観念な、綜合性ら、と、観念な、分析性ら、とでの、 相反性❗ 、など 。 日本人たちの数千人以上を、すでに、監禁中な、 実態らも成してある、 シナ❗

観念な、綜合性らによる、観念性ら、と、
     観念な、分析型の規定性らによる、観念性ら❗   ;
     19/    3/2    2:41    ;

   【      自らの、 今として、ある、時の間   マ    、
   は、    誰にとっても、 何秒間 、 といった、 
   観積もりを、合理的には、宛て得ない、
    間   マ   、 としても、 あり、
   
      それは、   ある時点と、 それへの、
  次の時点と、 観念される、 時点らの各々は、 
    別の時点同士であって、
   ある同一な時点を成し合う事の、 無い、
   もの同士、 とする、 
  観念な、 規定性を、 それらの関係性へと、
    宛   ア   てがう、
   観念系らなり、 思案系らなり、においては、

       時点ごとの現象らへと、 
   それらを含む、 一連以上の現象らが、
  分割されるなり、 分析されるなりして、
   観宛   ミア  てられる、 限りにおいて、

     ある、 『  同一な今  』  、を構成する事らは、
   ある、現在な、 知覚らなり、 
  それらの宛てで、 内容な、 現象らなり、へと、 連なる、
  より、 過去な、 時点ごとの、 現象、へと、
  分け隔てられても、 観られ得る、 
   ものでもあり、

  誰彼の、  どの、 『  同一な、 今  』  、 を構成する、
   事象も、 過去な、 時点らの各々の、
   事象からも、 成る、 もの
    、 だから、 だ。

      しかし、  それでも、 
  観念な、 感じようら、や、 観ようら、
において、  創り出されて来てある、
  観念系の主な、 誰彼の、 『  今  』  、 を、
  構成する、 事柄ら、 などの、
  観念な、 綜合性らを成す事において、
誰彼に、 創り出されて来てある、 
   観念性       ;
   ≒        観念である物 、  観念である事 、 その度合い 、 など     ;  
  、 ら、 は、
  
    観念な、 分析型の規定性らによって、
  その、 在るがままに、 あったり、
あり得たりする、 筋道なり、
秩序性なり、 規定性なり、 を、
無   ナ  みされ、  否定される、 
 度合い、 らを、 宛て付けられ得る、 
   もの、 である
   、 にも関わらずに、

    その主に、 感じ宛てられ、
   観宛てられて、 あったり、 あり得たりする、
  その通りに、 ある、 もの、 でもあり、

     いかに、 過去な事象らである筈のものら、
   から、 あるいは、 より、 実際には、
   それらの、 記憶化された、ものら、 から、
  誰彼の、 『  今  』  、を構成する、 事象 、が、
   覚え構えて観られ得て来てあっても、

      そうした、『 今 』 、 たちの各々が、
 その通りに、 あったり、 あり得たりする、
   事に、 変わりは、 無い❗ 。

    こうした、 観念な、 綜合型の規定性ら、
   から、 成る、 観念性らは、

     観念な、 分析型の規定性らによれば、
   より、 その通りには、 成り立たない、 
  筈のものら、 としての、 度合いら、を、
   宛て付けられ得る、 ものら、でもある、
   が、

    それはまた、 それこそが、 正に、
  そうした観念性らが、 
 観念な、 綜合性による、もの、 である、
事を証   アカシ   さえする事でも、 
    あり得る。

    全くの、 無   、ではないが、
  より、 無 、な、 一瞬の間を成して、
  『  今なる、 時の間  』 、 が、 ある
    、 と、 観る、
   一定数の人々が、 あり得る 、 
    が、

   そうした、人々の、 その、 
  感じようら、や、 観ようら、も、
   観念な、 綜合性にもよる、 もの、 であり、 

    一定の時の間として、 感じ宛てられ、
   観宛てられる、 今として成る、 ものら、
  の、 各々も、
  何秒間、 といった、
時計的な、時間性を成さない
  、 にも関わらずに、

   その通りに、 一定の時の間を成す形で、
   その、 今としてある、 時の間、 を、
  自らに、帯びて、 成る。

   『  何秒間  』  、 といった、 一定の時間は、
   より、 先んじて成る、時点ら、 と、
   より、 遅れて連なる、 時点ら、 とに、
   思い分けて観宛てられ得る、ものであり、

      それを構成する、 
   時点ごとな、 ものらの各々は、
   互いに、 全員で、 
  『  ある、 同一な今  』 、を、 構成する事の、
   できない❗
   、規定性を帯びて成る、ものであり、

     観念な、分析型の規定性らによれば、
   よる程に、
  誰彼の、 どの、 同一な今も、構成し得ない、
   度合いを、 より、 余計に、 
   自らへ、 宛て付けられ得る立場にある。

     特定の事への、 肯定と否定の向き、
   などの、 より、 異なり合う、 
    観念な、 規定性ら、 は、
    同一の、 観念性や、 
  同一の、 論理的な整合性のある、 思案系 、
   を、 枠組みし合う事が、 
   より、 できない❗
    、 ので、 

    同一の、 人においてさえ、
   一方で、
特定の、 観念性や、 思案系を成し、
    他方で、
  別の、 観念な、 規定性らから成る、
  別の、 特定の、 観念性や、 思案系を成す、
    といった事が、 ごく、 在り来たりな、
   通例性のある事としても、 あり得る。

    観念な、 綜合性らを成す、 形で、
   誰彼が、 自らの今としての時の間なり、
   それを構成する事象らなり、 を、
   自らの、 観念な、 感じようら、 や、
   観ようら、の、 そのものにおいて、
    創り出して観て来てある❗
   、 
     その一方で、
    その同じ誰彼が、
  観念な、 より、 分析型の規定性らから成る、
思案系を成して、

『     ・・例えば、 
ある日の、 十時十分の、自分の観宛てる事柄らは、
その日の、十時11分の、自分の観宛てる事柄らへ対して、
より、 過去の事象らであって、
それらな、時点ら、の、事らは、 同一の、 
自らの今の時の間を占め合う事象らでは、なく❗ 、

    それらな、時点ら、の間にも、
   無数の時点ら、と、時点ごとの事象ら、
   が、あって、 同一の今を成し合えない、
   立場にあり、 規定性を帯びてある・・     』 

    、 といったような事を思い構えて観る、
    事が、 できない、 とは、 限らない。

    また、 
  そのような、 思い分かりようらを、
  誰彼が、 成す、 からといって、

    その、 誰彼が、 観念な、 綜合性らを成す、
   事において、 成さしめられる、 
  その、今としての時の間、 などの、
  ものら、が、 その通りに、 成り立って、
   観せる、 事を、やめる訳でも、ない❗ 。

     観念な、 規定性としての、 質の違いにより、

      一方では、 
   より、 同一性 、 などを否定される、
   べく、 観宛てられ得る、 ものら、も、

    他方では、  その、同じ、誰彼から、
  ごく当たり前に、 より、 一体なもの、 
  などとして、 観宛てられ続けるべくして、
    観宛てられ続け得るのであり、

     その一方だけが、  正しくて、
  その、 残りの一方らが、 正しくない、
    という訳では、ない❗ 。

     観念な、 より、 綜合型の規定性らによる、
   ものら、なり、
その、 観宛てられる、 情報らなり、は、

   観念な、 より、 分析型の規定性らによって、
   観直される場合には、

    その通りに、 あったり、 あり得たりする、
   ものら、では、 より、 無い❗
   、 ものら、へ、
  より、筋道の立つようにも、仕立て直されて、
  観宛てられ得る、 ものら、 でもある
    、が、

    それで、  観念な、 綜合性によって、
  それ自らの成り立ちようらを得て来てある、
   観念性ら、 の、 全てが、
その通りに、 あったり、 あり得たりする、
  事を、 やめたり、
 差し止められたりすべき、 妥当な筋合いを、
  宛て付けられ得る訳では、 必ずしも、ない❗ 。

     現に、 観念系の主な、 誰彼の、 観念な、
   感じようら、 や、 観ようら、の、
  そのものにおいて、 創り出されて来てある、
  『  今、 なる、もの  』  、  らの各々、 などの、
   観念な、 綜合性を成してもあり得る、
   観念性ら、 は、

    それらを成す、 観念系の主な、誰彼において、
  その通りに、 成るべくして、 成り、
  あるべくして、 ある、 だけ、であり、

    誰彼の意思系の何彼 、 などによらずに、
   その、観念系の全体から、 かつ、
   観念系の自らが、 設定される事により、

      自動的に、そこへ、 その誰彼の、
  観念な、 感じようら、や、 観ようら、の、
 そのものとして、 創り出されるべくして、
   創り出され、 

    その、誰彼へ、
  観せ付けられ、 感じ宛てられる、 
ものら、であり、

    観念系らの全体に共通して観られる、
  自動的な設定性を帯びても成る、 
   ものら、である❗
   、 が、ゆえに、

   『   独我論   』 、 などを否み去る、
   規定性らを宛て付けて観られ得る、 
    ものら、 でもある。

    我々が、  論理性なり、 合理性なり、
   を、 何事かへ宛て成す場合にも、
    それを構成し得る、 
   観念な、規定性らの質が、 
   より、 分析性のものか、 
  より、 綜合性だけのものか、 
   などの事を、 
  能く、思い分けて観る❗
   、 事により、

    論理性なり、 合理性なり、 が、
   必ずしも、 それ自らに、 
 唯一性を宛て付けさせるべくある、
  訳では、ない❗
   、 といった事を、
  思い分かつ事が、 あり得る      】
       。 

       ☆      脳でも、湧く、インスリン ❗
        19/     5/8    14:23     ;

     ◇       わけば、湧くほどに、
   その主を太らせ、   ガン細胞らの増殖への後押しもする、
   『   インスリン   』 、 が、
  細胞たちの各々へ、送り届ける、
   『   血潮の糖   』 、 を、
細胞の内側に、 一定な度合い以上に、 ある、 
  『   マグネシウム   Mg   』、 が、 
細胞の内側へ、 引き込む、 働きを成す、
ので、
  『   マグネシウム   Mg   』 、 が、
  より、 不足させられてある場合にも、
   血潮の糖 、たちが、
細胞たちの各々の内側へ、
より、 取り込まれずに、
血潮で、 だぶつかされ、
血糖値を、 より、 低めない、 状態を成す、
『   インスリン  抵抗性   』、 の度合いを、
より、 成し、 増す、 事になる。

    ◇      血潮に、 糖 、たちが、 より、 溢れて、
   色々な、タンパク質ら、などと、
体のあちこちで、 結びつく、
度合いらを、余計に、 成し、 増す事は、
     例えば、
  血の管、 などを構成する、
  繊維状、の、 タンパク質 、である、
『   コラーゲン   』 、たちの成してある、
  3重の螺旋   ラセン   、な、構造、
などの所々へ、 結びつけば、
それを、 もつれさせ、
    血の管、 などの、 弾力性を、
  より、 失わせ、 もろくもする、
   といったように、
   体のあちこちを、 より、 壊れ易くする、
   などして、
そうした害らを、 より、 差し止め、
補い余しもする、
ビタミン   C   、 たち、 などへの、 その主の、
摂取を、 より、 大量に、 増やさせ得るべく、
より、 その主の、 腹が、 ゆるんだり、 
下ったり、する、までに、 かかる、
あり得る、 ビタミン   C   、 たち、への、
  摂取の量を、 より、増大させる、
  などの、 事態らを成す。

  
      ☆      ドクター江部❗    ;

        【     ・・NHK 、でまた、 
   人体シリーズを放送しており、
録画していた物を、この連休に、
一気に、視聴しました。
その内の、 脳の回で、
海馬の中の歯状回を活発化させ、
   記憶力を揚浮   アプ   ;     アップ     、 する物質が、 
    『  インスリン  』  、で、
  『  インスリン  』  、が、
  脳の血管な細胞らによる壁を、すり抜け得る❗
    、物質で、
   認知症への治療薬も、
インスリン 、 を基に、 開発中である、
との事でした。

     以前より、先生は、
インスリン 、は、 脳に多く行かない方が、良い❗ 、
多すぎると、 アルツハイマーへの原因になる❗ 、
糖質制限食は、 最低限の、
インスリン 、しか、 引き出さない❗
   、 ので、
膵臓   スイゾウ   、 にも、 負担がかからない、
のみならず、
脳に、 インスリン 、が、 溢れる事も、 より、ない❗
   、 ので、
アルツハイマーの危険も回避でき得る❗ 、
と、 おっしゃっていました・・      】 。

     こんにちは。
neiri さんから、インスリンと脳について
コメント・質問を頂きました。

まずは、少し、インスリンと脳について、
知識の整理をしておきましょう。

   例えば、 肥満などで、
  「   筋肉での、インスリン抵抗性   」 、 があると、
  インスリンの作用を確保するために、
   膵臓の、  β    ベータ  細胞が、 大量のインスリンを分泌して、
   辻褄を合わせます。

     そうすると、  分泌された、
   大量の、 インスリン 、 に対して
  インスリン 、を分解する、
  タンパク質から成る、 酵素   コウソ    、 が、
  目一杯に、 働くべき、 必要性があります。

    実は、 インスリン 、を分解する、 酵素は、
   アミロイドβ蛋白 、 という、
  アルツハーマー病への元凶を分解する、
    役目も有しています。

     従って、
  インスリン 、 が大量に分泌されている人は、
  インスリン 、 への、 分解をする、
    酵素が、 不足気味となるので、
  結果として、 アミロイドβ蛋白が蓄積しやすく、
  アルツハイマー病を発症しやすくなります。

     有名な久山町の研究で、
   白米を沢山に食べる人ほど、
アルツハイマー病になりやすい❗
  、 ことが、分かっていますが、
白米への摂取で、
インスリン 、が多量に分泌されたため、
と、 思われます。

     さらに、  ロッテルダム研究により、
   糖尿病で、 インスリン 、の注射をしている、
   高齢者たちは、
糖尿病でない高齢者らに比して、
4・3倍も❗ 、 アルツハイマー病になりやすい、
 と、 報告されています。

     つまり、   過剰な、 インスリン 、が、
   身体   (   脳   )  、に良くない❗  、 ことは、
    間違いが、 無い、 です。

    一方で、  適切な量の、 
インスリン 、 が分泌されなければ、
人は、 生命を維持できません❗ 。

   スーパー糖質制限食の場合は、
   必要にして、最低限の、 適切な、
  インスリン 、の分泌で、
   健康を維持できます。

   『  インスリン  』  、は、   膵臓の、 β細胞で、
   製造・分泌されます❗
   、 が、
    実は、 脳の海馬でも、
   インスリン 、 が製造・分泌されている❗
    、 ことが
   近年の研究で、明らかとなりました。(☆)

   『    脳 、の、 インスリン    』、 は、
    記憶力を高める❗
    、  作用があります。

      膵臓で作られた、 インスリンも、
  脳の海馬で、 作用します❗
    、 が、  より、
  『   インスリン  抵抗性   』 、が、なければ、
    より、 少量の、インスリン 、で、 十分なのです。

    ≒
 【     タンパク質ら、など、への、代謝らに、障害が、無く、
    脂肪酸、や、アミノ酸たち、への、代謝から、
  炭水化物、な、糖質 、を、 自前で、作り出す、
   『  糖  新生  』、 な、代謝らに、障害性の無い、  より、
   通例な、 遺伝性の人々であれば、  
    タンパク質ら、への、代謝らによって、
   糖質らを作り出せ、 
    色々な、アミノ酸たち、から成る、   『  インスリン  』
  、 を、 湧かしめ得る❗
     、 ので、  
    より、  糖質を、 わざわざ、 摂取すべき、
       必要性は、 無い❗     】
             。

     『  インスリン  』  、 が、  脳内で、 適切に作用するには、
    情報らを伝達する、  履列    リレ    ;    リレー   ;
     、 が必要ですが、
   糖尿病、や、 アルツハイマー病の、 脳では、
   この履列が上手くいかなくて、
    【     脳を構成する、 細胞らの各々の内側へ、 より、
   血潮の糖 、が、 入っていかない、 事態な     】 、
   「    脳 、での、 インスリン 抵抗性    」
   、  を生じやすいのです。

    全身性の、 「   筋肉で、の、 インスリン 抵抗性   」 、
   と、 脳、な、 局所での、
   「   脳 、での、 インスリン 抵抗性   」 、 とは、 
    異なるメカニズムで生じる❗
   、 と、 考えられます。

(☆) アルツハイマー病は  「  脳の糖尿病  」  2017年
   講談社 鬼頭昭三、新郷明子 著
   115ページ。

         ◇◆     『  筋肉ら❗  』   ;
  【     その運動性らで、  より、
  インスリン 、 の分泌を呼ばずに、
   血潮の、 ブドウ糖 、らを消費❗    】   ;

      【     筋肉な、 細胞たちが、
    インスリン 、な、 分子たちの、
   働きようらを得ずとも、
   ブドウ糖、 たちを、 自らへの、
   エネルギーら、への、 もとにする、
   上では、
   単に、 その筋肉らを動かしめ得る主が、
   その運動性らを成すだけで、 善い、
   との事であり、
     運動性らを成す場合の、
   筋肉らは、  より、
   インスリン 、 を、 分泌させる、
  度合いら、を、 成さずに、
   その血潮の中の、 ブドウ糖、 らを、
  より、 消費する、
   引き受け手になる、 という     】  ;
   
     湧けば、 湧くほどに、
   炭水化物な、 ブドウ糖ら、などの、
  糖質、 を、
   脂肪にして、 蓄えさせてしまう、
 『  インスリン  』、 の分泌を呼ばずに、
    ブドウ糖ら、を、自らの所で、
  消費する、 向きで、
   運動し得る、 筋肉らも、 主に、
  色々な、 アミノ酸から構成される、
  タンパク質から成る、 物らであり、

    その、 アミノ酸たち、への、
  摂取らを、 よく、 成し付けつつ、
   ブドウ糖らを、 自らの体の外側から、
  摂取する必要性の、 無い、
  一般的な、遺伝性らへの主である、
   人々は、  より、
  炭水化物、な、糖質 、 への、
   摂取をひかえ付け、
   一定の運動性らを成し付ける、
    事で、
     より、 『  糖化の害  』、 らや、
    血潮に、 脂員らが、 余計に、
    混ぜ入れられる事による、
    害ら、 などを、未然に、
    差し止め付け得る事になる     】   ;
       。

    ☆      脳細胞への、照らし、でも、作り出され得る、 過誤記憶ら❗
    19/   6/14   10:44     ;

     ◇       特定の、 代謝らを、成したり、
   その他の、 代謝らが、 成り立ってある、
   状況で、 成り立たないようにしたり、
    する、事で、
    眠りようらの一定な度合いらや、
    意識性らの一定な度合いら、のような、
   精神現象らも含めた、
    特定の現象らが、 興り廃りさせられる。

     それは、 記憶性らの一定な度合いら、
     についても、 あてはまる。

     2013年  7月26日  23時00分  ;
   脳へ、光をあてることで、 誤った記憶を作り出すことに、
   利根川進氏と、理研のチームが、世界で初めて、成功❗  ;

     過去の出来事を思い出す時々に、
   事実と、全く、異なる、ことを、
  思い出してしまう事があるが、 これは、
   「   False   Memory    (    過誤  記憶    」 、
   と、 呼ばれ、 えん罪を作り出す❗
   、 原因らの一つ、として、 しばしば、
    問題にされる。

   このような、 過誤記憶を、
   人為的に、作り出すことに、
  利根川進博士、と、理化学研究所の、
  研究致務が、 世界で初めて、 成功した。

Fake memory implanted in mice with a beam of light

MIT 神経回路遺伝学センター教授で、
理研脳科学総合研究センター長の、
利根川進博士、と、
RIKEN一MIT 
神経回路遺伝学センター 利根川研究室、の、 研究員の致務は、 これまでにも、 
ネズミの脳へ、光を当てることで、
特定の記憶を思い出させる❗
  、 ことに、 成功してきたが、  今回は、
同研究致務は、 鼠の脳へ、光をあてる、
ことで、 人工的に、過誤な記憶を作り出す、
ことに、 世界で初めて、 成功した。

   実験は、 「   optogenetics    (   光遺伝学    」 
   、 という、 手法を用いて、行われた。

     これは、 脳の神経な細胞     ;
     (    ニューロン    )       ;        、 に、 
   光を感受する性の物質を導入する事で、
   光の照射により、
   ニューロンを、 興奮させたり、
   抑制させたり、 できる❗ 、 という物だ。

      簡単に言うと、   「    光をあてる事で、
    脳の細胞の活動を制御する    」  、 技術だ。

      今回に、  利根川博士率いる研究チームは、
    海馬の特定な部分に、 記憶を保存する、
    『   ニューロン   』 、 を特定し、
    そこに、 光を感受する性    タチ   、 の、
   『   タンパク質   』 、 を導入した後で、
       光     ;         (    青い光❗   )        、 を照射し、

     その、 ニューロンを活発化させる❗
   、 ことで、   特定の、 『   エングラム   』    ; 
    ≒    『   記憶 痕跡   』      ;
  、  を、 呼び起こさせ❗
     、 これと、
   他の、 エングラム 、 とを結びつける、
   ことで、 人工的に、 
   過誤な記憶を発現させよう、 と、 考えた。

      実験の内容としては、  まず、
   ネズミを、 安全な環境である箱     ;
     (   箱A   )       、へ入れた後で、
    『  箱A  』  、にいる時にだけ、
   活発に反応する、ニューロンを特定する❗ 。

    ここで、  特定されたニューロンには、
   『  箱A  』 、 で事ら、への、  エングラム    ;
  ≒    『    憶痕   オバト    』     ;
    、  らが、 保持されている、はずだ。

     次に、 そのニューロンに、
   『   光  感受性  タンパク質❗   』  、 を、
       導入      ;       (    標識   )      、 する。

     これで、  ネズミに光を当てれば、
   『  箱A  』  、 での、  憶痕 、 らが活性化し、
   箱A  、 での事らな、  記憶が、よみがえる、
    という、  仕組みが、 できあがる❗ 。

      次に、  標識した鼠を、 
  『  箱A  』  、 とは、異なる、   環境の箱    ;
    (    箱B    )       、 へ移した後で、 光を照射❗ 。

     これで、    鼠は、 『  箱B  』  、 にいるものの、
  『  箱A  』  、での、 記憶性らを思い出す❗
     、  ことになる。

      実験では、  『  箱B  』 、 に入れた、 鼠へ、
    光をあてた❗    ;
    (    箱A 、での事ら、への、 記憶を思い出させた❗    )
     、 状態で、
    鼠、へ、 ちょっとした電気所懼    ショグ     ;
   ≒     ショック      ;
    、 を与える❗ 。

     こうすることで、
   『  箱A  』  、 での事ら、への、 記憶に、 電気所懼 、 という、
  恐怖の体験を結びつけたのだ。

      この鼠を、 再び、  『  箱A  』  、へに戻すと、
   なんと、 鼠は、 恐怖から、 硬直化した❗ 。

     鼠は、  『  箱A  』  、では、  電気所懼を受けた、
   経験が、 無い❗
     、にもかかわらず、に、
   電気所懼への記憶を思い起こしたのだ❗ 。

    つまり、     安全な、 『  箱A  』  、 と言う、
    環境での、 記憶痕跡らは、
   電気所懼、 という、 恐怖を伴った、
   別の憶痕に変化した❗ 、 という訳だ。

     さらに、  この鼠らは、 他の環境でも、
   『  箱A  』 、 からの、 記憶痕跡、らに対応した、
   ニューロン、を、 光で刺激しただけで、
    恐怖性の反応を示した❗  、 という。

     平和な環境であったはずの、  『  箱A  』 
  、  での、  記憶性らは、 もはや、
   電気所懼を与えられた、 恐怖の体験に、
    すり替わってしまったのだ❗ 。

      もちろん、 鼠が、 何を記憶しているか、
    を、 正確に知ることは、 出来ていない。

     が、 研究致務は、
   過誤記憶への呼び出しで使われる、
    脳の領域が、    自然な     ;      (   真の   )   、
    記憶性らへの呼び出しで使われる、
   脳の領域と、 全く、 同じである、
   ということも、 突き止めている❗ 。

      この事からは、
    過誤記憶を思い出す場合と、
    正しい事実を思い出す場合の、
   メカニズムが、  全く、 同じ、
    ということが、  推察される。

     つまり、   私たちが、 過誤記憶を、
  本当の出来事のように感じてしまうのも、
   無理のないことだ、 と、 言える訳だ。

     利根川博士は、
 「    ヒトは、 高度な想像力を持った、
 動物です。     本研究の鼠らと同様に、
   私たちが遭遇する、    “  嫌な  ”  、   あるいは、
  “  快い  ”   、  出来事は、 そのときまでに、
    獲得した、 過去の経験と、
   関連付けられる、 可能性があり、
   それで、 過誤記憶が形成されるのです    」 
  、 と、 述べられている。

     理研は、  人間の過誤記憶への理解が進む、
  ことは、 裁判での、 目撃証言には、
  危うさが潜んでいる、 という、
   警鐘になるはずだ、 と、 している。


    ☆      脳の中には、 意識の鍵を握る、
   2つつのネットワークらが存在する、ことが、判明     ;
     2020/   3/26    20:30    ;
  
 意識は、 人類の最大のミステリーの1つだ。
   それは、なぜ、どうやって、芽生えたのか?  。
  
 最も最近の成果は、   意識が存在する上で、必要不可欠
  、 と考えられる、 2つの、 脳内のネットワークらの関係が、
   明らかになったことだ。

 ミシガン大学  (  アメリカ  )、 の研究者が、 『  Science  Advances  』
  (  3月11日付  ) 、 で発表した研究によれば、
 「   デフォルトモード・ネットワーク   」、と、
  「   背面注意ネットワーク   」 、 は、
    相反する関係にあるのだそうだ。

 こうした、 互いに、 排他的な関係にある、ネットワーク     ;
    根途環    ネトワ    ;       、らの、 相互な作用が、
   私たちが、 周囲の環境に働きかけたときの体験を、
   素早く、内部化することを可能にし、
    意識を支えているのだそうだ。

    ◇     脳内ネットワークが切り替わる瞬間の出来事    ;

 例えば、 ある晴れた昼下がりに、あなたは、
   近所を散歩していたとしよう。
   歩きながら、 ぼんやりと、週末の飲み会のことを思い出していた。
    あの話は、面白かったなぁ、などと。

 すると、何かが衝突したような音が聞こえ、車が、
    比須音    クラソン    ;     クラクション     ;
   、  を鳴らしているではないか。
    どうやら、自転車が車に突っ込み、あなたの、ほんの、
   ➕メートルを先に、 放り出されたようだ。
   怪我をしているようには、 見えないが、 とにかく、
  急いで、 倒れている人のそばへ駆け寄った――。

 このとき、わずか数秒で、脳内の根途環が切り替わっている。

    あなたが、  思い出や、空想にふけりながら、
   心の内に、 意識を向けていたとき、 活発だったのは、
   「   デフォルトモード・ネットワーク     ;
  (   DMN/default mode network   」   、 だ。

 だが、はっと気がつき、 周囲に、意識を向けたときには、
  「   背面注意ネットワーク   (   DAT/dorsal attention network   」
  、 が、 活発になっている。

    ◇    DMNとDAT  ――  排他的な脳内のネットワーク     ;

 普通は、  脳内のネットワークは、 常に、切り替わっており、
   ほとんど、 複数のネットワークらが、 同時に、
   機能しているように見える。

 たとえば、  私たちは、 目で見たものや読んだものを分析し、
  ・処理するために、 前頭頭頂ネットワークと、
  視覚ネットワーク、 の、両方を利用している。

 ところが、  DMNとDATについては、 事情が違う。

    それらが、 同時に活発化することは、 滅多にない。
     ”  滅多に  ”  、 というのは、
   そうしたこともあるかもしれなかったから、 そう言っている。
   だが、 これまで、 両者が、 同時には、起動しない❗
  、 のではないか、  という、 疑いは、あった。

 そして、今回の研究で、その疑いが、はっきりと証明された。
   2つの根途環らは、 どうやら、 互いに、
   排他的な関係であるらしいのだ。

    ◇     脳でのネットワーク活動を秒単位で分析    ;

 研究グループは、   被験者、 な、 98名を対象に、
   覚醒時、 安静時、 全身麻酔時、 あるいは、
    意識障害にある、  脳の活動を、 fMRI  、 で調査。

    さらに、 機械学習モデルを利用して、  脳の中で、
   同時に活動している❗ 、  領域らを分析した。

 これまでにも、同じような研究はあったが、
   今回の場合で、特筆すべきは、 それまでのは、
    数分が単位の分析だったのが、 数秒が単位と、
   さらに、緻密に分析されたことだ。

 こうして、先述した、 DMN 、と、 DAT  、のほか、な、
   8つの主要なネットワークらが、 観察され、
   同時に活動している、 ネットワーク、ら、
   その活動の長さ、 あるネットワークの活動が停止した後に起動する、
   ネットワークといった、 活動パターンらのモデルが作成された。
 
 そして、 明らかになったのは、  脳が、
   規則的なパターンで、  とある、ネットワークから、
   別のネットワークへと、 素早く、 切り替えており、
    ある状態の構造パターンを循環させている❗
   、 ということだ。

    DMN 、と、 DAT 、への、頻繁な移行も、
    そうしたものの、1つだ。

    ◇     意識は、 2つのネットワークら、での、
    切り替えによって、 紡ぎ出される❗   ;

 ところが、  薬や、脳での障害のために、
   意識のない患者らの場合においては、
   DMN  、と、 DAT  、への、 切り替えが、 ずっと、少なかった。

   ≒
 【     その意識性らを復活させしめるのに必要な、
   代謝らの中に、  その根途環らの切り替えを、 能く、成さしめる
   、のに、 必要な、 代謝ら、も、 含まれ得る     】
         。

 これこそが、 ポイントだ。
   脳での、ネットワーク、らへの、影響や、
    その再組織のされ方は、 異なるので、
    意識不明になっている患者らの体験は、  それぞれで、
     違うものだ。

     だが、 どの患者においても、
   DMN 、と、 DAT  、の、 孤立が見られたのだ❗ 。

 意識のある人たちでは、  DMN  、 が切れると     ;
   (    これは、 幻覚剤を使用したときに起きる❗    )  、
   深く、 内省することが、 できなくなる❗ 。

       ≒
  【     大麻をやり付けて、逮捕された、 女優が、  ぼんやりした表情で、
    大麻の解禁を訴えていたが、
   一定数の人々は、 大麻の成分らへの摂取らからでも、
   内省の能力性などを阻害される、  といった事を、
   それも、示唆し得る。
        あえて、   心苦しさを伴い得る、
     内省性などを抑制する事を、 無意識の内にも、
    求めて、  そうした物らへの嗜好性を成す、 
      向きの人々も、 一定数は、 あろう     】
         。

      一方で、   DAT 、  が切れると、
   周囲の状況を認識して、反応する❗
  、 ことが、 できなくなる❗ 。

 つまり、  自分自身の事らを振り返りつつ、状況に応じて、
   外の世界に注意を向けて活動する――人間を、
   そのような、 意識的な存在たらしめているのは、この、
  2つのネットワークらでの切り替えである、
    と言って、 差し支えが、ない❗
    、  ということだ。

    ◇      ネットワークらでの、 排他的な関係が、
    体験を内部化❗   ;

 妄想や思い出にふけっていようが、
   周囲の世界に働きかけていようが、あなたが、
   意識的な状態にあることは、 分かっている。

 今回の研究で、 明らかにされたのは、  私たちは、
   思考に浸かりつつ、   同時に、 その外にいることは、
   できない❗  
  、  ということだ。

 そして、  DMN 、と、 DAT 、とでの、  排他的な関係性が、
   周囲の環境と、 やり取りした体験を、
   内部化して処理する❗
   、 ことを可能にしている――
   これが、 すなわち、 意識な存在でいられる、
   秘密であるようだ。

 研究グループは、 今後にては、  この、
   瞬間的な、 ネットワークらでの切り替えを、
  脳が、 どのように制御しているのかを調べたい
  、と、 考えているそうだ。

References:Scientists Just Proved These Two Brain Networks Are Key to Consciousness/ written by hiroching / edited by parumo
\  SNS  、で、 みんなに教えよう❗ 。

     ◇        何彼を記憶する、にも、
    それを成り立たしめる、 代謝ら、が、
   それ自らを成り立たしめられる、
    事が、 必要であり、
   
      栄養分であるだけでなく、
  代謝らの各々を成り立たしめる、
  『  代謝員  』 、 でもある、
  『  酵素   コウソ  』  、にも成る、
  『   タンパク質   』、 らに、
    酵素らの各々と、 文字通りに、
  『    合体して、 代謝を成し合う❗   』、
   補酵素   ホコウソ   、 な、
  『   ビタミン   』 、 や、
補因子、 な、 『   ミネラル   』、 らの、
  どれ彼らが、 あわせて、 
  その一定な度合いらを越える形で、
  摂取される、 
  事が、 必要とされる❗ 。


      ☆       脳の活動の正体は、 
    脳の神経な細胞の間に走る、  電気な信号であり、
    これまで、  脳へ、電気による刺激を与えると、
    高齢者たちのワーキング・メモリ    ;
    (    作業  領域    )       ;         、 が、 劇的に若返る❗
   、   ことや、
     夜に寝ている間に、
   脳へ刺激を加えると、
   記憶力が、 揚浮   アプ    ;       アップ     ;
    、 する、 こと、 などが、
    実験により、 明らかになっている❗ 。

    学術ジャーナル、や、 MIT Press Journals 
   、 に掲載された論文によると、 
   今回は、 新たに、
    「    頭皮の上から、
   電気的な刺激を与えるだけで、
    記憶力を須騰    ストー      ;
   ≒      ブースト     ;
   、 することができる、
 部位が、 発見された❗    」 
   、  とのことだ。


     脳の、   ある特定の領域に、 電気を流す、
  ことで、 記憶力を大幅に増強する❗
  、 ことが、できることを突き止めたのは、
   ロサンゼルス大学の、
ジェシー・リスマン助教授らの、
研究グループ 、 だ。

    この研究グループは、 平均での年齢が、
    20歳の男女な、 72名に対し、
   80個の単語らを記憶させ、

    次の日に、 記憶した単語らを、 
  どれだけを思い出せるか、への、
    試験を行った。

    記憶性らへの試験は、 2回に分けて実施。

     最初は、 すべての被験者らに、
頭の上から取り付ける、 電極を装着させ、
  「   電気を流すフリ   」 、 をした。

   そして、 30分後に実施した、
2度目の試験では、 

     被験者たちを、  3つの群婁  グル    ;
  ≒      グループ      ;       
    、 に分けて、

    一つ目の群婁には、
  「   ニューロンを興奮させる電気刺激   」 、
を、

    2つ目の群婁には、
「   ニューロンを沈静化させる電気刺激   」 、
を与え、

    最後の群婁には、 対照群として、
もう一度を、
「   電気を流すフリ   」 、 を行い、

   最初の、 「   電流を流すフリ   」 、
から、 比較して、 どれだけの、
単語らを思い出す、 能力が揚浮したか、
を観察した。

    その結果にて、 3つの群婁らの全て、
   において、
  記憶への試験の成績での、 改善が見られた❗
   、 が、
スコアの伸びは、
「   ニューロンを興奮させる電気刺激   」 、
を受けた群婁で、
   15・4   本堵   ポント    ;
≒      ポイント      ;
    、
 「   ニューロンを沈静化させる電気刺激   」 、
   を受けた群婁で、 
   5  本堵   
    、
   2回とも、
 「   電気を流すフリ   」 、 を受けた、
    群婁で、
  2・6   本堵 
   、 と、 差が開いた。

   この試験で,  電気による刺激を与えた宛てが、
   左側の、  前頭前皮質 、 だ。

  『  前頭  前  皮質  』 、 は、 ちょうど、
   まゆ、と、 生え際、との、
  中間の付近にある、 脳の部位で、

     これまでは、 高度な、 認知な行動や、
   社会的な行動、 に関与している❗
   、  と、 思われてきた部分だ。

     リスマン氏は、 3つの群婁らのうちの、
   「   電気を流すフリ   」 、 と、
「   ニューロンを沈静化させる電気刺激   」 、
   を受けた、 群婁らでの、 スコアの改善は、
   「    統計的に、 有意ではなく、 単に、
   テストに慣れただけ    」 、 だ、 と結論。

    その一方で、
   「    ニューロンを興奮させる電気刺激    」 、
   を受けた群婁の記憶力らが、 
   大幅に、 揚浮したことについて、

    「    左側の前頭前皮質が、
   記憶性の想起に、 強く関与している❗
 、  こと、への、 証拠をつかみ得た    」 
  、 と、 述べた。

      この実験で、 脳に刺激を与える、
  のに、 使われたのは、
  「    tDCS      (     経頭蓋  直流  刺激    」
  、  という手法で、

     うつ病、への治療、 などに使用されている、 実績があり、
   電極を埋め込むための外科手術、 なども、
    不要だ。

      過去には、   手製の、ヘッド・ギアで、
    脳をハックする流行に対し、
科学者が、 警鐘を鳴らした、
ことが、あったが、
今回の研究が進展すれば、 誰もが、
   安全、かつ、 手軽に、
  記憶力を須騰できる日が来るかもしれない。



      ◆◇       シナとの密約がある❗、
   アメリカの裏の実態を明かした、
   アメリカの要人からの直言❗  ;
   2016/  1/30 1:9:30  ;

     Pillsbury氏 : 
  ニクソン政権から、対シナ政策を担当。 
  今は、 国防総省の顧問で、
  ハドソン研究所の、中国戦略センター所長❗  ;
   ・・まずは、   アメリカが、 同盟国な、
  日本には、  全く、知らせずに、
  軍事や、安全保障の面で、 
  中国に与えてきた援助について、
  アメリカに、
その意図や責任を問い質すべきだ。 

      ◇◆       シナとの密約がある❗、
   アメリカの裏の実態を明かした、
   アメリカの要人からの直言❗  ;
   2016/  1/30 1:9:30  ;

     Pillsbury氏 : 1945年に、カ州に生まれ、 
 スタンフォード大を卒業し、 
 コロンビア大の院で、博士課程を修了。
  国連本部に勤務し、 
ランド研究所の分析官などを経て、 
  ニクソン政権から、対シナ政策を担当。 
  今は、 国防総省の顧問で、
  ハドソン研究所の、中国戦略センター所長❗  ;
   ・・まずは、   アメリカが、 同盟国な、
  日本には、  全く、知らせずに、
  軍事や、安全保障の面で、 
  中国に与えてきた援助について、
  アメリカに、
その意図や責任を問い質すべきだ。 

   アメリカは、東西冷戦時代だったとはいえ、 
  中国軍のミグ戦闘機のレーダー、
  等の機能の改善を直に請け負ってきた。

    シナから、大量に、兵器らを買い、 
  アフガンでの対ソ戦に投入した。 

   シナの航空機を国産する事業に、
  専門家らを送り、援助した。 

   更に、軍事目的にも資する、
  労僕徒  ロボット   、に、 レーザー、や、 
  宇宙工学などの、
シナの国立研究施設の開設を支援した。

   こうした援助らは、 皆が、 
シナの、軍事力を含む、国力を増強し、 
  日本にも脅威を与え得て来ている。 

   私も、 この種の援助には、
 かつて賛同したが、 間違いだった。 

   シナを、 強く、豊かにすれば、 
  アメリカ側に同調してくる、
  と、誤解していた。 
  日本には、 アメリカの過去のミスを、 
   政府や国会の、 列辺   レベ    ;
  ≒   レベル    ;     
  、で、 問い質す権利がある。 

   その上で、 率直に述べるならば、 日本も、
 シナの長期的な脅威に目覚めるべきだ。 

  日本は、 まだ、中国について、
 自国の存立を脅かし得る挑み徒として、
  認識していない様だ。
 
    
   @       シナと密約がある事を、 
  アメリカ側の担当者である、 
  この何とかが、インタビューと、
 著作で、暴露した、 その、 
  アメリカからの圧力で、 アメリカへは、 
  直には、売らずに、 
 余計な、シナ朝鮮らの経済系らを通してから、   アメリカらへ、
   日本の、部品や、その他の物らを売る様に、
   強いられて来ている、のが、 
  日本の現状だ。
   日米での実態らを、手前側にだけ、
  都合が好い様に、 
  知らない振りをするべきではない❗ 。

   @    シナを、国連の常任理事国にしたのも、 アメリカ政府なら、
   シナへ、核兵器技術を渡したのも、
   アメリカ政府だし、 
  シナ市場が欲しくて、政治と経済は、
 別、と言い出したのも、 アメリカ政府で、
   尖閣や竹島をうやむやな状態にしたのも、
 アメリカ政府だ。 : 

   @    大東亜戦争で、 アメリカが、裏から、
  シナを支援してなけりゃ、 
  こんな事には、なってなかったよ。 : 

  @     こうなるのが、判ってたから、 日本は、  最初に渋ったんだよ。 
  それを、お前らが、やれやれと、
 無理矢理やらせて、こうなった。
  結局は、  日本が抱えている、 大抵の、
  問題な事らは、 
 アメリカが、
  根本的な原因事らを成して来ている。 

   @      犯罪者のシナ人らを、 日本人達は、
  国際法の規定の通りに、
  懲罰する戦争・警察行為を、
 合法に成していたら、 
  アメリカ人らは、
  犯罪者のシナ人らに加担して、
  フライング・タイガースで、無法に、
 日本人達を殺し、 
  公海を行く民間船らの日本人達も殺して、
   真珠湾への、
  日本軍の攻撃の前に、宣戦を布告せずに、
  米国は、日本を攻め続けていた❗ 。

   @     日本は、 満州に、 合法に、権益を得て、インフラら    ;
  ≒    社会資本ら    ;   
  ≒     鉄道網にバス路線網や、病院や学校に、
  港湾施設らや発電所に、
  通信網やダム、等の、社会基盤ら   ;
   、への投資をして、 
   終戦の後は、 日本人の個人の資産らや、
  日本企業らの資産らを置いていて、
   シナ共産党は、資金は、 十分ではなくても、      生活物資らや、
  それと交換できる物らを、 
  満州から充分に得られて来ている。 

    日中平和友好条約の締結時には、 
  中国は、それらについて、合法に、
  日本国民らの側が、回収できる額が、
 莫大に過ぎて、
  日本国民らへ払えないので、 
 日本への戦後賠償を放棄する事で、 
  日本国民らが、 シナから合法に回収できる、 その何倍もの金額になる、
  満州への合法な利権らに目が向く、
  事態に成る事を、 
  日本側のアメリカ側でもある、
 売国奴らと連携して、避けた。 : 

  @     金に目がくらみ、犯罪者のシナ人らを、
  国際法の規定の通りに、
  懲罰する戦争行為を合法に成していた、
  日本、を、悪とし、 
  中国の味方をしたのが、米国だ <WW2    :  
  第2次世界大戦 。 
   あんな事をさえしなければ、 
   朝鮮戦争も、ベトナム戦争も、
  必要がなかった❗ 。 : 

   @     対赤の前線だった日本を倒したら、
   どうなるかなんて、
  考えてもいなかった 、
 アメリカ人の主導者ら。 

     ☆     三橋貴明氏❗   ;

緊縮財政こそが、将来世代へのツケの先送り❗

2020-  7-7   9:47:22
「自民党の消滅(前半)」ws.formzu.net

国家のビジョンとは国民を豊かにする事業の 「順番」 だ![三橋TV258回]
 ↓ https://amzn.to/3eL2E8a * * 
www.youtube.com

 日本銀行の資金循環統計がアップデートされましたので、
 日本国債所有者別内訳(2020年3月版)を作成しました。
※総額は1033兆円。財政融資資金98.7兆円を除くと、約934兆円
 
 日本銀行の国債保有の割合は、20年3月末時点で47.16%。
 金額で見ると、19年末が485兆円、20年3月末が487兆円で、
  四半期で2兆円しか増えていません。このペースでは、年間 
8兆円程度の国債積み増しになってしまいます。

 要するに、日銀が買える国債がもはやない、というわけですが、
7月から補正予算分の新規国債発行が始まりますので、
今四半期からは増えていくものと予想されます。
 
 ご存じの通り、日銀は「国債無制限買取」を宣言していますが、
  購入可能な国債がないのでは、どうにもなりません。
(代わりに、ETFを買い増しているため、日経平均は
下支えされてしまっていますが)
 
 先日、財政制度等審議会の榊原会長(元、経団連トップ)の、
「国債の発行残高が1000兆円に近づく財政の現実に警鐘を鳴らしたい。
低金利の環境だから大丈夫だという議論もあるが、
財政規律は絶対に忘れてはいけない」
 というコメントに対し、問題の本質は、
「日本政府の国債・財投債等が100%日本円建てで、日本銀行が
国債を買い取ると、政府の返済負担が消滅するため、
政府の財政破綻があり得ない」
 であり、

財政破綻論者は、
「日銀が国債を買い取れば
政府の返済負担が消滅する日本国において、
日本円建ての国債が返済不能になる」
 ことを証明しなければならないと書きました。

 まさに、「財政破綻云々」のポイントは、日本が
 日本円建て国債のデフォルト
  (債務不履行、いわゆる財政破綻)になるか、否かであり、
「なる」と主張する連中は、故意に
「日本銀行」という存在を無視しています。
 
 現実に、日本銀行が国債を買い増していっている以上、
   日本国債の金利急騰や債務不履行は
  「有り得ない」わけです。

    この一点だけでも、
 日本国民の多数派が理解してくれれば、道は開けます。

 もちろん、日銀という存在がある以上
「日本円建て国債の債務不履行はあり得ない」ことを理解したとして、次は
  確実に、
「ハイパーインフレガー」
 になるわけですが、そもそもインフレ率は
 「総需要」が「供給能力」を大幅に上回らない限り、
   上昇しない。

   しかも、インフレ率が多少上がったところで、単純に
  「好景気」という話ですので、企業の投資が拡大し、
  供給能力が引き上げられるため、インフレギャップ
   (=総需要-供給能力)は縮小する。
 
 ハイパーインフレーション
   (年率13000%のインフレ」と口にする連中は、正直、
  「頭がおかしい」としか表現のしようがないのですよ。

 そもそも、すでにして日銀が国債を買い取りまくり、MB
  (マネタリーベース)を380兆円も拡大したにも関わらず、
   インフレになっていない。

     総需要が不足している以上、当たり前ですが、この種の
   「考えてみれば、当たり前のこと」を社会に浸透させるために、すでに
   十年以上も言論活動を続けてきたわけでございます
   (まだまだ、やるよ~っ)。
 
特別コンテンツ「近現代史研究家・林千勝先生
【大東亜戦争の真実~国際金融資本とルーズベルト~】」が
視聴可能となりました。
 
 もっとも、現実という最強の敵に直面し、財政破綻論者が
「苦しくなっている」のは、これは間違いありません。
 
『  久保田博幸 金融アナリスト
7月からの国債の大型増発は、やはり無視はできない   - Yahoo!ニュース
news.yahoo.co.jp

 新型コロナウイルスの感染拡大に対応する
  今年度の第二次補正予算による追加の歳出は総額
   31兆9114億円となり、補正予算としては過去最大の規模となった。

   これは国債の増発によって賄われる。赤字国債は
   22兆6124億円、建設国債を   9兆2990億円、さらに財投債が
   32兆8000億円発行される。 (中略)
 そうはいうものの、財政拡大リスクを日銀がカバーするような状況はいずれ
  限界がくるであろうことも確かである。
  リスクは覆い隠されているだけで、それが消滅したわけでは、ない
   ことも認識すべきと思う。

 7月からの国債の増発に、市場は、どのように反応するのか。
  いくら、日銀の買い入れがあろうとも、
   完全に、無視は、できないはずある。
   新型コロナウイルスの感染再拡大の懸念もあり、
リスク回避で、 国債が買われるような場面もあるかもしれない。
  とはいえ、国債の潜在リスクが
  国債の上値そのものを重くさせてくる可能性はある。
  もしも、想定以上の経済の回復などが起きるようなことになると、
 国債の利回りが思わぬ動きをしてくる可能性もないとはいえない。』
 
「いずれ限界が来るであろう」
「リスクは覆い隠されている」
「完全に無視はできない」
「国債の潜在リスク」
「重くさせる可能性はある」
「思わぬ動き」
 
 ごめん、何言っているか分からないよ、久保田博幸。
せめて、数字、使ってくれない?

 あんたたちが長年、主張し続けてきた「財政破綻論」が「嘘である」ことが
現実に証明されつつあり、苦しいのは分かるから、ならば「黙れ」よ。
抽象論まみれの破綻煽りを繰り返して、恥ずかしくないの。

 まあ、恥ずかしくないから、やっているのでしょう。

 久保田博幸に代表される財政破綻論者が反省し、正しいことを言い出す日は
「来ない」と認識するべきです。その上で、正しい情報を拡散する。
 
 というわけで、今後も「有り得ない財政破綻論」を叩き潰すために、
  様々な情報(主にデータ、グラフ)をご提供していきますので、
ご支援の程、なにとぞよろしくお願いいたします。」

 とりあえず、嘘つきの財政破綻論者どもは、永遠に沈黙しろ。
 お前たちのせいで延々と続く緊縮財政こそが、
   将来世代へのツケの先送りなんだよ。
 
「緊縮財政こそが将来世代へのツケの先送りだ」に、ご賛同下さる方は、
↓このリンクをクリックを❗ 。

        ◇◆        日本人たちは、   より早くに、
  日本人たちの足元の、  地下へ、   
  より、  どこからでも、 
  より、 速やかに、 落ちついて、
  歩み降りてゆき得る、  避難経路ら、と、
  より、 快適に住める、  避難所らとを、
  作り拡げてゆく、    
  公共事業らを成す事により、

    日本の、    財務省の役人ら、と、 
  与野党の、 主な政治家らとが、

  英米のカネ貸しらの主張する事らを、
  そのまま、自らもまた、 
 オウム返しにして、主張し、
  実行もする事において、

    日本政府の財政における  、緊縮   、  
  を、 繰り返し、 成す事を通して、

   彼らへの、 主  アルジ の立場にある、   
  日本の主権者としてある、日本人たちへ、 
   物価だけではなく、   
 その労働らへの賃金らの水準へも、 
 より、  押し下げる向きへ圧力をかける、
 要因らの系である、
 デフレ不況性   、を、  
 押し付け続けて来てある、

   その、 デフレ不況性 、を、 
  解消し去ってゆく、 と共に、
  日本人たちの防衛性の度合いを、
  飛躍的にも高めてゆくべき、  
 ぎりぎりの状況にも、 ある 。

    地上を襲い、  地上をおおい得る、
  あり得る、 災害らへ対して、 

   地上に、  避難所らや、 
  避難経路らを設定して、
  日本の主権者たちを、 
 それらへ誘導する事は、

   人食い虎どもの住む、   密林へ、 
  わざわざ、 人々を誘導する事に類する、
  行為であり、

   日本の主権者としてある、  
  日本人たちの一般    、へ対して、  
  個々の日本国民においても、   
  執事なり、  召し使いなりの立場にある、 
  公務員などの、 者らにおいても、 
  成す事が、   許されない  、 
   行為なり、 態度なり、 であり、

   日本人たちの一般の、  あり得る、
  福利ら、を、  より、 能くも、 
  最大限にも、 成す事を、 約束して、
   日本の社会に、  存在し、  存続する事を、
  日本国民たちの一般から、  許されてある、
  筋合いにある者としての、   義務 、 に、 
 違反性を成す、  行為であり、 

   それが、   作為型では、 無く 、
  無知性と痴愚性とにもよる、  
 不作為型の、  行為なり、 態度なり、
 であっても、 
  それへの責めを負うべき、 筋合いを、 
 その主らの側に、  成すものである事に、 
  変わりは、  無い。

     日本人たちには、核武装❗、と、
  地下避難網ら❗、が、より、
   日本の内外に、本格的な、
   平和性らを成し付け得てゆく上でも、
   必要❗。

    この事らを、 より、 日本人たちへ、
  伝える措置を自ら成さない、 者らは、
  より、 反日員としての、
  負の度合いを、 自らへ宛てて、
  観積もらせる、 筋合いを余計に成し、
  より、 伝える措置を自ら成す主らは、
  より、日本人たちの一般の、
 足しに成り得る向きに、 働き得た主として、
  正の向きの度合いを、 自らへ宛てて、
  観積もらせる、 筋合いを成す。

    差し引きで、 より、
 どちら側であるかの、度合いを観積もられ、
    その度合いらに相応しい処遇を、
   宛てられるべき立場にも、
   誰もが、ある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント