日本医学; 和方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; 肥満は、タンパク不足❗ ➕ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

           ☆        GLP ➖ 1    ➕    腸での、 細菌ら❗    ;
    過剰な、免疫性らの暴走にもよる、 死を遠ざける❗   ;

     ○●      日本医学   ;     和方❗   ;
 三石分子栄養学  ➕  藤川院長系  ;   代謝医学   ;       
       ☆     より、 体だけの現象な事ら、と、
   精神系の現象な事ら、 との、
  すべてに関わる、 
   『  代謝  』、 らや、 その各々は、

     人々の心と体の健康性や命を、
  能く、成し付け得る、 もとな、
   要因性 、でもあり、

    それらを、 より、よく、
  成し付ける事を、 
   目的な事として観宛てる場合において、
    より、 直に、 自らで、
  それらを成し付け、
   それらの成る事と、
  自らの成る事とを、 重ね合わし得る、
    目的性 、 でもあり、

   それらを、 加減し、左右する事で、
  より、直に、 それな自らで、
  人々の命と健康性との、あり得ようら、
  を、 加減し、左右し得る、
   目的性の要因性 、 を、 自らへ、
  観宛てられるべき、筋合いにある❗ 。

     より、 目的性の度合いを、
  自らに帯びない、 要因性を、
    外因性 、とするならば、
    より、 直に、 自らで、
  人々の命や健康性の度合いらを成す、
 のに必要な、 あるべき、代謝を、 成せない、
   運動性ら、などは、 
   あるべき、あり得る、代謝ら、への、
  外因性 、であり、
  より、 間接的に、
  あるべき、代謝らを左右し得る、
   立場にある。

    より、 あるべき、
 代謝系らを成し付け得るようにする上で、
   一定の運動性ら、などが、
  特定の、 あるべき、代謝らを成さしめる、
  手続きな事として、 より、 欠かし得ない、
  ものである場合らにおいては、
    その場合ごとの、 それらは、
   より、 その目的な事を成す向きで、
  より、目的性の要因性としての度合いを、
   自らへ、観宛てられるべき、
    立場を占める事になる。

       その場合も、 
   あるべき、 代謝ら、の、 各々や、
   より、 全体が、 
    人々の命や健康性を、 より、直に、
  自らで、成す、
   その、 目的性の要因性 、 である、
    その度合いを、 どれだけに、 成し、
   それへ、 どれほどに、  自らで、 直に、
   関わり得るか、の、 度合いらに応じて、
   それら、の、 
   人々の命や健康性を成し付け得る、
  向きでの、 重要性の度合いら、が、
  観宛てられるべき、  筋合いを、
   自らに帯びる事になる。

     薬らや、 手術ら、などによる、
  あるべき、代謝ら、や、
  それらの連携性を、 成し得る、
    度合いら、は、
   薬らや、 手術ら、 などの、
   人々の命や健康性とを成し付け得る、
   事へ向けての、
   それらの重要性の度合いら、でもある、
   が、
    あるべき、 代謝らの全体へ対して、
   薬らや手術ら、などの、 成し得る、
  代謝らは、
    数  %  、 以内の、 
   度合いのものでしかなく、
    その連携性を成し付け得る事での、
   重要性の度合いら、が、
   それより、 甚だしく、
   大きく、 あり得るにしても、
     それらを合わし得た以上に、
    人々が、 日頃に、
   飲み食いする宛ての物らによって、
   あるべき、 代謝らの全体を、 より、
  漏れ、を、無しに、 成し付ける、
   事の方が、  圧倒的に、 成し得る、
   重要性の度合いは、 大きい❗ 。

      三石分子栄養学➕藤川院長系らにおける、
    代謝員ら、ごとの、 合体性の、 あり得る、
    度合い、でもあり、
   代謝らの各々の、 能く、成され得る、
   可能的な度合い、でもある、
    『  確率的な親和力  』、 らでの、
    あり得る、 不足性、 を、 より、
    埋め余し得る、  度合いら、での、
     より、 あるべき、代謝員ら、への、
    摂取らの各々を成す事は、
    人々の命と健康性とを成す事へ向けての、
    最も、 目的性の要因性、である、
   より、 あるべき、代謝らの各々を、
    成し付け得るようにする、 上での、
     手続きな事であり、

    より、 あるべき、代謝員ら、への、
  より、 確率的な親和力ら、での、
  あり得る、 不足性らを、埋め余し得る、
   あるべき、度合いら、での、
   摂取らにおいて、  より、
   漏れ、ら、を、成し付けない事は、
    薬らや、手術ら、などの、
 健康性の、あり得る、効果らの度合いらを、
   より、 大きくし得る、
  最も、 おおもとな、 要因性でもある❗  。

     ☆    ドクター江部の糖尿病徒然日記❗    ; 

    とんかつ定食と、ざる・うどん、 糖質量は、同一でも、
   食後での血糖値に、差❗ 。
    糖尿病     ;
    2020/   6/19   20:2 11 -      ;

   【     20/   6/19    ;      金魚   ;
    質問です。
とんかつ定食など、たんぱく質や、脂質が多い
  、 食事だと、  2時間後の血糖値は、  
       140   、くらいですが、
  たまに、 ざる・うどんを食べると、   2時間後でも、
     血糖値が、   240  、 くらいになります。

    ※量は、  普通の、 1人前です。

    食前での血糖値は、   96  、前後、   糖質量は、
   どちらも、   70  g   、程度です。

     『   炭水化物、な、糖質、への、摂取らを制限する   』 、 
   糖質制限をしている背景も、ありますし、

      とんかつ定食の場合においては、
    GLP  ➖  1  、や、   GIP  、 により、
   『   色々な、アミノ酸たちから成る   』、
  『  インスリン  』 、 が分泌されているから、
   食後での、 血糖値が低くなっているのだ❗
   、  と思いますが、

     そもそも、 インスリン 、 が出ているのであれば、
   『  酸化  ストレス  』、 や、  
    『  AGES  』   、 のことを考えると、
    食後での血糖値が、  140  、   くらいでも、
    ご飯は、
   食べない方が、いいですか?

     宜しくお願いします。  】


        ◇◆       『  AGEs  』   ;
     『  終末  糖化   産物  』    ;

 【     『  炭水化物   ➕   タンパク質  』   ;
  『  糖質   ➕   タンパク質  』   ;
      
      炭水化物な、 糖質、 に、
   結び付かれた、 タンパク質らは、
  それが、 より、 必要でない、
   体のあちこちにおいては、
   その、 健全な、 機能ら、 を、
   より、 損なう、 度合いらを成す❗    ;

  『  AGEs  』  、は、   体内の、 細胞や、
  分子、 の、 ほぼ全ての態譜   タイフ    ;
  タイプ    ;     、 に影響を与え、
   加齢の一因で、かつ、
   加齢性の慢性な疾患ら、への、
  原因、 と、 考えられ、
  糖尿病の血管合併症への原因 、
   ともされる。

  『  AGEs  』  、の、 生成、と、 蓄積は、
  加齢に関係する、 疾患の進行に関連し、
    アルツハイマー型の認知症、 や、
  心血管疾患、に、 脳卒中を誘発する❗ 。
  
   『  AGEs  』 、による、障害の過程は、
  『  橋を架ける  』、 『  架橋  』
  、 と呼ばれ、  細胞内の障害を引き起こし、
    細胞の自壊死、 な、
  『  アポトーシス  』 、 を誘導する。

   また、 水晶体の内に、
   光への感受性の物質を生成し、
  白内障を進行させ❗  、
  筋肉らの機能らの低下にも、関与する。

     動物 、および、 ヒトでは、
   多量の外因性な、『  AGEs  』  、 が、
   吸収されて、 体への負担となり、
   アテローム      ;
≒      『  粥    カユ    状の塊    カタマリ  』    ;
  、  性の、 動脈硬化や、
  腎不全 、などへの、 原因となっている、
   と言われる、
     が、
   味噌・醤油・コーヒー 、などに含まれる、
  『  メラノイジン  』 、 は、   
  より、 電子強盗らを差し止める、
  強い抗酸化作用を備えており、
   摂取することで、  
  色々な、健康性の増進に繋がる❗
  、と、 されて来ており、
  食物から摂取する、すべての、
   外因性な、 『  AGEs  』 、 を、
  体に悪影響を与える物質 
   、と、 考えるのは、誤り❗ 。

     内因性の、 『  AGEs  』  、 を、
   成す、 もとな、ものとして、   
   例えば、
  糖尿病の場合においては、
  細胞の内への、  グルコース     ;
  『  ブドウ糖  』    ;     、  の取り込みを、
  より、 制御できない、 細胞である、
  血管などの、  内皮細胞 、 等では、
   高血糖により、   その、
  細胞内のグルコースの濃度が上昇すると、
    それは、  
   『  シトクロム  bc 1 複合体  』 、が、
   電子伝達系を停止させる程の、
   大きさの、 陽子らでの勾配を作り、
  NADH 、および、 FADH 、
  の、 濃度の上昇をきたし、
   その結果にて、
  細胞ごとの内側に、  1つから、 
  何百とある、 『  ミトコンドリア  』 
  、で、  電子強盗、な、
  活性酸素が生成され、
   DNA 、が損傷される❗
  、事から、 
   AGEs 、らを成す、 物らが、
   活性化され、 働き者にされる❗。

     そうして、 でかされた、
     『  AGEs  』 、 らの、
    存在の度合いを測り得れば、
    DNA 、らの損傷の具合を、
      測り観得る事になる     】    ;                                                                                                       
             。

       こんばんは。
とんかつ定食、と、ざるうどん、とでは、
   合計での、 糖質の量は、 同一なのに、
食後での、血糖値の上昇に、大きな差がある❗
   、 と、
金魚さんに、コメント・報告を頂きました。

可能ならば、もう一度を、実験されて、
とんかつ定食を摂取の、 
    1時間後での、 血糖値と
   ざるうどんを食後の、 1時間での、
    血糖値を測定してみましょう。

     食前⇒      食後な、 1時間での、 血糖値⇒
    食後な、 2時間での、 血糖値    ;
     、 への、 測定ですね。

     さて、   
  【      腸を構成する、 細胞から分泌される、
    過剰な、免疫性らを、 より、
       抑制する、 物質、な     】、
   『   GLP  ➖  1   』     、  には、
    インスリン、 の、 分泌、への促進や、
    グルカゴン、 の、 分泌、への、
   抑制❗ 
   、 以外にも、
    脂肪への分解を促進したり❗ 、
    心臓の機能らを保護したりする❗
   、  効果があります。

         また、 
    GLP  ➖  1   、 は、
    骨格筋における、 筋組織の血流の増加や❗
   、   
  【     細胞ごとの内側にあって、
   血潮の、糖質、を、 その細胞へ入れるに当たり、
   その細胞の奥から、 その表面へ、
   浮かび上がったり、  そこから、
   沈んだりする事において、  その細胞の奥へ、
   血潮からの、糖質を運ぶ❗ 
   、  潜水艦のような     】 
   、
      『   GLUT -   4   』
  、の、  発現の増加を促します❗ 。


      ◇◆      『   GLUT  4   』    ;
   『   潜水艦のような、  GLUT  4   ;
       ブドウ糖へ宛てての輸送躯   』  ;  
  【      ほとんど、 タンパク質 、に近い、
  構成をしている、  ホルモン 、な、
     『  インスリン  』  、 が、
  細胞ごとへ、 送り届けてくれる、
   血潮、 の、   『  ブドウ糖  』、
  を、
  細胞の内側に、  
   『   マグネシウム    Mg   』、 らが、
  不足させられていない場合には、
   Mg  、 らが、  細胞の内側へ、
   引き入れる、 べく、
  細胞を開く、 段取りな事をし、
  
       それと関連して、
   細胞の奥から、 細胞の表面へ、
   血潮の、 ブドウ糖 、 を、
   迎えとりに行き、
   ブドウ糖、 を、 連れて、
  細胞の内側へ、沈んでゆく、
   潜水艦のような 、
   ブドウ糖へ宛てての輸送員である、
     GLUT   4      】    ;
          。


      ◇◆     『  SGLT  』     ;  
   ナトリウム依存性    グルコース輸送体    ;
      『  GLUT  』   ;  
     グルコース輸送体   ;
   【      細胞の内側にあって、
   血潮の、 ブドウ糖 、 などの、
   炭水化物、な、 糖質 、 を、
   細胞の表から、 内側へと輸送する、
   細胞内の、  潜水艦のような、
    糖質、 への、 輸送体ら      】    ;
           。

   このように、   『   GLP - 1   』
  、は、   色んな作用で、
   血糖値を下げてくれる❗ 
  、  とても、いい奴なのです。

      GIP   、は、   GLP ➖ 1  、 に比べると、
        効果は、 かなり、小さいです。

   1 )    一価の、  飽和  脂肪酸    、
  2 )     多価の、 不飽和な、 脂肪酸  、
  3  )    食物繊維 、 な、 糖質  。



     ◇◆     『   水溶性、の、食物繊維  』  ;

     【     食物繊維、な、 糖質らのうちでも、
   水へ溶ける、 水溶性、 な、
    食物繊維、な、 糖質 、らは、
    水溶性では、ない、
  食物繊維ら、が、
   あり得る、 便秘、 への、
   要因性に成る、
    のに対して、
  より、 便秘らを、 解消する、
   向きへ、 圧力をかける、
   要因性を自らに帯びてあり、
      
     より、 人々の、 あり得る、
      血糖値を、 上げずに、
   人々の健康性らを成す上で、
   足しに成る、物らを作り出してくれる、
  その腸内の細菌たち、への、
   栄養分に成ってくれる、
    物として、
    我彼の健康性らを能く成し付ける、
  事へ、責任性のある、 人々が、
   よく、 摂取し付けるべき、
   必要性のある、 物でもある     】   ;
      。

     例えば、  オリーブ・オイルの豊富な、
    『   地中海  料理   』 、 は、
   糖尿病食として、
 すでに、 一定の評価を得ています、
   が、
  『   一価の、  飽和脂肪酸   』 、
    『   多価の、 不飽和な、脂肪酸   』 、
   『  食物繊維  』 、 が、 豊富なのです。
 
     この、 3つの栄養素、らが、
   GLP  ➖  1  、 の分泌を高めてくれる❗
   、  ことが、 大きなプラス❗
   、 と、 なっているのです。

     とんかつ定食は、  
  【     いわゆる、   ビタミン   U   、 に富む     】、  
  『  キャベツ  』 、 があるので、
    食物線維は、  OK 、です。

    ◇     豚の肩ロースな脂身つき     ;
     百  g   、当たり、

    総脂質量:     23・29  g  。

     飽和脂肪酸:     9・95  g  。 

   一価の、 不飽和な、 脂肪酸:     10・82  g   。

   多価の、 不飽和な、 脂肪酸 :      2・52   g  。



       ◇◆      『  脂肪酸  』    ;

【     脂肪、への、 構成分であり、
   炭素   C  、 と、  水素   H  、 や、
   酸素   O  、 たちから成る❗ 。

     EPA    ;
    エイコサペンタエン酸    ;
    『  C19  H29  COOH  』    ;
          、 のように、
   『  C複  H諸  COOH  』   、な、
  共通の構造を、自らに成してある❗     】    ;

      ◇◆     『  グリセリン  』   ;
  『  グリセロール  』   ;
 
  【     脂肪、への、 構成分であり、
   3価、の、 アルコール 、 である、
     『    C3   H8   O3    』   ;

     化学においての、  アルコール    ;
 (   葡:   Álcool  、  英:   Alcohol   )  ;
   、 とは、
   炭化水素     CH   、 の、  水素原子   H  、
  を、  
   ヒドロキシ基     (    -OH    )    、 で、
   置き換えた物質、 への総称❗   ;

      3価、 の、 アルコール 、 とは、
    水素   H  、 を、 置き換えた、
    OH  、の、  3つ、を、 自らに、
     持ち合わせ得てある存在     】   ;
          
   【     グリセロールは、  生体内では、
   中性脂肪、 リン脂質、  糖脂質  、 などの、
    骨格として存在しており、
   貯蔵した脂肪から、  
  エネルギーをつくる際に、   
  脂肪酸、と、グリセロール 、とに、
  分解される。

   生じたグリセロールは、
   ATP     ;
   アデノシン   3  燐酸   リンサン    ;
  、  によって、 活性化され、
  グリセロール -  3  -  リン酸  、 となり、
  再度に、 脂質 、 への合成に使われるか、
  さらに、
  ジ・ヒドロキシ・アセトン・リン酸を経て、
   解糖系  、  または、    
   糖新生  、 に利用される❗     】    ;
         。


      豚脂に含まれる、 『  飽和脂肪酸  』 、らのうちの、
  約   15  %   、  を占める、
    『  ステアリン酸  』  
   、 は、
    【     血潮をゆく、  高分子な、 脂員   、な     】、
   『   HDL  コレステロール   』
   、 を増やす❗
    、働きがあり、
   動脈硬化を予防する❗  、 効果があります。


    ◇◆    『  善玉  コレステロール  』    ;
  【     血潮に乗って、  体のあちこちの、
  脂員   ヤニン  、 らを、 我が身に、
  くっ付けて、   肝臓へと送り届ける、 
   自らも、 脂員であり、
   自らな、 分子としての量の度合いが、
  高い、
   『  HDL  コレステロール  』   ;
  『   高分子  コレステロール  』     】   ;
             。

      そして、  
   一方の、 不飽和な、脂肪酸は、
    豚の脂肪酸のうちの、  60  %   
   、 を占めていて、

    そのうちの、 約   80  %   、   が、    
    『   オレイン酸   』       ;
    (    一価、の、 不飽和な、脂肪酸    )     、 です。

    豚の脂は、  
   一価の、飽和脂肪酸、と、 多価の、不飽和な、脂肪酸も、
  豊富で、 意外にも、 ヘルシーなんですね。

         とんかつ定食なら、
   1 )     一価の、 飽和脂肪酸  、
   2  )    多価の、 不飽和な、脂肪酸、
  3  )     食物繊維    ;
   、の、  3つの栄養素をしっかりと含んでいていて、
     GLP  ➖  1  、 の分泌を高めてくれる❗  、 こととなります。


    【     ・・ インスリンが出ているのであれば、
   食後の血糖値が、 140  、位でも、 ご飯は、
    食べない方が、いいですか?    】    ;

       そうですね。
    インスリンの功罪のうちの、  功のほうは、  
  医師も、よく、説明してくれるのですが、
   罪のほうは、 ほとんど、 説明してくれないです❗ 。

     しかし、    過剰のインスリンは、    【    電子強盗を働く    】、
  『  活性  酸素  』 、  を発生させて、
   『  酸化  ストレス  』
   、 の、  リスクとなり、
    老化、動脈硬化、がん、アルツハイマー病、 などへの、
   元凶❗  、 と、なります。

     従って、   仰る通り、に、
   血糖、への、制御ができている限り、は、
    インスリンの、 血潮の中での、 濃度は、
    低ければ、 低いほど、に、
   身体には、優しい❗  、 と、言えます。

    そうなると、  一番に好ましい食事は
    スーパー糖質制限食を実践して、
     必要にして、最小限の、 インスリン  、の分泌で、
   血糖への制御していれば、
  『  酸化  ストレス  』 、の、  リスクも、 最小限となり、
      AGEs  、の蓄積も、 最小限となります。

    やはり、美味しく、楽しく、末長く、スーパー糖質制限食の実践で、
    健康な長寿を目指すのが、 お薦めですね。

    
     ☆     難消化性 、 腸内細菌 、 免疫性❗
     19/   2/2   20:15    ;

     ◆      ガン細胞たちは、 ブドウ糖だけ、 を、 
    唯一の、主な、栄養分としてあり、 
糖質を制限する事を含む、 
ビタミン・ケトン療法は、 
ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、 
ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。 

   ☆    ウィキペディア❗   ;

   ◇     食物繊維 (   しょくもつせんい   ) 、

    とは、 人の、 タンパク質らから成る、 消化酵素   コウソ
   、 によって、 消化されない、 食物に含まれている、
  『   難  消化  性  成分   』   、への総称である。

       その多くは、  植物性、 藻類性、 菌類性、 の食物の、
     細胞の壁  、 を構成する成分だが、

    植物の貯蔵する、    『  炭水化物  』      ;  
    『   糖質    ➕    食物繊維   』       ;
    、 の中には、 
   グルコマンナン、や、イヌリン、 の様に、 
  栄養学的には、 食物繊維として、ふるまう物も、 少なくない。

       化学的には、 
   炭水化物のうちの、多糖類、であることが、多い。

    消化されず、役に立たない物、 と、されてきたが、 後に、
    その有用性が、わかってきた為に、  日本人の食事摂取基準で、 
   摂取する目標の量が、 設定されている。

    定義から、明らかなように、 栄養素では、ない。

     ヒトの消化管は、 自力では、 デンプン、や、グリコーゲン 
  、 以外の、 多くの多糖類を消化できない❗
  、 が、 
    大腸内の腸内細菌 、 たちが、 
 『     酸素   サンソ   O   、 を使わない、 嫌気発酵     』
    、をする事により、 
   『  短鎖  脂肪酸  』 、や、    メタン    ;      CH4    、
   二酸化炭素     ;       CO2      、   水素     H
     、 などに分解される。

      短鎖脂肪酸、の、 83   %   、 では、  その主な成分が、
   酢    ス    、 である、   『  酢酸  』 、や、
   プロピオン酸 、に、 酪酸   ラクサン    、 で占められ、 
    産生比は、   60   :   20   :   20  、  の割合である。

    産生された、 『   短鎖  脂肪酸   』  、 の大部分は、
   『   大腸   』 、 から吸収される❗ 。

    『  酢な、 酢酸  』 、 は、   宿主のエネルギー源となり、 
   プロピオン酸は、 
  『  肝臓  』、 で、  『  糖新生  』、 への、
   原料として利用され、 
  『  酪酸  ラクサン  』  、 は、
    結腸の細胞において、  優先的に、 
    エネルギー源として利用される。

     食物繊維の大半が、 『  セルロース  』  、 であり、 
   人の、 『  セルロース  』、 への、利用能力は、  意外に高く、 
   粉末にした、 セルロース 、 であれば、 
   腸内細菌を介して、  ほぼ、百  %  、 が、 分解され、
   利用される❗  、 とも言われている。

   『  澱粉  デンプン  』  、は、 
   約  4  Kcal   /   g       ;
   ≒         その、 一グラムにつき、  4 キロ・カロリー ❗      ;       
   、 の、 エネルギーを産生するが、

     食物繊維は、   腸内細菌による、 発酵と分解によって、
   エネルギーを産生し、 その値は、 一定でないが、
  有効な、 エネルギーは、 
   0   ~   2  Kca  l   /   g   
   、 である、 と、考えられている。

     食物繊維、への、  望ましい摂取の量は、
   成人の男性で、   
     19  g   /   日    、 以上、 
   成人の女性で、 
   17  g   /   日   、 以上である。

     食物繊維は、   大腸内で、 腸内細菌により、 
   ヒトが吸収できる、 分解物に転換される❗ 、 ことから、 
    食後に、 長時間を経てから、 体内に、
    エネルギーとして吸収される❗
   、 特徴を持ち、

    エネルギーの吸収の平準化に寄与している。

      大腸の機能は、 食物繊維の存在を前提としたものであり、
   これの不足は、  大腸での機能らの不全につながる❗
   、 ことになる。

    食物繊維を、   NSP     ;     (     non‐starch polysaccharide、
    非デンプン性  多糖類     )   、 と呼ぶこともある。


      ◇      『   難 消化 性 デキストリン   』    ;
  (    なんしょうかせいデキストリン 、  英:  Indigestible dextrin    )   ;
    ≒ 
   【      (    C6    H10    O5    )       ➕     何彼     】    ;
    、 とは、 
    人の消化酵素によって、 消化されない❗ 、
    難消化性の、 でんぷん 、 からの分解物 。

       焙焼デキストリンの中に、 多く存在し、   
  デキストリン 、への、  熱分解の過程で、
    『   グルコース   』       ; 
      ≒      『   ブドウ糖   』     ;  
    、 の、   還元末端基が、  分子内脱水され       ;
  ≒
  【      、 その、  H2O 、 な、部分が、  何彼から離れ 、 
   更に解離した、  グルコースの残基が、   乱段に     ≒
    ランダムに     ;         、      他の、 OH 、 な、 部分な、 
   水酸基 、 に転移して、  デンプン 、 の本来の結合のほかに、 
  1→2結合や、 1→3結合   、 などの結合が生じた結果において     】   ;
    、
    生成される。

   『   難 消化 性 デキストリン   』 、 は、   天然では、
    熟した果物 、 などに含まれている、
    水溶性の食物繊維らの一種であり、
    食後での血糖値の急激な上昇❗  、への、
   抑制性のある事が、 報告されている。

     食品工業では、    唐黍    ≒     とうもろこし      ;        、 の、 
   澱粉、への、 分解物から、 つくられた、 
   難消化性デキストリン  、 が流通している。

    消化されず、 役に立たないもの、 と、 されてきたが、 
   有用性が、 わかってきた為に、 
   食品工業的に、 生産されるようになった。

       ヒトの消化管は、   自力では、
   難消化性デキストリン 、 を消化できない❗
  、 が、 
   大腸内の腸内細菌が、 より、   酸素   サンソ   O   、 を使わない❗
   、 嫌気発酵をすることによって、    その一部が、 
   酪酸   ラクサン   、 や、 プロピオン酸    、 のような、
   『   短鎖  脂肪酸   』   、 に変換されて❗  
   、 一部は、  エネルギー源として、 
   人の体の本当の内側へ、 吸収される。

      エネルギーは、 1 Kcal   /   Kg  。


    1988年に、 松谷化学工業株式会社の、 
  大隈一裕氏らによって、発見・命名された。

    同社により、 『   パイン・ファイバー   』 、 として製品化され、 
   1990年に、 FDA 、 の、 GRAS 、 に承認され、 
  92年には、 特定保健用食品 (   トクホ   ) 、 への、
   素材として、認証された。

     ◇      『    難   消化  性  デキストリン   』  、 は、
    多数の作用らが報告されている❗ 。

      医薬品のような、 強力な改善の効果は、なく、
    緩やかな作用で、 食後での血糖値の上昇❗ 、 への、
   抑制な作用、に、  脂質異常症への予防❗ 、や、 
   便秘への予防、とか、  肥満への予防、や、 糖尿病への予防、に、 
   脂質への代謝を調節しての、 動脈硬化への予防❗ 、とか、
   大腸癌への予防❗ 、  などが、確認された。

     さらに、 免疫性の強化、や、 腸内感染への防御❗ 、に、
   腸管の運動への促進❗ 、 といった、
    作用のあることが、 わかった。

     日本では、 食物繊維の強化表示をした、
   加工食品にも使用されている。

      ◇     食後での血糖値の上昇への抑制❗   ;

    『  難  消化  性  デキストリン  』  、は、
    粘る度合いの高い、 溶液をつくり、 
   胃から、小腸、への、 食物の移行を緩やかにする。

   また、  拡散を阻害する作用、や、 吸水と膨潤の作用、に、
   吸着の作用 、 などがあり、 

     摂取した食物は、 胃で、消化され、 緩やかに移行し、吸着され、
    吸収の速度が、 緩慢となる、 結果にて、 
    グルコース      ;      ブドウ糖      ;
   『    C 6    ➕    H 12    ➕     O 6   』     ;
    、 への、 吸収を緩慢にして、 血糖値の上昇を抑える❗ 。

       熟した果物、 などに含まれている、 水に溶ける、 
  水溶性の、 食物繊維      ;     (    難  消化  性  デキストリン    )     ;
    、 は、  食後での血糖値の急激な上昇を抑制する❗
   、 作用のある事が、報告されている。

    ◇      食後での、 中性脂肪の上昇への抑制の作用❗   ;

    ◇     肥満への防止❗   ;

   『   難  消化  性  デキストリン   』  、は、 
   胃で膨潤する❗  、 ことで、    食塊を大きくし、 
  粘る度合いを上げ、 胃内での、 滞留の時間を延ばし、
    満腹感を与える❗  、 ことで、  効果を現す。

     ◇    コレステロールの上昇への抑止❗   ;

     ラットを用いた動物実験で、 食物コレステロール 、 への、
   吸収への抑制❗ 、に、  
   コレステロール、の、 異化・代謝・排泄、 への促進、 や、 
   胆汁酸、の、 回腸からの再吸収、 への、 阻害による、 
   代謝・排泄の促進❗  、  などが、報告されている。

     ◇     排便への促進❗   ;
  
   『   難  消化  性  デキストリン   』   、 は、     体重当たり、 
   5    ~  10   g   /   日     
    、  で、 
     5日を連続で、 排便が改善された❗ 
    、 との報告がある。

     ◇       ミネラルへの吸収を促進する作用❗   ;

   『   短鎖  脂肪酸   』  、 を産生させる❗ 、  効果もあるために、 
   体内への、   ミネラル  、 の吸収を促進する❗
   、 と、 示唆されている。

     ◇     過剰な摂取による下痢❗   ;

     下痢を発症する、   ED     ;     50 値   、 は、
   2・4   g   /   Kg  体重    
    、  と、 推定されている。


    ☆      腸内細菌たちの各々による、  代謝、な、 反応は、  
     還元、な、 反応 、が、   主体であり、  
   種々の分解な反応が、 特徴的となっている。

     『    より、   代謝に、  酸素   O   、 を、 使わない    』 、
   『  嫌気  呼吸  』 、 の種類には、
    嫌気的解糖、 硝酸塩呼吸、硫酸塩呼吸、炭酸塩呼吸
   、 などがあり、
   電子強盗を働く、  『  酸  』、な、  物質である、
   基質を還元して、  より、
   電子強盗を働けない物にする❗  、  ことによって、 
   代謝に必要な、  電子    e➖     、  を得ており、

      例えば、
    硝酸塩、から、 亜硝酸塩を、
   硫酸塩から、  硫化水素     ;       H2S     、 を、 
   炭酸      ;         CO2      、から、   メタン     ;       CH4     
    、 を生成するような例がある。 

 
       ◇      ヒトの場合においては、 
     腸内細菌には、   主に、5つの働きがある❗    ;

    病原体の侵入を防ぎ❗ 、 排除する❗ 。

     食物繊維を消化し、 短鎖脂肪酸を産生する。

    ビタミン   B2  、  ビタミン  B6  、  ビタミン  B12  、
   ビタミン   K  、   葉酸  、   パントテン酸  、   ビオチン 
    、 などの、 ビタミン類の生成をする❗ 。

    ドーパミン  、や、セロトニン  、を合成する。

       腸内の細菌たち、 と、腸の粘膜な細胞とで、
    免疫力の、   約 70  %  、 を作りだしている❗ 。


       ☆       医師水野のブログ❗     ;

    細胞な次元での、 エネルギーの不足も、解消すべし❗   ;
       19/    1/18    18:37       ;

     ◇      なぜ、 肥満では、 飢餓感があるのか?     ;

       なぜ、 肥満では、 食べ過ぎるのか。
      満たされないのか。 

      それは、 
     「    エネルギーでの不足    」 、 があるから。

     肥満では、 
  「    エネルギー不足    」 、
    があるから、 食べたくなる❗ 。 

   正確に言えば、
 「    細胞内での、 エネルギーの不足❗    」、
   がある。

      で、
     身体の全体で言えば
    肥満は、 栄養失調❗ 。

    肥満って、 エネルギー 、が余っているから、
    体脂肪に蓄えるんじゃないの?   ;

      それは、その通り。 

    その、余っているエネルギー 、 というのは、
    ほとんどが、
      炭水化物な、 「   糖質   」      ;
     ≒        『   炭水化物    ➖    食物繊維    』、 な、  糖質    ;
        。 

       摂りすぎた糖質が、
   インスリンの効果で、体脂肪となってしまう❗ 。

    じゃぁ、 栄養の過多だよね、やっぱり。 
     それは、 その通り。 

   それと同時に、 栄養の不足がある❗ 、という事。 

   「  ❗❗❓❓  」 。

    そう、  肥満で不足している事が、多いのは、 

   (1)     タンパク質❗ 、 
   (2)     鉄❗  、 
    この2つ。

     タンパク質が不足すると、どうなるか?    ;

     体の7割が、 水    ;      『   H2O 、たち   』   。

     体の2割が、 タンパク質で出来ている。 

   つまり、体内で、 水を除けば、最も多いのが、
   「   タンパク質❗   」。 

    これが、 現代の日本人では、
  めっちゃ足りてない。 
   超足りてない❗。

    採血データで言えば、   普通は、

     『  アルブミン  』    ;
       ≒
   【     血潮にある、  『  アルブミン  』、 らは、
    薬の分子らや、 糖、などの、 栄養分らに、
   毒、な、分子らや、 鉄、 などの、
   ミネラルら、などを、 自らに、くっ付けて、
    細胞の各々などへ運ぶ 、
    タンパク質から成る、 運び員     】    ;
     、 や、
   『  コリン・エステラーゼ  』  、 の、 度合いらを指す、
     数値で、 栄養を見る❗ 。

      これさえ、 不足しているのは、
   ご高齢で、痩せまくっている場合くらい。

     一方で、
    タンパク質が、分解される❗ 、 などして、 でかされる、
    尿素窒素      ;    (   BUN   )、
    という、 数値がある。

     これが、 20  、 以上 、が、 理想❗ 。

       それ以下では、
     タンパク質での不足性への目安となる❗ 。

     『  尿素  窒素  』     ;       (    BUN    ) 、 は、
     脱水や、 腎不全、 などの、
    病気でも、 上がってしまう❗
    、  ので、
   高いから、即、 タンパク質が、いっぱい、
  では、ない❗ 、   点にご注意を。 

      そういう、他の要素が、 なければ、
      タンパク質が、足りているかの目安になるのが、
    『  尿素  窒素  』     ;        (    BUN    ) 。

    20  、 以上 、 が理想❗ 。

          で、     
     BMI     ;       30  、  超えの、
    「   2度  肥満    」
     、 だったり、
    BMI      ;       35  、  超えの 、 
    「   3度  肥満    」 
    、 の人でも、
   10 位    、とか、 下手をすると、
    1桁しか、 尿素窒素が、ない❗ 
   、  なんていうのが、ザラにある。 

     ダイエット外来っぽい感じで、受診する人も、
    最近は、増えているので
     尿素窒素を測定するが、
    肥満の人は、 その、みなが、 尿素窒素が低い❗ 。

      タンパク質での不足がある❗ 。

      タンパク質での不足があれば、
    代謝も、うまくは、回らない❗ 。 

   ≒
 【     代謝らの各々に、 必ず、 要りような、  酵素    コウソ    、 らの各々も、
    色々な、 アミノ酸たちから成る、  タンパク質❗ 、 であり、
   色々な、アミノ酸たち、や、タンパク質ら、での、 不足性らには、
    飲み食いする宛てな物ら、への、
    消化や吸収での、  困難性や、 拒絶性を、 余計に、 成す❗
   、  要因性がある     】
           。
    
      代謝らの中心、 エネルギーらを作る、 中心の
   「   ミトコンドリア   」
   も、 タンパク質がなければ、 働けない❗ 。 

     代謝の活発さ自体が低下する❗ 。 

     脂肪が燃えない。 燃やせない❗ 。

      結果にて、 痩せない。

    そう、 肥満の人には、こう言うべき。 
      食べろ❗ 、
   食べるんだ❗ 、
   タンパク質をっっ❗❗ 、
   ご理解いただけたかと思う。

     肥満は、 栄養失調❗ 。

    タンパク質が足りない。
   何なら、鉄も足りない。

   さて、 最近に、話題の
   「    脂質をいっぱい摂って、やせる❗   」
    、 というのが、 次回の話題。

     最初に結論を言うと、 
  「   普通の食事   」 、 つまり、
   糖質まみれ食 、 よりは、 ずっと良い❗ 。
   かなり良い。

     人によっては、 「   大正解❗   」。

    ただし、    タンパク質の不足には、 注意が必要❗ 。
という事。

     脂質をいっぱいに摂るのは、どうなの?    ;
     アレは、痩せるよね? 
  、  と思う方もいる、と思う。 
    確かに、痩せる❗ 。 

     脂質を摂ると、 甘いものへの欲求も減る❗ 。

       その一方で、
    痩せる状態で、 脂質 、が、 いっぱいなら、
     タンパク質は、 少なめになっている状態❗ 。 

     なぜなら、 タンパク質 、が、 いっぱいで、
    さらに、 脂質も、 いっぱいを摂っていたら、
    太る❗  、 から。

       糖質への摂取が、 ゼロでも、
    食べ過ぎれば、 太る。 痩せない。

      で、 タンパク質へ対しても、
   肥満させる、  ホルモンの、 「   インスリン   」 、は、 分泌される❗ 。 

     肥満の人ほど、 インスリン 、が、 効きづらい❗
   、 ので、
   タンパク質だけを摂取しても
  「   大量のインスリン❗   」  、 が出てしまう。 

     そして、 その時に食べたものは、めでたく、
     体脂肪となる 

        ≒ 
  【     寒い季節や地域らの人々においては、
  この体脂肪らは、  自らの防寒性の度合いを、
成し、増す、 当の物ら、でもあり得、
   必ずしも、 体脂肪たちのあり得る存在を、
   より、 欠かしめる事が、
  その人々の健康性の度合いを、
   余計に、成し増す事である、とは限らない     】
       。

     脂質を摂るなら、 タンパク質と、
    時間をズラして、 摂ると、 良い❗ 。

      さて、   1食、 な、 単位で言えば、
「   高タンパク   」  、かつ、 「   高脂質   」 
   、 の、 食事だと、
   タンパク質への摂取で分泌される、
   『   インスリン   』 、 で、
     アブラ、が、 体脂肪になってしまう❗  。 

     太る❗ 。 

なので、   痩せるには、  1食を、 単位で言えば
   「   高タンパク   」、
か、
「   高脂質   」、 
かの、どちらかへの選択になる❗ 。

   で、  ここで、思い出して欲しい。 

    肥満は、 最初っから、 タンパク不足❗ 。 

    もう、ほんと、  全ての例で、   尿素窒素が、低い❗ 。 

    そこで、  高脂質をチョイスすると、
    どうなるか?     ;

    いつまでも、タンパク不足が解消されない❗ 。

     それどころか、
   高脂質によって、  空腹感が減る❗
    、 ので、
   タンパク質への摂取量が、さらに、減ってしまう❗  、 場合もある。 

    そして、 その方が、
   タンパク質への摂取量を減らした方が、
    「   すぐ痩せる❗   」。 

    結果にては、   タンパク不足が、酷くなる❗ 。

    すると、 代謝が落ちる❗ 。

    痩せるのが、止まる❗ 。

      そこで、
  さらに、痩せようと、  タンパク質を減らすと、
   また、痩せる❗ 。

   が、  実際には、  タンパク不足が、深刻化する❗ 。 

   「   健康   」  、からは、  離れていく❗  。

     そういう事が起きやすくなる。

    これが、 「   高脂質   」 、 にする、
   ダイエットでの、 失敗パターン❗ 。

      ちょいちょい
   「   高脂質   」 、食な方は、
  「   タンパク不足❗   」  、 に注意してね、
   って、 あちこちで言っているのは、
    コレが、原因❗ 。 

    まぁ、 ほどほどに、
  タンパク質を摂っていれば、
  ある程度の維持は、できる。 

  なので、 ここで書いたのは、
   「   ありがちな失敗例   」。 

    上手くいく場合は、
   タンパク質も
   そこそこに、摂っている
    『   高脂質食❗  』 。

     特に、 脂質を摂る時と、
  タンパク質を摂る時とは
   充分に、時間をあけると、良い❗ 。

    タンパク質への摂取による、
    『   インスリン   』 、 の、  追加での分泌が終わって、
    から、 
   脂質 、 を摂ると、 良い❗ 。

   「    より、 根本的な部分を何とかする    」
    、 という視点でいえば、  やはり、
   『    高タンパク食    』  、 がお勧め❗ 。

        なぜなら、
    肥満の時点で、   ほぼ、確実に、
   「   タンパク質   」 、 が不足している❗
   、  ので。

     体を作る栄養分が、足りないままで、
    健康でいられる筈が、ない❗ 。

      タンパク質での不足を放置するのは、
「    建物を建てっぱなしで、修理をしない❗    」
    、 のと同じ。 

    見た目は、 大丈夫そうでも、 年月と共に、
     ボロボロになっていく❗ 。

       お年寄りで、   骨の密度は、 良い❗
   、  のに、
   あっさりと、骨折するのも、 コレ。 

       骨の密度自体は、あるが、
   タンパク質の不足で、 修理をしていない❗
   、 ので、 
  ハリボテ状態。   実態は、ボロボロ。 

        なので、  転倒したりすると、 
   ポッキリ、と、 折れたり、
  クシャっと、 潰   ツブ   れたりする❗ 。 

    タンパク質、 超重要❗ 。

      という事で
   「   痩せたいですっ❗   」
     、と、 私の外来を受診すると、

     もれなく
   「   タンパク質を摂れっ❗❗   」
  、 という、 指導を受ける事になります。 

     というか、最近、毎日、ソレ。

    充分な量を食べられない場合は、  プロテイン    ;
    ≒ 
   【     十分な、 質と量の、 タンパク質     】 
         。 

     食事を作る・準備が、めんどい人も、
     プロテイン。 

   ご高齢で、 甘い物しか入っていかない人も、
    プロテイン。

    あとは、
  「  鉄  」、も、  肥満の人に不足していがち。

     女性で、 肥満、  肥満で、糖尿病、 
   などでは、 もう、ほとんどに、 鉄不足がある❗ 。

       という事で、  次回は、 
  鉄が足りないと、痩せないんだってさ〜、
   という、お話。

     ☆     「  鉄  」、も、 肥満の人に不足していがち。 

      女性で、 肥満 、 
  肥満で、 糖尿病 、 
  などでは、 もう、ほとんど、 鉄不足がある。

   「  鉄不足  」、 で痩せない、太るのも、
     代謝に影響が出るから。 

    アブラを燃やす、  代謝らによる、 経路には、
    おおまかに、 3段階。 

    大きい分子の、 アブラを切って、 小さくする❗ 、
  「    β  ベータ  酸化    」 
     、 
   それらの各々から、 エネルギーを作り始める、
   「   クエン酸  回路    」
    、 
  最後に、 エネルギーを取り出す❗ 、
   「   電子伝達系   」。 

   この、  アブラを燃やす、 「  3つの段階  」、らのうちな、 
   最初の、  「   ベータ  酸化   」
  、 と、 
   最後の、 「   電子伝達系   」
    、 とには、  
    『  鉄   Fe  』 、  が必須❗ 。 

       つまり、   鉄不足があると、
     アブラを燃やしようが、ない❗ 。

     さらに、  最後の、「    電子伝達系    」 、は、
     糖質への代謝でも通る、  代謝ら、な、 経路。 

       つまり、 
   糖質 、を効率よく使うためにも、 「  鉄  」 、 が必要❗ 。 

     この代謝は、 細胞の中に、  千ほども、
   あって、 動き回り得もする、
『   エネルギー工場   』 、 な、
  『   ミトコンドリア   』 、 たちの、
     各々の中 、 で起きる。

       鉄不足だと、 『   ミトコンドリア   』 
   、 たちの各々で、 糖質 、 を代謝できない❗ 。 

      すると、
     その他の部分で、
  どうにかする感じになる。 

         つまり、 
    細胞の内側のものである、   『  細胞質  』    、 で、
    原始的、 かつ、 効率の低い、
   経路で、 糖質 、 を代謝する事になる。

     この、細胞質で起きる、 代謝、 らの系は、 
   ブドウ糖たちの各々を、  真っ二つにして、
   水素   H    、 の、 2個   、を、 のけ去っては、
  『  ピルビン酸  』  、たちを作り出しもする❗ 、
   「   解糖系   」  、 と言われる、 経路。

     エネルギーを作り出せる、効率が低い。 

     ミトコンドリアで、代謝するのとは、段違い。

   『   ミトコンドリア   』 、 で、 
  『   ブドウ糖、 の、 1分子    』    ;
≒        『    C6    ➕      H12    ➕      O6    』   ; 
    『    6 炭素    ➕    12 水素     ➕     6 酸素    』    ;
    、
    を代謝すると、 
 『   アデノシン  3  燐酸  リンサン   』  、 な、
  ATP  、 という、 エネルギーの出しもと、
   が、  38  分子  、 位ができる❗ 。

   (    36 、とかに、 条件で、少し、変わる    ) 。 

    で、    細胞質で起きる、 解糖系では、
     ブドウ糖な、 1分子 、 から、
   ATP 、 が、 2分子しか、 出来ない❗ 。 

    効率が、  19分の➖ 、になる。

      そんなに、 低い効率の、 代謝で、 
    エネルギーをどうにかするには・・。 

      しかも、   
    脂肪は、 より、 燃えない状態。 

    そう、 糖質を大量に欲しくなってしまう。 
      
  
     鉄不足では、 「   痩せにくくなる❗   」 
     、し、 
    糖質を過剰に摂取して、 「   太りやすい❗   」
    、 訳が、 分かるか、 と思う。 

       さらに、 「   解糖系   」 、は、
     体を酸性化し       ;
    ≒
【     体を、 より、 電子強盗だらけにし      】    ;
    、
   熱も、 余り、作れない❗
   、 ので、
    体温も低下する❗ 。 

    まさに、   「   代謝が低下している❗   」 
   、  状態になる。

      で、   鉄不足から、   脳の細胞ごとの、
     『   ミトコンドリア   』、も、 働かなくなれば、
    脳の細胞たちの各々が、 エネルギー不足になる❗ 。

     「   うつ   」 、や、 「   パニック   」 、 が、
     鉄不足からも起きるのは、
   この脳細胞での、 エネルギー事情が、原因❗ 。 


         ◇    まとめ❗    ;

      (1)      肥満は、 タンパク質での不足❗ 。
    ついでに、  鉄での不足もあるかも。 

    (2)      肥満で、 健康的に痩せたいなら、
    タンパク質 、を摂るべし❗ 。 

   (3)        鉄不足も、 結構と、ありがちだから、
    不足しているなら、 鉄も補充するべし。

       男性の場合は、  鉄が足りている事も、
    結構と、あるので、 不足が、なければ、 
    鉄をさらに摂る必要は、無い。

         採血データで、 
   『   血中  TP   』    ;      (    総蛋白❗    )
     、 や、 
   『   血中  ALB   』     ;     (    アルブミン    )  
    、 が、
   下がるのは、  末期的な状態です❗ 。

     TP 、や、 ALB 、 が、 下がっていなくても、
  尿素窒素、な、   BUN   、 、 が、
    20  、  以下なら、   タンパク不足です❗ 。


      ☆      海外では、 鉄不足の人が少ない理由❗   ;

     「  すべての不調は  自分で治せる  」、 より    ;

 厚生労働省の、 日本人の鉄への摂取の量は、  60年以上前の、
    1950年から、 約   6分の➖   、に減少しています❗ 。

      一方で、  先進国らの中でも、 特に、 欧米の女性は、
   日本の女性らのような、  鉄不足による貧血に悩む人は、
   ほとんど、 いません❗ 。

    欧米では、鉄分を多く含む肉を、
   日本人の、 3倍ほども❗ 、 食べますし、  あらかじめ、
   小麦粉に、 鉄を添加する❗ 、  などし、
   鉄不足への対策が行われています❗ 。

   1800年代の後半から、 1900年代の前半にかけて、
    糖質への精製の技術の普及により、   全米では、
    ビタミンらの不足、に、 ミネラルらの不足が、深刻化していました❗ 。

      鉄欠乏性の貧血の増加や、  トウモロコシを主食とする、
   米国の南部では、   『  ペラグラ  』    ;
  (    重度の、ナイアシン欠乏症❗    )    、も増加していました。
 
     『  ペラグラ  』、は、  統合失調症、と、 症状が似ているため、
    6百  mg  、 の、   ナイアシン 、 の投与に反応するか、
    否かで、 診断されました❗ 。

     ナイアシン 、 の投与によって、反応する❗ 、  ようであれば、
    ペラグラである❗ 、 と、診断されます。

    1942年に、  米国保険局は、   「    全米に流通する、
   すべての小麦粉に、  ビタミン  B1  、  ビタミン  B2  、   ナイアシン、
   葉酸、 鉄を添加することを義務付ける❗    」、   という、
    画期的な決定をしました。

    その結果にて、   鉄欠乏性の貧血は、激減し、
   ペラグラも、激減しました❗ 。

    現在は、   他の欧州諸国も、 米国政府と同じような、
   対策を行っています。

    一方で、  日本では、  そのような対策は、 全く、
    行われていません❗ 。

    日本で消費される、  小麦粉の、  90  %   、 以上は、
   輸入されていますが、   その小麦らには、
    鉄は、 入っていません❗ 。

    これが、  日本人の女性らにのみ、 鉄不足が多い❗
   、 理由です。 

    したがって、
    欧米のオーソモレキュラー本では、   欧米では、
   鉄不足が、ない❗ 、  ことが、  当たり前である、  という、
    前提で、 話が進みます。

   「    ほうれん草や、 プルーン、 に、 ヒジキを食べて、 鉄を摂ろう    」
  、 など、と、 いわれていますが、
   ほうれん草や、プルーン、とか、ヒジキ 、 に含まれる、
   『  非ヘム鉄  』 、 は、
    肉や魚に含まれる、  『  ヘム鉄  』 、の、
    ➕分の➖   、と、   著しく、 低いのです❗ 。

    ほうれん草だけで、 必要な、 鉄を摂取するためには、
  毎日に、  バケツ、で、 4杯以上もの❗ 、
   量を食べなくては、ならない、計算になります。

     また、   『  非ヘム鉄  』  、 は、
   腸管から吸収される際に、 野菜、 などに含まれる、 食物繊維や、
   玄米に含まれる、  『  フィチン酸  』 、とか、
   コーヒーやお茶に含まれる、 『  タンニン  』
  、 などの作用で、  吸収が阻害されます❗ 。

      胃壁や腸管が、 荒れやすい❗
   、 とも、いわれます。

      一方で、
   肉や魚に含まれる、  『  ヘム鉄  』 、 は、
    『  鉄イオン  』、 が、  『  ポルフィリン環  』、
    というものに、 囲まれている❗
   、 が、ために、
    食物繊維や、タンニン 、 などからの、
    吸収への阻害を受けにくく、
    また、 
    胃壁や腸管を荒らしにくい❗
   、  という、 特徴があります。

     さらに、  ヘム・オキシゲナーゼ   、 という、   代謝を成す、
   酵素     コウソ    、  な、  タンパク質   、が、
   その、 吸収の量を調節してくれますので、
   鉄の過剰な摂取にもなりにくい❗
   、  という、  メリットもあります。

     したがって、
   食品に含まれる、 鉄を意識するなら、  断然に、
    『  ヘム鉄  』 、 です❗ 。

    ただし、  詳細は、 後述しますが、  サプリメントのヘム鉄は、
   非効率ですので、  『  キレート鉄  』 、 を勧めています。

    元の記事は、こちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント