日本医学; 和方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; 酸化ストレス❗ ➕ ウイルス❗ 、による、 挟み撃ち、を防ぐ。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

          ☆       『  酸化  ストレス❗  』    ;
       と、  ウィルス、 とによる、  挟み撃ち❗    ;
    血潮の糖の値らでの、  ジェット・コースター     ;

      ▽▲      日本医学 ;   和方 ❗  ;
 三石分子栄養学➕藤川院長系;   代謝医学❗  ;

    ☆    代謝員らの合体性の度合い、
  による、 代謝ら、の、あり得る度合い❗  ;

   タンパク質な、  酵素    コウソ  、
  と、   
  補酵素    ホコウソ   、 な、  
   ビタミン 、か、
   補因子 、な、  ミネラル 、
   とは、
   文字通りに、  『   合体   』、をする、
  事により、  
   『  代謝  』、 な、 働きを成し合う、
   代謝員ら、 であり、
    
      この代謝員らの合体性の度合い、
  が、 一定以下である場合らにおいては、
   どの、代謝、も、成されない❗ 。

     人により、 
  代謝員らごとの、合体性の度合い、
  が、 異なる、 だけでなく、
  同じ一人のヒトにおいても、
  その、 代謝員らごとに、
  合体性の、 能く、成され得る、
  あり得る、度合いは、
  異なり得る❗  。

    この、 三石分子栄養学➕藤川院長系 、
   で、 言う所の、

     代謝員ら、ごとの、
  代謝を成す上で、 必要な、
  合体性 、での、 あり得る、 度合い、
  らの系でもある、
    『   確率的  親和力   』、 
  らにおける、 不足性、らを、
  より、 埋め余し得るような、
  度合い、ら以上の、  度合い、らで、 
  
   必ず、 その一方に、
  タンパク質、らを、 含む、
  
   あるべき、 代謝員ら、 への、
  飲み食いなどによる摂取ら、
  を、 成し付ける、
   事が、
   人々が、 その命と健康性とを、
  より、 確かに、 より、 能く、
   成し得てゆく上で、
  他の何よりも、
  圧倒的に、 重要な事であり、
    
    これの度合いを、 欠けば、欠く程に、
      人々に、 あるべき、 代謝ら、 の、
  全体へ対する、  数   %   、 以内の、
   代謝ら、を、 成さしめたり、
   代謝ら、の、 連携性、 を、 より、
  断たしめないようにしたり、 する、
   事で、
    人々の命や健康性を、
  より、よく、成すべき、
  運動ら、や、 薬らに、
   手術ら、などの、
   あり得る、 効果らの度合いらは、
  より、 小さくなり、
 
    それが、 一定の度合い以上に、
  欠けてしまうと、
  何をしても、 助からない、
  状態に、 誰もが、成る❗  。

    その、 持ち前の遺伝子らが、
  ウィルス 、などによって、
   改変されて居らずに、
   その、持ち前の、 特定の、
   タンパク質らを、
  細胞ごとに、 作らしめる、
  能力性ら、を、 改変されていない、
  のであれば、
   その、細胞ごとに、 含まれてある、
  遺伝子ら、へも、向けて、
  必ず、 その一方に、
  タンパク質らを含む、
  あるべき、 代謝員らを、
  あるべき、度合いら以上の、
  度合いら、で、 投与し続ける、
  事が、
  ハゲてある人々へ、
  自然に生える、 髪の毛らを、
  取り戻してやり、  
    植物状態な、人々へ、
  その動作性の意識性らを取り戻してやる、
   上で、 必要な事であり、

   この度合いらを欠けば、欠く程に、
  それらは、
  より、 得られ得ないものにされる❗ 。

    現実に、 植物人間状態から、
   意識性らを取り戻し得た、
   人々は、 存在している、
  が、
    その事の裏には、
  あるべき、あり得る、代謝ら、が、
 その人々においては、
 復活させしめられ得た、
 という事が、
 欠かし得ない、 要因性を帯びて、
  あり得ている❗ 。

      健全な、 構造らや、 機能ら、 を、
  その体が、 成し得ていた時期のある、
   事は、
   そこに、 健全な、遺伝子ら、の、
  日頃の仕事らを成す事における、
  健全性が、 一定の度合い以上に、あり、
    それらによる、 あるべき、
   代謝ら、を、 より、 未然にも、
   そこなってしまわないように、
  より、 あるべき、代謝員ら、への、
  あるべき、度合いら、での、
    摂取らにおいて、 より、
  漏れら、を、成し付けないようにする、
   事で、
  その、 あり得る、 健全性ら、などを、
  より、 損ない得ないようにする事が、
   より、 全く、 欠かし得ない、
   必要な条件である、 事として、
   その事を成し得る、  前提に、 
    ある、 事を意味し得ている。


    電子強盗ら、による、害ら、と、 銅 、の過剰性 ❗
     19/    1/29   16:18    ;

     ◇      ガン細胞たちは、 ブドウ糖だけ、 を、 
   唯一の、主な、栄養分としてあり、 
   糖質を制限する事を含む、 
   ビタミン・ケトン療法は、 
   ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、 
  ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。 

Cancer cells are only glucose, 
only, as main, nutrients, 
including limiting carbohydrates, vitamin / ketone therapy 
can also be used to starve cancer cells , 
It will reduce the possibility. 

      タンパク質たち、と、 ビタミンら、に、 
ミネラルら、 を、 完全以上に、
飲み食いなどして、 摂取し続ける、 事が、 
一部の人々を除いた、 
ほとんどの人々の健康性を成し続ける、 
代謝ら、を、 
完全以上に、 成し続ける事に、 必要であり、 
これら、を、 より、 欠いてしまう事は、 
万病を引き起こす、 可能的な度合ら、を、 
より、 余計に、 成す事を意味する。

       ☆    健康長寿ネット❗   ;

      ◆    『   酸化  ストレス   』 、 とは、

  「     酸素      O      、  と、 何彼が、   結び付く、
     などして、
    その他者から、      負電荷、 な、
    電子     e➖     、   を、   引き寄せて、  
    自らの枠内に、     2つの電子らから成る、
    『  不対電子  』、  を、 成す、 などする、
      向きに、  働く、
     『  電子強盗  』、  な、 自らを成す、
       事や、
       そうした、 電子強盗な、 物が、 
        電子    e➖   、 を、   他者から、
   引き寄せる、 事を通して、
   その他者を、 電子強盗を、 より、
   働き得る、 状態にして、  さらに、
   電子強盗を作る事を連鎖させもする、
   『   酸化   』
     、 な、   反応により、 引き起こされる、
   生きてある体、な、  生体にとって、
    有害な作用❗    」 、
        のことで、

     必ずしも、  酸素    O    、 だけでは、ない、
   電子強盗 、な、 『  活性  酸素   サンソ  』
     、
      と、 
  それによる、   電子強盗を差し止める、
   『   抗  酸化  システム   』    ;
(    抗  酸化  物質    )        ;
     、 
      や、 
   『  タンパク質から成る  』 、
     酵素      コウソ    、  らの内の、
   『  抗  酸化  酵素   コウソ  』
     、 
     との、
   『  バランス  』  、 として、
    定義されています。

       ここでいう、 「   酸化   」  、 とは、
    何らかの分子に、
     酸素    サンソ    原子 、が、 結合する❗
    、  ことです。

  地球をとりまく大気には、
  酸素    O    、  が、    約  21 % 
   、 で、 含まれています。

     私たちは、 呼吸をすることで、 
  この酸素    O    、   を取り入れ、
    食品を食べることにより、

     炭水化物、 な、 『  糖質  』  
    、に、
    脂質、や、  たんぱく質、 などの、
   栄養素を、 からだの中に取り込んでいます。

      取り込んだ栄養素らから、
   私たちの体の働きようらを成す、 元である、
  『  エネルギー  』 
     、 をつくる❗
    、  のに、
    栄養素を燃やす❗
    、 こと、 すなわち、
  『    何彼    ➕    酸素    O    』    、 な、
     "  酸化  "    
    、が、 必要です。

 一方で、
    電子強盗らを作り出す、
    『  酸化  』
    、は、
   体の中の全体で、 起こっている❗
   、  ために、

     酸化により、 
   細胞が傷つけられる❗
   、  ことが、あります。 

    これが、 『   酸化  ストレス   』 、 です。

    発生した、 『  酸化  ストレス  』 
    、 に対し、

    電子強盗、 な、 活性酸素 、 を除き去る❗ 、
    能力、 である、 
   『   抗  酸化  能   』
     、 が、   より、 
  追い付かない状況になる❗
    、  と、

    酸化 ストレス 、が、たまっていく❗
   、 事になります。

       その原因には、
   虚血や、 心理的・肉体的ストレス 
   、 といった、
   病気によるもの、

   紫外線や放射線・大気汚染・タバコ・薬剤 、
   ・金属・酸化された食べもの、 などをとる、
    などの、
  日常生活の要因によるものが、あります。

    また、 
   過度な運動も、 酸化ストレスを高める❗ 、
    要因らの一つです。

 摂取した栄養素らは、   体の中で、分解され、
   細胞たちの各々の中に、 
    一個から、  数百個以上は、 ある❗ 、 
   『  ミトコンドリア  』
     、での、  酸化な反応により、
     エネルギーへの源、 な、
     『  ATP  』      ;
 『   アデノシン   3   燐酸   リンサン   』     ;
     、  に変換されます。

    この過程で、 過剰に発生した、
    電子強盗を働く、 
   『  活性  酸素  』
      、 によって、 
  『  酸化  ストレス  』
     、 は、 亢進し、

      その、  3つごとな、 一つごとの、
   並びよう、 が、  遺伝情報、 でもある、
   『  塩基  』、らからも成る、
   『  遺伝子、の、本体  』、 な、
   『  DNA  』    ;
  『   デオキシリボ  核酸   』     ;
      、 や、 
    『  タンパク質  』
     、 といった、
   生体への成分を酸化させている❗ 
    、 のです。

    酸化された、  DNA 、や、 タンパク質の中には、 
   血潮の中や、 尿の中に出てくる物も、ある❗
   、  ために、
  血液への検査や、 尿への検査で、 
   分かる❗
   、 ことが、あります。

       ◇      『  活性  酸素  』 、  とは、
    酸素    サンソ   O     、 を利用して、
  自らを働かしめる、 エネルギー   、 を作り出す、
  『   好気性  生物   』
     、 が、 
  酸素    O    、   を消費する過程で、  発生する、
    副産物、  な、  電子強盗❗  、 のことです。

    体に取り込まれた、  栄養素らの多くは、分解され、
    『  グルコース  』    ;
    (    ブドウ糖    )    ;
    、 や、
   『  脂肪酸  』    、 となり、

       細胞ごとの中にある、
   『  ミトコンドリア  』
    、で、 酸化されます❗    ;

   (     酸化的   リン酸化   反応❗    )  。

     この時に、   酸素     O    、  は、
    他の分子との間で、
   自身がもつ、 電子    e➖     、を、 うけわたす❗
  、  ことで、  不安定となり、

    他の原子や分子から、 電子を奪いとる❗ 、
  電子強盗を働く、 
  『   活性  酸素   』    
    、 と呼ばれる、 物質に変わります。

     活性酸素は、   元の物質である、 
   酸素     O     、  に比べて、   ずっと、
  他の分子を酸化して、
   新たな、  電子強盗に仕立てる、 能力が高い❗
  、  という、 性質をもっています。

  活性酸素らの多くは、   それを除き去る、
  タンパク質から成る、 酵素    コウソ    、 や、
   抗酸化剤  、で、  消し去られます。

   この仕組みを、
「    酸化ストレスの防御系    」
    、 と呼びます。

 しかし、
    過度の運動や、  運動不足、に、 
  偏った食事、や、 喫煙、 などの、
不健康な生活習慣、あるいは、
  慢性の炎症❗ 
    、 などによって、
 活性酸素の生成と消去のバランスが、くずれると、
  『  酸化  ストレス  』 
    、 が生じ、
   老化や老年病への原因となる❗
   、 可能性があります。

      一方で、   活性酸素は、 
  有害な働きようらだけではなく、
  体にとって、 有用な働きようも成してあり、

      例えば、   感染がおこった時には、
   動き回る、 単細胞でもある、 好中球 、 などの、
   免疫細胞 、 からつくられる、 
   『  活性  酸素  』 、 は、
    病原な、 微生物から、  その枠内の、 
  電子   e➖   、 を、  次々に、 奪い去って、
    解体する、 事において、
   病原な、 微生物を殺す❗
   、  のに、 役立っています

     ≒ 
   【     大食い細胞 、 とも言う、
『  マクロファージ  』  、 ら、などは、
病原、 な、 細菌、 などを、 自らの身柄で、
 包みこみ、  より、 その電子を奪い去る事で、
  ボロボロに、 解体して、 殺してしまう❗     】
      。

    ◇      活性酸素に、 細胞が攻撃されると、
   その細胞の膜の脂質が、 酸化し、 細胞で行われる、
  「    栄養と老廃物の出し入れ    」 
     、 が、
   なめらかには、行えなくなります。

     また、
    細胞の核が、損傷すると、  その細胞が死滅したり、
    その中の遺伝子らのどれ彼が、
    その含まれてある細胞の内側の、
    色々な、 アミノ酸たち、 から、
   タンパク質らのどれ彼らを成さしめる、 
    事において、  
   ガン細胞を作り出す❗
    、 向きに、 働かされたり、
 
       血潮に乗って、  それの及ぶ、 体のあちこちへ、
   コレステロール 、 を配り置く、 働きを成す、
 『  悪玉  コレステロール  』  、 などとも呼ばれる、
  『  低分子  コレステロール  』  、 な、
  『   LDL  コレステロール   』
    、 が、
    酸化されると、  血管の老化を促進します❗ 。

     このように、  活性酸素は、
      細胞を傷つけて、  死滅させたり、
   ガン細胞を成さしめる、 向きなどへ、 余計な、
    圧力を掛けたりする❗
   、  事によって、
    老化を促進する❗
    、 という事が、分かっています。

   『  酸化  ストレス  』  、 が高い❗
   、  状態が続くと、

    私たちの体を構成する、   全ての、
   細胞らの各々の内側で、   膜に包まれて、ある、
    遺伝子 、の、 本体な、
 『   デオキシリボ   核酸   』    ;
    ≒
    『   DNA   』     ;
     、 や、 
   タンパク質、 に、 脂質、 とか、  糖質 、 が、
   酸化されていきます❗
   、 が、

    現在では、  色々な病   ヤマイ   、 において、
  これらの、 酸化ストレスにより、 変化した分子が、
   蓄積している❗
    、ことが、 わかってきました。

       例えば、  糖尿病 、 では、
     酸化された、 糖 、と、 タンパク質 、 とが結合し、
    異常な、 『  糖化タンパク質  』
  、が、 増えている❗
   、  ことが、 わかっています。


      ◇◆     『  糖化の害  』   ;
 【     ブドウ糖、 などの、 炭水化物、な、
  糖質が、
   血潮を往き来もする、 タンパク質、
  ら、や、 脂員ら、へ、結び付いて、
   その体の、あちこちの、 構造の丈夫性を、
  そこなったり、
   あり得る、 機能らの健全性などを、
  そこなったりする、
    現象な事ら❗     ;
     
      日本人たちにおいては、
    60人に、 何人かの割合でいる、
     脂員への代謝ら、や、
    アミノ酸などから、 ブドウ糖を成す、
   『  糖新生  』、 な、 代謝ら、に、
   障害性のある、 人々は、
   その体の外側から、 
  ブドウ糖などな、 糖質を摂取し付けるべき、
  必要性を帯びてある、
   が、
   それでも、 糖化の害らは、あり、
  その個別な、必要分ら、を、超える、
  度合いら以上で、
   炭水化物らを摂取すべきでは、ない❗ 。

    ただし、  水へ溶ける、  水溶性な、
  食物繊維、としてある、 糖質は、
   その人々の血糖値を、 より、 上げずに、
   その体の健康性への足しになる、
   その、 腸内細菌たちへの、
   栄養分となる、ので、
   水溶性の、 食物繊維、な、
  糖質らに限っては、 より、
   腸内細菌たちへ向けて、  
   腸内細菌たちへの主である誰もが、
    摂取し付けるべくある❗     】   ;
         。

          また、   
    動脈硬化を起こした血管では、
   『  酸化された脂質❗  』
    、 が蓄積し、
   血管の内腔が狭くなり、
  血潮が、流れにくくなっています。

      さらに、 
   アルツハイマー病、や、パーキンソン病、
  などの、 高齢者に多い、  脳の病でも、
   『  酸化した、 タンパク質❗  』
    、 などが蓄積していますし、
   
   『  酸化  ストレス  』  、 により、
    細胞が損傷を受けると、
  その細胞は、 やがて、 ガン化します❗ 。

 このように、   強い酸化ストレス 、 により、
   酸化された生体内の分子は、
  色々な病ら、への、 原因となっている❗
   、  可能性があるのです。


        ☆      三石分子栄養学 ➕ 藤川院長系によると、
     銅     Cu     、 の、 体での蓄積での、
    過剰性 、 への、 要因らの中には、
    亜鉛 、 の、 不足も、ある❗
    、 との事だが     ;

    ☆     科学ニュース速報❗   ;

    医学  】  ;        ダウン症での、  酸化ストレスの亢進に、 
   銅     Cu    、の蓄積が関与❗ 、 
   京都薬科大学が発見❗    ;

      京都薬科大学は、 病態生化学分野の、
  石原慶一講師、 秋葉聡教授らの共同研究グループは、
   これまでは、 メカニズムが不明であった、 
   ダウン症 、における、  脳での、 『  酸化  ストレス❗  』
 、 の、 亢進に対して、
   銅    Cu     、の蓄積が関与している❗
  、 ことを、  世界で初めて、見いだした。

      これは、     銅の量的な変動が、
    ダウン症 、 の病態に関与している❗
   、  可能性を示唆する、  新規の知見だ。

     今後のダウン症の病態メカニズム、
    への理解、や、 治療法の開発に、
    大きく貢献する、 と期待される。 

     ダウン症 、 は、 
  約   7百7人に、 1人 、 の確率で、
  発生する、   最も頻度の高い、
   染色体異常❗  、  として知られている。

      通常は、 2本である、 
    21番の、 染色体 、 が、 
   3本      ;    (    トリソミー    )   、 となる、
     ことで、
   精神の発達での遅滞や、
   記憶と学習での障害、 といった、
    色々な症状らが現れる。

    これらな、 ダウン症の症状らには、
   『  酸化  ストレス  』     ;
    ≒
 【     電子強盗、ら、による、 害ら、や、
   あり得る、害ら、 の、 全体である、
   酸化、 な、 作用による、 有害な作用ら     】      ;
    、
    の、 亢進、 の、
    関与性が示唆されている。

      すでに、 石原氏らは、 
   ダウン症の、 モデル・マウスの脳においては、
  『  酸化  ストレス  』  、 の亢進の在る事を、
    明らかにしていた❗ 。

       が、 
「     ダウン症において、 なぜに、
  酸化  ストレス   、 が亢進するのか     」 
  、  については、 不明だった。 

     今回に、 共同研究グループは、
   『  金属イオン  』  、 を含む、 
    多くの元素らの量を、 網羅的に、
    解析できる、
「    メタロミクス  解析  技術    」 
   、  を用いて、 
    ダウン症、 の、
  モデル・マウスの脳において、
   銅     Cu    、が、 過剰に蓄積している❗
   、  ことを発見した。

      さらに、 銅  、 についての、
    低減食 、 を与える❗
   、  ことで、
   脳での、  酸化ストレスの亢進や、
   一部の異常行動らを抑制する❗
  、  ことを見いだした。 

       今回の成果は、
   ダウン症での、酸化ストレスの亢進や、
  ダウン症の症状らにおいて、
    銅の蓄積の関与を示唆するものであり、 
   今後は、 
   病態メカニズムへの理解、や、治療法の開発に、大きく貢献する
   、 と、期待される。 

論文情報:【Free Radical Biological & Medicine】
   Copper   accumulation   in   the brain   causes 
   the elevation   of   oxidative  stress    and 
  less    anxious   behavior   in   Ts1Cje   mice, 
   a  model   of   Down   syndrome 

       ID:u0h+lP9E     ;
    水銀の蓄積は、わかるが、銅で?  。
   だとすると、色々と、問題だぞ。

     ID:OYBC1kX9    ;
   十円玉に触っちゃいけないの? 。
    ブロンズ像の作家は、 発症率が高いの? 。
  高級レストランの職人は、
   銅メッキ鍋で、やばいの? 。

      ID:+maIkZ0Y    ;
   ぐぐったら、   ドックベストセメント 、
   っていう、 鉄と銅イオンで殺菌する、
   虫歯治療があるね。  要注意だね。

        ID:tcdptD/4    ;
     銅の蓄積が、 原因なのか、
結果として、起きている現象なのか、
が、 わからん❗ 。
   重金属への代謝は、 
  他の金属の代謝とも絡むので、
  単純には、言えないかな。


        ◇◆     『  亜鉛   ➕   銅  』   ;
  【     亜鉛   Zn    ➕     銅   Cu     ;

    ・・水へ溶ける、 水溶性、 な、
    物ら、の、全てを引き受けて、
  処理する、
  『  腎臓たち  』、 の、 各々の、
  どちらか、や、 両方から、
 『  エリスロポエチン  』、 なる、
  ホルモン、 が、 血潮へ送り出され、
  それが、
  『  骨髄  』、を成してある、
   細胞らへ届く、と、

 『  赤血球  』、 たちが、 
  より、 作り出されて、
 血潮の量が、 増やされもする、
  事になる、 が、

  『  赤血球  』、 を、 作り合うのは、
  ビタミン   B群   、 に含まれる、
  補酵素   ホコウソ  、 な、
  『  葉酸  』 、 に、 
  同じく、 補酵素 、 な、
『  ビタミン  B12  』、 と、
 『  鉄  Fe  』、 だけではなく、

 『  鉄  Fe  』、 を、
  しかるべき所らへ送り届ける、
 『  銅  Cu  』、 も、
  必要なのだ ❗ 、 という。

  この、 『  銅 Cu  』、 は、

   イカ、や、 タコ、の血潮にあって、
   自らへ、 酸素   サンソ   O  、 を、
  くっ付けて、 彼らの各々の、
  体の細胞たちへ、 それを送り届ける、
  運び員をやっており、
   それが為に、
  イカ、や、 タコ、の、血潮らは、
  青く見える状態を成してあり、

    人々の体らにおいては、
   白髪に成る、のを防いで、
  より、 髪の毛ら、などをして、
  本来の色を失わずに、
  在り続けさせるべく、
    髪の毛らの根の所で、 入れ替わるべき、
   色のある新手と、  能く、
  入れ代わるようにする、
  働きも成してあり、

 三石分子栄養学➕藤川院長系らによると、
  『  銅  Cu  』、 への、
  過剰な摂取による、 害らは、
 『  亜鉛  Zn  』、 への、
  摂取を、 相応に、 成す事で、
  防がれ得る、 という     】   ;
      。

      ◇◆     『  銅  』   ;     Cu    ;
 【     その原子の核を成す、  正電荷、な、
   陽子    ;     プロトン    ;     、  が、
    29個 、  があり、
  よって、 その原子番号が、  29 、 の、
  金属な、 元素であり、
   人々が、 その体の外側から、 必ず、
   摂取し続けるべき、
   必須の、 ミネラル、 の、
   16種のうちの、 一つ❗     】  ;
          。

      ◇◆   『  亜鉛  』   ;     Zn    ;
  【     その原子の核を成す、  正電荷、な、
  陽子    ;    プロトン    ;      、 が、
   30個 、 があり、
   よって、   その原子番号が、   30  、 の、
    金属な、 元素であり、
   人々が、  その体の外側から、 必ず、
  摂取し続けるべき、   
   必須の、 ミネラル、 の、 
  16種のうちの、 1つ     】   ;    
         。


        ☆      酸化 ストレス ❗ ;

【      19/ 6/4    ;    西川潤子 女史   ;
     江部先生の講演を聞いてみたい❗ 。
   先生のご本で勉強させていただいている、
眼科医です。

    6月9日の徳島入りを検討していたのですが、
往復で、 7,8時間を要する、と、わかり、
断念しました。
糖尿病の患者さんに、栄養指導をしても、
結果が出ず、
透析や、コントロールの悪化に、悩んでいました。

    糖質制限を、数か月前に知ってから、
   患者さんには、 
肉に魚を、何ぼを食べても、 いい、から、
白米、パン、うどん、焼きそば、 を、
たべるな❗、 を、 声を大にして、
指導しております。

   先生のお話を直に聴く機会があれば、
ぜひ、参加したい、と、 願っております。
大阪の近辺での講演のご予定は、近々、
ありますでしょうか。
ご教授お願い申し上げます      】 。

   ☆    ドクター江部❗   ; 

    こんにちは。
  眼科医の西川潤子先生から、コメントを頂きました。
ありがとうございます。

     確かに、  糖尿病網膜症の患者さんが、
   糖尿病内科から、 眼科に紹介されたとしても、
    食事は、 
 「     従来の糖尿病食     ;    (    低カロリー高糖質食     」 
   、 です。

     これでは、   眼科医が、 いくら努力しても、
   「    糖質への摂取    ➕    薬物での療法    」 、 による
  『    血糖値の乱高下と酸化ストレス    』
     、は、
   防ぎようがない❗
    、  ので

    糖尿病網膜症も、 悪化の一途を辿る❗ 、
   しか、ありません。

     また、  従来の糖尿病への治療において、
     短期間で、   HbA1c      ;
≒ 
  『    エイチ・ビー・エー・ワン・シー    』     ; 

    ≒ 
    【      血潮をゆく、 赤血球らの各々の中に、
    沢山にある、 タンパク質と、鉄分、 
とから成る、 ヘモグロビン 、 たちの各々は、
   最大で、 4つの、 糖 、 な、 分子、 を、
    結び付け得る❗
    、 が、
   その、 ヘモグロビン、 と、
  糖、 な、分子、 とが、 結び付き合ってある、
   『   糖タンパク質   』   、     の、 
    存在の度合い、 や、
  それを反映する、 検査による、 数値     】    ;

   ≒ 
  『    グリコ・ヘモグロビン    』 、の値     】     ;

       、 が、  急速に改善する❗
    、 と、

    かえって、 糖尿病網膜症が悪化する❗
    、  ことが、 知られていますが、

     やはり、  血糖値の乱高下による、
  多大な、  『  酸化  ストレス  』   ;
   ≒  
   【     他者から、    電子  e➖    、 を、  自らの側へ、
   引き寄せる、  電子強盗ら、が、 成り、
   働く、 事による、 生きてある体への、
    有害な作用 、ら     】     ;  
      、
     の、 リスク 、 のため❗ 
      、 と、 思われます。

      確かに、  インスリンの注射や、  SU剤 、
    などにより、   急速に、
    血糖値が改善した❗
   、  場合には、
    改善の速度が速いほど、に、
    網膜症の悪化率が高かった❗
  、  という、  論文による報告があります。

      実際に、  日常の臨床な上でも、
   糖尿人を診察しておられる、医師においては、
   経験があること、と、思われます。

      とは言え、
     一時的な、悪化は、あっても、
  長期的には、  血糖への制御が良い方が、
   網膜症にも、良い❗
    、 ということも、
    報告されています。

      それでは、   糖質への制限食によって、
  血糖値が急速に改善した場合は、
   どうなのでしょう?。

   網膜症の悪化や、 眼底出血の心配は、
   ないのでしょうか?。

    実は、当初は、  私達も、糖質への制限食で、
  インスリンの注射による、以上に、 速やかに、
  血糖への制御性が、 良くなるので、
 このことを懸念していました。

    幸いして、  1999年に、  高雄病院で、
    糖質制限食を開始して以来の経験で、
   糖質制限食による、 改善では、
   基本的に、 網膜症の悪化は、
   ありませんでした❗
   、 ので、
  今は、 全く、 心配は、していません。

      しかし、

  ( A )     インスリン注射や、 SU剤による、
     急速な、 HbA1c   、の改善❗  :

     網膜症の悪化❗ 、や、  眼底出血❗ 、 あり。

    何故に、  網膜症の悪化や、 眼底出血があるのか、
    現時点では、 原因は、不明❗ 。

( B )     『    炭水化物     ➖       食物繊維    』 、 な、
   『  糖質  』、  への摂取での制限による、   より、急速な、
    HbA1c   、の改善❗  :

     網膜症の悪化なし❗  。

    こちらも、何故に、 網膜症が悪化しないのか、
    現時点では、 理由は、不明❗ 。

    ≒
   【     ビタミン・ケトン療法、 の、
   水野院長 、によると、
     『  インスリン  』、 が、  余計な、
    『  血管  新生  』、 や、 ガン細胞の増殖❗
   、 などへの、  促し、も、成す     】
          。

      同じように、    HbA1c  、 が改善する❗
   、  のに、
  なぜ、 こうも違うのか、 疑問が残ります。

      平均での、  血糖値       ;
   (    HbA1c    )  、が、
    同じように、良くなる❗
    、 にもかかわらず、に、

     インスリン、や、 SU剤の投与による場合と、
     糖質制限食による場合で、
このように、 明暗が、分かれるのには、
    必ず、 理由があるはずです。

   それで、  以下は、 あくまでも仮説ですが、
    考察してみました。

     以前は、  長年にわたって、
  血糖への制御への評価の基準として、
    空腹な時の、 血糖値、と、 
   HbA1c   、とが、 使用されてきました。

       しかし、  近年の信頼度の高い研究により、
     空腹な時の、  血糖値 、と、 HbA1c  、とが、
    制御性が、良好でも、
   糖尿病合併症は、 防げない❗
   、  ことが、 わかってきたのです。

      それどころか、  糖質を普通に摂取しながら、
    インスリン注射や、 SU剤で、
  厳格に治療すると、
  総死亡率が上昇する❗
    、 という、
    信頼度の高い、 エビデンス      ;
≒       証拠      ;         、 が、 報告されました。(*)

   すなわち、  『   食後 高 血糖   』 、 と、
    『   平均   血糖   変動幅   』  、との増大が、
   最大の、 『  酸化ストレス・リスク  』
     、 であり、

     糖尿病合併症への元凶❗ 
   、  という事が、 わかってきたのです。

≒ 
   【      食後に、 血糖が、 余計にある、事と、
  平均しての、 血糖、 の、 増えたり、
減ったりする、 度合いの幅が、
大きく成る、 事と、が、
その体で、  余計に、 電子強盗らを成して、
  その体の、 構造ら、や、 機能ら、 の、
   健全性を、 より、  そこなう、
   悪さらを成さしめもする、
   事によっても、
  糖尿病への合併症ら、が、
  より、 成り立たしめられ得る、
    という事が、 分かって来た❗      】     ;
           。

      空腹な時の、 血糖値、 と、  HbA1c 、
   とだけによる、 評価では、
   『   食後 高 血糖   』
   、 と、
『   平均  血糖  変動幅   』
    、 との、
   増大ぶりは、 
   全く、 知る事が、 できない❗  、 のです。

    人体は、 
【      自らの枠内の、 負電荷、 な、 電子  e➖
    、を、  他者へ奪われて、 自らを、
   新たに、 電子強盗へ仕立てられる、
   原子や、分子ら、 が、 成る      】
     、
   『   酸化、な、 反応   』
     、 と、
 【      電子強盗らを差し止める、
 働きようが成される      】 
   、
  『    抗   酸化  反応    』 
    、 との、
  バランスがとれていると、
   正常に機能します。

   『   酸化、な、 反応   』 
    、 が、
『    抗  酸化  反応    』 
   、 を、  上まわった状態を、
 『   酸化  ストレス   』
    、 と、 いいます。

  『    酸化  ストレス    』 
    、 が、
    糖尿病合併症・動脈硬化・老化・癌 、
・アルツハイマー・パーキンソン、 等の、
   様々な疾病らへの元凶❗
   、  と、 されています。

   このことは、 世界中の医学界において、
   認められています❗ 。

      炭水化物な、 糖質を普通に摂取しながら、
   インスリン、や、 SU剤で、
  厳格に治療して、 
    HbA1c 、 を急速に下げると、
    低血糖も、 生じやすくなる❗
   、  し、
     平均での血糖の変動幅の増大も、 
     必発❗ 
    、と、 なります。

          つまり、
  ( A )、の場合は、    見かけな上では、
   HbA1c  、は、 急速に改善した❗
   、   ように見えても、

       その実態は、
   『   低 血糖❗   』
     、 と、
  『   平均  血糖  変動幅  増大   』
     、 という、
   最大の、 酸化ストレス・リスク❗
   、をともなう、
『   質の悪い、 HbA1c   』
    、 だったのです。

     従って、
    網膜症の悪化や、眼底出血を生じた、
   可能性が高いのです。

   世界的な、 眼科外科医の、 深作秀春先生も、
  私と同意見で、以下のコメントを頂きました。
(**)

『     まだ、  糖尿病性網膜症が、 軽いので、
   糖尿病内科の専門医に、 
  糖尿病治療を委ねましょう 、 
   と、紹介します。

   そして、 内服薬や、インシュリン 、
   などを使って、
内科医は、 急速に、血糖を下げようとするのです。

     食事療法で、 
カロリーへの制限もしていますが、
糖質のご飯は、 同様に、 食べさせています。

    つまり、  ご飯を食べて、 高血糖になり、
  それを、 インシュリン 、で、 
無理やりに、 下げる❗
   、 と言う、 
『   血糖のジェット・コースター   』
   、 を成す、 状態、 と、 なります。

その結果にて、 1か月もすると、
糖尿病性網膜症は、 良くなるどころか、
どんどん、悪化しているのです 』 。

一方で、(B) 糖質制限食で、
HbA1c 、 が改善した場合には、
薬も使用していないので、
『 低 血糖 』、も、
『 平均 血糖 変動幅 増大 』、 も、 無い 、
『 質のいい、 HbA1c 』 、 なのです。

そのために、 
急速な、 HbA1c 、の改善にもかかわらず、
網膜症の悪化が、 無い 、 と、考えられます。

これらにより、 糖質制限食の場合は、
急速な血糖値の改善 、 にもかかわらずに、
網膜症の悪化が生じにくい、
と、考えられます。

既に、 インスリン注射や、
SU剤 、 を内服していて、 ある時に、 
糖質制限食を開始して、
血糖値・HbA1c 、が、 
急速に改善していく場合も、
インスリン注射や、 SU剤の量は、
基本的に、 減量されていくし、
あるべき、 代謝らの全般もら
改善されていくので、 
糖尿病網膜症は、 起こりにくい、
と、 思います。

糖質を摂取して、
インスリン、や、 SU剤の、
効能らだけに依存して、
血糖値を下げた場合 、 と、
糖質制限食で、 薬物に頼らずに、
自然に、 血糖値が改善した場合との差、
すなわち、
『 低血糖 、 食後高血糖 、
平均 血糖 変動幅 増大 』、 からの、
『 酸化 ストレス・リスク 』 、 が、
両者で、 全く、 異なる、
ことが、 お解りいただけたでしょうか。

なお、 過去の高血糖のため、 すでに、
糖尿病網膜症が存在している時は、
糖質制限食で、
血糖への制御性での良好性を維持していれば、
糖尿病網膜症の進行は、
徐々に止まる、 と、 思います。

そして、 時間をかけて、 ある程度は、
改善する、 可能性は、あります。

しかし、 糖質制限食で、
血糖への制御性が、 良好 、 となっても、
既存の糖尿病網膜症が、
メキメキと治る訳では、ありませんので、
念のため。

それから、一定の糖尿病罹病期間があって、
血糖への制御性が、 悪かったけれど、
その時点では、 網膜症は、 無い 、
と、 言われていた人が、
糖質制限食を開始して、
血糖への制御性が、 良好 、 となり、
数ヶ月後に、 眼底検査をしたら、
軽症の、 単純網膜症 、 が発見された、
というようなことが、 まれにあります。 

これは、 糖質制限食の開始の時点で、 既に、
潜在的な、 網膜症は、 あったのが、
時間的経過で、 顕在化したもので、
高血糖の記憶 (***) 、 によるもの、
と、 思われます。

すなわち、 糖質制限食で、
網膜症になったのではなく、
過去の高血糖の借金が、
顕在化したもの、 と、 思われます。

以上、 仮説の段階ではありますが、
それなりに説得力のある説明、
と、 自負しています。

(*) 2011/ 7/18 、 の、 本ブログ記事
「 ACCORD試験の死亡リスク 、と、低血糖 、と、
SMBG サブ 解析 2011 」 
をご参照ください。

(**)2016年 5月9日 ( 月 ) の本ブログ記事
「 眼科・深作秀春先生のコメント。
糖尿病専門医の治療で、網膜症が悪化 」
をご参照ください。

(***)2010-11-14のブログ
「 高血糖の記憶と 、 AGE 」
をご参照ください。 

        ◇       『   酸化 ストレス   』、 の、
    成り立ってある状況では、
    電子強盗ら、が、 それを差し止める、
   働きようら、を、 より、 上回って、
    存在し得てあり、

    その生体が、 電子強盗らにより、
   その、 健康に生きて行く上で、
   あるべき、機能ら、などを、
    より、 阻害されるべくある。

       ◇    『   電子 強盗   』、な、 
  『   活性  酸素   』、 らは、
    その宿る宛   ア   ての体で、 
    悪さばかりをしている、のでは、なく、

    例えば、
  『   大食い細胞   』 、 ともいう、 
血潮の内外を、 自ら、 動き回れる、
 単細胞、な、 免疫を成す細胞である、
『   マクロファージ   』 、 が、
自らの、 呑み込んだ、 細菌へ対し、
  自らの側の、 『   活性 酸素   』
     、を宛て、
  その細菌の枠内にある、 電子  e➖   、
   を、 『   活性  酸素   』 、の側へ、
    引き寄せさせる❗
    、 事によって、
   その細菌の、 単細胞、 である、
  体を、 バラバラに、して、 殺す❗
   、  といったような事らを成す事で、

     『   活性 酸素   』 、らは、
  その主な人々の体の、
   健康に生きて行く上で、
  あるべき、構造や、機能ら、を、
  より、 守り得ても来てある❗  。

     ◇      電子強盗らを差し止める、
   代謝員である、 『   補酵素   ホコウソ   』 、な、 
  『   ビタミン   』  、 としては、
 『   子宝  ビタミン  E1   』 
   、 などの、
   ビタミン    E   、 たちや、
ウィルス 、の本体を断ち切りもする、
『   剣豪   ビタミン   C   』
    、 などがあり、

   これらは、 互いの、 
  電子強盗化も、 より、 差し止め合う❗
  、  ので、

    それらの各々への摂取らに、
   時間差は、 あっても、 善い、
    が、

   より、  あわせて、 摂取し続けるべき、
  あり得る、健康性らへ向いた、
    筋合い、 を、 それらは、帯びてある❗ 。

        ◇       タバコ 、 などによる、
   『   酸化 ストレス   』
   、 への防御で、
  より、 手一杯にされる、 人々は、
  より、 風邪をひかされやすく成る❗
   、 と、 判明 ❗     ;

    ☆     『   酸化 ストレス   』
    、 への、
  防御性、 の、 度合い、 の、 増し減りと、 
  『   風邪への要因な、 ウィルス   』
     、 への、
  防御性、 の、 度合い、の、それら、 とは、
  反比例し合う❗
   、 関係性のもとにある、
   とも、 判明❗   ;

「     季節の変わり目や、 寒い時期になると、
風邪を引きやすくなってしまう     」
  、  という人は、 多く、 
     アメリカでは、
1年間あたりに、 延べで、
5億人が、 風邪をひき、 そのうちの、
2百万人が、 入院するほどに、
  重症化してしまう❗
    、 とのこと。

   そんな、  風邪を引いてしまう場合と、
   引かない場合、との、 違いに、
   細胞が持つ、 2 態譜   タイフ    ;
≒     『  2 タイプ  』     ;
    、 の、
  防御機構らが関係しているかもしれない    」
    、 と、 研究で、 明らかになった。

    Regional   Differences    in   Airway   Epithelial   Cells   Reveal   Tradeoff
    between    Defense   against   Oxidative   Stress   and
    Defense   against   Rhinovirus:      Cell   Reports

     Why   Some  People   Catch   a  Cold   and   Others  Don't

      毎年に、 多くの人が、 風邪をひくが、
    中には、 風邪を引き起こす、
    代表的な、 ウイルス 、 である、
ライノ・ウイルス  、 などにさらされても、
   体が、 風邪ウイルスに抵抗して、
    風邪にならない人も、いる❗。

     その一方で、 あえなく、
   ウイルスにやられて、 風邪をひく人もいる。

     そこで、  研究チームは、
   健康な被験者から、 その、鼻孔の細胞と、
   肺の細胞、とを採取し、

     風邪を引く場合と、 引かない場合、
  との、 違いを、
  細胞の防御機構、 という点から、
明らかにしようと試みた。

   鼻と肺の細胞について、
    研究致務が、 調査したら、
 
      これらな、  細胞らは、
  ウイルスに対する、 防御機構 、 と、
   『   酸化  ストレス❗   』
    、 に対する、
  防御機構、 とを併せ持っている、
   ことが、 判明。 

         ◇     『   酸化   ストレス   』
     、 は、
   生きてある体、 な、 生体、において、
    電子強盗を働く、 物質らなり、
   分子らなり、が、    酸素   O    、 と、
   結びつく、などして、 成り立ち、

     その、 他者から、 電子  e➖     、 を、
    自らの側へ引き寄せて、 奪い去る、
    電子強盗を連鎖させる
    、事により、

     その体の構造らや機能らの健全性、などをそこなう、
    損害性らを成して、 ある、 状況や、
    成し得る、状況、 あるいは、
   そうした状況がある事、 や、
   そうした状況による、 損害性ら   、
     が、
     それらを、 より、 未然にも、 差し止める、
   『    抗  酸化  能   』、 らの全体の度合い、より、
     余計に、ある❗
    、  現象な事、   あるいは、 そうした状況     】
               。
    
      ・・加えて、 
   特に、 『   鼻の細胞   』 、 たちは、
  『   ウイルス   』  、 に対して、
    強い防御機構を持っており❗ 、

   『   肺の細胞   』 、たちは、
『   酸化  ストレス   』 
    、 に対して、
  強い防御機構を持っている❗
 、 ことが、 わかった
     、 とのこと。

      つまり、   鼻の細胞たちは、
  『  ライノ・ウイルス  』 
    、 などの、
   風邪への原因となる、 
   『   ウイルス   』 、 に、
  強い抵抗力を持っている❗
    、    一方で、

      肺の細胞たちは、
   タバコの煙❗ 、 などに対して、
   強い抵抗力を持っている❗
   、  と、 している。

     研究致務は、 鼻や肺の細胞を含む、
   『  気道の細胞たち  』 、 が持っている、
   『   ウイルス   』 、 に対する、
     防御機構、 と、
『   酸化  ストレス   』 、 に対する、
     防御機構 、 という、
     2つの防御機構らは、 それぞれと、
     トレード・オフの関係にある     ;
   ≒ 
  【     どちらか、が、 より、 成り立つと、
  別の一方が、 より、 成り立たない❗
 、  関係性を成して、 それぞれ、が、 ある     】     ;
      、
    ことを突き止めた❗ 。

     たとえば、   鼻の細胞が、
   タバコの煙にさらされると、
  『   酸化  ストレス   』  、 に対する、
    防御機構が、 働く❗  。 

    その結果にては、   鼻の細胞は、
  『   酸化  ストレス   』  、へ抵抗する、
     反応性を強くする❗
    、 が、  

     その一方で、   『   ウイルス   』、 に対する、
   防御機構が、 弱まり、

   『   ライノ・ウイルス   』 、に、 さらされると、
    風邪を引きやすい❗
   、  状態になったそうだ。

     研究に参加した、 イェール大学の、
    医学部の准教授の、
   エレン・フォックスマン氏は、 
    「     気道の細胞は、
   ウイルス 、 だけでなく、
『   酸化  ストレス  、な、 反応   』  、 を引き起こす、 
   ほかの有害な物質に対しても、
   防御機構を働かせています    」
  、  と、 述べ、 

      気道の細胞は、 異なる、
  2態譜の防御機構らを併せ持つ❗
    、 ことで、
  体を守っている
 、と、 説明している。

        一方で、
   「     1度に、 1種類の、
    有害な物質に対しては、
    細胞の防御機構が、 うまく働きます。
       ところが、 
    2つの防御機構らは、
  トレード・オフの関係にある❗
   、 ために、
   1度に、 ウイルス、 と、
   タバコの煙、 とへ対するように、
2種類の有害な物質らに、さらされてしまうと、
   細胞は、  2種類の有害な物質らを、
   上手に防御することが、 できません❗    」
     、と、 語っている。 

      つまり、   タバコの煙に対しては、
    より、 しっかりと、 防御できるものの、
      ライノ・ウイルスに対する、
   抵抗性は、 より、 弱まってしまう❗
   、 という、  事態が、 発生するそうだ。

      研究致務は、 今回の結果について、
   なぜ、 喫煙者が、 風邪を引きやすいのか
  、 という事への、 説明になる、 とした。

     また、 
  「     酸化  ストレス❗   、 から、
    気道を守ることで、
   風邪に対する、 抵抗力を上げる❗
  、 という、 戦略への開発につながる、
  可能性も、あります     」 
   、  と、 語っているが、
    この考えを確かめるには、 
  更なる研究が、必要だ、 としている。

     ☆     加えて、 
   人々の命と健康性とを成し続ける、
   のに必要な、 
  より、  あるべき、 代謝ら、を、成し続ける、
   のに必要な、
代謝員ら、や、 栄養分ら、である、 
   タンパク質、ら、に、
ビタミンら、 や、 ミネラル、ら、への、
より、 漏れの無い、 摂取を成し続ける、
   事の、 度合いら、が、
より、 欠ければ、 欠ける程に、

     より、 当然に、 
  あるべき、 あり得る、 代謝ら、の、
  質としての度合い、や、
 量としての度合い、が、
   欠ける❗
   、 事になり、

    より、 当然に、
   万病を、 その主に、 引き起こす❗
  、  度合いらを、 余計に、成し、増す❗
   、 事になる、

    その分にも応じる、 負の度合いらが、
  その主の、 あり得る、健康性を、
   より、 阻害し得る、
  関係性の、 度合いとして、
   その主の、 あり得る、健康性の度合い、
  を、 より、 小さなものへと、
   減らし去ってしまいもする。

      ◇        人々は、 
   『  酸化  ストレス  』、 と、 
  『  ウィルス  』、 らとによる、  挟み撃ちを成さしめる場合には、
    その、 どちらかによって、  より、
    やられ易く、  重症化され易い、 立場にあり、

    『   武漢コロナ  』、 などによる、  あり得る、
  重症化を、 より、 未然に、 差し止め付ける上では、  より、
   『  酸化  ストレス  』、 などを、 日頃から、 未然に、
   差し止め付け得る、
   代謝員ら、への、 摂取らを成すべき、であり、
   その摂取らにおいて、  より、
  漏れ、ら、を、 成し付けないようにすべき、 でもある❗  。

      より、  あるべき、代謝らを成す事への、
   外因性なり、   手続き因なり、 な、
     入浴、 などの含む、
    より、  適度な、運動性らを成し付ける❗
  、  と、 共に、 
     より、 電子強盗らを、 その体に湧かしめる、
   過剰な、運動性らを、 差し止め付けるべき、
    必要性も、ある❗  。


  
     ◇◆       基礎から学ぶビタミンEー1.
  ビタミンEの位置づけ
基礎から学ぶビタミンEー2.ビタミンEの種類と作用
基礎から学ぶビタミンEー3.不飽和脂肪酸の自動酸化と脂肪酸ラジカル、および酸素の浪費
基礎から学ぶビタミンEー4.過酸化脂質の化学、およびビタミンE1(d-αートコフェロール)の抗酸化作用
基礎から学ぶビタミンEー5.ビタミンE1(d-αートコフェロール)の特性~抗不妊作用、フィードバックビタミン
基礎から学ぶビタミンEー6.生体膜のリン脂質二重構造、不飽和脂肪酸の自動酸化とビタミンE1(d-αートコフェロール)
基礎から学ぶビタミンEー7.ガンのイニシエーション(引き金)、プロモーション(後押し)とアンチプロモーター、ビタミンE1
基礎から学ぶビタミンE-8.動脈硬化、脳梗塞とビタミンE1(d-αートコフェロール)
基礎から学ぶビタミンEー9.糖尿病とビタミンE1
基礎から学ぶビタミンEー10.心疾患を改善するビタミンE1
基礎から学ぶビタミンEー11.不妊症とビタミンE1
基礎から学ぶビタミンEー12.不妊男性とビタミンE1
基礎から学ぶビタミンEー13.生理痛とビタミンE1
基礎から学ぶビタミンEー14.筋ジストロフィー、筋萎縮症とビタミンE1
基礎から学ぶビタミンEー15.皮膚疾患とビタミンE1
基礎から学ぶビタミンEー16.リゾゾームとビタミンE1

       ◆◇      『  段滝理論  』   ;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント