日本医学; 和方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; 呼吸困難 、 と、 武漢コロナ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

       ☆        呼吸困難、と、 武漢コロナ❗     ;
   ATP 、 への生産での不足性にもより得る、  息切れ❗   ;

     ☆★      日本医学   ;     和方❗   ;
 三石分子栄養学  ➕  藤川院長系  ;   代謝医学   ;      
       ☆      人々の命や健康性を、 より、
    能く、 成し付け得るようにする、
   事に、 必要な、 
   あるべき、 代謝ら、を成すのに、
  欠かし得ない、 
   あるべき、 代謝員ら、が、
   文字通りに、 『  合体  』 、をして、
   代謝の働きよう、を、 成す、
   あり得る、 場合らにおいて、
     『  合体  』、 の、 度合いが、
   より、 不足するせいで、
    特定の、代謝 、が、 より、
   成り立たない、 事態ら、の、
   あり得る事が、
    同じような、 遺伝性らへの主である、
  同じ人種などを構成する、 人々が、
   同じような、 運動らなどを成し付け、
  同じような、物らを飲み食いし付けても、
    万病のどれ彼らを成し、
   より、 重くもする、 主ら、と、
   その健康性とを成し付けるだけで、
  より、 万病のどれをも、成さなかったり、
  成した、としても、   より、 軽く、
  完治し得たりする、主ら、 とに、
   分かれる、 事、 などへの、 より、
   あり得べき、 要因性として、あり、

    三石分子栄養学➕藤川院長系 、では、
   代謝員ら、の、    『   合体性  』、 の、
   あり得る、 度合いら、 の、系 、を、
   『  確率的  親和力  』 、 とし、
    
  『  確率的な親和力  』、 らでの、
    あり得る、 不足性ら、 を、
  より、 埋め余し付け得るようにして、
  人々の命や健康性の、 成し付けられる、
  あり得る、 度合いら、を、 より、
   能く、 成し増し得る、 事を、
    明確に、 目的な事として、
    自らを成り立たしめ得てあり、

      その事において、  
    その他の、  
    その事を、 欠いてある、が、ゆえに、
   必然的に、  より、 
   人々の命や健康性を成し得る、
   度合いら、を、人々へ、成し宛て得ずに、
   それらを、  より、とりこぼす、
    べくもある、  より、
   笊   ザル  、な、 医療系ら、 などとは、
    決定的に、異なる❗ 。
 
    タンパク質、 な、 酵素   コウソ  、
   を、 その一方に、 必ず、 含む、
   より、  あるべき、 代謝員ら、への、
   より、 確率的な親和力ら、での、
  あり得る、 不足性らを、埋め余し得る、
   あるべき、度合いら、での、
   摂取らにおいて、  より、
   漏れ、ら、を、成し付けない事は、
    薬らや、手術ら、などの、
    代謝らの全体へ対する、
   数   %   、 以内の、  代謝ら、 を、
   成したり、
   代謝らの連携性などを、 より、
   断たれないようにしたりする事で、
   健康性の、 効果らを成し得る、
   物事ら、による、    その、  
  健康性の、  あり得る、効果らの度合いらを、
   より、 大きくし得る、
  最も、 おおもとな、 要因性でもある❗  。

     この、 タンパク質を、  その一方に、
   必ず、 含む、  という事は、 
    それだけでも、

      細胞ごとの内側において、
  特定の、 タンパク質らのどれ彼を、
   色々な、 アミノ酸 、たちから、
  立体的に、 形作らしめる、 事を、
     日々における、  いつ、でも、な、
    日常の業務 、としてある、
   タンパク質な、 遺伝子ら、の、
  その、 日頃の仕事ぶりに、いつでも、
   左右されるべき、 度合いが、
   人々の飲み食いら、の、
   結果の物事らには、 相応に、ある❗ 、 
    という事を意味し、
   
     後天性の遺伝のある事を、
   実証し得た、 実験ら、などをも、
  より、  よく、 踏まえるならば、
  人々の飲み食いの、 ありようら、や、
  欠けようら、 などにも、
   その遺伝子らの、  あり得る、
  日頃の仕事ぶりら、を、 左右し得る、
   要因性がある、
   といった事が、 考えられ、
      それは、 
   より、 あるべき、代謝員ら、を、
   あるべき、度合いら、で、
    補給する事ら、において、  より、
   漏れ、ら、が、 成し付けられると、
     ある構造や機能、などを成すには、
   より、粗雑で、 健全性、 を、
   自らに、欠いてある、
   タンパク質、 などが、
   その主の体で、  より、 間に合わせに、
    作り付けられる、 が、 為に、
    それら、へ宛てて、 その体の、
   免疫細胞ら、 などにおいて、
 『  異物性  』、 が、 成し付けられ、 
   それらへの、 攻めかかり、 などが、
   成されて、 
    『  炎症ら  』 、なり、
   『  自己免疫疾患ら  』 、なり、 が、
    作り出されもする、  といった、
  三石分子栄養学➕藤川院長系 、
   らにおける、  数多の、
   実際の観察例ら、 との、  
   合理的な整合性のある、
   考えようら、 とも、 より、
   合理的な整合性を成し合い得る、
   度合いを帯びてあるものでもある。

       酵素    コウソ  、 な、
   タンパク質 、 ら、の、 どれ彼を成す、
   にも、  わざわざ、
   細胞ごとの内側に、
   膜に包まれてある、  タンパク質な、
   遺伝子らのどれ彼の、
   遺伝情報ら、への、 呼び出し、 が、
   必要であり、
    色々な、アミノ酸 、たち、 への、
    呼び集め、 が、 必要であり、
        その、 より、 あるべき、
     材料ら、などに、 不足性らがある、
   場合にも、
    何とか、 間に合わせになる、
    何彼ら、が、 つぎはぎされるべき、
   必要性が、 あり得る。

     遺伝子ら、や、 それらへの、
  働きかけを成し行う、  
   準遺伝子、  とでも、言うべき、
   『  リボ  核酸   』   ;
   ≒     RNA    ;
   、  たち、 などに、  より、
    無理をさせないように、
    より、 あるべき、 代謝員ら、への、
   あるべき、度合いら、での、
   飲み食いを、 能く、 成し付ける事は、
   極めて、 大切な事だ❗  。 


          ☆    「  息切れ  」、が、 日常で増えたら、要注意❗?     ;

       ◇    肺や心臓での疾患が、原因のことも❗  ;
      健康ぴた 編集部    ;

      息切れは、 運動した後などに、 起こしやすく、
   多くの人が経験しているのではないでしょうか?

    しかし、  日常のなかで、 原因が不明の息切れが起こる事が、増えた場合には、
   病気の可能性もあるので、 注意が必要です。

    突然の、 息切れや呼吸困難を乗り切るための対処法を知っておけば、
   パニックにならずにすむかもしれません。

    そこで、この記事では、 息切れへの原因や、病気の可能性、
   自分でできる対処法について、詳しく紹介しています。

      ◇   「  息切れ  」、とは、どんな状態?    ;

      息切れをしている時々に、 私たちの体の中では、
    何が起こっているのでしょうか?

       人は、 呼吸をすることで、 肺 、の、  肺胞たちへ、 酸素    O    、 を取り込み、
    体内で不要となった、  二酸化炭素      ;
     CO2  、ら     ;        、 を排出しています。

      肺で取り込まれた酸素    O     、 たちは、
   その血潮の中に取り込まれ、   心臓の翻譜    ホンプ    ;     ポンプ     ;
  、 の力で、  全身へ送られます。

    このときに、 何らかの原因で、
   体内に取り込まれる酸素    O   、 の量が減るか、
   体内に残る、 二酸化炭素の量が増え過ぎたときに、
    バランスを保とうとして、 呼吸が激しくなります。

     これが、 息切れを起こしている状態です。

     息切れを起こす原因には、  「  日常生活  」、と、
  「  病気  」、 によるものがあります。

      ◇     日常生活によるもの    ;
 
     ◆    激しい運動❗   ;

    人は、 呼吸をすることで、 体内に酸素を取り込み、
   エネルギーを作り出しています❗
   、 が、
   運動の時は、  通常な時と比べて、 より、
   多くのエネルギーを必要とする❗
   、が、ために、  必要な酸素の量も多くなります。

      そのため、  通常の呼吸量では、 酸素が足らなくなり、
  呼吸が激しくなり、 息切れを起こします。

      ◆    運動不足❗  ;

    運動不足の人は、  心臓から送られる血液の量を、
   急に増やすことが、 困難です。

    そのため、 酸素不足を起こしやすく、 息切れになりやすい
   、 と言えます。

     ◆    喫煙の習慣❗  ;

    喫煙習慣のある人は、ない人よりも、
  運動の時に、息切れを起こしやすい、傾向にあります。

      喫煙により、  肺胞の細胞を壊したり、
   炎症を起こしたりすることにより、
    呼吸な機能の低下が起こる❗
    、 ことが、 その理由です。

       ◆     肥満❗   ;

    体重が増加の傾向にある人も、 そうでない人と比べて、
   息切れしやすい状態です。

    太ることで、 必要な酸素の量も増え、  心臓を、
   より多く動かす、べき、必要性がでてきます。

    そのため、 心臓の動きが追いつかないと、
   呼吸量を増やすことで、 より多くの酸素、らを、
   体内に取り込まなければならなくなり、
    息切れを起こします。

      ◆    ストレス❗   ;

   過度なストレスにより、  自律神経のバランスが乱れるため、
   呼吸も乱れやすくなります。

    また、 ストレスを感じると、 呼吸が浅くなりやすい❗
  、が、ために、  うまく、 酸素を取り込めず、
     息切れとなることがあります。

      疲れている時々には、 とくに意識して、
   深呼吸をするようにしましょう❗ 。

       ◆     病によるもの❗   ;

    とくに、 肺や呼吸器系での疾患では、
   息切れが多く見られますが、  その他にも、
   息切れを起こす疾患があります。

      ◇     肺や呼吸器系の疾患    ;

    ・気胸
  ・気管支喘息
 ・肺がん
 ・肺炎
 ・慢性閉塞性肺疾患
  ・過換気症候群

   ◇     循環器系の疾患    ;

    ・心筋梗塞
 ・心不全
・不整脈

      ◇    貧血❗   ;

    貧血になると、 全身に酸素を運ぶ役割を担っている、
  「  ヘモグロビン  」、 の量が減るため、 息切れを起こす❗
   、 ことがあります。


      ◇◆     『  糖化の害  』   ;
 【     ブドウ糖、 などの、 炭水化物、な、
  糖質が、
   血潮を往き来もする、 タンパク質、
  ら、や、 脂員ら、へ、結び付いて、
   その体の、あちこちの、 構造の丈夫性を、
  そこなったり、
   あり得る、 機能らの健全性などを、
  そこなったりする、
    現象な事ら❗     ;
     
      日本人たちにおいては、
    60人に、 何人かの割合でいる、
     脂員への代謝ら、や、
    アミノ酸などから、 ブドウ糖を成す、
   『  糖新生  』、 な、 代謝ら、に、
   障害性のある、 人々は、
   その体の外側から、 
  ブドウ糖などな、 糖質を摂取し付けるべき、
  必要性を帯びてある、
   が、
   それでも、 糖化の害らは、あり、
  その個別な、必要分ら、を、超える、
  度合いら以上で、
   炭水化物らを摂取すべきでは、ない❗ 。

    ただし、  水へ溶ける、  水溶性な、
  食物繊維、としてある、 糖質は、
   その人々の血糖値を、 より、 上げずに、
   その体の健康性への足しになる、
   その、 腸内細菌たちへの、
   栄養分となる、ので、
   水溶性の、 食物繊維、な、
  糖質らに限っては、 より、
   腸内細菌たちへ向けて、  
   腸内細菌たちへの主である誰もが、
    摂取し付けるべくある❗     】   ;
         。

    ◇      その他の息切れが起こる病ら❗   ;

  ・甲状腺機能亢進症 (  こうじょうせんきのうこうしんしょう  )
  ・自律神経失調症
  ・更年期障害

     ◇      こんな息切れは、病院へ❗   ;

    息切れ位で、 病院へ行くべきか、と、
   悩むこともあるかもしれませんが、
    疾患が隠れている場合もあります。

        次の場合には、   「  内科  」、や、
  「  呼吸器内科  」 、 を受診することをおすすめします。

        ◇    理由のない息切れ❗   ;

     運動をした後などでは、  誰でも、息切れすることがありますが、
      思い当たる、 原因が、ない、 にも関わらずに、  
   日頃の生活で、 息切れをすることが、増えた❗ 、 時には、
    病院を受診しましょう❗ 。

      ◇     こんな症状がある場合❗   ;

     息切れとあわせて、 次のような症状が見られる場合にも、
   何かしらの疾患が隠れている場合があるので、
   病院で検査を受けましょう❗ 。

    ・動悸
  ・めまい
  ・立ちくらみ

     ◇     自分でできる息切れへの対処法    ;

    疾患、 などと関係がなく、 少しの運動でも、 息切れしやすい❗
   、  という人は、  日常生活で、 
    呼吸器 、などを鍛えるようにすることで、
     改善することができます。

   また、 ストレスをためないようにすることも、大切です。

      急な、苦しい息切れを起こしやすい、
   次のような場合の対処法についても紹介します。

      ◇    階段を上るときの息切れの場合   ;

    原因    ;
   運動不足の可能性があります。

      対処法    ;
   できるだけ、 エスカレーターなどは、使わずに、階段を使用する❗
  、 といったように、 日常生活の、
    ちょっとした時々に、 動くように心がけましょう❗ 。

   また、 歩く速度を速めるだけでも、 呼吸器官の機能を高められ、
    息切れしにくくなります。

      ◇     過呼吸やパニック障害になったときの場合    ;

    これらは、 息切れとは、違いますが、
  呼吸が困難になり、 苦しい点では、息切れと似ています。

  それぞれの原因や対処法についても知っておくことで、
  いざという時に役立つので、参考にしてください。

      ◇     過呼吸への原因と対処法❗   ;

     過呼吸は、 呼吸をし過ぎることによって、
  血液での、 二酸化炭素が少なくなってしまった状態で、
   息切れとは、 異なりますが、  激しい運動の後や、
   ストレスを過度に感じた時に、 起こりやすい症状です。

      過呼吸になった時には、 慌てずに、
   ゆっくりと、呼吸するように意識しましょう❗ 。
     
      特に、  吐く❗ 、 ことをを意識して、 呼吸すると、
    治まりやすくなります。

     ◇     パニック障害への原因と対処法❗   ;

     パニック障害は、 強い恐怖などを感じたときに、
   発作が起こることがあり、
   ドキドキして、うまく、呼吸ができなくなります。

      発作が起きた時には、 冷静になり、  安静にして、
    休める場所で、 落ち着くまで、 動かないようにしてみましょう。

      ◇     まとめ    ;
 
    息切れは、 運動したとき、 以外にも、
   精神的なストレスなどで、起こることがあります。

    突然に、 発作のように起こることもあり、   慌てるかもしれませんが、
    落ち着いて、 安静にし、  ゆっくりと、 深呼吸をすることで、
   改善されることが、 ほどんどです。

     日常的に、 息切れが続く場合には、  病気の可能性もあるので、
  病院を受診することをおすすめします❗ 。

    執筆者:荒牧内科 院長 荒牧竜太郎 先生  。

 
        ◇        人々の命と健康性とを成し付けるのに必要な、
    より、 あるべき、 あり得る、  代謝ら、へ対する、
    外因性、 な、  一定の運動性、 ら、 などを、 より、
    過剰に成らない度合いで、  成し付ける事によっても、
    より、 あるべき、代謝らの一定な度合い以上を、 よく、
    成し付けつつ、
   その残りな、 あるべき、代謝ら、 の、 より、 全体については、
   日頃の、 その、飲み食いによる、 より、 あるべき、
   代謝員ら、への、 あるべき、度合いら、での、
    摂取らにおいて、 より、 漏れ、ら、を、成し付けない❗
   、 ようにする、 その度合いを高め付け、
    より、  あるべき、代謝らの成り立ち得ようら、を、 より、
   阻害し得る、向きの、 
    炭水化物な、糖質、 などへの、  余計な、 摂取らを、 より、
    未然にも、差し止め付けるようにする❗
    、 事が、 
    より、 能く、 ATP 、らを成し付け得るようにし、   より、
    万病らを、 未然にも、 差し止め付けたり、
     完治し付け得たりする、 事において、 より、
     余計な、 息切れ、らの、
    あり得る、 度合いらをも、 小さくし付ける❗  。


     ◇◆     ストレスとは、 何か❗  ;

 ストレスとは、元来は、
   物理学用語であって、外力によって、
  変形した、 はずむ、 弾性体の、
  内部におきた力をさす、 言葉だ。

     生きてある体、 な、 生体の場合では、
   この外力に相当するものを、
     「  ストレッサー  」、 という。

    ストレッサーを列挙すると、
   心痛、苦痛、疼痛、過労、酷暑、
 酷寒、不快指数高値、餓え、渇き、
  などとなる。

 腹がへっても、脚が痛くても、
  のどがかわいても、ストレスがおこる。

   ストレス 、 という名の生体の反応は、
   二段階に、わけられる。

 ストレスの第一段階は、
  「  警告期  」 、 だ。

     このときには、    体温の低下、 
  白血球たちの減少❗ 、   血液の濃縮、
   体液の酸性化がおこる。
  
     悪くすれば、 これが、 命とりになるが、
    順調なときには、   副腎皮質たちが、
   コーチゾンに代表される、
  ホルモンを分泌し、
  血圧、体温、血糖値などを高めて、
  警告期にあらわれた異常を克復する❗ 。

    この第二段階を、「  抵抗期  」、 という。

    ストレッサーが、攻撃の手をゆるめないと、
   副腎皮質たちは、 バテる❗ 。

   このときに、  副腎の肥大、
  リンパ系の器官の萎縮、
   消化器での潰瘍、
   血液での諸因子の異常❗ 、
   などがおこる。

   この第三段階を、「  消耗期  」、 という。

    これを克復するためには、
  タンパク質、  ビタミン  E  、と、
  ビタミン  C   、 などの、
  副腎皮質たちの要求するものら、を、
  摂取することだ❗ 。

   最上の方法は、平常から、
  それらな、栄養物質らを十分にとって、
  ストレッサーらに対抗できる、
  条件を整えておくことだ❗ 。
 
 〔   三石巌全業績−11 健康ものしり事典 
 (  絶版  )  P129より抜粋  〕。


    ◇    ストレスに、どんな不利があるか❗  ;

 過労のあとで病気になるケースは、
  けっして、 少なくない。
   引越しのあとで、 寝込んだ、
  旅行で、風邪をひいた、
  重病人への看護のあとで、ガンになった、
   というような話は、 よく、
  耳にする所の物だ。

   その時に、 われわれは、むりもない、
 と、その病気を納得する。
    ここにあげた例は、 過労❗ 、 という、
   ストレッサーが、もたらしたものだ。

    ストレス 、は、  心労❗ 、 という、
   ストレッサーのなせる、 わざだ。

  ストレス 、への抵抗期には、
  2つ・で、ある、腎臓たちの各々に、
  沿ってある、 2つ・で、ある、
  『  副腎  皮質  』 、たちが、
   フル操業をしいられる。

    ところが、
   副腎皮質ホルモン 、への製造には、
   タンパク質、   ビタミン   C  、
  ビタミン  E  、 が、 必要になる。

   そこで、 ストレスがあると、
  これらな、三者の大量な消費がおこる❗ 。

    しかもなお、
   『  副腎  皮質  ホルモン  』、 には、
  体タンパクを分解して、
  『  ブドウ糖  』、 に変える❗ 、
   作用がある。

      ストレスは、これらな、 
  三者の不足を土台とする、 
  病らを招きよせるのであり、

    『  タンパク質の不足  』、
   は、
  貧血、 胃下垂、 感染症、 関節痛、 などを、
  招きよせ、
   『  ビタミン  C  、の不足  』 、
  は、
   ぎっくり腰、 風邪 、 
   などを、 招きよせ、
  『  ビタミン  E  、の不足  』 、
   は、
  消化器での潰瘍や、 動脈硬化、
  などを、 招きよせるだろう❗ 。

        ◇◆    『   ストレス   』  ;
  【     2つ、で、ある、腎臓たちの各々に、
  寄り添ってある、 副腎たち、 
   などにおいて、
  ビタミン  C  、 たちと、
  子宝    ビタミン  E1  、 たちや
  その体を構成する、 タンパク質 、たち、
  などを、 より、 大量に、
   消費させる、  要因性が、
  ストレス 、らには、ある❗   】  ;
       。

         ☆      ドクター江部❗   ;

    こんにちは。
毎日新聞2020年7月2日(木)夕刊に

どうすれば安全安心
糖尿病患者、コロナで重症化? 血糖値上昇予防が肝心

   という記事が掲載されました。
東京女子医大糖尿病・代謝内科の三浦順之助准教授による、
  基本的な心構えの解説です。

    武漢コロナ・ウイルス感染症は、
   糖尿病、高血圧❗  、 などな、
   慢性の疾患を持っていると
   重症化しやすい❗
  、 ことが、報告されています。

    また、  長期間での、外出の自粛で、運動不足、ストレス❗
   、 などな、
   血糖値に悪影響を与える、 要因が増加する❗
   、 ので、 注意が必要です。

   三浦順之助准教授は、 解説しておられます。

    しかし、
    【    その摂取により    】 、
 「    血糖値を直に上昇させるのは、  糖質      ;
  『    炭水化物    ➖    食物繊維    』    ;
    、 だけであり、
   タンパク質と脂質は、 上昇させない❗    」 
  、  という、
   最も重要な、 生理学的事実を、
   糖尿病の患者さんに教育することを、 なしには、
   食後の血糖値へのコントロールは、 不可能です❗ 。

    即ち、  日本糖尿病学会推奨の糖尿病食      ;
  (    カロリー制限・高糖質食    )   、  では、
   食後高血糖を予防することは、 困難です。

      スーパー糖質制限食なら、  「  食後  高血糖  」、を、
  確実に、制御することが、可能です❗ 。

      スーパー糖質制限食の実践で、  
  「  食後  高血糖  」、を予防すれば、
    免疫力は、 維持できます❗ 。

    さらに、   AGEs  、 の蓄積が、  最小限ですみますので、
   糖化の延長上にある、
   老化も、 最小限ですみ、 免疫力も維持できます❗ 。


        ◇◆       『  AGEs  』   ;
     『  終末  糖化   産物  』    ;

 【     『  炭水化物   ➕   タンパク質  』   ;
  『  糖質   ➕   タンパク質  』   ;
      
      炭水化物な、 糖質、 に、
   結び付かれた、 タンパク質らは、
  それが、 より、 必要でない、
   体のあちこちにおいては、
   その、 健全な、 機能ら、 を、
   より、 損なう、 度合いらを成す❗    ;
 
  『  AGEs  』  、は、   体内の、 細胞や、
  分子、 の、 ほぼ全ての態譜   タイフ    ;
  タイプ    ;     、 に影響を与え、
   加齢の一因で、かつ、
   加齢性の慢性な疾患ら、への、
  原因、 と、 考えられ、
  糖尿病の血管合併症への原因 、
   ともされる。

  『  AGEs  』  、の、 生成、と、 蓄積は、
  加齢に関係する、 疾患の進行に関連し、
    アルツハイマー型の認知症、 や、
  心血管疾患、に、 脳卒中を誘発する❗ 。
  
   『  AGEs  』 、による、障害の過程は、
  『  橋を架ける  』、 『  架橋  』
  、 と呼ばれ、  細胞内の障害を引き起こし、
    細胞の自壊死、 な、
  『  アポトーシス  』 、 を誘導する。

   また、 水晶体の内に、
   光への感受性の物質を生成し、
  白内障を進行させ❗  、
  筋肉らの機能らの低下にも、関与する。

     動物 、および、 ヒトでは、
   多量の外因性な、『  AGEs  』  、 が、
   吸収されて、 体への負担となり、
   アテローム性の、 動脈硬化や、
  腎不全 、などへの、 原因となっている、
   と言われる、
     が、
   味噌・醤油・コーヒー 、などに含まれる、
  『  メラノイジン  』 、 は、   
  より、 電子強盗らを差し止める、
  強い抗酸化作用を備えており、
   摂取することで、  
  色々な、健康性の増進に繋がる❗
  、と、 されて来ており、
  食物から摂取する、すべての、
   外因性な、 『  AGEs  』 、 を、
  体に悪影響を与える物質 
   、と、 考えるのは、誤り❗ 。
 
     内因性の、 『  AGEs  』  、 を、
   成す、 もとな、ものとして、   
   例えば、
  糖尿病の場合においては、
  細胞の内への、  グルコース     ;
  『  ブドウ糖  』    ;     、  の取り込みを、
  より、 制御できない、 細胞である、
  血管などの、  内皮細胞 、 等では、
   高血糖により、   その、
  細胞内のグルコースの濃度が上昇すると、
    それは、  シトクロム bc 1 複合体 、が、
   電子伝達系を停止させる程の、
   大きさの、 陽子らでの勾配を作り、
  NADH 、および、 FADH 、
  の、 濃度の上昇をきたし、
   その結果にて、
  細胞ごとの内側に、  1つから、 
  何百とある、 『  ミトコンドリア  』 
  、で、  電子強盗、な、
  活性酸素が生成され、
   DNA 、が損傷される❗
  、事から、 
   AGEs 、らを成す、 物らが、
   活性化され、 働き者にされる❗。

     そうして、 でかされた、
     『  AGEs  』 、 らの、
    存在の度合いを測り得れば、
    DNA 、らの損傷の具合を、
    測り観得る事になる。

     喫煙は、 
 『  AGEs  』 、を増加させる❗ 。

   『  AGEs  』  、は、
   タバコの葉を乾燥させる際に、
  炭水化物な、 糖が存在すると、 生成され、
   喫煙により、 これらな、 
  『  AGEs  』 、らが、  
  肺から吸収される。

    血潮の中の、『  AGEs  』  、 および、
  皮膚の中の、 『  AGEs  』     ;
 (   皮膚での自発な蛍光で測定    )    、の、
   濃度は、    非喫煙者らに比べて、 
      喫煙者らで、 高い❗     】     ;
             。

   以下の青字は、この記事の要約です。

☆☆☆
規則正しい生活心がけ/体重増加で症状悪化も/通院せず電話受診検討

三浦准教授によると、糖尿病な患者は、
 「    糖尿病だと、 新型コロナ・ウイルス感染症にかかりやすい    」
  、 と、 誤解しているケースが、多いそうです。

    実際には、 糖尿病な患者の感染率は、中国や米国からの報告で、
   感染率は、 人口の全体との間で、 差が、みられませんでした。

厚生労働省や国際糖尿病連合なども、密接な接触を避け、
     頻繁に、手を洗い、 バランスのいい食事や、
   十分な睡眠を取って、 体調を整える❗
  、 という、 一般的な注意点を挙げています。

    一方で、  感染率は、一般人と変わりませんが、
  糖尿病な患者らにおける、  新型コロナ感染症   」、  での、  重症化率は、
   明らかに、高く、おおいに、問題です❗ 。

   米疾病対策センター(  CDC  )、が、   2~3月、に、
   新型コロナ感染症にかかった患者な、 7162人を対象に、
    持病との関係を調べた報告では、
   新型コロナ感染症の患者らの全体に比べて、   糖尿病な患者らでは、
   入院、人工呼吸器による治療の割合が、
   いずれでも、 高く、    集中治療室     ;    (   ICU   )
  、  に入った患者らの中では、
    糖尿病な患者が、最多で、 3割を超えていました。

      ◇    入院 ;
   糖尿病:   24  %
 慢性肺疾患:   15  %
循環器疾患:   23  %
慢性腎臓病:   9  %  。

   ◆   集中治療室  ;
  糖尿病:   32  %
 慢性肺疾患:   21  %
循環器疾患:   29  %
 慢性腎臓病:   12  %  。

      三浦准教授によれば、
   糖尿病で、高血糖になると、 免疫の働きが低下しやすいです。
  
    さらに、  高血糖が持続すると、 血管が傷み、
   血の巡りが悪くなって、 より、 傷が治りにくくなります❗ 。

      動脈での硬化や、  糖尿病性の、 腎症が進んで、
   全身の状態が悪くなれば、
    感染症の悪化、への、 リスクも高まり、
       いっそうと、 注意が必要です。

   日本にも当てはまるか、どうかは、
    検証する必要がありますが。
   中国からの報告では、  糖尿病な患者でも、
   血糖へのコントロールが良好なグループは、
    血糖へのコントロールが悪いグループに比べて、
   死亡率が、 大幅に低かったのです❗ 。

     三浦准教授は、   コロナへの対策で、重要なのは、
   血糖値を上げないよう心掛けることだ❗
   、 と、 強調しています。

   糖尿病な患者さんは、   外来への受診の時や、
   栄養指導、 とか、 療養相談などの機会に、
   食事や運動などを通じた、
   血糖への管理の方法を学んでいます。

   だが、 それが、 実践できているか、否か❗ 。

   「   自粛やテレワークで、 家にいる時間を、
   自分の血糖への管理の在り方を考え直す❗
  、 機会にしては、どうか   」
   、 と、 三浦准教授は、
     呼びかけています。

  「    自粛によって、 間食が増えたり、
   運動が減ったりして、 体重が増え、
  コントロールが悪くなった患者さんがいる。
   しかし、 一方で、
   在宅で、 3食を、 きちんと、
  バランスの取れた食事をしたことで、
  血糖値が改善した人もいる❗ 。    考え方次第です   」
   、 と話します。

 どんなものを、どのぐらいを食べると、 どのように、
    血糖が変化するのか。
   どうすれば、 高血糖を抑えられるのか。

   インスリンの注射で、 血糖への管理している患者は、
   適切な注射の、タイミングや量について、考えてみる❗ 。

     自粛中に、 規則正しい生活を心掛けながら、
    自分の血糖値と向き合う生活を続ければ、 おのずと、
   自分なりの管理方法が分かってくる❗
   、 と、 いいます。

    通院に困っている人も、多い。

     流行の程度が違う、 都県境を越えて通う人や、
   子どもや高齢者と同居している人では、
   感染、への、 リスクを考えて、
    通院をためらう例もあります。

     三浦准教授は、   「    そんなときは、 電話で、
   再診を受けたり、  処方箋を、 家の近くの薬局に、
   送ってもらえたりできる場合がある。
   かかりつけの医師と、よく相談してほしい❗    」
  、 と、 アドバイスしています。


         ◇◆     『  筋肉ら❗  』   ;
  【     その運動性らで、  より、
  インスリン 、 の分泌を呼ばずに、
   血潮の、 ブドウ糖 、らを消費❗    】   ;

      【     筋肉な、 細胞たちが、
    インスリン 、な、 分子たちの、
   働きようらを得ずとも、
   ブドウ糖、 たちを、 自らへの、
   エネルギーら、への、 もとにする、
   上では、
   単に、 その筋肉らを動かしめ得る主が、
   その運動性らを成すだけで、 善い、
   との事であり、
     運動性らを成す場合の、
   筋肉らは、  より、
   インスリン 、 を、 分泌させる、
  度合いら、を、 成さずに、
   その血潮の中の、 ブドウ糖、 らを、
  より、 消費する、
   引き受け手になる、 という     】  ;
   
     湧けば、 湧くほどに、
   炭水化物な、 ブドウ糖ら、などの、
  糖質、 を、
   脂肪にして、 蓄えさせてしまう、
 『  インスリン  』、 の分泌を呼ばずに、
    ブドウ糖ら、を、自らの所で、
  消費する、 向きで、
   運動し得る、 筋肉らも、 主に、
  色々な、 アミノ酸から構成される、
  タンパク質から成る、 物らであり、

    その、 アミノ酸たち、への、
  摂取らを、 よく、 成し付けつつ、
   ブドウ糖らを、 自らの体の外側から、
  摂取する必要性の、 無い、
  一般的な、遺伝性らへの主である、
   人々は、  より、
  炭水化物、な、糖質 、 への、
   摂取をひかえ付け、
   一定の運動性らを成し付ける、
    事で、
     より、 『  糖化の害  』、 らや、
    血潮に、 脂員らが、 余計に、
    混ぜ入れられる事による、
    害ら、 などを、未然に、
    差し止め付け得る事になる     】   ;
       。

     ◇◆     一日に、 15分程でも、善い❗ 、
   ので、 
  足首を、 上げ下げする動きを含め、 

     下半身の屈伸をし、 
  足の裏側の筋肉らが、
  ちょっと、痛いかな、 
 という位の度合いで、 

  足の筋肉らを曲げ伸ばしすると、 

    血管らを構成する、  コラーゲン、   
  という、  
  『  繊維状な、 タンパク質  』、  らが、
   より、  壊れて、
  新しい、コラーゲン、 な、
  タンパク質の繊維らが、 形作られ、 
  血管らの若返りを成す事が、 出来て、 
   動脈らの硬化を防ぐ❗ 、
     という     】     ;
      。

       ◆◇      『  段滝理論  』   ;


        ◇◆      【      日本人たちの内に、  
    60人に、 何人かの割合で、 居る、
    遺伝性らへの主である類の人々は、

     『  ブドウ糖  』    ;
  【    C6    ➕    H12    ➕    O6    】   ;
  、  では、ない、
  タンパク質らの各々への構成材な、
  『  アミノ酸  』   、などから、
  『  ブドウ糖  』   、を、作り出す、
  『  糖   新生  』、な、 代謝らの系や、

    脂肪酸、への、 代謝から、
  『  ケトン体  』、 に当たる物ら、
  を、 作り出して、
   脳の細胞ら、などへの、
   栄養分として、機能させる、
   代謝らの系、に、

    問題性なり、 障害性なり、があり、

    赤血球ら、が、 ブドウ糖しか、
  自らへの栄養分に、できない、
   といった、事情がある、
   事から、
  
    その体の外側から、
  ブドウ糖、や、それに成り得る、
  炭水化物、な、糖質、らを、
  飲み食いなどして摂取し続けるべき、
  必要性を帯びてある、
   が、
    それでも、 その個人ごとにも、
  その時々の体質ごとにも、
  糖質の必要分、らは、あり、

     その必要分、を、超えての、
  糖質への摂取らは、
   その体の内の、 タンパク質ら、へ、
  余計に、ブドウ糖らを付けしめて、
  その構造の丈夫性や、機能ら、
  を、 より、そこなってしまう、などの、
  害らを成す事になり、
   その、あり得る健康性を、
  より、よく、成す上での、
  妨げに成る、 事では、
  より、 通例な、遺伝性らへの主である、  
  人々の場合、と、
  変わりが、無い❗  。

     摂取し得る宛ての、
  糖質への制限のあるべき事については、  
  そうした、共通な事情も、ある    】   ;
         。


     ☆   喘息❗     ➕     気管支炎❗   ;

藤川院長の、アメーバ・ブログ、な、
精神科医こてつ名誉院長のブログ ;

三石巌: 全業績ー6 、 
分子栄養学の健康相談、 より ;

70歳の主婦、 4年前の年末に、
急に、 咳や痰が出て、 痰がからみ、
二階にあがったときに、
呼吸が、 困難になりました。

背中をさすってもらい、
床につきましたが、 
友人にすすめられて、 翌日に、
入院しました。
副腎皮質ホルモンの注射で、
8日目には、 楽になりました。

70日間の入院中に、 次第に、
手足がやせ、 物にぶつかると、 
すぐに、 皮下出血をおこし、 
赤あざが、絶えなくなりました。

退院後の、 1、2ヶ月毎に、
発作があり、 副腎 皮質 ホルモン 、の、
注射をしてもらっています。 

医師は、 喘息は、 一生を治らない、 
と、 言いますが。


☆   三石先生;   私のアドバイス    ;

 喘息の大部分は、 いわゆる、
気管支喘息です。

気管支は、 末端では、
直径が、 0・1  mm 、 にも、 
足りない、 細い管ですが、
どこまでも、 環っか状の筋肉たちに、
取り囲まれています。

その筋肉が、 全面に収縮すると、
管が閉じ、 肺の中の空気は、
外に出られなくなります。

これが、 気管支 喘息 、 です。


 気管支の筋肉は、 
『  副 交感 神経  』 、 の作用で、 収縮し、
  『  交感  神経  』 、 の作用で、 ゆるみます。

それで、 喘息の発作をおさめるのに、
交感神経 、 への、 刺激剤 、 が、 
よく、 使われるのです。


 気管支での、筋肉のれん縮を抑制する、
物質として、 『  プロスタグランジン  』  、
が、 あります。

  これは、 『  アラキドン酸  』  、 という、
人の体の中では、 合成されない❗
  、 が、 為に、
 その外から、 必ず、 取り入れるべき、
  『  必須  脂肪酸  』  、 から、 誘導されます。


    魚油や、鶏卵 、 などが、
   その供給源になります。


     ◇     喘息❗  、 においては、 
  ヨードの不足が、 原因になる、
  傾向があるので、
  ヨード卵 、を、おすすめします。


   『  アスピリン  』  、 は、 
  プロスタグランジン 、への、 合成を阻害する❗
  、 ので、 喘息の発作への、
   引き金になる❗ 、 恐れがあります。
 
    気管支の粘膜を丈夫にする意味で、
   『  ビタミン  A  』  、 を、

  『  プロスタグランジン  』  、の、
   生成を促進する意味で、 
  『   子宝  ビタミン   E1   』  、を、

    発作のストレス 、 に対抗する意味で、
  『  高 タンパク 食  』  、 と、  『  ビタミン  C  』 、
  、 を、 お勧めします❗ 。


     ☆    その後の経過    ;
 
  『  高 タンパク 食  』 、と、 『  高 ビタミン 食  』   ;
    ≒     『   高  ミネラル  食   』    ;
  、  を、始めてからは、 一ヶ月が経っても、
  2ヶ月が経っても、 発作は、おきず、
   おきても、 目にみえて、軽くなりました❗ 。

   そして、 半年ほどがたってからは、
  喘息の気は、 すっかり、無くなった❗
  、 もようです。
 
   もっとも、 2ヶ月前の寒い日に出歩いて、
  風邪をひき、2週間ばかり、
   咳がつづきました。 

   でも、 これは、
呼吸での困難を伴わない❗  
  、 ので、
喘息では、 無かった、 と、 思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ☆     藤川院長❗  ;

    喘息に対しては、
 『  高 タンパク 食  』  、 A 、 C 、 E 。

   確か、 ビタミン B 3 、 でもある、
 『  ナイアシン  』 、は、 
  『  必須  脂肪酸  』  、 からの、 
  『  プロスタグランジン  』  、 への合成に、
   必要❗   、 だったはず。

     ホッファー氏の本では、 喘息には、
   ビタミン    A    ;       2万5千   ~  5万   IU       ➕
   ビタミン   D    ;      1万    IU   。

上記を 、全てを試してみるべきでしょう。

    元の記事は、 こちら

        ◇◆      『  必須性  』   ;
 【     必須、の、 アミノ酸 、だの、
   必須、 の、 脂肪酸、 な、
    オメガ   3  、 だの、 は、
    人々の、生きてある体において、 
   合成されない、 
     が、 ゆえに、
    その体の外側から、  必ず、
     飲み食いなどして、 摂取し付ける、
    事が、 要りような、
     宛ての、物ら、であり、
        
        それらな、 必須、の、物らは、
    人々において、  生合成されない❗
   、 が、 ゆえに、
     十分に、 消化と吸収を、
   自らへ、宛てられさえ、すれば、 より、
    そのまま、で、
    その宛ての体の各所へ、
   宛てられ得て、 使われたり、
    使い回されたりすべくある。

       何を飲み、 何を食べるにせよ、
    人々の体らで、 合成され得る、
    何彼ら、は、
     必ずしも、  そのままな、形態で、
   それ自ら、ら、が、
    その宛ての体のあちこちへ、
    送り届けられる、 
      とは、限らない❗
      、のに対して、

    『  必須  』、 な、 どれ彼、らは、
     必ず、 それ自らな、 形態のまま、で、
   その宛ての体の各所へ、 
    送り届けられるべき、 筋合いを、
    自らに帯びてある❗     】     ;
          。

         ◇       必須な、物らは、
   人々の体で、 合成は、されない❗
     、 ので、
     きちんと、 
   消化と吸収を宛てられさえすれば、 
     かつ、   送り届け、 などの、
   手続きな事らが、 成りさえすれば、
    そのままな形態で、
   それらを必要とする所ら、へ、
    宛てられる、 べき、物らでは、ある
      、  が、
      分解されたり、 
    何彼を、 付け加えられたりして、
   利用され得る、 物ら、でも、あり、

       必須では、ない、物ら、へ、
    仕立てられる、 もと、な、
     物として、使い回され得る、
    ので、
     それらを基に仕立てられ得る、
   より、  必須性の、無い、 物ら、が、 
   より、不足されてある、
    場合には、
    必須な、物らが、 よく、摂取されても、
  必須性の、無い、物らを成す事へ、
   より、 宛てられる、
   余りに、
    必須な物として、 そのまま、で、
   必要な所らへ、宛てられる、
   度合いを、 より、 小さくされ得る。

    必須では、ない、 アミノ酸たち、 が、
     何らかの理由で、 より、 
   不足させられる、 せいで、
    必須な、 アミノ酸、たち、が、
   その形態なままで、 宛てられるべき、
   所々において、 より、
   不足させられるに至る、 事、などが、
      あり得る❗     】     ;
           。 


    ◇◆   『  プロスタグランジン  』  ;
 【       五員環、な、 構造を含む、
  20個の、 炭素   C  、 たちによる、
  鎖からなる、  生理活性脂質であり、
    ホルモンらの働きようらのような、
  働きようらを成し、
   プロスタグランジンと構造の類似した、
  トロンボキサン 、 を併せて、
   プロスタノイド   prostanoid   、
  と、 称され、  
   1930年に、 ヒトの精液に含まれる、
  子宮を収縮させる、 物質として、
   発見されてあり、 
  次のごとく、重要な働きを成すべくある。 

    *ホルモンの合成を調節する❗ 。 

    *血流を調節する❗ 。 

     *炎症を鎮める❗ 。 

    *免疫反応を仲介する❗ 。 

    *必要な細胞に、 
  ホルモン 、を運搬する❗ 。 

    *細胞分裂の割合を調節する❗ 。 

   *細胞に出入りする、
  物質らの流れようらを調節する❗ 。 

     *赤血球から、  酸素を、
   各組織に移すのに必要である❗ 。 

    *腎臓で、体液を調節する❗ 。 

   *血栓の発生を防ぐ❗ 。 

   *アレルギー反応を抑える❗ 。 

    *神経の伝達を正常化する❗ 。 
   などの、 多くの作用をする     】   ;
      。


    ◇◆     『  アラキドン酸  』  →
 
 【      炎症を成さしめる方の、
   『  プロスタグランジン  』     】  →
   『   ロイコトリエン   』    ;
  【    『  アラキドン酸  』、 
   から、
  合成され、  かつては、  
 SRS - A  、
  と言われた、 物質であり、
    遅発型、の、 アレルギーな反応 、
   に関係しており、
   気管支の収縮な作用、と、
  血管の拡張な作用、や、
   血管での透過性の亢進な作用による、
   浮腫、 とか、
   好酸球への誘導による、
   炎症の増悪に関係している、
  と、  言われており、
   喘息、な、 患者では、その、
  気道、と、 血潮の中、や、
  尿の中に、 
 この、 ロイコトリエン  、 が、 
  増加している❗ 、
  ことが、 わかっている     】   ;
         。 

      ◇◆   『    ビタミン    A   』   ;
 【     糖と糖とを結び付ける事において、
   糖と糖とからも成る、   粘液ら、や、  
  粘膜ら、を、 よく成す、  
   代謝ら、を、  タンパク質な、
  酵素   コウソ  、 と、 合体をする事で、
   成す、  補酵素    ホコウソ  、 であり、
    『  カボチャ  』  、 などの、 
   色素な成分、 の、 ベータ・カロチン 、
   から、 人の体において、
    その必要性らに応じて、
  作り出され、 その場合らにおいては、
  より、 異物性や、 過剰な摂取による、
  損害性、 成る物、 を、 成さない     】 、
    脂へ溶ける、
  『  ビタミン  A  』    ;
  【    C20   ➕   H30   ➕   O    】   ;
        。

        ◇◆     『  ビタミン  D  』  ;
    【     コレステロール 、 を、
  自らへの原料としており、
  2つがある、 腎臓 、たちが、
    働き者な、 活性型にしてくれ、
   それが、  欠乏すると、
   若年死が増える、 事が、
   判明し得てある、 補酵素 、な     】、
     『  ビタミン  D  』  ;
 【    C28       ➕    H44       ➕    O     】   ;
   
        ◆◇     『  カルシトリオール  』   ;
  『  ホルモン型  ビタミン  D  』   ;
「 ジヒドロキシコレカルシフェロール 」  ;
【    C27       ➕       H44       ➕    O3     】  ;

  3つのアルコール基を持つ、
   ホルモンとしての活性を有する形の、
   ビタミン  D  。 
    
      この物質は、  腸からの、
    カルシウム   Ca  、 へ対する、
     吸収性を高める❗
   、 事により、
   血潮の中での、 カルシウム   Ca  、
     の、 濃度を高める❗     】   ;
          。

     ◇◆     【     ビタミン   B3  、 で、
       5百種 、以上もの、 ❗、
   代謝ら、に、必要とされている、
    『  ニコチン 酸  』 、でもある、
   『  ナイアシン  』  ;   
   水へ溶ける、  水溶性な、
   代謝員であり、
  脂溶性な、代謝員ら、などとは、異なり、
 より、人々の体での、備蓄性に欠ける❗    】 ;
【   C6   ➕   H5   ➕   N   ➕   O2   】    ;
   、 と、
   それに近い、 
   『  ナイアシン・アミド  』    ;
 【    C6   ➕   H6   ➕   N2   ➕   O    】   ;      
           。


    ☆    気管支炎❗    ;

  61歳の男性、 ここ、 2、3年、
気管支炎で、 苦しんでいます。
医者にかかって、 5ヶ月ほどを、
服薬しています。

    しかし、 こんなことを、 
いつまでも、 繰り返しては、
やりきれません。 
何とか、 気管支を丈夫にする薬は、
ないものか、 と、 思うのですが。


  ☆    三石先生;   私のアドバイス    ;

 気管支の壁には、 絨毯の毛のような、
絨毛   ジュウモウ  、たちが、 
びっしり、 並んでいて、
有害な物質があると、 それを、
粘液で、 丸め、
いっせいに、 上方に、なびいて、
のど 、 へ、送りつけます。

これが、 「  痰 たん  」 、 になります。

   痰が、 絡まる事を、 無しに、 
あっさり、 喉まで、 来るようなら、
その気管支は、 正常 、 
と、言えます。

このためには、 絨毛たちが、 
正常でなければ、 なりません。

正常な絨毛は、十分に長く、
粘液を、たっぷり分泌するはずです。
 
   ところが、
  『  ビタミン  A  』 、が、不足すると、
  絨毛 、たちが、 短くなり、
極端な場合には、 まったく、
消えてしまいます。

それを考えると、
気管支を丈夫にする、 栄養物質として、
 『  ビタミン  A  』 、 を考えて、
良い事になります。

 あなたの場合、 『  ビタミン  A  』 、を、
合成品なら、 一日に、 最低でも、
 3万   IU I 、ぐらいをとってみたら、
と、思います。


   友の声楽教師に、 『  ビタミン  A  』 、を、
すすめた事があります。

このときの経験によると、
一日に、 1万   IU  、 では、
  目立った効果が、 無く、
3万   IU  、 に、 増やしたところ、
いくら、 喉を使っても、
何とも、無くなりました。

また、 A婦人は、 一日の用量を、 
13 万   IU   、 に、 増やすまで、
調子が良くなりませんでした。

いずれも、 合成品の場合ですが。


      ◇  粘膜多糖体、 な、
     『  コンドロイチン  硫酸  』 、 は、
   粘膜の機能にも、関係しています。

     それで、  『  ビタミン  A  』 、 が、
 気管支らの粘膜の機能を正常に保つ上で、
  役に立った、 
と、 考えれば、よいのです。

   『  ビタミン  A  』 、 の、 欠乏のために、
気管支の絨毛たちが、すりきれ、
気管支たちの粘膜らが、
角質化している時に、

『  ビタミン  A  』 、 が、 
これを修復するのには、
相当な時間が、かかります。

それを無視して、
気管支を丈夫にすることを求めるのは、
本当は、 おかしいのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   ☆    藤川院長❗  ; 

   気管支炎には、  高い用量での、  A  、❗。

    A、の、 過量での投与からの副作用、
   への、 防止のためには、
当然に、 『  高 タンパク 食  』 、❗。

  感染症なので、  高い用量での、   C 、❗。

  気管支の細胞の、 酸化された    ;
    ≒
【     電子強盗を働く状態にされた 、
あるいは、 酸素   サンソ    O    、 と、
  結び付いた     】     ;
    、 
   細胞膜の再生には、   E1   、❗  と、
  卵に豊かにある、 レシチン❗  。

   喘息の合併があれば、 A   ➕   D  。



       ◇◆     『   ビタミン  C  』  ;
 【      疫鎮    ヤクチン    ;      ワクチン     ;
  、らの、  あり得る、  副作用ら、 の、
   度合い、を、 より、 軽減もし、
    ウィルス 、らの本体を、
   断ち切りもし、
  実験らでは、
   肺病を成す、  結核菌たちを、
   全滅させもし、
   繊維状、 な、 タンパク質 、である、
   コラーゲン 、 たちを、 より、
   丈夫に成す、事において、
   血管らを構成する、 組織ら、を、 より、
  丈夫に成しもし、
   免疫員、な、 白血球たちの各々を、
  より、 活性化して、
  働き者にしてやりもし、 
    その体に、  不具合ら、 が、
  余計に、 あれば、ある程に、
  より、  大量に摂取しても、
   腹が、 より、 下らなくなり、
    腹の、ゆるみ、や、 下りよう、を、成す、
  それへの摂取らの度合いが、
  その体の中の、不具合らの、
  度合い、への、目安になる、
  『  補酵素   ホコウソ  』  、
    では、 あるが、
    それ自らの、 電子強盗化による、
   あり得る、 加害性らへ対しては、
   子宝    ビタミン   E1  、 らにより、
   差し止めるべき、 必要性もある❗     】、
    『  ビタミン  C  』    ;
  【    C6    ➕    H8    ➕    O6    】   ;
       。

        ◇◆      『   ビタミン  E  』  ;
   【     人々が、  大量に撮るべき、
   ビタミン  C  、 などが、
    他者から、  その枠内の、 電子を、
   自らの側へ、 引き寄せて、 奪う、
   電子強盗になる事を、  未然にも、
  より、 差し止め、
   子宝    ビタミン   E1 、 を、
   はじめとして、  色々とある     】   ;

【    バス・ジャック事件に巻き込まれて、
   大火傷を負わされた後に、
   女流作家に成った、 日本人が、
   ビタミン  E  、 の、 大量な、
  肌への塗布、 や、 摂取により、
   その火傷した肌の健全性を、 大いに、
  回復し得た例、 などが、
    報告されている❗     】    ;
 
     『  ビタミン   E  』   ; 
  【    C29    ➕    H50    ➕    O2    】   ;
          。

     ◇◆     アイユー  IU  
 (   国際単位  ) 
    International Unit

     ☆     ミネラル、や、ビタミン、などの、
    微量栄養素 、の、 食品中の含有量は、

   普通は、  g  グラム  、や、   
    mg   ミリ・グラム   、 で、表すが、

    ビタミン A  、  などのように、
   似たような分子構造の複数の物質
  (   ビタミン  A  グループ   )   に、

     同様な機能があるなどの場合には、

     基準となる、   特定の物質  、 と、
     その一定量    (  IU   )   、を、

    国際的に決め、
   生体内での働きが、  その何倍であるか、  
  の、 数値によって、  存在量  、 を表す。

    ビタミン   A   、 の場合は、   

  ビタミン   A   アセテート    ; 
  0・000344   mg    、を、  1  IU    、
  とする。

     1   IU    、  は、

 ビタミン  A レチノール ;
    0・3     μg    マイクロ・グラム   。

 ビタミン  C    L-アスコルビン酸   ; 
   50   μg    。

  ビタミン  D   コレカルシフェロール   ;
    0・025   μg    。

  人工の、   ビタミン  E   
  dl-α- トコフェロール  酢酸  エステル
    1   mg     ミリ・グラム    。

    天然の、  ビタミン   E 1
    d-α-   トコフェロール
     0・667     mg     、

   と、   定められており、

    天然の、  ビタミン  E 1  、 の方が、
   人工の、 ビタミン E 、 より、
   その、『   電子強盗を差し止める   』、
   働き者である度合いが、
    5割 、 以上も、 大きい  ❗ 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント