主権者; 世主ら❗; 鉄蛋、らの充足 ➕ 高脂肪❗ 、の、あるべき事 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

            ☆        鉄蛋らの充足な上での、 高度な脂肪食❗   ;
  
       より、 あり得る、 免疫性らを高め、 かつ、
   その、 過剰性による、害らを未然に差し止め付ける上でも、
   必要な、 高脂肪食    ➕     適度な運動    ➕      腸内細菌らへの餌付け    ;

          【  武漢コロナ❗  】    ;         
      はや  なぜ、 こんなに、 「  無症状  」、が多いのか?     ;
        2020/   8/4   17:00   ;
    
■年齢、免疫系、遺伝子   ;
   …原因への仮説は、さまざま、 感染を抑える鍵にも    ; 

      武漢コロナ・ウイルス感染症で、厄介なのは、
   誰が感染を拡大させているのかが、見えづらいことだ。 

       土曜日の晩には、    「  元気  」 、だったので、   大勢の人と接したが、
    月曜日になって、   咳、熱、疲労感に襲われ、
     感染していたことに気がついた。

       米疾病対策センター  (  CDC  )  の推計によれば、
     そんなふうに、 症状が出る前の人が、 ウイルスをうつすケースは、    
    感染例のおよそ半数を占める。 

          だが、  さらに、 実態をつかみにくいのは、
      ウイルスに感染していても、 全く、症状が出ない人のケースだ。

        CDCによれば、
      全米の感染例のうち、 そうした無症状の感染者は、 4割に上る、
      という。 

        発症前  (  pre-symptomatic  )  、 に、   他人に感染させる人や、
     無症状  (  asymptomatic  )   、 の人が、 なぜ、 こんなにも多いのか。

        知らない間に、感染が広がるのは、
      インフルエンザや、かぜ、 などの、 ウイルスも、同じだ。

         しかし、
       武漢コロナ・ウイルス感染症では、
      極端に把握が難しく、
      したがって、 コントロールも難しい。 

              問題の一つは、
      病状の現れ方が、  よく、わかっていない点にある。

           高齢者のほか、   肥満、 喘息  (  ぜんそく  ) 、
       糖尿病等の既往症を抱えている人の方が、 重症になるケースが多いことは、
      明らかになっている。

         しかし、
    感染しても、 重症化を免れる人については、
     よく、わかっていない。 

             現在にて、 
     無症状、 あるいは、 軽症になるメカニズムや、
      そうした人から、
     どのように、 感染が拡大するかを予測するモデルについて、
       競うように、 研究が進められている。

            今のところでは、
    遺伝的要因や、 年齢、免疫系における、個人差が複合して、
     症状の重さを左右しているのではないか
       、 との、 結果が出てきている。 

■無症状者を把握する難しさ     ;

       無症状での感染らの拡大を調査しようにも、
     そうしたケースが、 
    どれくらいの頻度で起こっているのかを把握することが、
       最大の難関となる。

           どこも、 調子が悪くない人は、
     そもそも、検査に行くこともないだろう。 

         中国や、アイスランドのように、
      広範な検査を行った場所でさえ、
       信頼性の高いデータは、少ない。

          理由の一つは、
      検査を受けた人が、 その後になって、発症したか、どうかを、
     十分な期間を設けて、 追跡する、
      調査が、行われていないためだ。

           7月22日に学術誌な、 「  Nature  」  、 に掲載された論文では、
     パンデミック 、の発生当初の、  中国、武漢においては、
      発症前の、 ウイルスの保有者による感染を、
      保健当局が、 知らなかったため、
       感染例の、  87  %   、が、 見逃されていた
       、 と、 推測されている。 

          症状が、 全く、出ない人による感染を調査することは、 
      困難なため、
      そのような人に、 どのくらいの感染力があるのかは、
      不明瞭だ。

           CDC  、は、
         無症状者の感染力は、   
      症状があるケースの、   75  %   、 ほどではないか
    、 と推定している。

            これは、  症状の有無や程度によって、
     体外に排出される、 ウイルスの量や感染力に、
      どのような違いあるかについて調べた研究に基づいている。

              だが、同時に、
        この数字について、注意を促してもいる。

         いわゆる、 「  ウイルス排出  」、 の仕組み自体が、
         あまり、解明されていないからだ。 

            無症状の人は、  そもそも、
         ウイルスの量が、 少ないのかもしれない。

                あるいは、
       コウモリのような、免疫系を持っているのかもしれない。

       「    コウモリは、 ウイルスを保有していますが、
     全く、 症状が表れません。
     特殊な免疫反応によって、 ウイルスを抑え込んでいるようなのです    」  。

        米アイオワ大学教授で、 
    微生物学と免疫学が専門のスタンリー・パールマン氏は、
   そう説明する。 

          こうした説は、
     中国で、最近に行われた研究の解明に、役立つかもしれない。

          6月18日付けで、 学術誌な、 「  Nature  Medicine  」
      、 に掲載された論文によれば、
        無症状の人は、  全般的に、免疫反応が弱く、
     ウイルスと闘う武器である、
    タンパク質な、 抗体  、を、 あまり作らない❗
    、 ことが、示唆された、 という。 

     続きは、
ナショナルジオグラフィック日本版サイト 
  
     5:   ID:nzcW/Yhz   >>1    ;        >病状の現れ方が、よく、わかっていない    ;
     武漢コロナ自体の症状は、 軽い風邪程度だろ。 
      他の疾患を重症化させる❗ 、
    引き金にはなるが、  それで死んでも、
    新コロが、死因では、ない❗  、 ってこと。

           18: ID:bJB8ii3J    >>1     ; 
        コロナが進化して、弱くなったんだな。
      あまりに、強過ぎたら、 人が、 すぐ死んじゃって、
     コロナ自身も、助からない。 
     子孫繁栄のため、 弱くなるのは、 よくあること。

        4:ID:FSRwTP2S     ;
      無数のウィルス 、らが、 空気中のアチコチにあるんだぞ。
   人間の体に入っても、発病まで行くのは、僅か。

         10: ID:LhUS0v6l     ;          他の疾病も、意外と、そうなんじゃないの?

      30:  ID:a/36W4k/       ;         人ごみになんか、行かないで、
   宅飲みで、旨いもんでも食ってりゃ、いいじゃん。。
   まぁ、若いもんは、そうも行かねぇんだろうけどさ。

      31:  ID:3zMMELW7    ;         馬鹿みたいに調べてるからだろ。 
     風邪でも、なんでもいいけど、 発症してないだけで、
     感染しているなんて、 常識の範疇でしょうに。

        ID:5oP3d0r19     ;        シンガポールでは、
    蚊が媒介する、 デング熱の感染が、 ことしに入って、
    2万2千人余り❗ 
    、と、 これまでで、 最も多くなっていて、
    当局が警戒を呼びかけています。 


         ★   【  国際  】   ;        シンガポールで、
    デング熱の感染❗  ;     過去最多の、2万2千人超に    ;
        2020/   8/6   11:00    ;

         シンガポールでは、    ことし4月ごろから、 蚊が媒介する、
      デング熱の感染が、 例年を上回るペースで、報告されています。 

      先週の、 ➖週間に、  千380人の感染が、 確認されるなど、
     このところは、  8週を連続で、 
     感染者が、  1千人を超えていて、
    累計の感染者は、    4日までに、
       2万2403人となりました。 

         これは、  年間での感染者数として、
       これまでで、 最も多い❗
          、 という事で、 このうちな、 19人が死亡しています。 

                 国家環境庁は、   感染の増加への背景として、
           武漢コロナ・ウイルスの感染らの拡大で、
        自宅  、 などにとどまる人が増え、
         蚊に刺される機会が増えた❗
      、と、 みられることや、
      労働者のいなくなった工事現場に、
       水たまりが残っている❗
        、こと、 などを指摘しています。 

         ≒
  【     水たまり、ら、を、 より、 減らす事でも、
   あり得る、 蚊の、 その近辺らでの、 増殖を減らす❗ 、
     効果が、 見込まれ、   実際に、 一定の地域らで、
     蚊による、 伝染病の発生の度合いが減った例のある事が、
     報道されてもある     】  。
     

          また、  6月の降水量が、
      過去な、➕年で、 最多だったことも、
     例年より、 蚊が増える要因になった❗
    、 と、 しています。 

          専門家は、  武漢コロナ・ウイルスと、デング熱は、
    ともに、発熱の症状があり、
     見分けるために、  2種類の検査が必要になることから、
    医療現場がひっ迫する❗ 、
    おそれも、指摘しています。 


       9:  ID:gsM7hbM+0      ;            シンガポールは、 コロナで、
   厳格な、ロック・ダウンをやってんだぜ。

      82:  ID:Slj7zudo0    >>9    ; 
     蚊が媒介するんじゃ、 意味がないだろ。

       
           ◇       現行の仕方での、  検査らは、 あり得る、 感染の機会を、 余計に、
      それへ集まる人々へ提供する事になる、ものら、であり
     、
         あり得る、 感染らの拡大を、 より、 未然に、 差し止め、
      遅らせる、 目的性を実現し付けてゆく上では、
    、  より、   あり得る、 人々の、 重症化を防ぎ、 死を防ぐ、
        為に、
        より、 余計に、 成さないようにし付ける、必要性がある、
      が、
          余計な、 感染ら、などの発生源らなどを、 より、 無みする上で、
        外回りをする役に選ばれる人々、などについては、
        感染源に、 より、 成らないように、 かつ、
        3密を成さない形で、 個別に、 検査を宛て、
         外回りをする宛先らも、公に、特定して、
        新たな、 重症化し得る、 感染ら、などが、 発生し得ても、
     より、  そのもとらと末らを追跡しやすくし、
      あり得る、 重症化らの可能性を、 より、 小さくする向きで、
       記録らを、より、得られるようにする、   といった事は、
      より、 あるべきであろうし、
       これに近い事は、 現に、 部分的にでは、あっても、
        成されて来ているであろう。

           11:  ID:mQzkf3h40    ;           デング熱って、
    別に、大して、怖くないんだっけ?  、 
     数年前に騒いでたけど、もう、忘れたなぁ。

     21: ID:HLIr3jWD0   >>11    ;         媒介する蚊が、冬を越せないので、
   日本で流行っても、そのシーズンで、必ず、終息する。

     23:  ID:yo4C97n10    ;               コロナ、デング熱、
    中国では、 未知のウイルス、そして、イナゴ。
    つまり、 バイオ・ハザードが発生しているんやね。

      30: ID:CWMlPCWP0     ;           こんなもんは、 近代に、 やっと、
    封じ込めつつあるだけで、 本来は、 感染症が、当たり前の土地だろーが。
    南国なんて、地獄よ。         アマゾンの原住民くらいの、
    異常な免疫力がなきゃ、生きていけんわな❗ 。


       ◇      『  飽和  脂肪酸   』❗   ;

      ドクター江部の糖尿病徒然日記 ;
        飽和脂肪酸は、 悪玉では、ありません。
          2020/   7/20    18:30 12 -      ;

     【     20/  7/20    ;     としの     ;
      動物性脂肪     ;
      いつも、勉強させていただいております。
         動物の脂質は、   飽和脂肪酸が、多く含まれており、
      動脈硬化への原因の一つ、 と、 思います。
     摂取量には、 気を付けたほうが、いい、と思いますが、どうでしょうか。    】


        こんにちは。
     医師のとしのさんから、 飽和脂肪酸は、 動脈硬化 、への、
   原因の➖つではないか、と、
    コメントを頂きました。

         確かに、 脂肪悪玉説が、 戦後に、 先進国を席巻して、
   「    大腸ガン、乳ガン、心筋梗塞などの元凶は、脂肪摂取過剰である。   」
    、 という    (     根拠のない    ) 、  定説が、
     まことしやかに信じられてきた
     、 と思います。

        これに対して、   大変に興味深い研究の結果が発表されています。
      RCT論文と、前向きコホート研究があります。

       <  RCT  論文  >     ;

            米国医師会雑誌、   2006年2月8日号に掲載された、
     3本の論文において
         、 
     「     <    低脂肪    ➕    野菜が豊富な食生活    >     、は、
         乳癌、大腸癌、心血管疾患 、 の、  リスクを下げない❗
     し、
       総コレステロール値も不変であった。   」
    、という、 報告がなされたのです。

               米国医師会雑誌は、
      インパクト・ファクターが高く、
   ニューイングランド・ジャーナルに次ぐ、 権威の有る、医学雑誌です。

       RCT 研究論文ですので、 エビデンス・レベルも、信頼度が高いです。

        5万人弱の閉経してある女性たちを対象に、
     対照群を置き、  平均で、 8年間にわたって、 追跡した結果です。

      高額の費用をつぎ込んだ、 大規模臨床試験で、
    二度とできない、 高いレベルの研究です。

         2万5千人ずつに、 グループ分けをして、
 
            一方は、
      脂肪熱量比率       ;        20  %   、 で、
     強力に、低脂肪食を指導しました。

            残るグループは、   脂肪の制限なしなので、
      米国女性の、    平均なら、    30数%     
     、の、    脂肪摂取比率です。

       平均的な米国の女性に対して、   約半分近くまで、
       脂肪摂取比率を厳格に減らして、
       臨床試験を実施したわけです。

              研究をデザインした医師は、
     「    高脂肪食が、 大腸ガン、乳ガン、心血管疾患のリスクを増大させる     =
     脂肪悪玉説    」
    、 という、  従来の定説を掲げて、
    それを証明するために、 このRCTを実施した、 と思います。

          すなわち、
   「    低脂肪食の実践により、
     大腸ガン、乳ガン、心血管疾患のリスクが減少する    」
     、  と信じて、 この、 RCT 、を開始した
    、 と考えられます。

              ところが、 豈図     アニハカ   らんや、
         『  低  脂肪  食  』
   、 は、
    乳癌、大腸癌、心血管疾患 、の、 リスクを、 全く、 下げなかった❗
     、 のです。

      これは、即ち、脂肪悪玉説が、 根底から否定された❗
    、 ということです。

        結論です。

    『     5万人を、 8年間を追跡した、 JAMA掲載の、 RCT研究論文で、
      少なくとも、   乳ガン・大腸ガン・心血管疾患に関しては、
     脂肪悪玉説は、否定された。    』
      、 ということになります。

     脂肪悪玉説を、 根底から覆す、 良質の、信頼度の高い、エビデンスですね。

*Journal of American Medical Association(JAMA)誌
2006年2月8日号の疾患ごとにまとめられた3本の論文で報告。
*Low-Fat Dietary Pattern and Risk of Invasive Breast Cancer
  Low-Fat Dietary Pattern and Risk of Colorectal Cancer
  Low-Fat Dietary Pattern and Risk of Cardiovascular Disease
  : The Women's Health Initiative Randomized Controlled Dietary Modification Trial
JAMA ,295(6):629-642.  643-654. 655-666.


        <  前向きコホート研究  >    ;

          ①
      低炭水化物・高脂肪・高タンパク食に、 冠動脈疾患のリスクなし

     一方で、
         総炭水化物摂取量は、
    冠動脈疾患リスクの中等度増加に関連していた。

     高GL 、 は、
    冠動脈疾患のリスクの増加 、と、 強く関連していた。

     ニューイングランドジャーナルのコホート研究 ; 

      82802人       20年間   2006年に掲載   ハーバード大学    ;

      炭水化物摂取比率       ;           36   ±     6・1    %      グループ
   、と、
      58・8    ±     7・0    %    、 な、 グループ
  、 とへ宛てた、 比較。

Halton TL, et al. Low-carbohydrate-diet score and the risk of coronary heart disease in women. New England Journal of Medicine 2006;355:1991-2002.

         ②
     21論文、  約  35万人を、 メタ・アナリシスして、
    5  ~  23年を追跡して、
      1・1万人の脳心血管イベントが発生。

     飽和脂肪摂取量と脳心血管イベントハザード比を検証してみると、
     飽和脂肪酸摂取量と脳心血管イベント発生は、関係がないことが判明。

Siri-Tarino, P.W., et al., Meta-analysis of prospective cohort studies evaluating the association of saturated fat with cardiovascular disease.  Am J Clin Nutr, 2010. 91(3): p. 535-46.

           ③
 『   炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇  』

       ランセット誌のオンライン版  (  2017/   8/29  )  で、
 カナダ・マックマスター大学の、   Mahshid   Dehghan  博士らが報告。

     5大陸   ;        18カ国で、   全死亡 、 および、  心血管疾患 、への、
    食事の影響を検証した、
    大規模疫学前向きコホート研究      ;
   (    Prospective    Urban    Rural    Epidemiology   :   PURE    )  の結果。

     2003年1月1日時点で、  35  ~  70歳の、
       13万5335  例を登録し、

      2013年3月31日まで、  中央値で、
      7・4年間も、 追跡調査。

           論文の内容を要約     ;

    1)    炭水化物摂取量の多さは、  
     全死亡リスクの上昇❗
    、 と関連。

    2)    総脂質 、 および、  脂質の種類別の摂取は、
        全死亡リスクの低下❗
     、 と関連。

    3)    総脂質 、および 、 脂質の種類は、
     心血管疾患   (   CVD  )  、    心筋梗塞、   CVD死❗
     、 と関連しない❗ 。

     4)    飽和脂質は、
      脳卒中と、 『  逆  相関  』 、 している❗  。

         炭水化物への摂取の比率  ;     総死亡率     ;
1群   46・4  %          4.1  %
2群   54・6   %         4.2  %
3群   60・8   %         4.5  %
4群  67・7   %         4.9  %
5群  77・2   %          7.2  %

        脂肪への摂取の比率   ;  総死亡率   ;
1群   10.6  %         6.7  %
2群      18.0   %         5.1  %
3群      24.2  %         4.6  %
4群      29.1  %         4.3  %
5群      35.3  %         4.1  %


        前向きコホート研究     ①    の結論は
    、 
   「    高脂肪食に、冠動脈疾患のリスクなし    」
    、 です。

       前向きコホート研究  ②  の結論は
    、
 「    飽和脂肪酸摂への取量と、 脳心血管イベントの発生は、 関係がない    」
   、 です。

     つまり、 肉の脂も、大丈夫❗
    、 ということです。

      前向きコホート研究  ③  の結論は
   、 
  「    脂肪の摂取比率が多いほど、 総死亡率は低下する    」
    、 です。

          つまり、
     脂肪が体に悪いどころか、
    多く食べるほど、 体に良い❗
    、 ということです。

      
     ◇     武漢コロナ 、などの感染での、  あり得る、 
    重症化 、を、 より、 未然に、 差し止め付ける、上でも
    、
      代謝系らに、 より、 障害性の、 無い❗
    、
    より、 通例な、 遺伝性らへの主である、
     人々は、
   
       日本人たちに、 通例性がある、 という、
   『   鉄   ➕   タンパク質   』 、での、 不足性ら、 を、
    より、 埋め余し付け
    、
     その他の、  代謝員、 な、
     ミネラルら、 と、 ビタミンら、 での、 不足性ら、 も、
   より、   埋め余し付ける、
    事との、 重なりようを、 能く、 成す❗
         形で
     、
       高度な、  タンパク質、らと、 脂肪、への、
    摂取を成すべきであり、

        それによって、  それ自らの成り立ちを得られる、
   より、  人々の命と健康性とを成す上で、必要な、   
    より、  あるべき、 代謝ら、 の、
      あり得る、 成り立ちようら、 を、 
     より、 促す、  外因性として、 余計に、 作用して、    
   より、  それらを阻害しない❗
    、 
          入浴 、なども含めた、
     一定の、運動性ら、 を、  
    余計に、 電子強盗な、 活性酸素ら、 を、 成さない、 
    過剰性を成さない、
      範囲内で、
      よく、 成し付けるべき、 筋合いにある❗  。


         ★    2020年    7月28日   16時00分      ; 
      飲み水に含まれる、  「  リチウム  」 、には、
    自殺や認知症への予防な効果がある❗
    、 との、 研究の結果     ;


          ◇◆      『  リチウム  』    ;

     【      その原子の核を成す、    正電荷、な、
      陽子     ;       プロトン     ;     、
  が、   3つ 、 があり、
   よって、   原子番号 、が、  3  、な、
   アルカリ金属、 な、 元素    】    ;
  
        高い濃度の、 リチウム  (  化合物  ) 、 に曝されると、
     人は、 肺水腫を引き起こされ得る❗ 。

           リチウム  、は、
      ほとんど、すべての、 背骨のある、 脊椎動物の、 体組織、 と、体液の中に、
    21  ~  763   ppb    、 で、   含まれており、
         水に棲む生物は、  リチウムを生物濃縮する。

          哺乳類の栄養学的な研究により、
      リチウム  、の、 人の健康に対する、 重要性が示されており、
    必須の、 微量な元素として、   1  mg  /  day   、 の、
      RDA     ;
      (     ➖日に摂取すべき、 栄養らの各々の量   )    ;
   、 が、 提言されており、
     2011年に報告された、 日本における、観察と研究によると、
    飲料水の中に含まれる、 天然に由来の、 リチウム 、が、
    人間の寿命を増やす、 可能性が示唆されている。

          医療用として、  炭酸リチウム  (  リチウム塩  ) 、が、
   躁病、 および、 躁うつ病の躁状態の患者に処方される❗  。

       炭酸リチウム 、の、  抗躁薬としての効果は、
   神経を伝達する物質の遊離や、  リン脂質、への、 代謝を抑制する❗
    、 作用、 などが関係している、 と考えられているが、
    いまだに、解明されていない。

     リチウム 、は、
    覚醒剤を合成するための、 バーチ還元における、
    還元剤として、利用されるため、
    一部の地域では、
    リチウム電池の販売が、規制の対象となっている❗ 。

        また、 リチウム電池は、
    短絡によって、 急速に放電して過熱する❗
   、ことで、 爆発が起こる❗
    、 危険性がある。

      リチウムの、 熱による膨張率は、
    アルミニウムの、 2倍、
    鉄の、ほぼ、 4倍❗  。

       H2O  、 たち、 な、 水 、 と、 激しく反応するために、
    リチウムは、 禁水性の物質とされている。
     よって、
    安全のために、 ナフサのような、
    非反応性の化合物の中に保管される     】
          。


     『  リチウム  』 
       、は、
       スマート・フォンの、 リチウム・イオン・バッテリーに使用される
     、などし、
     現代の暮らしに欠かせない物質である、 ほか、に、
      躁うつ病な患者、 などに処方される、
     医薬品にも含まれています❗  。

        サセックス大学の、  ブライトン・サセックスメディカルスクール
    (  BSMS  )  、  と、
    キングス・カレッジ・ロンドン  、が、
    2020年7月27日に発表した論文により、
   飲料水の中に含まれる、  リチウム
    、 と、
      自殺率の低下には、
    有意な関連性が認められる❗
       、 ことが、分かりました。

      Association   between   naturally   occurring   lithium 
   in   drinking   water   and   suicide   rates:
     systematic   review   and   meta-analysis   of   ecological   studies |
     The British Journal of Psychiatry   |   Cambridge Core

      Lithium   in   Drinking   Water   Linked   With   Lower   Suicide   Rates - Neuroscience   News

          WHO  、の調べによると
      、
     自殺で死亡する人の数は、  全世界で、 年間に、        
   80万人以上に及ぶ❗
     、 とのこと。

       これは、   世界のどこかで、
    40秒に、 ➖人が、自殺している、
         計算となります。

         さらに、  2019年の末から、流行が拡大している、
     武漢コロナ・ウイルス感染症      ;
     (    COVID-19    )        
    、  の影響により、

    「    アメリカ人の、  3分の➖ 、が、
     うつ病や不安障害になった    」
   、  と、 報告されるなどし、
    メンタル・ヘルスの悪化は、  これまで以上に、
    深刻な課題❗
   、と、 なりつつあります。

新型コロナウイルスの影響により「アメリカ人の3分の1がうつ病や不安障害になった」との調査結果 - GIGAZINE

     BSMS 、の疫学 、および、 公衆衛生学の研究者で、
   今回に発表された論文への、 筆頭の著者でもある、
    Anjum   Memon  教授は、
  「    COVID-19  、の、  パンデミックと、  それに伴う、
    公衆衛生な上での問題に見舞われている、
    前例のない時代においては、
    社会の全体の、 メンタル・ヘルスを改善し、
    不安や、 うつ病、 自殺の発生率を減らす、    
     方法を考える事は、 これまで以上に、 重要です    」
     、 と指摘。

       そこで、  Memon  氏らの研究チームは、
    うつ病への治療薬や、 気分障害がある人の自殺リスクを軽減させる医薬品 、に、
    広く用いられている、   
    『  リチウム  』 、 に着目した研究を行いました。

         研究では、
   1946年  ~  2018年までに発表された、論文らを横断的に分析し
    、
     水道、 などな、 公共の飲料水に含まれる、
    『  リチウム  』 、 の濃度
       、と、 
     自殺による死亡率の関係を探りました。

          研究に使用された、 合計で、  415件の論文には、
    日本・アメリカ・イギリス・イタリア、
    ・豪州・ギリシャ・リトアニア 、  などな、  合計で、
    千286カ所の都市や地域で採取された、
     飲料水の参封    サンプー     ;     サンプル     ;
      、が、 用いられていた、  とのこと。

          この研究の結果にて、
     飲料水に含まれる、  微量な、 リチウムの濃度
    、と、
     自殺による死亡率
      、 との間には、
     一貫した、  逆相関性がある❗
    、  ことが、 分かりました。

         Memon  氏は、   この結果について、
   「    飲料水に含まれる、 微量な、 リチウムのレベルが高いと、
     自殺への防止な効果が発揮される❗
      、 可能性があり、
     その水道が提供されている地域社会における、
    メンタル・ヘルスの改善にも、期待が持てます    」
    、 と、述べました。

        カナダの精神科医である、  Wegdan  Rashad  氏は、
    リチウムが、  メンタル・ヘルスを改善させる❗ 、
     メカニズムについて、
      「    リチウムは、   脳の神経な細胞の機能や生存に、
    不可欠な、 神経への栄養な因子の濃度を高める❗
    、  ことが、 分かってきています。
     これが、 確かなら、 リチウム 、 には、
    神経への保護な作用がある❗
    、 と考えられます    」
     、 と、説明しています。

       また、  2020年3月に公開された、 日本の研究でも、
     水道水の中に含まれる、  高い濃度の、 リチウム  、には、
    自殺への予防な効果や、 認知症への予防な効果がある❗
     、  可能性が、 示されています。

         この研究によると、
    リチウム  は、  水道水だけでなく、
    ミネラル・ウォーターや、食物からも、摂取が可能で、
    特に、 煮干しや、 乾燥ひじき、 乾燥わかめ、 乾燥昆布  、といった、
      乾燥海産物に豊富に含まれている❗
        、 とのことです。

    微量な、リチウムの可能性  〜  自殺や認知症を予防できるか〜



      ◇◆       体に良い、とか、
   健康に良い、とか、 言われる、
   より、 特定の、何彼を、
   バカスカと、 無闇に、
   飲み食いしたり、
   成し行いまくったり、する事は、
   それが、 
  より、 あるべき、代謝ら、の、
  あり得る、 成り立ちようら、を、
   そこなってしまい得る、
    度合いら、に、応じて、
   我彼の命と健康性に責任性のある、
   人々が、
   より、 避けるべくもある事であり、

     特定の、 何彼への、
   余計な、摂取らが、 あるべき場合は、
   より、 あるべき、代謝ら、を、
   欠かし得ないようにするが為に、
    代謝員らの組み合わせごとの、
  確率的な親和力らでの、
   不足性ら、を、 より、
   埋め余し得るようにする、
   場合、 などに、 限られる。


         ◇         リチウム 、が、  どうのこうの、によらず、
    人々の命と健康性とを成し付ける上で、 必要な、
     代謝ら、 を、 より、 能く、  より、 漏れ、を、無しに、
     成し付ける、為に
      、
         同一な、個人、の、
      一つ一つの、 代謝ごと、にも、 異なり合い得る❗    
     、
       代謝員らの合体による、 あり得る、
     代謝の成り立ちおおせる、 度合いらの系である、
     『   確率的な、 親和力   』 、 での、 不足性ら、 を、 
    より、 埋め余し付け得る、
      度合いら、 で、
     より、 あるべき、 代謝員ら、 への、
      飲み食いなどによる、 摂取らを成し付け、
     その摂取らにおいて、 より、
     漏れ、ら、を、成し付けないようにする❗
   、 事が、
       決定的な、重要性を帯びてある事であり、

           いわば、
      命と健康性とを成す、 城を守る上では、
     干からび得る、 堀に、 水を満たし、
       砕かれ、 乗り越えられ得る、 壁らを、
      堅固にも、 高くもして、
       より、 隙を成し付けないようにする事が、
     肝腎な事で、あり得る、
      ように、

         武漢コロナ・ウィルスら、 などのごとく、    
     それらを、 より、 乗り越え、 崩しにかかる、
       あり得る、 物事らへ対して、
        より、 隙、らを、 成し付けないようにする上でも、

          より、 日頃の、 飲み食いらの質と、
      それの向上への助けと成る、向きの、
    適度な、 運動性らの成し付け、 
     などが、  より、 よく、 成されるべき、
       重要性を帯びてある❗  。
       

           我々が、 現に直面してゆく、
        あり得る、 現実な状況らへ対して、
     我々が、 成して来つつある事は、
      感染、な、それ自体を、 完封する事では、なくて
    、
       より、 感染らの拡大を遅らせてある内に、
      より、 それによる、重症化を差し止め得る、
    ワクチンら、や、 何やかやの物事らを作り出して、
        我彼の、 重症化や、死を、 より、 少なくする、
      向きの事でもあり、

            人々へ、 食料ら、などを行き届かせる事も含めて、
    経済活動 、 なので、

        一定な度合い以上で、
    社会交際性を成す事らとの、重なりようを成して、
     経済系を互いに成し付け合うべき、
       必要性らが、 我彼に、ある、
     からには、
    その度合いらにも応じて、
  
        感染らの機会らが、作り出され、
     武漢コロナ 、らに限らず、
     色々な、 感染らを成し合ってゆく事を、
     強いられ合ってもある、
       事を、  踏まえると、

       あくまでも、  感染ら、の、それ自体は、
     より、  誰にも、 避け得ようの無い事として、
     ある、一方で
      、
        より、  あり得る、 重症化に、 死 、については、
   その、あり得る、 度合いら、 を、
    より、 日頃から、 減らし付けて置く、
     といった事をこそ、
    互いに、 目指すべき、 筋合いにある、
     事にもなる。

          日本人たちも、
     日本の世の中への主権者として、
     あり得る、 感染な事象らを、 より、 隔離もして、
    差し止め得る、
      地下の避難網の構築や、
      個々の人の、 体の全体を覆える、
    空調の設備などのついた、  透明な所々で、
    視界を確保できる、  感染らへの防護服の着用と普及の義務づけ、とかな、
    事らを成すべく
      、
     自らへ、奉仕すべくある、  中央政府な、
    日本政府の財政における、 緊縮の繰り返し、 と、
     増税、 などへの、 差し止めを、 成し合い
    、
         その為の、 結社でも、政党らでも、成し合う向きでも、
  より、 連携性を成し合うべき、 立場にもある❗  。

           カネ、な、 金額である、数値らは、
      共同な経済系を営み合ってある、
    その社会の主権者たちの一般に、 あるべき、
    あり得る、 福利ら、 を、 より、能く、 成し付け得てゆく為の、
     その度合いらを、 より、 よく、成す為の、
    目安ともなり、
     誘発因ともなるべき、
      単なる、 用具であり、

          その共同な経済系を循環して、
    そこの主権者らを、 順繰りに、
      豊かに富ます、 為だけに、 機能すべき、
      社会的な使命を帯びてある、
       道具であり、 

         そうした、 主権者らへ対する、
    目的性を、 阻害しない形でのみ、
      よく、 使い回されるべき、 
     社会的な存在なのであって、

           その、 共同の経済系が、
    『    デフレ不況性   』、を、帯びさせられてある、
      場合に、
      その中央政府の財政において、
    その、 使い回され得よう、が、 より、
    阻害されて来てしまってある、
       状況は
      、
     より、 全く、
    金額な、数値ら、の、 目的性を、 真っ向から、
    阻害し付ける、
    ものでしかなく
     、 
     日本の主権者としての、 日本人たちによって、
    何が、何でも、 脱却されるべき、
      最優先の宛てのものだ❗  。
        
 
      ◆◇     『   経済系への心臓病の押し付けな、財政緊縮   』   ;

 【      より、  デフレ不況性がある状況で、
   中央政府に類する機関の、 その社会の全体へ対する、
   財政、 での、  金額な数値、 などの、 資本性の出し入れの度合いを、
  より、 小さくする、 『  緊縮  』、 なり、
   『  引き締め  』、 なり、 が、 繰り返される❗
     事は、
       より、 血潮の滞りがちな、 状況の、 人々の体において、 
    血潮の出し入れをする、
   『   心臓  』、 における、  その、 血潮の出し入れの度合いを、
   より、 小さくし付けて、 その血潮が、 その体の細胞たちへ、
   送り届け得る、  必要な物ら、 を、 より、
    小さくし付ける❗
    、 ようなものであり、
       言わば、  その経済系への参加主らへ宛て付けられた、
   『  心臓の病  』、 を、 繰り返す❗
  、 事であって、
       それが、 日本での事なら、 日本の主権者である、
    日本人たちが、 自ら、 それを、 より、 直ちに、
     差し止めるべく、 最優先で、 連携して、
       働き合わなければ、成らない❗     】
            。 
     
      
      ◆◇       シナとの密約がある❗、
   アメリカの裏の実態を明かした、
   アメリカの要人からの直言❗  ;
   2016/  1/30 1:9:30  ;

     Pillsbury氏 : 
  ニクソン政権から、対シナ政策を担当。 
  今は、 国防総省の顧問で、
  ハドソン研究所の、中国戦略センター所長❗  ;
   ・・まずは、   アメリカが、 同盟国な、
  日本には、  全く、知らせずに、
  軍事や、安全保障の面で、 
  中国に与えてきた援助について、
  アメリカに、
その意図や責任を問い質すべきだ。 

     ☆     三橋貴明氏❗    ;

 唾棄すべき政治家を追い落とせ!

        2020-    8-5   8:44:51
チャンネルAJER更新しました。
「落選させるべき自民党議員(前半)」三橋貴明 AJER2020.8.4
   
緊縮派議員の落選運動を!とりあえずのターゲットは「稲田朋美」だ。[三橋TV第270回]


 内閣府からの発表は8月17日ですが、2020年4-6月期の
日本の経済成長率の民間予測が出始めました。

『4~6月のGDP26%減 民間予測平均、戦後最悪に
 日本経済は新型コロナウイルスの感染拡大で、  4~6月期に
    戦後最大の落ち込みを記録する見通しだ。

         民間23社の予測によると、
    4~6月期の実質国内総生産(GDP)は
    前期比の年率換算で平均26.3%減だった。

    7~9月期は
    11.9  %  増  、 と、 プラス成長に戻るが、
     回復ペースは鈍い。

       GDPの水準は、  7~9月期時点でも、
    前年同期の9割程度にとどまりそうだ。(後略)』

 民間予測の平均が26%のマイナスということは、対前期比で
    ▲7.2  %  、  ということになります。

 対前期比の数字で整理してみると、
2019年10-12月期 ▲1.9%
2020年1-3月期 ▲0.6%
4-6月期(見込み) ▲7.2%
 というわけで、2019年10月から2020年6月にかけ、
   日本のGDPは
    実質で、  9.7  %  、 消滅する❗
    、 ことになります。

 7-9月期はさすがに少しは戻すでしょうが、勢いはなく、
     20年9月末時点で、 前年同期比
     九割程度
    という見込みは、 現実的です。

 日本の歴史上、GDPを一割近くも減らしてしまった愚かな政権は、
  濱口雄幸政権以来ではないでしょうか。

 しかも、今の日本が
    大恐慌期の日本と異なるのは、  「  歴戦の政治家  」に
   まともな経済観、財政観がある者が少ない
    という点です。

    分かりやすく書くと、  高橋是清は、いない❗  、 のです。

 自民党の当選回数が多い国会議員たちは、その多くが緊縮財政派。

 自分たちが「してしまったこと」について、一切の反省がなく、
  財務省が考案した陳腐なレトリックを繰り返すだけ。

「将来世代への責任を果たす」
「次世代へのツケの先送りはやめよう」
「社会保障安定化のための改革を」
「理念なきバラマキはやめよう」
「財政再建は責任政党としての責務である」

 いや、お前たちは国民の所得を
   一割近く引き下げた政党であり、政治家なんだよ。

 その「罪悪」から目をそらし、過去二十年間言い続けた
   緊縮レトリックを、
    相変わらず繰り返す。唾棄すべき存在です。

 が、その唾棄すべき政治家たちを国会に送り出しているのは、
  我々日本国民なのでございますよ。

 我々のせいで、緊縮財政のツケが将来世代に先送りされている。
 
【三橋貴明の音声歴史コンテンツ 経世史論】

※特別コンテンツ、「評論家・中野剛志先生「通貨論争史 日本編」」が視聴可能となりました。
 
 アメリカが凄いと思うのは、散々に
   グローバリズムを進めておきながら
    (というか、主導しておきながら)

  、今や
    FRB関係者までもが
   「追加の財政刺激策」が必要❗
    との認識を示している点です。

    正しく、変われる。素晴らしいことです。

 シカゴ地区の連銀のエバンズ総裁は
   、
     記者団に対し
   、
「失業給付加算措置などの失効で総需要を巡る問題が台頭しつつある」

「ボールは議会側のコートにある。前進するには財政政策が必要不可欠だ」

 と、発言。失業者の急増により、
   『   需要の循環的縮小❗   』
    、 の危機にある❗
    という現実を、きちんと踏まえているわけです。

 リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は
    、
「議会が長期的な支援を早期に打ち出せなければ、
   米経済は、想定を超えて、落ち込む恐れがある」
 、 と、 警鐘を鳴らしています。

   日本では、  権力の中枢にいる政治家や日銀関係者が、堂々と、
   「財政拡大が絶対に必要だ」と主張するのを見たことがありません。

 とはいえ、  現実に、 昨年10月から6月末にかけ、
    日本国の需要は、 一割近く、縮小してしまった❗
     可能性が極めて濃厚なのです。

    それにもかかわらず、相も変らぬ
    財政破綻論に束縛され、堂々と
    財政拡大を打ち出せない。

 無論、安藤裕衆議院議員を始め、若手には
   正しく状況を認識している政治家がいます。

    ところが、昨日も書いた通り、当選回数が多い与党議員は、
  ほとんど全員が
    「唾棄すべき存在」。

 唾棄すべき政治家を追い落としましょう❗ 。

   政治家が、 目の前の現実を正しく見て繰らない限り、
   我々の未来は、  暗澹としたものにならざるを得ないのです。
 
「唾棄すべき政治家を追い落とせ❗」にご賛同下さる方は↓
     このリンクをクリックを❗ 。


        ◇◆       ガン細胞たちは、  
    ブドウ糖だけ、  を、 
  唯一の、主な、栄養分としてあり、              
    炭水化物な、 糖質 、 を制限する事を含む、                              
       ビタミン・ケトン療法は、                              
     ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、         
   ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。  
     
    タンパク質たち、と、   
  ビタミン、たち、に、      
   ミネラル 、たち、を、    完全以上に、
 飲み食いなどして、    摂取し続ける、 事が、           
   一部の人々を除いた、                                        
   ほとんどの人々の健康性を成し続ける、  
  代謝ら、を、  
 完全以上に、 成し続ける事に、 必要であり、                              
    これら、を、 より、 欠いてしまう事は、    
    万病を引き起こす、 可能的な度合ら、を、  
    より、 余計に、 成す事を意味する。

    ☆      Cancer    cells
    Only    glucose,
  As   the   only   main    nutrient,
    Including   restricting   carbohydrates,
       Vitamin   /    ketone   therapy
     Even   if 
  you   make   cancer   cells   attack   soldiers,
   This   will   reduce 
  the   possible   degree   of   cancer.
     
    With   proteins,
    Vitamins,
   Minerals,    more   than    complete,
 Drink   and   eat,   keep    taking,
   Excluding   some   people,
   Keeps   the   health   of   most   people,
  Metabolism,
  It ’s    necessary   to    continue 
  to   do   more   than    perfect,
    The   more   you   miss   these   things,
    Cause   all   kinds   of   illness, 
  possible   degree,
   More   than   that,   it   means   to   do   it.

     ☆      いずれにせよ、
日本人たちは、   より早くに、
  日本人たちの足元の、  地下へ、   
  より、  どこからでも、 
  より、 速やかに、 落ちついて、
  歩み降りてゆき得る、  避難経路ら、と、
  より、 快適に住める、  避難所らとを、
  作り拡げてゆく、    
  公共事業らを成す事により、

    日本の、    財務省の役人ら、と、 
  与野党の、 主な政治家らとが、

  英米のカネ貸しらの主張する事らを、
  そのまま、自らもまた、 
 オウム返しにして、主張し、
  実行もする事において、

    日本政府の財政における  、緊縮   、  
  を、 繰り返し、 成す事を通して、

   彼らへの、 主  アルジ の立場にある、   
  日本の主権者としてある、日本人たちへ、 
   物価だけではなく、   
 その労働らへの賃金らの水準へも、 
 より、  押し下げる向きへ圧力をかける、
 要因らの系である、
 デフレ不況性   、を、  
 押し付け続けて来てある、

   その、 デフレ不況性 、を、 
  解消し去ってゆく、 と共に、
  日本人たちの防衛性の度合いを、
  飛躍的にも高めてゆくべき、  
 ぎりぎりの状況にも、 ある 。

    地上を襲い、  地上をおおい得る、
  あり得る、 災害らへ対して、 

   地上に、  避難所らや、 
  避難経路らを設定して、
  日本の主権者たちを、 
 それらへ誘導する事は、

   人食い虎どもの住む、   密林へ、 
  わざわざ、 人々を誘導する事に類する、
  行為であり、

   日本の主権者としてある、  
  日本人たちの一般    、へ対して、  
  個々の日本国民においても、   
  執事なり、  召し使いなりの立場にある、 
  公務員などの、 者らにおいても、 
  成す事が、   許されない  、 
   行為なり、 態度なり、 であり、

   日本人たちの一般の、  あり得る、
  福利ら、を、  より、 能くも、 
  最大限にも、 成す事を、 約束して、
   日本の社会に、  存在し、  存続する事を、
  日本国民たちの一般から、  許されてある、
  筋合いにある者としての、   義務 、 に、 
 違反性を成す、  行為であり、 

   それが、   作為型では、 無く 、
  無知性と痴愚性とにもよる、  
 不作為型の、  行為なり、 態度なり、
 であっても、 
  それへの責めを負うべき、 筋合いを、 
 その主らの側に、  成すものである事に、 
  変わりは、  無い。

     日本人たちには、核武装❗、と、
  地下避難網ら❗、が、より、
   日本の内外に、本格的な、
   平和性らを成し付け得てゆく上でも、
   必要❗。

    この事らを、 より、 日本人たちへ、
  伝える措置を自ら成さない、 者らは、
  より、 反日員としての、
  負の度合いを、 自らへ宛てて、
  観積もらせる、 筋合いを余計に成し、
  より、 伝える措置を自ら成す主らは、
  より、日本人たちの一般の、
 足しに成り得る向きに、 働き得た主として、
  正の向きの度合いを、 自らへ宛てて、
  観積もらせる、 筋合いを成す。

    差し引きで、 より、
 どちら側であるかの、度合いを観積もられ、
    その度合いらに相応しい処遇を、
   宛てられるべき立場にも、
   誰もが、ある。

    より、  日本人たちへ、
  知らせるべきを、 知らせず、
   不作為型の、 煙幕を張る、
   報道員ら、とか、 より、
  早くに、 知らされながら、
   根途の宛先や、 職場などの、  
  周囲の人々へ、 より、
 伝える事を差し止め得て来てある者ら、は、
  
         特に、 
     ◇◆      1日に、 一度も、
    日本人たちや、 日本への観光客ら、
  などに、 色々な災害らや、
    攻撃性らへ対する、
   地下避難網の、あるべき事を、
   伝えず❗ 、
    に、
   何千もの、 おしゃべり、や、
  報道を成してある、
   ラジオやテレビらの報道員ら、は、
    
   地下に避難網らを欠いてある、
  が、 為に、 余計な、
  損害性らや、 自分や、
  自分の家族員ら、などの死を、
    予定され、 押し付けられる、
  度合いを成し宛てられてある、
   人々の一般へ対し、  
  あり得て来てある、   あり得る、  
  災害らや攻撃性らへの共犯として、
   償うべき、度合い、を、 
  日々に、 余計に、 自らの側に、
   成し増す、 立場にある者らだ❗ 。

       この事らの発信と履列   リレ    ;
    リレー    ;       、  への参加をもって、
   日本人たちの一般の側に参加し、
    その社会の主権者たちの一般の側に参加する、
   主としての筋合いを自らに成す、 もの、とし、
     
      自らの社会の過半数が参加してから後に、   
   参加する行為らを成す者らと、
   それをしない者ら、については、
    その前に、参加し得てある主らによる、
   審査により、
   その成ると成らぬとの選別が、
   成され得る、もの、 ともし得る、
      筋合いが、 この事には、ある❗  。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント