主権者; 世主ら❗; 立候補によらない、選挙❗ 、と、 競合させるべき、 従来の選挙ら 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗ 。

     ☆     立候補を待たない、 主権者らによる、直立てな選挙❗   ;
   と、 従来の、立候補による、選挙、 との、 競争性を成すべし❗   ;

            ◆  切り裂きジャックの身元が、判明❗    ;

  1888年に、 英国は、 ロンドン、を、
 恐怖のどん底に陥れた、連続殺人犯な、 “  切り裂きジャック   ;
  (   ジャック・ザ・リッパー   )  ”   。 

     今日に至るまで、犯人は、判っておらず、
    世界で、 最も、有名な、
未解決事件として、 知られていた、
    が、
   その、 3つごとな、 ➖つごとの、並びよう、 の、その物が、
   『   色々なアミノ酸たちの内の一つを指定する   』、
    『  遺伝  情報  』、 な、 その物 、でもある、
  『  塩基  』、 らからも成る、
   『  遺伝子、の本体な  』 、
   『  DNA  』     ; 
   ≒ 
    『  デオキシリボ  核酸  』     ;
     、 
  への解析により、 ついに、 
  犯人の正体が、明らかとなった。 

Journal of Forensic Sciences 、 に掲載された、 
   法医学による調査からの報告書によると、
 
      『  切り裂き ジャック  』、 は、 当時に、
   23歳だった、 ポーランド人な、
   理髪師の、 アーロン・コスミンスキーである
    、 ことが、 わかった、 という。 

    切り裂きジャックは、 ロンドン、の、
    ホワイト・チャペル地区で、
   1888年の、 8月から、
   11月までの間に、 
   少なくとも、5人の売春婦たちを、
   惨殺した❗ 、 と、 される。 

      犯罪歴、と、 精神病歴があり、 ひどく、
 売春婦を憎んでいた、 コスミンスキー、は、 
   百年以上前に、容疑者として浮上。

    が、  決定的な証拠に欠け、 
   第一次世界大戦、 が、 4年間以上を、
 続いてから、  1918年の、
11月11日に終わった、  その、明くる年の、 
1919年に、 強制入院先の、 精神病院で、
   死んでいる。

     2千14年に、 切り裂きジャック、への、
  研究者の、ラッセル・エドワーズ氏が、
  真犯人の本命として名指ししたが、
 当時は、 確証が、なかったために、
  断言は、できなかった。 

   1888年の、 9月30日に、
   無残に切り刻まれた、4人目の犠牲者な、
   キャサリン・エドウッズ女史が、
   シティ・オブ・ロンドンで、発見された。

      今回に、犯人への割り出し、への、
    決め手となったのは、
   この、エドウッズのショールだった。

     遺体のそばに落ちていた、 ショール 、に付着した、 
    血液と精液を採取し、
   最新の技術による、 遺伝子らへの検査を実施。 
     その結果にて、
   最も、有力とされながらも、 あくまで、 容疑者の一人であった、
   コスミンスキーのデータらと合致したのだ。 

     この調査では、 
   犯人の外見への分析も行われ、
   茶色の髪と茶色の瞳である、
   ことが、わかった❗ 。

      これは、
  事件らの当時に、 唯一に信頼された、 
  目撃者の証言とも、一致している❗ 。 

      この、ショールは、 2千7年に、
  前述の、 切り裂きジャックへの研究家な、 
   ラッセル・エドワーズ氏が、オークションで入手。 

     これを、
   薬学、生体分子科学者の、
ジャリ・ルーヘリアン博士、
リーズ大学で、 遺伝学を研究する、
デヴィッド・ミラー博士が、譲り受け、
今回の調査を行った。 

国会 会議録 検索システム http://kokkai.ndl.go.jp/
検索ワードは、 : 「 朝鮮人 殺人 」、 
「 朝鮮人 暴動 」、 
「 密航 密入国 」 、 等で。


    @       韓国軍は、 30万人を超す、
   ベトナム人達を虐殺した、と、言われ、 
  ベトナムでは、村毎に、
   『 「  ダイハン  」、 の残虐な行為を忘れまい❗    』
   、 と、 碑を建てている所もある。 

      以下は、  歴史調査により、
      記録として残っている、
    儒教型の差別員である、
     韓国の軍人らによる、 
     自分たちの側へ、 味方についてくれていた、
    ベトナム人たちへ対する、 虐殺な行為らだ。 
  ・ 女性や老人、に、 子供たち、 や、
  一般の住民らを、 一か所に集め、 
   機関銃を乱射。 : 
・ 子供の頭を割ったり、首をはね、
脚を切ったりしてから、 火に放り込む。 : 
・ 女性たちを強姦してから殺害。
   強姦しながら拷問。 
妊婦の腹を、胎児が破れ出るまで、
軍靴で踏み潰す。 : 
・ トンネルに追い詰めた村人たちを、
   毒ガスで殺す。 : 
・ 女性、に、 子供らを、 井戸に落とし、
  助けを求める声を無視して、
手榴弾を投げて、爆殺し、笑い転げる❗  : 
……等々。 

       当時を知る、 ベトナム人達は、 
「    韓国人らは、人間じゃない。
目の前に現れたら、
首 を切り落としてやる❗    」、 
「    韓国兵に会ったら、
死に出会ったも同然だった    」 
   、 という : 


   @       シナ朝鮮員らは、
   自分の側への、 味方についた、 人々や、
  自分らに、良くしてくれた人たちの、
  『  油断を突き  』 、  『  不意打ちを成す  』
   、 形で、
  そうした人々を襲い、 強姦し、 
  なぶり殺しにする、 事も、 
習い性な事としており、

    韓国の将兵らによる、 ベトナム人達への、
   組織的な、 強姦と虐殺の繰り返しも、
   味方についた、 ベトナム人達の、 
 不意を打つ形で、 成されてある。

    『  シナ ❗  、と、友好条約を結んだ直後に  』
   、
      チベットも、 シナ人らに侵略されており、

    シナ朝鮮員らについては、 
  自らへの味方にした場合においてさえも、

     絶やすべき、 敵としての危険性が、
   余計にある、 という事を、 
   世界中の真っ当な人々は、
  知らされるべきだし、
   肝に銘ずるべきでもある❗  。


     @      他所で見たが、 海洋警察が、
    民間の引き上げ会社とズブズブで、 
   韓国海軍の海難救助隊を止めたって。 

  これ、海洋警察は、銃殺もんだろ? 。
     乗組員のいない高速艦艇も、 
故障して使えない救助艦艇も有ったが、
一番に不思議に思っていた、
  海難救助隊が出てこなかった事の、
  謎が解けたわ。 

      米軍や海保の救援を断った、
  クネ大統領の一発逆転ホームランになるな?、 
   軍の救助隊が有るんだもの。
    海洋警察が、例の在日帰化人の宗教団体とズブズブなら、
    韓国人らの怒りは、
  クネ大統領から、在日員ら等に、
  一斉に向かうな? 。
   道理で、論評欄に、
   工作員らが、余り湧かない訳だ。


   【      自分に、遭難者らを救う足しに成る、
何が、本当に出来るか、を、
まず、考えるんじゃなくて、 
自分から観て、格下の存在である、
遭難者らを、
自らの出世や勢力の拡大などの為の、
道具として、
いかに良く、利用し得て、 
自らの身内部族の側の利益につなげるか、
という、類の、
  その、 反社会性を極めるべき向きな、
   価値序列の規定性らからなる、
   儒教型の、 部族道徳律、 での、
    義務な事を成す事を考えて、
 救難ヘリを自分の所へ寄り道させる、
  という、 自らの内面の、
  とんでもない、人命への軽視ぶりをさらす、
   暴挙を、自ら、成しもし、 
   自らより、格下の救難ヘリの関係の者らに、
    やらせもした、という訳だ。 : 

    格下扱いされた、救難ヘリの関係の者らも、
 自らより、 格上の者が、
  そうするように指示したからには、 
  それに従う事が、 当然の事だ、
  と、判断し、
  自分らな、 格下の者らには、
 その結果として予想される事らに対する、
  責任性などは、当然に、無い、と、 
  心の底から、 本気で、
   そう思う事ができる訳だ。 : 

     彼らな、 朝鮮らの儒教型の部族道徳員ら、
  の一般においては、
  自らの身内部族に属していない者らや、
  結婚などによって、 
 自らの側へ所属する可能性の薄い者らは、
  食いたい時に、食い、
犯したい時に犯して、当たり前の、
ただ、自らの側の者らの、 欲念を満たす為の、
   道具でしかない。

     福利の供与などの義務の目的な対象は、
   自らの身内部族の者に限定され、 

     それ以外の者らは、 
  自らの身内部族の者の為に、
   足しになるべき道具でしかない。 

     あなたは、 
  チョコなどの食べ物らが、 壊れようが、
   溶けようが、 
  それらの現象が、自分の側の者の、
  不利益や、 害に成らない限りは、 
    それらを防ぐ為に、 頑張ったり、 
   自分やヒトの利益を損なってまで、
   何かを成す事は、大抵は、やらない。 

   中国や朝鮮の部族儒教徒らの一般も、
   自らの身内部族の者では、ない、 
  ただの道具である、
    ヒトたちに対しては、 
  あなたが、 あなたの欲念を満たす、
  ヒトではない、道具らに対するのと、
  同じ様に、 ぞんざいに思い扱う、
     事にしており、 

    道具としての効用性を最大にして、 
  自らの身内部族の者の利益を最大にする、
   という、 
    その、 部族倫理における、 義務な事を、
   より、良く、成す為に、
  そう思い扱う様にする事に、
    励みもする訳だ。

       こうした、 部族倫理員らは、
     相手の立場に立って考える、
   という事を訓練する度合いが、
 日米欧の人たちの一般より、ずっと低く、 

     儒教型の、 序列での、 格の高い長らの、
    誰彼かの指図に従っていれば、 
   何をしても、自分の側には、 
  一切の責任がない、 と、考えている、 
     他律型の部族ヤクザ員らが、
    シナ朝鮮らの社会の、
    通例的な主流の多数派を占めている、
     訳だから、 

     自分の責任で、自分で考え抜いて、
   部族の枠を超えた、ヒトの為になる事を、 
   各々が、 個別で、
多様な、 ヒトの立場を思い分けて観る事で、
  より良く行う❗ 

    、 等といった類の事は、 
   
    彼らな、部族ヤクザらには、 
  最も、その自閉排他式の部族道徳律に、
  反する物である❗
   、 が、ゆえに、 
  最も、不得意とする類の事だ、
    と、  合理的に、観宛てられる。

     彼らな、 儒教型の部族倫理員らの一般は、
   互いな、 氏族の異なり合う者らの一般が、
  互いを、 自らの側の足しにすべき、 
    『  道具  』  、と、 感じ宛て、 
   観宛てるべくある❗
    、 という事を、
 
    自己投影式の考えようらを成す、
事において、
  感じ知るべくある❗
     、 ので、
 
    互いを、 自らの側を余計に損なう、
  敵同士として、 観積もり合うべくも、
   ある。

      シナ朝鮮員らの一般が、
  異部族員らの何彼らを盗み去る
   、 場合にも、
  自らへの、 敵な者から、
その勢力性などを減らす事として、 
それが、 自らの部族倫理性の、
規定な事らにかなう所から、 
あしき事とする、 より、 
 余計に、 愛でたい事とする、 
  心理的な度合いを余計に成す事になる 。

      黄文雄氏の著作らにおいて、
    シナ人の母親たちの一定数が、
   幼い子どもを亡くした場合に、
  自分の子が、 盗みを働く年頃にも、
成らない内に、 亡くなった、 
という、 趣旨の事を言葉にして、
嘆く、 事が、 
そうした場合らにおいては、
珍しくない事として、 述べられてある、
   が、

    自らの側への、 道具な、 敵 、 である、
者ら、 から、 戦利品を得るように、
何彼らを盗み去る事も、 

   自らの側の者らの何彼らを、
序列に従い得てある形でさえあれば、
断りを無しに、 勝手に拝借する事も、

     その、 儒教型の部族道徳律な、
  規定性らにかなう事では、あっても、
    特に、 それらへの違反性を成す、
宛ての事では、 ない 
   、訳であり、

    身内員らから、 何彼らを勝手に拝借する、
  事に限っても、
それが、 自らの身内員らの一般へ対する、
  道具で、 敵な、 他の部族員らから、
  能   ヨ   く、  奪い、 弱らせもする、 
  技術や気構えなどの発達に役立つ、
  度合いらがある分については、

     その部族倫理性らの一般から、
   より、 誉めたたえられるべくも、 ある、 
     訳である     】
        。

【 中国 BBS 】 : 
『   第一次大戦後、 国際連盟の、
5大中心国らの一つだった、日本❗   』
   2014. 4.20 : 

      1919年      ;     (   大正 8年   )  、 に、 
   第一次世界大戦後の、   パリ講和会議の、
  国際連盟委員会で、 世界で最初に、 
  人種へ宛てての差別の撤廃を提案をしたのは、
    大日本帝国 : 

   @      差別への撤廃の宣言については、
・ 欧州が中心の国際連盟で、
欧州の一票を小さくする為に行われた。 
・結果的に採択されなかった。 
ここら辺は、同時に語るべき。 
日本の人種差別撤廃宣言が、
歴史的に、 大きな意味を持つ、
物になりそうだった事や、
有色人種       ;     (    特に、 植民地諸国    )
  、 から、  大きな期待を受けていたのも、
  事実だが、 一面的な意義だけを語りだすと、
   朝鮮人みたいになっちゃう : 

    @      欧州の一票を小さくする為に、
    行われた、 というのは、
  反日な、朝鮮人モドキらのウソ、と、
   同じ類な、 デタラメで、
   日本側の動機の倫理的な質を、
  貶   オトシ   めてみせようとする、
  自らの側の、倫理的な質の欠けよう❗
  、  等を、 投影する型の、
    反日プロパガンダでしかない。

    欧米の植民地らや、  その影響の下にあった、
   超白人種の古モンゴル人種や、
  黒人種などの人々が、 国際連盟で、
   有効な投票が出来ない状況に在った、
   所から、 
  人種への差別型の欧米が主導する、
  決まりな事らを、 無しにして、
   欧米と対等な権利が、
非白人種の人々の社会らへ与えれた、
  としたら、
日本が、 国際連盟で、 
投票権の行使できる立場にある、
事から生ずる、
国際連盟などへの、 単独での影響力が、
相対的に、小さくなる❗
   、 事でもあり、

    欧米の主導する、 人種への差別型の、
  決まりな事らが在る所からも得られていた、
   日本の特権性が、
  日本が主導する、 人種への差別性への、
撤廃な行為ら、等によって、 失われ得た、
   にも関わらず、に、 

    日本は、 人種への差別性への廃滅へ動き、
  欧米へ、 その為の提案をした、
  という事に触れないと、
  事例を紹介する仕方として、 
    公正さに欠ける❗ 。 
      @      中国人らは、 日本が、
    非白人国家として、 
   5大国らの1つに在った事が、
どれほどの、 歴史的意味を持つのか、
を、 考えた事は、あっただろうか。 

   その中で、 人種の平等性を提言した、
事の意味を考えた事は、 あっただろうか。
【Front Japan 桜】 ; 
なぜ、移民を入れてはいけないのか / 
人手の不足を解消するためには (略)
[桜H30/3/28] 

 何度も繰り返していますが
(   これからも繰り返しますが   ) 、
  経済の成長とは、
「    総需要、が、 供給能力を上回る❗ 、
インフレ・ギャップ期に、 生産性の向上で、
人手での不足を解消しようとした    」、 
 ときに起きる現象です。

 細かい話は、
上記  ;      Front Japan 桜の番組を、
ご覧頂きたいのですが、
生産性が向上すると、
生産者の一人当たりでの、 所得が拡大します❗   ;
(   そういう統計なのです   ) 。
 
  労働分配率が適正であるならば、
生産性の向上により、
国民の実質の所得が、拡大❗ 。

    豊かになった国民が、おカネを使うため、
  総需要が拡大し、またもや、
   インフレ・ギャップ❗ 。

 インフレ・ギャップ、 すなわち、
   人手の不足を、
   生産性の向上で解消しようとすると・・、
   経済成長の黄金循環が回っていきます。
 
      もう一つ。
  上記の番組では、触れませんでしたが、
   生産性の向上のための投資     ;
(    設備投資、 公共投資、 技術投資    )
   、  自体が、
  「  総需要  」 、 を押し上げる❗
   、 効果を持ちます。

     何しろ、   三つの投資らは、 その、全て、が、
   GDPの需要項目です。

     そして、  GDPは、
    総需要、な、そのものなのです。

 というわけで、

    (1)   生産性の向上で豊かになった国民が、
     消費を中心に、 総需要を押し上げる❗
     、

    (2)   生産性の向上のための投資自体が、
    総需要を押し上げる❗
     、 
 と、二つのルートで、

   経済に、 インフレ・ギャップ、
   人手での不足の深刻化、
  生産性の向上のための、
   圧力がかかり続けます。

これが、いわゆる、 「  高圧経済  」、 ですね、

 日本の高度成長期は、
   典型的な、高圧経済でした。

 高圧経済とは、要するに、
「  超人手不足  」、 の状況が続く、 
    という話です。

     高度成長期の日本は、
  失業率が、 1.5   %   、に 達したことが、
  ほとんど、ありませんので、
   今以上の人手不足でした。
 
     今後の日本は、 
   少子高齢化に端を発する、
  生産年齢人口の比率の低下により、
  人手での不足が深刻化していき、
   生産性の向上を欲する、
  強い圧力がかかってくるでしょう。

 問題は、
  我々日本の経営者や政治家、国民が、
「   その準備ができていない   」
  、 という点なのだ、 と思います。

人手不足を生産性の向上で埋める、
「   資本主義の王道   」、 を、
長年のデフレで忘れてしまっているからこそ、
「   外国人の労働者で   」 、と、
決して、 選んではならない道を主張する人が、 
  多数派なのでしょう。
 
 準備ができていない、  といえば、
  この国も、間もなく訪れる、
「  超人手不足  」、 への備えが、
  できていない、  との記事が出ています。

『    ブレグジット後の移民規制、
成長鈍化につながる恐れ=英諮問機関
 移民政策に関する英政府の諮問機関である、
「    移民諮問委員会   (   MAC    」 、 は、
27日、
英国への移民の流入を規制すれば、
生産および雇用の伸び鈍化につながる、
可能性が高い、 とする、
中間報告書を公表した。

企業は、 労働市場の逼迫への備えが、
十分には、 できていない、
可能性がある、 と警告した。(後略)』

 ロイターの記事が興味深いのは、
イギリスの移民諮問委員会は、
「   移民への規制   」   、 が、
生産、雇用の伸びの鈍化につながる、
理由について、
「    報告書は、労働市場が逼迫し、
人材の獲得競争が激化する、
公算が大きいが、
多くの企業らには、 
十分な備えができていない、
可能性があるとした   」
 、 と、
イギリス企業が、
「   人手不足への備えができていない   」
  、 ことを挙げていることです。

 「   人材の獲得競争への備え   」 、とは、
   果たして、何を意味するのでしょうか。

    より、具体的に書くと、
中小企業らが、大企業らに対抗し、
「   人材を獲得する競争   」 、を戦い、 
  勝てる、 とでも、いうのでしょうか。

 あるいは、
   日本の、 「   地方   」 、らが、
  東京圏と、 正面から、
   人材を獲得する、
  競争をするべきなのでしょうか。

 いずれにせよ、
限りある、「  人材  」、に、 「  人手  」、
という、 パイを奪い合う形で、
「  競争  」、 が始まると、
日本の企業や地域らは、
「  勝ち組  」、と、 「  負け組  」、 に、
別れていきます。

それで、いい、 とは、思えません❗ 。

 何を言いたいのか、といえば、
人手の不足を、 最終的に、
生産性の向上で、埋めるのは、
当然として、 同時に、
バリューチェーンの上流から下流まで、
あるいは、 「  競合同士  」 、さらには、
「  地域の全体  」 、 で、
人材や人手を、 「  協同  」、 して、
乗り切る、 考え方が、
必要なのではないか、 という話です。

 つまりは、 限られた人材を、
「  分け合う  」 、 という形が、
今後の日本で必要になってくる、
と、思うのです。

「  競争  」、 ではなく、 「  協同  」、 です。

 過去のデフレ期、
「   競争! 競争!   」 、 と、 ひたすら、
競争に追いまくられてきた日本企業    ;
(   今もですが   )  、   にとって、
「   競争ではなく、協同   」 、 
と、言われても、
  ピンとこないかも知れませんが、
それほどまでに、
日本の人手不足は、深刻化しているのです。

 この状況で、これまで通り、
  「   競争せよ!   」 、 などとやっていた日には、 
自社は、 人材を確保できても、
バリューチェーンの上流が、
人手不足で、 生産が、 不可能になり、
結局は、 自社も、ダメージを受ける❗ 。

あるいは、 名の知れた大企業らのみが、
人手の確保に成功し、
中小企業らが、 次々に、
人手の不足による、倒産に追い込まれる、
といった事態を招くことになります。

 ひたすら、 人手不足が深刻化していく、
時代、 人手の確保についても、
「   新たな考え方   」、が必要だと思うのですが、
この手の論調を、 当ブログ以外で、
見かけたことが、ない、 と、思います。

   そういう意味で、 日本国民は、
  確かに、 人手の不足への備えが、
  できていないのでしょう。

    ◇     まず、 ネットの交信網を通して、 
    仕事らを成し得る、日本人たちについて、
   身元や、 仕事の品質性などを、
  政府機関らに類する機関らが、
  保証し得る、度合いを高めて、 

     それを通しての、
  働き手たちの仕事らの成果らを、 
より、 多くの、 日本の企業らや人々が、
  共有できる度合いも、高めてゆくのに、
  より、 役立つ、制度らを創り出す、
    必要がある。

    同一の人々が、 同時に、 あちこちへ、
   働きかけ得る、媒体としては、
  ネットの交信網らが、 最たるもの❗
   、 なので、

   日本の社会の一般の主権者たちの、
あり得る、福利らを増す、 成果ら、を、
より、 日本の主権者である、
日本人たちが、 創り出し合う、 
仕事らを成す事においても、

    より、 ネットでの交信だけで、
   売り買い取り引きらに類する、
取り引きらが完結し得る、
より、 日本の社会の全体な状況を構築する、
  度合いを増してゆく事が、 
 最も、その足しに成るべくもある。

    ≒
  【     こうした状況性の度合いを高めてゆく事は、
   テレ・ワークの、 より、 拡充化による、
   一般化、 などとも、 よく、重なり得、
    3密、なり、  集近閉、なり、 を、
   日本人たちや、 在日の海外員らが、 より、
   能く、 成し付け得る、
   経済的な環境性を、 より、 高め得てゆく、
   事にも、よく、重なり得て、
    感染らの拡充の速度などを、 より、
   遅くし得もして、
     より、 人々の重症化を防ぐ、 物事らを成す、上での、
   時間稼ぎの足しにも、より、大いに成る❗     】
         。
  
     外国の資本らへの雇われ者らが、
    日本人たちへの検閲を成してある、
実態らを積み重ねて来てある、状況らが、
   日本にある事は、
  通信系での、 植民地性の、
   日本人たちへの押し付け❗ 、 でもあり、
より早くに、 解消されるべき事だ❗。


    ◆ 連れ去るは             浜から沖へ              離岸流 
               浜へ向かわず               まず、脇へ出よ❗   ;
        16/    9/1   14:57      ;
     根途記事➕論弁群 ;

    ◇     化石らの存在と様態、ら、などにも基づいて成る、
   進化論、ら❗    ;

    ☆   南アフリカの、 約   2億6千万年前     ;
   (    古生代  ペルム紀    ) 、  の当時に、 
     陸地だった地層から、
   カメの祖先とみられる、 最古の化石を発見した❗
  、 と、 同国のウィットウォーターズランド大などの、
    研究チームが、 8月15日までに、 
  米科学誌の、 カレント・バイオロジー 、 に発表した。

    肋骨 (   ろっこつ   )  、 が太く、
   硬くなって、 甲羅に近くなっており、
   甲羅は、 前脚で、 力強く、 
   穴を掘って暮らすために進化した、可能性がある、 
    という。 

 中国の、 約   2億2千万年前     ;
   (    中生代  三畳紀    ) 、 の海岸の近くだった地層からは、
   甲羅の背中側が、 未完成で、
   腹側だけが完成した、 
  原始的な、 カメの化石が見つかっている。

   2千8年に発表された論文では、
    甲羅は、 水中で、 敵から、 
  弱点の腹を守るためにできた❗ 
  、 との見方が示されていた。 

 現代のリクガメ類の一部は、
   乾燥した陸地に、 穴を掘って暮らしている。

     学名が、 「   エウノトサウルス・アフリカヌス   」
    、 と、 呼ばれる、  最古の化石は、 
   頭部などの骨格が、 
これらの、 リクガメ類と似ていた。

   また、 目が、 光を感じる能力が低かった❗ 
  、 と推定された。 

 肋骨が、 太く、硬くなると、
  歩くのが、 遅くなり、
   呼吸もしづらくなる❗ 。

     しかし、  研究チームは、
   陸地の厳しい環境で、 穴を掘って暮らすには、
  前脚の力強い動きを支える、 
   骨格を発達させ      ;
    (       それにより、 
     筋肉らを発達させ      )
    、   る方が、 重要だった❗ 
   、 との見方を示した。 

  『   穴を掘る能力   』 、 は、  湖沼や、 河川、 と、 
   海では、   『   泳ぐ能力につながる❗   』  。

   ≒
  【     犬かき、も、 穴を掘る❗ 、動作に類し得る     】
        。

     カメの祖先らは、 
   生息できる環境を広げたことで、
   約   2億5千万年前     ;     (    ペルム紀末    ) 、 の、 
    生物らの大量での絶滅期を生き延びる❗
   、 ことが、 できたのではないか、 という。
   (    2016/   8/15   -17:2     )  。

    ☆       確かに、 うちのくさ亀の亀吉は、 
     よく、砂利を掘る❗ 。
   井戸に落ちて、 死にかけていたのを助けて、 11年、
    かわいくて、うっとおしい友ではある

   ☆    亀って、 恐竜みたいに、 
     巨大化しているのは、いないの?    ;

   ☆     アーケロンが有名❗ 。

  ☆     その割には、 今の亀って、 
  ノロマで、 力強いとは、 とても思えんが、 
  実際は、 かなりの達者なのか?   ;

   ☆     てこの原理で、 トルクを太くすると、 
   どうしても、 最高速は、落ちるからねぇ。

   @     ノロマは、まだしも、 
   力強い、と思えないって、
 亀の怪力を知らないなんて、 
   無知って、恐ろしいな。

    @      なるほど、 甲羅の為の骨は、 
  成り増した当初は、 防御の為じゃなくて、
   腕らの筋肉への土台とするために、 
    発達したって事か。

【      ダーウィン氏と、 ウォーレス氏の、 
進化論では、 何事かを成す為に、 
何彼らが、どうなった、 という、 
目的因 、 による、 考え方をしなくても、 

   化石らの在りようら等から観て、
生き物らは、 種らを成し、 種を変化させて来た 
 、 と、
   論理的な整合性を成して、 考えて観る事が、 
出来、 
  全知全能の唯一神が、 
  生き物らを成すと共に、 その種らも成し、 
  その種を変化させたりする、 節目ごとに、 
  わざわざ、 何彼らの事を成す為に、 
  と、 目的因 、 を、 自らの内に成して、 
  その事らを成し行う、 という事を、 
必ずしも、 要りようとしない、 という事が、 
主張され、 述べられているのであって、 

   全知全能の唯一神により、 世界が、創造され、
生き物らも、創造された、 という、 主張らへ、 
  反対している訳では、ない❗
   、 ので、 

    キリスト教の諸派の一定数の者らが、 
  一方で、 ニュートン氏らが、 
   定量的    ≒    科学的    、な、
    体系知らを構築し、 
    増してゆく形で、 法則な事らを発見し、
   増して来た、
  その法則な事らの存在を受け入れており、
    ながら、
   進化論らだけを、 目の敵   カタキ   、にし、 
   学校らで教える事を禁ずる法律まで定めて、 
  実際に、 子供らや、その保護者ら、 等が、 
進化論らに示された、 
   考えようらを知る機会らが、
  減らされてしまっている州が、 
   アメリカには、ある、
  という事は、 

  牧   マキ  する主ら、と、  それらに牧される、 
より、従順で、 盲目的に従うべき、 
   羊の格の一般の人々 、 といった、 
  関係性らが存続して来た、 
 その関係性らによる事であり、 

  その関係性らを存続させようとする、 
  牧する主らと、 
その関係性に安住する精神性のある、
一部の、 羊な格の人々の、
   その関係性を維持しようとする、
   意思らの存在により、 
  それ自らの成り立ちを得た事象でもあり、

  キリスト教の本来の教義な事らに、 
 世界の何彼らを成り立たせ得て来ている、 
法則な事らの存在に、 
全知全能の神の、 無限に度合いの深い、
叡慮の存在の一定な部分らを、
   観ては、いけない、 
といった、 規定な事がある訳では、ない❗ 。 

    西の一神教らの、 この、牧する主ら、と、 
  牧される、羊な格の一般の人々、との、
   関係性らの存在と、 存続との、 
   甚だ深刻な問題性は、

  東の一神教の人々において、 
  全ての事らを、  『   お蔭さま    』、 で
   、 と、思い成し、
    全知全能の阿弥陀如来からの、 
   授かりもの、 でもある、 知恵の働きや、 
  理性の働きら、 といったものらが、 
   その人々の精神に観せる物事らを、 
  在りのままに、
  思い扱い、 拒み立てをしない、 
  精神的な態度らを一般に成して来ている
   、 のに対して、 

      西の一神教徒らの一定数の者らが、 
  その、牧する主と、牧される、
   羊な人々との関係性を優先して、 
どの人よりも、 無限大に偉大な、
   全知全能の存在からの、 贈り物であり、
   授かりものである、 
 理性を、 より能く、たち働かせる様にしない、 
  ままにする、 という、
その贈り主に対して、 極めて、 
  失礼な態度を成して来ておりながら、 
 その事を、全く、理解し得ないでいる事だ。

    使うべく、授けられた、 贈り物を、 
  打ち捨てたままにする、不作為型の行為は、 
それも含めて、 人々より、
  無限大の価値性などがあり、
   人々に対して、
  無限大の差を成してある存在には、
   無に等しい事に、
   変わりは、無くとも、 
 授け主に対する、 極めて、無礼な行為だ、 
 という事を、 
   この手の主らは、解っていない      】 
        。

    ◇      選挙だけに、 主権者性を不当に限定させてある、 
   馬鹿殿状態な、 主権者たちの一般、ら❗    ;
       19/    7/9   19:11     ;

    ◆       経済的な格差を、 自らの社会の、
    内外で、 ひろげてゆける者らが、
   選挙さえ、 与え付けて置けば、
階級社会型の、 格差社会を受け入れる、宛てな、
自らの社会への、 主権者としては、
より、 不適格な、 人々があり、

   日本でも、  反社会性がある程に、
   反日性もある、  カルト宗教らへの、
  信徒としてある、 主らは、

    英米の富裕権力層員らを、
  より、 余計に、 肥やしてやる、
向きの事らに働く、 
実態らを成してもある、
シナ朝鮮らの反日員ら、 などへ、

     黙認する形で、
   日本への出入りをさし許す、などし、

    確実に、 日本の主権者である、
日本人たちの、 経済的な余力を、
あり得る度合いらよりも、
小さくさせる事である、

   日本の中央政府の財政における、
引き締め 、 であり、 
『  緊縮  』  、である 、事へも、

     あるべき、
 差し止める、 働きかけようらを、
成さない、 事において、

   日本政府への主   アルジ   、でもある、
   日本人たち、 への、
  日本人たちからの、  金額な、数値ら、 などな、
   『  資本性  』、 らの、
   投与を、 より、 妨げる事である、

    日本政府の財政における、
 『  緊縮  』  、 へも、 黙認する、
    態度を示す
    、 事によっても、

     日本の主権者であり、 
  日本の世の中な社会の主    アルジ    、 である、
   日本人たちの一般へ対して、

    その、 あり得る、 福利らを、
より、 未然にも、 阻害し、
差し止め続ける、 事へ、
不作為型の物とは言え、
賛成する、 投票を成す、も、
同然の、 自らの姿勢を示し、

   そうした実態らにおいて、
日本人たちの一般へ対して、
敵対し続けてある❗ 。

     日本にあり
  日本人たちに紛れて、
日本人たちの一般への、
害にしか成らない事らへの、
不作為型の、 後押しを成してある、
日本人モドキら、が、

     地下避難網らの必要性を、
日本人たちへ、伝える事をしない❗
   、 事でも、

     自らの、 日本人たちの一般へ、
  敵対すべくある❗
  、 立場を明らかにし得てある、
  からには、

    より、 日本人たちの一般の側に、
   立ち得る主らは、
自らの身近にも、 ありふれて、ある、
そうした者らを、 そのような者ら、
として、 より、 その、
ありのまま、らを観て、
  成し合うべき事らを、
  成し合ってゆく他に、無い
   、
が、

    その、身内員らの中に、
  日本人たちの一般の側に立った、
  言動らを成し得ていたり、
成し得る、主らが在る場合には、

    その主らへ、 その身内員らへの、
   監督権の在る事を、
より、 公に、認め合って、

     そのままでは、
  日本人たちの一般の側に立った、
段取りな事らを成し得る状態には、
無い、 者ら、の、
倫理的にも、 成すべき事らについて、

     より、 成さない、
不作為性ら、 への、 処罰にについては、

    その主らの存在に免じてやる、
度合いらを成すようにし、

   より、 そうした主らを出さない、
  反社会員らなり、
反日員らなり、 から成る、
系統の者らへ、

   より、 処罰の、  矛先   ホコサキ   らを、
  集中させ合ってゆくようにすべきだろう。

     反日員らや、 反社会員らが、
   幹部らを占めてある、
  反日な、 カルト宗教系らに洗脳されてある、
  などしてある、
  反日性の、 日本人たちへ対しては、

   そうした、 反日性の日本人たちが、
  当然に、 反日性の外国人らに、
  利用され得て来てあり、
利用され得てゆく、 態勢にも、ある、
事、 などから、

   より、 日本人たちの一般の側に立つ、
   人々は、
   日本人たちの一般に、 あるべき、
  あり得る、 福利らを、 より、
  反日性の物事らによって、
損なわせずに、
  
   より、 能くも、 最大限にも、
   成し合ってゆくべき、
本来の、 自らの義務な事らを成す、
上では、
そうした対処らを成し合ってゆくべき、
  状況らにある     】
       。

    ☆     暑くなってくると、 つい、 街中の、
自販機で、冷たい飲み物を買いたくなる。
最近は、 自販機ごとに価格が異なる上に、
百円以下の、 「   激安 自販機   」 、
を見かけることも、 多くなった。

 大手企業の自販機は、 基本的に、
定価での販売で、 『   須場  スバ   』   ;
≒ 
   『  スーパー・マーケット  』    ;
     、
に行けば、 同じ商品が、
百円以下の価格で、 棚に並び、 最近では、
『   梱便  コンビン   』   ;
『   コンビニエンス・ストア   』    ;
    、 でも、
値下げ販売をしている例がある為に、
自販機の物らの、割高感は、 否めない。

 そんな心理に応えるように、
数を増やしているのが、激安自販機だ。
中には、 「   50円   」 、や、 「   ➕円   」 
 、といった、  商品が並ぶ自販機もあり、
わざわざ、 遠方から買いに来る人もいる、
という。

    なぜに、 激安自販機は、 そこまで、
安くし得るのか。

      ◆     自販機への、 太名   オーナ    ;
≒     『  オーナー  』    ;
    、 は、 一日に、
  15本以上を売れないと、 
うまみ、 が、 ゼロ?    ;

 まず、 飲料自販機での、 
ビジネス・モデルについて整理する。

     基本的には、  飲料メーカーが、
   適当な場所を借りて、
   自社の自販機を設置するが、
その仕組みによって、 態譜   タイフ    ;
≒     『  タイプ  』     ;
     、 が、分かれる。

    「   フルオ・ペレーション・タイプ   」 
 、 は、  土地の所有者は、  場所を貸す❗
   、 だけで、
   メーカーが、 自販機の設置から、
メンテナンス、に、 商品の補充、
などを行う。

    地主は、  電気代を負担する、 が、
   売り上げの、 2割  ❗  、  ほどを、
  手数料として、 受け取り得る。

 現在にては、 このフルオペが、
   日本で、 一番に多い、 仕須提   システ    ;
≒     『  システム  』    、 となっている。

     1本当たりのマージンは、  20円ほどで、
      電気代が、 月額で、
  3千円   ~   5千円ほどは、 かかる❗
  、 が為に、
  1日に、 15本以上は、 売れないと、
    丕那    オーナ     ;
≒    『  オーナー  』     ;  
    、 にとっては、
  うまみが、無い、 ビジネスだ。

    一方で、 
「   セミ・オペレーション・タイプ   」 
  、 と呼ばれるのは、   丕那が、
   自販機の本体をリース
    、 もしくは、
   購入し、 商品の仕入れから、
   補充までの、 すべてを、
   自分で行う仕須提だ。

手間はかかるが、 粗利は、 すべてが、
自分の儲けとなるので、
稼ぎたいのであれば、
セミオペの方が、 効率がいい。

 また、 セミオペの場合は、
    販売価格も、 丕那が、
  自由に決められるために、
安く仕入れることができれば、
それだけ、 価格を下げ得る。

   ディスカウント・ショップの激安商品や、
  賞味期限が間近の、 放出品、
などを仕入れれば、 安く売り得る。

 これまで、 手書きで、 
「   50円   」 、 「   ➕円   」  、 といった、
激安の値札が掲げられている自販機は、
  ほぼ、 このセミオペ系の自販機だった。

       が、   最近は、 フルオペでも、
   激安価格で売する業者が登場している。

   激安自販機が急増している背景には、
そうした業者らの存在があるのだ。

「    当社では、 『  スーパーショップ  』 、
という、 自販機で、 各メーカー様の、
商品を混合して、 50円から、
百円で、 販売しています    」    ;

    そう語るのは、 激安自販機で、
業界シェアを伸ばしている、
『   ミリオン   』 、 の、 自販機市場開発課の、
平川隆行氏   ;
「    安値の秘密は、
メーカー様の品質に劣らない、
自社ブランドのPB      ;
(    プライベート・ブランド    )  、
な、 商品を開発していること。
    また、 大手メーカー様の商品でも、
   大量な、一括での購入による、
仕入れ価格での交渉に加え、
過剰な在庫や、 賞味期限の短い、
商品、 などを放出していただくことで、
通常より、 安く、
提供させていただいています    」 
     。

 PB商品への開発に、直売のシステムと、
   業界大手ならではの交渉力で、
仕入れた、 安価な商品の供給 、 という、
フルオペ、と、 セミオペ、の、
いいとこ取りのような、
ビジネス・モデルを展開する、ミリオン。

    現在にては、 既存の自販機からの、
  転換も含めて、 設置台数を、
  急激に伸ばしている。

「    沖縄で、 創業したのですが、
現在は、 関東圏だけで、
約 千台の自販機を展開しています。
今後、 競争が激化したら、 50  ~
百円  、 という、 価格の設定を、
さらに下げる事も可能です    」  ;    (  同  ) 。

 激安自販機が、当たり前になると、
その先には、 さらなる、
過当競争が待っている。

    その昔に、 自販機のセールスで、
よく言われたセリフに、
「    自販機は、 24時間、を、
文句も言わずに働く営業マンです    」 
  、 というものがある。

 しかし、 今や、 自販機は、 
24時間を働くだけでなく、
  価格力や商品力、などで、
様々な個性を打ち出さないと、
生き残っていけない時代なのだ。


    ☆      2019年 7月9日 7時00分   ;

    インスリン市場が、 アメリカで、
地獄と化している理由は、
製薬会社ら、と、規制当局との癒着❗   ;

   糖尿病などの治療に用いられる、
『   インスリン   』 、 は、 
   種類や用量によって、
価格が異なるものの、
日本糖尿病協会によれば、
使用時の医療費は、 だいたいで、
1万円から、 1万5千円未満になる、
とのこと。

しかし、 アメリカでは、
価格が高騰しており、
インスリンを必要とする人達の生活を、 
医療費が圧迫する事態も出ている。

その原因として、
競合が出てくる事をすら、 許さない、
製薬会社らの動きと、それを許す、
規制当局にある、
ことが、 指摘されている❗ 。

A Government Guide to Keeping Insulin Unaffordable - Foundation for Economic Education

経済教育財団によると、
アメリカで、 インスリンが高価な理由は、
以下の、 3つがある、 とのこと。

    ◆ 1:    供給数への制限❗   ;

   糖尿病の治療に用いられる、
   『  インスリン  』、 が初めて、
抽出されたのは、 1921年のこと。

     この為に、 インスリン、 な、
分子、 への、 特許のそのものは、
すでに、 失効している❗ 。

     が、 製薬会社らは、
   薬剤に関する、改善によって、 
  特許の期間が、 20年を延長される❗
 、  ことを利用した、
「   パテント・エバーグリーニング   」 
戦略により、

   インスリン 、への、
「   囲い込み   」 、 を行っている。

    改善の内容は、
  「   コーティング剤を追加   」 、や、
 「   不活性な成分の変更   」 
  、 といったものだが、 それでも、
    特許は、 特許 、 なので、
    格安な、  ジェネリック薬が出てこられない
  、 状況を生んでいる。

    規制当局である、 アメリカ食品医薬品局    ;
    (   FDA   )      、 は、
    これらな、製薬会社ら、とは、 
   対立する存在では、ない❗
   、 どころか、
  文字通りに、 「   同じ人間   」 、 である、
   ことも、 ある ❗ 。

    例えば、   保健福祉省の、
アレックス・アザー長官は、
インスリンの大手メーカーの1つ、な、
イーライリリーの元幹部だ ❗ 。

      このことは、
    国内の競合他社への排除だけではなく、
  「    安価な、 インスリンの輸入への阻止    」 
   、 をも、実現している❗   。

    実際の問題として、
   アメリカの国内の、
  インスリンの高価さは、 
  患者が、 ヨーロッパ、や、 メキシコへ、
  インスリン 、 を買いに行く、
  渡航の費用を考えても、
 「   相殺できるぐらい   」 
   、 なのだが、

    海外のメーカーらは、
   アメリカの患者へ、
インスリンを売る、
ことを、 禁止されている❗  
  、 とのこと。

     これを乗り越えるべく、
バーモント州の選出の、
  ピーター・ウェルチ議員が、
  「    この、 『  常識的  』  、な法案は、
  大手の製薬会社らによる、 
   独占価格を回避し、 安全で、
 安価な、 インスリン 、を、
   患者たちへ届けるものです❗    」
     、 と、
   FDA   、 に近い基準で、
    インスリン  、が、 安価な、
   カナダからの、 インスリン 
  、の、 輸入を認める法案を提出。

Welch Unveils Legislation to Bring Down Soaring Insulin Prices | Congressman Peter Welch

      この法案では、 2年後には、
    アメリカと同様の、  安全への基準を満たす、
   すべての国らからの輸入が認められる❗
    、  との事だが、

   経済教育財団によると、
    FDA 、の長官は、
   輸入を阻止し得るのだ❗
    、 という。

     その長官が、
  イーライリリーの元幹部であれば、
どう動くかは、 お察しの通り、
という訳だ。

    ◆2 :   競合製品への排除❗    ;

「    臨床的に、 既存の、
インスリン 、 と見分けがつかない    」 
   、  というぐらいの製品は、
   他にも、 存在しており、

    カナダ、や、 ヨーロッパでは、
  当局の承認を受けているが、
   FDA  、は、 十数年にわたり、
    承認を渋っている❗
     、という。

     また、 そもそも、 
  新たなメーカーによる、参入への、
   コストを極大にすることで、
  既得権益を守る動きが取られてもある。

      一例として、 新薬は、
   どんなものであっても、
   FDA   、の、 臨床試験を経て、
    承認を受ける
  、  必要があるが、

    その期間は、 平均して、 12年で、
   経費は、 27億 ドル     ;
    (    約 2千9百億円    ) 
   、  に、 上る❗  、 そうだ。

    ◆3 :    定価が不明❗    ;

   患者どころか、 処方を行う人であっても、
    どんな薬が、  利用が可能なのか、
   単位あたりの価格が、 本当は、
   いくら、なのか、 ぼんやりとしか、
    理解していない❗  。

     製薬会社は、
 「    誰も、 定価で買っていない    」 
  、  という事を自慢すらしている程で、

    患者の支払う価格は、 どんどん、
   増加している❗
   、 が、 その裏で、
    製薬会社らは、 
   流通工程の価格を引き下げる❗
   、  ことで、
   医療関係者の支払う価格自体は減らし、

      その工程に関わる、 
  保険会社、 や、 薬局、 などの、
   取り分を増やしている❗
   、 とのこと。

   こうした工程の結果にて、
  『   インスリン   』
   、 は、
  患者の手に届くまでに、
  価格が本来の、  4倍❗ 
    、 になっている。

      すでに、  ミネソタ州や、
  ニュージャージー州、に、 ワシントン州
   、と、  ニューメキシコ州では、
  『   集団 訴訟   』
   、   が起こされていて、

   製薬会社・保険会社・薬局、 などによる、
『   インスリン   』 、 への、
  体系的な価格への操作が、
    露呈している、 という。

     現状が、 ひどすぎる❗
  、 が、ために、
   特許が、 フリー      ;        無料      ;
  、  な、
  インスリン 、 への開発を目指す、
「   オープン・インスリン・プロジェクト   」
    、 が、 進められるのも、 納得だ。

     @       TPP 、に類する、
   日本の国賊員ら、と、 欧米の者ら、との、
   国際的な、取り決め事らによっても、
    日本人たちは、  この手の不利益性らを、 
   甚だしく、 押し付けられ得る❗ 。
    一般の日本人たちほど、  海外などに、
   逃げ場がある訳では、ない、
   ので、  より、
    死に物狂いで、 連携して、 抵抗すべくある❗  。


      ☆      ロシアで、 また、 原発での事故❓    ;
  
     ◇     日本では、   アメリカ側が、 それへの修理をさえ、
   日本側へ、禁じていた❗ 、 
   『  アメリカ製の、 原発  』 、 だけ❗
  、 が、 事故を成したが❗    ;
   
    ヨーロッパの北部な、  スカンジナビア半島の付近で、
    人工の放射性同位体が発見され、大気中の、
   放射線らの量が、 急上昇している❗
  、 という、 報告が挙がっています。
    AP通信は、 ロシアにある、
   原子力発電所が、損傷した可能性がある
  、 と、報じています。 

    Radioactivity   hike   seen   in   northern   Europe; 

   Mysterious  radiation   spike   detected   over   Scandinavia | 

        フィンランド・ノルウェー・スウェーデンの、
   放射線 、 および、 原子力安全監視機関は、
    スカンジナビア 、の南部や、北極圏に流れてきた雲から、
    人や環境に影響がない程度に、
   少量の放射性同位体を発見した❗
   、 と、 報告しました。 

    また、包括的核実験禁止条約機関準備委員会      ;
   (   CTBTO   )   、  の、   ラッシーナ・ゼルボ事務局長は、
   6月26日に、  Twitter  、 で、
  「   スウェーデン当局の放射線監視センサーが、
    ヨーロッパの北西部な、空域で、
    セシウム    134    、  ・セシウム  137    、  
   ・ルテニウム   百3   、 の、  
    わずかな増加を検出した   」
   、 と、  あらためて、 発表しました。 

      さらに、  オランダの国立公衆衛生環境研究所は、
   「    観測データを分析した結果にては、   放射性同位体が、
    ロシアの西部から、やってきていることが、示された❗    」
   、とら    2020年の、 6月26日に発表。

      国立公衆衛生環境研究所は、   放射性同位体は、
     天然に存在するものではなく、
   人工の物だった、 ことから、
   
    原子力発電所の燃料な部分が、損傷している❗
  、  可能性を示唆しましたが、
    測定数が限られている、が、ゆえに、
   放射性同位体の発生場所を特定できない❗
    、  と、 述べました。 

    損傷した可能性がある、 と、 みられる、
   原子力発電所として、
   コラ原子力発電所と、 レニングラード原子力発電所が、
   挙げられています。

       特に、 レニングラード原子力発電所は、
   1986年に、事故を起こした、
   チェルノブイリ原子力発電所と、 同じ型の、
   原子炉が、  4基、が、 設置されており、
   施設の老朽化が、 問題となっていました。 

       しかし、  ロシアの国営通信社である、
   イタルタス通信によれば、
   ロシアの原子力発電事業者である、
   ロスエネルゴアトムは、
  「   コラ原子力発電所と、レニングラード原子力発電所は、
   2020年6月に至るまで、 変化がなく、
   放射線量の増加には、 関係が、ない❗   」
   、 と主張しました。 

     北欧な地域の上空に、   放射性同位体を含む、
    雲が流れてくるのは、  今回が、 初めてでは、ありません❗ 。

      2017年には、  通常のレベルの、   千倍 ❗  、 にもなる、
    『   ルテニウム    106   』   、 が検出された❗
   、  ことが、 報じられています。

      この時も、  ロシアの核再処理施設が、 原因ではないか
  、 と、 推測されましたが、
    ロシアは、 否定しています❗ 。 

    なお、  スウェーデン放射線安全局は、  2020年、の、  6月23日に、
  「    放射線量の急上昇は、 何が原因で起こっているかは、
    現時点で、 確認は、不可能❗    」
  、  と報告し、
    放射性同位体を含む、 雲が、 どこからやってきたかも、
   不明である❗ 
   、 としています。

     ゼルボ事務局長も、  Twitter  、で、
   「    発生源の可能性が高い❗ 、   地域を示すことは、できますが、
   正確な発生源を特定することは、
    CTBTO 、 の、 権限外です    」
   、 と語りました。 


    ID:BUYOcEvH  >>1     ;           地図をみると、
   結構に、 広い範囲だな、  こわー❗ 。

    ID:j1GdJJYy    ;        HBO 、の、ドラマ、
    チェルノブイリは、面白かった❗ 。 
    音声が、 ロシア語なら、最高だったのに。

     ID:3VeOC2XD     ;       去年は、   原子力エンジン実験で、
   爆発させてたよな。
    場所が、 同じ方向じゃないか。

     ID:R9loQkVs     ;       原子力ミサイルの実験してなかった? 。

     ID:0nb2MWQk    ;        まるっと、 日本が入っちゃう規模じゃん❗ 。
    なにをしたんだ? 。       最近も、 重油だか、軽油だかが漏れて、
   史上で最大の汚染が、どうのって、騒いでなかった? 。 
   ロシア 、 怖いんだけど。

     ID:fPlnAtYc     ;        チェルノブイリの時も、 フィンランドとか、
   北欧で、 放射線量が上昇して、バレたんだよな。 
   ソ連は、隠していたけど。

    ◇◆       交通事故への対策の専門家の、
    加藤正明さんだかの、
『  死なないための運転術  』 、の記述、
   によると、
 曇り空のもとでの、運転や、
   夕方の運転では、
運転手の意識レベルが、 
  下がっている事もあり、

長距離を往き来する、
 トラックの運転手たちは、
ぼんやりした意識で、 
前の車へついてゆくだけで、 
精一杯の状態になりやすく、

自分の運転中の事らを思い出そうとしても、 
思い出せない事が、 1日に、 幾つかは、
 ある程なのだ、 という。

 つまり、  眠ってあるのに近い状態で、
トラック運転手らの相当数は、
高速道路らなどで、 
 トラックを突っ走らせているのが、 
  普通の状態だ、 という事を、
 我々は、 踏まえて、 こうした、 あり得る、
状況らを、 より、 未然に、 解消するべく、
 段取りし合うべき立場にも、 ある 。

     加藤氏によると、
  夜には、 停まっている車の、
 テール・ランプの灯りを見て、 
 車間距離を勘違いする、 
  トラックの運転手 、 などが、 
  路肩で、 休んでいる人の、
   車へ追突する事故も、 
  結構と、ある、 との事で、 
 やはり、 
運転手たちの意識レベルの低下を防ぐ、
手段の事らを工夫すべき必要性も、 大きい 、
という事らしい。

  数年前までに、 とっくに、 
  実現し得ていても、 おかしくは、無い、
   交通事故での死者を、 ゼロ 、 にする、
   交通設備らの導入が、
  他の様々な分野での事ら、 と同じく、
  日本の、 財務省の役人ら、と、 
それに与して来てある、 与野党の、 
  主な政治家らによる、 
  日本政府の財政における、
  緊縮の繰り返しにより、
  確実に、 遅れさせられて来てあり、

   戦争による死者数にも並ぶほどの、
  死者数を、
 日本国民たちは、 交通事故でも、 
  出し続けさせられて来てある。

    日本の主権者として、 
   日本国民たちが、 自ら、
 日本の憲法の規定性に違反する、 
  裏切り行為らを成して来てある、 
  役人らと、 政治家らなどを、
  裁きにかける、 
  法律における手続き事らを成し合う、
   事を通して、
    彼らを処罰する、 と共に、
  日本政府の財政における、
   緊縮が繰り返されて、
 デフレ不況性が、 存続させられる事を、 
 より早くに、 差し止めるべきであり、

   これは、 選挙を繰り返す事、
   だけによっては、 決して、
   実現され得ない事でもある。

   それは、 世界中の、 
  中央政府の財政における、
  緊縮、を、 与野党の、 主な政治家らが、
   繰り返して来てある、
  国々や、 社会ら、の、 ありさまらを観れば、      観て取り得る事でもある 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント