日本医学; 和方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; コハク酸❗ 、と、 免疫性❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

       ☆      琥珀酸塩、と、免疫性❗ 。 
  解放を急ぐべき、 シナによる、 
 桜木琢磨市議ら  実質  拉致事件ら❗  ;
     19/  2/12    21:5     ;
 
     ☆★      日本医学   ;     和方❗   ;
 三石分子栄養学  ➕  藤川院長系  ;   代謝医学   ;      
       ☆      人々の命や健康性を、 より、
    能く、 成し付け得るようにする、
   事に、 必要な、 
   あるべき、 代謝ら、を成すのに、
  欠かし得ない、 
   あるべき、 代謝員ら、が、
   文字通りに、 『  合体  』 、をして、
   代謝の働きよう、を、 成す、
   あり得る、 場合らにおいて、
     『  合体  』、 の、 度合いが、
   より、 不足するせいで、
    特定の、代謝 、が、 より、
   成り立たない、 事態ら、の、
   あり得る事が、
    同じような、 遺伝性らへの主である、
  同じ人種などを構成する、 人々が、
   同じような、 運動らなどを成し付け、
  同じような、物らを飲み食いし付けても、
    万病のどれ彼らを成し、
   より、 重くもする、 主ら、と、
   その健康性とを成し付けるだけで、
  より、 万病のどれをも、成さなかったり、
  成した、としても、   より、 軽く、
  完治し得たりする、主ら、 とに、
   分かれる、 事、 などへの、 より、
   あり得べき、 要因性として、あり、

    三石分子栄養学➕藤川院長系 、では、
   代謝員ら、の、    『   合体性  』、 の、
   あり得る、 度合いら、 の、系 、を、
   『  確率的  親和力  』 、 とし、
    
  『  確率的な親和力  』、 らでの、
    あり得る、 不足性ら、 を、
  より、 埋め余し付け得るようにして、
  人々の命や健康性の、 成し付けられる、
  あり得る、 度合いら、を、 より、
   能く、 成し増し得る、 事を、
    明確に、 目的な事として、
    自らを成り立たしめ得てあり、

      その事において、  
    その他の、  
    その事を、 欠いてある、が、ゆえに、
   必然的に、  より、 
   人々の命や健康性を成し得る、
   度合いら、を、人々へ、成し宛て得ずに、
   それらを、  より、とりこぼす、
    べくもある、  より、
   笊   ザル  、な、 医療系ら、 などとは、
    決定的に、異なる❗ 。
 
    タンパク質、 な、 酵素   コウソ  、
   を、 その一方に、 必ず、 含む、
   より、  あるべき、 代謝員ら、への、
   より、 確率的な親和力ら、での、
  あり得る、 不足性らを、埋め余し得る、
   あるべき、度合いら、での、
   摂取らにおいて、  より、
   漏れ、ら、を、成し付けない事は、
    薬らや、手術ら、などの、
    代謝らの全体へ対する、
   数   %   、 以内の、  代謝ら、 を、
   成したり、
   代謝らの連携性などを、 より、
   断たれないようにしたりする事で、
   健康性の、 効果らを成し得る、
   物事ら、による、    その、  
  健康性の、  あり得る、効果らの度合いらを、
   より、 大きくし得る、
  最も、 おおもとな、 要因性でもある❗  。

     この、 タンパク質を、  その一方に、
   必ず、 含む、  という事は、 
    それだけでも、

      細胞ごとの内側において、
  特定の、 タンパク質らのどれ彼を、
   色々な、 アミノ酸 、たちから、
  立体的に、 形作らしめる、 事を、
     日々における、  いつ、でも、な、
    日常の業務 、としてある、
   タンパク質な、 遺伝子ら、の、
  その、 日頃の仕事ぶりに、いつでも、
   左右されるべき、 度合いが、
   人々の飲み食いら、の、
   結果の物事らには、 相応に、ある❗ 、 
    という事を意味し、
   
     後天性の遺伝のある事を、
   実証し得た、 実験ら、などをも、
  より、  よく、 踏まえるならば、
  人々の飲み食いの、 ありようら、や、
  欠けようら、 などにも、
   その遺伝子らの、  あり得る、
  日頃の仕事ぶりら、を、 左右し得る、
   要因性がある、
   といった事が、 考えられ、
      それは、 
   より、 あるべき、代謝員ら、を、
   あるべき、度合いら、で、
    補給する事ら、において、  より、
   漏れ、ら、が、 成し付けられると、
     ある構造や機能、などを成すには、
   より、粗雑で、 健全性、 を、
   自らに、欠いてある、
   タンパク質、 などが、
   その主の体で、  より、 間に合わせに、
    作り付けられる、 が、 為に、
    それら、へ宛てて、 その体の、
   免疫細胞ら、 などにおいて、
 『  異物性  』、 が、 成し付けられ、 
   それらへの、 攻めかかり、 などが、
   成されて、 
    『  炎症ら  』 、なり、
   『  自己免疫疾患ら  』 、なり、 が、
    作り出されもする、  といった、
  三石分子栄養学➕藤川院長系 、
   らにおける、  数多の、
   実際の観察例ら、 との、  
   合理的な整合性のある、
   考えようら、 とも、 より、
   合理的な整合性を成し合い得る、
   度合いを帯びてあるものでもある。

       酵素    コウソ  、 な、
   タンパク質 、 ら、の、 どれ彼を成す、
   にも、  わざわざ、
   細胞ごとの内側に、
   膜に包まれてある、  タンパク質な、
   遺伝子らのどれ彼の、
   遺伝情報ら、への、 呼び出し、 が、
   必要であり、
    色々な、アミノ酸 、たち、 への、
    呼び集め、 が、 必要であり、
        その、 より、 あるべき、
     材料ら、などに、 不足性らがある、
   場合にも、
    何とか、 間に合わせになる、
    何彼ら、が、 つぎはぎされるべき、
   必要性が、 あり得る。

     遺伝子ら、や、 それらへの、
  働きかけを成し行う、  
   準遺伝子、  とでも、言うべき、
   『  リボ  核酸   』   ;
   ≒     RNA    ;
   、  たち、 などに、  より、
    無理をさせないように、
    より、 あるべき、 代謝員ら、への、
   あるべき、度合いら、での、
   飲み食いを、 能く、 成し付ける事は、
   極めて、 大切な事だ❗  。 

      ☆    WIRED   ;

       ◇   体脂肪が、 体重を減らす?   ;

   ある種の脂肪を蓄えている人は、 
  人の体にある、 分子を活性化させ、
    より、 働き者にする❗
   、 事で、 
   体重を減らせるかもしれない──。
米ハーヴァード大学の研究致務が発表した。

    鼠   ネズミ   、 への実験では、 ある物質を与えて、  その、
    脂肪の大幅な減少や、 
   肥満や糖尿病指数の上昇を防ぐ❗ 
   、  効果、 が確認された、 という。 

TEXT BY RICHARD PRIDAY
TRANSLATION BY SHOTARO YAMAMOTO/DNA MEDI

    “  正しい  ” 、 種類の脂肪を蓄えている人は、 
    人間の体に、すでに、備わっている、 
     ある分子を活性化させ、 働き者にする❗
    、 ことで、 
    体重を落とすことができるかもしれない
   、 というのだ。

     化学ファンには、      
   化学式  ;    『   C4   H4   Na2   O4   』  ;
   、 という、 表記で、おなじみの、 
    『  コハク酸塩  』 
  、  という、 分子と、 一般に、 
  「   褐色  脂肪   」 
  、  として、 知られる、 熱を産む、 
   『  脂肪  細胞  』 、 との、
  相互作用によって、
  この効果が生じる事が、 
   新たに解明された❗ 。

        定番の、   「   白色  脂肪   」  
  、 に含まれる、 
    『  脂肪滴  』  、は、 一つだが、 
   『  褐色  脂肪  』 、 は、  
   単独、 あるいは、 
   白色脂肪と混じり合った、 
   ベージュ域に存在する、
  小さな脂肪滴を、 多数を、 もっている。

        加えて、
   大量の、  ミトコンドリア 
  、達をも含んでいる。

     細胞が、 赤褐色になるのは、   
 その内側に、 多くある、
   『  ミトコンドリア  』  、たちが、 
   鉄   Fe   、 を豊かに含んでいるからだ❗ 。

       細胞たちの各々の中に、  千程もあって、 
    動き回りさえもできる程に、
   自ら、 エネルギー 、を作り出し得る、 
  『   ミトコンドリア   』 、 達の各々には、   
  グルコース       ;
   ≒      『  ブドウ糖  』     ;
    、 や、 
     脂肪のような、 燃料 、 を、 
  エネルギーに変換する、 働きがある❗ 。

      ◇      褐色脂肪の場合は、    それは、
  脂肪や、 ほかのエネルギー源を燃焼させて、
  熱を産む❗ 、手助けをしてくれる。

     これまでは、 褐色脂肪を活性化させる、 
 最も簡単な方法は、 体を低温にさらす事だ❗
   、 と、されてきた。

     褐色脂肪による、 熱の産生は、
    筋肉の震え      ;     (   シヴァリング   )  
  、 と並ぶ、
    体温への調節の、主な方法だ。

      ところが、   『   Nature  』  誌に、 
    新しく発表された研究によると、

     『  コハク酸塩  』  、 を利用した、 
   もう一つの方法が、 発見された❗
     、 という。

      発見したのは、   米ハーヴァード大学は、
    医学大学院の、細胞生物学助教授で、 
   ボストンにある、 ダナ・ファーバー癌研究所の癌生物学助教授である、 
    シュシャーニ氏が率いる研究チームだ。

    「    これらな、細胞たちがもつ、 
  治療での効果を、 活性化させる方法は、
  驚くほどに、 手軽で、扱いやすい物です    」 、 と、
   氏は、 説明している。

      ◇       鍵を握る、 電子強盗、な、 
    活性酸素の存在     ;

    『   コハク酸塩   』 、 とは、
   褐色脂肪に見られるように、 
   『   ミトコンドリア   』 、 の、
    内側で、 産生されるもので、
   『  トリカルボン酸  回路  』 、    での、  
  中間の生成物だ。

        トリカルボン酸回路は、
      『  TCA   サイクル  』  、 
  『  クエン酸  回路  』  、   
 『  クレブス  回路  』   
    、 とも呼ばれ、 
   細胞に、 化学エネルギーを生み出す、 
     反応を意味する。

    自動車や電子機器に用いる、 
   ポリマーの生成などの、
  工業分野でも、 用いられている。

        ほかにも、 食品の人工調味料や、 
  『  ph 調整剤  』  、 に利用される事もある。

   「    この分子の面白い所は、 
   その手軽さにあります    」 、と、 
   シュシャーニ氏は、言う。

「    サイズが、 とても小さく、 少額で、 
   すぐに入手できて、非常に安上がりです    」 。

      シュシャーニの研究致務は、
   熱が産生される間に、 どのような、 
    『  代謝  物質  』 、が、 
  褐色脂肪細胞のなかに、 現れるかを、 
   鼠を使って、分析した。

   『  TCA  サイクル  』  、 で生成される、 
   色々な化学物質ら、 などが、 これに当たる。

     その結果にて、細胞の内側には、 特に、

     低温の環境下で、

    多くの、 コハク酸塩、 が、 見られる❗
  、 ことが、 わかった。

    加えて、 褐色脂肪細胞たちが、
    体内を流れる、 血液から、 
  『  コハク酸塩  』  、な、 分子
  、を、さらに集める、
   という、 驚きの能力がある事も、発見した。

     さらに、細胞は、 コハク酸塩 
 、を利用して、
    電子強盗を働く、 活性酸素、な、 分子     ;
  (   ROS   )  、 を代謝し、
  ・産生する事もできる。

    これは、 本来なら、 奇妙なことだ。

    通常は、 活性酸素のような、 電子強盗な、 
  「   フリーラジカル   (   遊離基   」  、 は、 
    細胞への損傷を引き起こす、  原因であり、
     証拠だ、 と、 考えられている。

      が、 実際には、 
    電子強盗な、 活性酸素、が、 この反応の、        カギ 、 を握っている。

      熱を産む反応の間に、 
   活性酸素な、 分子が存在する、 という、
   思いがけない発見が、 研究チームを、
   さらに、新しい発見に導いたのだ。

      要するに、  今回の研究が提示する、
  核心な事は、 
    褐色脂肪細胞における、  熱 、への、
  産生の活性化について、
    新たな発見があった❗
   、 ということだ。 

   「    細胞に、 スイッチを入れる為の、
   いわゆる、 標準的なメカニズムと、
   今回に発見した、 メカニズムとは、 
    完全に、 別物です。
   つまり、   細胞に手を加える際に、
    我々が考える、 通常の方法は、 
  この分子には、 全く、 作用しない、 
   ということです    」 、 と、 
    シュシャーニ氏は、 説明する。

      また、  論文では、 
  コハク酸塩 、を、 さらに増やせば、 
   この反応を促進できる、と、 述べている。

       が、 シュシャーニの研究致務は、  
 当初は、 
   あまり、気乗りしなかった、 という。

  「    一般的に、 コハク酸塩は、 
   クエン酸回路、 への導入には、 
  望ましい分子、と、見なされていません。
     その理由は、
   どんな関連性があるか、 が、 まだ、 
不明瞭だからです。
    しかし、 我々の最初の発見のおかげで、
   ここまでたどり着く事ができました    」 。

     ◇     肥満や糖尿病への予防に役立つ可能性も❗   ;

    研究の次の段階として、 
    この仮説を検証する、 鼠を使った、
実験が行われた。

     鼠たちには、  カロリーの、  6割 、が、 
   脂肪分、 という、 高脂肪質の餌と、
  『  コハク酸  ナトリウム  』 、 を含んだ、 
    飲み水 、とが、 与えられた。

  この結果について、 論文には、

  「    強濃度に依存した抑制と、
  4週間にわたる、 高脂肪食による、
  体重の増加の反転    」 
   、 が、 示されている。

     別の言い方をすれば、
    氏が指摘する様に、 
   『  コハク酸塩  』  、 は、
「    脂肪の大幅な減少、 ならびに、
 肥満や糖尿病指数の上昇を防ぐ❗
   、 という、 点において、 
  目覚ましい効果を成した    」 。 

    コハク酸塩は、 ほかの目的で、 
  大量に生産されるために、
「    全身での代謝らを操る、 
 非常に安価な方法になる可能性    」
   、 がある、  と、 
   シュシャーニ氏は、言う。

   さらに詳しい研究が、必要ではあるが、
 肥満や、糖尿病、への治療法を成さしめる、
 可能性を秘めている、 というわけだ。

    ◇      コハク酸塩には、 炎症を引き起こす❗
   、という、 別の性質もある。

    危険性がある、 刺激に対し、 
  体が対処する、 手助けをする、 
   “  化学信号  ”  、 として働いている。

     その刺激が、 本当に危険だ❗
  、とか、  誤って、 危険だ❗
  、 とか、 判断された場合に、 
   炎症性の疾患として、 症状に現れる。

     しかし、 褐色脂肪組織には、 
   コハク酸塩 、 を集める性質がある為に、 
   細胞 、 が、
   喘息 、や、 クローン病 、に、 
  潰瘍性大腸炎、 や、 結核、に、 
 リューマチ性関節炎、 などの、疾患と戦う、    有効な対抗策となる❗ 、 可能性がある。

      つまり、   褐色脂肪細胞が、 
   血潮などを循環する、 
  『  コハク酸塩  』 、 たちを溜める、 
    “  シンク  ”    ;
    ≒     『  幹  』    ;
     、 として働き、 
  免疫システムが反応して、
  症状の悪性化を防ぐ❗
  、 事が、できるかもしれない。

「    以前は、 知られていなかった、 
  炎症を抑える❗ 、 という、 メカニズムを、
    これらな、細胞ら、がもっている、
  可能性があるのか、 どうか、 
 ここに、 大きな重要性が、眠っています    」
   、と、シュシャーニ氏は、指摘する。

      その一方で、 この説は、 あくまで、 
  「    研究段階のもの    」 、 であり、
   「    なぜ、  (   このような効果が   ) 、
   得られるのかは、 全く、 
  明らかになっていません    」 
   、 と、 付け加えた。

    実験で使用した、 鼠らは、 初めから、 
  褐色脂肪をもっている必要があった。

     褐色細胞をもたない、 鼠らの場合では、 
    『  コハク酸塩  』 、 は、 
   何の効果も生まなかった。

    自然に考えれば、 これは、 
   人間にも当てはまるだろう。

  人間では、 年齢を重ねるごとに、
 体内の褐色脂肪の量が、減少してしまう、
 傾向性がある。

  それでもなお、 シュシャーニ氏は、 
 この研究を続ける事に意欲をみせている。

   これらな、仮説らが、 
   人の肥満や糖尿病に、
  どの様な相関性をもつのか、 今後も、 
 さらに、実験を続けていく、 という。

「    我々には、 鼠らへの実験で得た、
 期待できる、 前臨床データがあります。 
   人の疾患に、 どの程度まで、
  応用が可能なのかを確かめるために、
  今こそ、 研究をさらに進めていきたい、 
  と、 思っています    」 。
  

       ☆     toggle navigation    ;
   最強のタンパク質は、 どの食材だ❗?    
  BEST  3   ;
 2019年10月8日 /  2019年11月1日    ;
   
    山本 義徳  (  やまもと よしのり  ) 氏による記事への監修❗    ;
   静岡県出身の日本の、 ボディ・ビルダー、
トレーニング指導者。
  プロ野球選手のダルビッシュ有氏や、
松坂大輔氏などをはじめ、
 多くのクライアントを指導している。
2019年4月から投稿を始めた、 
  YouTube  チャンネル  ;
  『山本義徳【筋トレプログラム】』を開設。

一般社団法人 パーソナルトレーナー協会 理事  ;

【主な著書】
・ウェイトトレーニングー実践編ー
・ウェイトトレーニングー理論編ー
・アスリートのための最新栄養学(上)(下)

【SNS】

      ◇◆      『  コハク酸  』   ;
  【     『    C4   H6  O4    』     ;
  構造式    ;       
   HOOC–  (  CH2  )2  –COOH     】   ;
              。

      ◇       タンパク質は、 私たちを構成する、 『  一番の栄養素  』、 です。
   そんな、 タンパク質を豊富に、なおかつ、 
 質までも、いい、
   ”  神  ”  食材をご紹介❗    ;
   バルク・アップする上でも、 
ダイエットをする上でも、
   タンパク質は、重要です。  
  是非、ご覧ください。

    ◇    タンパク質が摂れる、食材ベスト 3    ;

      第➖位    ;      卵    ;

    タンパク質の、 ”  質  ” 、を測る上では、
   プロテイン・スコア  、 というものがある。

    ◇◆    『  プロテイン・スコア  』   ;
  【     人々の体に必要な、   タンパク質ら、
  の、各々を構成する、 のに必要な、
   色々とある、 アミノ酸 、たちの、
   そろいようの度合い    ;
  タンパク質価数  、 とでも言うべき物    ;
  、 であり、
    人々が、 その体の外側から、
  必ず摂取すべき、  8種類の、
   必須   アミノ酸   、 を、  一つでも、
   欠いてある場合のものは、 
     0点   、 とされ、
    卵 、 と、  蜆   シジミ   、だけが、
   満点の、  百点  、 を、
   宛   ア   てられてある     】   ;
       。

     そこで、 卵は、
   プロテイン・スコアが、一番に、高い。

   ただし、 白身だけでは、 だめで、
   全卵のタンパク質が、ベスト。

     卵白のみになると、
   質が、少し落ちてしまう。

     作用としては、   体内における、
   神経伝達を良くしてくれるような成分。

     また、  筋肉が減るのを防ぐ❗
   、 作用を持っている、
    ミオスタチン阻害物質。

    肝臓に、 脂肪がたまるのを防いでくれる❗
    、 ような作用もある。

    あと、 卵に含まれる脂肪の中にある、
   『  アラキドン酸  』、 というものは、
   摂ると、 筋肉が増えやすい❗
  、 という、 報告もある。

     そういう訳もあり、 何から、
   タンパク質を摂るか、というと、
   まずは、 卵があげられる❗ 。

      第2位    ;     鶏肉    ;

     まず、安い。
    鶏肉の中には、   『  カルノシン  』
  、 が含まれている。

    特に、 鶏の胸肉には、  
   疲労からの回復の効果や、
    リラックス、な、 作用、 とか、
 【    タンパク質らに、 炭水化物な、糖質
 、が、 くっついて、  害を成す    】
  、  『  糖化  』 、 を防ぐ作用❗ 、
   色々な、健康における、いい面がある。

     安い、 というだけでなく、
   タンパク質も、  沢山が摂れ、
  健康にも、いいので、 おすすめ❗ 。

      第3位    ;     ホタテ    ;

     ホタテには、  『  コハク酸  』
  、 と呼ばれる、  アミノ酸の一種
  、 のような、 ものが入っている。

     『  TCA  サイクル  』     ;
   『  クエン酸  回路  』   、という、
    エネルギーを生み出す、
    代謝らから成る、系、 な、
   経路の中の、  重要な、
    サイクルのひとつがあるが、
   その中にも、 『  コハク酸  』
  、 というものがある。

    なので、  ホタテを摂る事によって、
   エネルギーを生み出す時の、
   『  TCA サイクル  』 、が、
  うまく回るようにする❗
   、 ということもある。

     それだけでなく、
   『  脱  共役  作用  』 、 がある❗
  、 という事が、 わかってきた。

     簡単にいうと、
  体の代謝をあげてくれるもの。

    つまり、
   体温を上げてくれるものとなる。

    それを、ちゃんと摂る事によって、
   基礎代謝が上がり、
  体脂肪が燃えやすくなる❗ 。

  
    ☆     代謝員らを、漏れ無く、得る事の、
  決定的な重要性❗   ; 
    19/  6/18   23:36    ;

     ◇       塩基らからも成る、
    遺伝子らは、 
   細胞ごとの内側において、  そこにある、 
  色々な、アミノ酸たちから、
  特定の、 タンパク質を成す、
    事を、
  毎日の、 日常の業務としており、
 特定の、 タンパク質らの各々を成す、
  事を通して、
  人々の命と健康性とを成し続ける、
  のに、必要な、
  あるべき、 代謝ら、を、
   成さしめ続けても、ある。

    その主の遺伝子らにおいて、
 その主の命や健康性を、 ある時点から、
  阻害する、向きで、
 特定の、 タンパク質らを作らせたり、
   あるいは、
 特定の、 タンパク質らを作る事を、
 止めてしまったり、する、
 設定性なり、 予定性なり、
  などが、 元から、あって、

     その主の命や健康性が、
 阻害されるべくある場合らには、
 その、遺伝子らにおける、
  阻害因らを、 去るなり、
  あらためるなり、する事が、
  治療を成し宛てる事を意味するのだろう、
 が、
  遺伝子らに、そうした問題性らが、無く、
 その主の命や健康性を成し続ける、
 のに、 向いた物である、 
  場合らにおいては、
  あるべき、 代謝らを、
 より、 漏れの無いように、
  成し続け得るように、
  代謝らの各々を成すべき、
   代謝員でもある、
     タンパク質、らに、
    ビタミン、ら、と、
    ミネラル、ら、への、
  摂取を、 日頃から、
  より、漏れの無いように、
  成し続けるべき、 必要性が、
   他の何と比べても、
   より、 余計に、あり、

    どんなに、 素晴らしい、薬らや、
  手術ら、なども、 
  あるべき、 代謝ら、の、 全体へ対して、 
  その、 数  %  以内の度合いの、
    代謝らを、 復活せしめたり、
  新たに、 それに類する代謝らを、
  成したりする、 事において、
   その宛ての人々を救い得る、
  に、過ぎない、 事、 などと、
  比べ合わせて、 考えれば、 考える程に、
   代謝員らを、 日頃から、
  より、 漏れの無いように、
  完全以上に、 摂取し続ける、べき、
  必要性の度合いの甚だしい大きさ、
  を、 より、 
   思い量り宛て得る事に成るだろう。

    ☆     『  海綿から発見された物質  』 
  、に、由来の、 新しい、 抗がん剤、への、
全合成に、 日本人研究グループが成功 ❗ ;

  日本の医薬品メーカーな、
『   エーザイ   』 、 と、 ハーバード大学の、
  岸義人教授らを中心とする、
  共同研究 『   群婁 グル  』   ;
  ≒   『   グループ   』 、 は、
   抗がん作用を持つ、 物質、な、
  『   E 7130   』 、 への、 
   全合成に成功した。

  この、 『   E 7130   』  、 は、
 海綿から発見された、 天然物を、
  『   辺主  ベス   』   ;
  ≒   『   ベース   』     、 にしたもので、
  非臨床試験の結果にて、 研究致務 チム   ;
   ≒    チーム      、 は、
  抗がん作用が確認された❗
  、 と、 報告している。


     エーザイ、と、 ハーバード大学、 との、
    共同研究より創出された、
   『   ハリコンドリン 全合成   』 、 に、 
   由来の、 化合物 、な、
  新規の、 抗がん剤、 な、 
  『   E 7130   』 、 への、 全合成、
  および、 非臨床試験結果が、
  Scientific Reports  、 に掲載な、
  | ニュースリリース: 2019年 | 
エーザイ株式会社 

    『   E 7130   』 、 への辺主 、
  と、 なっているのは、 1986年に、
  名古屋大学の、 平田義正教授、と、
上村大輔教授によって、
  『   黒磯海綿   クロイソ カイメン   』 
  、 から、 単離された、
 『   ハリコンドリン B   』 、 という物質。

    細胞の分裂で、 重要な役割を果たす、
    微小管の、 伸び縮み     ;
   (   ダイナミクス   )       ;       、 を阻害する、
   作用を持つ、 『   ハリコンドリン B   』
   、  は、   平田教授と上村教授によって、
 「    ネズミ、 の、 がん細胞に対して、
 非常に強い、 抗がん活性を示した❗    」 
  、 と、 報告されていて、
  新しい、抗がん剤への開発の要   カナメ   、
   になる、 と、 期待されていた。

     しかし、
  『   ハリコンドリン B   』、 への、
   単離方法は、 非常に、複雑で、
   百段階以上の工程らを踏んだ上で、
  得られる、 量は、 ほんの、わずかだ、
   とのこと。

      また、   黒磯海綿は、 実験室での、
   飼育の難度が、 とても高く、
    研究に十分な量の、
  『   ハリコンドリン B   』、 を、 
  抽出できるだけの、 黒磯海綿を用意する、
  のは、  非常に、 難しいものがあった。

    それでも、 『   ハリコンドリン B   』、
   への、研究は、 世界の各地で行われていて、
   主に、 『   進行性  乳がん   』、 や、
   『   軟部  腫瘍   』、 への、 
  治療薬に用いられる、 『   エリブリン   』
  、 は、 『   ハリコンドリル B   』、 を、
   辺主に、 エーザイによって、 開発され、
  2千十年には、 アメリカ食品医薬品局    ;
    (   FDA   )      、 からの承認を得てある。

    今回に、 エーザイと岸教授らによる、
   研究群婁は、 31種類の、
  『   不斉   炭素   』 、 を、
     厳密に制御し、
  徹底した品質への管理体制のもとで、
  99・8  %   、 という、 純度で、
  10 g  、 以上の、
  『   E 7130   』 、 を、
   全合成する、 ことに、 成功した❗ 。

   これは、 つまり、 黒磯海綿、から、
  『   ハリコンドリン B   』、 を、
  抽出しなくても、
  『   E 7130   』、 を、 比ぶるに、
  安定して、 供給できる、 
  方法が、 確立された、 ということ。

   『   E 7130   』 、 は、
  『   ハリコンドリン B   』、 に由来の、
  微小管、 による、 『   ダイナミクス   』  ;
   ≒   『   伸び縮み   』   、への、
   阻害な作用に加え、
  生きてある体、な、 生体、 を対象とした、
   非臨床試験において、
  腫瘍内の、 血管内皮細胞を増やす作用、
  さらには、 がん細胞の、増殖や、
  浸潤、 を促進する、
 がんに関連する、 線維芽細胞を抑制する、
   作用がある、 
 ことが、 確認された、 とのこと。

    岸教授は、    「    1992年の時点では、
  ハリコンドリンの、 グラム・スケールでの、
   合成は、 到底、 考えられませんでしたが、
  3年前に、   私たちは、  E 7130   、
  への、 新規の合成法について、
  エーザイに提案することが出来ました。
   有機合成は、 数年前には、
  不可能であった、 複雑な、
  分子、への、 合成を可能とするほど、
   発展したのです❗ 。
  その、 新規な、合成法を用いることにより、
    E 7130   、への、 大量な合成が、
  可能となったことについて、
   大変に、 嬉しく思っています    」  
     、 と、 述べた。

     エーザイの離裡   リリ    ;
   ≒    リリース     ;      、 によると、
   記事の作成の時点では、
  研究致務は、  E 7130 、 について、
  臨床第一相試験を進めている、 とのこと。

    天然物に由来の創薬では、
「    大量な合成が、可能か、どうか    」 
  、 が、 大きな課題となる❗
    、 が、
  E 7130   、 への、 全合成に成功した、
ことで、 新しい抗がん剤への開発は、
   大きく前進した❗  、 と、 いえ、
  今後の研究にも、 期待ができる。

     ☆   Wikipedia ➕❗;

     ◇  『  不斉 炭素  』 ;

  ・・最も、多く見られる、
  『  キラル  中心  』、 は、
  異なる、 4つの原子ら、 または、
 置換基に共有結合している、 炭素  C    ;
(   不斉 炭素 、 な、 原子   ) 、 だ。

   炭素、な、 原子   C   、 には、
  最大で、 4個の原子が、 共有結合でき、
  このときに、 4本の結合らは、
  その全てが、 単結合であり、
  4個の原子らは、 炭素   C  、 な、
  原子を中心とする、 『  正四面体  』、 
  の、 頂点らの各々に、 ほぼ、位置する。

   このときに、 4個の置換基らが、
  全てが、 『   鏡映  対称   』
    、 であれば、
  この分子の鏡像同士は、 どう移動させても、
  重ね合わせられない❗ 。

   すなわち、 この場合な、 この分子は、
   『   キラル   』 、 であり、
 その鏡像同士は、 互いに、
『   エナンチオマー   』、 だ。

     ◇     キラリティー    (   chirality   )    、 は、
    3次元の、 図形や物体や現象が、
   その鏡像と重ね合わすことができない性質。

       『   キラリティ   』   ;
 ≒    『   重不互   エフゴ   性   』  ; 
  、  が、 あることを、 キラル    ;
      (   chiral   )     、 という。

   英語風の発音で、 カイラリティ 、
  カイラル 、 ともいう。

  これらな語らは、 ギリシャ語で、
「  手  」、 を意味する、 χειρ     ;
  (   cheir   )    、 が語源である。

    左右の手の各々は、 キラルな物の一例で、
  右手と、 その鏡像である、 左手は、
  互いに、 重ね合わせられない❗   ;

(    右手の掌   テノヒラ   、 と、
  左手の甲を向かい合わせたときに、
  重なり合わない、 という事である    ) 。

    一方で、   キラリティ 、 が、 無い、
つまり、 鏡像と重ね合わせられる、
ことを、 否定を意味する、  ア    ;
≒      A     ;
    、 を、 語の頭に付けて、
   アキラル     ;
    (   achiral   )   、 という。

    キラルな図形と、 その鏡像を、 互いに
  (    たとえば、  右手に対する、 左手を    ) 、
    エナンチオモルフ    ;
   (   enantiomorphs   )      、 と言い、
   ギリシャ語で、 「   反対   」  、を意味する、
   εναντιος       ;      (   enantios   )      、 が、
     語源である。

     対掌性  (   たいしょうせい   )
    、 ともいう。

   対掌とは、 右と左の手のひらの対 、 
  を意味している。

   対称性 、 と、 紛らわしいが、
    キラリティ 、 とは、 
『   鏡像  対称性  の  欠如   』、 であり、

     むしろ、 対掌性は、
  対称性へ対して、 逆の意味を帯びている。

   より、 紛らわしさ、 を去り、
  語ごとに、 発音での、 独立自尊性をも、
  与え付ける、 原則を成し行う、ならば、
  重不  エブ  性 、 などの言葉を、
  新たに、成し宛てて、
  対掌性の事を指す、 事にする、
   などの事を成すべし❗ 。


    ☆     家庭の、 代謝医学❗ 。   蠕動 推致 ❗
     19/   6/18   19:2    ;
    ◇     照演   テレン    ;
 ≒      テレビ     、 番組、の、
『   みんなの家庭の医学   』  ;
『   若返り & 長生きできる❗   』 、の回   ;
  要約   ;

    ◇      便秘を解消し、 便通をよくする❗
     、 には、
  1日において、  8時間以上は、
   空腹の時間を成す❗   ;

    そうすると、
  腸   ハラワタ   、 が、 蠕動   ゼンドウ  
する、 運動性を、自らに起ち起こらしめる、
   推致   スイチ    ;
≒     switch    スイッチ     ;     、 が入り、

    腸を成してある、 わっか状の筋肉らが、
  次々に、 腸の内側の方へ向かって、
   縮んだり、 伸ばされたりする、
  動きようらを成して、
  その腸の包んである、 領域にある、
  物ら、を、 『  途目 ドメ  』   ;
≒   『  肛門  』    、 の方へと、
    運んでゆく、
  事に成る、 のに対して、

   食べ物を摂らない、 という意味での、
  空腹の8時間を経てない内に、
  食べ物をとってしまうと、

   腸に、 蠕動を起こらしめる、
  推致への仕組みが、
  履施堵    リセト    ;
≒     リセット    ;      、 されてしまい、

   より、 あるべき、
 腸での、 蠕動性が、 成されない、
 向きへ、 余計な、圧力がかかり、
 より、 便秘を成すべき、
可能的な、 度合いが、 成し増される、
事になる。

      例えば、  食べ物を断ってから、
  7時間後に、 食べてしまうと、
また、
その食事が済んでから、 少なくとも、 
8時間は、 空腹の時間としないと、
  腸での蠕動性への推致は、
  入らない❗ 、 という事になる、
  という。

  ここで、言う、 空腹の時間、 というのは、
  空腹感を覚え続けてあるべき時間、
   の事では、なく、
   単に、 食べ物をとらないでいる、
    時間の事であり、
   『   飲み物ら、は、 関係が、無い❗   』 。


     ◇     小腸は、 複雑な形に、
   折り込まれており、
それを、 まんべんなく、 刺激し、
その、 蠕動性を成さしめる、
には、
   腹這いになり、
  少なくとも、 十分間ほどを、
  ゴロゴロ寝をする、のが、 善い❗。

      番組では、
  50代の主婦、な、 水上女史が、
  腹ばい、で、 ゴロゴロ寝を、
十分間ほどを、 やる、事を、
1日ごとに、 一回をやり、
3日間ほどを、 便秘であったものを、
一週間を、続けて、
毎日に、 かつ、 1日の内に、 
複数回でも、 便通が成され得た、
   様らが紹介された。

    ☆     三石分子栄養学➕藤川院長系ら、の、
   実例らに基づく、 
体系知らによれば、

  『   便秘を解消する   』 、 にも、
  ウィルス、の本体を断ち切りもし、
結核菌たちを全滅させもし、
血管らなどの組織らを、 より、
丈夫に、成しもする、
『   ビタミン  C   』 、 を、 より、
大量に摂取すれば、 必ず、
  腹は、ゆるみ、 下る、 事に成る、
が、
ビタミン   C   、 が、 電子強盗化する、
 事による、 害らを防ぐ意味で、
子宝   ビタミン   E1 ❗  、 などの、
  ビタミン  E   、らを、 あわせて、
  より、 大量に摂取すべくもある。


   ☆    認知症を予防する❗   ;

    鳥取大学の医学部の、
  浦上克哉教授と、 その取り組み宛ての、
  実例ら、によると、

     ◇     匂い、な、 感じ、らを、
    覚え興さしめる、 
  嗅ぐ場合に働く、 神経である、 
  嗅神経な、 細胞たち、は、
他の類の、神経な、細胞たちと比べて、
  再生する能力性が、 高く❗ 、

  脳で、 記憶性の働きようを成してある、
 『   海馬   』、 との、 連携性も、
   高くあり、

    特定の、 香りら、を、
  誰彼へ、かがせる、 と、
 認知症への予防を成す❗ 、
  効果らを成す、 という。

    その特定の、 香り、とは、
   昼は、 
   アロマ・オイル 、 により、 
  集中力が、高まる、 と、言われる、
『  ローズ・マリー  』 、 な、 香り、と、
  気分を高揚させる効果がある、 
  と、 言われる、
 『  レモン  』、 な、 香り、 とを、
    混ぜ合わせた、 香り、 で、

     夜は、
安眠させる効果がある、
と、 言われる、
『  ラベンダー  』、 な、香り、と、
    利楽させる     ;
≒     リラックスさせる     ;
  、  効果がある、 と、 言われる、
『   蜜柑  ミカン   』、 な、 香り、 とを、 
   混ぜ合わせた、 香り 、 だ。

   活性化    ➕    鎮静化    、 への刺激らを、
  交互に、 宛てな人へ与える事で、
  認知症を予防する効果らを成す❗ 
  、 事が、 見込めるのだ、
  という。

      番組では、
  検査らにより、 認知症への、
予備軍員、 と、 された、
山下さん夫妻が、

   昼は、 
『   篇壇  ペンダン   』   ;
≒    『   ペンダント   』    、 の中へ、
  その、 香りを染み込ませて、
   その首から下げた物から、
その、香りを嗅ぎ付け得るようにし、

     夜は、
  寝る時に、 その枕もとの容器へ、
 その香る液を染み込ませて、
  寝ている間をも、
 その香りを嗅ぎ付け得るようにし、

  認知な機能らへの検査らによる、
  数値、を、 正常値である、
  『  1  』  、 へ、 
  二人ともが、 回復し得た❗
  、 事を紹介していた。


    ◇      海馬へ直結してある、
   嗅神経が、 その機能性らを落とす、
  事が、
  認知症、の、 初期の段階で、
   あり、
  それから、 記憶性らでの、
  障害性、 などが、 連鎖する、
   との事で、
  嗅ぐ機能性らの落ち始めた頃からでも、
  特定な、香りらを嗅ぎ付ける、
  ようにする、 事や、
  人との、 『   込入卦  コミリケ   』  ;
≒    『   コミュニケーション   』  ; 
  、 を、 意識して、 成す、 
ようにする、 事、 などとを、
組み合わせる事で、 
  認知症を成す事は、 
より、 防ぎ得る、 事を証す、
実際の様   サマ  ら、が、
番組では、 映し出されてもいた。

     ◇      この場合らにおいても、
 より、 人々の健康性を成す、
  類の、 代謝ら、が、 成り立ち得た、
 事が、 その現象らへの前提にある、
  事を、 観損なうべきでは、ない❗。

    人々の命や健康性を成し続ける、
  のに、 必要な、
   あるべき、 代謝ら、を、
  成し続ける、 のに要  イ  りような、
  代謝員 、 でもあり、 
  栄養分 、 でもある、
  酵素   コウソ   、 へも、成る、
『   タンパク質  』、 らに、
  その酵素   コウソ   、らの各々と、
  文字通りに、 合体をして、
   代謝らの各々を成す、
   補酵素   ホコウソ   、 な、
『  ビタミン  』 、 らや、 
補因子 、 な、 『  ミネラル  』、ら、 
への、 飲み食いなどによる、
摂取の度合いを、
   日頃から、 より、 高度に、成し、
  成し続ける、 事こそが、 
 人々の命と健康性とを、 より、能  ヨ  く、
  成す、 上では、 何よりも、 優先して、
  成されるべき事である、
という事に、 変わりは、 無い❗ 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント