歴史拾遺; 温暖化 進む、地球で 増す、災害 規模も、頻度も 増す、水の害❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

           ☆      自らの社会の主権者たちの一般の、
   福利を増すべき、 生産性❗    ;
    と、  それに反する、 生産性を押し付ける、     英米の富裕権力層員らへの与党員ら    ;

     ☆     誰の為の、生産性❓❗。 
  解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら  実質  拉致事件ら❗   ;
      19/    4/1   16:12     ;
    ☆      何年か前の記事らの、
    おさらいを兼ねた、引っ越し保管    : 
     社会の一般の人々の福利の拡充は、 
   必ずしも、 企業らな大勢   (   たいぜい   )    、
   の、 生産性の向上から、
   もたらされる、 訳では、ない。

     生産性の高さ、 なるものを、
   お浚いするのに、 
アメリカの第3次産業の金融業を例にとると、 : 
1単位の自前の資本、 株式会社なら、
株主らの投じた資本らの総額に対して、
その、 99倍のカネを借りて、 すなわち、
   99倍、の、 レバレッジ    ;
  ≒      梃子   テコ     ;
    、 をかけて、
   利益を跳ね上げる事が出来れば、 

    ROE     ≒     自己資本利益率     ;
   (   株主  資本  利益率   )    ;
    、 が、高まり、
   見かけ、な、上では、  生産性を高めた❗
    事に成ってしまいます。 

    レバレッジ      ;
       (   梃子   )     、 をかけた分   : 
   借金 をした分 、 は、 
  損益計算書には、 記載されず、 
   それに計上されるのは、 
  金利の支払い、 だけなので、 
   レバレッジで、 
  株主資本利益率、を高めると、 
   見かけ、な、上では、
   生産性が高まった事になる訳です。 

     借金の増し減りは、
  生産性の計算には、入れられて居らず、
  生産性を計算する時の、分子には、
   粗利益、 もしくは、
   付加価値が、来ます。 
   高レバレッジの金融業は、 当たり前に、 
  働き手の一人当たりの、  
  利益額が大きくなる、
    訳です。 

    日本の、 ホワイト・カラー員らが、
   アメリカのそれより、 生産性が低い、
   という主張を、
   まともに取り扱ってやる、
  意味は、無い 、 と言われる、
   所以   ユエン    、です。 

 その生産性の高い、 金融系の企業らが、 
  サブ・プライム問題で、どうなったかは、
   皆さんが、ご存知の通りです。 

   投資アドバイザー系のエコノミスト、 
  特に、欧米系のエコノミストらや、 
  その主張な事らを無批判に伝える、
  事に終始する、日本のエコノミストらの、
 経済解説を支える、判断基準らの中には、 

   こういった、 一面的、ないし、
  数面的であるだけで、 
  綜合的な多面性を欠いた内容しかない、
  認識系らも、 分析的に、
   未加工なままの状態で、
   含まれていたりする、
   ので、 
  そういった類の程度の人たちの、
  結論的な判断への裏付けとしてある事らの、
 実際の内容・質については、 出来る限り、
 吟味して観るべき、必要性、が、あります。

      高い、 レバレッジ     ;
 (    テコ。 借金の自己資本に対する倍率    )    ; 
  、  をかけ、 すなわち、
    自己資本に対して、
   高い割合     ;   (   倍率   )   ;
    、 の借金をして、 
   高い生産性を実現し得ている、
   金融業は、 
  アメリカの専売特許では、ありません。 

   バブルが沸き立っているような所の、
   内外の周辺には、 
   転売による利益の獲得を当て込んで、 
  借金による投資に狂奔する人たちが、 
   必ず、群がっている物です。 

    不動産バブルが、 真っ盛りの中国で、 
  やたら、金融関係の生産性が、
  高く成っていても、何の不思議もない、
   ということです。 

   借金をしてでも、 大儲けをした者らが出て、 
  更に、 転売による利益を当て込んで、 
  借金をしてでも、 別の者らも、
  大金を投じる❗
   、 事から、 
  その発生源を得られた、
   転売による利益、が、
  実際に、発生し、 そうして、また、
 発生し得た、 事における、 その、
  転売による利益らの存在への認識が、
   更に、借金をしてでも、 
  新たな、転売による利益を獲得したい、
  と、思い込むに至る、
   にわか、な、 投資家たちを、
  実際のバブル、な、 投資の現場へ、と、
   誘い込んでしまう❗  、といった、 
  バブルの増幅する❗
  、 過程に入ってしまっている、
   『  中国  』、 は、 
   バブルの崩壊に備える意味でも、
   連鎖倒産などからの、
  失業の急激な増大に備えて、 
  失業者らを吸収するのに足りる以上の、
  仕事口らの枠を、余計に、
  こしらえて置くべき、
   必要性がありますから、 

    内陸の農村部と都市らとの、
   経済関係を拡充するべき、 インフラ    ;
≒ 
   【     バス・鉄道・道路網や、 病院、 
学校、 港湾施設、 発電所に、通信網、 
などといった物ら    ≒   社会基盤。
社会資本。 インフラストラクチャー。 
インフレ   :   
  「  物価の上昇  」 の事ではない     】    ;
   、  への、 整備・拡充に邁進し、 
  その為の、 政府の財政からの、
   投資を惜しんでは、居ません。 
   列車が、大事故を起こそうが、 
  何が、起きようが、 何人、何万人、
  死のうが、生きようが、 
   巨額の財政支出をもって、 
自らの経済系へのテコ入れをし続けます。 
   日本の、 不十分な財政からの支出による、 
   公共事業らへの投資の不足が、 
  日本経済の足を引っ張り続け、 
  
    自死せずに済んだ筈の人々を、
 何万人も死なせて来た事を、本当によく、
  研究し得ている人たちが、
 経済の運営の任に当たっているからです。

   日本の日通は、 中国の政治に由来する、
  リスク、  等を、
   その思案視野の脇に置くならば、
   中国の今後の、 一層のインフラ     ;
≒ 
  【     社会基盤 : 鉄道網、バス路線網、
病院施設、通信網、発電施設、港湾施設 、
などの構築物らの複合体     】   ; 
   、 への、 整備・拡充から、
   大きなビジネスでの、
   好機を得てゆくでしょうが、 

    日通に限らず、 
   日本の宅配便関係の全般を、
  消費者が、利用する上での、
   サービスに対する、
   値段は、凄まじく安く、
  宅配便にしても、コンビニにしても、 
  サービス・品質の割には、
  大変に、低い価格で、
  事業が営まれており、 

  この、『  価格の低さ  』 
   、というものは、 
 これらな、 サービス業の生産性を、
  低いものにもしていますが、 

   それによってこそ、 
 社会の一般の人たちの福利の拡充には、 
  貢献し得ており、 

     そういった所こそが、 
   日本のサービス業の、 優れて、
   社会貢献性の高い❗
  、 所となっているのであって、 
  こういった筋合の生産性の低さは、 
  これらな、 サービス業の企業らが、
   本当に、優れて、 社会的な存在価値の、
   大きな存在と成り得ている
   、 所以でもあります。 : 

    こういった企業らも、 中国に限らず、
 バングラデシュでも、 ベトナムでも、 
 インフラの整備・拡充を進めてゆく、
  諸国へ、進出して、 
  現地の社会の一般の人々の、
 福利の拡充に貢献しながら、
 発展してゆくのに相応しい企業らである、
  と、考えられます。 

   一方で、   欧米では、 
  『   株主  重視   』、 の、
  経営を行っているから、
どうのこうの、と、 あちこちで、
  経済事象らに関心以上の物がある人たちは、
目にも耳にもして来たでしょうが、 

    例えば、  アメリカの保険会社は、 
  株主らの利益を最大限にする事を、
  最優先して、 
   お客さんたちからの保険料を、
  最大限に徴収する、
    一方で、 
  出来る限り、 保険金を支払わない、
  という事に勤しんでいますが、 
   それでは、
 社会の一般の人々の福利の拡充に対する、
  貢献性は、大いに、 低い❗
  状態に、 止  トド  め置かれてしまいます。 
    そんな企業らは、 
  『   株主重視の経営   』 、 の結果として、
   株主らへ渡し得る利益を上げ、
   生産性を、いかに、高めようとも、 

     株主らのその物が、 
  社会一般の人達のその物でもある、
   という事ででもない限りは、 

   社会的な存在価値は、有り得る、
 社会の一般の人々の福利の拡充に、
   貢献し得ていない分だけ、 より、
   乏しい❗ 、 
   企業らでもあります。

     社会的な存在価値が、可能的な、
  社会の一般の主らの福利の拡充に、 
   貢献し得ていない分だけ、  より、
    乏しい、企業らでも、 
  より、 多額の法人税を納めるなら、 

    社会の一般の主らの福利の拡充に役立つ、
   のだから、 それで良いのだ、 
   という、見方は、 
   私においても、 成立ってはいますが、 

    問題は、 政府による、 その税金から、
  公共事業らへの投資のされ方の、
   不十分さにも、ありますし、 

     社会において、  そういった、
   企業らの在り方が、
  大勢   タイゼイ   、と成り、
   一般化してしまっていく、
   場合においては、

   社会の一般の主らの福利よりも、 
   例えば、 
   グローバルな    ;
   (    地球規模の、 世界中を市場とする    )    ; 
  、  企業らの利益の拡大と内部留保とが、
    後押しをされる❗
    、  ばかりで、 

     それが、 
  誰彼の、 何の為に、成り得たり、 
  成り得ていたりするのか、 という、 
  最も、 肝心な目的事項の内容が、
   突き詰められて観られる事も無く、 

    グローバル企業らが、 
   生産性を高めれば高めるほど、 
  社会的な存在意義が乏しく成ってゆく❗
  、 方向へと、
   自らを導いて、 
  それらが、  利益らを、 より、
   大手の投資主らの側が、
   寡占的に獲得してゆく、
  社会的な枠組みを、拡充的に構築し、 
 補充・強化し続ける事に、 終始する、 
  事態が、推移し、 

    現在の、日本や、 
   アメリカや欧州などが、
そうである様に、 いつまでも、 
 社会の一般の人々の福利の拡充よりも、 
   金貸しらの利益の、 より、
   早急な獲得を最優先する、
   ばかりで、 

    中長期的な生産上の利益の増大による、
  社会の一般の人々の福利の拡充には、
   反する筋合いの、馬鹿げた、
   主張な事らと、
   その宣伝な工作らが、  圧倒的に、
  羽振りを利かしてしまっている、
  この惨状が、 
  いつ、解消され得るのか、 
   各経済圏で、 今に、 
   政権に与っている人達には、
    本当に、
  天下・国家経済の体系知については、
一定な度合い以上の、
  構築性が、欠けており、 
  特に、 
  バランス・シート不況論の体系については、 
  一定な度合い以上の認識系を、
  履構築し得ていない為に、
   一貫して、 有効な、
   経済政策を取り続ける事が、
   出来得ていません。 

   道しるべとなる、 理知の灯台の明かりが、
  一貫して示され得ないままであれば、 
  社会の一般の人々の福利の拡充への動きは、
 あちらこちらで、 これまでと同じ様に、
   繰り返し繰り返し、
   座礁させられる事になります。

      ☆     地震らの成り得る、
   確率らを伝えるだけで、対策な事らは、
   成さない、日本、の、反日な政府❗
     19/  2/27   13:24   ;
http://www.sankei.com/world/news/151201/wor1512010048-n2.html        ・・毛沢東語録は、 
1966年に始まった、文化大革命     ;
≒     『  文革  』    ;
    、の時代に発刊され、 
数百万人を粛清した紅衛兵らが、
   常に携行し、 
   毛氏への神格化と個人崇拝を確立する、
   道具として使われた。 
【     毛沢東氏は、 
   大躍進政策の実施を通して、
   数千万人、とも言われる、 
  シナ人の餓死者らを出した、大失敗により、   シナでの政治の実務の中枢からは、
  外れた格好を取らざるを得ない、
  立場になったが、   毛氏には、 共産党へ、
中華天下を取らせた、 建国者らの中の、
 第一人者としての実績に基づく、
権威性があったので、 
    彼は、 それを、
自らの復権をなす事業を行うに当たっての、 
  資本として、 徹底的に活用する、
  方策な事らを思い巡らすに至り、 

     『  文化大革命  』  、 という、 
   自らの復権を果たす❗
   、 と共に、 
  自らの権威性を以前にも増して、
   実効性のあるものとして、
    高める事にもなる、
   事業に取りかかり、 

   その事業を進展させてゆく、
   過程においては、 
  毛氏、な、自らの、大躍進政策 、という、
  失政 、 に帰せられるべき、 
 様々な不平不満らへの原因な事らが、 
  それらを解消して、
  経済の状況を改善しようとして、
成功しつつもあった、 
   実務の担当者ら、の、
  所行に帰せられ、 彼らを攻撃する、 
  毛派員が増殖してゆき、 
  その蛮行を競い合う度合が増して、 
  シナ人らによって、 何百万人もの、
     シナ人らが殺された❗     】
      。
   @     大東亜戦争の終結により、
   国際法の通りに、 犯罪者の、
  シナ人らを懲罰していた、 日本軍 、が、
  降伏した後に、 国共内戦が起きて、 
  毛沢東氏の共産党軍と、
  蒋介石の国民党軍とが争った。 

     蒋介石側が負けた、大きな原因は、
インド方面に駐留して、 シナへの共犯の、
  『   アメリカ   』 、から、 
最新式の武器らを与えられ、
  訓練されていた、 精強な? 、
  「 新1軍 」、と、「 新6軍 」 、 の、
   60万の将兵が、
 旧満州での、 国共決戦に参入せず、 
  怒った蒋介石が、
  これを解雇した事にある。 

     解雇された両軍は、 そのまま、 
毛氏側に寝返ったが、 
  朝鮮戦争が始まると、 毛氏は、 
  これを、うまく利用して、 
北朝鮮には、 「   恩を売り   」、 
ソ連からは、 援助を引き出し、 
   同時に、 この、
  信用の出来ない❗ 、 寝返り軍を、
  アメリカ軍と戦わせて、 始末する❗
  、 事を考えた。

     毛沢東氏は、 アメリカ軍が、
   どの位に強いかを、全く知らなかったし、 
  米軍式の装備を誇る、彼らに戦わせ、 
   共産軍の温存を図ったのだが、 
      その時に、
   旧蒋介石軍の軍長らへ言った、
「     貴軍は、降伏して、 
   私に忠誠を誓った。 
その忠誠心を発揮する時が来た    」
     、 と。 

    こうなれば、 両軍長とも、
  朝鮮の戦場で、 戦うしかない。 
   
    そこで、 「   義勇軍   」 、 と称して、
  北朝鮮に侵入し、
   米軍と戦う事になるのだが、
   一時的に、 有利な展開をしたものの、 
    結局は、全滅する❗ 。

      こうして、 毛氏は、
    北朝鮮の金日成氏には、 恩を売り、
   スターリンからは、援助を獲得し、
  何時、自分に刃向うかもしれない、 
   60万の旧蒋介石軍の将兵らは、
   始末した❗ 。 
     ◇      今後ともに、 地下に、
   避難網らを成すべく、 
   日本人たちがある事の、 呼びかけ❗
   、にも参加をせずに、 
  その事において、 反社会員な、 
  反日員らの側に、 加担する❗
  、 実態を成してある、 
  『  上部だけの、日本人たち  』 
  、 と、 
  『   上部だけ、 親日性や、 平和性
  、を、 成して観せてある、
    外国人ら  』 、 は、

    日本人たちの一般の側に立って、
  日本人たちへ、伝えるべき事を、 自ら、
 伝える事業に参加する、 日本人たちが、
 連携性を成し増してゆく、
   先々においては、

   この、 60万の将兵のごとく、
   使い捨て去られる事で、
 日本人たちの一般の側に立つ、 
   日本人たちと、 その子孫員らとが、
反日側と結託する向きな、 
   『  上部だけの、
   日本人たちによる  』  、
    実害性ら、や、
  あり得る、実害性ら、な、リスクら、
  を、 より、 減らす、 
   役に立てられる事に、成り得る。

    不作為型の、 反日員らも、 すでに、
  裁判における、 被告席に座らされ、
   その様らを、能く、
  観られ続けてある立場にもある。

    @     中国大陸での共産革命を狙う、 
    ソ連、と、 毛沢東氏らにより、
   日本は、 蒋介石の率いる、
  国民党軍との戦いに引きずりこまれた。

    それも、原因な事となり、
  中国市場を狙う、 アメリカ 、 とも、
   対立する事になった。 

   日本が、中国大陸に進出していなければ、 
  毛沢東軍と戦う、蒋介石軍を、
  英米と共に、支援していた事だろう。 
      2013. 6.24   :
  @    「     日本は、 文化と海洋による、
国家を造らなくちゃいけないんだ    」
  、 との、李登輝氏の言葉は、 
   今後の日本の進路を考える上で、
   重要な示唆を含んでいる。 
  
    日本文化は、自然と共生する。 
    わが国は、 世界で、 第6位、 
  451万平方キロにも及ぶ❗
   、 2百海里の、    排他的経済水域    ;
     ≒     EEZ     ;       
     、を持つ、 
    海洋大国だ❗ 。

     李登輝・前台湾総統が、
    以下の様に言われた、と、
   産経新聞の論説委員長の、
    千野境子氏が紹介している。 

     後藤新平氏が、 満鉄へ行かずに、
  台湾にいて、南進政策をやっていたら、
  満州へ手を出さずに、 日本は、
   海洋国家として、違う日本になった
  、 と思う。 
    大陸へ行ったが故に、大変な事が起きた。 
   日本は、文化と海洋による、
  国家を造らなくちゃいけないんだ・・   : 

     確かに、 満洲へ向かう方向は、
  日本にとって、 鬼門だった。 

   日本は、 この地へ、膨大な投資を行い、 
  多くの優れた人材を投じた。 
   わずかに、 十数年で、
   終戦時のシナ大陸の重工業の、
  『   約 90 % を占める   』 、
  高度な産業国家を忽然と出現させたのだ。 

  後藤新平氏を含む、我が先人たちの偉業を、   我々は、大いに誇ってよいのだが、 
「    大陸へ行ったがゆえに、
  大変な事が起きた❗   」 、という、
 李登輝前総統の言葉も、歴史的な事実だ。 

  1949年12月に、 毛氏の人民解放軍は、 
  蒋介石軍を、 台湾へ追いやって、
  シナの統一を成し遂げた。 

   金日成氏は、 これを見て、 自分も同じ様に、   朝鮮を武力で統一したく思ったのか、

    それに必要な、スターリンからの、
  お墨付きと支援を得るべく、
  翌年の3月に、モスクワを訪れた。 

   ☆    古い記事 : 
   中国人たちの血液中の、 
  重金属らの含有量が高いのは、なぜか? 
― 独メディア ;    2013. 6.24   : 

   @      耕地の5分の1が、
  重金属らに汚染されている、 シナで、 
 作物らを作り、 日本へ輸出してます❗     ;
   ≒ 
   イオン・グループ 。 : 

    @    イギリスの保守党は、 戦前から、 
  「   中国での権益への保守   」 、 が、
   政策だった。 

   @     保守党の、オズボーン財務相は、 
  ロンドンのシティの権益を守る為なら、 
  英国、な、その物を、
  中国に売り払っても良い、 
・・2店の通常ガソリンが、
   1立樽あたりで、 百円 、 を切った、
   11月19日から、 5回も、 
  公取委に、 調査を求める、
文書を提出した。 
公取委は、 2店が、 仕入れ値を下回る、
安値で、 ガソを売って、
同業者の営業を妨げた、 疑いがある
  、として、調査している。 

  @     一か所だけが、 安いと、 皆が、
  そこで買う結果にて、 他のガソスタに、
  客が来なくなり、潰れる。 
  最終的に、 コストコが独占し、
   価格での主導者になる。 

    @     株で言う、『   売り浴びせ   』
  、だからな。 
  その地域の経済を壊す行為で、
   余力のある仕掛人のみが、
   壊滅した場で、 利益を得る構図となるから、
   独占禁止法に該当する。 
     悪質極まる外資だ❗ 。 

   @     瀬戸大橋が、 交通料を安くして、 
  フェリー会社を潰して、交通を独占した、 
  のと、似てるな。   独占を成し得たら、 
  料金を上げ放題だ。

   ◇     ガン細胞たちは、 ブドウ糖だけ、 を、 
    唯一の、主な、栄養分としてあり、 
    糖質を制限する事を含む、 
   ビタミン・ケトン療法は、 
ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、 
ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。 

Cancer cells are only glucose, 
only, as main, nutrients, 
including limiting carbohydrates, vitamin / ketone therapy 
can also be used to starve cancer cells , 
It will reduce the possibility. 

タンパク質たち、と、 ビタミンら、に、 
ミネラルら、 を、 完全以上に、
飲み食いなどして、 摂取し続ける、 事が、
  一部の人々を除いた、 
ほとんどの人々の健康性を成し続ける、 
代謝ら、を、 
完全以上に、 成し続ける事に、 
   必要であり、 
これら、を、 より、 欠いてしまう❗
  、 事は、 
万病を引き起こす、 可能的な度合ら、を、 
より、 余計に、 成す事を意味する。

     ◇     いずれにせよ、
  日本人たちは、 より早くに、
日本人たちの足元の、 地下へ、 
より、 どこからでも、 
より、 速やかに、 落ちついて、
歩み降りてゆき得る、 避難経路ら、と、
より、 快適に住める、 避難所らとを、
作り拡げてゆく、 
公共事業らを成す事により、

  日本の、 財務省の役人ら、と、 
与野党の、 主な政治家らとが、

  英米のカネ貸しらの主張する事らを、
そのまま、自らもまた、 
 オウム返しにして、主張し、
  実行もする事において、

   日本政府の財政における 、 緊縮❗  
   、 を、 繰り返し、 成す事を通して、

   彼らへの、 主   アルジ   、の立場にある、 
 日本の主権者としてある、日本人たちへ、 

    物価だけではなく、 
  その労働らへの賃金らの水準へも、 
  より、 押し下げる❗
   、 向きへ圧力をかける、
  要因らの系である、
 『  デフレ  不況性  』  、を、 
   押し付け続けて来てある、

    その、 『  デフレ  不況性  』  、を、 
   解消し去ってゆく❗
   、 と共に、
   日本人たちの防衛性の度合いを、
 飛躍的にも高めてゆくべき、 
  ぎりぎりの状況にも、 ある 。

   地上を襲い、 地上をおおい得る、
  あり得る、 災害らへ対して、 

   地上に、 避難所らや、 
   避難する経路らを設定して、
   日本の主権者たちを、 
それらへ誘導する事は、

   人食い虎どもの住む、 密林へ、 
 わざわざ、 人々を誘導する事に類する、
  行為であり、

   日本の主権者としてある、 
  日本人たちの一般 、へ対して、 
個々の日本国民においても、 
執事なり、 召し使いなりの立場にある、 
 公務員などの、 者らにおいても、 
 成す事が、 許されない 、 
 行為なり、 態度なり、 であり、

  日本国民たちの一般の、 あり得る、
  福利ら、を、 より、 能くも、 
 最大限にも、 成す事を、 約束して、

 日本の社会に、 存在し、
   存続する事を、
日本国民たちの一般から、 許されてある、
 筋合いにある者としての、 義務 、 に、 
  違反性を成す、 行為であり、 

 それが、 作為型では、 無く 、
  無知性と痴愚性とにもよる、 
 不作為型の、 行為なり、 態度なり、
であっても、 

   それへの責めを負うべき、 筋合いを、 
 その主らの側に、 成すものである事に、 
  変わりは、 無い❗ 。 


   ☆     東北から、 関東の沖合、 にかけての、 
  「 日本  海溝 」 、 沿いで、
  今後の、 30年以内に発生する、
地震の確率について、
新たな評価が、まとまりました。


  日本の政府の地震調査委員会は、
東日本大震災をもたらしたような、
巨大地震の確率は、 「 ほぼ、 0 %  」
   、 とした一方で、

   マグニチュード  7  、クラス 、の、
  大地震が発生する、 確率は、
最大で、 90 %  、 程度以上は、ある、
 として、 警戒を呼びかけています。 

     東北から関東の沖合には、
陸側のプレートの下に、
  海側のプレートが沈み込んでいる、
 「  日本  海溝  」 
   、 があり、
    この周辺では、 8年前に、
  東日本大震災をもたらした、
巨大地震のように、 繰り返し、
  地震が発生しています。 

8年前と同じ、 
  マグニチュード 9  、 クラスの、
   巨大な地震が発生する確率は、
  ほぼ、 0  %  、 とされている❗
   、 一方で、
  マグニチュード  7 、から、
   7.5  、 程度の、 大地震が発生する❗
   、 確率は、  いずれも、
   高くなっています。 

       ◇      領域別に見ると、 
   ▽      青森県の東方沖、および、 
   岩手県の沖の北部で、 
   90 %  程度以上 。

   ▽    宮城県の沖で、   90 %  程度 。 

   ▽    茨城県の沖で、  80 %  程度  。

   ▽    福島県の沖で、 50 %  程度 。

   ▽   岩手県の沖の南部で、 30 %  程度 
  、 など、と、 されています。 

    地震調査委員会の委員長で、
  東京大学地震研究所の平田直教授は、
「     東北では、もう、
   大きな地震は起きない❗
  、と、 考えがちだが、
  マグニチュード  7 、 クラスの地震は、
   いつ、起きてもおかしくなく、 
  備えを進めてほしい    」 
  、 と、 話しています。 

■ 岩手県の沖の南部から、茨城県の沖   ;

    政府の地震調査委員会は、
  プレートの境目がある、
   「   日本  海溝   」  、 沿いを、
   領域ごとに分類し、 過去に確認できた、
   地震の時期や規模
   、などを基に、
  今後の、 30年以内に、 発生し得る、
    地震の確率を推計しました。 

  ■   青森県の東方な沖と、
   岩手県の沖の北部の領域で起きる、
   大地震です。 

   マグニチュード   7.9   程の、 
  地震は、 平均で、 97年に、
  一度は、 発生している❗
   、 として、  確率は、 
「   5 %   、 から、30 %   」
  、 と、されました。 

   マグニチュード 7 、から、 
  7.5 程度の、 地震は、 平均で、 
  9年に、一度は、 発生している❗
   、 として、 確率は、 
  「   90 % 程度以上    」 
   、 と、 されました。 

■ 岩手県の沖の南部で起きる、大地震❗。 

   マグニチュード 7 、 から、 
  7.5 程度の、 地震は、  平均で、 
  88年に、一度は、 発生している❗
  、 として、 確率は、
  「  30 % 程度   」
   、 と、 されました。 

■ 宮城県沖で起きる大地震です。 

  マグニチュード  7.9  程度の地震は、
   平均で、 
  百9年に、 一度は、 発生している❗
   、 として、 確率は、
「  20 %  程度   」 
    、 と、されました。 

  ひと回り小さい、 
  マグニチュード 7 、 から、 7.5 程度の、
   地震は、 
平均で、 13年から、 15年に、 
一度は、 発生している、 として、
  確率は、 「   90 % 程度   」 
  、 と、されました。 

■ 福島県沖で起きる大地震です。 

   マグニチュード 7 、から、 7.5 程度の、
   地震は、 平均で、 
  44年に、一度は、 発生している❗
  、 として、 確率は、
「  50  %  程度   」
    、 と、されました。 

  ■ 茨城県沖で起きる大地震です。 

マグニチュード 7 、から、 7.5 程度、 の、 地震は、 平均で、 
18年に、 一度は、 発生している❗
  、 として、 確率は、 
 「   80 %  程度   」
    、 と、 されました。 

■ 青森県の東方な沖、 から、 
  房総の沖、にかけての、 
  海溝寄りの領域だけが、
一気に、ずれ動く、 巨大地震です。 

   陸地では、 激しい揺れを感じなくても、 
   大津波が襲う❗
   、 ために、 「   津波  地震   」
   、 などと言われています。 

   マグニチュード   8.6  、から、 9  、
   の、 地震は、 平均で、 
  百3年に、一度は、 発生している❗
   、 として、  確率は、 
  「  30 %  程度   」 
   、 と、 されました。 

    ■  青森県の東方な沖、 および、 
  岩手県の沖の北部、 から、
  茨城県の沖、 にかけての、 領域のうちで、
  陸側のプレートに沈み込んだ、
 海側のプレートの内部で、 起きる、
   大地震です。 

    マグニチュード   7  、から、 7.5 
   、 程度の地震は、 平均で、
   22年から、 29年に、 
   一度は、 発生している❗
   、 として、 確率は、 
  「   60 % 、 から、 70 %   」 
   、 と、 されています。 

■ 日本海溝よりも、 東、な、 
  外側で、 起きる、 巨大地震です。 

  この地震も、 激しい揺れを伴わずに、
   津波を引き起こす❗
    、ことがあります。 

  マグニチュード   8.2   、前後の地震は、 
   411年に、 一度は、発生している❗
   、 として、 確率は、 「  7 %  」
   、 と、 されました。 


  ◇  温暖化          進む地球で          増す、災害 
         津波、出水に            集中豪雨❗    ;
          19/   1/24   17:26   ;

   ☆      三石分子栄養学➕藤川院長系ら
  、 によると、

   風邪を、 より、 その、ひき初めの方で、
   おさめる❗ 、 には、
  より、 日頃から、 より、 高度な、 
タンパク質、 と、 ビタミン、ら、や、
ミネラル、ら、への、 飲み食いなどによる、
  摂取がなされてある事に加えて、

   ビタミン   C   、 と、 
  子宝   ビタミン   E1  、
  との、 より、 大量な摂取が、あるべき、
   で、
   その主の体に、 より、 
   ビタミン   C 、 
   を、 宛 ア てがって、 
   代謝らを成さしめる、
   事が必要な、
   不具合ら、が、 あり得てある、
    場合には、

    そうした疾患性らが、 
  あり得てある度合いら、 に応じて、

   ビタミン     C   、 が、  より、 よく、
   摂取され得て、

    腹を下らしめるに至り得る事において、
   その、 ビタミン   C   、 への、
  摂取量が、 より、 大きくなる❗
    、 ので、
   それも、 その主の体に、
  どれ程に、 疾患性らが、 あり得てあるのか、
  への、 目安になる❗  。

     つまり、
   より、 自らの体のあちこちに、
  ガン細胞らの存在、 などの、
   不具合らが、 あれば、 ある程に、   
   その腹の、ゆるみよう、や、
  下りよう、 が、 現象するまでに、
   摂取し得る、
   ビタミン   C  、 の、 量が、  より、
   多くなる❗  。

        腹が下るまでに、 摂取し得る、
    ビタミン   C  、 の、 度合いらは、
   その主の体の不具合らの度合い❗
     、 を反映する❗  。

        ◇◆      『   ビタミン  E  』  ;
   【     人々が、  大量に撮るべき、
   ビタミン  C  、 などが、
    他者から、  その枠内の、 電子を、
   自らの側へ、 引き寄せて、 奪う、
   電子強盗になる事を、  未然にも、
  より、 差し止め、
   子宝    ビタミン   E1 、 を、
   はじめとして、  色々とある     】   ;

【    バス・ジャック事件に巻き込まれて、
   大火傷を負わされた後に、
   女流作家に成った、 日本人が、
   ビタミン  E  、 の、 大量な、
  肌への塗布、 や、 摂取により、
   その火傷した肌の健全性を、 大いに、
  回復し得た例、 などが、
    報告されている❗     】    ;
 
     『  ビタミン   E  』   ; 
  【    C29    ➕    H50    ➕    O2    】   ;
          。
       
   ☆     寒気や、だるさ、を感じて、
    体温を測定すると、 熱があった─
   ─ かつては、 こうしたケースで、
 「   入浴は、控えるべき   」
  、 と言われてきたが、  それは、
   “  過去の常識  ” 、 だ、 という。 

   『   長生きするのは  どっち?   』
   、の著者で、秋津医院院長の秋津壽男氏  ;
  (   内科医   ) 、がいう。 

  「     昔は、 お風呂が、 屋外にあったり、
    脱衣所が、 冷え切っていたりして、 
   入浴後に、体が冷えてしまうことから、 
    風邪をひいた場合の、
  入浴が、 敬遠されていましたが、 
   現在は、住宅環境が整備されています。 

     お風呂で、体を温めて、  よく、
   汗をかいて、入浴後も、
   温かくしておいた方が、 
  風邪への対策には、 有効でしょう❗   」 

   どの様に入浴するかも、
  重要なポイントとなる。 

「     半身浴ではなく、 しっかり、 
   肩まで浸かって、体を温める❗
   、 ことが、 大切です。
    ただし、 長湯すると、
   体力を奪われるため、 
   体の芯まで温まった❗ 、  と感じたら、
   サッと、 お湯から上がり、
   体を冷やさないよう、 温かい飲み物で、
  水分補給をして、 安静にしましょう。 

   また、 寒い季節に、 急に、
   熱い湯船に浸かると、 
   急激な寒暖差によって、血圧が急上昇し、 
   脳卒中や心筋梗塞、などへの、
   リスク 、 が増す❗
   、 ので、 
   風呂の温度は、 
   適度に温まることができる、 
  41度 、 程度を目安にしてください    」   ;
    (  秋津氏  ) 

※週刊ポスト    2019年   1月18・25日号 

     ◇        地下に避難網らを作り拡げてゆく、 
    公共事業を、 より、早くに、成すべき、 
    必要性が、
   日本人たちには、ある❗  。

    これは、 日本人たちを、より、
  いいように、左右する度合いを、 
   成し、 増す、 べくも、
   ある、 外国人ら、の、幹部ら、などには、
   より、 不都合な事であり、

      資金を口実とした、
    差し止めを成され続けても、ある。

     日本人たち自らが、 より、
   多くの日本人たちへ、 知らせる❗
   、事からしか、始まらない、
      事業であり、

   その他の何かが、 この事業を、 わざと、
  失敗する度合いらを、 帯びさせずに、
より、 本格的に、 成さしめる
   、 もとになる、訳では、ない❗ 。

      ☆      北海道の南東な沖の、
   千島海溝で起こる、   「   超巨大地震   」
     、が、  注目されている。

      国の地震調査研究推進本部は、
    一昨年の末に、  「  切迫性が高い  」
  、 とする、 見解を公表、
    東日本大震災の前にみられたような、
    地震活動の変化を指摘する❗
   、 研究者もいる。

    もし、  起これば、  大津波が沿岸を襲う。
    専門家らには、 危機感がにじむ。 

   「    今度は、 後出しジャンケンでなく、
   徹底的にやってもらいたい   」――。

     地震への研究者が集まった、  昨年の、
   8月の、 地震予知連絡会。

     松浦律子・地震予知総合研究振興会
   解析部長は、   東日本大震災で受けた、
    衝撃と後悔を振り返りつつ、
   千島海溝への戦略的な研究を呼びかけた。 

     8年前の震災では、 それ以前に見られた、
   地震活動の変化をめぐり、
   「  前兆だったのでは  」、 との、
   指摘が、 後になって、相次いだ❗ 。

      少なくとも、 過去に、大津波があった❗
  、 ことは、  分かっていたが、
   防災に、 十分には、 生かせなかった。 

      千島海溝でも、  同じような、
   大地震や、 大津波が起きる❗
   、 おそれがある。

      地震の本部が、  2017年、の、  
  12月に公表した、  「  長期  評価  」
   、 は、  マグニチュード    ;   (   M   )   ;
    8・8   、 以上の、
    超巨大地震が切迫している❗
   、 可能性が、 「  高い  」、 とした。 

      直近で起きたのは、 17世紀の前半。

     津波堆積  (  たいせき  ) 、 物を元に、
  推定した、 発生の間隔は、  平均で、
   340  ~  380年で、 すでに、
   「  満期  」、 を過ぎている。 

    ■切迫の兆し?    ;

     松浦さんは、   付近の地震活動の、
   変化からも、切迫感を覚えている。

    1965年以降の、  M   5・7
  、 以上の地震を分析すると、
   08年、の、➕月ごろから、 
    これまでにないレベルで、 静穏化。
   15年の後半から、
      回復な傾向にある❗  
     、  という。 

       東日本大震災の前にも、   同様の、
    変化が起きていた❗ 。

     大地震への前の静穏化は、  ほかにも、  
   事例がある。

      関係は、 未解明で、  静穏化後に、
   大地震がなかった例もあるものの、
   不気味な状況が続く。 

    地殻の変動からも、 
   切迫性が、 指摘される。

      付近の陸地は、 沈降が続き、
  十勝沖地震などな、  M8級の地震後も、
    その傾向は、 変わらない❗  。

     一方で、   昔の海岸の地形は、
   高い位置にあり、いつかは、
   隆起しないと、 つじつまが合わない❗ 。 

      そこで、  「    超巨大地震の後に、 
   大きく隆起する❗   」
   、 との仮説が、 提唱されてきた。

      今は、  地震への直前の、
    沈降の速度が速い❗
   、  時期と解釈すると、
    観測による、 事実への説明がつく❗ 。 

      実際に、  地震の後に隆起が続いた❗
   、  ことを裏付ける、  
   堆積物も見つかっている❗  。

     東北の被災地が、 地震の後に、
   隆起に転じた❗
   、 状況とも、似通う。 

    津波による堆積物を研究してきた、
    産業技術総合研究所の、
   宍倉正展研究グループ長は、
  「    震災への前の、 東北と、
   同じ状況にある。    当時と違うのは、
    経験があること。
    地震が来るときは、 来る、 と、 とらえ、
   備える必要がある    」
    、 と、 話す。 

■「  揺れたら、とにかく、高い所に  」  ; 

     超巨大地震の震源域は、   その長さが、
   300  キロ  、 以上とされ、
    十勝沖から、 北方領土の先に及ぶ。

      過去には、
   4キロ、 な、 内陸まで浸水した❗ 。

    東北地方の沿岸も、
    津波による被害のおそれがある。 

     千島海溝で、 巨大津波を起こす地震は、
   00年代の半ばから、   国や道が、
       被害への想定を公表してきた。

      国の中央防災会議は、 
   千島海溝や南に連なる、 日本海溝の、
    地震による、被害❗ 、 への、
   想定を見直し中で、  結果を受けて、
   道も対応する、 という。 

     いつ、 発生するかは、 分からない。

     予知連は、 昨年に、 2回にわたって、
   千島海溝の地震を議論した。

      平原和朗会長      ;    
   (   京都大名誉教授   )    、は、会見で、
   「   我々に危機感がある❗
  、という事を伝えないと、いけない   」
   、  と話した。
     
      松浦さんは、  「    沿岸の人は、
   揺れたら、 とにかく、
   高い所へ避難してほしい❗   」
    、と、 呼びかける。 

    ≒
  【      反日な、財務役人らの、 ウソ、な、
   緊縮財政観の主張な事らへ託つけて、
    地下の避難網らの構築を、
   日本人たちへ、呼び掛けない❗
   、  専門家ら、 も、 政府機関員らも、 
   報道員ら、も、 共々に、
   その系統員らごと、 絶やし去られるべき、
   累代型の、 犯罪加害者、な、
   英米の富裕権力層員ら、への、
   不作為型の、共犯員ら、としての、
   実態を自らに成し付けてある、
   賊員ら、 であり、
    その個々の、 主観の内容な事ら、なり、
   つもり、ら、なり、に、
    関わりを無しに、
    日本の主権者である、
    日本人たちの一般の福利を成す、
   側に立つ、日本人たちや、
   それへの合力性を成す、
     日本の内外の人々によって、
    極刑に処されるべき、 
    宛ての者らであり、
       日本人たちの一般の側に立つ、
  人々が、 より、 公然と、
    そうした、申し合わせを成し、  
   根途でも、 どこでも、 より、  
   発信し合うようにする、 度合いらを、
  一定以上に、成す、事は、
     不作為型の、日本人たちへの、   
   犯罪加害性ら、を、 より、
    甚だしく、 小さくし、
   不作為型の、犯罪加害者らの側の、
    根絶の宛てに成る、者ら、を、
   より、 少なくもする事になる❗     】
        。

      東京電力は、  昨年の、 12月に、
   福島第一原発に新設する、
   防潮堤の詳細を公表した。

     千島海溝の、   長さが、
   1千4百キロ  、の、 震源域で、
   M  9・4   、の、 超巨大地震を想定❗ 。

      海面から、  11  メートル  、
   主要な施設の敷地から、
   2・5  メートル  、 の高さの防潮堤を、
   20年度までに造る❗
    、 という。 

       東電は、  事故の後に、 
  誘発地震に備えた、 仮設な、防潮堤を、
    一部に設置❗ 。

    止水 、 などの対策を進めるが、
   敷地を囲む、 防潮堤は、ないままだ。

    再び、 津波が襲えば、
   汚染水の流出や、 廃炉な作業の、
   停滞を招くおそれがある❗ 。

    東電は、  「    長期での評価の、
  切迫性の指摘を踏まえた    」
   、 としている。 

朝日新聞デジタル 

      ◆◇       シナとの密約がある❗、
   アメリカの裏の実態を明かした、
   アメリカの要人からの直言❗  ;
   2016/  1/30 1:9:30  ;

     Pillsbury氏 : 
  ニクソン政権から、対シナ政策を担当。 
  今は、 国防総省の顧問で、
  ハドソン研究所の、中国戦略センター所長❗  ;
   ・・まずは、   アメリカが、 同盟国な、
  日本には、  全く、知らせずに、
  軍事や、安全保障の面で、 
  中国に与えてきた援助について、
  アメリカに、
その意図や責任を問い質すべきだ。 

      ☆        三橋貴明氏❗    ;

 財政制度等審議会の緊縮路線を打ち砕け❗

2020-   7-5   8:47:58
チャンネルAJER更新しました。
「自民党の消滅(前半)」三橋貴明 AJER2020.6.30
  
【一般参加可能な講演会のお知らせ】
三橋経済塾 第九期 第七回講義 令和2年7月18日(土) 那覇市 TKPネストホテル那覇センター
令和二年7月18日(土)三橋経済塾第九期 第7回講義
~対面講義ご参加の際は、講義代、懇親会代(ご希望の方)がかかります。~【会場】TKPネストホテル那覇センター 2F ベガhttp://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/nesthotel-naha/access/(〒900-0036 沖縄県那覇市西1-6-1 ネストホテル那覇 2F)令和2年7月18日(土)ゲスト講師:作家・古代史研究家 長浜 浩明先生講義参加料:5,000円受付開始:13:00講義開始:13:30講義終了:17:00第一部(三橋)13:30~
ws.formzu.net

※三密を回避するため、広めの会場で
人数を絞った開催となります。
お申込はお早めに。
 
刮目❗  日本をダメにした
財務省と経団連の欺瞞[三橋TV257回]
 
 チャンネル桜【討論】
グローバリズムの現在[桜R2/7/4]
に出演しました。
 
 さて、二度の補正予算成立で、
  2020年度のPB赤字が
  70兆円近くに迫り、かつ
「インフレ率も金利も高騰しないい」
というわけで、過去30年近く
叫ばれてきた「財政破綻論」の嘘が
暴かれつつあります。

 財政破綻論が打ち砕かれると、
「消費税の増税ができない。それどころか、
消費税減税、廃止が現実味を帯びる」
「国民を豊かにし、国力を強化する
政府支出が拡大してしまう」

「デフレから脱却し、日本が
経済成長路線に戻り、
レント・シーキングが不可能になる」

「財務省にとっての悪夢である、
長期財政拡大計画
(旧:国土計画)が復活してしまう」
 というわけで、
財政破綻論者、緊縮論者、組織で言えば
財務省及び飼い犬連中
(土居、吉川、小黒、小林など)、
そして「経団連」が、
死に物狂いの抵抗をしてきています。

 ちなみに、現在の
財政制度等審議会の会長は、
前・経団連会長の榊原定征です。
分かりやすいですねえ。
 
『財政制度等審議会
「悪化した財政から
目をそらしてはならない」
 | NHKニュース
www3.nhk.or.jp

 国の財政制度等審議会は、
新型コロナウイルスへの対応で
財政が急激に悪化しているとして
感染の収束後は財政健全化に向けた
改革を着実に進めるべきだ
という見解を示しました。

 国の財政制度等審議会はことしは
新型コロナウイルスの影響で
審議の時間を十分に確保できなかったとして
今後の予算編成に向けた
春の提言を見送り、
会長の談話を発表しました。

 それによりますと、
当面の財政運営は
新型コロナウイルスの影響から
国民の生命と経済社会を守ることが
最優先で、2度にわたる
補正予算などを速やかに実行しつつ、
その効果を検証すべきだとしています。

 そして、補正予算を合わせると
今年度の一般会計の歳出は
160兆円を超え、
国債の新規発行額は
90兆円を上回るとして
「一層悪化した財政から
目をそらしてはならない」としています。

 そのうえで感染の収束後は、
社会保障の給付と負担の見直しなど、
財政健全化に向けた
改革を着実に進める必要がある
と指摘しています。

 榊原会長は記者会見で
「国債の発行残高が1000兆円に近づく
財政の現実に警鐘を鳴らしたい。
低金利の環境だから大丈夫だ
という議論もあるが、財政規律は
絶対に忘れてはいけない」
と強調しました。』
 
 自分の「嘘」を見抜かれそうになった
人間の行動は決まっており、
パターン化することができます。

 そのうちの一つが、
「○○というが、実際には××だ」
 と、架空の○○を創り出し、
それを攻撃・否定することで
相手の言論の信憑性を貶め、
自分の説を相対的に正しい
と「見せかけ」ようとする手法です。
いわゆる、
ストローマン・プロパガンダですね。

 榊原さんさあ、問題の本質は、
「    日本政府の国債・財投債等が
100%
   日本円建てで、日本銀行が
国債を買い取ると、
政府の返済負担が消滅するため、
政府の財政破綻があり得ない」
 という話であり、

低金利云々はあくまで
「自国通貨建て国債」に
「デフレ」「日銀の国債買取」が
加わった結果だから。
 
 本質を回避し、
「低金利の環境だから大丈夫」
 といった破綻論否定をしている
ストローマン(藁人形)
を作り出すのはやめなよ。
恥ずかしくないの?

 あんたたちは、あくまで、
「日銀が国債を買い取れば
政府の返済負担が消滅する日本国において、
日本円建ての国債が返済不能になる」
 ことを証明しなければ
ならないんだよ。
 
【三橋貴明の音声歴史コンテンツ 経世史論】

評論家・中野剛志世先生の
「通貨論争史 イギリス編」が
ご視聴頂けます。
 
【     日本銀行保有の国債・財投債及び
日銀以外保有の国債・財投債(億円)】

 
【国債・財投債対名目GDP比率と日銀以外保有の国債・財投債対名目GDP比率(%)】

 
 上グラフの通り、日銀が
 国債買取を増やした結果、一応、
 政府に返済負担の義務がある
「日銀以外が保有する国債・財投債」が
どんどん減っていっているんだが。

対GDP比で見ても、すでに
80%にまで下がっている❗ 。

 ちなみに、「日銀以外が保有する
国債・財投債」についても、ほとんどが
借り換えられるため、実際に
償還(返済)されることは
ありません。

 つまりは、我が国の財政破綻の可能性は
「ゼロ」である❗
  にも関わらず、

   財務省や経団連は、
「社会保障の給付と負担の見直しなど、
財政健全化に向けた
改革を着実に進める必要がある」
 など、
緊縮路線の布石を打ち始めています。

コロナ化が収まると、すぐに
消費税再増税、所得増税
(コロナ増税)、社会保障費引き上げ、
社会保障支出削減といった
一連の緊縮政策の議論が始まる
ことになります。

 日本の緊縮財政路線を終わらせる
ためには、
「データ」でもって
財政破綻論者どもの言論を
打ち砕くしかありません。

迂遠に思えるかも知れませんが、他に
方法がないのです。

 そして、わたくしは本活動を
10年以上もやっていますが、確実に
人々に
「財政破綻論の嘘」が広がりつつあります。

 確かに、民主国家において
「言論」で
劇的に問題が解決されることは、
ほとんどない。とはいえ、
諦めた場合は
敗北が確定します。
 逆に言えば、諦めない限り、
敗北は確定しないのですよ。
わたくしは、諦めませんよ。
 
「自分も絶対に諦めない❗」と、
思われた方は、↓このリンクをクリックを❗ 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント