗
     、 にもかかわらず、に
    、
    承認されたのは、 
     ウイルスを、
   細胞の内に閉じ込めて、 増殖を防ぐ❗
    、
    既存の、 インフルエンザ薬と
    、
  ウイルスの遺伝子の複製を阻害して、
   増殖を防ぐ、 
   アビガンの作用メカニズムが異なり、

     既存薬らに、耐性を持った、
  ウイルスが蔓延した場合でも、
    効果を発揮できる
   、 との期待からだった❗  。

    2千2年頃から、 ファビピラビルが、
   広範囲の、 RNA  、 だけを、
    その身柄な、 単細胞に宿す、
   『   RNA  ウイルス   』
     、 に対して、
   抗ウイルス効果を持つ、
   ことが、 認識されており、

    インフルエンザ・ウイルス、 以外の、
  ウイルスに対する効果についての、
   研究が散発的に行われていた。

     これらの結果らを受け、
    ドイツの、 ベルンハルト・ノホト
   熱帯医学研究所   (   ハンブルク   ) 
   、の、
   シュテファン・ギュンター所長
   、を中心とするグループは、

     ファビピラビル
      、が、
   エボラ出血熱のウイルスに対して、
 どの程度の効果を持つかを検証するため、
    2013年に、 同研究所の、
  バイオセーフティーレベル 4
   研究施設において、
    マウスを用いた動物実験を実施した。

    用いた、エボラ・ウイルスは、
   米国CDC  、から提供を受けた、
   『   野生型  ザイール株   』
     、 で、 
      『   居自   オリジ   』   ;
   ≒     『   オリジナル   』    ;
     、 の、
   『    Zaire   Mayinga   1976年株   』 
    、 とは、 
     わずかに、
  2塩基対が、 異なっていた、 物だった。


        ☆      えっ❗、 食べられる農薬?    ;
    香川大学などが、
   「  希少糖  」、を使った、 新しい農薬を開発    ; 

      食べられる農薬が開発されます。

      香川大学は、 新しい農薬を企業と共同で開発しています。
   原料は、 香川大学が開発した、
  「  希少糖  」
    、 なんです。 

    (   香川大学農学部  /  秋光和也 教授   )  ; 
   「     食品として、利用価値が高い希少糖が、
   農業用資材として、 新たな価値を持つ、
   ことを、今回に、発見いたしました❗    」 。 

         香川大学は、
  『   希少糖  D-タガトース   』 、  が持つ、
    病原菌の発生を抑える❗
   、 効果について、
    農薬の研究・開発などを行う、
    三井化学アグロと共同研究を続けています。 

    べと病や、うどん粉病に、特に、効果があり、
     タガトースを散布した植物は、
    そうでないものに比べて、
    病気の発生が抑えられている❗
    、ことが、わかりました。 

      国際的に、 安全な食品として認められている、
    タガトースが、 農薬として使えるようになると、
   出荷への直前の散布ができるようになる❗
   、 などの、 メリットがあります。 

    2020年   8月6日   18:15 KSB   ;

     2:  ID:huauAImb0     ;        これは、世紀の発明❗ 。

    5:  ID:cTxCFENy0     ;      無能な、 農水省じゃ、
  使い始める前に、 アメリカと韓国に、
  特許を取られて、終わりだな。

    15:  ID:jE0lVWkW0      ;       脂肪酸グリセドとか、
   安全を歌う、 その手の農薬は、珍しらしくない❗ 。 
    ただ、バリバリの化学農薬より、
    効果が劣っているから、 いまいちなんだよな。 
   でも、 ちょっと甘めに期待しちゃおうかな。  砂糖だけに。


      ☆     反社会員らの戦争な行為らを喚起する圧力を増す、
    エセ平和員、な、 平和工作員ら❗    ;  
         19/    4/7   13:25     】

         ★      中国メディア、の、 『   東方網   』
   、 は、  「     日本人は、 本当に、頭がいい、
家を建てる時に、 焼いた、 材木 、
を利用することで、 家を長持ちさせる    」 
   、 とする記事を掲載した。

 記事は、 中国でも、 木材を用いて、
家具を設えることは、 ごく一般的だが、
家具のみならず、 木材を使って、
家まで建てるとなると、 やはり、
日本をあげない訳には、いかない、と紹介。

日本人たちの、木材らへの利用方法は、
実に、 多様性に富んでおり、
場合によっては、 木材を、
焼いてから、 使う事もある、 とした。

 焼いた木材で、 家を建てる、
というのは、 些か、奇妙に思えるが、
実は、 その利富   リト     ;     メリット    ;
   、 は、 非常に大きく、
「   日本人は、本当に賢い   」 、と思う、
  列辺   レベ   ≒   レベル      ;
    、だ、と説明。

         木造の家屋は、 
   シロアリ  、 などの、 
   害虫らが、 大きな脅威となるが
    、
   木材を焼いて、 炭化させることで、
   高い防虫効果が得られ、
   通常の木材よりも、 寿命が大きく伸びる❗
   、 と、伝えた。

  また、 
   焼き芋の香ばしさを例に挙げ、
  木の表面を焼くことによって、
  木が、本来に、持ち合わせてある、
   香り、 と、 焼いたときの、
  焦げる香り、とが、 合わさって、
  独特な、 好い香りになる❗
    、 としたほかに
   、
   そのままでは、 余り、目立たない、
年輪の模様も、 軽く、 炙   アブ   る、
  事により、 
    くっきりと、浮かび上がり
     、
  通常の木材とは、 異なる風合いが、
   楽しめる、 と、 紹介している。

 木の表面を焼いて、 炭化させる事で、
    虫らが、 それを食べられなくなる点❗
    、と、
  木材が持つ、 水分が蒸発する点❗
   、 とが、
  虫による害への対策としては、 効果的なのだ❗
   、 という。

    また、 虫は、木が焼ける香りによって、
    山火事が起きた、 と、 勘違いし、逃げる❗
    、 という、 習性も持っており
    、
   この点でも、 家に、虫を寄せ付けない❗
   、 効果があるようだ。

    「    日本の飲食店で使った食用油が、 
まさか、こんなに、 履再供   リサイク   ;
≒     リサイクル     ;    
    、 をされている、
とは、 思っても見なかった     」 
    、 
とする、  東方網の記事は
   、
「     ・・ 日本では、 飲食店で出た、
廃油の処理について、 照演   テレン    ;
≒     テレビ     ;
    、 で紹介された     」
  、  と伝えた。

    シナでは、 使用済みの食用油を、
   下水に流してしまいがちだが、
  日本では、 下水に流してはならず、
少量なら、 新聞紙などで吸い取って、
揚げ物の後などの、 大量の油については、
凝固剤で固める、などして、
可燃物として捨てなければ、ならない
   、とし、
 
 そのうえで、 飲食店で出された、
   膨大な食用油は、 専門の業者が回収し、
   ろ過を行う、 と説明。

     食べ物のカスや水分、などが分離した、
   廃油らは、 各所に運ばれ、石けん、
ロウソク、塗料、 などの、
色々な履再供品への原料、や、
   燃料として、 用いられ、
    廃油を使って、 
  夜空への、 爛灯揚浮    ラントアプ    ;
  ≒      ライト・アップ      ;
     、 を行う、
   場所もある、 と、 伝えた。

 記事は、
「     廃油を再利用すれば、 石けん、
などを作ったり、 街を爛灯揚浮できる上に、
ドブ油として、 食卓に流入する、
可能性も、 より、 なくなる❗
    。
  これは、 環境への保護にもなるし、
それ以上の意味もあるではないか。
 日本人たちにとって、 ゴミは、
すべてが、 資源なのだ     」 
   、 と、 結んでいる。

 シナで、 「  地溝油   」 、 と呼ばれる、
ドブ油が、 食用として、
「   履再供   」 、される、 現象らが、
社会問題になって久しい。

    また、  時期を同じくして、
  ぬいぐるみ、や、  屈且   クッショ    ;
  ≒      クッション      ;
    、 の中から、
   汚れた衣服を刻んだ、布、 などが出てくる
  、 という、 現象らも、 問題になった。

  使用済み品への回収や処理について考慮し、
  制度化することで、 不衛生な、
「   履再供   」、 を防ぐ、 というのは、
 食用油 、 以外の分野らにおいても、
  適用できそうだ。

      ☆     blog  東亜備忘録  :       根途記事➕論評群➕ : 

       @     日本は、 
     欧米の、 植民地らへの占領軍らと戦った。
   シナ人らは、 植民地への占領軍らと協力して、
   日本と戦った、アジアへの、裏切り者だ。 

      戦後のシナ人たちの側が、 
   日本人たちを恐れたのは、 当然な事だ。
    普通なら、復讐しているよ。 
  それをしなかったのは、 全ての民族ら、
  の、 融和こそが、 日本人たちにとって、
    至高の価値観だったから。 

     @      蒋介石  、 は、 
  日本軍が、 南京に入城する直前に、 
  城から逃れたが、 その時に、
  「    ここで、 日本軍による、 大虐殺があった、
事にしよう    」
   、 と、指示した。 

   これらな、事らは、 東中野氏が、 
 台北の国民党党史舘で発見した極秘文書   : 
『    中央宣伝部国際宣伝処工作概要
  1938年   ~  1941年    』
    、 に、
   残されている、 と、 氏の著書、
  『   南京事件 一 国民党秘密文書から読み解く   』  ;
     (   草思社   )    、 に記されている。 

    この文書の発見の以前から
    、 
  南京の陥落の後に、  百20名近くの記者らが、
    日本軍と共に、 南京に入城した❗
   、  にも関わらず、に
  、 
   朝日新聞を始めとする、 当時の新聞での報道や、
   記者らの証言らの中で、 
   虐殺事件の片鱗すら、 語られていない❗
    、 のは、
    おかしい❗
    、 
    事件は、 なかったのではないか 
     、 という、主張らは、 なされていた。 

     ◇      日本人たちを、 一方的に、 裁いた、 
     東京裁判においてさえも、
  合法に、 シナへ居住していた、 日本人たち、
  へ、 対して、
  シナ人たちが、 強姦と虐殺とからなる、
    凶悪な事件ら      ;
         ≒
 【      日本人たちが、 加害された、
本当の、 南京事件、 や、 通州事件、 に、
斉南事件、 や、 その他の、 諸々の事件ら     】   ;
    、
を、 成した上に
    、
その他の、 シナ人たちが、
  凶悪犯の、 シナ人たちをかばい、
裁判にもかけずに、 済ます事で
    、
 それらへの、 事後共犯者に成った、
  事を受けて、

     国際法の規定な事らの通りに、
    警察な行為としても、 合法に
    、
    日本人たちが、 
    シナ人たちへの、
   懲罰を成す、 戦争な行為らを成して、
  南京への占領へも至った、 ものであり、

   南京への一連以上の、 日本人たちの成した、
  軍事行動らは、
   合法な行為❗
    、 として、 
   その判事らにより、
    認定され得てある❗ 。

      日本人たちは、
   国際法の規定な事らの通りの、
 『  合法な、懲罰行為らを成していた  』
    、 
    のに対して、

      無法者な、 アメリカ人ら、と、
   イギリス人ら、とが、
   違法に、 犯罪者である、 シナ人たちへ、
   加担して
    、
  フライング・タイガース、 なる、
  部隊を結成して、 日本人たちを、
   違法に、 殺したり
     、
   公の海をゆく、 日本人たちの民間の船たちを、
  違法に、 アメリカが、 撃沈して、
  日本人たちを殺したりして
    、
   日本人たちが、 倫理的にも、妥当な、
   真珠湾への攻撃を成す前から   
    、
     アメリカ人たちは
    、
    その、幼稚で、 原始人的な、 人種ごとへの、
  序列化差別性を成す、 観念体系らにも、
    基づいて、 
  凶悪な犯罪加害性らを、 
  日本人たちへ、 繰り返し、 宛てつけており、

      日本人たち、だけ、が
   、
  『  合法に  』 、
    シナ米英露、などの、
  全く、の、凶悪な犯罪者ら、への、
  軍事行為らを成していた、のが、
    大東亜戦争だった。

      @      今日に、 この事は、
    多くの識者らが指摘しているが、 
    当時の中国戦線では、 
  『   便衣兵   』
     、 と呼ばれる、
    通常の、 『    非  戦闘員の服装をした兵士    』 
   、 らが、 数多くいた。 

     ≒ 
  【     国際法では、 便衣兵  、へ、対しては、
  裁判も成さずに、 その場で、 処刑する、
   事も、 合法な、行為
     、 と、 されてあり
    、
   それは、 便衣兵、 の、存在のそのものが、 
  『   非 戦闘員   』 、 を、 殺傷の宛先に、
    紛れ込ませる、 可能的な度合いを、
    余計に、成し、増す
    、もとになる、からだ     】
        。

     これに関する、 元の日本兵らの証言も多く
    、
      例えば、 
    掃討戦の最中に、 
   一般市民の姿をした人を見かけたので、
   声をかけると、 撃ってきたので、反撃した❗
    、 という様なものだ。
        @       日本、の、 憲法、の、 第9条は、
   1928年の、 『   不戦条約   』
    、を、
  手本にしているが、 
   不戦条約は、かえって、
  大戦を引き起こした❗  。
  
   イギリスの、 チャーチルは、
「   平和主義者らが戦争を起こした   」
   、 と、 言っている。 

     ヒトラーは、平和主義を利用して、
   勢力を拡大していった。

    ヒトラーが、
   ヴェルサイユ講和条約を破棄して、
    ドイツの再軍備をし、 
   ラインラントに進駐した時、
   そして、 ズテーテンラントを要求した時    ;
    (    ミュンヘン会議    )
      、 いずれの時にも、
     周辺の諸国は、 
    平和主義に縛られ、 
ドイツ軍を一掃できた❗
   、にも関わらず、に
   、
      軍隊を動員しなかった。 

    その結果にて、 ヒトラーは、
   戦力の充実に成功し、 第二次大戦を引き起こした。

       平和主義は、戦争を招く❗ 。 

   戦争をする決意のみが、 戦争を防ぐ❗ 。

     これが、
  第二次大戦からの教訓だ。 現実の問題として、
  平和主義と軍備とは、矛盾しない。 
   @      東京裁判だと、 起訴の段階では、
    その宛は、 20万だったのが
    、 
      捕虜への殺害が、無罪になり
     、
     裁判長が、適当に、半分にして、
     ➕万だけを、有罪とした事は、 
    知られていない❗ 。 
   【      ナチス、や、 中共、 などの、 独裁国家が、
    国家経済系の拡充に、
  有効な政策事項らを実施し得ている時に、 
   民主的な国家らが、 
   政権や政治の主導性の取り合いを巡る、
  党派争いにより、 
   中途半端な分以上に、有効性を欠く、
  折衷型の政策事項らを実施してしまうせいで
    、 
   中々に、不況から、 脱し得ずに
    、
  軍備も、疎かに成り勝ちな時には
    、 
    それだけでも、
    独裁国家と民主的国家らとの、
   国力     ≒      国家経済力     ;
    、の、  拮抗や、 
     逆転を生ずる所に
    、
  独裁国家の、 覇権を拡張する向きな、
    動きらを抑え難い、
  相対的な状況が成り立ってしまうのに
    、 
    そこで、更に、 民主的国家らが
    、
  独裁国家側を、 一方的に、 宥め、甘やかす、
  独りよがりな、 宥和政策を成してしまうと
    、 
    独裁国家側に、 
   国際状況を形作ってゆく上での、
主導性を付加してやる事にもなり
   、 
     それだけ、 
  独裁国家側の内部事情次第で、 
 民主的国家らが振り回される、
 可能的な度合いが高まってしまう事になる。 

     かっては、 英仏らの、 対ドイツ宥和策が、
   ナチスの覇権拡張性の動きらを促し
    、 
   今は、また、 
   欧米の富裕権力層の者らによる、
  中国への宥和的な言動らが
    、 
 中国の対外拡張性の動きらを誘う、
  呼び水に成ってしまっている❗ 。

     一貫して、 
  有効な、 国家経済系への運営をなして、
  独裁国家との国力の拮抗や逆転を防止する❗
   、 為にも、
     民主的国家らの側にも、 
  古代のローマの独裁官の様な、
  行政職が必要であり、 
   米国の大統領職より、  総括的な権能が要る      】。


      ◆◇       シナとの密約がある❗、
   アメリカの裏の実態を明かした、
   アメリカの要人からの直言❗  ;
   2016/  1/30 1:9:30  ;

     Pillsbury氏 : 
  ニクソン政権から、対シナ政策を担当。 
  今は、 国防総省の顧問で、
  ハドソン研究所の、中国戦略センター所長❗  ;
   ・・まずは、   アメリカが、 同盟国な、
  日本には、  全く、知らせずに、
  軍事や、安全保障の面で、 
  中国に与えてきた援助について、
  アメリカに、  日本側は、
 その意図や責任を問い質すべきだ。 

     ☆     三橋貴明氏❗    ;

「消費増税中核に」と主張する政府税調の狂気

    2020-   8-6   9:24:1
チャンネルAJER更新しました。
「落選させるべき自民党議員(前半)」三橋貴明 AJER2020.8.4
  
 令和の政策ピボット呼びかけ人に、高橋あさみ様
(私立Z学園高等学校 1年4組 16歳)が加わって下さいました。
また、メルマガ「令和ピボットニュース」が始まりました。
皆様、是非とも、メルマガ登録を❗
 
消費税減税への道  [三橋TV第271回]


 予想通りと言えば予想通り。
  「まさか」と言えば「まさか」。
 
『「消費増税中核に」 政府税調、財政悪化を懸念
 政府税制調査会(首相の諮問機関)は5日、
  ウェブ会議方式で総会を開催した。

    会合では
   新型コロナウイルス対応で
   財政悪化が一層深刻となっていることを懸念し、
  「消費税増税を中核に据えた、
  骨太の議論が必要ではないか」
   といった意見が出た。

 総会を開くのは
   今年1月以来。
    出席委員からは
   「次世代の負担を増やさないため、
  どういう税収確保が望ましいか議論する必要がある」
  などの指摘が相次いだ。』

 もう、本当に↓このレトリック、許せない。

「次世代の負担を増やさないため」

 いや、お前たちの
   緊縮財政路線、政府支出削減、繰り返される
   消費税増税により、
「国民が貧困化し、
  災害や疫病などの非常事態の際に生命や財産を失う」
 という形で、「現世代」が
   ツケを支払わされているんだよ。

 97年以降のに緊縮財政に賛成した政治家が、
  現世代の負担を思いっきり増やしてくれた
   というのが、 真実です。

 特に、過去の緊縮路線に責任を持たない若い世代には、
  本当に申し訳ない。
 我々の世代が生み出した政治家が、
 緊縮路線を強行し、罪のない若い世代が苦しんでいる。

 わたくしは別に
  若い世代に媚を売りたいわけではなく、
「単なる事実」であるから
↑こう書いております。

 それにしても、第二次世界恐慌の真っただ中において、
「政府の新規国債発行は、単なる政府貨幣発行」
 であるという事実が知れ渡り始めた❗
   にも関わらず、
   未だに、
「消費税増税を中核に据えた、
骨太の議論が必要ではないか」
 と、古臭い、しかも
散々に失敗した政策を口にできる奴がいるわけです。

     時事通信には、
「誰」が言ったのか、是非とも固有名詞を出して欲しい。
 (わたくしに情報が入ったら、すぐに公表します)
 
 
 ところで、三橋TVの8月14日配信分で、最新の「日本国家(※「政府」ではない)のバランスシート」を使用していますので、掲載しておきます。

【2020年3月末時点 日本国家のバランスシート(兆円)】


 バランスシートを使えば、「誰かの負債は、誰かの資産」であることが一目で分かります。貨幣とは「債務(負債)と債権(資産)の記録」でございますので、政府や中央銀行、民間銀行が貨幣を発行すると、バランスシートの借方と貸方が同時に増えます。

 愚かな政治家たちは、貨幣創出のプロセスを理解せず、
「今はまだ家計の金融資産があるから、政府は国債(負債)を増やせるが、高齢化で家計が預金を取り崩すと、借りるカネが無くなって破綻する!」
 と、「貨幣のプール論」そのままのレトリックを信じ込んでおり、
「今のうちに家計の金融資産を奪い取り、政府の国債を減らさなければならない。そうだ、消費税増税だ!」
 と、支離滅裂な政策を普通に「正しい」と思い込むわけです。

 お分かりでしょうが、政府は国債発行時に、家計の金融資産「から」借りているわけではありません。むしろ、話は真逆で、政府が国債を発行すると、家計の金融資産が増える。

 実際、第一次補正予算で政府が12兆円分の国債を発行し、特別定額給付金を実施した結果、家計の金融資産は増えたでしょ? 皆さんの銀行預金の口座の数字が、10万円(x家族の人数)増えたでしょ。

 お分かりでしょうが、特別定額給付金は  
   、
「    政府が、 国債の発行で、
   日銀当座預金を、
    銀行から借り、
   銀行に、
  「   振込への指示   」  をし、
  銀行が、
  皆さんの口座の残高を、 キーボードで増やし、
   銀行預金という
   「負債」が増えた銀行に、
   政府の日銀当座預金が移る❗
   、ことで決済   」
 というプロセスでございまして、
「モノ」としての貨幣は
   全く、動きません。

   動くのは、情報だけです。

     そもそも、貨幣とは、
  「  債務と債権の記録  」
     あるいは
  「  貸借関係  」 を意味する
   「情報」である以上、当たり前なのです。

 ちなみに、最後に
 「銀行に政府の日銀当座預金が移ることで決済」するとは言っても、
別に、 モノとしての貨幣は、 動きません。

   日本銀行が、
   銀行の日銀当座預金残高を増やし、
   政府側を減らすだけです。

  指先一つで、パパパパパ~ンッという感じで、
兆円単位の決済がなされます。

 貨幣の仕組みは、真剣に考えれば、
    誰にでも理解できるタイプの「知識」です。

   わたくしは、 「相対性理論」を何度読んでも、
  さっぱり分かりませんが、
   貨幣は、分かります。

 皆が理解できる知識を共有する。

    その上で、消費税増税といった
狂った緊縮路線を終わらせ、
正しい財政政策が可能な国に「改革」する。

 これこそが、真の意味の
「次世代に負担を残さないための改革」なのでございますよ。
 
「次世代に負担を残さないための改革を!」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを❗ 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント