日本医学; 和方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; あり得る、炎症らを軽めて、 武漢コロナ、らをしのぐ❗ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

        ☆       炎症らを軽めて、 武漢コロナら、を凌ぐ❗   ;
         ヒスタミン❗ 、 と、 ビタミン C、ら❗  ;
    に、  ナイアシンら❗    ;

      ◎◆       日本医学  ;     和方 ❗  ;
  三石分子栄養学➕藤川院長系;   代謝医学❗ ;

    ☆    代謝員らの合体性の度合い、
  による、 代謝ら、の、あり得る度合い     ;

   タンパク質な、  酵素    コウソ  、
  と、   
  補酵素    ホコウソ   、 な、  
   ビタミン 、か、
   補因子 、な、  ミネラル 、
   とは、
   文字通りに、  『   合体   』、をする、
  事により、  
   『  代謝  』、 な、 働きを成し合う、
   代謝員ら、 であり、
    
      この代謝員らの合体性の度合い、
  が、 一定以下である場合らにおいては、
   どの、代謝、も、成されない❗ 。

       どの、代謝も、成されない、
     場合には、
   どんなに、 可能的な、栄養分らを、
    飲み食いし得ても、 その、どれもが、
    現実態の、 栄養分には、
    成らないままにされ、
   異物として、 炎症を宛てられたり、
  吐き気 、などを宛てられたりし得る❗ 。

      人によって、 
  代謝員らごとの、合体性の度合い、
  が、 異なる、 だけでなく、
  同じ一人のヒトにおいても、
  その、 代謝員らごとに、
  合体性の、 能く、成され得る、
  あり得る、度合いは、
  異なり得る❗  。

    この、 三石分子栄養学➕藤川院長系 、
   で、 言う所の、

     代謝員ら、ごとの、
  代謝を成す上で、 必要な、
  合体性 、での、 あり得る、 度合い、
  らの系でもある、
    『   確率的  親和力   』、 
  らにおける、 不足性、らを、
  より、 埋め余し得るような、
  度合い、ら以上の、  度合い、らで、 
  
   必ず、 その一方に、
  タンパク質、らを、 含む、
  
   あるべき、 代謝員ら、 への、
  飲み食いなどによる摂取ら、
  を、 成し付ける、
   事が、
   人々が、 その命と健康性とを、
  より、 確かに、 より、 能く、
   成し得てゆく上で、
  他の何よりも、
  圧倒的に、 重要な事であり、
    
    これの度合いを、 欠けば、欠く程に、
   人々の命や健康性を、
  より、よく、成すべき、
  運動ら、や、 薬らに、
   手術ら、などの、
   あり得る、 効果らの度合いらは、
  より、 小さくなり、
 
    それが、 一定の度合い以上に、
  欠けてしまうと、
  何をしても、 助からない、
  状態に、 誰もが、成る❗  。
 
    どんな健康法も、 どんな治療も、
  どんな薬も、 どんな手術も、
  どんな運動も、 
    代謝員らごとの、
  『  確率的   親和力  』、 らでの、
   あり得る、 不足性ら、を、
    埋め余し得る以上の、 度合いらでの、
  あるべき、 代謝員ら、への、
   飲み食いなどによる、 摂取ら、の、
  質としての度合い、や、
  量としての度合い、 を、
   欠けば、 欠く程に、
  より、 その人々の命や健康性を、
  能く、成さしめる、  その、 あり得る、
  効果らの度合いら、を、
  より、 小さくされ、
   それが、一定の度合い以上に成れば、
  誰もが、 必ず、 死に至る、
  のであり、

     癌   ガン   、などを、
   我が身に成しても、
  完治する人々が、成る、一方で、

    再発させる人々が、 成る、のも、
     この、 『  あるべき、度合いら  』    ;
   ≒      
       つまり、
  『   【  確率的   親和力  】、 らの、
  あり得る、 不足性 、らを、
  より、 埋め余し得る、 度合いら   』     ;   
   、 での、
  あるべき、代謝員ら、への、
  飲み食いなどによる摂取ら、について、
   より、 有り余らしめる、 のと、
  より、 欠かしめる、 のとに、
  その、 治りおおせる、と、 治り得ない、
  などとの、 異なりようら、 への、
    決定的な、 要因性ら、がある❗  。

    ☆     ハゲ得てある、人々が、 
   ふさふさな髪の毛らを取り戻す、
   にも、
    植物状態にされてある人々が、
  その体の部位らを動かしめ得る筋合いの、
   意識性らを取り戻す、 
  にも、
   特定の、 代謝ら、か、
  それらに類する、 代謝ら、を、
  復活させしめたり、
   新たに、 成したり、する、
  事が、 必要に成る。

    その、 持ち前の遺伝子らが、
  ウィルス 、などによって、
   改変されて居らずに、
   その、持ち前の、 特定の、
   タンパク質らを、
  細胞ごとに、 作らしめる、
  能力性ら、を、 改変されていない❗ 、
  のであれば、
   その、細胞ごとに、 含まれてある、
  遺伝子ら、へも、向けて、
  必ず、 その一方に、
  タンパク質らを含む、
  あるべき、 代謝員らを、
  あるべき、度合いら以上の、
  度合いら、で、 投与し続ける、
  事が、
  ハゲてある人々へ、
  自然に生える、 髪の毛らを、
  取り戻してやり、  
    植物状態な、人々へ、
  その動作性の意識性らを取り戻してやる、
   上で、 必要な事であり、

   この度合いらを欠けば、欠く程に、
  それらは、
  より、 得られ得ないものにされる❗ 。

    現実に、 植物人間な状態から、
   意識性らを取り戻し得た、
   人々は、 存在している、
  が、
    その事の裏には、
  あるべき、あり得る、代謝ら、が、
 その人々においては、
 復活させしめられ得た、
 という事が、
 欠かし得ない、 要因性を帯びて、
  あり得ている❗ 。
 
       ◇      ヒスタミン       絞り出し置く       ビタミン    C❗
         ナイアシンらと           軽  カロ  む、炎症・・❗     ;

    ◇      インフルエンザ、らを成す、 ウィルスらが、
   人々の血潮へ侵入しない、 のに対して、
    武漢ウィルスら、は、  
    人々の血潮へ侵入でき、  その血潮から、
  その体のあちこちへ、侵入して、
   その細胞ごとで、 増殖する、
    と共に、
    その細胞ごとを破壊して、
    その体の構造らや機能ら、を、 より、 害   ソコナ  い、
       炎症らを多発させ、 深刻化させたりする❗
   、 事らにおいて、
    その人々を重症化したり、  殺したりして来てあり、

      あり得る、 炎症らの、 度合いらを、 より、
   小さくし付ける、 向きの、 
    飲み食いらの成し付けようをする、事、 などは、
    人々が、 いずれは、 感染する、
   武漢ウィルスら、 や、 その他の、 ウィルス、ら、
   などによる、 感染症らの、 あり得る、
   深刻性の度合いら、を、 より、 小さくし付け、
   その人々を、 より、 その死❗ 、 などから、
   遠ざけ付ける、 向きに、 善い圧力を掛ける❗
     事を意味する。 
 
     そういう意味で、
    日本人たちにおいて、  特に、 不足してある、
   と、 観られてある、 
   タンパク質、 と、 鉄分 、での、 不足性ら、を、 より、
    埋め余し付け得るような、
   それらへの摂取らを成し付けた上で、  特に、 より、
     ビタミン    C  、らの、  電子強盗化を差し止める、
   子宝    ビタミン   E1  、 と、
      細胞ごとから、  炎症性の物質な、
    ヒスタミン  、を、 絞り出し置く働きもする、
    ビタミン  C  、 や、
      5百種以上もの、 代謝らに必要とされてある、 という、
    『  ビタミン   B3  』  、で、  『  ニコチン酸  』 、な、
  『  ナイアシン  』 、 らを、 日頃から、
      摂取し付けて置く事は、
      あり得る、 感染症ら、などでの、 重症化や、
      死 、 から、 人々を遠ざけ付ける上で、 
        相応な、重要性がある❗  。 

      勿論な事に、  この場合においても、
    同一な個人、の、 代謝ごと、にも、異なり合い得る、
   『  確率的な、親和力  』 、らでの、 あり得る、
    不足性ら、 を、 より、 漏れ、を、無しに、
    埋め余し付ける、 事が、 最も、肝腎な事として、あり❗ 、

     この事が、 最も、肝腎な事である事を、
    言明され、 指摘されても、なお、
    その決定的な重要性を認識できない、程に、
   あるべき、代謝らを欠いてある人々へ対しては、
    その人々の食生活などを左右し得る立場にある人々が、
    自ら進んで、 その任に当たるべくもある❗  。
    
 
         ☆     人類員らが、  6万年前に、ネアンデルタール人から受け継いだ、
     DNA   、が、 「   武漢コロナ・ウイルス感染症の重症化  」
  、と関連している、 という、 可能性❗   ;
      2020年   7月6日  12時55分   ;
     by   Erich Ferdinand  記者    ;

       人類員らは、   2万  ~  4万年前に、 絶滅した❗
  、 とされる、 ネアンデルタール人たちと交雑し、  その、
     DNA     ;
      ≒
   【     塩基らからも成る、  遺伝子の本体な、
      『  デオキシリボ  核酸  』     】    ;
    、らを受け継いできた❗
   、 ことが、 知られています。

      武漢コロナ・ウイルス    ;    (    COVID-19    )
   、 に関する、 研究により、    現生人類が持つ、
   ネアンデルタール人の、  DNA  、らが、
 「    COVID-19 、 での重症化と、 深い関わりがあった   」
  、 ことが、 新たに、示唆されました。

The  major  genetic  risk  factor   for   severe   COVID-19   is   inherited 
  from   Neandertals - 2020.  7.3.186296v1.full.pdf

       DNA   Linked   to   Covid-19   Was   Inherited
   From   Neanderthals,   Study Finds - 

     今回にて、  ネアンデルタール人らの、 DNA 、らが、
   COVID-19  、での重症化を招いている❗
   、 可能性があることを突き止めたのは、  スウェーデンにある、
    カロリンスカ研究所の神経学者な、
     Hugo Zeberg  氏らの研究チームです。

        Zeberg  氏によると、これまで、  COVID-19  、と、
   DNA  、 との関係について、 多くの研究が行われており、
   その中で、  「    第9染色体と、 第3染色体とが、
   COVID-19  、での重症化と関係がある、  可能性が高い   」
   、 ことが、 分かった❗ 、 とのこと。

     その後の研究により、   第9染色体の影響が除外され、
   「    第3染色体の遺伝子の一部が、
    COVID-19  、での重症化と関係している❗    」
   、  ことが、 確認されました。

     また、  第3染色体に存在する、 問題の、  DNA 、には、
  「    遺伝子の各々ごとを構成する、  塩基らによる、 配列 、が、
    全長で、   約  49万塩基対   、 と、  長く、
     遺伝子の変異率も、 異様に低い❗    」、  という、
    特徴がありました。

     このことから、  Zeberg  氏は、  問題の、 DNA 、が、
  「    4万  ~  6万年前 、 という、  比ぶるに、
    新しい時代に、 ネアンデルタール人たち、 もしくは、
   ネアンデルタール人たちから分岐した、
   デニソワ人たち、により、 もたらされたもの❗    」
    、だ、  と、推測しました。

      そこで、  Zeberg  氏が、  問題の、 DNA 、 を詳しく解析し、
   これまでに見つかった、 化石人類の、 DNA  、 と比較したら、
    クロアチアの、 ヴィンディヤ洞窟で見つかった、
   ネアンデルタール人の、 DNA 、らのうちな、  33個の参封    サンプー     ;
   サンプル    ;     、 に、  問題の、 DNA 、が含まれている
   、 ことが、 分かりました。

    その一方で、  デニソワ人の参封らからは、見つからなかった
  、  ことから、
  その、 DNA 、が、 デニソワ人たちに由来である
   、 可能性は、 除外されました。

     このことから、  Zeberg  氏らの研究チームは、
   論文の中で、「    ネアンデルタール人達からもたらされた、DNA 、が、
  COVID-19  、の、 パンデミックに、 悲劇的な結果をもたらしている
   、 ことは、 明らかです    」 、 と、結論付けました。

      これまでにも、  ネアンデルタール人たちに由来の、 DNA 、らは、
   現代人たちの、 健康を損ねたり、子どもを生まれにくくしたりする❗
  、 働きがある、 ことが、 分かっていますが、
   今回に特定された、 DNA 、らは、  少なくとも、 以前は、
    有益な働きをしていた、 可能性があります。

       ヴァンダービルト大学の遺伝子学者な、 トニー・カプラ氏は、
  「    ネアンデルタール人達の、 DNA 、らは、 もとは、
   4万年以上前に存在していた、 別のウイルスに対する、
   免疫をつかさどっていたかもしれません    」
   、 と述べました。

      カプラ氏によると、  人体が、  COVID-19  、 を発症すると、
   免疫物質、な、サイトカイン  、 が分泌され、
   ウイルスに感染した組織を攻撃して、
    感染の影響を抑制します。

      しかし、  その働きが過剰になると、
   正常な、 肺の組織までをも損傷し、  その結果にて、
   COVID-19 、が、 より、 重症化してしまう❗
   、  とのことです。

     『  サイトカイン  』 、 が、   COVID-19 、での重症化を招く、
   メカニズムについては、 以下の記事に詳しく書かれています。

   なぜ、 新型コロナ・ウイルス感染症は、一部の人だけで、
   重症化するのか? - GIGAZINE   。

    ◇◆    『   ケモカイン      Chemokine    』   ;
   【      正電荷、な、 陽子、 を、
 自らの側へ、 引き寄せる、  
   能力性のある、   塩基性タンパク質、
   であり、
  Gタンパク質共役受容体を介して、
  その作用を発現し、
  サイトカインの一群でもあり、
    白血球、  などの遊走を引き起こし、
   炎症の形成に関与する    】   ;
    (   サイトカイン   )     ;
         
     ◇◆    『  インターフェロン  』   ;
  とは、 動物の体内で、
  病原体や、 腫瘍細胞、 などの、
  異物の侵入に反応して、
  細胞が分泌する、 蛋白質のこと。

    ウイルスの増殖への阻止や、
  細胞の増殖への抑制、とか、
  免疫系、および、 炎症、 への、
  調節、 などの働きをする、
  サイトカインの一種。 

    医薬品としては、
  ウイルス性肝炎、等の、
  抗ウイルス薬として、
  多発性骨髄腫、 等への、
  抗がん剤として用いられている     】   ;
       。

    Zeberg  氏が、  COVID-19  、での重症化をもたらす、 DNA 、らを、
   ヒトの遺伝的多様性を調べる、 国際的な研究、な、
 「    千人ゲノムプロジェクト    」、  のデータ・ベースと照合したら、
   問題の、 DNA 、らを持つ人が住む地域には、  
   かなりな、偏りがある、 ことも、分かりました。

     アフリカに住む人たちは、  全く、  
  COVID-19 、での重症化に関する、 ネアンデルタール人達の、
   DNA 、らを持たない一方で、
    ヨーロッパに住む人の、 約  8 %  、
  南アジアに住む人の、 約  30  %   、 が、   この、
   DNA 、らを持っていた❗  
   、  とのこと。

      南アジアの中でも、最も、極端に、 その、
   DNA 、らの保有率が高い❗
   、  のが、   バングラデシュで、    その人口の全体の、
   約  63  %   、が、  この、  DNA  、らを保有していました。

    実際に、  イギリスでは、  バングラデシュの出身者が、 特に、
   COVID-19  、で死亡する確率が高い❗
   、 ことが、 分かっています。

      Zeberg 氏は、  ニューヨーク・タイムズの取材に対し、
  「    ネアンデルタール人達の、 DNA 、らが、
   COVID-19  、での重症化と、 強く関係している、 理由は、 
   まだ、 未解決ですが、   人類の進化の歴史を明らかにする
  、 ことが、できれば、  COVID-19  、の、  パンデミックが、
   これほどに、 危険なものとなった理由も、
   解明できるかもしれません    」
   、 と、 論弁しています。


       ☆     突然変異で生まれた、 「  感染力が強い、武漢ウイルス  」
  、が、 世界で大流行している、 という、 研究の結果    ;

      世界中で流行している、 武漢コロナ・ウイルス株は、
   最初に発見された株よりも、
  「   感染力が、  3  ~  6倍は、強い❗   」 
   、  株である、  という、  研究の結果が発表されました。

     Tracking   changes   in   SARS-CoV-2   Spike:
    evidence   that   D614GG   increases   infectivity   of
    the  COVID-19  virus: Cell

    Dominant   Coronavirus   Strain   Appears   to   Be   a  Mutated,
    More   Virulent   Version,   Study   Finds

  The   coronavirus   may   have   mutated   to   become 
   more   infectious,      Dr. Anthony Fauci says

      この研究を発表したのは、 アメリカの、ロスアラモス国立研究所と、
   デューク大学と、 イギリスのシェフィールド大学の合同研究チーム。
      チームは、  ゲノム 、 の塩基らによる、 配列に関する、
    情報らを共有する、 取り組みを行う、 国際的な科学機関の、
   GISAID  、 に保存されている、
   武漢コロナ・ウイルスのゲノムを分析しました。

     分析の結果にて、  研究チームは、 世界中で流行している、
  「   D614G   」 、 と呼ばれる、  変異型において、
    ヒトの細胞に感染する際に用いられる、 「   スパイク・タンパク質   」
   、  という、   ウィルス、の表面の、 突起に変化が生じている❗
   、  ことを確認しました。

      研究チームが行った、 追加の実験によると、
  D614G  、は、  研究室の実験においては、
   ヒト細胞に感染する能力が、最初に発見された、
   新型コロナ・ウイルス株の、それ、よりも、
      3  ~   6倍、 は、 高かった❗
    、  とのこと。

   この、 D614Gは、  世界中で最も流行している、
   新型コロナ・ウイルス株  、と、 みられています。

       世界のいずれの地域においても、  最初期は、
   D614  、 が、 優性ですが、  時間の経過とともに、
   D614G  、の割合が、 優性となっている❗
  、  ことが、 わかります。

     研究チームが、  イギリス国内の病院で、
  新型コロナ・ウイルス感染症     ;    (   COVID-19   )
    、  の感染者な、  999人を調査したら、
    D614G 、 の感染者の体内には、  より、
    多くのウイルス、な、 粒子が存在している❗
   、  ことが、 確認されましたが、「  重症度  」、については、
    D614G、 と、 D614 、とで、 差は、 なかった❗
    、  とのこと。

       アメリカ国内の、 COVID-19  、への対策を主導する、
    アメリカ国立アレルギー・感染症研究所の、
    アンソニー・ファウシ所長は、  今回の研究の結果を受けて、
    「    病原菌の拡散が容易になる方向に、 新型コロナ・ウイルスは、
   突然変異している❗  、 と示唆されている。
   ただし、  研究の結果には、 異論も出ており、
    研究の結果は、 確認されている段階だ    」
    、  と、発言しました。

      武漢コロナ・ウイルスの変異について、   世界保健機構     ;
    (   WHO   )     、は、   これまでにも、
  「    コロナ・ウイルスのような、  『  RNA  ウイルス  』、 は、
   その他の、 ウイルスに比べて、 変異しやすい❗    」 、という、
    見解を示していました。

     2020年7月2日、に、  WHO 、の主任研究者な、
   Soumya Swaminathan 氏は、  記者団に対し、
  「    スパイク・タンパク質などの、 主要な部位で、
    突然変異が発生した場合においては、
   ワクチン、 への開発が影響を受ける、 可能性があります    」
   、   と述べました。

     
        ◇      より、 あるべき、 代謝ら、を、より、
    阻害する、 物事ら、の、 成りようら、を、 より、 未然にも、
    差し止めるべき、 必要性もある❗   ;

      ☆     ご飯やパンを食べても、大丈夫?    ;
   血糖値の急上昇を防ぐ方法   ;
      Men'sBeauty     ;

     今にて、 大流行中の、  摂取する、
   炭水化物、な、 糖質、を、 より、 制限する、
  「   糖質  制限  ダイエット   」、
   「   炭水化物  抜き  ダイエット   」。

      呼び名は、 糖質、炭水化物 、と異なるが、
   これらは、 ほぼ、 同義語で、  主食である、
   お米やパン、とか、 麺類、 などな、
   糖質の多い食品を、 できる限り、 
   食べないようにする❗
   、 という、 非常に、シンプルな、ダイエット法だ。

     ただ、 糖質への制限は、  やめた途端に、
    リバウンドする可能性が、 非常に高い❗ 。

     ≒
 【     より、 兌越砥    ダエット    ;      ダイエット   ;
  、 を、 失敗させたり、   
    履伴同     リバンドウ    ;      リバウンド     ;
  、 を、 成さしめたりする、  要因性ら、の、
   主な、 もの、 として、
    『  異食い性の欲求性  』 、らがある❗     】   ;

      ◇◆      【    異食い性の欲求性ら❗    ;
    甘い物ら、を、 やたらに、
   飲み食いしたがったり、
     暑くもない頃合いに、 やたらに、
   氷を口に含みたがったり、
    新聞紙を、 ムシャムシヤと、
   食べたがったり、 する、
     その主の、 命や健康性を、 能く、
   成し付け得てゆく上での、
   必要性の、 無い、 
   飲み食いの宛ての物らへ対する、
   欲求性ら、 であり、
    タンパク質 、 を、  その一方に、  
   必ず、 含む、  
   あるべき、 代謝員ら、への、
   あるべき、 度合いら、での、
   飲み食いなどによる、 摂取ら、において、
   より、 漏れ、ら、を、成し付けない、
   事によって、 より、 未然な内にも、
  その、 あり得る、 発ち現れようの、
  度合いを、 差し減らし得る、
   が、
   特に、   日本人たちにおいては、
   タンパク質、 と、 より、  危険な、
   電子強盗、な、 状態である、
   『  鉄   イオン  』、 な、 状態を、
   成さない、 方の、
   『  鉄分  』、  と、 への、 
   補給や備蓄の度合いら、を、
   一定以上に、 成し付け得て、
    タンパク質と鉄分とでの、
   不足性ら、 を、  より、
   埋め余し得る、 度合いら、 を、
   一定以上に、 成し付け得る、
   事で、   より、  未然な内にも、
   異食い性の欲求性ら、の、 成る、
   あり得る、 度合いら、を、より、
   差し減らし得る❗     】 。

     ・・とはいえ、 リバウンドをしないように、
   一生を、 糖質への制限を続ける事には、 無理がある。

   ≒
 【     異食い性の欲求性らの湧く、あり得る、度合いら、が、
   より、 確率的な親和力ら、での、 不足性ら、を、
   埋め余し付け得る、 飲み食いらを成し付ける❗
   、 事によって、  より、
      小さくされ付けもする、 場合らにおいては、
    一生を通じての、 炭水化物ら、への、
   摂取ら、を、 より、その主らにおける、
   健康性らを成し付ける範囲内におさめる、 事に、 より、
   何の、困難性も、生じ得なくなる❗     】
          。
    
      しかしながら、
   糖質への摂取の量を減らす❗ 、 ことばかりが、
   糖質制限ダイエットでは、ない。

    ご飯やパンを通常な通りに食べながら、
   糖質制限ダイエットを行う、 という、方法があるのだ。

     そんな、 逆説的な、 「  新糖質制限ダイエット  」
  、 の方法を身に付ければ、  食欲と戦い続けるよりも、
   ぐっと楽に、 兌越砥をすることが、 可能に❗?    ;

      今回は、 その術が、  「  microdiet.net  」、 の調査からの履報    ;
   レポート    ;     『    パンには、 バターを塗るべし?    ;
   新糖質制限ダイエットの方法   』
  、  で紹介されたので、 詳細をみていこう。

      ■糖質制限ダイエットの仕組み❗   ;

    まず、 糖質制限をすることで、 なぜ、
   兌越砥ができるのか、  ということを説明しよう。

    糖質を摂取すると、  血糖値が上がり、
   すい臓から、 インスリン 、 が分泌され、 糖 、を、
   エネルギーとして、
   筋肉や臓器、とか、 脳 、 などに送る一方で、
   使われなかった糖は、  中性脂肪に換えて、 体に溜め込む。

     これが、  体に脂肪がつく、理由の一つだ。


     ◇◆      『  中鎖   脂肪酸  』   ;
  【      長い方の、 長鎖脂肪酸、 が、
   細胞の内側に、  一個から、
  数百個以上がある、  ミトコンドリア 、の、
  内側で、 成される、 代謝らの系である、
   クエン酸回路、 へ、 向けて、
   ミトコンドリア 、の、中へ、
  受け入れられるに当たり、
   ビタミン   BT  、 とも言われた、
    ミトコンドリアの門番、な、
  『  カルニチン  』、 による、
  引き入れ、が、 必要である、
  のに対して、
   『  カルニチン  』、 の、 引き入れを、
  無しに、 ミトコンドリアらで、
   生かされ得る       】     ;
           。

       ◇◆      『  脂肪酸  』    ;

【     脂肪、への、 構成分であり、
   炭素   C  、 と、  水素   H  、 や、
   酸素   O  、 たちから成る❗ 。

     EPA    ;
    エイコサペンタエン酸    ;
    『  C19  H29  COOH  』    ;
          、 のように、
   『  C複  H諸  COOH  』   、な、
  共通の構造を、自らに成してある❗     】    ;

      ◇◆     『  グリセリン  』   ;
  『  グリセロール  』   ;
 
  【     脂肪、への、 構成分であり、
   3価、の、 アルコール 、 である、
     『    C3   H8   O3    』   ;

     化学においての、  アルコール    ;
 (   葡:   Álcool  、  英:   Alcohol   )  ;
   、 とは、
   炭化水素     CH   、 の、  水素原子   H  、
  を、  
   ヒドロキシ基     (    -OH    )    、 で、
   置き換えた物質、 への総称❗   ;

      3価、 の、 アルコール 、 とは、
    水素   H  、 を、 置き換えた、
    OH  、の、  3つ、を、 自らに、
     持ち合わせ得てある存在     】   ;
          
   【     グリセロールは、  生体内では、
   中性脂肪、 リン脂質、  糖脂質  、 などの、
    骨格として存在しており、
   貯蔵した脂肪から、  
  エネルギーをつくる際に、   
  脂肪酸、と、グリセロール 、とに、
  分解される。

   生じたグリセロールは、
   ATP     ;
   アデノシン   3  燐酸   リンサン    ;
  、  によって、 活性化され、
  グリセロール -  3  -  リン酸  、 となり、
  再度に、 脂質 、 への合成に使われるか、
  さらに、
  ジ・ヒドロキシ・アセトン・リン酸を経て、
   解糖系  、  または、    
   糖新生  、 に利用される❗     】    ;
         。

      血糖値の上がり方が、 急であれば、あるほどに、
    【     わけば、湧く程に、 その主を、 確実に、 太らせ、
   ガン細胞ら、などの増殖を促す、 向きへ、
    余計な、圧力を掛ける     】 、
    『  インスリン  』、 が、  多量に分泌される❗
    、 が、ために、
  「    糖が余っている    =    
   脂肪に変換して、溜め込まなければ❗    」
  、  と、 体が、判断してしまう❗ 。

          ◇    糖の余剰分が出ないように、  運動  
  、 などで、 エネルギーを消費すれば、 よいのでは?    ;

    、 と思うかもしれないが、  ここで、注目したいのが、
   インスリンの、 もう一つの働き❗  、だ。

      運動をすると、  脂肪の分解を助ける❗ 、
   『  ホルモン  』 、 が、 分泌されるのだが、
   『  インスリン  』 、 が、  沢山が分泌された状態にあると、   
   このホルモンの働きを阻害してしまう❗ 。

     つまり、  『  インスリン  』 、 は、
   脂肪を蓄えつつ、  しかも、 
   使われるのを防いでいる❗
    、 ということだ。

    そうした状態にならないようにするには、
   血糖値の急な上昇を抑える❗
   、  ことが、 最も重要。

    糖質への摂取の量を減らすことで、
   血糖値の急上昇を防ぐのが、
   糖質制限ダイエットの仕組み。

   そして、  今回に紹介するのは、
   糖質の量を制限することなく、
    血糖値の上昇を防ぐ❗  、 方法だ。

    1.    油とタンパク質が、 血糖値上昇を抑える❗   ;

    ご飯だけ、パンだけ、などと、
   糖質を、単体で、 食べるよりも、
   脂肪や、タンパク質 、と一緒に食べるほうが、
   血糖値の上昇を抑えられる❗
   、 ことが、  海外の研究により、 分かっている。

     どちらも、 血糖値を下げる❗ 、
   インスリンの分泌を促す、 ホルモンが働き、
    血糖値の上昇を抑えるのだ。

     ◇     サラダ油 、 等ではなく、なるべく、
    質の良い脂肪を摂る❗
   、 ことも、 重要なポイント。

      注意点としては、    脂肪の量が多すぎると、
    カロリー・オーバーになり、 太る原因となってしまうので、
   あくまでも、 積極的な摂取ではなく、
  「  ちょい足し  」、  程度に考えよう。

     ≒
  【     これも、 より、 間違いで、あり得る     ;

      ◇◆     『   高度な脂肪食❗  』  ;
   『   脂員   ヤニン   』   ;
     【     飲み食いする宛ての、
    コレステロール 、などな、
   脂員    ヤニン   、らが、   
  そのまま、 その主の血潮の、
   脂員ら、になる、訳では、なく、
   その、 8割ほどは、
  その主の体で、   炭水化物、な、
   糖質から、作り出される❗ 、
   物である、 
   と、 専門家らは、
   最近の研究らや実験らにも基づけて、
    判断して観せ得ており、
 
     人々が、 飲み食いする宛て、から、
   脂肪だの、 脂質だの、といった、
   脂員らを、 
  通例な遺伝性らへの主である人々で、
   より、 その、通例な、代謝系らに、
  問題性なり、 障害性なり、の、
  無い、 人々は、
   はずすべきでは、なく、

        むしろ、 
      『  タンパク質  』、 たち、 と、
  タンパク質に包まれて、成る、
   貯蔵鉄、 な、 フェリチン 、らに成る、
   より、   危険な、 電子強盗、 である、
   『  鉄   イオン  』   、な、 状態ではない、
   『  鉄分  』 、 とを、 十分に、
  補給し得てある、 人々で、
  より、 通例な、 遺伝性らへの主である、
   人々は、 
   食事で、 摂取し得る、 宛ての、
   脂肪分、 が、  5割 、を超える❗ 、
     割合での、
    高度な、脂肪への摂取らを成し付ける、
   事で、
    より、 ブドウ糖、らではなく、
    脂肪酸、らへの、代謝らから、
   作り出される、
     『  ケトン体  』、 らによって、
        赤血球たちを除いた、
     脳の細胞ら、などの、
    大抵の細胞ら、への、 栄養分らを、
    まかない付け得る、 体質を、    
    自らに、成し、
    ガン細胞ら、や、 赤血球ら、などの、 
   ブドウ糖ら、を、自らへの、
    唯一に、 主な、
  栄養分として必要としてある、
   細胞ら、へは、
    タンパク質への構成材、な、
   『  アミノ酸  』  、などから、
   ブドウ糖を、 その肝臓などが、
   作り出す、
    『   糖  新生  』 、 らにより、
    自前で、 ブドウ糖らではない、
  物ら、から、
  ブドウ糖 、らを与え付け得る、
    状況のもとでも、
    その心身の、 健康性なり、
   その機能らの健全性なり、を、
   能く、 成し付け得る❗ 、 
      という。

       まずは、  タンパク質たち、と、
   タンパク鉄たち、 とへの、補給や、 
   備蓄を、 自らの体で、 十分に、
   成し付ける事が、
   それへの前提として、 必要であり、
    これら、 を、 十分には、
  自らに成し得ていない、 人々は、 より、
   まず、 それらを、 自らへ、 十分に、 よく、
   補給し付けるべき、 必要性がある❗     】  ;
          。

      ・お米     ;

    糖質と、タンパク質 、とを、 同時に摂取できる❗
  、  卵かけご飯、 や、 納豆ご飯、 とか、 卵や油を使う、
   チャーハンのほうが、
    血糖値の急上昇を抑えられる❗  。

     ・パン    ;

    バターや、オリーブ・オイル、とか、 ココナッツ・オイル
  、 などを塗って食べるほうが、
    血糖値が上がりにくい❗ 。

      バターは、  「   バター・コーヒー・ダイエット  」
  、 で、 一躍して、 名が知れ渡った、
    が、 
   放牧され、草を食べて育った、 牛の乳から作られる、
  「  グラスフェッド・バター  」、 が、 おすすめ❗。

    一般的な、 バターよりも、 
   グラスフェッド・バターのほうが、 脂肪の質が良いため。

   ・パスタ    ;

    油分の少ない、和風パスタよりも、
   オリーブ油が主体となる、  ペペロンチーノのほうが、
    血糖値は、上がりにくい。

      加熱時は、 普通のオリーブ・オイル、  
   調理後にかける場合や、 非加熱で、 使用するなら、
  エクストラ・バージン・オリーブ・オイルが良いだろう。

・そば、うどん、ラーメン    ;

   そば、うどんなら、 具なしでは、なく、
   天ぷら    ;   (  脂肪  ) 、    きつね    ;    (  タンパク質  )
   、  を選ぼう。

    ラーメンなら、 チャーシューや、 
   卵 、を付けると、いいだろう。

     2.     GI値の低い、 主食を食べる❗   ;

   穀類は、 高糖質だが、その中でも、
   太りやすいものと、そうでないものとがある。

   その指標となるのが、 「  GI値  」、 だ。

      GI値とは、  食べ物が、体内に入り、
   血糖値を上昇させる、スピードを数値化したもの。

     同じ量の糖質が含まれていた、 としても、
   食べ物の種類により、 血糖値が上がるスピードは、異なり、
   GI値が高いほどに、 血糖値の上昇スピードが早い   =
    太りやすい❗ 、
   低いほどに、    血糖値の上昇が穏やか  =
    太りにくい❗  、 のだ。

      例えば、    白米よりも、 玄米や、雑穀米、でのほうが、
    GI値が、 低い❗
   、 ので、   同じ量のご飯を食べるのであれば、
   後者を選ぶことで、 血糖値の上昇が抑えられる❗ 。

     以下の、 主な主食を参考に、なるべく、
   GI値の低い、主食を選ぼう。

     カッコ内は、  GI値。

      白米  (  88  )  /   餅  (   85  )  、
   赤飯  (  77  )  /   玄米  (  55  )
    /   雑穀米  (  55  )  。

    食パン  (  95  )  /   フランス・パン  (  93  )
   /  全粒粉パン  (  50  )  /  ライ麦パン  (  55  ) 。

   うどん  (  85  ) /   そうめん  (  80  )  
  /   パスタ  (  65  )   /   ラーメン  (  61  )   
   /   そば  (  54  )  。

     3.   主食は、最後に食べ、 1日1食より、 3食     ;

     食べる順番や、回数を、変える❗  、
  ことで、 血糖値の上昇を制御し得る。

   まず、 消化と吸収、が、 されにくい、
   食物繊維が、 豊富な、 野菜、     続いて、
   消化に時間のかかる、 肉や魚 、などの、
   タンパク質❗ 、    最後に、 お米、 などな、
   糖質を多く含む、 食品を食べると、
   血糖値の上昇を緩やかにし得る❗  。

      野菜といっても、 注意したいのが、
  糖質の量の多い、 根菜、芋類、とうもろこし❗
、 などは、  食べる量を、 調整すること。

   その他の野菜の糖質は、気にしなくて、 OK  。

    また、1日のトータルが、同じ分量であれば、
   食べる回数を増やすほうが、  血糖値の上下動を抑え、
   インスリンの分泌量が抑えられ、太りにくい❗ 。

    油やタンパク質を、一緒に摂取したり、
  GI値の低い、主食にしたりしても、
  糖質をなかった事にしてくれるわけでは、ない❗ 。

    あくまでも、 糖質の量が、
  「  適正  」、 の範囲内であることが、
   ダイエットな効果をもたらしてくれるのだ❗ 。


      ◇◆     『  糖化の害  』   ;
 【     ブドウ糖、 などの、 炭水化物、な、
  糖質が、
   血潮を往き来もする、 タンパク質、
  ら、や、 脂員ら、へ、結び付いて、
   その体の、あちこちの、 構造の丈夫性を、
  そこなったり、
   あり得る、 機能らの健全性などを、
  そこなったりする、
    現象な事ら❗     ;
     
      日本人たちにおいては、
    60人に、 何人かの割合でいる、
     脂員への代謝ら、や、
    アミノ酸などから、 ブドウ糖を成す、
   『  糖新生  』、 な、 代謝ら、に、
   障害性のある、 人々は、
   その体の外側から、 
  ブドウ糖などな、 糖質を摂取し付けるべき、
  必要性を帯びてある、
   が、
   それでも、 糖化の害らは、あり、
  その個別な、必要分ら、を、超える、
  度合いら以上で、
   炭水化物らを摂取すべきでは、ない❗ 。

    ただし、  水へ溶ける、  水溶性な、
  食物繊維、としてある、 糖質は、
   その人々の血糖値を、 より、 上げずに、
   その体の健康性への足しになる、
   その、 腸内細菌たちへの、
   栄養分となる、ので、
   水溶性の、 食物繊維、な、
  糖質らに限っては、 より、
   腸内細菌たちへ向けて、  
   腸内細菌たちへの主である誰もが、
    摂取し付けるべくある❗     】   ;
         。


         ◇◆     『  筋肉ら❗  』   ;
  【     その運動性らで、  より、
  インスリン 、 の分泌を呼ばずに、
   血潮の、 ブドウ糖 、らを消費❗    】   ;

      【     筋肉な、 細胞たちが、
    インスリン 、な、 分子たちの、
   働きようらを得ずとも、
   ブドウ糖、 たちを、 自らへの、
   エネルギーら、への、 もとにする、
   上では、
   単に、 その筋肉らを動かしめ得る主が、
   その運動性らを成すだけで、 善い、
   との事であり、
     運動性らを成す場合の、
   筋肉らは、  より、
   インスリン 、 を、 分泌させる、
  度合いら、を、 成さずに、
   その血潮の中の、 ブドウ糖、 らを、
  より、 消費する、
   引き受け手になる、 という     】  ;
   
     湧けば、 湧くほどに、
   炭水化物な、 ブドウ糖ら、などの、
  糖質、 を、
   脂肪にして、 蓄えさせてしまう、
 『  インスリン  』、 の分泌を呼ばずに、
    ブドウ糖ら、を、自らの所で、
  消費する、 向きで、
   運動し得る、 筋肉らも、 主に、
  色々な、 アミノ酸から構成される、
  タンパク質から成る、 物らであり、

    その、 アミノ酸たち、への、
  摂取らを、 よく、 成し付けつつ、
   ブドウ糖らを、 自らの体の外側から、
  摂取する必要性の、 無い、
  一般的な、遺伝性らへの主である、
   人々は、  より、
  炭水化物、な、糖質 、 への、
   摂取をひかえ付け、
   一定の運動性らを成し付ける、
    事で、
     より、 『  糖化の害  』、 らや、
    血潮に、 脂員らが、 余計に、
    混ぜ入れられる事による、
    害ら、 などを、未然に、
    差し止め付け得る事になる     】   ;
       。


     ☆      血糖値を上げない糖質ら❗   ;
       19/   3/31   10:59     ;


        ◇◆      『  糖新生  』    ;
  【    ブドウ糖、ではない、物らから、
  ブドウ糖、を作り出す 、 代謝     】   ;
     、 
     糖 新生     ;     
(   gluco  neo  genesis   )  、とは、

   主に、  肝臓
 (   その他に、 腎皮質や、小腸の上皮  )、
   で、  行われ、
   糖質   、  以外の、    グリセリン    ;
  (    グリセロール    ) 、 や、
  アミノ酸  、とか、    乳酸   、などから、
   グルコース     ;
 (    ブドウ糖    ) 、  を合成する、
   ことを言い、

        ブドウ糖ら、 を、
   タンパク質らの各々を構成する、
  『  アミノ酸  』 、 たち、 などの、
   ブドウ糖では、ない、 物らから、
   自前で、 作り出せる、
   より、 通例な、  体質の人々は、
    タンパク質ら、 と、鉄分ら、とを、
  十分に、 その体に、備え得てある、
   場合には、
     脂質の割合が、 5割を超える、
    高脂質で、  高タンパク、 な、
   食事らを成し付ける事で、
    ブドウ糖ら、の、代わりに、
  脂肪酸、らへの代謝らから、
   作り出され得る、
    『  ケトン体  』 、たちを、 
   細胞らへの、栄養分として、
   働かしめ得る、だけでなく、

     『  赤血球  』 、 などの、
    ブドウ糖、 だけを、 
    自らへの栄養分としてある、
      ミトコンドリアら、 を、
   より、 欠いてあったり、
   それ自らの内の、 ミトコンドリア、
  らが、 より、 機能し得ない、 
   機能不全を成してあったりする、
    細胞らへは、
    自前で、 ブドウ糖、らを、
   与え付け得る、
    ので、
     
     そうした、 より、 一般的な、
   遺伝性らへの主である人々には、
   ブドウ糖ら、などの、 
   炭水化物らへの摂取らは、 より、 全く、
     必須では、ない❗     】     ;
          。

    ◇       タンパク質、 らが、 分解される、
   などする事からも、 糖質、は、
体内で、 作り出される❗
    、が、
 飲み食いされた物らが、 消化され、
吸収されて、 直ちに、 直に、
『   血潮での糖   』 、へ、 成るのは、
  『   糖質   』 、だけ❗ 。

     ◇     色々な、アミノ酸たちから成る、
    タンパク質からも、  脂肪酸からも、
   間接的に、 糖質 、は、作られる❗
    、ので、
   糖質を、体内で、成す為に、
  糖質 、を、 飲み食いするべき、 必要性は、
   それだけ、 無い❗ 。

   ☆    ドクター江部❗  :

     糖質・脂質・タンパク質、 のなかで、
  消化・吸収されて、 直に、血糖に変わるのは、
   『   糖質   』 、 だけです。

   脂質・タンパク質は、消化・吸収されて、直に、
   血糖に変わることは、 ありません❗ 。

    ≒
 【     脂員ら、や、タンパク質ら、からは、
  より、  その体の必要とする分だけ、な、
   糖質、 が、 作り出され、
    その過剰性による、 害ら、を、 より、
   成さない、 と、 考えられる     】
         。

     このように、 血糖値を直に上昇させる❗   ;
≒ 
   【     わけば、湧くほどに、 その主を太らす     】、
  『  インスリン  』  、を、 直ちに、 湧かしめる 、
  のは、 糖質 、 だけ❗
   、 なのですが、
  血糖値を上げない❗
   、 糖質もあるのです。

すなわち、 糖質らの中で、 エリスリトール、と、 
  合成甘味料は、 血糖値を上げません❗ 。 

   『  エリスリトール  』 、以外の、 『  糖  アルコール  』、 は、
  砂糖の半分くらいは、 血糖値を上げます❗ 。 

   上記以外の、残りの、 ほとんどの糖質は、
どの様な食材でも、同じように、血糖を上げます❗ 。 

     糖アルコールは、 糖質ですが、その中で、
  エリスリトールだけは、 ゼロ・カロリーで、
    血糖値も、上昇させません。

    キシリトール、や、 マルチトール、に、
  ソルビトール、 などの、 糖アルコールは、
  砂糖の半分くらいは、 血糖値を上昇させます。

      ◇     『  エリスリトール  』  、 は、
     ラカントS     ;    (   サラヤ   ) 、
   パルスイート・カロリー・ゼロ     ;    (   味の素KK   ) 、
   シュガーカットゼロ      ;    (   浅田飴   ) 
   、 の、 主な成分です。

     すなわち、  ラカントS、や、 
   パルスイート・カロリー・ゼロ、に、
   シュガー・カット・ゼロは、  糖質制限 OK 食材です。

      エリスリトールの安全性は、
     EU    ≒    ヨーロッパ連合      、 でも、
   FDA 、でも、 認められていて、
   総量への規制も、特に、ありません❗ 。

   大量に摂取すれば、 まれに、
   下痢をする事は、ありえる❗ 。

    合成甘味料も、栄養表示基準では、
  『  糖質  』  、 に分類されます❗
    、 が、
   FDA     ;   (    米国 食料 医薬品庁    ) 、 と、
   厚生労働省の認めている、
   アスパルテーム、   アセスルファム・カリウム、
  スクラロース、  サッカリン、  ネオテーム、
   アドバンテーム
   、 の、 6種類は、  ゼロ・カロリーで、
    血糖値も、上昇させません❗ 。

     人工の甘味料のほうも、   FDA 、において、
   安全性は、 認められていますが、
   総量への規制があります❗ 。

       日本の、カロリー・ゼロの、
  ダイエット・コーラ    ;     350 ml   、を、 
   1日に、 1 ~ 2本位までは、 
   許容の範囲❗  、 と思います。

      結論です。
  糖質のほとんどが、 血糖値を上昇させます❗ 。

    しかし、 糖質の中で、 エリスリトール、と、
   合成甘味料は、血糖値を上昇させません❗ 。

      羅漢果    ラカンカ    ;
(    シナ、の、 広西チワン族自治区を原産地とする、
ウリ科ラカンカ属の、 多年生の、 つる植物    )
   、の、 果実の甘味な成分は、

『     小腸で、 吸収されることなく、
大腸まで達するため❗     』 、
 食物繊維の一つ ❗
   、 に分類されます。

    ステビア、 の、 甘味な成分も、 同様で、
   人体に吸収されない❗
   、 ので、
  食物繊維 、 に分類されるのかな、 と思います。

   糖質    ➕     食物繊維   =   炭水化物    、 です。

     ◇      ビタミンらを作ってくれる、
   腸内細菌たちのへの栄養分に成ってくれる     】 、
   『    食物繊維な、 糖質    』 
     、は、
   人体に、 消化と吸収をされない❗
   、 ので、
  血糖値は、上昇させない❗
   、 と、 されています。

   健康増進法における、栄養表示基準では、
   栄養成分表示を行う場合、  基本表示は、

   <    エネルギー、 たんぱく質、 脂質、
炭水化物、 ナトリウム    >
  、 の、 5成分表示 、 とされています。

「    炭水化物、糖質、糖類    」
    、 を整理すると、
  下記の如くに、まとめることができます。

     栄養表示基準上は、   タンパク質、や、 脂質、と、
   灰分    ;  (   ミネラル分   ) 、 の、 いずれにも、
   分類されないものは、 
   『  炭水化物  』  、 に計算。

   ①    炭水化物    =      糖質    ➕    食物繊維 。

   ②     糖質    =     糖類    ➕     糖アルコール
        ➕    三糖類以上     ➕     合成甘味料  。

   ③    糖類   =     単糖類    ➕     二糖類   。

    * 三糖類以上    =     オリゴ糖、  多糖類    ;
   (    でんぷん、 デキストリン、 など    )  。

  * 二糖類   =     ショ糖、 麦芽糖、 乳糖
   、 など 。

*   単糖類   =   ブドウ糖、果糖、ガラクトース
   、など。

 * 糖アルコール   =      エリスリトール、
  キシリトール、 マルチトール、 ソルビトール
   、など。

   *  合成甘味料   =    アスパルテーム、
   アセスルファムカリウム、 スクラロース、
  サッカリン、 ネオテーム、 アドバンテーム  。


   ◆代謝率を下げる要因❗     ;

  ・減量❗    ;

    ダイエットをして、やせたい、
  と、 考えている人にとっては、
   残酷な事実だが、
   体が、 小さくなれば、なる程に、
  体を維持するのに必要な、
   カロリーは、 減少する❗ 。

    ≒     
  【     筋肉らは、  他の臓器らに比べて、
   1・7 倍 ❗ 、も、
   脂員   ヤニン  、らを燃やす、
   効率が、 良い❗ 、  
   との事であり、
    タンパク質らの各々を構成する、
  アミノ酸 、たち、 などを、 よく、
  飲み食いなどして、 摂取し付けて、
   筋肉ら、を、 よく、 拡充し得た方が、
  より、 熱量性ら、を、消費する、
  あり得る、 度合いらは、
  余計に、 成し増され得る事になる     】   ;
       。

    ◇◆    『  血糖値の急な上下❗  』    ;

     【      食事をすると、
   血糖値が、 一時的に、 上がるが、
   健康な人の場合は、
   百40    (    mg  /  dI    )      、
   を超えることは、ない。

     しかし、
   『  血糖値  スパイク  』     ;
  (  食後  高血糖  )     、  を成す、 
  人の血糖値は、  食後に、
  急激に上昇して、
   百40   (   mg  /  dI  )    、   を上回り、
   すぐに、 正常値に戻る、   などし、
  大きな変化を示す。

    ≒      
     【    血糖値、の、 急な、
   上がり下がりは、
   相応に、  強烈な、眠気を呼び起こす、
   との事なので、
    食後に、 眠くなる人々の、
  一定数は、  
    血糖値スパイク、 な、 状態を、   
  自らに成して、 あり得る。
   また、
    時間が飛ぶような、感じで、
   意識を失う形で、
   眠気に襲われる人々は、
   首の辺りの動脈が、
    硬化している、 事に、
   それへの要因性が、あり得、
   実際に、 それが原因である場合には、
  全身での、 動脈硬化、 なども、
   あり得、  極めて、 危険な状態で、
   あり得る、 という    】  。

      血糖値の急上昇が、 繰り返されると、
  細胞から、 大量の、
   電子強盗 、 である、
   『  活性  酸素  』    ;
   ≒      
    【   必ずしも、   酸素    サンソ   O  、
   ばかり、では、ない❗   】        、
   が発生して、
  細胞を傷つけることが、
  イタリアの研究で、 判明❗  。

   一旦は、  血管の壁が傷つくと、
  修復しようと集まった、  
  『  免疫  細胞  』、 たちによって、
   血管の壁が、 厚くなり、
  血管の幅を狭めて、
  動脈硬化を起こす、
  要因ら、の、一つ、 となる、 という。

    さらに、血管の様々な所らで、
  動脈硬化が進行すると、やがて、
  心筋梗塞、や、 脳梗塞、への、
  リスク 、 を招きかねない。

   そこで、 血糖値スパイクを防ぐには、
   食べる順番を、
  「   野菜→   肉・魚・おかず→ 
  ご飯・パン・麺    」 、  とすること。

   朝食を抜くと、  昼食で、
  血糖値が急上昇するため、
  朝食をしっかりと摂ること。
 
    さらに、食後の、 
  軽い運動が効果的 、
  と、 言われている     】    ;
     。

     ◇◆     一日に、 15分程でも、善い❗ 、
   ので、 
  足首を、 上げ下げする動きを含め、 

     下半身の屈伸をし、 
  足の裏側の筋肉らが、
  ちょっと、痛いかな、 
 という位の度合いで、 

  足の筋肉らを曲げ伸ばしすると、 

    血管らを構成する、  コラーゲン、   
  という、  
  『  繊維状な、 タンパク質  』、  らが、
   より、  壊れて、
  新しい、コラーゲン、 な、
  タンパク質の繊維らが、 形作られ、 
  血管らの若返りを成す事が、 出来て、 
   動脈らの硬化を防ぐ❗ 、
     という     】     ;
      。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント