日本医学; 和方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; 成長、 と、 ビタミン C ➕ E1 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら実質 拉致事件ら❗

      ☆       成長、 と、 ビタミン  C  ➕  E❗    ;
          ➕     子宝    ビタミン   E1    ;

     ☆★      日本医学   ;     和方❗   ;
 三石分子栄養学  ➕  藤川院長系  ;   代謝医学   ;      
       ☆      人々の命や健康性を、 より、
    能く、 成し付け得るようにする、
   事に、 必要な、 
   あるべき、 代謝ら、を成すのに、
  欠かし得ない、 
   あるべき、 代謝員ら、が、
   文字通りに、 『  合体  』 、をして、
   代謝の働きよう、を、 成す、
   あり得る、 場合らにおいて、
     『  合体  』、 の、 度合いが、
   より、 不足するせいで、
    特定の、代謝 、が、 より、
   成り立たない、 事態ら、の、
   あり得る事が、
    同じような、 遺伝性らへの主である、
  同じ人種などを構成する、 人々が、
   同じような、 運動らなどを成し付け、
  同じような、物らを飲み食いし付けても、
    万病のどれ彼らを成し、
   より、 重くもする、 主ら、と、
   その健康性とを成し付けるだけで、
  より、 万病のどれをも、成さなかったり、
  成した、としても、   より、 軽く、
  完治し得たりする、主ら、 とに、
   分かれる、 事、 などへの、 より、
   あり得べき、 要因性として、あり、

    三石分子栄養学➕藤川院長系 、では、
   代謝員ら、の、    『   合体性  』、 の、
   あり得る、 度合いら、 の、系 、を、
   『  確率的  親和力  』 、 とし、
    
  『  確率的な親和力  』、 らでの、
    あり得る、 不足性ら、 を、
  より、 埋め余し付け得るようにして、
  人々の命や健康性の、 成し付けられる、
  あり得る、 度合いら、を、 より、
   能く、 成し増し得る、 事を、
    明確に、 目的な事として、
    自らを成り立たしめ得てあり、

      その事において、  
    その他の、  
    その事を、 欠いてある、が、ゆえに、
   必然的に、  より、 
   人々の命や健康性を成し得る、
   度合いら、を、人々へ、成し宛て得ずに、
   それらを、  より、とりこぼす、
    べくもある、  より、
   笊   ザル  、な、 医療系ら、 などとは、
    決定的に、異なる❗ 。

    タンパク質、 な、 酵素   コウソ  、
   を、 その一方に、 必ず、 含む、
   より、  あるべき、 代謝員ら、への、
   より、 確率的な親和力ら、での、
  あり得る、 不足性らを、埋め余し得る、
   あるべき、度合いら、での、
   摂取らにおいて、  より、
   漏れ、ら、を、成し付けない事は、
    薬らや、手術ら、などの、
    代謝らの全体へ対する、
   数   %   、 以内の、  代謝ら、 を、
   成したり、
   代謝らの連携性などを、 より、
   断たれないようにしたりする事で、
   健康性の、 効果らを成し得る、
   物事ら、による、    その、  
  健康性の、  あり得る、効果らの度合いらを、
   より、 大きくし得る、
  最も、 おおもとな、 要因性でもある❗  。

     この、 タンパク質を、  その一方に、
   必ず、 含む、  という事は、 
    それだけでも、

      細胞ごとの内側において、
  特定の、 タンパク質らのどれ彼を、
   色々な、 アミノ酸 、たちから、
  立体的に、 形作らしめる、 事を、
     日々における、  いつ、でも、な、
    日常の業務 、としてある、
   タンパク質な、 遺伝子ら、の、
  その、 日頃の仕事ぶりに、いつでも、
   左右されるべき、 度合いが、
   人々の飲み食いら、の、
   結果の物事らには、 相応に、ある❗ 、 
    という事を意味し、
   
     後天性の遺伝のある事を、
   実証し得た、 実験ら、などをも、
  より、  よく、 踏まえるならば、
  人々の飲み食いの、 ありようら、や、
  欠けようら、 などにも、
   その遺伝子らの、  あり得る、
  日頃の仕事ぶりら、を、 左右し得る、
   要因性がある、
   といった事が、 考えられ、
      それは、 
   より、 あるべき、代謝員ら、を、
   あるべき、度合いら、で、
    補給する事ら、において、  より、
   漏れ、ら、が、 成し付けられると、
     ある構造や機能、などを成すには、
   より、粗雑で、 健全性、 を、
   自らに、欠いてある、
   タンパク質、 などが、
   その主の体で、  より、 間に合わせに、
    作り付けられる、 が、 為に、
    それら、へ宛てて、 その体の、
   免疫細胞ら、 などにおいて、
 『  異物性  』、 が、 成し付けられ、 
   それらへの、 攻めかかり、 などが、
   成されて、 
    『  炎症ら  』 、なり、
   『  自己免疫疾患ら  』 、なり、 が、
    作り出されもする、  といった、
  三石分子栄養学➕藤川院長系 、
   らにおける、  数多の、
   実際の観察例ら、 との、  
   合理的な整合性のある、
   考えようら、 とも、 より、
   合理的な整合性を成し合い得る、
   度合いを帯びてあるものでもある。

       酵素    コウソ  、 な、
   タンパク質 、 ら、の、 どれ彼を成す、
   にも、  わざわざ、
   細胞ごとの内側に、
   膜に包まれてある、  タンパク質な、
   遺伝子らのどれ彼の、
   遺伝情報ら、への、 呼び出し、 が、
   必要であり、
    色々な、アミノ酸 、たち、 への、
    呼び集め、 が、 必要であり、
        その、 より、 あるべき、
     材料ら、などに、 不足性らがある、
   場合にも、
    何とか、 間に合わせになる、
    何彼ら、が、 つぎはぎされるべき、
   必要性が、 あり得る。

     遺伝子ら、や、 それらへの、
  働きかけを成し行う、  
   準遺伝子、  とでも、言うべき、
   『  リボ  核酸   』   ;
   ≒     RNA    ;
   、  たち、 などに、  より、
    無理をさせないように、
    より、 あるべき、 代謝員ら、への、
   あるべき、度合いら、での、
   飲み食いを、 能く、 成し付ける事は、
   極めて、 大切な事だ❗  。 


       ◇◆     『  プロテイン  』      ;
   ≒    【     色々な、アミノ酸たちから成る、
  『  タンパク質  』   】   ;
 『  タンパク質な、 サプリメント  』   ;
      、
   ◇◆    『  アミノ基   ➕   カルボキシ基  』   ;
  【     タンパク質らの各々を構成する、
  色々な、 アミノ酸たち、 においては、
   共通する、 属性な事として、
    アミノ基な、  NH2  、 と、
    カルボキシ基な、  COOH  、 とを、
   必ず、 その分子な身柄に帯びて、 成る、
    という事が、 あり、
     従ってまた、
    色々な、アミノ酸たちから成る、
   どの、 タンパク質 、も、 必ず、
   その身柄に、  NH2  、 と、
  COOH  、とを、 帯びて、 成る❗     】   ;
      。  

    ◇◆    『  プロテイン・スコア  』   ;
  【     人々の体に必要な、   タンパク質ら、
  の、各々を構成する、 のに必要な、
   色々とある、 アミノ酸 、たちの、
   そろいようの度合い    ;
  タンパク質価数  、 とでも言うべき物    ;
  、 であり、
    人々が、 その体の外側から、
  必ず摂取すべき、  8種類の、
   必須   アミノ酸   、 を、  一つでも、
   欠いてある場合のものは、 
     0点   、 とされ、
    卵 、 と、  蜆   シジミ   、だけが、
   満点の、  百点  、 を、
   宛   ア   てられてある     】   ;
       。


       ☆    三石分子栄養学➕藤川院長系❗ ;

    ◇     月経困難症が、 あっという間に、
   治りました ❗    ;
   
  「  うつ消し  ごはん  」、
  カスタマー・レビュー、より   ;

   二人目の産後、 一年程を、
  ひどい、 生理痛に悩まされて、
  気を失ってしまう程の痛みに、
   悩まされていました。

    産科では、 ピル 
  、を処方されていましたが、
  この本に出会い、 妊娠中に、
 貧血 、 と。言われていた事を思い出し、
 サプリ 、 等を摂り始めました。

   すると、 2週間後に来た、 生理で、
  痛みが、だいぶ、和らいでおり、 
  その次の生理では、
  生理痛が、なかったのです。

  あまりの効果に、びっくり❗ 。
  内容も、 とても、 分かりやすく、
  的確に、 書かれており、
  産後のお母さん達には、 ぜひ、
手に取っていただきたい本です❗。

  きっと、 育児から、何から、
色んなことが、 ラクになるはずです❗
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ☆   藤川院長❗    ;

  高タンパク    /  『  低 糖質 食  』
   ➕   プロテイン    ➕    鉄。

   ビタミン   C  、  E  、
   B50        ;         (      ビタミン   B6
   ≒      タンパク質への代謝に働く      )
    、
    マグネシウム     Mg  。

     ◇       マグネシウム     Mg  
    、は、
 インシュリン 、が、 細胞たちの各々へ、
  血潮にある、   ブドウ糖     ;
  ≒     『   C6    ➕    H12    ➕    O6   』  ;
    、
   を、 送り届ける時々に、
  それ自らが、 不足させられていない❗ 
  、 場合ら、においては、
   細胞の内側に、 あって、
  細胞の膜の一定な箇所を開き、
   血潮にある、 『   ブドウ糖   』 、 を、
  細胞の中へ、 引き入れる、
  働きを成してある、 ので、
  『   マグネシウム   Mg   』 、 が、
   不足させられると、
   血潮にある、ブドウ糖、が、
  より、 減らずに、
 血糖値、 が、 より、 低まらない、
『   インシュリン  抵抗性   』、が、
   より、 高まる、 事になる。

   また、   マグネシウム    Mg   、 は、
  カルシウム    Ca   、 が、
  ちぢこめる、 筋肉らの各々を、
  より、 ゆるめる、働きも成してある、
   ので、
   マグネシウム    Mg   、 を、
  誰彼が、 より、 我が身において、
  不足させる事は、
 その、 心臓の筋肉らのちぢこまりようら、
  などを、 ゆるめ得なくなる、
  度合いを、余計に、成す事により、
  その、誰彼へ、突然死を与える、
   事にも、成り得る。 

  プロゲステロン、 や、 エストロゲン、 
  への、 合成を成す、 補酵素    ホコウソ   、
   は、 ビタミン    C  、 と、   E ❗ 。

      ビタミン   C   、は、
   腸耐性用量の、   2 / 3    ;
     ≒ 
   【     ビタミン    C   、 を、 より、
  摂取する事で、 腹が、 ゆるんだり、
  下ったりする、 量、の、
    3分の2     】   
      。

   子宝    ビタミン   E1   、は、
   4百    ✖    5    
    、の、 メガ量で。

    B50 、 は、  3  ~  6 。

   マグネシウム    Mg   、は、
   4百   ~   千2百   mg     ;
  (    お腹が緩くならない、最大量で    )  。

     月経前症候群 なら、 
    (   PMS  )    /    生理前の、
    気分障害      (    PMDD   )
基礎から学ぶ、 ビタミン   C  、❗ -5
基礎から学ぶ、 子宝    ビタミン   Eー13.
生理痛と、 子宝   ビタミン   E1 、❗

     ◇     双極性障害❗   ;
      (   躁うつ病   )   治療例    ;

   症例;     40代の前半、男性。
   妻、 2人の子供の、4人暮らし。
   ➕年前から、 躁うつ病、 と診断され、
   A病院で、治療を継続している。

   うつな状態の時は、出社できなくなり、
   A病院に、2回の、入院歴あり。
   H30には、   ECT    ;
   (   電気けいれん療法   )     ;
   、を、  1クール  、を受けた。

     躁状態は、 2回あり。
   興奮して、 家で暴れ、
   A病院に、医療保護入院。
   A病院から訪問看護を受けている。
   本を読んだ看護師から、 話を聞いて、
   H31.1から、
   プロテイン     ;
     20  g   、 を開始した。

    H31.4、   妻と共に、 当院を受診。
    気分の波があり、落ち込むと、 
   仕事に出られなくなる。
   カッとなると、物に当たってしまう。

     処方薬は、
  ラミクタール    ;      250   mg  、
   ルネスタ     ;     2   mg  、
  セロクエル    ;      25   mg  、
   ユーロジン    ;      1   mg  。
  →     高タンパク    /    低糖質食、
   プロテイン     ;
     20  g     ✖    2   。 
   ナイアシン・アミド、
    B50  、
    C1000   、を開始。
    処方薬は、 継続。

     ◇◆     【     ビタミン   B3  、 で、
       5百種 、以上もの、 ❗、
   代謝ら、に、必要とされている、
    『  ニコチン 酸  』 、でもある、
   『  ナイアシン  』  ;   
   水へ溶ける、  水溶性な、
   代謝員であり、
  脂溶性な、代謝員ら、などとは、異なり、
 より、人々の体での、備蓄性に欠ける❗    】 ;
【   C6   ➕   H5   ➕   N   ➕   O2   】    ;
   、 と、
   それに近い、 
   『  ナイアシン・アミド  』    ;
 【    C6   ➕   H6   ➕   N2   ➕   O    】   ;      
           。

       ◇◆     『   ビタミン  C  』  ;
 【      疫鎮    ヤクチン    ;      ワクチン     ;
  、らの、  あり得る、  副作用ら、 の、
   度合い、を、 より、 軽減もし、
    ウィルス 、らの本体を、
   断ち切りもし、
  実験らでは、
   肺病を成す、  結核菌たちを、
   全滅させもし、
   繊維状、 な、 タンパク質 、である、
   コラーゲン 、 たちを、 より、
   丈夫に成す、事において、
   血管らを構成する、 組織ら、を、 より、
  丈夫に成しもし、
   免疫員、な、 白血球たちの各々を、
  より、 活性化して、
  働き者にしてやりもし、 
    その体に、  不具合ら、 が、
  余計に、 あれば、ある程に、
  より、  大量に摂取しても、
   腹が、 より、 下らなくなり、
    腹の、ゆるみ、や、 下りよう、を、成す、
  それへの摂取らの度合いが、
  その体の中の、不具合らの、
  度合い、への、目安になる、
  『  補酵素   ホコウソ  』  、
    では、 あるが、
    それ自らの、 電子強盗化による、
   あり得る、 加害性らへ対しては、
   子宝    ビタミン   E1  、 らにより、
   差し止めるべき、 必要性もある❗     】、
    『  ビタミン  C  』    ;
  【    C6    ➕    H8    ➕    O6    】   ;
       。

    1週後に、再診、
   初診時の、   
    BUN    ;       26・6   、
   フェリチン     ;      51   、
     ALP    ;       179  。
   プロテイン     ;
     20  g     ✖     2    、 を飲めている。
   ナイアシン・アミド     ;
     5百   mg     ✖    2   。
   →    ナイアシンアミド      ;
      5百    ✖    4    、 に増量を。
    プロマック、
   フェルム 、を処方。

      ◇◆     『  BUN  』  ;
 【     その体に、 あり得る、
   タンパク質らの度合いを反映する、
    窒素   N  、 を含む、 
   『  尿素  窒素  』     】     ;
           。     

       ◇◆       『  ALP  』   ;
 【     『  アルカリフォスファターゼ  』     ;
   『  リン酸  』     ;
  『  H3PO4  』    ;
   、の、 化合物を分解する、
  酵素    コウソ   、 な、  タンパク質であり、

    肝臓や、 2つがある、 腎臓、と、 
  腸の粘膜、や、 骨、  などで作られ、
   肝臓で、 処理されて、
  胆汁の中へ、 流し出される。

    胆石や、 胆道炎、と、 胆道がん、
  などで、  胆道、 が、 ふさがれて、
  胆汁の流れが悪くなったり     ;
 (    胆汁  うっ滞    )、
  肝臓の機能が低下すると、
  胆汁の中の、  ALP 、 たちは、 逆流して、
  血潮の中に、 流れ込む。

     ALP、の、値は、
  胆汁うっ滞では、 大きく上昇する❗ 、
  が、
   急性肝炎、や、 慢性肝炎、と、
  肝硬変、 などでは、 あまり、
  大きな上昇は、 みられない、
  が、ゆえに、
  黄疸が現れた場合には、
  その原因が、  肝臓にあるのか、
  胆道にあるのか、 を特定するのに、
  有効だ。

    AST   ;    (   GOT   )、や、
   ALT    ;    (   GPT  )  、 は、
  逆に、 肝炎 ❗ 、  などで、 
   大きく上昇し、
   胆汁うっ滞では、 さほどは、
  上昇しない、 
   ので、
  両者の検査値らを比べることで、
  さらに、 わかりやすくなる。

    骨の成長とも関連しているために、
  成長期にある、 小児や、思春期には、
   ALP、の、値は、  成人よりも、
    高い値を示す     】    ;
        。

       ◇◆    『  フェルム  』    ;
  【   フマル酸   第1  鉄   】  ;
    体内で不足した、 鉄分を補充し、
   貧血を改善する❗   ;

     用法・用量    ;
   通常では、  成人は、 1回に、
  1  顆封   カプー   ;     カプセル    ;
  (   鉄として、  百  mg   ) 、 を、
  1日に、 1回、 を服用し、
    徐放性製剤なので、 かまずに、
   服用してください。
    絶対に、 2回分を、 一度に、
   飲んでは、 いけません。
    誤って多く飲んだ場合は、 医師か、
  薬剤師に相談してください。

       主な副作用として、
  吐き気、嘔吐、食欲不振、胃・腹痛、
  下痢、便秘、心窩部痛、かゆみ、発疹、
  などが報告されており、 
   このような症状に気づいたら、
  担当の医師か、薬剤師に相談して下さい。

     保管方法   ;
  乳幼児、小児の手の届かないところで、
   直射日光、高温、湿気を避けて、
   保管してください。
   薬が残った場合には、 保管しないで、
   廃棄してください❗     】    ;
       。

    R1.7、
   プロテイン    ;      2回
   ➕     ナイアシン・アミド     ;
     5百   ✖   4  。
    気分の波は、なく、
  仕事へも、休まずに行けている。
  
    BUN    ;       28・3   、
   フェリチン     ;       111  。
  →    フェルム 、を、 隔日に減量。

  R1.8、
  波は、なく、調子が良い。
ワーッとなることが、なくなった。
・ラミクタール      ;
   250   mg   →    2百   mg。

    R1.10、
   波は、なく、 元気になった。
  会社の人からも、 元気になった、
  と言われる。
   会社を休むことも、なくなった。
   ・ラミクタール     ;
   2百  mg→     百  mg。

     R1.12、
  以前に行っていたランニングを再開し、
  先日に、 フル・マラソンを走った。
  自己ベストの記録で走れた。
  ・ラミクタール  、を中止。
  →   ベンフォチアミン  、を追加。

      ◇◆     『  ビタミン   B1  』    ;     
【    硫黄   S   、   の、 1個  、 を含む    】  ;
      『   チアミン  』   ;
 【     ブドウ糖 、への、  代謝に必要とされる、
   補酵素    ホコウソ   、 であり、
    酵素    コウソ   、な、   タンパク質、と、
  合体をして、 代謝の働きを成す❗   ;
    
       B1  、が、  より、  不足すると、
   それだけ、  ブドウ糖 、たちから、
   エネルギーらを成す、 代謝ら、に、
   不足性を成し、
    糖質ら、 が、  血潮を行きもする、
   タンパク質ら、と、結びついて、
   体のあちこちの構造らの丈夫性、や、
   機能ら、を、 より、 損ない得る、
   『  糖化の害  』、らの、
   度合いら、を、 余計に、
   成す事にもなる❗    ;

    水へ溶ける、 水溶性な、
   ビタミン 、であり、
    脂溶性な、物らとは、 異なり、
 より、 人々の体での、 備蓄性に欠ける    】  ;
 【     C12     H17     N4     OS +  
          Cl-      HCl      】     ;
     
      ◇◆   『   ベンフォチアミン   』     ;
  【     C19    H23   N4   O6    P    S     】    ;
   、   
    ブドウ糖、 などの、 炭水化物、な、
  糖質、 への、 代謝な、働きもなす、
  補酵素   ホコウソ   、な、   ビタミン   B1  、 
   への、  誘導体 、 で、
   ビタミン  B1  、 の、 欠乏症ら、
  などへの、 治療で、  患者へ、 
 投与されたりする、   準  ビタミン  B1     】  ;
      。

    R2.2、
  とても、調子が良いが、
  眠剤が効きすぎて、 朝が眠い。
    BUN     ;      25・9   、
   フェリチン    ;      114 。
  ・ユーロジン   、を中止。

     R2.5、
  とても、 調子が良く、
  残業も、こなせている。
    プロテイン     ;      20  g   ✖   2    、
   ナイアシン・アミド     ;
    5百   mg    ✖    4    、
    B50    ✖   2   、
    C1000    ✖    3  。

    処方薬は、
   ルネスタ     ;      2  mg  、
   セロクエル     ;      25   mg 、
    プロマック  、
    フェルム    (  隔日  )  。
ーーーーーーーーーーー
     ☆      藤川院長❗    ;
    
     躁うつ病は、
  最重度のタンパク不足が、原因。
    ECT  、を受けている   =
   最重度の、うつ状態。 

    フェリチン    ;     51  、は、  今までら
  肉、卵を食べてこなかった❗
  、 ことを示している。
   1年で、 すっかり良くなった。


        ◇◆      『   ビタミン  E  』  ;
   【     人々が、  大量に撮るべき、
   ビタミン  C  、 などが、
    他者から、  その枠内の、 電子を、
   自らの側へ、 引き寄せて、 奪う、
   電子強盗になる事を、  未然にも、
  より、 差し止め、
   子宝    ビタミン   E1 、 を、
   はじめとして、  色々とある     】   ;

【    バス・ジャック事件に巻き込まれて、
   大火傷を負わされた後に、
   女流作家に成った、 日本人が、
   ビタミン  E  、 の、 大量な、
  肌への塗布、 や、 摂取により、
   その火傷した肌の健全性を、 大いに、
  回復し得た例、 などが、
    報告されている❗     】    ;
 
     『  ビタミン   E  』   ; 
  【    C29    ➕    H50    ➕    O2    】   ;
          。

  
        ☆     試しにやってみる価値あり❗   ;

   「  すべての不調は  自分で治せる  」、
   アマゾン・カスタマー・レビューより    ;

    鬱  、 と言う程の状態では、なかったのですが、
    長年の貧血と疲れやすさ、
    雨が降るまえの、 頭痛と、ダルさが気になり、実践しました。

      高校生の頃から、 貧血で、 数年に1回は、 健康診断で、
    治療を薦められ、 鉄剤を処方してもらっていました。

      半年位を、 鉄剤を服用すると、
    血液検査でも、正常値になるのですが、
    止めると、すぐに、元に戻ってしまうことを繰り返していました。

     献血に行っても、
   血色素量が、 基準値に満たず、  断られたことから、
    血色素量ばかりを気にしていました。

     この本で、  フェリチンと、 BUN 、が大事だ❗
    、 ということを知り、
     ➕年前の検査結果を引っ張り出してみたら
    、
     フェリチン     ;       5
     、
         BUN    ;       10・1
        、   
       しかなく、
     3年前のものでも、 
   フェリチン     ;        11
       、
       BUN     ;        11・8
     、 でした。

      それでも、 検査結果的には、
    基準値内の数値なんですけどね。

      これはと思い、 プロテイン 、と、
        now lron    ;       36   mg    、を、
    1日に、 ➖錠   、
     ATP セット  、を続けて、  7ヶ月。

         ◇◆     『  ATP  』     ;
  【    アデノシン  3  燐酸  リンサン    】   ;
  【     炭素    C10          ➕      水素   H16
     ➕     窒素   N5       ➕     酸素   O13
      ➕      燐   リン   P3      】    ;
 【   C10   H16   N5   O13  P3   】   ;
    【    エネルギー、らを、 放つ、
  もとな、 分子であり、
   燐酸    ;       H3PO4    ;       を、
   自らへの構成因として、成る、
      ATP     】    ;      

      ◇◆    『  アデノシン  』    ;
 【     遺伝情報らを帯びる、 核酸 、
   を構成する、  塩基らの1種員、 な、
  アデニン 、と、  リボース   ;  (  糖  )  
   、とが、 結合した物であり、

    『  塩基  』  、は、   化学において、
   電子強盗、な、 『  酸  』、 と、
  対になって、 働く、  物質の事であり、
    一般に、 正電荷、な、『  プロトン  』   ;
  『  陽子  』    ;     、  を受け取る、  または、
   負電荷な、 電子対を与える、 物質 。

     核酸    ;   (    DNA  、   RNA   )   
  、 を構成する、  
   ヌクレオシド 、らの、 一つ❗   ;  
 【    C10    H13   N5   O4    】   ;
     、  
      ◇◆     『   燐   リン   P  』    ;
   【     その原子の核を成す、   正電荷な、
   陽子     ≒      プロトン    、 の数が、
    15個  、 であり、     よって、
  その原子番号が、   15   、 な、
    窒素族元素らの一つ。 

   黄燐な、 白燐や、 紫燐  シリン  、と、
   黒燐や、赤燐、  などの、同素体らがある     】   ;
         。​

     初めの、3ヶ月は、 お腹が緩くなったり、
   あまり、変化も見られず、
    止めたくなる気持ちを抱えながら、頑張りました。

    今月に、 血液への検査をしてもらったら、
    血色素量は、 もちろんのことに
    、
   フェリチン     ;       百8
      、
      BUN    ;        22・2
     、
    と、  凄い数字を叩き出しました❗ 。

     鉄剤だけをとっても、 ダメだったんですね。

     体の変化ですが、
   体調は、疲れにくくなったかな、 と言う感じです。

     生理痛も、全く、なくなりました❗ 。

      一番の変化は、
   皮膚が若返っていることです❗ 。

      日焼けしているのに、 ドンドン、 色白になっており、
    気付いたら、 ニキビ跡のクレーターが、薄くなってきてます。

      これが、 一番に、嬉しいかも❗ 。

     美容皮膚科で、 レーザー治療をうけたり、
     高い化粧品を使ったり、 
    今まで、かなり、お金も使ってきましたが、
   ほぼ、効果がなく、諦めてました。

    あと、➕年を早く知りたかった。

   完全に、綺麗には、ならないたろうけど、
   もう少し、目立たなくなったら、いいな、と思ってます。
  
     雨が降る前は、調子悪いので、
   まだまだ、続けていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
      ☆     藤川院長❗   ;

     典型的な、鉄タンパク不足ですね。

    ヘモグロビン   =
    ヘム   ➕   グロビン  =
    鉄   ➕   タンパク質❗ 。

          つまり、
   貧血の改善には、
   タンパク質が、最も重要です❗ 。

     造血の補酵素は
    、
    ビタミン    B6  、  葉酸  、   B12  、
   C 、  E  
    、  ですので
    、
     プロテイン    ➕    ATP セット
   、 と言うことになります。

      プロテインを継続している人は、
   肌が、とても、綺麗になります❗ 。

     1  ~  2年を継続している人は、
    若返った感じになります。

     女性な患者に、 
  ”  肌が綺麗になりましたね  ”   、  と言うと、
   とても、喜ばれ、
   モチベーションが、さらに、高まるようです。 

     年単位で、
  プロテイン    ➕    メガ・ビタミン  、 を継続すれば、
  「   マイナス  ➕歳肌になる❗   」
  、 ことは、 確実だ、 と思います。


      ◇◆    『  ビタミン   B6  』  ;
 【     アミノ酸、への、代謝を成す、
  事で、    タンパク質、への、
  代謝を成し、
  免疫な機能らの、 正常な働きを維持し、
   皮膚の抵抗力を増進し、
  赤血球の内側にある、  タンパク質な、
  ヘモグロビン 、への合成、や、
  神経を伝達する物質、への、
  合成、 など、 と、
   脂質、への、 代謝にも関わる、
    代謝員❗    ;

      生鮮食品らの中では、  通常は、
   リン酸     ;       H3PO4     、 や、
  タンパク質 、 と結合した状態で、
  存在しており、 
   調理や消化の過程で、 分解され、
  最終的には、  ピリドキサール、や、
  ピリドキサミン、とか、
  ピリドキシン 、 となって、 
 人々の体の本当の内側へ、 吸収される❗  ;
 
     水へ溶ける、 水溶性な、
    補酵素   ホコウソ  、 であり、
 脂溶性な、 補酵素ら、などとは、異なり、
  より、人々の体での、備蓄性に欠ける    】   ;
 【    C8      H11     N      O3    】   ;
     、 
     『  高  タンパク  食  』、 の、
  有用性の、 あり得る、度合い、を、より、
  余計に、 成し付ける、のに必要なのが、
   タンパク質への代謝に要りような、
   補酵素   ホコウソ  、 である、
   ビタミン  B6 ❗    ;

    仮名で、 6文字、 な、
   タ・ン・パ・ク・し・つ、とは、
   6 、 で、 重なり得てもある❗    】   ;
       。

        ◇◆    『  葉酸  』    ;
  【    鉄分    Fe   、や、  それを送り届ける、
   銅    Cu   、 に、
   ビタミン   B12   、と、共に、
   赤血球 、を作る、  代謝 、な、
   働きを、  タンパク質な、
   酵素   コウソ  、 へ合体する事で、 成す、
    ビタミン   B9  、  とも、言われる、
     代謝員 、 で、    不足すると、
      胎児に、 奇形を成す事などがある❗    】   ;  
【   C19   ➕   H19   ➕   N7   ➕   O6  】  ;
        。


      ◇◆     『   ビタミン   B12  』    ;
  【     腸内細菌たち、 などが、
  金属な、  コバルト   Co  、 からも、
  作り出す、   補酵素    ホコウソ  、 であり、
   補酵素 、 である、からには、
     酵素    コウソ    、な、  タンパク質、
  と、 合体をして、 初めて、
  特定の、 代謝、 な、働きを成すべき、
   能力性を帯びてある、 存在であり、
      鉄    Fe  、 や、
  同じく、  ビタミン   B群  、 に含まれる、
   『  葉酸  』、  と共に、
  赤血球 、を、 成す、 代謝 、にも、
  働く     】   ;   
 【    コバルト    Co  、  の、   1個  、  と、
  燐   リン   P  、 の、 1個 、  とを含む    】  ;
【   C63  H88  Co  N14  O14  P  】 ;
       
      ◇◆    『   コバルト  Co  』   ;
  【     ビタミン   B12  、 への、
   構成分でもあり、
   人々の腸内細菌たちの中には、
   『  コバルト  』  、 からも、
  ビタミン  B12  、 らを合成して、
  その人々の健康性を成す、
  足しに成ってくれる、者らもある。

      その原子の核を成す、
   正電荷、な、 『  陽子  』     ;
   『  プロトン  』    ;       、 が、
   27個 、 で、 あり、
   よって、  その原子番号、 が、  
   27 、 な、  金属元素❗   ;
      
      その名は、   
  ドイツ語で、  地の妖精 、 を意味する、
   コーボルト    ;  (  kobold    、 または、
  kobalt   )    ;      、  に由来する。

     コバルト、な、 鉱物は、
  冶金が困難なためな、  千5百年代、な、
  日本では、 戦国時代であった、
  16世紀ごろの、  ドイツでは、
  コーボルトが、 坑夫らを困らせるために、
  魔法をかけたもの、
  と、 考えられていた     】    ;
      。

    ◇    <   ビタミン B12 、 の働き   >    ;

   ・新しい細胞を作り、
   壊れた細胞を修復する働き。

 ・神経の壊れた部分を修復する働き。

 ・伝達物質を作る働き。

 ・免疫を正常にする働き。

 ・脳の詰まった所らを、かき出す働き。

 ・血流をよくする働き。

    このように、 
   色々な、働きが、 あります。

  また、 『   ビタミン   B12  』 、 は、 
  大量かつ配合によって、
    効果的に働きます。

  『   ビタミン  B12  』 、は、 
   水溶性     ;     (    水に溶ける性質のもの    )     ;
   、 ですが、

   脂肪、な、成分と、
 なじみやすい構造をもっています。

    ◇     脳は、 タンパク質とともに、
   脂肪、な、成分を多く含む、 器官です。

    それが為に、 
   ビタミン   B12   、は、 
   たやすく、 脳に入り、

   脂肪、な、成分による、 汚れで、
  詰まった部分らを洗い出す❗
   、 ことにより、
  元どおりの、  健全な物に復元し、
 また、 切れた部分があれば、つなげる❗
 、  修復、な、 作用を発揮します。

    ◇   『   ビタミン   B12   』 、 には、
   脳の血流を、よくする❗
   、 とともに、
  脳神経の働きを、 改善、 あるいは、
  促進する、作用があります。

  同時に、 動脈硬化への原因となる、
 『  ホモシステイン  』  、や、 
  電子強盗、な、 活性酸素    ;
   (    ふえすぎると、 体に害を及ぼす、
  非常に、 不安定な酸素    )      ;
  、 を除去する、
  働きも、持っています。

   日常の生活習慣や生活環境を、
  改善する❗  、 とともに、
 栄養面を改善することが、 大切です。

   脳梗塞への予防・対策・後遺症に、 
  『  ビタミン  B12  』

   子供たちの集中力・学力向上、
  受験に、 『  ビタミン  B12  』


     ☆    スーパー糖質制限へお墨付き❗。
     あるべき、 ちょい断食❗   ;
            19/   7/5    12:25     ;

      ◇     スーパー糖質制限食 、と、
  『  LDL コレステロール  』   ; 
       米国糖尿病学会の見解。

  『     19/ 7/1      キングデニス    ;
一食    ;      20 g  、 の、 糖質を確保❓❗  。
いつも、 ためになる情報を提供下さり、
ありがとうございます。
江部先生の本、講演を通して、
スーパー糖質制限を実践して、
3年が過ぎました
(   H.28.6.15スタート   )。

         LDL      ;
     ≒      
 【     血潮にあって、 脂員   ヤニン   
   、 らを配って回る働きを成してある、
   自らの身柄な、 分子を構成する、
    原子らが、 比ぶるに、 少ない、
   『    低分子  コレステロール    』     ; 
     ≒ 
    体に必要な、働きを成してある、が、
   いわゆる、 『   悪玉  コレステロール   』     】    ;
     、
   が、  ➖年で、  約 2倍に増えました❗
    、が
      、
         HDL      ;
    ≒      
  【     血潮にあって、 脂員らを回収し、
    肝臓へ送り届ける、 働きを成してある、
  『   善玉  コレステロール   』
     、 とも言われる、
  『   高分子  コレステロール   』     】     ;
     、
    が、 増え
    、
   『   中性  脂肪   』
   、 が、 低い、 ので
    、
    危険な、  小粒子、の、  LDL 
    、 は、
   ほぼ、 無い 、 と言え、
   問題は、 無い、 と、
   江部先生に論弁をいただき、安心ました。

      その後の➖年で、
      LDL 
     、は、
  約 70   ❗   、も、 減少し
     、
     さらに、 ➖年後の今は、
   次回の血液への検査で、 さらに、
   減少するのでは、 と、予測しております。

       LDL  HDL  TG
H.23.10.19    百27      89   57
H.26.9.3    百16      93   44
H.28.6.22    百18      百1   28
H.29.4.28    232       百8   37
H.30.7.4      百63        百8   32

(     空腹な時の血糖値は、  80 
    、
    ヘモグロビン A1c      ;
   ≒     
 【     赤血球たちの各々の中に、
沢山で、ある、 
鉄分、と、 タンパク質、とから成る、
『 ヘモグロビン 』、 へ、 最大で、
4個まで、 
『 ブドウ糖 』、 が、 くっついて、成り、
それだけ、 赤血球の、
細胞たちの各々へ、 酸素   O   、 を、
  送り届ける、 あり得る、
  度合いを減らす形ででも、 成る、
      『   糖化  ヘモグロビン   』     ;
≒    『   グリコ・ヘモグロビン   』     】    ;
     、
    は、 
     5・1    
     、位で、 
  ずっと、 変化が、 無し    ) 。

        昨日は、   長友佑都選手の、
  「   ファットアダプト食事法   」 
   、  を読みました。 

         その中で
    、
【      糖質への摂りすぎは、いけませんが、
    減らしすぎも、 いけません。
  ドクター (   山田悟医師   ) 、 によると、
   一食   ;     20 g    、 未満まで、
   糖質を極端に減らしすぎると
    、
   いわゆる、 悪玉コレステロールである、
   『   LDL コレステロール   』    ;
   ≒      
    『    低分子  コレステロール    』    ; 
     、 が、 増えたり
      、
     血管の内側を覆っている細胞    ;
  (   血管  内皮  細胞   ) 
    、 の、
   機能が落ちたりする❗ 、
   可能性があるそうです。

     ドクター   (   山田悟医師   ) 
    、 は、
「     1食   ;     20 g   、 を、
   クリアしていれば、   長期的に見ても、
   危険が、 全く、無い❗ 、
  摂取量、 と、 考えられる    」 
    、 と、 おっしゃっています      】
     、
      と、 書かれていました。

    1食  、 での、   炭水化物な、 糖質の量を、
   20 g   
    、 未満 、 にした場合に
    、
  書かれている様な、 リスクがある、
   その根拠が示されておらず、
   何故なのか、が、 理解できません。

      ある意味で、
  スーパー糖質制限食を否定する、
内容ですので、 とても、気になりました。
   江部先生の見解をお聞かせいただけたら、
幸いです。
どうぞ、 よろしくお願いします    』 。

   ☆   ドクター江部❗  ;

      このデータなら
    、
    中性脂肪が、 60   mg  /  dl 
   、
   以下で
     、 
         HDL  コレステロール     ;
   ≒ 
   『    善玉  コレステロール    』    ;
 ≒     『    高分子  コレステロール    』    ;
     、 
    が
     、
  60   mg  / sdl 
    、 以上なので
     、
   危険な悪玉の、 小粒子の、
   LDL   、は、 ほぼ、 
   皆無のパターンです。

     増えた、 『  LDL  コレステロール  』
    、は、
    その全てが、 善玉❗  
    、です。

     キングテニスさんは、中性脂肪は、
   もとから、 低めで、 好ましいです。

   『  LDL  コレステロール  』 
   、
   が、  スーパー糖質制限食の開始後の➖年で、
   一旦は、  約 2倍に増えましたが、
   2年後には、
『    232   ⇒     百63   mg   /  dl    』 
   、  と、 減っています❗ 。

     このように、  ➖回の食事で、
    摂取される、    炭水化物な     ;
 【     『   炭水化物    ➖    食物繊維   』 、な     】
  、 
   『  糖質  』 
     、 の量が
    、
  20  g 
    、 以下が、 目安である、 
 スーパー糖質制限食を継続していれば、

     一旦は、 増加した、
  『   LDL  コレステロール   』 
   、 も、 徐々に落ち着いて、
    基準値になることが、 多いです。

     基準値になる期間は、
   半年   ~   1年   ~   数年と、
     個人差があります。

    スーパー糖質制限食を、
17年間を続けている私ですが、

  2千19年の4月の、 
    『   LDL-C   』    ; 
  ≒    
   『   低分子  コレステロール   』    ;
  、
    は、 
     百37   mg   /   dl     ;
  (   百40  未満   ) 
    、で、
    基準値内です。

        私は、  朝食は、
   コーヒー、 と、 生クリーム     ;
   10   cc 
     、 だけです。

     昼と夕の食事の糖質量は、
10 g    、 位の事が、 多いです。

      米国糖尿病学会は
    、 
2013年、の、 ➕月、
ガイドラインで
    、
「   糖質制限食   」 
    、 を、 
地中海食、脂肪制限食、高血圧食、
ベジタリアン食と共に、
正式に、 容認しました❗ 。

     さらに、米国糖尿病学会は
    、
  2千19年の、 4月、の、
コンセンサス・レポートにおいて
   、
「    糖質制限食が、 血糖の改善において、
一番に、 エビデンスが豊富である❗    」
   、 と、 言明しました。

     この、  
 【     あり得る、  食物繊維を差し引いた、
   炭水化物 、への、摂取らの度合いを制限する     】
   、
   『  糖質への制限食  』
   、は、
  デューク大学などで実践している、
   糖質   ;     10 %
     、 の、 
   スーパー糖質制限食も含めての物です。

           米国糖尿病学会が
    、
    リスクのある食事療法を、
  エビデンスが、一番に豊富である❗
  、 と、 推奨するような事は、
    ありえません。

    キングデニス さんも、安心して、
  「   スーパー糖質制限食   」
   、 をお続け頂けば、 幸いです。


        ◇◆      【      日本人たちの内に、  
    60人に、 何人かの割合で、 居る、
    遺伝性らへの主である類の人々は、

     『  ブドウ糖  』    ;
  【    C6    ➕    H12    ➕    O6    】   ;
  、  では、ない、
  タンパク質らの各々への構成材な、
  『  アミノ酸  』   、などから、
  『  ブドウ糖  』   、を、作り出す、
  『  糖   新生  』、な、 代謝らの系や、

    脂肪酸、への、 代謝から、
  『  ケトン体  』、 に当たる物ら、
  を、 作り出して、
   脳の細胞ら、などへの、
   栄養分として、機能させる、
   代謝らの系、に、

    問題性なり、 障害性なり、があり、

    赤血球ら、が、 ブドウ糖しか、
  自らへの栄養分に、できない、
   といった、事情がある、
   事から、
  
    その体の外側から、
  ブドウ糖、や、それに成り得る、
  炭水化物、な、糖質、らを、
  飲み食いなどして摂取し続けるべき、
  必要性を帯びてある、
   が、
    それでも、 その個人ごとにも、
  その時々の体質ごとにも、
  糖質の必要分、らは、あり、

     その必要分、を、超えての、
  糖質への摂取らは、
   その体の内の、 タンパク質ら、へ、
  余計に、ブドウ糖らを付けしめて、
  その構造の丈夫性や、機能ら、
  を、 より、そこなってしまう、などの、
  害らを成す事になり、
   その、あり得る健康性を、
  より、よく、成す上での、
  妨げに成る、 事では、
  より、 通例な、遺伝性らへの主である、  
  人々の場合、と、
  変わりが、無い❗  。

     摂取し得る宛ての、
  糖質への制限のあるべき事については、  
  そうした、共通な事情も、ある    】   ;
         。


     ◇◆     『   水溶性、の、食物繊維  』  ;

     【     食物繊維、な、 糖質らのうちでも、
   水へ溶ける、 水溶性、 な、
    食物繊維、な、 糖質 、らは、
    水溶性では、ない、
  食物繊維ら、が、
   あり得る、 便秘、 への、
   要因性に成る、
    のに対して、
  より、 便秘らを、 解消する、
   向きへ、 圧力をかける、
   要因性を自らに帯びてあり、
      
     より、 人々の、 あり得る、
      血糖値を、 上げずに、
   人々の健康性らを成す上で、
   足しに成る、物らを作り出してくれる、
  その腸内の細菌たち、への、
   栄養分に成ってくれる、
    物として、
    我彼の健康性らを能く成し付ける、
  事へ、責任性のある、 人々が、
   よく、 摂取し付けるべき、
   必要性のある、 物でもある     】   ;
      。


       ☆      2019/ 7/3O     ;
    同志社大学 (  京都市  )
     、 は、
  アルツハイマー病を引き起こす❗
   、と、 されている、 
    原因性のある、 『   タンパク質   』
   、 が、
  神経な細胞の内側に、 異常性に蓄積する❗ 、
  謎を解明した、 と、 発表した。 

    アルツハイマー病では、 神経な細胞の内に、
  『   タウ   』
    、 と呼ばれる、
  『   タンパク質   』、 が、 異常に蓄積し、
   神経細胞が働かなくなる❗
   、 ことが、 
  その病を成り立たしめる、
   直接の原因❗
    、 と、 考えられている。

   『  タウ   』、 は、 
    健康な人の脳にも、
    豊かに在る❗
     、 が、 
  なぜに、 高齢者の脳で、 
   異常な振る舞いようらを成すのか❓
   、 が、 分かっていなかった。

     同志社大の、 宮坂知宏准教授、と、
  御園生裕明教授、に、 重井医学研究所、の、
  松山誠室長を、 中心とした、
   『   群婁  グル   』    ;
≒    『   グループ   』   ;
   、は
   、
    “   タウの異常な局在❗   ” 
   、 が、 認知症につながる、
    重要な、   『   須提歩   ステプ   』   ; 
   ≒     『   ステップ   』    ;
    、 と、 考え
      、
     組織らの中の、 『   タウ   』、 を、
    高い感度で、検出できる、
   タンパク質から成る、
   『   抗体   』 
    、 を作成し
     、
    色々な、 モデルの、 マウスの脳での、
  『   タウ   』、 への、 産生、や、
    その、 局在ぶり❗
    、 を調べた。

       その結果にて、 
   『  タウ  』 、 は
     、
    本来は、 周産期     ;
  (    出産の前後の期間    ) 
    、 に、
   子どもの脳の神経細胞で、
   盛んに、 つくられ
    、
     脳の発達とともに、
    それへの産生に、 『   撫轢  ブレキ   』   ;
   ≒      『   ブレーキ   』     ; 
    、 が、 かかり
    、 
     その後は、
  余り、 つくられなくなる❗
   、 ことが、 分かった。

     この時期に、つくられた、 『  タウ  』
    、 は、
   神経細胞の、 『   軸索   』、へ運ばれ、
  神経機能の維持のために、使われる❗
  、 と、 考えられている。

       しかし、
    この、 『   縷留  ルル   』   ;
  ≒      『   ルール   』    ;
    、 に反して、
     脳の成熟した後に、
 『  タウ  』  、が、 つくられてしまうと
   、
     軸索に運ばれずに、
   細胞体に蓄積され、  これが、 やがて、
  アルツハイマー病のような、
    病変を形成する、
   ことを、 突き止めた❗  。 

        研究群婁は、
「     タウ、 の、正常な機能らが成る、には、
    つくられる、 頃合いが、 重要で、
    その破綻が、 認知症の発症、への、
   鍵となる、 可能性が考えられる     」 
    、 と、 している。

    研究の成果は、 米国の専門誌な、
  「   ジャーナルオブニューロサインス誌   」 
   、 に掲載された。


    ☆     細胞ごとの、 物流を左右する、
   『   時計 遺伝子   』、 らの各々が
     、
   睡眠などの時間で、 あり得る、
   『   8時間 、ほどの   』 、 
『   断食   』 、 の時間を得てから
    、
   自らの含まれてある、  細胞ごとに、
  より、  ゴミに成ってゆく、
  タンパク質ら、の、 全てを、
   その細胞から、 叩き出し
    、
    より、 新しく、
    その細胞の内側に、
  タンパク質らを作り出させもする、
    事において、

    より、 古い、 異物性を成し得る、
   色々な、 アミノ酸たちから成る、
   『  タンパク質ら  』
   、と、
  より、 新しい、 『  タンパク質ら  』
 、 とでの、 
   総入れ替えをする❗
   、 事が
     、
  より、 妨げられずに、
   成されてゆく、事においても
    、
  より、 余計な、 万病、 への、
   要因性らは、
   抑えられ続け得てゆく❗
   、と、 考えられる
    、のに対して、

    夜中などに、 目を覚ました時々に、
   飲む事は、 関係が、 無い❗
    、が
   、
   何かを食べてしまう事を、
  習慣的に、 やっている人々、
  などにおいては、

    その、 あり得る、 健康性を、
    より、 能く、 成す、
 あるべき、 『   断食   』
   、 が、
  より、 日常的に、 差し止められ、

   その、 細胞ごと、での、 あるべき、
   タンパク質ら、の、 総入れ替え❗
   、 が、 
    差し止められる、
  度合いが、 より、 余計に、
   成し増される❗
    、 のに応じて、

    異物性を成し増しもし得る、
    にも関わらずに
     、
   その細胞ごとに、
  古い、 タンパク質ら、 が、
  居残りを続ける、
  度合いをも、 余計に、
   成し増される事になり、

   アルツハイマー病  、などへの、
   要因性を成し得る、
  色々な、 タンパク質ら、が、
 細胞ごとに、 残留させられる、
  度合いらを、 余計に、
  成し増される事にもなる。

     痴呆性 、 などにより、
   自らが、 食べた事を忘れて、
  しょっちゅうに、
    何彼を食べる事は、

    より、  あるべき、 『  断食   』
   、 を、妨げ
    、 
    更に、 痴呆性らを成す❗
    、事、 などへの、 要因性らを、 
   余計に、成し増してしまう事でも、あり得る❗ 。


          ◇◆      『   インスリン 、の、 3大慢性リスク❗   』    ;

    【      ・➖つ    ;     細胞ごとに、 栄養分を蓄えさせ、
      脂肪細胞らを肥やす  →     肥満❗ 。

         ・➖つ  ;     タンパク質な、 『  アミロイド β  』、 への、
    分解による、 解毒な、 代謝 、を成す、
     酵素    コウソ   、 な、  タンパク質 、 による、 代謝を、
      インスリン 、は、 自らへ、宛てさせる事で、
      アルツハイマー病への要因性である、
       『  アミロイドβ  』、 への、 あり得る、 代謝ら、 を、
     より、 阻害する  →      認知症❗ 。

       ・➖つ  ;     細胞の増えるを促す❗  →    ガン細胞らも増やす❗  →
        ガン❗    

         ➕      血管新生らなどに重なる、   眼底出血 、 からの、  失明❗ 
               、 など 。  

          インスリン、の、 急性のものを成し得る、 可損は、
          『   低  血糖   』 、 へのもの❗     】     ;
                   。        

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント