日本医学; 和方❗; 返り咲かし❗ 、にも要る、 代謝ら❗ ➕ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

     ☆        返り咲かし、にも、要る、代謝ら❗   ;
   への、 大前提な、 遺伝子らの、 細胞ごとでの、
   日頃の仕事ら    ;
    鉄➕タンパク質ら、での、不足性にもよる、 病ら    ;

       ◇  鉄タンパク            不足があれば             産後 うつ 
                 身やら心に             きざす万病・・❗
            19/    7/10   13:16     ;

        ◇◆     『   意識型の認識の宛て、に、無い❗ 、
     可能的な前提へ、 合理的に関連する、
    関係性を自らに帯びて成る、事らの内に、あり得る、
   その、可能的な前提の質としての内容による、
     不合理性   』    ;
   
       代謝員らごとの、 代謝、の、
    成り立ち得る、   確率的な可能性の系である、
     『   確率的な、 親和力   』 、 ら、での、
    あり得る、 不足性ら、 を、 より、
   埋め余し付けるべき事、 への、
     前提と成る、  分析型の、観察らにも基づく、
    合理的で、    定量的      ;
    ≒        科学的      ;
       、   な、 分析型の、  
    認識の系なり、  体系知なり、 を、
    より、 踏まえない形で、
    医療系や、健康系、 などを、 成し行う、
     事は、
      
     『    代謝らの各々は、
     いつ、いかなる、場合にも、
    必ず、 それ自らの成り立ちを得る❗
  、 事の、できる、
     どこかの文化圏らにおける、
       唯一神、 の、 全知全能性 、のごとき、
     万能性を、 自らに、帯びて、
   それを駆使すべくもある     』
       、 
      という、
      それを肯定する向きの、
      科学的     ;      定量的    、 な、
    根拠の、 全く、無い、事を、
    自らへの、  論理的な前提として、
     自らを成し行う、 事でもある。

       人々の命と健康性とを成し付ける、
  事は、
  その為の、代謝ら、を、成し付ける、
  事でもあり、

     その為の、代謝らの各々は、
   人々の命と健康性とを成し付ける事において、
   より、 それ自らで、 直に、その事を成す、
   その度合いに応じて、
    その事へ対し、
    より、 目的性の要因性としての度合いを、
    自らに帯びる、 存在であり、

        どの分野の事らにおいても、
     一見した所では、 別々なもの同士でありながら、
     一定な度合い以上での、 分析型の観察ら、などによれば、
     片方が、 もう片方、への、
   目的性の要因性としての、 属性な事らを帯びて、 あったり、
   あり得たり、すべき、筋合いな、事ら、と、
    合理的な関係性を成し合ってある、
     といった事が、 あり得    ヱ   
      、
         より、 目的性の要因性では、ない、
       物事ら、によって、
      何事かを成そうとする向きの事らが、
    あり来たってある、 のが、 常でもある。
        
        より、 目的性の要因性らを成す事を、 無しには、
    その成そうとする向きの事らは、 より、
    それ自らの成り立ち得ようら、を、得る、事は、
   できず、
     それらを成そうとする向きの系らは、 どれも、
   その事の、 能く、成り立ち得る、
      可能でき、度合いを、漏らす❗ 、
     笊   ザル  、 な、 ものに、 自らを成したり
    、
     その成そうとする事の、 より、 十全な、実現から、
    より、 遠ざかったものらを成したりする、 
   事を、 より、 必然なものにする。

        その系らの事らでは、ない、
    別の、 物事らにもよって、
    たまさかに、 その向きな事らのどれ彼が、
    能く、 成り立ち得もする
      、 といった事は、
       そんな、 その系らが、 より、
    笊なもの、である事を、 否定する事では、なく、
    むしろ、 肯定する向きの事でしかない。

         可能的な摂取らにおける、
       炭水化物な     ;
    【     『   炭水化物    ➖    食物繊維   』 、な     】
      、 
     『   糖質   』、 への制限を成す系らも
       、
        脂肪酸、らへの代謝らや、
     『  糖  新生  』 、な、 代謝ら、などの、
    代謝らの全般に、 
   『   確率的な、 親和力   』、 らでの、
    個別な、 あり得る、 差   
   、 を、 除いては、
     より、全く、障害性の、無い❗ 、
     より、 通例な、体質なり、 遺伝性らなり、 への、
    主である側の、 人々であれば、

      その、あり得る、命と健康性とを、 より、よく、成し、
   その、あり得る、万病を、未然にも、差し止め付ける上で、
    相応の効果らを成す❗
   、 のが、
     当然である、ものの、

           その、個別な、個人ごとの、
     その代謝ごとにも、 個別な、
   『   確率的な、親和力  』、らでの、 あり得る、
   不足性ら、 を、 より、
   埋め余し付けない、 度合いらを余計に成す、
      飲み食いらを、 より、 絶やし去って、
    代わりに、 
    その、不足性らを、より、埋め余し付け得る、
      度合いら、での、
    より、 あるべき、代謝員ら、への、
   飲み食いら、の、あり得ようら、へと、
     定かに、 人々を導く、 向きの、 
     働き得よう、 を、  より、 自らに、伴わない限りは、

     やはり、  より、 笊なものである、
   事に、 変わりは、無い❗ 。
      
      
       ◆      その、 3つごとな、  ➖つごとの、
    並びよう、 が、  
   その細胞の内側に、 用意される、
    色々な、 アミノ酸たちの中の➖つ、 を、 指定する、
    関係性を、 自らに帯びてある、
    が、ゆえに、
     その細胞の内側の物らをして、
     色々な、 アミノ酸たちから成る、
    特定の、タンパク質を成さしめるに至る、
  『  遺伝  情報  』、
    な、 その物 、 でもある、
    『  塩基  』      ;

     そうした、 『  塩基  』、らからも成る、
   『  遺伝子  』、 の、本体な
    、
     『   デオキシリボ  核酸   』    ;
  ≒      『   DNA   』     ;
      、
        たちの各々は
      、
    他者へ、 自らの側の、 負電荷 、な、
    電子   e➖     、  を、 与え付けてやる、
    塩基性のある、 物質なり、 分子なり、
      である
     、
  『   塩基   』 、らからも、成る、
    物ら、だが、

   その、 『  塩基  』、 の、
   3つごとが、成す、
   一つごと、の、 並びよう
     、 へ対して、 

   その、 塩基ら、でもある、
   遺伝子らを膜に包んで含んである、
   細胞の内側に、用意される、
    色々な、 アミノ酸たちの中の、
   ➖種員、 の、 『  アミノ酸  』 
    、 が、 あてがわれ、

       3つの塩基らの、
   一つごと、の、 並びよう
    、らの各々へ
    、
  一つごとの、 アミノ酸 、が、
   あてがわれて
     、
    立体的にも、 並び合い、
    連なり合う、 事において、

        特定の、 『  タンパク質  』 、 が、
   それらを含む、 細胞の内側にて、
    構成される❗ 。

       そのようにして、
   色々な、タンパク質らが、
     成される❗
     、 事を通して
      、
    人々の命と健康性とを成し続ける、
   のに必要な、 あるべき、
    代謝ら、が、 成らしめ続けられ得る、
    状況が
     、
    細胞ごとにも、 あり、

    細胞ごとに、 含まれてある、
   遺伝子ら、の、 日常の仕事は、

     毎日に、 その、 細胞なり、 
   体なり、からの、 求めようらに応えて
    、
         いつでも、 
     特定の、  タンパク質  、らの各々を、
   それのある細胞の内側な物らをして、
      作り出さしめる❗
     、 事であり、

      我々の遺伝子ら、も、
     それ以外の事らは、
    特には、 やっていない❗ 。

     あるべき、 代謝ら、の各々を成す、
   のに必要な、 代謝員である、
    酵素   コウソ 
     、 らは
     、
    タンパク質 、 らであり、

     その酵素   コウソ   、 らの各々と、
   文字通りに、 『   合体して  』 、
    代謝を成す❗
      、
   補酵素   ホコウソ   、 らの各々は、
  ビタミン 、 らの各々であり
    、
    補因子 、らの各々は、
   ミネラル  、らの各々であり、

      これらな、  代謝を成す、 代謝員でもある❗
    、
     栄養分らを、
   より、 漏れを成さないように、
   日頃から、 摂取し続ける、べく、
   酵素   コウソ   、 と、 補酵素、や、
   補因子、 との、
  よく、 合体した上での、 あり得る、 
   代謝な、 働き合いようら、 での、
   度合い、 である、 
『   確率的  親和力   』
    、
     の、 
     個人ごと、や、
   同じ個人における、
   代謝員らごと、 での、
   ばらつき、も、 あり得る、
     『  差  』  、 たち、 を、
    より、  埋め余し得るように
     、
    摂取ら、 を、 成す❗
      、 事と
      、
    成し続ける
    、事とへ向けて
      、
     我彼   ワレカレ   、 の健康性を、
   能   ヨ   く、  成すべくもある、
      人々の各々は
       、
   自ら、  自らの事らを能く観察して
     、
   何彼な事らを、 工夫すべくもあり、

       自らの、周りの、
  より、 身近な人々と、
   より、 連携して、 
    働きかけ合うべくもある❗ 。

      より、  あるべき、 代謝ら、への、
    換算性の、 より、 無い、
   現在の、 医療系らに、
   自らや、 自らの身近な人々を、
  より、 任せっきりにしてしまう事は、

      より、 あるべき、代謝ら、を、
   より、 漏れの無いように、
   成し続ける事に向いてある、
    代謝員ら、への
    、 
   より、  漏れを成さない、
  摂取らを成し続ける、 事によって、
   唯一に、 完治し得たり
   、
   万病を、 未然にも、 差し止め続けて、
   健康性を、 一定な度合い以上で、
    成し続け得る 、
     人々へ対して
    、
  そのように、 成ったり、
  あり続けたり、する、
    可能性を、
   より、  消し去らしめて、
     無   ナ   みする、
  負の度合いらを余計に成してしまう、
    事でもあり、

     より、 あるべき、代謝性の、 無い、
     医療系らへ対しては
     、
  それらのある社会の主権者たちの一般は、
   その社会の主権者たちの一般に、
   あるべき、 あり得る、 福利らを、
  自らも進んで成すべき、
   義務性を帯びてある、事からも
    、
    自ら、 その、ありようらや、
    あり得ようら、を、 
   より、 主権者たちの一般の、
  あり得る、 福利らを、 成し得る、
   向きの、ものへと、
   差しあらためるべくも、ある❗  。

      そうした、 あるべき、動きらの、
   一定な度合いらの中に、
     主権者らの各々が、
  その身近な主らとの連携性を成して、
  我彼の、 あるべき、代謝性らへ向けた、
   働き掛け合いようらを成す、 
    事ら、も、ある。


      ☆     挿し木ができる秘密…    ;

      幹細胞に戻す、 植物の、
   『   推致  スイチ   』    ;
   ≒      『   スイッチ   』 
    、 な、 
   遺伝子を発見❗  ;   

   【   科学   (   学問   )   ニュース➕   】  ;

      挿し木や、種いもで、 草木を増やす、 
      時々に、
    葉や茎、と、 根、 などに、
     特殊化した細胞の一部が
     、
   一旦は、 『   履設堵  リセト  』  ;
  ≒      『   リセット   』    ;
    、され、 
     どの器官にもなれる❗ 、
  『   幹  細胞   』 
     、 が生まれる❗  。

     植物に独特の、 この能力は
    、
     ただ一つの遺伝子 、 が、
  『   推致   』 、 になって働くことを、
  自然科学研究機構・基礎生物学研究所    ;
  (   愛知県は、 岡崎市   ) 
    、 などの、
     研究チームが、
     コケ植物を使った研究で、
    明らかにした。

    今後は、 作物などの育種に、
    役立つのではないか、 という。 

      同研究所の石川雅樹助教    ;
    (   植物分子生理学   )
     、 らは
    、
    この遺伝子を、 『   ステミン   』
   、  と命名。

      成果は、 英科学誌、 な、
  『   ネイチャー・プランツ   』 、の、
    電子版に掲載された。 

       研究致務は
    、
   ヒメツリガネゴケの葉を切って
   、
  水   ;      H2O  、たち       ;
    、 につけると
     、
      断面の葉の細胞が、
  『   幹細胞に変わる   』
     、  ことに、 注目❗   。

       葉の細胞は、  本来は、
     葉の形を保つべく、
    幹細胞化を招く、 
   遺伝子群の働きようらが、 力強く、
    抑制されている❗
     、 
     が、 
     タンパク質から成る、 『 ステミン 』
    、 が働くと、 
      抑制が、 
    『   封    』    ;
   ≒      『   オフ   』    ;
     、 になり
     、
   遺伝子群が働いて、 幹細胞化する❗
   、という、 仕組みを解明した。

     実際に、 葉を切らなくても、
  『   ステミン   』、 を働かせるだけで、
    幹細胞ができた。 

       ≒
 【     こうした事らも、
   その細胞ごとの内側の物らをして、
   その細胞ごとにて、  色々な、 アミノ酸 、たちから、  
  特定の、 タンパク質 、 を、 
    遺伝子らのどれ彼が、 作らしめる、
   という事や、 
    それを、 前提として、 初めて、
   それ自らの成り立ちよう、を、 得る、
     事が、 できる、 ものら、 であり
      、
         人々の命や健康性も、
   その心の現象な事らも、
    遺伝子らのどれ彼が、
   毎日に、 いつでも、 その細胞などからも求めらに応じて、
   色々な、 アミノ酸 、たちから、
  特定な、 タンパク質 、らを、
   自ら、ら、を含む、 細胞の内側の物らに、
    作り出さしめる、 
   『   遺伝子らの日常の業務  』、 の、 成る❗、 
   事に、 基づいて、
    それ自ら、の、成り立ちを得て来てある❗     】
        。

     『   ステミン   』
     、 は、
    イネや、 バラ 、 などの、
   多くの植物にもある
    、 といい
     、
    今後は、 他の植物でも、
  ステミンの機能を調べる。

     石川助教は、
「     農作物や園芸植物、 などでの、
  効率的な育種につながる❗ 、
  可能性がある     」 
  、 と、 説明している。

      ID:VuKNcKd4    ;
   人間の皮膚の移植も、似たようなもの?  。

    2019  /  7/9   ( 火 )   20:52:22.1   ID:Z7W22Khc >>2    ;
      人の皮膚な細胞は、  そのままでは、
    万能細胞には、ならない。

    ≒
 【     人の細胞らの中の、 遺伝子らの内に、
   ステミン 、に類する、  可能的な機能を帯びてある、
    物、が、あったり、
     そうした物が、 無くても、
    人が、 そうした物に仕立て得る、
   宛ての物が、あれば、 など、と、
    目星を付ける事、 などへの、 
    肯向   ウベム   きの、 情報な、要因性としても、
    この記事や報道は、 あり得る     】 。
     
      ID:lzGUzJv8  ;      これが、 
    動物でできれば、 革命だろう。

     ID:IZ5gKNAy  ;        この遺伝子が、 活性化できれば、
  茎頂   クキオベ  、 とかの、
    分裂細胞  、 以外からも、
   組織培養が出来るようになったり、するのかな?    」  。 
     例えば、 果皮からとか…、
   おちおち、輸出できなくなるけど。

    ID:6PtqB609 ; >>10 ;      もとから、 植物は、
   どの、 単一の細胞からでも、
   その個体の全体に分化が可能❗ 。

      今回の研究は、 その仕須   シス    ;
   ≒       システム      ; 
    、 の、 根幹となる遺伝子への発見❗ 。

     ID:tirCjPw3  ;         植物は、 いくらでも、
    増やせる奴、 と、 そうでない奴
    、 との、 差が、 大きすぎる。

     ID:ST0K6IfU ;       全形  性能  。
    脱分化  。     カルス  形成  。

      植物の再生能力は、 
     動物とは、 桁違いに高いからなあ。

   ID:qtgz1jKH ;      『  カルス  形成  』 、 などに、
  関わる、 遺伝子の特定か 。
「   単一の   」 、  遺伝子ってのは、
    割と、 すごい発見だ❗ 。

    ID:FiUoxK4k ;        発毛への推致を司る、
    遺伝子を 発見すれば、
    ノーベル医学賞は、 確実❗ 。


    ◇    ハゲる前の、 代謝らを、
      復活すべく、 
   自らの、 代謝員らごとの、
  『   確率的  親和力   』 、 の、
   あり得ようらの各々を推測し、
    その、 足りていない、
     負の分ら、を、 より、
     埋め余す以上の、
    特定の、代謝員らへの、
    摂取らを成し続ける、
    事が、 必要❗ 。

        それは、  より、 自らの心身での、
   万病を、 未然に、差し止め続ける、
     事とも、重なる❗ 。


      ☆      原因のわからない、
  体調不良の方に、是非、読んで頂きたい。

   「   うつ消し  ごはん   」、
カスタマー・レビューより   ;

    2人目を出産してから、 慢性的に、
    体調が悪く、 午後になると、
   意識が朦朧    モーロー   、 としてしまい
    、
   ろくに、 子育てができない、
状態が続いていました。

     内科や婦人科 、 等に通い、
検査もしましたが
    、
「   何も、問題ない   」 、 と、 突き放され
    、
     なのに、 常に、 
   意識が遠のきそうな靄の中にいて、
    愛する1歳の娘も、
    虫歯だらけにしてしまい
     、 
  もう、身体も、精神的にも、限界でした。

          加えて、
    その頃から、 5歳の息子の、
    ASD  、 ADHD  、
   不安障害  、 が、 特に、目立つようになり、
    どん底の数年間を過ごしました。

      そんな時、 助けを求めて、
    本を探している時に、たまたま、
     藤川先生の本に出会い、
    藁にもすがる思いで、手にしました。

     栄養バランスの良い食事     ;
  (    ←これが、 曲者だった    ) 
    、
    を摂っていた自信は、 あったのですが
    、
    半信半疑で、 
  『   低  糖質     ➕     高  タンパク   』 
    、
       を意識して
     、
   『   プロテイン   』 
     、 を飲み始めると、
     数日で、 嘘のように、
    靄   モヤ   、 が晴れて、
    身体が軽くなりました❗  。

     2週間ほど前から、
     サプリメントも追加しているので、
   これからの変化が、 とても楽しみです。

    毎日が、 どん底で、
   人生が、 辛いものとしか思えなかった、
   毎日を変えて下さった、
この著書には、
 感謝の気持ちしかありません❗ 。

     息子にも、 『   高 タンパク   』 、 の、
   食事を心掛けていますが、

   『   糖質   』 、 を減らすことは
    、
    食べ盛りの、  8歳の息子には、
   なかなかに、 難しく、 最近は、
  感情の起伏が大きくて、 頻繁に、
   『   パニック   』 、や、 
『   癇癪   カンシャク   』、 を起こして、
     手がつけられません。

     試行錯誤をしながら、
  サプリメントにも、 早く取り掛かろう
   、 と、 思います。

    どうか、 どうか、 何より、
   息子が生きやすくなるように、
  何度も読み直して、 しっかり、
勉強させて頂きたい、 と思います。
ーーーーーーーーーーーーーー
   ☆     藤川院長❗   ;

    典型的な、 産後、の、
 『   鉄     ➕     タンパク 不足   』  、 ですね。

    普通に、 バランスを良く食べている
  (    つもり    )  、の、 人は、
   その全員が、
   『    鉄 タンパク 不足❗   』  、 です。

       息子さんの、 ADHD
      、も、
   『    プロテイン    ➕    鉄   Fe   』
    、 にて、
  3ヶ月で、 改善に向かう❗
    、 と、 思います。

      錠剤が飲めるなら、
  アドバンストフェロケル
      、
   錠剤が苦手なら、
  『   チュアブル 鉄   』
     、もしくは、
   処方薬の、 『  インクレミン  』 。

    【    ビタミン  B3❗   、 な、
   ナイアシン  、 に近い    】
     、
  『   ナイアシン・アミド   』  ;
    5百   mg     ✖     3  ~  6 
    、
    も、 有効だ❗
    <em></em>、 と、 思います。

    元な記事は、 こちら

     ☆       あるべき、代謝らを復活させて、 
    髪の毛らにも、返り咲きをさせるべし❗  ;
          19/   8/1  19:54    ;

      ◇      禿げた人々が、 髪毛らに、
     返り咲きをさせる❗
    、 にも
    、 
   その、  本来の遺伝子らが
     、
   ウィルス  、 らなどによって、
   おかしくされていない❗
     、ままであれば
      、 
    その為の、 代謝ら、を、復活させたり
     、
   それらに類する、代謝ら、を、
    新たに、 成す、 事であり、

      植物人間な状態にされて、
     意識性らを、 より、 起ち働かない、
      状態にされてある人々が
     、
    その意識性らを復活させる、にも
     、
   その為の、 代謝らを成さしめられる、
  べき、 必要性があり、

      炭水化物な、 糖質への摂取ら、などが
    、 
   それを阻害してしまうのであれば
    、
    植物人間な状態にある人々で、
   『   糖 新生   』 、 らなどの、
    代謝ら、を、 十分に成し得る、
  遺伝性らへの主である人々へ対して
     、
   糖質  、 などを摂取させる、
    行為らを差し止めて、
  
   より、 あるべき、代謝らに必要な、
   より、 あるべき、 代謝員である、
  タンパク質ら、に、 ビタミンら、と、
  ミネラルら、 への摂取らを、
   余計に、 成し付け得るように、
   とりはからうべき、必要性がある❗  。

       この趣旨の事は、
    我方は、 
   自国に、 殺処分を予定されてある、
   植物人間な状態の人、 たちを抱えてある、
    フランスの在日の領事や、
   その、他の、 何十もの、 大使館ら、などへ、
   毎日に、 メールで伝え続けている❗  。
     
     
     ☆     ブログ ;     どんぐりこ❗   ;

    横浜大学の福田淳二教授らの、
   研究グループが開発した、
   「   ハゲ  、への治療   」  、 が、
   話題になっていました。

     幹細胞から、 ヘア・ビーズ 
   、 と呼ばれる、 毛包   ケズト   、 への素を、
大量に作成する方法を開発し、
 マウスの皮膚に移植する実験で、
  効果を確認したようです。

    そんな、 日本の研究者による、
   人類を救う発明に、海外からは、
  喜びに声らが寄せられていました❗。

       以下、 反応な論弁ら❗   ;

    @     やったぁ。 これで、
   ハゲる心配が、なくなったよぉ。

   @     人間にも使えると、いいな。
   ハゲるのは、 嫌だよぉ。

     @     急いで、日本❗。 あと、
  5年分の髪しか、 残ってないよ❗  。
    ハゲは、 似合わないし。

    @      決めた。 日本に移住するよ。

   @     これを見て喜んでいるハゲは、
   もう、 ハゲ・ブラザーとは言えない。
    ハゲを愛そうぜ。

     @      発毛の使いみちは、
    ハゲ  、への治療だけじゃないよ。
    耳の穴の毛が、 無くなると、
   耳が聞こえなくなるからね❗  。
 
      ハゲ  、への治療からはじめて、
  プロセスが確立されたら、
   難聴への治療に変えたら❗ 、いいかも。

       ≒       
   【     子宝   ビタミン    E1  
    、
    を、 大量に摂取し続けて、
    ノモンハン事件で、 耳を悪くした、
   御老人が、聴こえようを回復し得た例を、
   三石分子栄養学➕藤川院長系  、 が、
    紹介している。 

    子宝   ビタミン   E1 
    、は、
   細胞ごとの、 物流をよくする、
    のに、 必要な、 補酵素   ホコウソ     】
         。

        ◇◆     『  亜鉛   ➕   銅  』   ;
  【     亜鉛   Zn    ➕     銅   Cu     ;

    ・・水へ溶ける、 水溶性、 な、
    物ら、の、全てを引き受けて、
  処理する、
  『  腎臓たち  』、 の、 各々の、
  どちらか、や、 両方から、
 『  エリスロポエチン  』、 なる、
  ホルモン、 が、 血潮へ送り出され、
  それが、
  『  骨髄  』、を成してある、
   細胞らへ届く、と、

 『  赤血球  』、 たちが、 
  より、 作り出されて、
 血潮の量が、 増やされもする、
  事になる、 が、

  『  赤血球  』、 を、 作り合うのは、
  ビタミン   B群   、 に含まれる、
  補酵素   ホコウソ  、 な、
  『  葉酸  』 、 に、 
  同じく、 補酵素 、 な、
『  ビタミン  B12  』、 と、
 『  鉄  Fe  』、 だけではなく、

 『  鉄  Fe  』、 を、
  しかるべき所らへ送り届ける、
 『  銅  Cu  』、 も、
  必要なのだ ❗ 、 という。

  この、 『  銅 Cu  』、 は、

   イカ、や、 タコ、の血潮にあって、
   自らへ、 酸素   サンソ   O  、 を、
  くっ付けて、 彼らの各々の、
  体の細胞たちへ、 それを送り届ける、
  運び員をやっており、
   それが為に、
  イカ、や、 タコ、の、血潮らは、
  青く見える状態を成してあり、

    人々の体らにおいては、
   白髪に成る、のを防いで、
  より、 髪の毛ら、などをして、
  本来の色を失わずに、
  在り続けさせるべく、
    髪の毛らの根の所で、 入れ替わるべき、
   色のある新手と、  能く、
  入れ代わるようにする、
  働きも成してあり、

 三石分子栄養学➕藤川院長系らによると、
  『  銅  Cu  』、 への、
  過剰な摂取による、 害らは、
 『  亜鉛  Zn  』、 への、
  摂取を、 相応に、 成す事で、
  防がれ得る、 という     】   ;
      。

      ◇◆     『  銅  』   ;     Cu    ;
 【     その原子の核を成す、  正電荷、な、
   陽子    ;     プロトン    ;     、  が、
    29個 、  があり、
  よって、 その原子番号が、  29 、 の、
  金属な、 元素であり、
   人々が、 その体の外側から、 必ず、
   摂取し続けるべき、
   必須の、 ミネラル、 の、
   16種のうちの、 一つ❗     】  ;
          。

      ◇◆   『  亜鉛  』   ;     Zn    ;
  【     その原子の核を成す、  正電荷、な、
  陽子    ;    プロトン    ;      、 が、
   30個 、 があり、
   よって、   その原子番号が、   30  、 の、
    金属な、 元素であり、
   人々が、  その体の外側から、 必ず、
  摂取し続けるべき、   
   必須の、 ミネラル、 の、 
  16種のうちの、 1つ     】   ;    
         。

      @      また、 新たな、 ハゲ治療が。
    決して、 市場にはこない、
   治療法リストに加えておこう。

     @      ↑まだ、 分からない、と思うよ。
   ローションを作っている製薬会社が、
 この治療法に、シフトするだけだし。
  今後の、 十年間の幹細胞での治療は、
すごく、ワクワクするものになるよ。

   @       素晴らしい。   ちょうど、
   ハゲを心から愛せるようになった、
    頃合いだよ。
  子供や孫達には、 朗報だけど。

   @      ↑わかる。 4年前の、
   26歳から、 坊主にし始めた。
   育毛剤とかに、 うんざりして。
  後戻りをできない一線を超えてしまった、
ような感じだった。
ハゲで居ることが、 好きだし、 
愛そうとしているけど、 髪が恋しくないか❓
 、というと、 嘘になる。

    @       ↑同じだよ。
  21  ~  22  、から、 ハゲはじめて。
   数年間を、短くしてたら、
  "  ハゲって美しい  "   、 って思える様になった。
   ハゲの見た目は、 心から好きだけど、
    選択肢があるのは、 素晴らしいことだね。

      @     ↑最高だよね。      髪を短くしておくと、
    朝が、 すごく爽快で。     シャワー  、
    乾燥  、  歯磨き  、  出かける。
    髪の為に、時間を使わなくて済むからね❗ 。

   @      巨大な、 ガンダルフ・ヒゲを持つ
   、 という、俺の夢に、また、
一歩を近づいたようだ。

    @      日本人が、俺を救おうとしている❗。

   @      俺の後退する生え際が、喜んでるぜ。

    @      俺の髪が落ちるのを防いでくれる、
     唯一のものは、 床だけだよ。

   @       臨床試験には、 どこで、
    申し込めば、いいのかな?。

   @      そして、完成品は、 たったの、
     ➕万ドルとか、 なんですね。
   そして、 保険は、 使えないと。

     @        妻に言ってるんだよね。
   もし、 髪が復活したら、 お団子頭とか、
   色々と、やるんだって。


    ☆    ドクター江部❗   ; 

     ADA (   米国糖尿病学会   )、 と、
   糖質制限食の歴史。
    2019/ 7/31    13:4 3 -

      こんにちは。
    今回は、米国糖尿病学会と、
  糖質制限食の歴史について考察してみます。

     米国糖尿病学会 (   ADA   ) 、が、
   2019年4月     ;
「     成人な、糖尿病の患者、 または、
  予備軍な、患者への栄養療法     」  
コンセンサス・レポートを発表しました。

    糖質制限食が、 最も、 積極的に、
    推奨されています❗ 。

Nutrition Therapy for Adults With Diabetes or Prediabetes: A Consensus Report
Diabetes Care 2019 May; 42(5): 731-754.https://doi.org/10.2337/dci19-0014
   、で、 全文を見ることができます。

      <   ADA  、と、 糖質制限食の歴史   >   ;

    ①     2007年まで、 糖尿病、への、
   食事療法において、
   糖質制限食は、 推奨しない、 としていた。

        ②      2008年、
  「   食事療法に関する声明 2008   」 
    、 において、
  「   減量が望まれる、 糖尿病な患者には、
    低カロリー食、もしくは、
    低炭水化物食による、
   ダイエットが推奨される    」 
     、 と、
     ➖年の期限付きで、
  糖質制限食の有効性を認める見解を記載。

    ③       2011年 、   肥満を伴う糖尿病な患者に、
    2年間の期限付きで、
    糖質制限食の有効性を容認❗ 。

   ④      2013年➕月の、
『    成人糖尿病患者、への、
食事療法に関する声明    』 、 において、

      •全ての糖尿病な患者に適した、
     “   one-size-fits-all      ;    (    唯一無二の    )
     、
   ”  食事パターンは、 存在しない、 と言明❗ 。 

→ patient-centered   approach 、を強調。

      •患者ごとに、 個別に、
     様々な食事パターン     ;
〔     地中海食,   ベジタリアン食,
   糖質制限食,   低脂質食,   DASH食     〕
   、
     が、 受容が可能。

       •最適な、
   炭水化物、 蛋白質、 脂質における、
   理想的な比率を示唆する、 
     エビデンスは、 ない❗ 。

    •炭水化物摂取をモニタリングは
     、
   依然として、  血糖、への、 管理、の、
   改善における、 重要な戦略である❗ 。

        2013年➕月に、  米国糖尿病学会が、
   「   栄養療法に関する声明   」 、において、
    『   糖質  制限食   』   
    、 を、
    地中海食  、 などど共に、
    正式に認めました❗   。

      米国糖尿病学会の、
   「   栄養療法に関する声明   」 、への、
     改訂委員の一人は、
  デューク大学のヤンシー先生でした。

       デューク大学では
    、2008年から
    、
   炭水化物を、  20 g   /   日 、 未満に、
    制限する❗
    、
  「    糖質制限  -  ケトジェニック食    」   ;
  (    ケトン食    )  
   、 を臨床に用いています。

       <   ADA  、 2019年のコンセンサス・レポート   >     ;

      今回にて、   ADA 、の、 2019年の4月に発表の
   、
   「    成人糖尿病患者または、
予備軍患者への栄養療法    」
コンセンサス・レポート
   、 では
    、
     糖質制限食
 (     Low-carbohydrate   eating   patterns    )
    、が
    、
    ボリュームとして、 一番に大きく、
     取り上げられていて、
    エビデンスも、 最も豊富である❗
     、 と、 記載してあり、

    この、6年間で、大きく、
   前進した感があります。

          一方で、
    非常に、効果がある❗
     、 ので
    、
   脱水❗ 、  や、 低血糖❗ 、 への、 
     予防の必要があり、

   開始の時に、 医師、 などに相談するように❗
   、 との記載があります。

         今回も、  マクロ栄養素
・コンセンサス・リコメンデーション 
   、 において
     、
   「     エビデンスは、
    糖尿病 、 および、  予備軍における、 最適な、
   炭水化物、 蛋白質、 脂質、の、
    カロリー比率は、 無い❗
     、
    ことを示唆している     」  、 との、
      記載があります。

     それで、 糖質制限食 、 以外にも、
   以下の食事パターンも取り上げてあります。

     総じて、 基本姿勢は、
    2013年と2019年と、
   同様ですが、 糖質制限食が、
    目立ってきた感じです。

     糖質制限食の次に、 記載ボリュームが、
    大きいのは、 地中海食です。

      あくまでも、私見ですが
     、
   エビデンスが蓄積してきた結果にて
   、
   ADA 
    、は、
「   糖質 制限食   」、 「  地中海食  」 
  、  の、 二つを、 他とは、 別格に、
    有効性がある❗
    、と、  捉えているように思えます。

      1 )    Mediterranean-Style   Eating   Pattern     ;
         (   地中海食   )
             。

   2  )    Vegetarian   or   Vegan   Eating   Patterns     ;
       (   ベジタリアン食   ) 
            。

    3 )    Low-Fat   Eating   Pattern      ;
      (   低  脂肪  食   )

       ≒      
   【     不足すると、 若年死を増やす、
事が、 報告されてある、
  『   ビタミン  D   』
   、らの中の、 一定な度合い
    、 への原料は
     、
  『   コレステロール   』
    、 であり
     、
     脂員   ヤニン   、 への摂取らの度合いを、
    より、 欠いてしまう、 事が、
  相応の、 危害性らを、
    その主らに成し得る     】
        。

     Very  Low-Fat :     Ornish   or   Pritikin   Eating   Patterns      ;

   4 )   Low-Carbohydrate   or   Very Low-Carbohydrate   Eating   Patterns     ;
      (    低  炭水化物  食  、   超低炭水化物食    ) 。

  5 )   DASH   Eating   Pattern     ;
     (   高血圧食   ) 。

   6 )     Paleo   Eating   Pattern     ;
      (   パレオ食   ) 。

   7 )    Intermittent   Fasting     ;
      (    間欠的  断食    )  。

    <    食事パターン・コンセンサス
・リコメンデーション    >   (  ☆  )

     糖尿病への管理には、さまざまな、
    食事パターンが、許容されます。

     特定の個人における、 異なる、
   食事パターンの周囲を比較した利点の、
  エビデンスが強化されるまで、
   医療の提供者は、 そのパターンに、
   共通している、 キーとなる要素に、
     焦点を当てるべきです。

    ○     炭水化物な、 『  でんぷん質  』 、の、
    ない、野菜を重視する。

  ○     砂糖や、 精製した穀物の追加を、
  最小限に抑える。

   ○    可能な限り、高度に加工された、
    食品よりも、 自然食品を選ぶ。   」

     糖尿病な患者、 での、
   全ての、 炭水化物、への摂取量を、 
   減らす、 ことは、
   血糖を改善する向きでの、
   最も多くの証拠を示してきており、

     個人のニーズや好みに合った、
  さまざまな食事パターンに適用する、
   ことができます。

     血糖値での目標を達成していない、
    または、 血糖を降下させる薬、の、
   服用量を減らす、ことが、 
    優先される、
     成人 2型 糖尿病 患者では、
    低炭水化物、 または、
  超低炭水化物の、 食事プランで、
    炭水化物への摂取量を減らす❗
      、 ことが、 現実的です。 

    <    食事パターン・コンセンサス
・リコメンデーション
糖質制限食
(    低炭水化物食 、  超低炭水化物食    )    >  ( ☆☆ )
    低炭水化物食、
    特に、 非常に低い、
   低炭水化物食パターンは、
    
      HbA1c     ;

        ≒      
  【     血潮をゆく、 赤血球の中に、
    沢山にある、 鉄分、 と、
   タンパク質、とから成る
     、
『   ヘモグロビン   』
    、 へ、
    最大で、 4個まで、
   くっ付き得る、 『   ブドウ糖   』
    、
   が、 くっ付いてある、
  『   糖化  ヘモグロビン   』    ;
     ≒ 
  『   グリコ・ヘモグロビン   』     】    ;
     、
    を下げて、
   糖尿病への薬を減らすことを示してきた。

    これらの食事パターンらは
    、
    インスリン、は、出るが、
   効きが悪い、 2型の、 糖尿病で、
    最も研究されてきたパターンである。

・・・中略・・・

    非常に低い、 低炭水化物食パターン
   、 を実践すると
    、
       利尿が生じ、
   速やかに、 血糖値が下がる❗  。

     それ故に、開始する時には、
   脱水❗  、への予防や
    、
   インスリン、 と、 経口糖尿病薬、
    とを減らして、
     低血糖を予防するために、
  知識の豊富な医師、 などに相談すべき、
  必要性がある。・・


     ☆      肥満 、と、 鉄タンパク不足❗   ;
      19/    6/3   10:2    ;

     ◆      肥満は、 質的な栄養失調❗ 、 鉄不足編。
    鉄不足、 超ヤバい❗ 。

   ☆    医師水野のアメブロ❗    ;

       ◇◆        水野院長❗   ;
    医師、アキバ水野クリニック院長❗  ;
    
    両親とも、 糖尿病家系。
  2度を、 肥満だった、 自らの体の、
  劇的な変化を、きっかけに、
  糖質への制限を中心とした治療を開始。 
    97単位に及ぶ、 インスリン 、の、
   自己注射を不要とする❗ 、 などし、
   2型の糖尿病な患者の、
   脱インスリン率    ;       百  % ❗  、という、
   実績を打ち出す。 

   糖質への制限や、 インスリンを使わない❗ 、
  治療法などの情報を、  ブログ、
   Facebook、Twitter 、 や、講演会などで、
   精力的に発信❗ 。

     現在は、がんに対する、
   ビタミン・ケトン療法も実践中。
    著書は、
  「   薬に頼らず  血糖値を下げる方法   」、
 「   みるみるやせる・血糖値が下がる 
  最強の糖質制限ガイドブック   」  、 など。
BLOG LINK:https://mizunodoc.jp    ;

       あとは、 『 鉄 』 、 も、
    肥満の人に、 不足していがち。 

    女性で、 肥満、 
   肥満で、 糖尿病、 
   などでは、もう、ほとんど、 
  『   鉄不足❗   』  、 がある。

  『   鉄不足   』
     、で痩せない、太るのも、
   『  代謝  』 
    、 に、 影響が出るから。 

      アブラを燃やす、  代謝らからなる経路には、
    おおまかに、 3段階。 

      大きい分子の、アブラを切って、
    小さくする❗
       、
    『   β   ベータ  酸化   』
      、 
      そこから、
      エネルギー 、 を作り始める❗
      、
    『   TCA  回路   』     ;
      ≒  
  【     細胞ごとの内側に、 
  ➖個から、  数百個 、以上も、あって、
   自らの成す、 エネルギーらにより、
   自ら、 その細胞の内側を、 動き回れさえする、
   『   ミトコンドリア   』、 の、 内側で、成される、
    代謝らから成る、系である、
    『    クエン酸   回路    』     】    ;
     、 
   最後に、
     エネルギー 、 を取り出す❗
    、
   『   電子伝達系   』      ;
    ≒     
 【     ミトコンドリア 、の、内側で、成される、
    代謝らから成る、系     】     ;
       。 

      この、 3段階。

   この、 アブラを燃やす      ;
     ≒     
  【     酸素    O   、 と、   アブラ 、 などの、
    何彼 、とが、 結び付き合って、
    熱と光とを成す、 現象な事     】    ;
    、
    『   3つの段階    』
     、 のうちな
     、 
    最初の、 
  『    β   ベータ   酸化    』
     、と、 
最後の、 
  『   電子伝達系   』
    、 には 
『   鉄  Fe   』
    、 が必須❗  。 

       つまり
    、
   『   鉄不足❗   』
    、 があると
    、
  アブラ 、 を燃やしようが、 無い❗ 。

      さらに、最後の、
  「   電子伝達系   」
     、は
    、
   糖質への代謝でも通る、  代謝経路。 

       つまり
    、 
    糖質を効率よく使うためにも、
  『   鉄  Fe   』
     、 が必要❗ 。 

 
        この代謝は
    、 
     細胞の中に、
   数百個以上も、ある、
  『   エネルギー 工場   』 、 な、
『   ミトコンドリア  』 、 の中で起きる。

     鉄不足だと、
    ミトコンドリアで、
   糖質 、 を、 より、 代謝できない❗ 。 

            すると、 
     その他の部分らで、
  どうにかする感じになる。 

            つまり、
    細胞ごとの内側な存在である、
   『   細胞  質   』
    、で、 
    原始的 、かつ、
  効率の低い経路で、
  『    糖質   』
     、 を代謝する事になる❗ 。

      この原始的 、 かつ、 低い効率の、
    細胞質で起きる、代謝経路は
   、 
    『   解糖系   』
     、 と言われる経路。

   エネルギーへの効率が、 低い❗ 。 

    『   ミトコンドリア   』 
   、で代謝するのとは、
   段違い。


   『   ミトコンドリア   』 
   、で、
『   ブドウ糖 、な、 1分子   』   ;
     ≒     
 『    C6    ➕    H12    ➕    O6    』   ;
  、
     を代謝すると、 

     『   ATP   』   ;
   ≒      
  『     アデノシン   3   燐酸  リンサン    』   ;
     ≒ 
  【     C10 H16 N5 O13 P3     】   ;
    、
    という、
     エネルギーを放つ源な、 物質
     、 が、 
     38分子位が、できる❗ 。

    (     36 、とか、 条件で、 少し変わる     ) 。 

         で、
    細胞質で起きる、 解糖系では
    、
     ブドウ糖 、な、1分子から、
   ATP
    、 が、 2分子しか出来ない❗ 。 

      効率が、  19分の➖   、 になる❗ 。

     そんな、 低い効率な、 代謝で、
   エネルギー 、を、 どうにかするには・・。 

          しかも、
    脂肪は、  より、 燃え得ない状態❗ 。
  
      そう、 
   糖質を大量に欲しくなってしまう❗ 。 

    脂肪は、 燃えない。

      鉄不足では、
  『    痩せにくくなる❗    』
   、し、 
   糖質を過剰に摂取して、
 『   太りやすい   』
     、のが、 
     分かるか、 と思う。 

        さらに、
   『   解糖系   』
    、 は、
     体を酸性化し     ;
    ≒      
 【     電子強盗を働く分子らを余計に成し 、 
   熱も、 あまり、 作れない、 ので     】     ;
    、
     体温も低下する❗ 。 

          まさに、 
  『    代謝が低下している❗    』
     、状態になる。

        で、 
     鉄不足から、  
     脳の細胞、の、
  ミトコンドリアも、働かなくなれば
    、
  脳細胞が、 エネルギー不足になる❗ 。

   『   うつ   』、 や、 『   パニック   』、が、
    鉄不足から起きるのは、
   この脳細胞での、 エネルギーらの事が、 原因 。 

    鉄不足、ヤバイ、 超ヤバイ❗ 。

     ◆    まとめ  。

    (1)     肥満は、 タンパク質不足❗ 。
    ついでに、 鉄不足も、あるかも。 

   (2)     肥満で、  健康的に痩せたいなら、
  『   タンパク質   』 、 を摂るべし❗ 。 

   (3)     鉄不足も、 結構と、ありがちだから、
   不足しているなら、 鉄も、補充するべし❗ 。

        男性の場合は、
    鉄が足りている事も、結構と、あるので、
    不足が、なければ、 鉄を、さらに摂る、
   必要は、無い。

      あと、 採血データで、
    血中 TP     ;      (   総  蛋白    )
    、 や
  血中  ALB      ;    (   アルブミン   ) 
   、
   が、 下がるのは、 
    末期的な状態です❗ 。

     TP  、や、 ALB 
    、 が、 下がっていなくても   
   、
   尿素窒素 、 な、 BUN 
    、が、
     20  
    、 以下なら、
  『   タンパク  不足❗   』
     、 です。

    タンパク質の不足  、ほぼ、 確実です。
    鉄不足、あるかもしれません。


   ☆   三石分子栄養学➕藤川院長系❗   ;

     躁うつ病を自分で治した報告がありました❗  ;

     初めまして、こんにちわ。
     45歳の男性です。

     30代で、 躁うつ病になり、
   心療内科を転々とした後、
   あるクリニックで、  糖負荷試験、
   断糖治療を受けた経緯があります。

      しかし、 その後に再発し、
     喫煙、 アルコールの多飲、
    事業に失敗、 離婚、
    希死念慮、 などを経て
     、
   18年の➕月に、 先生の書籍を、
  偶然に、 amazon  、 で見つけ、 実行、
   7ヶ月で、見違えるようになりました。

         今は、  禁酒に禁煙、
   『    低 糖質     ➕     高  タンパク  食    』
    、
      ホエイ・プロテイン     ;
   ≒     『    乳清  タンパク質    』      ;
      60   ~   百 g
       、

      【     鉄分の補充をする     】
   、
    Nowアイアン     ;
  36  mg     ✖     3  ~  6 
    、
 

       ◇◆     『   ビタミン  C  』  ;
 【      疫鎮    ヤクチン    ;      ワクチン     ;
  、らの、  あり得る、  副作用ら、 の、
   度合い、を、 より、 軽減もし、
    ウィルス 、らの本体を、
   断ち切りもし、
  実験らでは、
   肺病を成す、  結核菌たちを、
   全滅させもし、
   繊維状、 な、 タンパク質 、である、
   コラーゲン 、 たちを、 より、
   丈夫に成す、事において、
   血管らを構成する、 組織ら、を、 より、
  丈夫に成しもし、
   免疫員、な、 白血球たちの各々を、
  より、 活性化して、
  働き者にしてやりもし、 
    その体に、  不具合ら、 が、
  余計に、 あれば、ある程に、
  より、  大量に摂取しても、
   腹が、 より、 下らなくなり、
    腹の、ゆるみ、や、 下りよう、を、成す、
  それへの摂取らの度合いが、
  その体の中の、不具合らの、
  度合い、への、目安になる、
  『  補酵素   ホコウソ  』  、
    では、 あるが、
    それ自らの、 電子強盗化による、
   あり得る、 加害性らへ対しては、
   子宝    ビタミン   E1  、 らにより、
   差し止めるべき、 必要性もある❗     】、
    『  ビタミン  C  』    ;
  【    C6    ➕    H8    ➕    O6    】   ;
       。

      C1000     ✖     3 ~ 6
      、

    【     ビタミン  B群 、な     】
  、
   B100     ✖     3
    、


        ◇◆      『   ビタミン  E  』  ;
   【     人々が、  大量に撮るべき、
   ビタミン  C  、 などが、
    他者から、  その枠内の、 電子を、
   自らの側へ、 引き寄せて、 奪う、
   電子強盗になる事を、  未然にも、
  より、 差し止め、
   子宝    ビタミン   E1 、 を、
   はじめとして、  色々とある     】   ;

【    バス・ジャック事件に巻き込まれて、
   大火傷を負わされた後に、
   女流作家に成った、 日本人が、
   ビタミン  E  、 の、 大量な、
  肌への塗布、 や、 摂取により、
   その火傷した肌の健全性を、 大いに、
  回復し得た例、 などが、
    報告されている❗     】    ;
 
     『  ビタミン   E  』   ; 
  【    C29    ➕    H50    ➕    O2    】   ;
          。

     E400     ✖     3  ~  9
      、

   『   ビタミン  B3   』 、 な、
  『   ナイアシン   』   ; 
   5百   mg     ✖     2  ~  6 
    、

    亜鉛   Zn   ;
     30 mg     ✖     3
       、

  【      不飽和、な、 脂肪酸 、 らの内で、
より、 炎症を成さずに、
細胞の膜、 などを構成してくれる      】
    、
  『   オメガ 3   』
     、

   swanson 、の、 プロポリス、 などを、
   毎日に、 服用しています。

薬は、 ジプレキサ     ;
    2・5 mg   、のみ、
を、 就寝前に、 服用しています。

     新たな就職先で、 仕事も順調、
     借金も、 全てを清算でき、 再婚も、
    視野に考えられるようになり、
   ついに、 第二の人生が開けました。

    本当に、 有り難うございます。
  また、 長田正松氏の、
  「   クエン酸で、 医者いらず   」 
  、 を参考に、 クエン酸も、
   追加して摂るようにしました。

     クエン酸回路に作用して、
   『   乳酸   』   ;
≒     『    C3    ➕    H6    ➕    O3    』    ;
、 を分解
    、
【      電子強盗が、 ある領域に、
どれ位に、 在るか、も示す 、
  『   水素  イオン  』    ≒      プロトン     ;
≒     『   正電荷、 な、 陽子    』    ;
    、 の、
ある領域での、 濃度 、な      】
     、
  『   pH値   』 
     、 への、 調整
    、
  などの、 色々な効果があるようですが、
   脳の糖化が解消されたのか?   、
   翌日には、 
   頭が、 スッキリした感覚がありました。

    Fecebook 、いつも、拝見しております。
   先生の今後の、 益々のご活躍を、
お祈り申し上げます。
心より、 感謝、御礼を申し上げます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ☆    藤川院長❗   ;

    自分で、 勉強して、
躁うつ病を治しました、素晴らしいですね❗ 。

     ジプレキサ 、 も、 最小量の、 
   2・5  mg   、 のみ。

     この量では、 副作用も、 皆無で、
夜間での、 熟睡が、目的の量です。

  (     ジプレキサ 、 の投与量は、
2・5   ~   20 mg     ) 。

双極性障害へのサプリ  ;

      まずは、
   高タンパク   /   低糖質食    ➕    プロテイン 。

  ナイアシン     ➕     C 
    、 が、 最重要❗ 。

       アルコール症には、
   『   ナイアシン   』 
    、 が効果があります。

     1 / 3 、 の人で、 
   短期間で、 断酒をでき
    、
   1 / 3 、 の人で、
   飲酒の量が、 減り
    、
1 / 3 、 の人では、 不変 
    、
  と、 書いてありました。

    当院でも、   ナイアシン  、で、 
   アルコールが飲めなくなった❗
   、 という人も、 多いです。

        男性ですので、 
   鉄は、必要ないでしょう。

    鉄への服用が、 危険なわけではなく
   、
 【      タンパク質に封をされる格好で、
成る、 貯蔵鉄 、 な      】 
    、 
  『   フェリチン   』 
    、 が、
  5百 
    、 に近づくと
    、
   鉄   Fe    、への吸収が、阻害される❗
   、 ので、
  服用しても、 無駄になるだけです。

    半年以上を服用しているので
    、
   『   フェリチン   』
    、 は、 
   ➕分に、 上昇しているはずですので
   、
  Now  アイアン    
    、は、
  終了で、 良い  
   、 と、 思います。


      ☆     ビタミン   B3  、 で、
    『   ニコチン酸   』 、 な、
  『   ナイアシン   』
    、 は、
    5百種❗  、 以上もの、 
   代謝らに必要とされてある❗  。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント