主権者; 世主 セス 、ら❗ ; 身近な、酸欠死、などへの、 リスクら❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

            ☆       身近な、酸欠死❗ 、などへの、 リスクら    ;

       ◇       観念系らへ対する、観得ない、外因性らの側の、因果系らの存在を、
  特に、窺わせ得る、因果型の現象ら❗   ; 
         2017/     9/5    10:22  ;

   【      観念系らへ対する、 外因性らの側における、
    あり得る、 因果系の在りようをうかがわせる、
     事例として、
   量子ら、 の、 もつれ、 に、 関わる、 
    実験らの結果の事ら、 が、 ある。

     一定の操作によって、
   『  もつれ  』  、を、 成し合ってある、 
   一対の、 量子らの、 片一方の、 状態 、 を、
     定め付けてしまう、 と、

       それに対応して、
   残りの一方の、 量子の状態も、 確定してしまう❗
      のだが、

     その、 反応の速さ、 が、 瞬時であり、

      光の速度でも、 それらな、 量子らの間の距離を、
   その瞬く間である、 時の間の内においては、 
    移動しおおせる事が、 できない❗ 
      、 というものだ。

      それは、  その、 量子らの、 
    片方の状態についての情報が、 瞬時に、 
  残りの一方へも伝わって、 
   その状態を、 変える、なり、 
  改めて、 そのままに、 定める、 なり、
   するように、 何彼が、 させしめた、
    という事なのだが、

     こうした類の事を成り立たしめる、 
    からくりら、は、   観念系らへ対する、 
    外因性らの側に、 あり得る、 
   因果系らにおけるものでも、 あり得る 。


     これまでにも、  外因性らの側に、 あり得る、
    因果系らによる、 現象らが、 
   人々において、 見過ごされ、 
   見落とされて来ても、 あり得る 。 

     観念系らへ対する、  外因性によるものら、と、
    内因性によるものら、 とを、
   一定な度合い以上に、 区別して観得てある、 
   分析型の体系知ら、を、
    自らにおいて、 構築し得ていない、 主らは、

    それぞれを、 それぞれの事情を成してあるもの、 として、 
   観念な、 関係性らの宛   ア   てにして観る、
   解釈の系を、 それだけ、 欠いてある訳だから、

      当然に、 外因性らの側に、 あり得る、 
   因果系らによっても、 あり得る、 現象らなどを、
  そのようなものとして、 観積もる事は、 
    できない、 訳でもあり、 

    そうした現象らの何彼らを、観察は、 し得ても、
  そうした可能性らについては、 当然に、 
   見過ごし、 見落とす事になる。 


      外因性らの側に、 あり得る、 因果系らへ対する、
    操作を成し得る 、 手筋ら 、を、 探り当てる事を、 
   意図して、 成し行ってゆく事において、
   初めて、 観得て来る事らが、 あり得る 。


      ◇     観念系ら、の、こちら側の都合らによらない、 あちら側による、 現象ら❗  ;
      19/    7/2    21:10    ;
    << 作成日時 : 2017/   9/6   14:34 >>     ;

  【        観念系らへ対する、
  外因性らにより、
呼び起こされて来てあり、 
     観念な、 
質としての内容を担わされてもある、
    感ら、や、
   それらの成り立ちによっても、
   呼び起こされる、 
  感じようら、に、 観ようら、 
    などは、
   ありふれて、 あり得て来てあるが、

    この、量子の、もつれ、を 利用しての、
   実験らにおいて、 
    明らかに成った事 、 な、

      光の移動する、速度で進んでも、  行きおおせる事の、 
      できない、 時間内に、 その距離を、 
      瞬時に、 超えて、 情報が、 伝わり、
     一対の量子らの、  片方の状態の、
      変化、や、 改めての、 定まりよう、が、 
      残りの片方の状態の、 
     変化や、  改めての、定まりよう、 を、
      操作して、 成してしまう、 
      という事においては、

      他の、 観念な、 
   質としての内容を与えられて、
   観念系らの各々に、 
  現れ出て来てある、ものら、に、含まれる、 
   法則性 、 という、 ものら、 の、
     一定な部分と、
  つじつまが合わない、 関係性のありようが、 
    露呈されてしまっている 。

      量子系の情報らの伝達の速度が、
    光速を超えて、
       成されてある事は、 

     物質性、 などの移動の場合とは、 
      異なる、 とし、

      観念な、 粒子としての、
   振る舞いようらも成し、
   観念な、 波としての、
    振る舞いようらも成す、

    『  光   』 、 というものでさえ、

    どんなに、 光源を加速されても、
    光らの自然に成して来てある、 
   一定な速度を、 超え得ないし、

      他の、  物質性のある物ら、 等も、 
    光速を超えない速度でしか、
    移動できない、
   という事とは、 関わりが、 無い、
     と、 主張する、 一定数の科学者ら、 
      などが、居るが、 

     この実験らの結果の事らが、示し得てある、
     重要な事らの一つ以上は、

     時としての間、を、 成す事を、無し 、に、 
    直ちに、 

     一定以上の距離を超えて、 情報が伝わり、 
     ある状態を成す、 操作性が、 成され得た、
    様   サマ   、 らが、 示されてある、
      事であり、

      その、  一定の距離の存在、 などを、 
   無   ナ   みするかのように、 超えて、
   成される事らが、 
   成り立ち果   オオ   せるに至る、 
   具体的な、 いきさつ 、 を、 構成する 、
      物事ら 、 が、
    我々の誰彼の許   モト   、に 、
    観念な、 質としての内容を与えられて、 
    現れ出ては、 いない❗
   、 という事だ。

       実験をした主らが、 
   そうした事らを伏せているのでなければ、
   そうだ。

      それらの実験らと、
    その、結果の事ら、が、
     成り立ってある事においては、

     一定の距離を、 ものともせずに、ある、
    外因性らによる、
     現象ら、が、 示されてあり、

      観念な、 
   質としての内容を与えられて、 ある、
   距離 、 などが、

      こちらの外因性らを成してある、
   ものら、 なり、
   からくりら、なり、 において、

     距離 、 ら、 との、 関係性ら、 を、 
   物事らに在らしめて来てある、 
   外因性ら、 に、よって、 
   我彼が、 観せられ得て来てあるような、 
   距離らを占めてゆくようにも、 成される、 
   物事らの成り立ちようら、や、 
   時の費やされよう、 
  などを、 抜きにして、

      より、 直に、 
  片方の量子の状態への操作 、が、
  因としての働きを成して、 
   ほぼ、 同時に、 
  残りの片方のそれへの、
   操作を呼び起こす、 結果の現象 、 を、 
   実験らへの主らへ、 観せる、 
    因果系 、 を 、呈し得ても、 ある。 

      これらの実験らでの事らを、 喚起し、
    呼び起こし得ても、 ある 、 
   外因性ら、 の側な、 
   観念系らへ対する、 
   向こう側においては 、

    観念な、 質としての内容を与えられて 、 
   現れ出る、 ものら、 からも、 成る、
    距離ら、 や、 
  それに関わっても、 成り立ち得る、
   物事ら、を、 我彼の観念系らへ、 
   成り現しめ得て来てある、
   外因性ら、の、
   その、 働きよう、の、 成して来てある、
     関係性ら、 などが、 まるで、 無い、 
    ものら、 であるかのように、 
  より、 相手に、 されていない、 
     可能性もある。

      別口の、 外因性らによって、 
     呼び起こされ、
    成り立って来てある、 ものら、 が、
   この、 外因性らによる、 
    現象らにおいては、
   より、 欠けて 、 在る。 

     外因性らによって、 呼び起こされもして、
   成り立って来てある、 世界ら、を、 
   我々の各々である、 
  観念らの成り立ち合う系ら、
    の、 各々、 と、 その全体とにおいて、
   観念な、
質としての内容らを担   ニナ   わされて、 
構成し得て来てある、 
物事ら 、 へ対して、

    その、 外因性らを、 
より、 観ないままにする、
事をも、成す事において、

筋道立てて、 その、 ありようら、や、
あり得ようら、 を、 思い分け、
思い構えて観てゆくと、

     どうしても、 一方では、
   成り立ってある様らが、 
観察され得てある、 設定ら、が、
別の一方では、 欠けてしまう、 
というような事にもなる。 

      それは、 観念系らの、
こちら側に、 成り立ってある、
    観念らの、 
秩序性なり、 規定性なり、 に、合わせて、 
外因性ら、を、 成して来てある、 
観念系らへの、 あちら側に、 
あり得るものらが、
在り得てある訳では、 なくて、

       あちら側に、 あり得る、何彼らによって、
   こちら側に、 観得てある、 何彼らが、 
   成り立って来てある、 から、 だ、
    と、 考え宛て得る事でもある。 

     こちら側の都合らに合わせて、 
   あちら側の何彼らが、 
   成り立って在り得てある、
    訳では、 無い 、 から、 だ 、
    と。

       観念系らにおける、
    好き勝手な、思いようら、でもある、
    内因性ら、 が、
   外因性らを成してある、
    観念系らには、 
   より、 無い、 ものら、 を、 
    全く、 左右し得ない、 とする、
    証拠は、 観当たり得ては、居ない、し、

       逆に、
    音な、 感らを呼び起こす、
  振動性 、 などの、
   観念性ら、 や、
   それらによる、 物事ら、が、
   外因性らを成す、 ものら、へ、
   影響性らを成し得てある、
    と、 観るべき、
   証拠ら、も、 
   全く、観当たり得ては、居ない、
     が、
      量子ら、の、 もつれ、 を、利用した、
    実験らにおいて、
  時間性が、 無みされる、 様や、
  距離性が、 無みされる、様が、
  観察され得てある、 事、 
 などを、きちんと踏まえる、 ならば、

       例えば、
    宇宙を探索するに当たって、
  より、  外因性らを能動的に利用し、
  より、  時間性を無みしたり、
     距離性を無みしたり、し得る、
    外因性らを探り当て、

       そうした外因性らの系らの、
    働き得ようら、へ、
   観念性らの側から、
    影響性らを宛て付け得る、
  方法な事らを成す、 事において、

      より、 自在に、 
   地球のヒト類員ら、が、
   より、 遥かな領域らへ、
   より、 瞬く間に、 そこここの、
   情報らを得られる形で、
  何らかの物を行き来させ得る様にする、
    事、 などへ向けても、
   思案系らを成し、
  実験らを成すようにする、
   事も、 望ましい事では、あろう。


       いずれにせよ、
    日本国民たちは、 より早くに、
  日本国民たちの足元の、 地下へ、 より、
    どこからでも、 より、 速やかに、 落ちついて、
    歩み降りてゆき得る、 避難経路ら、と、
    より、 快適に住める、 避難所らとを、
   作り拡げてゆく、 公共事業らを成す❗
    、 事により、

    日本の、 財務省の役人めら、と、 与野党の、
   主な政治家めらとが、

     英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、
  自らもまた、 オウム返しにして、主張し、
    実行もする事において、

      誰彼の心臓を圧迫する事で、
  その血潮らの流れ得る量を、 少なくする❗
    、が、
   ごとく、

       日本政府の財政における 、 
     『   緊縮  』   、 を、
   繰り返し、 成す事を通して、

   彼らへの、 主   アルジ   、の立場にある、 
   日本の主権者としての日本人たちへ、 

    あり得る、 物価だけではなく、 
  その、 あり得る、 労働らへの賃金らの水準へも、 より、 
    押し下げる向きへ、 圧力をかける、
    要因らの系である、
  『  デフレ  不況性  』 、を、 押し付け続けて来てある、

その、 『  デフレ  不況性  』  、を、 解消し去ってゆく、
   と共に、
  日本国民たちの防衛性の度合いを、
飛躍的にも高めてゆくべき、 
  ぎりぎりの状況にも、 ある      】 。 


      ◇ 湧き水の            濁りに続く            山津波 
               無い、水どもが            湧くも、先触れ・・。


   ◇  連れ去るに         浜から沖へ          離岸流 
            脇へ泳げば            ひろえる命・・。


    ◇ 水に塩           糖分も、欠け            熱を去る
                 風も欠ければ           沸く熱射病・・❗ 。


       ◇    複数の 、 務録   ブロク     ; 
  ≒       blog      ;        、 らへ、
     同時に、 記事を発信をしており、
  頂く、 論弁らの、 一つ、一つへの返信は、
   出来がたいので、 ご容赦を頂きたい。

    その論弁欄らは、 情報交換の場、
   などとし、 日記代わりにでも、 
   詩律句を発表する場としても、 
    好きに、 使われたし。


   ☆    精神科医 こてつ名誉院長のブログ ;

     ◇ 鉄不足があると、 ガンになりやすい❗  ;
        2017-   1-9    22:12:29    ;

    ☆       鉄不足→ 好気性解糖の機能の低下→
     嫌気性解糖が、 主導になる 。

      乳酸の蓄積 、   負電荷な、 電子らを奪う、
     酸性化 、 低体温化 。

これって、 すなわち、  ガンになりやすい❗
  、 ということですよね 。

    世紀の大発見か!、と、 思い、 
  「   ガン 鉄不足❗   」 、 で、検索したら、
   溝口先生が、 もう、指摘されていました。

   ガン、への治療に関して、 鉄不足への対策は、
    非常に重要❗  、 と、 書かれていました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 がんへの栄養アプローチでは、
   鉄が不足している患者さんへは、
  積極的に、 たんぱく質、と、 鉄 、 とが、 
   結び付いたものである、 
   『   ヘム  鉄   』 、 たち、 の、 補充を行い、
     鉄の欠乏への補正をしています。
 
      体内に存在する、 鉄 、たちのうちで、 
    鉄の原子が、 
  電荷の働きようを成してある状態にある、
    『   鉄  イオン   』 、たち、 が、 
   過剰な状態になることは、

    体内での、  電子強盗、な、活性酸素たちの発現を増し、

     さらに、  『  フェントン  反応  』  、 という、
        電子強盗、 な、  遊離基    ;
    フリー・ラジカル     ;       、 の発生の悪循環への、
    きっかけになるため、 当然として、
   がん 、 だけでなく、 
    多くの疾患らへの原因となる❗
    、 ことを示します。
 
    つまり、 ここでは、 鉄の過剰ではなく、

   『  鉄  イオン❗  』  、の、 過剰な状態は、 危険である❗

   、 というように、 明確に、 
   表現を区別しなくては、なりませんっ❗ 。



      ◇◆    『  乳酸  』     ;  
 【    C3    ➕   H6   ➕   O3    】    ;
     、  
    『  ブドウ糖  』   ;
  【    C6   ➕   H12   ➕   O6   】  、
  を、  真っ二つにした、  
   形態をしており、   

     それに対して、
       『  ピルビン酸  』    ;
 【    C3    ➕    H4    ➕    O3    】    ;
   、  は、
     『  ビタミン   C  』   ;
  【     C6   ➕    H8   ➕   O6    】  ;
   、 を、 真っ二つにした、
   形態をしており、

      ブドウ糖から、 水素  H 、 の、
   4個 、 を去っただけの形態をしており、
   ブドウ糖 、に似ている、
   ビタミン  C  、 たちは、
   それらへの代謝らを成す、
   タンパク質な、 酵素   コウソ  、 や、
    その健全性を、  より、 欠いてある、 
   ガン細胞たちへ、 それらへの、
  主な、 栄養分である、
   ブドウ糖 、と、 間違わせて、
   取り込ませると、
   ガン細胞たちの各々を、 より、
    自滅させ得る、  と、いい、
    そうした、
   ビタミン・ケトン療法において、 
   ビタミン   C 、 たちは、
    使われ得てある❗     】   ;
       。


     ◇◆    『  乳酸回路    ;     コリ回路  』  ;

     【       『  糖 新生  』  ;         
(   gluco  neo  genesis   )  、とは、

    主に、  肝臓
 (   その他に、 腎皮質や、小腸の上皮  )、
   で、  行われ、
   糖質   、  以外の、    グリセリン
  (    グリセロール    ) 、 や、
  アミノ酸  、とか、    乳酸   、などから、
   グルコース
 (    ブドウ糖    ) 、  を合成する、
   ことを言う。

   この、 糖新生による、 『  乳酸  』、 へ宛てて成る、 代謝は、
  乳酸が増えすぎた場合や、
  飢餓の時に、  行われ、
  原則的には、
 解糖系の、  酵素     コウソ    、な 、 タンパク質、  の、   逆反応によって、
  『  乳酸  』  、たちは、  代謝される。

    運動により、 筋肉の内に溜まった、
   『  乳酸  』   、たちは、  血潮の中へ放出されて、
  肝臓に運ばれ、
 グルコースを合成する材料   ;
  (  基質  )  、に、 される。

    また、   赤血球の解糖系で生じた、
   乳酸も、 肝臓に運ばれて、
   糖新生で使われる。

    肝臓では、
   末梢の組織らから運ばれてくる、
  『  乳酸  』   、たちを用いて、
 グルコースに再生した後で、  再び、
  各組織へ送り出して、
  それら、な、 ブドウ糖ら、 は、    エネルギーの消費    ;
   (    酸化   )  、   に使われる。

    この、 『  乳酸  』 、 が、 肝臓に回収されて、
  『  糖  新生  』   、 な、 代謝ら、が、成し行われる、 過程な事を、
 「   乳酸 回路   (   lactic  acid  cycle   」 、
    と言い、 別名を、
「   コリ 回路    (  Cori cycle    」   、
       という     】    ;
           。

   
       ☆       華夏の文物は、 
    華夏人らが、 
   古モンゴロイドから、 辺境らへ、 分かれ出て、
  寒さに特化しただけの亜種である、
  モンゴロイドである所からして、

    超白人種、な、 古モンゴロイドの人々、の、
  文物らを基にして、成した、亜流な物である、
   というだけではなく、 

     唐王朝が、 滅ぼされた後の、
   5代➕国の時代までに、
     シナでは、 
    仏教系の文物らが、 戦乱により、
     廃り、 滅ぼされた事から、

     日本に保存され、 日本人たちの思想な事柄らや 、 
   それらに基づく、 解釈を成された 、
  仏教系の文物らが、 シナへ輸入されて 、 
   日本式の仏教系の文物らが、
   新たに、 シナで、 
   仏教系の文物らを興さしめ得た様に、

      華夏の周辺の人々が成した、
   文物らの輸入を成す事を繰り返し、 

     それらの所々を保存し得ていた物をも、
  輸入して、 再興する形を成す事を、 
    繰り返して来てある物であり、 

    『   文字は、 東夷から伝えられた❗   』
    、と、
   華夏員らが、 自ら、記し伝え得ている、
    宛ての物もあるが、 

    記し得ていない宛ての物らについても、 
  相当な物事らが、 華夏の周辺の地域らや、
   それらを経て来た物らであって、

      独自に発明し得たのは、 
   その、反社会的な、 儒教型の、
   部族道徳律の規定性らに適合する度合が、
   一定以上に高い、 反社会的な物事ら位だろう。 


    ☆     blog   東亜備忘録    :

         @       3万年前に、 
     現世の人類員らが、  日本列島へ定着した時期と、
   日本語や、 基本的な文化習慣が、 
    確立した時期に、
    大陸から、  中華 、 などの文物らを受け入れた時期との、 
    3局面に、 分かれる訳です。

      判らないのが、 2フェイズ目で、 
     この時点で、
   中華より前の、 文明や文化との接触が、あり、 
   何らかの流途らが確立していた
    、 と、 考えないと、 
   なぜ、 ユーラシア大陸の北方の人達の言語らと、
  日本人たちの言語が、 近いのかって事が、
     説明できない。

     中華の文化って、後から来たんじゃん、とW。 

   【     華夏の部族らの者ら、 が     】 、
    中華文明の成立から、初期の中華王朝までに、 
   大陸に、 広く分布し、
   【     その文物ら等を     】  、  伝搬していた印象を受けるが、

     実際には、 そう、単純じゃなく、
   別の、文化圏、や、文明圏の人らが、移動していた❗
   、 と、 考えないと、 説明できない。

  【     儒教式の価値序列の考えようにおける     】 、
      中華文明の優越性 、 が、
    ある種の幻想にすぎないって事になるW。


     ☆      儒教の祖である、 孔子    ;
  (    BC  551   ~    BC  479年    )  、 が、
     酢漬の人肉を好んで食べていたらしいことが、
       記録に残っています。

      江戸時代の儒学者たちは、
   論語の、 「    子曰   (   し、のた   )  まわく、
   孔子さまが、 おっしゃることには    」  、と、
  彼の言葉らを、 儒教道徳の規範、金科玉条として、
   教え、 崇拝しましたが、
   実は、 孔子には、 漢民族員の風習として、
   人食いの習慣があったことを、 
    ひた隠しにしていました。

     注: )
  「    ひしお、 醢    」 、 とは、 
なめ味噌の一種で、   大豆と小麦で作った麹    ;
(    こうじ    )  、に、  食塩水や、 醤油、を、
   加えたもので、
肉や瓜、に、 ナス 、 などを漬け込む為のものです 。


【      孔子の食べ付けていた、 醢肉、は、
   人の肉とは、 書かれていない、 から、
必ずしも、 孔子が、 人の肉を食べ付けていた、
とは、 言えない、 とする、 主張らもあるが、

   君主、 などから、 罪人の肉を下げ渡される、
   などした場合らなどに、 
   それを食べて観せない事は、

     君主などのした事や、 させた事への、
  非難の意思がある事を、 疑わせる事にもなり、

     公の人として、 社会交際をしていた事や、
    私人として、 社会交際をしていた事からも、

    人の肉を、誰彼と、共に食べる❗
   、 事などが、

    孔子の幼少の頃から、 ごく普通に、 
   成されていた、 としても、 不思議は、 無い。

    人食いを非難する、 という、 
   倫理的に、 あるべき行為を、 
     孔子らは、 成して居らず、

    公の役目についた者として、 
それを差し止める行為も、 成していない❗
   、 事は、 
    それに、 賛同していた度合いを、
  公に、 成すものでもあり、

    人食いの仲間であった事には、 変わりが、 無い❗ 。

     諸子百家の内の、 人食いを非難していない者らも、 そうだが、 
    非難していない者ら、の、多さ、と、
     歴史記録らに、 罪人とされた人々を殺した場合ら、などにおいて、

      その肉を、 殺した側の勢力の者ら、が、
   食べ合う宴   ウタゲ   、 を開いた様   サマ   、ら 、などや、 
     
      籠城戦らにおいて、   城塞な都市にこもった、
    華夏員ら、が、 互いを食べ合う事が、 
    繰り返されていた❗
    、  事とか、

       儒教型の、 部族道徳律において、
   より、 序列を、 低く、 観られてある側の、
    人々が、 自ら進んで、 序列の高い人へ、
    自らを食べさせる行為に類する行為らを成す事が、
   『   美談として、 褒めあげられて来てある❗   』
   、 事 、  などの、 

     甚だ、 夥   オビタダ   しい記述らがある事から、
      観ても、

       華夏員らにおいては、 
    その部族の内外における、 序列の、 より、 高い者ら、が、 より、 
  序列の低い人々を、食べる事の、
   そのもの、 は、 

     その部族倫理性から、 肯定され得て来てある❗
     、  事である、  と、  合理的に、
     観て取られ得る事であり、

     自らが、 より、 序列の高い者である事を、
   自他に、 より、 認めさせ得る行為としても、

      強姦 、 などと、 同じく、  
    人食いな行為ら、
  が、 在り来たって、 ある事なども、 
    うかがわせ得るものがある 。

       シナ朝鮮人らが、
    ベトナムで、  自らの側への、 味方に付いてくれた、
    ベトナム人たちを、 その油断をついて、
  集団で、 強姦し❗ 、  なぶり殺しにする
  、  事を、
    繰り返したり、

       日本人たちへ対して、 
   不意打ちをかけて、 対馬などで、
   集団により、  強姦と、なぶり殺しに、 
   手の平へ、 穴を開けて、 船縁へ吊り下げる、
   などして、 連れ去る、 拉致な行為ら、などを、
     何度も、 繰り返して来てある❗
    、  事や、

     合法に、 シナの内外に住まいしていた、
    日本人たちなどの所々へ、 集団で、
   押し掛けて、 強姦と、 虐殺に、 拉致する、
   行為ら、を、 繰り返し、

    『  通州事件❗  』 、  に類する事件ら、 などを、 多く、 成して来てある❗
      、  事などの基には、

    その、 儒教型の、 序列化差別性を成す事からも、 成り立ってある、 
    反社会性を極めるべくもある、 部族道徳律の、
     価値序列の観念体系ら
     、 と、
   それに適合する、 感体系ら
     、とが、
   その行動原理の体系として機能すべくも、
   華夏員らの一般に、 代々のものとして、
     受け継がれ得て来てある事が、 ある 、

      という事などは、 

     華夏員ら、の、 現状らへ至る、 歴史事らや、
  現代においても、 成したり、 成さないで、
  済ましたり、 してある事ら、の、
  より、 多くを、 観、 
   思い分けて観る事から、 
  より、 明らかに、 観て取り得る事でもある❗     】
          。

------------------------
切断頭骨121個 、 中国で見つかる ;
西日本新聞 ;

【 北京 ; 4日傍示文昭 】 ;

中国の北西部の甘粛省は、
天祝チベット族自治区で、

まゆの部分から、 上部が切断された、
頭骨ばかりが、 121個が、 発見された。

頭骨を調べた専門家が、
「   すべて、 人骨とみられる   」 、と、
指摘したことから、
警察当局は、 刑事事件に発展する、
可能性もある、 と, みて、
DNAらへの鑑定を行って調べている。

中国紙の新京報が、伝えた。

 同紙によると、
頭骨は、 3月27日、に、 
袋に入れられ、放置された状態で、見つかった。

当初は、 サルの頭骨 、 との、 
見方が、 有力だったが、
地元の蘭州大教授が調べた結果にて、
人骨の可能性が高いことが、分かった。

 同教授の鑑定によると、
頭骨の年齢や性別、死亡時期などは、
さまざまで、
骨らは、 のこぎりで、 切断されていた。

また、 のこぎりで、 切断した、 痕跡らが、
鮮明なことから、
切断してから、 それほどは、 
時間が経過しておらず、 いずれも、
死因と骨への切断とは、 無関係 、 という。
 
   地元では、
「    墓地を盗掘して、 頭骨を掘り出し、
切断した    」 、
「    工芸品にしようとしたのでは    」 、
など、 との、 憶測らが、 飛び交っているが、
すべては、 謎のまま。

警察当局は 、
「    DNA 鑑定で、 人骨 、 と、 確定すれば、
刑事事件になる    」 、 としている。 =
2006/ 4/4 付 、 西日本新聞、の、 夕刊 =

---------------
「    墓地を盗掘して、頭骨を、切断した    」、
「    工芸品にしようとしたのでは    」 。
    噴飯です。 お前ら、 食ったんだろ?

    例えば、 日本国内では、 既に、廃刊となった、
   「   食人  宴席   」 、 という、 本がある。

    文化大革命の時に、 中国の各地で、
   階級闘争を大義名分に、
「 走資家 」 、や、 「 四類分子 」 、 と、
呼ばれた、 無辜の民や、 党の実務者達が、

恨みや妬みをもって、 糾弾会で、
吊るし上げられ、 生きたまま、
腹を割かれ、 扇動者が、 
心臓や、 肝臓、を、 鷲掴みにする。

その後に、 数百の民衆員らが、
奇声を挙げて、 殺到し、
皮や、 全ての臓器らを、 自宅に持って帰り、
煮て、 焼いて、 食べる。

反革命分子の人肉を食らうことが、
共産党への、 最大の忠誠心の表れ。

但し、 心臓と肝臓と性器を食えるのは、
その糾弾会の主宰者の特権だった❗ 
   、 という。

  文革の時に、食われた、 中国人民は、
  数万人とも、 数十万人とも、 数百万とも、
言われます。
総死者数は、 数千万 、 ともいう。
死傷者数は、 億ともいう。


◇    食人宴席―抹殺された中国現代史 
2004年 7月20日 ;

  鄭義   ツェン・イー   氏の、
『   食人  宴席   』 ;

   シナ、の、 文化人、知識人、金持ちたちが、
  階級闘争の名のもとに、 リンチされたり、
   虐殺されたりした。

    裁判も法律も、さらには、 理由なども、
   関係なく、 目をつけられた者は、

  狂ったように興奮する群集に、
  「    殺せ❗   」 、 と、 言い立てられて、
  咎   トガ   なくして、 死んでいった。

    広西では、 それが、 虐殺に終わらず、
   人肉を食べる大宴会になった。

中国の広西省では、 文化大革命時に、
無実の罪で、 虐殺された人間は、
9万人にのぼる 、 という。

文化大革命は、 
1966年から、 十年も続かなかったのだから、 毎日毎日、 
   何十人も殺されていたのではないか。

鄭義氏は、 食人の3段階を記している。

まず、 処刑された死体を、 夜に、
こっそり、 解体して、 肝を盗んで、
持って帰る、 こそこそ段階、

高潮期には、 集会を開いて、
ライブで、 処刑、 その場で、 解体し、
おおっぴらに、 人食いができた。

    第3段階に入ると、 食人大衆運動期で、
人肉が、 目的であるかのように、
糾弾集会らが、 開かれ、
言い掛かりをつけて、 多くの人間を殺し、
いや、 まだ、 生きていても、
その肉を削がれていった。

手際のよい解体方法まで、 普及した。

胸のところを、 
  『   人   』 、 の、 字の形に、 切り裂いて、

下腹部を、 ドンと踏むと、

  肝臓と心臓      ;      (    おいしい部分    )   、が、
  ピョンと、 出てくるのだ。

   群集は、 毎日、 文字通り、 
  『   度胆を抜く   』 、 リンチで、
   大宴会をひらいていたのだ。


     ◇    日本の四国へ入り込んでいた、
  中国人が、 日本人の男性を殺した際にも、

   『    この、 人 、 という、 字の形、に、
   その胸を切り裂いて、 心臓を取り出す    』
   、 という事をやってあるが、 

    今は、  その事件についての、 裁判中 
  、 という事を、 口実として、
   四国の、 愛媛新聞だかへ、 電話で、
   我方が、 取材をした際に、
   そこの記者でもある、 その新聞社員が、
  その、 シナ人の、 名前なども、 
    教えられない❗
   、 と、 ほざいていた。 

    必ず、 こうした、 かばい立てをする者らも、 
   厳しく罰してやるべき、 必要性がある❗ 。

   この犯人は、 心臓を取り出す、 やり方を、
   実践し得てある所から観ても、
人民解放軍にいて、 こうした手際を習い得た、
  のではないか、 と、 
  元刑事の、 板東氏が、 述べている。
    

    ◇  2013年 8月18日 12時26分 読売新聞 
     和歌山県警、の、 海南署は、 
8月18日に、  和歌山県の海南市は、
    大野中の建具店を経営する、
   梅本忠弘さん      ;      (   70歳   )   、 方で、 
    17日に、
    自宅敷地内の井戸     ;
    (    直径が、 約  0・7  メートル 、で、 
    深さが、 約  7 メートル    )     、 へ、

     清掃、などのために入った梅本さんと、
   長男の家業手伝いの、 和洋さん    ;
  (   39   ) 、が、 
   いずれも、 意識を失い、
    搬送先の病院で、 死亡が確認された、 
   と、 発表し、 同署は、 
司法解剖、 などを行い、 原因を調べる。 

    同署によると、 
梅本さんが、 同日の午前9時30分頃に、
はしごを使って、 井戸に入った後に、 

     体調不良を訴えた為に、 
   和洋さんが助けに入ったが、 
  和洋さんも、体調が悪くなり、 
   井戸の近くにいた家人に、 救助を要請。 

    同10時頃に、 119番が入り、 
   2人は、 病院に運ばれたが、
梅本さんは、 正午前に、 和洋さんは、
同日の夜に、 死亡が、 確認された。 : 
   井戸には、 深さが 、 約 2メートルの、
  水が、たまっており、 : 

    消防隊員が救出した際に、 梅本さんは、 
  水の中に沈み、 和洋さんは、
  水面に浮いていた、 という。
   ◇   根途論弁群 ➕ 他 : 

     @     『   酸欠   』  、では、 一言で言うと、 
   急に、 眠くなる❗ 。 

   その瞬間は、 ヤバイ、とか、
何とかしなくちゃとか、 
余計な事は、 全く、 考えられない。 : 

   素直に、寝たい、 と思う状態。 : 

   温泉ポンプの交換工事で、
   地下の、  30  m    、 へ下がって、
   換気をしていた❗
    、 にも関わらず、に、
   この状態になった。

     同行の社長に、 
  往復ビンタをされなければ、
   死んでたわ❗ 。 

    @     子供の頃に、 用水路のトンネルへ、 
    肝試しで、 入ったりしてた。

    危なかった~、 親が怒るのも、
   無理は、 ない。
   大人になって、 解るね。 : 

   井戸も、 そうだが、 洞窟や、
   防空壕みたいな所とか、
   閉ざされた空間も、 やばい。

    汚泥処理のタンク、とか。 

   上部の点検口を開けて、顔を突っ込んだら、 
   気を失って、落下死亡、 とか、
    あったよね 。

      @      送風機なんて、 
    レンタルのニッケンで、
   1日に、 8百円なのに❗ : 

     @    『   酸欠   』  、 は、
    空気が無い訳じゃ無いので、
    普通に、 呼吸できる❗ 。 

    だから、怖い❗ 。

    『  ほんの数秒で  』 、
   血潮の中の酸素の濃度が低下して、
    ふらぁ~、 ぼてっ❗ 。 

      浅い井戸だと、 
   井戸の上に、 気流が有れば、
   滅多に、 酸欠には、 成らないだろうけど、
 
     土の中や、 井戸の中に、
   酸素らと結びつきやすい、
   鉄分  、 などが多いと、 酸欠になる❗ 。 
    @     311の地震で、
    田舎の井戸の内壁が壊れたけど、
大工仕事が好きな親戚らは、誰も直さず、
業者に依頼してた。

    素人が入ると、 危険❗  、というのは、
   共通認識だった。

    酸欠、転落、崩落、 etcetc : 

    @      長く使っていない井戸だったら、 
    底に、 ヘドロが溜まっている、
   可能性が有り、 
    『   メタン   』   ;
≒     『    CH 4    』    ; 
≒     『    炭素 C     ➕     水素 H  、の、4個    』   ;
    、 など、 が発生している、 
   可能性も高い。 
     火山地帯や、
  海水が流れ込で、いない、 地域らなら、
    硫化水素       ;       H2S      、 の、
    可能性は、 低い。 
     @      サイロで、 死人がでた事もあったし、
   随分前だと、 自衛隊員も死んだね。 
   酸欠は、 危機感の植え付けがないと、
     怖いね 。

     @      マンホールの中とかも、 
やばいからな。

よく、ゲームで、下水道なんかに入るけど、 
あれ、 やばいからな。 

    空気の流れが悪かったら、 
   酸欠で、すぐ、 人生が、 終わる❗ 、 から。 

     @      酸素の濃度の低い空気を吸うと、 
      肺、 での、  ガスらの交換で、 
    血潮の中の酸素   O   、 たちが抜けて、
      一瞬で、 酸欠になる。 

   だから、 息ができる所らが、 ヤバい❗  。

    @       子供の頃に、   『   ドライ・アイス   』    ; 
≒       『    二酸化炭素   CO2   、 ら、が、
    冷えて、 個体状態に成っている物    』     ; 
   、  を、 水に入れて、 

     水面に出来た泡に、 吸吐露   ストロ     ;
≒        ストロー      ;         、 をくっつけて、
    中の気体    ;       CO2 、たち     ;      、   を吸ったら、
    一瞬、 目の前が、真っ暗になって、
    倒れそうになったのを思い出した。 

    今に考えると、 結構と、 危なかった❗ 。 

【      こういった事例らや、 証言らを集めて、
科学的に検証する手続きを教えながら、
幼稚園や小学校の低学年の時から、 
危険予防学 、とでもいった物を、
生徒らに、 自ら構築させ合う、 
授業を行う事が、
最も価値のある授業を行い得る事になる。

     日本の主権者である、 日本人たちの、
命、と、健康性の存続とを前提とする、 
福利ら、や、 福利性のある物事ら、を、
より、 能   ヨ   くも、 最大限にも、成すべき、
   義務性、が、 
日本に在る事を、 日本の主権者たちから、
許されてある、 立場にある、 
日本国民らの自らも含む、 者らや、
日本の主権者たちへの執事の役にある者ら、
には、 ある、 のだから、

    可能的な実害らを、 より、 未然に、 
   防ぐ、 手立てな事らや、 
それらを成すのに、必要な知識らは、
地域講習や、 学校教育の場で、 当然に、
日本の主権者たちへ、
より能く、 伝えられねば、成らない。

     学校徒らを通して、 その身内員らや、
   その地域社会員らへ、 
そうした事らが伝えられもする事は、 
それが、 無い、場合に比べて、
甚だしく、 効率を良く、 
日本国民たちの、 より多くへ、 
そうした事らを知らしめ得る事にもなる❗      】
      。 

       @     鉄腕ダッシュ     ;
    (        、 という、 照演   テレン      ;
≒      テレビ      、 番組     )      、 で、 
    古井戸の再生をやってたけど、 

水質とか、 結構と、 
 アバウトに濾過されるんだね。 
確かに、 昔から、
使われなくなった古井戸の側では、
   『  遊ぶな❗  』  、  とか言われてるけどね。 

   @      知らない人の為に、豆知識❗ : 
    換気が行われてない場所には、
    絶対に、近寄ってはならない。 

  『   酸欠   』、 は、 見えない分、 
  めちゃくちゃ危険で、
   突然、人が倒れて、
それにつられて、 駆け寄った人も、 
   酸欠で、 ぶっ倒れる❗ 
  、 という、 連鎖的な反応が起きる。 

  これで、 今回みたいに、複数の人たちが、
  一気に死ぬ事態が起こる。 

    酸素が薄そうな場所に入った人が、 
  突然に倒れたのをみたら、 駆け寄らずに、 
  すぐに、 救急隊を呼ぼう❗。 

    @       あるいは、 息を止めて、 
   感電、 などにも気を付けて、
     助ける作業をする❗  。 

    @      硫化水素     H2S     、 かな。
    井戸とか、 洞道に入る時は、
  酸素の濃度と、 硫化水素の濃度とを、
   測定しないと、 危ないよ❗  。

     @     ウチの仕事場でも、
   井戸に似たような所を潜るけど、 

なぜか、 高所作業の免許が、 必要。 

   地下だけど、 高さがあるの    ;
  (    14 m    )     、と 、
   酸素関係が、 ヤバイからって、理由。 

     空気を送るのは、 正解。 

   実際に、 それで、作業してるし 。

    @     鉄腕ダッシュは、 一歩を間違ったら、
死ぬ番組だったんじゃ 。

【      番組内で、 可能的な、
危険事項らを繰り返し伝える、
事をしていないのなら、 問題だ。 

番組内で行われた事らに類する事らを、
見様見まねでやる人たちも、必ず、
一定数は、 出る❗      】
       。 

     @       自宅の敷地内の井戸なら、今までも、
  何度かを、 清掃していただろうに、
なんで、 今回だけは、
こんな事になったんだろうか。

    @       底に溜まった、 枯葉ら、
   などが腐敗して、
   有毒なガスが溜まってたんだろう。 

  @     旦那と息子を無くした、母親が、
   可哀想過ぎて、 泣けてくる 。

   @       温泉地で、
   雪の凹みへ降りた人が、
硫化水素   H2S   、 だかに、
やられて、 亡くなったりしている❗ 。

   一般の空気よりも、 重い、
ガス、 な、分子らが、
  窪みなり、 凹みなり、には、
たまり得る物である、事 、などを、
   より、 日頃から、
   言い合う関係性を、
身近な人々同士で、
作り合う事も、
こうした事故らを未然に防ぎ続ける、
上で、 大切な事だ。
公共の教育でも、やるべきだ❗。


     ☆       正と負の倫理差の一般性ら❗      ;
  解放を急ぐべき、シナによる、桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗
    19 /   3/25   19:10      ;

     ☆      ピーター・バラカンさんが、
   司会を務めていた、 テレビ番組の、
20年以上前の、『    CBS   ニュース   』 、で、
ベトナムから、戦争の惨禍を免れるべく、
舟で脱出した、華僑の者らが、 
沖合いで、 アメリカ軍の、 潜水艦か、
軍艦に遭遇したにも関わらず、
幾ばくかの食料と水を、 アメリカ軍から、
与えられただけで、 海に放置され、
漂流するうちに、 食料が尽きたので、
部族儒教の序列において、最下位にあった、 一族の少年を、大人たちが、
捌   サバ   いて食べた❗
  、 という事があり、 

     その在り様を目の当たりにした、
その少年の従兄に当たる少年が、
その事を、 アメリカ社会の人々による、
調査を得て、 告発し、 自らが、
大変に恐ろしい衝撃を受けた事を告白した、 
等という事らが、紹介されていたが、 

     毛沢東氏らにより、 
部族儒教の価値序列をつぶす為の、
政策な事らが実施され、 登β小平氏による、
一人っ子政策の実施によって、 
部族儒教の序列の最下位にある、
子供らの希少価値などが高まる前の、 

      今よりも、その価値序列性の濃い、
  部族儒教の社会においては、 当たり前に、
そんなものだった、 という事を示唆する、
事件の在り様でもある 
『     子供や孫の為に、
大人たちが犠牲になるのではなく     』 、 

     長老らの為に、子や孫は、
盾に成って、 死んでも、それは、
全く、当然の事であり、 

     子や孫が、立派に、
その義務な事を実現し得た、 
という事になる訳だ。 

      土俗的な儒教の価値序列の観念体系を、
  自らの部族道徳律の体系ともし得ている、
   シナ朝鮮らのナチス員らの、
   主流の、 多数派な、 一定数の者らが、 
   義務として、
   福利の供与の目的な対象としている相手は、
   自らの部族構成員の者らに限られ、

     特に、 
  その序列の上位者らに限らている❗
    、 ので、 

     他の部族らの者らは、 
そうした場合の彼らにとっては、 
自らの部族の者らの為に、
食い物にして当然の、
道具や、 供物        (   くもつ   )       、 であり、 

      手段な対象らでしかなく、 

      そう観なす事が、
   自らの部族の利益を最短の期間に最大化する、
   という、最高の義務な事に準ずる、
  義務な事らの中に含まれてもいる❗
    、 ので、

      そうした場合の、 
   土俗的な部族道徳律の、
  相互的な、 洗脳奴隷らには、 
   福利の供与の義務の目的な対象としての、
    社会一般の人々❗
    、という、
    観念な設定の上での、  格に当てはまるものは、 

      義務として、その存在性のそのものを、
  真っ向から、 否定されるべき、 宛てな、
    筋合いにある、 ものであり、 

     彼らの価値序列の観念の体系においては、
    社会一般の人々の福利の拡充を志向する、 
    社会倫理、 というものの、
  成り立つべき、 筋合いのそのものが、無く、 

     国の為も、なく、 社会の為も、なく、 
  ただ、ひたすらに、
   自らの部族の利益の最短な期間での最大化をなす❗
   、  という事、 
      特に、 
  自らの部族内における、
序列の上座にある者らの、 あり得る、
福利、の、 最短な期間での、 最大化をなす❗
   、  ということが、

    彼ら、な、自らのなすべき、 最高の義務な事として、 
   彼ら、な、自らに現前するだけであり、

      彼らにおいては、 国境、 などによって、
    区別される、 各生活圏の人たちは、
自らの部族の者らと区別される、
    他の部族の者らとして、 
同じ国や社会とされる所にいる、
他の部族の者らと、 
   大した違いは、無く、 

    国境とか、国や社会といった枠組みの存在には、 
  自他の部族同士を区別する意義に勝る以上の、
何の意義も無い❗
  、 ので、 
  
     自他の部族らからのみ成り、
    より、力強い部族側が、
 より、 非力な部族らの者らを従えて、
当然の世界である、 一つの天下     ;
≒       一つの部族制国家       ;
     、 という、 
『     天下     ≒     国家観     』 
    、 なり、 
  『     部族製天下観     』  
     、 の下に、 自ずと、
  機械的に、 各国の内外の部族らの人たちを、
    相手に取って、  勝手に格付け、
   序列化して観ることにも成る❗
   、  所から、 

     軽々しく、超える事は、 認められないものである、
   と、 我々なる、日本人たちや、
   世界の各国の人々が、 心得ている事が、
    通例の事である、 
国や、宗教社会、ごと、 などの枠組みを、 

     彼らな、 儒教型の、 反社会的な、
  部族倫理員ら、の、 一般、 と、
その代表員らの一般、 とは、 本当に、易々と、
超え出て観せる形で、
差し出がましい、 指図な事に類する事らを、
習い性な事のように、 仕出かすことにも成る❗ 。 
      その、  観念体系らでの設定な上に、 
    社会一般の人々の福利の拡充を志向する、
    社会倫理の体系が、
一定以上に、 構築され得ている、
   社会一般の人たちが、 主流の多数派として、
  一定数以上、が、 存在し、 

     社会一般の人たちの、 相互の理解性を、
  一定以上に、 重んずる、
  社会に共通の価値観の体系を、
  一定以上に、 構築し得て来ている、

      その他の、 一定以上に、 
   文明的な、文化圏らの人々から観ると、 

    全くの、  妄想以下の不条理な体系でしかない、
  土俗的な儒教型の価値序列の体系を基準とし、

      それらな、 文明社会らを、
   不当に、 貶   オトシ   める、 格付けを成して、 

     文明社会らへの浸透と各種の圧迫な行為らとを、 
   組織的、集団的にも、個別的にも、
    成して来ている、
シナ朝鮮らの、儒教型のナチスの者らは、

    古代のローマ文明に対する、 ゲルマン蛮族ら、
    以上に、 社会倫理的にも、 
  一定以上の社会倫理性のある、
文明社会らに、 仇をなすべくある、
反社会的な、 倫理性の主ら、であり、

     より、 そうした、 反社会的で、
  自閉的な、 部族社会性を脱却し得てある、
   あらゆる、  『  脱・部族社会型の  』 、
   文明圏ら、の、 
どの、 一般の社会へも、 混ぜいれるべきではない❗ 、
   反社会的な、部族ヤクザ員ら、 であり、

     マフィアの構成員たちの中に、
道を聞けば、 教えて、 案内してくれるような、
親切な人々が、 一定数は、 居る、
からといって、
マフィア員らの一般が、
   一般の社会に、 あったり、 あり続けるべき、
倫理的な、 妥当性なり、 正当性なり、 が、
成り立つ、 筋合いが、それによって、
  成る、 訳では、ない❗
    、 ように、

    その、 代々の、 反社会的な、
    部族倫理性の心構え主らの中に、
   例外的に、   『  脱・部族社会性の  』 、
  倫理性めいたものを、 自らの、言動らに、
  余計に、 成し得てある主らが、
   一定数は、 ある
    、 という事は、

     儒教型の、反社会的な、部族倫理性らを、
   代々に、 どこの社会へ紛れ込んでも、
   成し行い得て来てある、 
反社会員らの一般、 が、

    より、 脱部族社会性を成し得てある、
  より、文明性のある文化圏ら、の、
    一般の社会へ、 まぜ入れられて、
然   シカ  るべき、 倫理的な理由には、
  成り得ない❗ 。

     倫理的な、 一般性、と、例外性、とを、
   より、 区別し、

       混ぜ合わせる事で、
  より、 社会的な倫理性のある主らの側に、
  余計な、危害性らを宛て付けられ得る、
場合ら、が、 思い分けて観て取られ得る、
宛先な、 者らについては、

    より、  社会的な倫理性を成してある主らの側は、
   自らの一般の社会らへ、 混ぜ入れる事を、
   より、 拒み去るべき、
   倫理的な妥当性を、自らに成し得てもある。

     世界でも、 最も、 『  脱・部族社会性を成し得てある  』 、
   文明社会を成してある、日本人たちへ、
より、 反社会的な、部族社会性を、
  自らの倫理性ら、な、そのものに帯びてある、
海外からの、 移住員らを押し付け続けてある、
日本の内外の者らは、

      日本人たちの一般へ対して、
  全く、 余計な、実害ら、と、
可能的な、実害、 としての、 リスク、ら、とを、
一方的に、 加え宛てて来てある、
実質的な、 犯罪加害者ら、であり、

     より、 日本人たちの一般の側に立つ、
    日本人たちにより、 
   新たに、法体系を成され、 
その、法体系の、 無い頃の事らへまで、
さかのぼって、 処罰する、 といった、
実質的な、革命性の行為を成す形においても、
厳格に、処罰され、 絶やされるべき、
  筋合いらを、 自らの側に成してある、
   者ら、でもある❗     】
           。


      ◆◇       シナとの密約がある❗、
   アメリカの裏の実態を明かした、
   アメリカの要人からの直言❗  ;
   2016/  1/30 1:9:30  ;

      ☆       三橋貴明氏❗    ;

「骨太の方針2020」の戦い

    2020-   7-9   8:02:51
チャンネルAJER更新しました。
「日本をダメにした財務省と経団連の欺瞞(前半)」三橋貴明 AJER2020.7.7
  
ws.formzu.net
 
 イギリスのスナク財務相が付加価値税
 (日本でいう消費税)を条件付きではありますが、
 20%から5%に引き下げると発表しました。

「消費への罰金を減らし、消費刺激で景気回復を狙う」
 ということでございまして、実に真っ当な政策でございます。

 イギリスは、ドイツとは異なり、財政赤字を続けています。
さて、土居丈郎はいかなる屁理屈を編み出し、
「イ、イギリスは消費税を減税できるけど、日本はできないんだからね!」
 と、主張するのでしょうか。恐らくスルーするのでしょうが、
「楽しみです」とだけ申し上げておきましょう。

 7月1日からレジ袋が有料になりました。なぜ、有料化したのかといえば、
 レジ袋の使用を減らすためです。

 レジ袋の使用に罰金をかければ、使用が減る。いわば、レジ袋税ですね。

 ならば、消費税は?

 もちろん、消費に対する罰金で、消費を減らすことが目的となります。

 消費税は
 社会保障の財源などではありません。

消費税の政策目的は「消費を減らす」以外にはないのです。

(効果としては、景気の不安定化、逆累進課税による格差拡大もある)
 
 消費税廃止・減税に反対する政治家(あるいは政治家候補)に対しては、
上記のレトリックを用い、容赦なく怒号、罵声を浴びせかけて下さい。

 もっとも、現在の日本にとっては、消費税減税・廃止は、消費喚起に加え、
「低所得者層の所得を補填する」
 という意味もあります。年収200万円の方の消費性向は、100%に近いでしょう。
 となると、消費税廃止は、年間所得を
 10%(近く)拡大する効果を持ちます。

 さらに、消費税廃止は現金給付とは異なり、恒久的です。つまりは、
 財務省の最も嫌がる「長期的な財政拡大」に該当するため、抵抗もすさまじいです。

 まずは、越えなければならないハードルが「骨太の方針2020」。

『  政府が近くまとめる経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の原案が7日、判明した。
  www.jiji.com

 世界的に保護主義の傾向が強まっており、国際協調を通じて
   自由貿易体制を維持する考えも打ち出した。
  政府・与党は7月中旬の取りまとめを目指し、文案の最終調整を進めている。
 行政手続きをめぐっては、マイナンバーカードの普及の遅れから
   一律10万円の現金給付が速やかに実施できないなど
   デジタル化の遅れが目立った。
      骨太原案は
 21年度予算編成に向け
  「経済を守り抜き、決してデフレに戻さない」との決意を表明する一方、本文中では
   PB黒字化目標について記載しなかった。
  ただ、目次部分に
   黒字化目標を含む
  昨年の骨太の内容について
「着実に実施する」と記し、
  財政規律にも配慮する意向をにじませた』
 
 原案からPB(プライマリーバランス)が消えたとしても、最終案で
  「スルリ」と挿入される可能性があります。

 加えて、本文中にPB黒字化目標を書かずとも、
  「2019年骨太の方針を着実に実施する」と書かれると、財務省としては、
「当然、PBを2025年までに黒字化するんですよ」
 という、大義名分が立ってしまいます。

 つまりは、コロナ危機、第二次世界恐慌の中、さすがに
   PB黒字化目標は書けないものの、「PB黒字化目標は堅持している」という
  「実態」を示し、
「PB目標は書いていないけど、2019年の目標は着実に実施だから、当然、PBは
  2025年までに黒字化するんだよ」
 という理屈で、財務省は緊縮を進めようとしてくるのです。

 何としても、「目次部分」の「着実に実施する」の部分を消さなければなりません。

 皆様、是非とも、ご地元の与党政治家に、
「目次部分の余計な文章を消せ❗、 PB黒字化目標破棄を明確化しろ❗」
 との声を、できれば、「徒党を組んで」、ぶつけて頂ければ、と存じます。
 
「PB黒字化目標を破棄しろ❗」に、ご賛同下さる方は、
   ↓このリンクをクリックを❗ 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント