日本医学; 和方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; Ca❗ ➕ Mg❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

     ☆      カルシウム   Ca ❗   、  に、   マグネシウム    Mg ❗    ;
       18/    12/26    21:28     ;

        □■      日本医学 ;   和方 ❗  ;
  三石分子栄養学➕藤川院長系;   代謝医学❗ ;

     その一方に、 必ず、 タンパク質 、な、
   酵素    コウソ   、 を含む、
  あるべき、代謝員ら、が、 文字通りに、
  合体を成し得て、 初めて、 成され得る、
   『  同化  』、か、 『  異化  』、である、
  『  代謝  』、 な、 働き得ようら、 への、
    要因性として、
  その、代謝員ら、ごとの、
  あり得る、 『  合体  』、 と、
  その、度合いら、とが、 あり、

    それらから成る系を、
  三石分子栄養学➕藤川院長系 、では、
 『  確率的  親和力  』、 という。
   
   この、 確率的な親和力らでの、あり得る、
  不足性ら、を、 より、 
   埋め余し付け得る形で、
   飲み食いされるべき、 より、 あるべき、
    代謝員ら、は、
 ストレスら、などの、成り立ち得ようらの、
  度合いら、に応じて、 大小し、
   それらに応じて、
  より、 あるべき、代謝員ら、の、
  顔ぶれも、 左右される。

     その、遺伝性らや、 様変わりし得る、
  体質ごとに応じて、  より、 あるべき、
   代謝員ら、が、あり、
   より、 埋め余されるべき、
   確率的な親和力ら、での、 不足性ら、
    が、あり、
   より、 人々の命と健康性とを成し付ける、
  上で、 あるべき、 あり得る、
  代謝ら、への、より、 換算性の高い、
   飲み食いなどによる、 摂取ら、が、
  より、 選   スグ  られもするべき、
  宛てのものとして、  意識し宛てられ、
   狙い宛てられもすべく、ある。

     より、 あるべき、代謝ら、への、
  より、 換算性の高い、 摂取ら、を、
 より、 能く、成し付け得るようにする、
   には、
    我彼の命や健康性に、 責任性の、
  あったり、 あり得たりする、人々は、
  我彼の遺伝性ら、 を、 より、 能く、
  調べ、知り深め得てゆくようにもすべき、
  必要性を帯びてあり、
   その、遺伝性ら、や、 より、 
  変わり得る、
  体質ごとに応じて、 より、 あるべき、
  摂取らを、  必要として、 ある❗ 。


     ☆      三石分子栄養学➕藤川院長系❗    ;

     ◇     カルシウム 、の不足は、なぜ、悪いか   ;

    カルシウム    Ca   、は、   骨に蓄積されている。
    骨の、 繊維状の、 タンパク質 、な、 
    「   コラーゲン   」 、 に結合しているのだ。

     カルシウム    Ca   、はまた、 血潮の中にある。

     タンパク質に結合した形のものと、
     イオンの形のものとが、ある。
 
       ◇      イオンとは、  原子や分子が、
     その枠内の、 負電荷な、 電子    e➖   、 を、
    他者から、 引き寄せたり、 
   他者へ、 奪い去られたりして、
   電荷の働きを露     アラワ   に成してある物の事だ。

    これらな、 血潮の中の、 カルシウムの量は、
    血液の、 百 ミリ・リットル 、 あたりに、
    ➕   ミリ・グラム   、 であって、

       健康人の場合は、
    タンパク質、への、 結合型のが、 
    6  ミリ・グラム 
     、 に、
   イオン型のが、 
     4  ミリ・グラム 
   、 と、されている。

    病気をしたり、  疲労したりすると、
   タンパク質、への、  結合型、の、
     カルシウム 、 がふえ、
   イオン型、 の、 カルシウム 、 が減る❗ 。

    危篤の病人では、   イオン型のが、 
   血潮の、  百   ミリ・リットル  、 あたりで、
   1   ミリ・グラム    、 にも低下する❗ 。

      いずれにしても、   血潮の中には、
  ほぼ、 一定な量の、  カルシウム   Ca  、達がある。

    血清にある、 カルシウム     Ca  、な、
    イオンの濃度が下がると、
    血清タンパクが、   カルシウムのイオンを放出して、
    これを補充する❗ 。

     この時に、 血潮の中の、カルシウムの量が減る。

      その情報をうけると、 「   上皮  小体   」   ;
   (    副甲状腺    )   、 が、 
     色々な、 アミノ酸たちから成る、
    『  ホルモン  』  、 を分泌し、
      これが、 
   長骨の骨端から、 カルシウム  、 を放出させる❗ 。

    だから、   カルシウム 、 を摂取しないと、
   骨が縮む❗  、 ことになる。

 カルシウムのイオンは、   筋肉の収縮にも、
  血液の凝固にも、 『   白血球の運動性にも   』、
   役割をもっているから、   不足は、まずいのだ。

   〔   健康ものしり事典 P202より抜粋   〕。

    Abram Hoffer:Orthomolecular Medicine For Everyone、より   ;

   4. カルシウム     ;

     ビタミン   D 3       ;
     ≒
   『    C28    H44    O   』    ; 
     、
     タンパク質 、
      乳酸      ;
    ≒
   『   C3    H 6    O3   』    ;
     、 があれば、
   カルシウム    Ca   、の吸収が促進される❗ 。

     リン酸       ;
    ≒
  『   H3    P    O3   』    ;  
    (     清涼飲料水 、など     )    、 があれば、
    カルシウム  、の吸収が、 抑制される❗ 。

      ◇      カルシウムと骨粗鬆症との、
     直接の関連性は、 ない。

      カルシウムのみ     ;
    (    牛乳、など    )   、 の補給は、
    骨の強度に、ほとんど、
     影響を及ぼさない。

      ◇     マグネシウム   Mg    、 での、
      不足があれば、
     骨の強度が低下し、
 マグネシウム 、 の補給があれば、
    骨の強度は、増大する❗ 。

       ◇      マンガン   Mn   、 の不足があれば、
     骨の強度が、 低下する❗ 。

     ◇     ビタミン   C   、の不足では、
     骨の強度が、 低下する❗ 。

       骨の強度の低下は、
  D 3   、の不足によっても、 引き起こされる❗ 。

        ◇◆     『  ビタミン  D  』  ;
    【     コレステロール 、 を、
  自らへの原料としており、
  2つがある、 腎臓 、たちが、
    働き者な、 活性型にしてくれ、
   それが、  欠乏すると、
   若年死が増える、 事が、
   判明し得てある、 補酵素 、な     】、
     『  ビタミン  D  』  ;
 【    C28       ➕    H44       ➕    O     】   ;
   
        ◆◇     『  カルシトリオール  』   ;
  『  ホルモン型  ビタミン  D  』   ;
「 ジヒドロキシコレカルシフェロール 」  ;
【    C27       ➕       H44       ➕    O3     】  ;

       3つのアルコール基を持つ、
     ホルモンとしての活性を有する形の、
     ビタミン  D  。 
    
      この物質は、  腸からの、
    カルシウム   Ca  、 へ対する、
     吸収性を高める❗
   、 事により、
   血潮の中での、 カルシウム   Ca  、
     の、 濃度を高める❗     】   ;
          。

      ◇      ドロマイト  、 による供給 。

        骨粗鬆症への治療には、 

       カルシウム    ;       千   ~   2千   mg   、
   マグネシウム    ;      5百   ~   千   mg   、
    亜鉛      Zn   ;      10   ~   50   mg   、
    マンガン     ;      15  ~  30  mg  。

     Ca 、   Mg 、  Zn 、  D3

      ◇◆     『   マンガン  』   ;     Mn    ;
 【     その原子の核を成す、   正電荷、 な、
   陽子    ;      プロトン    ;        、 が、
   25個 、 があり、
   よって、  その原子番号が、   25   、の、
   金属な、 元素     】    ;
 
  【     人体にとっての、必須の元素。
   骨の形成や、 代謝に関係し、
  消化 、 などを助ける働きもある。

    一部では、 活性酸素への対策としての、
  必須のミネラルに挙げる人もいる。

    不足すると、 成長異常、平衡感覚異常、
  疲れやすくなる、   糖尿病     ;
 (   インスリンへの合成の能力が、
  低下する❗ 、 ため   )   、
    骨の異常   ;  (   脆くなる❗ 、 など   ) 、
   傷が治りにくくなる❗ 、
   生殖能力の低下❗ 、 や、
   生殖腺の機能での障害❗ 、
   などが起こる。

   しかし、 マンガンは、 川などの、
  天然の水などに含まれ、 上水道水としては、
  多すぎて、むしろ、 除去する場合がある、
  などし、  普通に生活していて、
  マンガンが不足することは、
   まず、ない。

    マンガン鉱石精錬所作業員、
  ・れんが職人、 ・鋼管製造業者、 などで、
   過剰に曝露されると、
   マンガン中毒を起こす。

     頭痛・関節痛・易刺激性・眠気、
  などを起こし、やがて、 情動不安定、
  ・錯乱に至る❗ 。
    大脳基底核や、錐体路も障害し、
  パーキンソン症候群、 ・ジストニア 、
  ・平衡覚での障害を引き起こす、
  ほかに、  無関心・抑うつ、 などの、
   精神症状も、報告されている。
   マンガンの曝露から離れれば、
  3 ~  4か月で、 症状は、 消える❗ 。

     マンガンは、 脱酸素剤として、
  使用されるように、
  強い酸素への吸着な作用がある、
  が、 ゆえに、 十分に酸化されていない、
  天然マンガンが多い地層の、
   洞窟や、井戸、 などでは、
  貧酸素化した、 地下水を経由して、
  内部の空気の酸素が欠乏し、
  そこへ、 十分な換気を行わずに、
  奥へ入った場合は、
   酸素欠乏症になり、
  最悪の場合においては、 死ぬ❗ 、
   おそれがある。

    また、 肥料の撒きすぎによる、
  土壌の酸化 、などで、 土の中の、
  マンガン、 たちが、 還元されたり、
  湖、 などの水底に溜まった、
   マンガンが、 貧酸素水などで還元され、
  結果として、 
  マンガンが、 酸欠状態を保持したり、
  流れに乗って、 移動されてしまう、
    現象などもある❗     】   ;
          。

        ◇◆     『  亜鉛   ➕   銅  』   ;
  【     亜鉛   Zn    ➕     銅   Cu     ;

    ・・水へ溶ける、 水溶性、 な、
    物ら、の、全てを引き受けて、
  処理する、
  『  腎臓たち  』、 の、 各々の、
  どちらか、や、 両方から、
 『  エリスロポエチン  』、 なる、
  ホルモン、 が、 血潮へ送り出され、
  それが、
  『  骨髄  』、を成してある、
   細胞らへ届く、と、

 『  赤血球  』、 たちが、 
  より、 作り出されて、
 血潮の量が、 増やされもする、
  事になる、 が、

  『  赤血球  』、 を、 作り合うのは、
  ビタミン   B群   、 に含まれる、
  補酵素   ホコウソ  、 な、
  『  葉酸  』 、 に、 
  同じく、 補酵素 、 な、
『  ビタミン  B12  』、 と、
 『  鉄  Fe  』、 だけではなく、

 『  鉄  Fe  』、 を、
  しかるべき所らへ送り届ける、
 『  銅  Cu  』、 も、
  必要なのだ ❗ 、 という。

  この、 『  銅 Cu  』、 は、

   イカ、や、 タコ、の血潮にあって、
   自らへ、 酸素   サンソ   O  、 を、
  くっ付けて、 彼らの各々の、
  体の細胞たちへ、 それを送り届ける、
  運び員をやっており、
   それが為に、
  イカ、や、 タコ、の、血潮らは、
  青く見える状態を成してあり、

    人々の体らにおいては、
   白髪に成る、のを防いで、
  より、 髪の毛ら、などをして、
  本来の色を失わずに、
  在り続けさせるべく、
    髪の毛らの根の所で、 入れ替わるべき、
   色のある新手と、  能く、
  入れ代わるようにする、
  働きも成してあり、

 三石分子栄養学➕藤川院長系らによると、
  『  銅  Cu  』、 への、
  過剰な摂取による、 害らは、
 『  亜鉛  Zn  』、 への、
  摂取を、 相応に、 成す事で、
  防がれ得る、 という     】   ;
      。

      ◇◆     『  銅  』   ;     Cu    ;
 【     その原子の核を成す、  正電荷、な、
   陽子    ;     プロトン    ;     、  が、
    29個 、  があり、
  よって、 その原子番号が、  29 、 の、
  金属な、 元素であり、
   人々が、 その体の外側から、 必ず、
   摂取し続けるべき、
   必須の、 ミネラル、 の、
   16種のうちの、 一つ❗     】  ;
          。

      ◇◆   『  亜鉛  』   ;     Zn    ;
  【     その原子の核を成す、  正電荷、な、
  陽子    ;    プロトン    ;      、 が、
   30個 、 があり、
   よって、   その原子番号が、   30  、 の、
    金属な、 元素であり、
   人々が、  その体の外側から、 必ず、
  摂取し続けるべき、   
   必須の、 ミネラル、 の、 
  16種のうちの、 1つ     】   ;    
         。


     5.   マグネシウム    ;

    マグネシウム    Mg    、のほとんどは、
   細胞ごとの内側にある。

    つまり、   血潮の中での濃度を測定しても、
      意味が、ない。

      ◇◆    『  マグネシウム    Mg  』     ;
  【     その原子の核を成す、    正電荷、な、
  陽子 、が、  12個 、があり、
   よって、  その原子番号が、 12  、 の、
   金属な、 元素 、であり、
    人々の体においては、
   カルシウム   Ca  、 が、  ちぢこめる、
   筋肉ら、の、各々を、
  より、 ゆるめる、働きも成し、
    インスリン 、が、
    細胞ごとへ、 送り届ける、
    『  ブドウ糖  』、を、
  自らが、 細胞らの内側にも、
  十分に、ある場合には、
  その細胞の内側へ、 引き入れる、
  働きも成す、 
   ので、
    マグネシウム    Mg ❗ 、 が、
  人々の体において、 不足させられる、
   事は、
  その人々において、
 『  インスリン  抵抗性  』、 を、高めて、
   あり得る、 血糖値ら、を、
  より、 余計に、 成し増さしめたり、
   心臓での筋肉らのちぢこまりようら、
 を、 より、 ゆるめ得なくして、
  突然死 ❗ 、を、 成さしめたりする、
  向きへ、 余計な、圧力をかける、
    事になる❗    】   ;
        。

    穀物への精製、 調理により、
   マグネシウム    Mg   、は、 
  真っ先に、 除去されてしまう。

    アルコール症、 慢性の肝疾患、
   糖尿病、 高血圧 、 により、
   マグネシウムの濃度は、 低下する❗ 。

    ドロマイト 、 による供給。


   6.  マンガン   Mn   ;
   
     マンガンの不足は、  発育での障害❗ 、
  骨の異常、  糖尿病の症状 、を引き起こす。

   てんかん、な、患者の、 1 / 3 、では、
   『  低 マンガン 血症   』 、 がある❗ 。

 
     ◇     統合失調症への治療には、
 
    亜鉛    Zn   、   マンガン     Mn     、
     の投与にて、
   銅   Cu    、 の濃度を低下させる❗ 、
   ことが、 有効だ。

      抗精神病薬の投与により、
   マンガン   Mn  、 の不足を引き起こし、
   『  遅発性  ジスキネジア  』  、 を生じる❗ 。

     つまり、
 『  遅発性  ジズキネジア  』  、への治療には、
   マンガン   Mn  、が、 有効❗ 。


    7.重金属   ;

      いくつかの病らは、
    水銀 、   鉛   Pb   、 カドミウム  、
   アルミニウム   、 などの、
    重金属の蓄積❗  、 により、 生じる。

     アルツハイマー病は、
  アルミニウム 、 の蓄積により、 生じる。

      鉛が蓄積すると、
   子供に、行動での障害を生じる❗ 。

鉛の発生源は、 車の排気ガス。

    統合失調症、な、 患者たちの中には、
   水銀 、 が蓄積している患者がいる。

   子供の行動での障害、 学習での障害のある、
    患者たちの中にも、
  水銀が、蓄積している❗  、  患者がいる。

     ◇   重金属の蓄積への診断には、

    (     母体から、 胎児や、 人々から、その、
   髪の毛へは、
   重金属らが、 集積される❗
    、 ので      )
     、
  毛髪への検査が、 有効だ❗ 。

    水銀の蓄積への診断には、
  血潮の中の、  『   亜鉛   /   銅   比率   』  、が、
  参考になる。

      ◇      治療は、

  1 )      食べ物らの中の疑わしい物質を、
    除去すること❗ 、

  2 )      【     より、 人体に、吸収されず、 その、
  血糖値を、 より、 上げない、  糖質、な     】 、
   『  食物繊維  』 、 への摂取を増やすこと❗ 、

 3 )      C 、 セレン 、  亜鉛  、  マンガン 。


        ◇◆      『   セレン   』   ;
   【     電子強盗を差し止める、
    『  抗  酸化  力  』、 について、
   子宝    ビタミン   E1  、  の、
  60倍も ❗ 、 優れてある、ともされる、
     ミネラル  、であり、
    その原子の核を成す、   正電荷な、
   陽子 、 が、 34個があり、
  よって、  原子番号が、  34  、である、
  代謝、への、 補因子 、な     】  、
   『  セレン  』   ;
    、は、  
    タンパク質らに含まれる、
   硫黄    イオウ   S   、  と、
    入れ代わる、  能力性があり、
    それが為にも、    それへの、
  過剰な摂取には、  問題性がある、 
      ものの、
   タンパク質らの、 人々の体での、
   有用性を高めもする❗ 
        、  という      】   ;
           。    
  
    ◇      血潮にある、 糖 、 を、 インスリン 、が、 
    細胞の各々へ、 送り届けても、
   その細胞らの各々の内側にあるべき、
マグネシウム   Mg   、 が、 不足していて、
その血の糖、 を、 細胞の内側へ、
引き入れる、 働きを成さない❗
    、 と、
  血の糖、は、 細胞へ取り込まれない❗
   、 ので、
 インスリン 、が、 分泌されて、
働いている、 にも関わらずに、
より、 血糖値、 が、 下がらない 、
インスリン 抵抗性 のある、 
状態が、 成り続く事になる。

     マグネシウム   Mg   、 の不足は、
   筋肉のちぢこまりをゆるめる働きようらを、
その体が、 欠いてしまう事態を成し、
  それが、 心臓での、れんしゅくをも成して、
 その体の主をして、 突然死させる事もある。


    ☆     夢を産む           眠りを産ます          カルシウム 
            夢の祖母らを            運べる乳ら❗   ;
        19/   1/9    18:2    ;

       ◇◆      ガン細胞たちは、    ブドウ糖だけ、 を、 
    唯一の、主な、栄養分としてあり、 
   糖質を制限する事を含む、 
  ビタミン・ケトン療法は、 
  ガン細胞たちを兵糧攻めにする事でも、 
  ガン、の、あり得る度合を減らす事になる。 

Cancer cells are only glucose, 
only, as main, nutrients, 
including limiting carbohydrates, vitamin / ketone therapy 
can also be used to starve cancer cells , 
It will reduce the possibility. 

   タンパク質たち、と、 ビタミンら、に、 
ミネラルら、 を、 完全以上に、
飲み食いなどして、 摂取し続ける、 事が、 
一部の人々を除いた、 
ほとんどの人々の健康性を成し続ける、 
代謝ら、を、 
完全以上に、 成し続ける事に、 必要であり、 
これら、を、 より、 欠いてしまう事は、 
万病を引き起こす、 可能的な度合ら、を、 
より、 余計に、 成す事を意味する。

http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : : 法務省 koueki-psec@moj.go.jp : 
☆ 菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959 
  菊池医院 0192211620 通報宛先 ttp://www.jinji.go.jp/rinri/ 共同通信: 

     ☆      睡眠時間の長さは、 
    脳の神経な細胞に出入する、   カルシウム    Ca   
   、 で制御されている❗
   、 ことを、   上田東大教授     ;
    ≒    システム生物学     、らの致務   ≒    チーム    、 が、 
     マウスらでの実験により、突き止め、
   3月17日付の、米国の科学誌の、
   『   ニュートン   』 、 に発表した。 

    不眠症や、睡眠の障害が関わる、
  精神疾患、 などへの治療に役立つ、
  可能性がある。 

   体内の、 カルシウム    Ca   、 には、 
   骨の主な成分である、
    他に、 
   イオンの状態      ;
     ≒ 
  【     負電荷の電子   e➖   、 ら、と、
   正電荷の陽子ら、との、釣り合いにより、 
 どちらの電磁気の働きも、露わにしない、
   原子が、 その枠内の、 負電荷な、 電子を、
    酸 、 などに奪われる等して、
   電磁気の働きを露わにする様になった物の、 その状態     】    ;
    、  で在り、 

       筋肉や神経 、 などの、
  色々な細胞の働きようらを調整する、
  場合の、 物らがある。 

    致務は、   睡眠の時に生じる、 特有の脳波に、 
   カルシウム    Ca   、 が関与と推測し、
   神経な細胞に、
   カルシウム  、 を取り込まない、 マウスは、
   睡眠の時間が、  1割  〜  2割は 、短く、
    カルシウム   、 の排出される働きを弱めると、 
   1割  、 分ほどを、 長く眠った。 

    @     なぜ、 私たちは、眠るか 〜
     眠りの素は、 細胞内 カルシウム ?

      @     ガキの頃には、 焼き魚で、
   残った骨も炙  アブ って、 全部を食ってたな 。 

    @     カリカリになるまで焼いて、 
  醤油をたらして食べると、うまいよな。 

   @     温めた牛乳に、 すりゴマを入れて、
    飲んでいる。 
    
   @      牛乳が、寝つきをよくするのは、 
  こいうのも、関係してるのか。

   @      牛乳って、 分子がデカイから、
   消化に時間がかかる。    飲んだら、 すぐに、
    眠れるってのは、  体が温まるからでしょ。

   @      牛乳が有効なのは、 
     (     その、 60 グラム 、 分で、 
  1 グラム 、 分の、 眠らせ物質な、
   セロトニン 、 を作り出せる     )    、
    トリプトファン  、も、 あるだろうね。 
   カルシウムが有効ってだけなら、
    海藻で、いい事になるぞ。 

   @       睡眠時間が、  段々と、短くなり、
    3時間程になった時に、 もう、
   睡眠薬のお世話になるしかないかなと、
     なったけど、   温かミルク  &  ハチミツを飲む様にしたら、 
   5時間前後を眠れる様になった。
    寝つきが良くなったのと、 途中で、
   目が覚めないので、  寝た気がする。 

    @       イギリスの研究によると、
    寝てから、 途中に、 目覚めて、
  何らかの作業をし、 改めて、 寝る、
   という事は、 
   中世のイギリス人らの大抵においては、
   ごく当たり前な事で、
   その健康性への害は、 特に、
  見当たらない、 という。

     そういう意味での、   寝起き寝を合わせての、
    睡眠時間を、 健康性を損なわない、
   睡眠時間の目安にしても、善い人々の方が、 
   大半なのかも知れず、
   夜中に目覚める事で、 
  健全な眠りようをそこなわれた、
  と、 観るべきではない、 可能性もある。

     @       ナトリウム   Na   、 リン   P  、 
    マグネシウム     Mg   、は、 
   カルシウム    、 を流失させ易い。

     煮干し、などの、魚介類    ;
  ≒      『   特に、乾物   』    ;
   、は、 かえって、 良くないのかもしれない。 


      ◇      マグネシウム   Mg   、 は、
    カルシウム    Ca   、 が、 縮こませる、
   筋肉らを、 ゆるめる❗  、 のに必要で、
   マグネシウム    Mg    、 を、 不足させる事は、
    心臓の筋肉らを、 痙攣させたり、 
    縮こまりっ放しにさせたりして、
   突然死を成す❗  、 可能的な度合いを高める、
     事でもある。

      マグネシウム   Mg   、 には、
    血の糖を、 インスリン   、 が、
   細胞の各々へ、 送り届ける、 のに対して、
   細胞の内側にあって、
   その、血の糖、を、 細胞の内側へ、
    引き入れる、 働き、も、ある、 ので、

    マグネシウム   Mg    、 を不足させる事は、
   血統値を、 より、 下げ難くする、
  『  インスリン 抵抗性   』 、 を高めてしまう、
     事にも成る。


     @      魚介類には、 
     カルシウム   、も豊富だが、 
   リン  P   、 も多いので、 
   カルシウム   、 だけを取るためには、
    牛乳の一択だな。 
     温ミルクが良い、 というのは、
 昔から言われてたが、 温める効果の他にも、
   こういう理由があったんだね。 

   @      血の中の、 カルシウムの量は、
   摂取量を増やそうが、 減らそうが、
    基本的には、 一定。 

   @     一定に維持するから、 
   カルシウム 、 の摂取量が足りないと、
   骨から、溶かして、
   血潮へ加えたりする事が必要にする 。 

    @    「   カルシウムの摂取   」 、 と、
    「   イライラの抑制   」 、 とに、
   因果関係が観得たのかな。 
    カルシウム    Ca   、 が足りなくて、
  眠れない ↓    眠れないから、イライラする。 
    風が吹くと桶屋が儲かる論法だったんだな。 

   @    医者から、酒を止められたので、
   寝酒の代わりに、 ホット・ミルクにしてるが、 
    結構と、 眠くなる 。 

     @     平均で、  6時間の睡眠だから、
   1  〜  2割は、  約1時間に当たる。 
   不眠症の人にとっては、 
   1時間を長く寝れる事は、 大きい。


       ☆    コツコツ頑張ります❗  ;
 
     「  すべての不調は  自分で治せる  」、
   アマゾン・カスタマー・レビューより    ;

      2ヶ月前に受診した精神科医の薦めで、この本に出会いました。

    あわせて、 「  うつ消し  ごはん  」、 も購入。
   早速、 食事を見直し、  朝に、 卵、  2個 、
   昼と夜で、 肉と魚、  2百  g   、 を食べるようにし、  また、
    プロテイン 、 と、   ビタミン  B  、   C  、 
   Nowアイアン  、 を飲み始めました。

       ◇◆     『  プロテイン  』      ;
   ≒    【     色々な、アミノ酸たちから成る、
  『  タンパク質  』   】   ;
 『  タンパク質な、 サプリメント  』   ;
      、
   ◇◆    『  アミノ基   ➕   カルボキシ基  』   ;
  【     タンパク質らの各々を構成する、
  色々な、 アミノ酸たち、 においては、
   共通する、 属性な事として、
    アミノ基な、  NH2  、 と、
    カルボキシ基な、  COOH  、 とを、
   必ず、 その分子な身柄に帯びて、 成る、
    という事が、 あり、
     従ってまた、
    色々な、アミノ酸たちから成る、
   どの、 タンパク質 、も、 必ず、
   その身柄に、  NH2  、 と、
  COOH  、とを、 帯びて、 成る❗     】   ;
      。  

        プロテインは、    最初は、  5  g    ✖    3   、から始め、
     ➕  g    ✖    3    、 が飲めるようになって、   3週間が経った頃に、
    それまでの鬱状態が、すっかり良くなっていました。

     子供の頃から、   低タンパク    ➕    糖質過多   、 な食事をしてきて、
   2人目を出産の後の、  30代で、 
   強皮症  、 次いで、    PBC    ;      (   原発性  胆汁性  胆管炎   )      、
   更に、 線維筋痛症を発症、  その痛みの酷さから逃れたくて、
   自殺願望が度々に起こりました❗ 。

    投薬による治療で、 なんとか、 持ち堪えていましたが、
   薬では、 根本での解決が出来ないことを感じていました。

     痛みは、 歪みが原因とのことで、 現在にては、
   骨格への調整に通い、 少しずつ、 改善している最中、
    起こった激痛に、 絶望的になり、 鬱状態が再発しました。

     自分では、 どうにも、 抜け出せず、 今回に受診した、
   精神科医が、 藤川先生の方法を教えてくれたお陰で、
   薬を飲むことなく、  精神的に、とても、楽になりました。

    勉強すれば、する程に、 納得して、 実践することが出来ます。
     現在にて、   48才ですので、  時間がかかることも、 承知の上で、
   強皮症と、 PBC  、も、必ず、 改善する❗
   、と、 確信しています。
   絶望していた私に、希望の光を与えて下さった藤川先生に感謝しながら、
  コツコツ頑張ります❗ 。
ーーーーーーーーーーーーーーー
     ☆       藤川院長❗    ;

  半数の女性は、 最初から、   20  g    ✖    2
  、の、  プロテインが飲めません。

    【     消化に与る酵素らも、タンパク質であり     】 、
   最重度のタンパク不足なので、  消化酵素の能力が低く、
   プロテインを飲むと、
   吐き気、  腹部での膨満感、 下痢を引き起こします❗ 。

      最初は、   5  ~  10  g     ✖    2  ~  3   、 の、
    お腹の調子が悪くならない量で、開始してもらいます。

     継続していると、   タンパク質な、
   消化酵素の能力が高まり、
    20  g    ✖    2    、 が飲めるようになります。

      強皮症は、   自己免疫疾患なので、
   原因は、 タンパク不足です❗ 。

     B  、  C  、   Fe    、  が飲めているのなら、
    子宝     ビタミン    E❗   、 も加えたいですね。

      PBC  、には、 レシチン  、 が良い❗
   、 と思います。

    線維筋痛症には、   Mg   、が効果がある❗
   、 と思います。

    元の記事は、こちら

     ◇◆     『   レシチン  』  ;
  【      lecithin   、 は、
   グリセロ・リン脂質の一種。

    自然界の動植物において、 
  すべての細胞らの中に在り、
   生体膜の主要な構成分。

   レシチン 、  という名は、
  ギリシャ語で、 卵黄を意味する 、
  λέκιθος (   lekithos 、 レキトス   ) 、
   に由来する。

    レシチン 、は、 元は、
   リン脂質 の1種類である、
  ホスファチジルコリン
(   Phosphatidylcholine   ) 、への、
  別名であったが、 現在では、
  リン脂質を含む、 脂質から成る、
   製品のことを、 総称して、 
   レシチン 、 と呼んでいる。

    市場などでは、 原料に、
  何を使用しているかで、分類され、
  卵黄を原料とするものは、
  「  卵黄  レシチン  」、
  大豆を原料とするものは、
「  大豆  レシチン  」 、
  と呼ばれ、区別される。

    レシチンの特性として、
   油を、 水に分散させて、
  粒たちの各々を作る、 『  乳化力  』、
   皮膚や粘膜から、 
   物質を透過させて吸収する、 
   浸透作用がある。

     これらがゆえに、
   医薬用な、 リポソーム  、への材料、
  静脈への注射用な、 脂肪乳剤、
  痔や皮膚病への治療薬として、
    利用されている。

    体内で、 脂肪 、が、
   エネルギーとして、 
   利用され、貯蔵される際に、
  タンパク質 、 と結びついて、
 『  リポ・タンパク質  』、 となり、
   血潮らの中を移動するが、

  この、タンパク質、と、脂肪の結合に、
  『  レシチン  』 、を必要とする。

     体内の、 レシチンの総量は、
  体重が、 60  Kg  、 の、 ヒトで、
  6百  グラム  、程度である。

     レシチンの不足は、
   疲労、  免疫力の低下❗、  不眠、
  動脈硬化、  糖尿病、
  悪玉コレステロールの沈着 、 などの、
  多くの症状ら、 への、 原因ら、の、
   一定の度合いで、 あり得る     】    ;
         。


      ◇◆      『   消化、 と、 遺伝子ら  』  ;
  【      消化や吸収の時々にも、 
  細胞ごとの内側にある、  
     塩基らからも成る、  
  遺伝子ら、は、
    その細胞の内側の物らをして、
  色々な、 アミノ酸 、たちから、
  特定の、 タンパク質 、を構成させる、
  事において、
 特定の、 消化な、 代謝の働きようを成す、
   酵素   コウソ  、 な、 タンパク質、 
  ら、などの、 
   タンパク質らを作り出さしめて、
  消化などの事を成さしめ得べくあり、

       『  遺伝子ら  』 、は、
  日々に、 いつでも、  その、体、や、
  細胞、の、 必要性らに応じて、
  特定の、 タンパク質 、らを、
   その細胞の内側の物らに、
   成さしめる、事を、
 『  自ら、ら  』 、の、 日頃の仕事として、
      あり、
    それを、 自分たちの、
   日常の業務として、  ある❗     】    ;
      
 【      飲み食いする宛て、 な、 物ら、の、
  質、や、量 、 を、 変える事で、
     消化や吸収に関わって、
  特定の、 タンパク質ら、 を、
  自らの含まれている、 細胞の、
   その内側の物らへ、作らしめる、
   塩基らからも成る、  『  核酸  』、な、
   『  遺伝子  』 、 ら、の、
  その遺伝情報ら、の、 発せられ得る、
   質、や、量、の、 度合いら、 が、
    変化させられ得る❗     】    ;
            。 

  
       ☆      ➕年間を治療を継続している、うつ病も、半年で完治❗   ;

     症例;     50代の後半、 女性。
   二人の子供があり、  妊娠中に、貧血で、鉄剤を処方された。

    ➕年以上を、 うつ病で、 広島市内のクリニックで、
   治療を継続している。
     抑うつ気分、  睡眠が不規則、 寝付きが悪い、
   疲れやすい、 息苦しくなる。

   ブログを読み、  R1.10より、  プロテインを開始した。
   R1.11、  当院    ;       藤川医院    、 を受診。
    抗うつ薬イフェクサーSR  (  75  )      
      ✖    2錠を継続している。 

→高タンパク  /  低糖質食    ➕   プロテイン    ✖    2回。
    ナイアシン・アミド、  
    【    ビタミン  B群  、な    】 、    B50  、
    【    ビタミン  C 、 な    】 、    C1000    、を開始。

    一週後に、再診、
   初診の時の、    BUN    ;       18・1   、
    フェリチン     ;       44     、
     HbA1c      ;       6・7   。

      ◇◆     『  BUN  』  ;
 【     その体に、 あり得る、
   タンパク質らの度合いを反映する、
    窒素   N  、 を含む、 
   『  尿素  窒素  』     】     ;
           。     

       ◇◆    『  タンパク鉄  』  ;
  【    タンパク質に、 包まれ、
  封をされて、  危険な、
   電子強盗、 を仕立てる、
   反応らを成す、   鉄   イオン  、な、
   状態を成さないように、
   封じ込められてもある、 
     『  鉄  タンパク  』、 であり、
  『  貯蔵  鉄  』、 な    】   、 
   『  フェリチン  』    ;

       ◇◆     『  鉄    Fe  』    ;
  【     その原子の核を成す、   正電荷、な、
  陽子 、が、  26個 、があり、
   よって、  その原子番号が、   26  、 な、
  金属である、 元素 、で、
    人々の体らにおいて、
  エネルギーら、を、能く、成す、上で、
  タンパク質ら、と共に、
  より、 それへの摂取らを、
  欠かす訳には、行かない、
  極めて、 重要な、 代謝ら、への、
  補因子、 な、 ミネラル  、であり、
   タンパク質な、  酵素    コウソ  、
  と、  一定の度合い以上で、
   合体をする事により、  初めて、
   その、 タンパク質、 と、
  代謝な、 働きを成し合い得る、
  代謝員 、 でもある、  元素❗    】   ;
       。


   ◇◆    ヘモグロビン・エー・ワン・シー    ;
   HbA1c   ;
    【    赤血球の中に、 沢山がある、
   鉄分を帯びて、成る、 タンパク質な、    
  『  ヘモグロビン  』、 へ、  
   最大で、  4個まで、  
  『  ブドウ糖   』、  が、くっついて成る、
    糖タンパク質 、で、
    赤血球の、ヘモグロビン、らが、
  細胞たちの各々へ、  酸素   サンソ   O  、
  たちを送り届け得る、  度合いが、
    ブドウ糖により、
   相応に、 減ってしまう    】    ;
     グリコ・ヘモグロビン     ;
     糖化タンパク質❗  。

   プロテインは、 量が飲めないが、 2回 、を飲めている。
  卵と肉を食べ、  糖質は、減らしている。
→フェルム  、を処方。

     【    ビタミン  E  、な    】 、
    E400  、 を開始。

    R1.12、
プロテイン     ;       15  g    ✖    2   、
   ナイアシン・アミド     ;
     5百   mg    ✖    6   。  


     ◇◆     【     ビタミン   B3  、 で、
       5百種 、以上もの、 ❗、
   代謝ら、に、必要とされている、
    『  ニコチン 酸  』 、でもある、
   『  ナイアシン  』  ;   
   水へ溶ける、  水溶性な、
   代謝員であり、
  脂溶性な、代謝員ら、などとは、異なり、
 より、人々の体での、備蓄性に欠ける❗    】 ;
【   C6   ➕   H5   ➕   N   ➕   O2   】    ;
   、 と、
   それに近い、 
   『  ナイアシン・アミド  』    ;
 【    C6   ➕   H6   ➕   N2   ➕   O    】   ;      
           。

     BUN    ;       15・3   、
    フェリチン     ;      76   、
    HbA1c     ;       6・4 。

     R2.3、
  プロテイン    ;      20  g    ✖    2  。

   コロナで、 2ヶ月を、通院が途切れ、
   フェルム  、を中断。

       ◇◆    『  フェルム  』    ;
  【   フマル酸   第1  鉄   】  ;
    体内で不足した、 鉄分を補充し、
   貧血を改善する❗   ;

     用法・用量    ;
   通常では、  成人は、 1回に、
  1  顆封   カプー   ;     カプセル    ;
  (   鉄として、  百  mg   ) 、 を、
  1日に、 1回、 を服用し、
    徐放性製剤なので、 かまずに、
   服用してください。
    絶対に、 2回分を、 一度に、
   飲んでは、 いけません。
    誤って多く飲んだ場合は、 医師か、
  薬剤師に相談してください。

       主な副作用として、
  吐き気、嘔吐、食欲不振、胃・腹痛、
  下痢、便秘、心窩部痛、かゆみ、発疹、
  などが報告されており、 
   このような症状に気づいたら、
  担当の医師か、薬剤師に相談して下さい。

     保管方法   ;
  乳幼児、小児の手の届かないところで、
   直射日光、高温、湿気を避けて、
   保管してください。
   薬が残った場合には、 保管しないで、
   廃棄してください❗     】    ;
       。

    R2.6   、に、 再診。
  すっかり元気になり、   イフェクサーは、
   4月に中止したが、何ともない。 

   プロテイン     ;      20  g    ✖    2   、
 
  ナイアシン・アミド     ;
      5百  mg    ✖    6   。
 
    B50  、  C1000   、
     E400  、は、 標準量。

    元気になり、 急に動きすぎて、
    腰痛になった。

   →    B    ➕    C    ➕    グルタチオン  、を点滴。

    BUN    ;      16・4   、
  フェリチン     ;       44   、
   HbA1c     ;        6・0  。


   ◇◆   『  グルタチオン    Glutathione  』    ;
    GSH    ;     Glutathione-SH    ;   
  、は、
 【     3つの、 アミノ酸     ;
  (    グルタミン酸   、   システイン   、
   グリシン    )、  から成る、
   トリ・ペプチド 、 であり、    通常は、
  あまり、見られない、  システイン 、の、
   アミノ基     ;      NH2    、 と、
   グルタミン酸の側鎖側の、
   カルボキシ基     ;     COOH    、
  との間に、   『  アミド  結合  』   ;
    ≒    『  O=C-N-H  』     ;
   、 を帯びてある     】    ;
【   C10      H17      N3    O6    S   】  ;
【     電子強盗な、 活性酸素、 への、
    除去員としても、 重要❗    】   ;
        。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
       ☆       藤川院長❗    ;

    ➕年を、 治療を継続している、 うつ病、
   プロテイン    ➕    メ・ガビタミン  、にて、
    半年で、完治❗ 。

    長年の最重度のタンパク不足なので、
   プロテインを継続しても、 なかなかに、
    BUN 、が上がらない。

    フェルムは、 中断していたので、
   フェリチンは、下がっている。

    摂取する、 炭水化物を制限する、
   糖質制限は、 きっちりできており、
    HbA1c  、は、 下がっている。

   やはり、
  プロテイン   ➕   ナイアシン・アミドは、 最強❗ 。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント