主権者; 世主ら❗; 動的 ➕ 静的 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

         ☆       動的   ➕   静的     ;

          ◇       観得ない、   観念系らへ対する、 外因性らの側の、
    因果系らの存在を特に窺わせ得る、
     因果な現象性  。
   <<   作成日時 : 2017/  9/5 10:22   >>
 
 【      観念な、 感じようら、や、
  観ようら、 に、
  観念系らのどれ彼ら、や、
  観念系らの、  より、  全体、 を、
    呼び起こしはしても、
  それらのそのものでは、ない❗
    、が、ゆえに、
   それらのどれにも、
   自らを現し得ないで来てある、
  観念系らへ対する、 
  『  外因性ら  』、   の側における、   
  あり得る、
  因果系の在りようをうかがわせる、
  事例として、
  量子のもつれ、 に、 関わる、
   実験らの結果の事ら、 が、 ある。
 
     一定の操作により、
  もつれ 、を、 成し合ってある、 
 一対の、 量子らの、 
  片一方の、 状態 、 を、
  定め付けてしまう、 と、
 
    それに対応して、
   残りの一方の、
  量子の状態も、 確定してしまう、
   のだが、
 
   その、 反応の速さ、 が、 瞬時であり、
 
     光の速度でも、 それらな、
   量子らの間の距離を、 
 その瞬く間である、時の間の内においては、 
  移動しおおせる事が、 できない、 
   というものだ。
 
    それは、  その、 量子らの、 
 片方の状態についての情報が、 瞬時に、 
  残りの一方へも伝わって、 
  その状態を、 変える、なり、 
  改めて、 そのままに、 定める、 なり、
 するように、 させしめた、
  という事なのだが、
 
   こうした類の事を成り立たしめる、 
  からくりら、は、 観念系らへ対する、 
 外因性らの側に、 あり得る、 
 因果系らにおけるものでも、 あり得る 。
 
    これまでにも、 
  外因性らの側に、あり得る、
 因果系らによる、 現象らが、 
人々において、 見過ごされ、 
 見落とされて来ても、 あり得る 。 
 
   観念系らへ対する、 
 外因性によるものら、と、
 内因性によるものら、 とを、
  一定度合い以上に、
 区別して観得てある、
  分析型の体系知ら、を、自らにおいて、
  構築し得ていない、 主らは、
 
   それぞれを、 
 それぞれの事情を成してあるもの、として、  
  観念な、 関係性らの宛   ア   てにして観る、
   解釈の系を、 それだけ、 
     欠いてある訳だから、
 
      当然に、 外因性らの側に、 あり得る、 
    因果系らによっても、 
    あり得る、 現象ら、 など  を、
   そのようなものとして、 観積もる事は、 
     できない❗
    、 訳でもあり、 
 
     そうした現象らの何彼らを、
  観察は、 し得ても、
そうした可能性らについては、 当然に、 
 見過ごし、 見落とす事になる。 
 
    外因性らの側に、 あり得る、 
 因果系らへ対する、
 操作を成し得る 、 手筋ら 、を、 
 探り当てる事を、 意図して、
  成し行ってゆく事において、
 初めて、 観得て来る事らが、
   あり得る 。
 
    闇の世界らを構成したり、
  構成し得たりする、 物事らの、
  闇と共にある、 属性な、事ら、
   などを、 知る、 事において、
 
     より、  闇ではない、
    より、 光の照らし出して観せる、
   世界らを構成する、 物事ら、の、
  照らしようらと共にある、
   属性な事らを、 知る、
    事らを得、
     闇を帯びる、ものらと、 
  光を帯びる、ものらと、を、
   比べ得る所を得て、 初めて、
 
     より、 知り得る宛てになる、
   物事らが、 そこで、
  創り出されて観られる、
   ように、
 
     観念系らへ対する、
   外因性らや、
  それらにより、 あり得る、
  物事ら、へ、 宛てがわれ得る、
  観念な、 規定性ら、 へ宛てて成る、
   思案系らを、 基準系ともして、
  
       観念系らにおける、
   内因性ら、や、 それらによる、
   何彼な物事ら、に宛てがわれ得る、
   観念な、 規定性ら、 へ、
  より、 外因性らにより、 あり得る、
  物事ら、へ、 宛てがわれ得る、
   観念な、 規定性らを、
   照らし合わせ、  比べ宛てる、
    事らにより、  初めて、
  
      より、 内因性らのみによって、
   しか、 成り立ち得ない、 物事らや、
    より、 外因性らによって、
   規定されて、 あったり、
   あり得たりする、
   物事らが、 そこで、
   知り得る宛て、な、 ものとして、
   創り出されて、観られ得る、
   ものになる。
        
     いずれにせよ、
  日本人たちは、 より早くに、
 日本人たちの足元の、 地下へ、 より、
 どこからでも、 
 より、 速やかに、 落ちついて、
 歩み降りてゆき得る、 避難経路ら、と、
より、 快適に住める、 避難所らとを、
  作り拡げてゆく、 
 公共事業らを成す事により、
 
  日本の、 財務省の役人ら、と、 
  与野党の、主な政治家らとが、
 
   英米のカネ貸しらの主張する事らを、
   そのまま、自らもまた、 
 オウム返しにして、主張し、
  実行もする事において、
 
      より、  自らの、 血の巡りようを、
   よくする、 必要性のある、
   人々へ対して、
   その心臓を出入りし得る、
   血潮の度合いをしぼって、 より、
   小さくし付ける❗
  、  ように、

     日本の主権者な、日本人たちの、
   共同の経済系への心臓に当たる、
    中央政府、 な、
   日本政府、の、 財政における 、 
   『  緊縮  』 、 を、
   繰り返し、 成す事を通して、
 
  彼らへの、 主  アルジ  、の立場にある、 
 日本の主権者としての日本人たちへ、 
    物価だけではなく、 
  その労働らへの賃金らの水準へも、
   より、 押し下げる向きへ圧力をかける、
  要因らの系である、
  『  デフレ不況性  』  、 を、 
  押し付け続けて来てある、
   その、 『  デフレ不況性  』  、を、 
  解消し去ってゆく、と共に、
 
   日本人たちの防衛性の度合いを、
    飛躍的にも高めてゆくべき、
   ぎりぎりの状況にも、 ある      】 。 
 
 
   ◇ 負電荷な             電子対なら                奪う、酸
                逆な、 陽子を                引き取る、塩基・・。
 
   ☆ 湧き水の              濁りに続く                山津波 
          無い、水どもが             湧くも、先触れ・・。
 
  ◇  連れ去るに             浜から沖へ            離岸流 
               脇へ泳げば                 ひろえる命・・。
 
   ☆ 水に塩              糖分も要る               熱射病
               防ぐ頼りな              熱を去る風・・。
 
    ☆    根途記事➕論弁群➕; 
 
     ◇       複数の 、  務録   ブロク     、 らへ、同時に、
   記事を発信をしており、
 頂く、 論弁らの、 一つ、一つへの返信は、
 出来がたいので、 ご容赦を頂きたい。
 
     その論弁欄らは、 
  情報交換の場などとし、
 日記代わりにでも、 
  詩律句を発表する場としても、 
  好きに、 使われたし。
 
  ☆    精神科医 こてつ名誉院長のブログ ;
 
  ◇    鉄不足があると、  ガンになりやすい❗
   2017- 1-9  22:12:29 ;
 
   ☆     鉄   Fe  、 の不足→ 
   好気性解糖の機能の低下→
  嫌気性解糖が、 主導になる 。
 
     『  乳酸  』     ;
  ≒       『  C3   ➕   H6   ➕   O3  』    、
  の蓄積 、 負電荷な、 電子     e➖     、 らを奪う❗ 、
  酸性化 、 低体温化 。
 
 これって、 すなわち、 ガンになりやすい❗
   、 という事ですよね 。
  世紀の大発見か❗   、と思い、 
「   ガン 鉄不足   」 、 で、検索したら、
 溝口先生が、 もう指摘されていました。
 
  ガン 、への治療に関して、   
   鉄不足への対策は、
 非常に重要❗  、 と、 書かれていました
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 がんへの栄養アプローチでは、
  鉄   Fe    、 が不足している患者さんへは、
  積極的に、 タンパク質、と、 鉄 、 とが、 
 結び付いたものである、 
  『   ヘム  鉄   』、 の補充を行い、
 鉄の欠乏への補正をしています。
 
    体内に存在する、  鉄   Fe    、 のうち、 
   鉄の原子が、 
  電荷の働きようを成してある状態にある、
  『    鉄  イオン   』   、 が、   
   過剰な状態になる❗
    、 ことは、
 
  体内での、  電子強盗、 な、
  『   活性  酸素   』 、 の発現を増し、

  さらに、 
   『  フェントン  反応  』  、 という、
   電子強盗、な、 
  『  フリー・ラジカル  』
  ≒       『  遊離基  』、 
    を、 発生させる❗ 、
  悪循環、 への、 きっかけになる為に、 
  当然な事として、
  がん 、 だけでなく、 
  多くの疾患らへの原因となる、
  ことを示します。
 
   つまり、 ここでは、
    鉄の過剰性では、なく、
 
   『    鉄  イオン❗   』  、 の、 
  過剰な状態は、 危険である❗
 
    、  というように、 明確に、 
  表現を区別しなくては、なりません。
 
    それは、 
  その他の存在形式で、 存在している、
   鉄   Fe   、たちは、
  何の問題も、生じることが、 
   無い❗  
    、  からです。
 
 私達の体には、 
  『  鉄  』、 が、 非常に、重要であり、
  そして、 上述のように、
 
 【    タンパク質 、 に、  封をされる形で、
  包まれる、 などして、  危険性
  ≒       自らを、 電子強盗化したり、
   周囲の物らを、 電子強盗化したりする、
   危険性      、   
  を封じられて、 ある、
   貯蔵鉄、 な、  フェリチン 、
   などの、  『  鉄分  』、 らは、
   別として     】 、 
 
   鉄は、  危険性をともなう❗
   、  分子であるが為に、
  厳重な、 調節機構      ;
(     ホメオスターシス     )   ;
    、  を持っています。
 
   つまり、    通常であれば、 鉄   、 を、
 食材 や、 サプリメント で、 摂取しても、
   体内で、 危険な、 
  『    鉄  イオン   』  、 が増えない❗
   、  ように、
 何重にも、 セーフティー機構が、
  準備されています。
 
    万一の、   鉄 、が、 過剰な、 時には、
  小腸の粘膜を、 
  ねこそぎに、 剥   ハ  いで、
  『    貯蔵鉄   』    ; 
  ≒      『    フェリチン   』     ;   
   、   らを、  便の中に排泄する程に、 
   厳重なのです。
 
  『   鉄  イオン   』 、   以外の、 
  その他の存在形式で、
  存在している、 鉄 、たちは、
  何の問題も、生じることが、 
    無い❗  
   、 のです。
 
 鉄を飲んでもらう、 代わりに、
  点滴をする事になるのですが、
  それは、  『   鉄  イオン   』 、を、
   体内で、 急激に増す❗
   、  可能性がある、
   危険な治療法❗  
    、 となる訳です。


      ◇◆     『  フェジン  静注  』     ;
  【    『  貯蔵  鉄  』、 な、
   『  フェリチン  』、 とは、 異なり、
    危険な、  電子強盗、 を仕立てる、
   反応らを成すべくある、 場合の、
    鉄    Fe    、 らを、   静脈へ、
   注射する事 、 や、 
   その場合の、  鉄    Fe  、ら❗    】    ;
  【      余計な、 危害性ら、を、
  その宛ての人々へ、加える、
   もの、であり、
   やるべきでも、 
  やらせるべきでも、ない❗     】   ;
      。
 
  鉄の不足による、 これらな、環境らは、
  ガン細胞たちにとって、 
  とても、 過ごしやすい、
  ものになってしまいます。
 
    『   鉄  イオン   』、  の過剰性は、
   避けなくてはならない状態ですが、
  鉄の不足は、 ガン細胞にとって、
 すごしやすい環境を作ってしまいます。
 
  『  鉄  』、 は、充分にある状態にしながら、
 『  鉄  イオン  』  、  の発生を抑制する❗
     、  ことが、
  がん、 への治療では、 
  重要なのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
   細胞を使った実験で、
「    鉄が過剰となると、 毒性がある    」 
  、 と、 報告されているのは、
 
  その全てが、 『   鉄  イオン   』、 のこと 。
 
   タンパク質と結合していない❗ 、鉄である、
 『   フェジン   』  、を、
   頻回に、 静注する❗     ;
  ≒      『    しきりに、 静脈へ注射する❗    』     ;
   、  ことは、 
    寿命を縮める、医療行為❗  。
 
   生きてある体、な、 
  『   生体   』、 の内で、 存在する、 『  鉄  』 、 は、 
  常に、 『    蛋白質と結合しており❗   』 、
  『   鉄  イオン   』 、 では、ない❗  。
 
  これは、 生体にとって、 必須であり、
  決して、 危険なものでは、ない 。
 
    これを取り違えて、 
  ”  鉄が増えると、危ない❗ ”、
  という、 医者が、 多い 。
 
     本当に、 医学部では、 
  ウソばかりを教えている。
 
  鉄 (  Fe  )    、 について、 基礎的な知識、
  治療の実際、 臨床症状
   元の記事は、 こちら
 
     ☆  市場町デンタルクリニックのお知らせ➕❗  ;

     私は、  ここ半年余りを、
  『   高濃度  ビタミン  点滴   』 、  に関わり、

    勉強を重ねるうちに、  糖質制限に深く傾倒し、
    その結果にて、

  ケトン体食に、強い興味を引かれてまいりました。

    その過程で、  現代栄養学の基礎となっている、
     エネルギー源を、   60  %  、を、

   炭水化物    CH   (  糖質  )     ; 
    ≒      
   『  ブドウ糖  』    ;
  ≒     
   『    C6   ➕   H12   ➕   O6    』    ;
    、 
   に頼る、
   栄養の摂取のあり方に、 疑問を感じ、

  歴史書と、 ケトン体食の書物や、
  ネットでの検索に励み、 自分自身で、

  「  糖質  制限  」 、  を実行し、
  深く掘り下げることになりました。


   その中で、 一番に気になった事として、

  江部康二先生の著書 ;
 「   心を変えれば  健康になる❗  」 、  の中からの、
  引用ですが、

  「    現代の食生活は、   糖質を、
  余りにも、 沢山を食べすぎています。

   7百万年もの、  人類の長い歴史の中で、
  これほどに、  大量の糖質を、 毎日に、
  食べる生活をしているのは、
   ここ、  2百年だけ 、 です。   」 
    、 と、  記述がありますように、

   糖質制限を推奨する、 第一人者の医師が、 
  現代の生活習慣病らへの原因として、

  大量の糖質への摂取に、警鈴を鳴らしている❗
   、 ことが、 あります。

    その歴史的背景から、
  様々な生活習慣病の現代病が生まれてきました。

    癌、糖尿病、高血圧、
   『   メタボリック・シンドローム    』   ;
  ≒      『   代謝的・症候群   』     ;  
    、 
  歯周病、認知症、喘息、花粉症、
    アトピー性皮膚炎をはじめとする、

  アレルギー疾患、  などの、
  様々な現代病ら、へ対して、

    炭水化物  (  糖質  ) 、への、
  過剰な摂取が、  原因らの一つである、
   ことが、 分かってきたのです。

    炭水化物  (  糖質  ) 、 への摂取での、
    制限により、
   エネルギーへの源が、
  ブドウ糖を主体の、 エンジンを回す回路から、

   エネルギーへの源を、
  『   脂質   』、と、 『   タンパク質   』、 に、
       変える❗
   、  ことにより、

   肝臓で、   脂肪酸 、への、 代謝により、  

  『  ケトン体  』、   と言う、  物質が、

  ブドウ糖 、 に成り代わって、  産生され、

  『  ケトン体  システム  』  、  と呼ばれる、
   代謝らから成る、 回路を目覚めさせるのです。

   すると、  主に、  体内に溜まっている、
   『  脂肪  』、  を、
  『  ケトン体  』、  に変えて、

  糖質による、回路で回る、 エンジンより、
    遥かに、効率よく、燃焼し続ける、

  『  ケトン体  エンジン  』、  が、
     回り始めるのです。

    その結果として、
   体脂肪らを燃焼させる❗
    、 ので、

    ダイエットの効果を成し、
     体重が減少するのです。 

     一番のポイントは、  

    糖質を多量に摂取すると、
   血糖値が急に上昇し、 それを押さえる為に、

  わけば、 湧く程に、 その主を太らしめる、
   『  インスリン  』、  が、 
   多量に出てきます。

   すると、  インスリン 、 という、  
  色々な、 アミノ酸たちから成る、 『  ホルモン  』
   、 は、
   『  ケトン体   エンジン  』 、 を、
      止めてしまうのです❗ 。

     つまり、   効率の良い、
   高い燃費で、  脂質を燃焼する、
  エンジン 、 が、    インスリン、のせいで、
   より、 回りません❗
   、 から、

   『  糖質  』、  は、  
    筋肉・脂肪に、 蓄えられ、  肥満に繋がり、

      あふれた糖質たち、が、
   糖尿病を引き起こすのです。


    私は、 今まで、
 歯科治療の最先端を追い求めてまいりました。

     そのことを、 深く追及することに、
  決して、 間違いは、 ありませんが、   まさに、
  「  木を見て、 森を見ず  」 、を、
  思い知らされる、 心境 、 と、なりました。

    糖尿病の方へ、 歯周病への治療をするのに、
   口腔内からのアプローチしか、 頭には、なく、

   末梢血管の集合体である、
  歯槽突起の上に乗る、 繊細な血管や、

  神経の集合体である、 歯肉を扱うのに、

  全身的なアプローチは、
  一切、 教育されてきませんでした。

    言葉では、  内科医と提携して、
   糖尿病をコントロールする。
  と、 習っては来ていても、  丸投げ状態で、

     全くの手つかず状態で、局所だけを見て、
   良し悪しを判断しておりました。

    この衝撃的な思考での変換を成した、
  事においては、

    自分が、   糖質の過多により、  メタボ状態で、
   昨年の夏に、 テニスの練習中に、
  腰を捻挫してから、
  右足の太ももまで、 痺   シビ   れて、
   体が思うように動かなくなくなった
  ことが、 大きな、きっかけでした。

     体重オーバーで、   高血圧と、  
   血糖値も、 糖尿病への境界線を、
  若干を、超える所を、
   さまよい続けておりました。

  医者から、高血圧への薬を処方されておりました。

   そんなおり、 友人から、
  糖質制限、と、 ビタミン  C  点滴 、 の話を聞き、  
  西洋かぶれの私は、  点滴の方に、  最初は、
  興味を強く持ちました。

   その時に出会ったのが、  古川健司先生の、
  「  ケトン食が癌を消す  」 、  でした。

    そこには、  癌、と、 『   ビタミン   C  』  ;  
   ≒       『    C6   ➕   H8   ➕   O6    』    ;
  、  
     との関係     ; 
    ≒       
  【     ビタミン   C  、 な、 分子は、
    ガン細胞たちの各々が、  唯一に、
  主な、 栄養分としている、
   ブドウ糖 、 な、 分子、 と、
  その原子らの顔触れが、  よく、似ており、

   ガン細胞たちには、
   ビタミン    C  、 を、 処理する、
  タンパク質から成る、  酵素    コウソ   、
     も、  欠けてある、 事から、

   ガン細胞たちへ、  ブドウ糖 、 と、
  間違わせるようにして、
  ビタミン   C  、 を、  取り込ませる、 と、
  ガン細胞たちを自滅させる事ができる❗     ;
         、 
   や、 
   様々な、  学生時代をほうふつされる、
  生化学の情報が、 盛り沢山な内容に、
  どっぷりと漬かりました。

   そこから、   私の心のアクセルは、
  完全に、  ベタ踏み状態となりました。

  アクセル全開モードです。

   完全なスーパーケトン食までは、いきませんが、

  3食から、  炭水化物の主食が、消えました。

    その効果は、 絶大で、 
    去年の夏場から比べて、

  体重が、  約    7  Kg 、 を減少し、

  故障していた、 腰、と、 右足の、
  痺れ感が、  殆   ホトン  ど、  なくなりました。


    すると、  職業病である、  首の重さ、なり、
  ダルさ、なり、 が、  解消されてきており、

   万年の肩こりも、薄らぎ、
  肩甲骨が、 よく、 動くようになってきました。

    それと、 昼寝をしなくなりました。

        ≒      
  【     『   炭水化物    ➖    食物繊維   』 、 な、  
  『  糖質  』への摂取を成す、  などして、
  「    血糖値が、  急に、  高まったり、
   低まったりする、 事❗    」
   、 には、   その主へ、
  眠気をもよおさせる、 要因性がある❗     】
        。

     今は、  昼寝の時間が、
  私の体のストレッチの時間となっております。


   この様な、 私の変化は、  自分において、
 従来からの、栄養学の基本を塗り替える、
   ことに、 繋がりました。

    栄養学を見直す     =
   体に必要な、 栄養素らへの摂取の考え方が、
   百80度、 を変わりました。

    人間の持つ、  2つのエネルギー・エンジンを、
   糖質が主体の、  グルコース・システムから、
  脂質が主体の、 ケトン体システムに、
  切り替える❗
    、  ことにより、

  本来に、 持っている、
 すべての機能らを活性化する❗ 。

    具体的には、   摂取する宛ての、
   炭水化物を、  16  %   、にし、

  タンパク質を、   32  %  、 にし、
   脂質を、   52  %   、 にする
   、   と言う、

  江部先生の糖質制限食を、 基本とした、
  エネルギーへの摂取に努め、 そこに、
   ビタミン、と、  ミネラル、に、

  【    タンパク質たちの各々への構成分、な    】
   、
    『  アミノ酸  』 
  、と、
     繊維質     ;
     ≒         
  【     『   より、   人体へは、 吸収されない❗
    、 で、
   人々の健康性への足しに成る、物事らも成す、
  腸内細菌たち、への、 栄養分には、成る、
     食物繊維、 な、 糖質   』      】    ;
       、
   を、  バランスよく、  摂取する、ことが、

    人間の体にとって、
  優しい食事体系である事を、深く、しっかりと、
  頭に刻み込む事になりました。

      @     糖質制限の江部康二医師、

   炭水化物で早死にするな❗     
 水野雅登先生;  ビタミン・ケトン療法              https://www.youtube.com/watch?v=BRCmpSMrvto

著名な糖質制限の第一人者の、 YouTube   動画です。
  ご参考になれば、 幸いです。


   ◇   筋肉は        ちぢむ仕事の        専門家 
        つるむ相手を        ちぢんで、伸ばす❗
       19/   1/16    1:14       ;

    ◆       より、 人々の体らには、吸収されない❗   ;
      より、 血糖値を上げない❗      ;
    、
  『   食物  繊維   』  、  などを成してある、
    『   糖質   』 
     、 と、
    吸収されて、 インスリン 、を分泌させる❗
   、   より、 精製されるなどしてある、
    『   糖質   』 
    、 とを区別し、

     より、 吸収されない、 糖質たちの方は、
   ビタミン    B   、ら、などを作り出す、
   腸内の細菌たちへの餌   エサ   、 に成る❗
   、  事で、

    人々の健康性への足しに成り得る、事も、
   人々が、我彼の健康性を、   より、  能    ヨ  く、
    成す上では、 
    よく、考え宛てられるべきだろう❗ 。

       ★       次の記事に対しても、
    より、   『   高 タンパク 食    ➕    高 ビタミン 摂取 、 に、 高 ミネラル 摂取   』
    、 こそが、
   人々の命と健康性とを成す上で、
   その他の何よりも、 決定的な、
  重要性を帯びてあるものであり、

     代謝らの外部からの、
   健康性への要因としては、
人ごとに、 適度な、 運動ら、
  が、  それらに準ずる重要性を帯びてある、
  と、 改めて、指摘すべくある。

   http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : 法務省 koueki-psec@moj.go.jp : 
☆ 菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959 菊池医院 0192211620 通報宛先 ttp://www.jinji.go.jp/rinri/ 

     ☆     blog    ダイエット速報    @2ちゃんねる : 
  【  朗報  】:      食べ過ぎをリセットする、 
    帳消しダイエット   」   : 

   更に食べる事で、 脂肪をつき難くする❗    ;
      2016.2.14   : 

(1)    パスタを食べた後は、 りんごジュース   : 

     パスタは、    炭水化物な、  糖質      ;
     ≒ 
  『    炭素 C    ➕    水素 H    ➕    酸素 O   』    ;
     、
   から成る物ら 、 を多く含む食べ物で、
   体内では、 インスリン 、 が大量に出て、 
   糖質ら、を、脂肪ら、 に変えようとする❗ 。 

    そこで、   リンゴ汁を飲めば、
   『   オスモチン   』 、 なる成分が、
    パスタの糖質らが、
   燃焼する動きようらを促進してくれる❗
    、  という。

    ≒
  【     そもそも、  日頃から、  より、
  炭水化物な、糖質への摂取を、  より、通例な、 遺伝性の主らは、
   より、  差し控えた方が、   
  その、 あり得る、 命や健康性を成し付けるのに必要な、 
  より、 あるべき、 代謝ら、 の成り得ようらを、 より、
     未然に、 阻害し去ってしまう、
   負の度合いら、 を、 より、 成さずに済み、
    
      あり得る、  武漢コロナ、 などの、
    感染症ら、 などでの、 重症化❗ 、 を後押しする、
   余計な、 負の度合いら、 を、 自らに、
    成し付けずに済む❗  。

       次の事らについても、 同様     】    ;


(2) ラーメン、を食べた後は、 バナナ❗   : 

    高いカロリーな、 ラーメンは、 
   塩分が多く含まれる為に、 食べた翌日からは、 
   むくみ、への原因になる。

   効果的に、塩分らを排出する為には、 
   バナナ 、 に含まれる、 カリウム    K  
     、が最適❗ 。 

(3)   焼き肉を食べた後は、 
   ブラック・コーヒー❗    : 

   太り易い焼き肉では、 食べた後に、
   脂肪ら、 を外に出す事が、 大事だ。 

       黒香妃     クロカヒ     ; 
 ≒     『   ブラック・コーヒー  』    ;
     、 含まれる、 
『   メラノイジン   』   
   、は、 
   余計な、 脂肪ら、 を吸着して、
   消化しない様にする❗
   、  性質があるので、 
    好い組み合わせ、と、いえる。 

    ☆       1/21 、の、 バイキングで放送された、
「   帳消しダイエット   」   ;

    高いカロリーな物を食べた後に、
    脂肪の燃焼を助ける❗
  、  成分を含む物や、
   脂肪を吸着する物❗
  、  を食べる事で、
   体に、 脂肪と成って、 つく、
   あり得る、度合いを、 より、 減らす❗ 。

       要点は、 
    代謝をあげ得る様に、
  食べ合わせを工夫する事だ。
  
     体内で、 消化されるまでに、 
   可能的な脂肪らを帳消しにする❗
   、   成分らを食べれば、  カロリーを削り得る❗
   、 という。

    @      リンゴをすりおろして、
    炭酸水で割った奴は、 
    凄く、大量に、 便が出るよ。 おすすめ。 

    @       脂肪らを燃やす効率が、
    他の臓器らの、  1・7倍もある❗
   、  『   筋肉   』 、 らを拡充し、 
     それを維持しつつ、 
   血管を構成する、
   繊維状の、 タンパク質な、
   『   コラーゲン   』 、 らを壊して、
     入れ替えさせる❗
   、  事で、
『   血管を若返させる❗   』 
    、
   ストレッチ運動をする習慣を伴わないと、

     この食べ合わせらでも、 
   脂肪への候補らが排出される、
    以上に、 
   付け加えられた糖質らが、 脂肪らに成るだろう❗
   、  が、
     ストレッチ運動らにも、色々とある     : 

    ◇       須淘致    ストーチ     ;        ストレッチ❗    ;

   @       運動前の、 ストレッチは、
     控えるべきだ❗
    、という。 

    ケガ 、への予防にならないし、
   パフォーマンスが落ち、
   陸上競技だと、 記録も落ちる様だ。 

    ☆     「     運動前のストレッチが良くない、
  5つの理由ら     」  : 

      1.   ストレッチは、 
   ウォーミング・アップには、ならない❗ 。 

    2.   ストレッチは、 
    運動への準備になっていない❗ 。 

   3.  運動の前に、 ストレッチだけをすると、
   ケガ 、への可能性が高くなる❗ 。  

    4.  ストレッチは、 ケガを予防しない❗ 。 

   5.   ストレッチは、  体を睡眠状態に導く❗ 。 

    ■      代表的なストレッチ、 は、 
     大きく、2つに分かれる。 

   "  動的ストレッチ  " 、  と、  "  静的ストレッチ  "  、 だ。 

      前者は、 
  「   筋肉を伸び縮みさせる❗   」 
    、  ストレッチで、 
   後者は、 
 「    筋肉を引っ張ったままにする❗   」
    、 ストレッチだ。 

    ラジオ体操は、 動的ストレッチにあたる。 

    ■    『  静的ストレッチ  』
  、 は、 運動の大敵❗   : 

    筋肉をのばし、  一定な時間を固定する❗
  、   『  静的  ストレッチ  』、
    こそは、 
   運動をする前にしては、
  "  よくない、ストレッチ  "  、だ。

    それは、  「     筋肉を、 必要以上に、
  伸ばしきってしまう❗     」  、 からだ。 

    かたいバネでも、伸ばしすぎれば、
    弾性が失われる❗ 。 

     これと同じ様な事が、筋肉にも起こる❗ 。

The Science of Running   、 によると、

   たった、 15秒 、 たらずでも、
    静的に、筋肉を伸ばす❗
   、 と、
  パワーやスタミナに、瞬発力、 などの、 
   あらゆる運動性らが、低下する❗ 。  

   ■     静的ストレッチは、 いつ、すべきか?    : 

     運動の前は、  
  【     筋肉らを伸び縮みさせる     】 、
  『  動的  ストレッチ❗  』
   、 で、 
    体をウォーム・アップし、
体を運動するのに適した状態に持っていく❗
  、  方法が、 効果的だ。 

    逆に、  激しい運動の後の、
   クール・ダウンとしては、
  『  静的  ストレッチ  』
  、  が、効果的だ❗ 。 

     筋肉は、  
    自らを縮める事しかできない、
   ちぢむ仕事の専門家❗
     、 なので、

     反対側の筋肉らの縮む動きによって、
  自らを、 引っ張られないと、 
    伸び得ない❗
   、 が、
    
      疲労すると、  自然に、   縮こまり❗
       収縮する  、  性質がある。 

     ≒ 
    【     筋肉をゆるめる事を促す、
マグネシウム    Mg    、 を、 より、
   不足させてある❗
    、 人の体では、
  筋肉らが、 ちぢこまったままに成ったり、
   痙攣したりする、 
    度合いらが、 余計に成り、
  それが、 心臓の筋肉らで起これば、
   突然死を成す事も、ある❗     】
         。

     これを、
   『  静的  ストレッチ  』
  、 で、 伸ばす❗
  、  事で、
   血流が、なめらかに循環し、 
    疲労からの回復が早まる❗ 。 

    ■    運動の前に、 オススメの、
  ウォーミング・アップは?   : 

   1.   5分から➕分の、  有酸素運動     ;
    ≒ 
    ランニング    、等 。

   2.  5分程の、 動的ストレッチ     : 

   3.  5分程の、イメージ・トレーニング    : 

◆参考サイトURL ・TABI LABO : 

     @        ➕年以上も前から、  提唱されてますよ。 
    筋肉が、 冷めたままでは、 柔軟性に乏しく、
    いきなりのストレッチは、
    筋繊維らを壊し、  故障への原因となる❗
   、  ので、
   軽い運動をして、末端らへ血潮を送って、
   筋温を上げた後に、 ストレッチを行う様に❗ 、と。

    @       朝に起きて、  『  静的  ストレッチ  』   ;
≒ 
   【     筋肉らを伸ばすだけの動きら     】    ;
    、
  をしないと、 体の動きが悪い。 
  その後で、テレビ体操やると、
    特に、足腰の周りが、楽❗ 。 

   @     筋肉を伸ばすと、筋肉が、たゆむから、
    運動をするのに適さない状態になる。

    @       ※3 そりゃ、 血流が良くなるからでしょ。 
   でも、その後に、 激しい運動をするのには、
   適さない❗  、 ってこった。 
    事実として、    静的ストレッチの後では、
    瞬発力の要る運動をすると、 成績が落ちる❗ 。

      一番に、 筋肉の怪我をし易い、
   ボディー・ビルダーは、  運動の前に、 
    静的ストレッチなんか、しない。 

    @       ※3      ;       それは、 
   競技パフォーマンスの話とは、違うw 。
    運動不足の朝の起き抜けの調子の話なら、
  筋温も、心拍も、怪我リスクも、クソもない。 
   単に、コチコチの体が伸びれば、
    調子がいいわ。 

    @      体がホットな時は、 
    ストレッチする必要は、ないで 。

   @     ストレッチって、 待ち時間とかの、
   暇な時にするもんだろ 。

   @     イマイチ、 広まらないのは、
    静的でも、動的でも、
どっちでもいい程度にしか、
運動したり、 鍛えたりしない人らが、
ほとんどだからやろな。 
   普通に動く分には、   MAXまで使わないしな 。

    @     スレタイに、「  静的  」 、って入れなよ。
   スレタイだけを見て、   動的ストレッチ     ;
≒ 
   【     筋肉らを伸ばすだけでなく、
伸び縮みをさせる動きら      】     ;
    、 
     までが、 
   ダメだと、勘違いする人が出るだろ。 

      @     社会人になってからは、   運動する前に、 既に、
   肉体労働で、 疲れているから、
    伸ばしたいんよ。    そっちの方が、
   筋肉系の怪我が、ない、というか、
   時間がない中で、適当に、
    バリスティックをやって、固いままで、
   前に、肉離れを経験したから、 それ以降は、
    30秒は、 しっかりやる、
  スタティックとまでは、いかないが、 
    しっかり、と、 伸ばしている❗ 。 

     @     インフルエンザに掛かる率が、
   歯磨きをするだけで、   ➕分の➖に減る❗
   、 と、
   TVで、 専門家の話を伝えていた。

     口の中の、血潮に入ると、
   脳出血や心臓疾患を成す、 菌らを減らし、
    免疫に負担を掛けないのも、大事❗ 。



         ◇◆     『  筋肉ら❗  』   ;
  【     その運動性らで、  より、
  インスリン 、 の分泌を呼ばずに、
   血潮の、 ブドウ糖 、らを消費❗    】   ;

      【     筋肉な、 細胞たちが、
    インスリン 、な、 分子たちの、
   働きようらを得ずとも、
   ブドウ糖、 たちを、 自らへの、
   エネルギーら、への、 もとにする、
   上では、
   単に、 その筋肉らを動かしめ得る主が、
   その運動性らを成すだけで、 善い、
   との事であり、
     運動性らを成す場合の、
   筋肉らは、  より、
   インスリン 、 を、 分泌させる、
  度合いら、を、 成さずに、
   その血潮の中の、 ブドウ糖、 らを、
  より、 消費する、
   引き受け手になる、 という     】  ;
   
     湧けば、 湧くほどに、
   炭水化物な、 ブドウ糖ら、などの、
  糖質、 を、
   脂肪にして、 蓄えさせてしまう、
 『  インスリン  』、 の分泌を呼ばずに、
    ブドウ糖ら、を、自らの所で、
  消費する、 向きで、
   運動し得る、 筋肉らも、 主に、
  色々な、 アミノ酸から構成される、
  タンパク質から成る、 物らであり、

    その、 アミノ酸たち、への、
  摂取らを、 よく、 成し付けつつ、
   ブドウ糖らを、 自らの体の外側から、
  摂取する必要性の、 無い、
  一般的な、遺伝性らへの主である、
   人々は、  より、
  炭水化物、な、糖質 、 への、
   摂取をひかえ付け、
   一定の運動性らを成し付ける、
    事で、
     より、 『  糖化の害  』、 らや、
    血潮に、 脂員らが、 余計に、
    混ぜ入れられる事による、
    害ら、 などを、未然に、
    差し止め付け得る事になる     】   ;
       。

    ◇◆    『  血糖値の急な上下❗  』    ;

     【      食事をすると、
   血糖値が、 一時的に、 上がるが、
   健康な人の場合は、
   百40    (    mg  /  dI    )      、
   を超えることは、ない。

     しかし、
   『  血糖値  スパイク  』     ;
  (  食後  高血糖  )     、  を成す、 
  人の血糖値は、  食後に、
  急激に上昇して、
   百40   (   mg  /  dI  )    、   を上回り、
   すぐに、 正常値に戻る、   などし、
  大きな変化を示す。

    ≒      
     【    血糖値、の、 急な、
   上がり下がりは、
   相応に、  強烈な、眠気を呼び起こす、
   との事なので、
    食後に、 眠くなる人々の、
  一定数は、  
    血糖値スパイク、 な、 状態を、   
  自らに成して、 あり得る。
   また、
    時間が飛ぶような、感じで、
   意識を失う形で、
   眠気に襲われる人々は、
   首の辺りの動脈が、
    硬化している、 事に、
   それへの要因性が、あり得、
   実際に、 それが原因である場合には、
  全身での、 動脈硬化、 なども、
   あり得、  極めて、 危険な状態で、
   あり得る、 という    】  。

      血糖値の急上昇が、 繰り返されると、
  細胞から、 大量の、
   電子強盗 、 である、
   『  活性  酸素  』    ;
   ≒      
    【   必ずしも、   酸素    サンソ   O  、
   ばかり、では、ない❗   】        、
   が発生して、
  細胞を傷つけることが、
  イタリアの研究で、 判明❗  。

   一旦は、  血管の壁が傷つくと、
  修復しようと集まった、  
  『  免疫  細胞  』、 たちによって、
   血管の壁が、 厚くなり、
  血管の幅を狭めて、
  動脈硬化を起こす、
  要因ら、の、一つ、 となる、 という。

    さらに、血管の様々な所らで、
  動脈硬化が進行すると、やがて、
  心筋梗塞、や、 脳梗塞、への、
  リスク 、 を招きかねない。

   そこで、 血糖値スパイクを防ぐには、
   食べる順番を、
  「   野菜→   肉・魚・おかず→ 
  ご飯・パン・麺    」 、  とすること。

   朝食を抜くと、  昼食で、
  血糖値が急上昇するため、
  朝食をしっかりと摂ること。
 
    さらに、食後の、 
  軽い運動が効果的 、
  と、 言われている     】    ;
     。


     ◇◆    『  代謝率を上げるには?  』   ;

  ・筋肉を増やすこと❗   ;

    体重が、 減る、 と、
  カロリーの燃焼量が、 減る、 のと、
   同じ理屈で、
  体重が、 増える、 と、
  カロリーの燃焼量は、 増える ❗ 。

   特に、  筋力トレーニングによって、
  筋肉を増やせば、 より、
 カロリーを燃焼化できるようになる。

  ・タンパク質を多めにとる ❗   ;

    タンパク質を取る量を増やすと、
  筋肉が付きやすくなる、 と共に、
  カロリーの燃焼への助けにもなる、
   とのこと。

   ・体を冷やす❗    ;

   体は、 体温を保とうとして、
  カロリーを燃焼させる。

  ゆえに、 涼しい環境に身を置くと、
  体は、 より、
 カロリー 、 を燃焼しようとする。

    冷たい射雨     ≒    シャワー     ;   
  、を浴びたり、
  氷水を飲んだりして、
  体を冷やす、 ことにより、
  カロリーの燃焼量を増やす、
  ことが、 可能だ。

・代謝をブーストさせる食品を取る❗   ;

   唐辛子・酢・ガルシニア・緑茶、
  などは、 代謝をブーストさせる、
  食べ物として知られており、
  これらな、食べ物らを、
  食事に取り入れるのも、 アリ。

   これらな、方法らにより、
  代謝率が、 ➕  %   、 を増せば、
  毎日の燃焼カロリーは、
  百20  ~  百60    Kcal 、を増す。

    これは、  一カ月で、
   450  g   、 の、
   脂肪を減らせる 、 量 、だ     】    ;

     ◇◆     筋肉らの量が減少すると、 
  特に、 運動しなくても、
  生命の維持のために、 自動的に、
  体で消費される、  カロリー    ;
  (   基礎  代謝量   )       ;
   、が、 落ちる❗  。

    やせにくくなる❗ 、だけ、では、なく、
  同じ食事らの量なら、
  基礎代謝量が落ちた分だけ、
  体内で、 カロリーが余るようになり、
  その分は、
  脂肪 ❗ 、 として、 蓄積されてしまう。

    太るのを避けるためには、
   その、余剰な、 カロリーは、
   運動、 などで、
  消費しなければ、ならない。

    つまり、  基礎代謝量が落ちると、
  太りやすい体になってしまう❗    】   ;

        ◇◆     健康な大人の、 
  『   安静な時の、   代謝量   』 、は、
   1日あたりで、
 千2百   ~   千6百    Kcal    、
    との事で、
  これ以下の人は、 「   代謝が悪い   」 、
   という事になる。

   ◆代謝率を下げる要因❗     ;

  ・減量❗    ;

    ダイエットをして、やせたい、
  と、 考えている人にとっては、
   残酷な事実だが、
   体が、 小さくなれば、なる程に、
  体を維持するのに必要な、
   カロリーは、 減少する❗ 。

    ≒     
  【     筋肉らは、  他の臓器らに比べて、
   1・7 倍 ❗ 、も、
   脂員   ヤニン  、らを燃やす、
   効率が、 良い❗ 、  
   との事であり、
    タンパク質らの各々を構成する、
  アミノ酸 、たち、 などを、 よく、
  飲み食いなどして、 摂取し付けて、
   筋肉ら、を、 よく、 拡充し得た方が、
  より、 熱量性ら、を、消費する、
  あり得る、 度合いらは、
  余計に、 成し増され得る事になる     】   ;
       。


     ◇◆     一日に、 15分程でも、善い❗ 、
   ので、 
  足首を、 上げ下げする動きを含め、 

     下半身の屈伸をし、 
  足の裏側の筋肉らが、
  ちょっと、痛いかな、 
 という位の度合いで、 

  足の筋肉らを曲げ伸ばしすると、 

    血管らを構成する、  コラーゲン、   
  という、  
  『  繊維状な、 タンパク質  』、  らが、
   より、  壊れて、
  新しい、コラーゲン、 な、
  タンパク質の繊維らが、 形作られ、 
  血管らの若返りを成す事が、 出来て、 
   動脈らの硬化を防ぐ❗ 、
     という     】     ;
      。


      ◆◇       シナとの密約がある❗、
   アメリカの裏の実態を明かした、
   アメリカの要人からの直言❗  ;
   2016/  1/30 1:9:30  ;

     Pillsbury氏 : 
  ニクソン政権から、対シナ政策を担当。 
  今は、 国防総省の顧問で、
  ハドソン研究所の、中国戦略センター所長❗  ;
   ・・まずは、   アメリカが、 同盟国な、
  日本には、  全く、知らせずに、
  軍事や、安全保障の面で、 
  中国に与えてきた援助について、
  アメリカに、
その意図や責任を問い質すべきだ。 

     ☆      三橋貴明氏❗    ;

    財政破綻すると、 どうなるの?
    財政破綻論者さんに教えてあげる❗   ;

     2020-   7-12    8:7:5
チャンネルAJER更新しました。
「日本をダメにした財務省と経団連の欺瞞(前半)」三橋貴明 AJER2020.7.7
  ws.formzu.net

政治的に分断された日本国民 我々はどうするべきなのか?[三橋TV第260回]

 
コロナ対応で暴かれた安倍政権が腐敗した理由

【夜桜亭日記 #119】モデルで元レースクィーンの高家望愛さんをお招きしました
[桜R2/7/11]

 さて、財政破綻論者やハイパーインフレ論者は、
   貨幣、財政、経済の仕組みについて
   全く理解していませんが、それっぽい
  レトリックを繰り返すことはできます。

 しかも、特定のレトリックが完全に論破されても、
  別のレトリックを持ち出し、「恐怖プロパガンダ(appeal to fear)」を繰り返す
  ことができる。
人々の不安心理に付け込み、ひたすら
「破綻するぞ~、破綻するぞ~」と煽り続ける。

 嘘がバレても、すぐに他の嘘を繰り返すことができる。ある意味で、
  凄い人間たちです。とても真似できん。

 彼らが次々にレトリックを変えるため、結局のところ
「財政破綻って何なんだ?」という、根本的な問題が
有耶無耶にされてしまっています。
まあ、それも目的の一つなんでしょうけれども。

 財政破綻とは、「政府の債務不履行(デフォルト)」です。

つまりは、政府が
負債の返済や、利払いが、できなくなる❗ 、 ことで、他に
  定義は、ありません。
 
「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。
  デフォルトとして如何なる事態を想定しているのか。(by財務省)」

 と、財務省が、
自ら、日本のデフォルトが、あり得ない❗
  、と断言していますが、理由は単純に
  「自国通貨建て国債」であるためです。

   日銀に国債を買い取らせれば
  政府の返済への負担が消滅する日本政府が、
   財政破綻する可能性は、
    ゼロ  ❗  、 です。

 逆に言えば、ユーロ加盟国、及び
    外貨建て国債の発行国らは、普通に、
    財政破綻の可能性はありますし、しています。

 ユーロ加盟国はともかく、なぜ多くの国の政府が
  「外貨建て(≒ドル建て)国債」を発行しなければならないのかと言えば、
   為替レートの安定化のためです。

 例えば、固定為替相場制の国が
   貿易赤字、経常収支赤字の場合、政府は常に
  「ドルで自国通貨を買う」為替介入を続けなければ、
  一定の為替レートを維持できません。

 あるいは、為替レート暴落を防ぐために、変動為替相場制であっても、ドルで
   自国通貨を買う「為替防衛」をせざるを得ない国もあります。

 そして、政府の外貨(いわゆる外貨準備)は、政府が
   上記の逆売買、つまりは
   自国の通貨で、外貨を買うオペレーションをしなければ、 普通は
   手に入りません。

 とはいえ、実際には
   固定為替相場制の国のほとんどが
  貿易赤字、経常収支赤字であるため、 自国の通貨で
  ドルを買うオペレーションは、できません。

 だからこそ、ドル建て国債を発行し、
   国際金融市場から
   ドルを調達。

    政府が、ドルで、 自国通貨を買い戻す
   為替介入により、
   固定為替レートを維持しようとするわけです
  (あるいは、為替レートの急落を防ぐ)。

 そして、外貨準備が尽き、ドル建て国債の再発行も不可能となると、普通に
  デフォルト、財政破綻。
 
【三橋貴明の音声歴史コンテンツ 経世史論】

特別コンテンツ「近現代史研究家・林千勝先生
【大東亜戦争の真実~国際金融資本とルーズベルト~】」が視聴可能となりました。
 
財政破綻するとどうなるの? 財務省さん、教えてあげるね[三橋TV256回]

 で、今年3月に「財政破綻」したレバノンを取り上げました。

【レバノンのインフレ率(%)】

 レバノンは高インフレ国というか、インフレ率が
   恐ろしく不安定な国です。
  90年には、インフレ率が
  70%近くにまで急騰していました。

 3月のデフォルトを受け、レバノンの1ドル=1507   LBPの
   固定為替相場は
    維持が、 不可能となり、
   実勢為替レートは
   1ドル  =  8000  LBP  超に急落しています。

    となると、  輸入物価が、普通に、
   5倍以上に跳ね上がり、 輸入インフレになるか、そもそも、
    輸入が、不可能になるわけです。

『レバノン軍、すべての食事を肉抜きに 食料価格の高騰で❗

【7月4日 AFP】経済危機が深刻化し、食品価格が高騰している
  レバノンの軍当局は、勤務中の兵士に提供する
  すべての食事で肉の使用を取りやめた。
www.afpbb.com
  
    国営メディアが、先月の30日に伝えた。
 レバノンは、   1975  ~  1990年の内戦以来、
   最悪の景気低迷にあえいでおり、今や
    人口の約半数が貧困にむしばまれているという。

 同国の通貨の対ドル公式レートでは、   1ドル
   (  約  107円  ) 、が、    1507   レバノン・ポンド
   に設定されているものの、
    闇市場では、  1ドルが、  8000  レバノン・ポンド超
    に急落している。
 
     非政府組織(  NGO  )の消費者保護団体によるとこの結果、
   食品の価格は、昨秋以降、少なくとも
     72  %  、 の急騰をみせた。

     通貨が暴落し続ければ、   価格の、
    さらなる上昇が予想されている。

    そうした中で、  レバノン国営通信(NNA)は
    経済危機を理由に、同国軍が 
  「勤務中の兵士らに提供される食事から肉を完全に抜いた」と報じた。

 先月30日の時点で、ラム肉   1キロ当たりの販売価格は、  2か月前の
   3万  レバノン・ポンド   (   公定レート換算で、 約  2100円  )  から
    8万  レバノン・ポンド  (    公定レート換算で、 約   5700円    )に、
    また、   牛肉   1キロ当たりの価格も、
    1万8000  レバノン・ポンド  (  約  1300円  )  から
   5万  レバノン・ポンド  (  約  3500円  )  超に
    上昇したという。

    レバノンは、  食料品の大半を輸入に頼っており、
   外貨不足と自国通貨の急落により、
   輸入が、 コスト的にも高くつき、困難になっている。』

 レバノンが、 デフォルトに陥ったのは、国民経済として
  「供給能力不足」のためです。

     供給能力が足りないため、ひたすら貿易赤字が膨らむ。

    輸入価格の急騰による、 高インフレを防ぎたければ、
   固定為替相場制を採用するしかない。

 そして、貿易赤字・経常収支赤字国の政府が
  「ドル」を手に入れるためには、
    【     ドル 、を、 単位とする、 お金な数値で、
    返済するべき、  必要性のある     】 、
    ドル建て国債を発行するしかない。
 
 ドル建て債務をひたすら膨らませ、  レバノン政府は、
   固定為替相場を維持してきましたが、  最終的には、
   ギブアップしました。

 結果、供給能力不足という「レバノン経済の特徴」が顕在化し、
  国民は、 モノ不足、サービス不足に苦しむ。
 これが「財政破綻」でございますよ。

 つまりは、財政破綻派が
   日本の財政破綻を「本気」で恐れているならば、
「  財政支出により
   需要を拡大し、供給能力
  (モノやサービスを生産する力)を高めろ❗  」
 と主張しなければならないのです。

 ところが、現実の財政破綻派は
   「財政破綻する! 政府の財政支出を削れ! 増税しろ!」
  と叫んでいるわけで、彼らが
   どれだけ、バカなのか、頭が弱いかが、分かるのですよ。

 財政破綻論者は、 ことごとく黙らせ、
  日本の虎の子の供給能力を守らなければなりません。
   さもなければ、遠い将来ではありますが、本当に、
   財政破綻の可能性が芽吹いてしまいます。
 
「日本国の供給能力を守れ!」に、ご賛同下さる方は、
   ↓このリンクをクリックを❗ 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント