日本医学; 和方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; 爪 ➕ 肌❗ ➕ アトピー性皮膚炎❗ 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

       ☆      爪  、と、 肌❗   ➕    アトピー性皮膚炎❗  ;

      ▽▲      日本医学 ;   和方 ❗  ;
 三石分子栄養学➕藤川院長系;   代謝医学❗  ;

    ☆    代謝員らの合体性の度合い、
  による、 代謝ら、の、あり得る度合い❗  ;

   タンパク質な、  酵素    コウソ  、
  と、   
  補酵素    ホコウソ   、 な、  
   ビタミン 、か、
   補因子 、な、  ミネラル 、
   とは、
   文字通りに、  『   合体   』、をする、
  事により、  
   『  代謝  』、 な、 働きを成し合う、
   代謝員ら、 であり、
    
      この代謝員らの合体性の度合い、
  が、 一定以下である場合らにおいては、
   どの、代謝、も、成されない❗ 。

     人により、 
  代謝員らごとの、合体性の度合い、
  が、 異なる、 だけでなく、
  同じ一人のヒトにおいても、
  その、 代謝員らごとに、
  合体性の、 能く、成され得る、
  あり得る、度合いは、
  異なり得る❗  。

    この、 三石分子栄養学➕藤川院長系 、
   で、 言う所の、

     代謝員ら、ごとの、
  代謝を成す上で、 必要な、
  合体性 、での、 あり得る、 度合い、
  らの系でもある、
    『   確率的  親和力   』、 
  らにおける、 不足性、らを、
  より、 埋め余し得るような、
  度合い、ら以上の、  度合い、らで、 
  
   必ず、 その一方に、
  タンパク質、らを、 含む、
  
   あるべき、 代謝員ら、 への、
  飲み食いなどによる摂取ら、
  を、 成し付ける、
   事が、
   人々が、 その命と健康性とを、
  より、 確かに、 より、 能く、
   成し得てゆく上で、
  他の何よりも、
  圧倒的に、 重要な事であり、
    
    これの度合いを、 欠けば、欠く程に、
      人々に、 あるべき、 代謝ら、 の、
  全体へ対する、  数   %   、 以内の、
   代謝ら、を、 成さしめたり、
   代謝ら、の、 連携性、 を、 より、
  断たしめないようにしたり、 する、
   事で、
    人々の命や健康性を、
  より、よく、成すべき、
  運動ら、や、 薬らに、
   手術ら、などの、
   あり得る、 効果らの度合いらは、
  より、 小さくなり、
 
    それが、 一定の度合い以上に、
  欠けてしまうと、
  何をしても、 助からない、
  状態に、 誰もが、成る❗  。

    その、 持ち前の遺伝子らが、
  ウィルス 、などによって、
   改変されて居らずに、
   その、持ち前の、 特定の、
   タンパク質らを、
  細胞ごとに、 作らしめる、
  能力性ら、を、 改変されていない、
  のであれば、
   その、細胞ごとに、 含まれてある、
  遺伝子ら、へも、向けて、
  必ず、 その一方に、
  タンパク質らを含む、
  あるべき、 代謝員らを、
  あるべき、度合いら以上の、
  度合いら、で、 投与し続ける、
  事が、
  ハゲてある人々へ、
  自然に生える、 髪の毛らを、
  取り戻してやり、  
    植物状態な、人々へ、
  その動作性の意識性らを取り戻してやる、
   上で、 必要な事であり、

   この度合いらを欠けば、欠く程に、
  それらは、
  より、 得られ得ないものにされる❗ 。

    現実に、 植物人間状態から、
   意識性らを取り戻し得た、
   人々は、 存在している、
  が、
    その事の裏には、
  あるべき、あり得る、代謝ら、が、
 その人々においては、
 復活させしめられ得た、
 という事が、
 欠かし得ない、 要因性を帯びて、
  あり得ている❗ 。

      健全な、 構造らや、 機能ら、 を、
  その体が、 成し得ていた時期のある、
   事は、
   そこに、 健全な、遺伝子ら、の、
  日頃の仕事らを成す事における、
  健全性が、 一定の度合い以上に、あり、
    それらによる、 あるべき、
   代謝ら、を、 より、 未然にも、
   そこなってしまわないように、
  より、 あるべき、代謝員ら、への、
  あるべき、度合いら、での、
    摂取らにおいて、 より、
  漏れら、を、成し付けないようにする、
   事で、
  その、 あり得る、 健全性ら、などを、
  より、 損ない得ないようにする事が、
   より、 全く、 欠かし得ない、
   必要な条件である、 事として、
   その事を成し得る、  前提に、 
    ある、 事を意味し得ている。


       ☆     皮膚や爪に、 褐色の色素沈着―
   アジソン病❗   ;

    ◇     慢性的な、 副腎皮質ホルモン、 の、
   分泌の低下    ;

  【     色々な、 『  アミノ酸たち  』、は、
   組み合わされて、 色々な、 タンパク質、
  や、 ホルモン、 などを成す、が     】 、

    体内で作られる、  ホルモンは、
  百種類以上、が、 あり、
  毎日に、 必要な量が、
   過不足なく、作られている。

    『  アジソン病  』、 は、
   2つ、で、ある、 腎臓たちの、
  各々に沿ってある、 副腎、の、 
  皮質で作られる、 ホルモンが、
   何らかの原因で、
   作れなくなってしまう病だ。

 「  副腎皮質  機能  低下症  」
  、 と呼ばれるもののうちで、
   後天性のものを、 アジソン病 、という。

   国立国際医療研究センター病院    ;
 (   東京都  新宿区   )   ;
   糖尿病内分泌代謝科の田辺晶代医長は、
  「   アジソン病は、  症状が、
  慢性的に進行するため、 とても、
  気付きにくい病気です   」
   、と、 注意を促す。
 
   ◇    多岐にわたるアジソン病の症状    ;

 ▽副腎の破壊が進行❗  ;

 副腎は、 左右の腎臓の上に位置し、
   外側の皮質と、 内側の、
  髄質、との、 二層から成る。

    血圧や血糖への調節、とか、 
  新陳代謝、 など、な、
  生命維持に欠かせない、
  ホルモン 、 を産生している、
   が、
   皮質で作られるはずの、
  コルチゾール、や、 アルドステロン、
  アンドロゲン 、といった、
   ステロイド・ホルモンを作れなくなる❗
    、のが、 アジソン病だ。
   
   ≒
  【     それらを成す為の、 材料ら、と、
  代謝ら、とが、 欠けてしまう、向きな、
   飲み食いを成し付ける事が、
   その、最も、 大本な、
    原因として、当然に、ある❗     】 。

 原因は、 幾つか、が、 挙げられる。
    代表的なのが、
    副腎への結核菌の感染で、他にも、
   がんの転移や、 エイズ、 とか、
   悪性リンパ腫、 などで、
   副腎皮質が破壊される❗
  、 と、 発症する。

   原因が特定できない、 特発性もある。

    田辺医長は、  「    特発性のアジソン病は、
  自己免疫性の病気と言われ、 体内に、
   副腎を攻撃する、 自己抗体ができ、
   副腎が破壊される❗
   、と、 考えられています   」
  、 と、説明する。

 アジソン病の症状は、 多岐にわたる。

     疲れやすさ、 脱力、 食欲の不振、
   吐き気や、  嘔吐 (  おうと  )、下痢、
  体重の減少、 などに加え、
   無気力や不安、 などの、 精神症状、
   月経の異常や、 脇毛、恥毛の脱落❗
   、 などだ。

     特徴的な症状もある。

  「     脳下垂体から、大量に分泌される、
   副腎皮質刺激ホルモン     ;
  (   ACTH   )    ;       、 は、
  日焼けで、 肌を黒くする、
  『  メラニン  』、 と、 同じ仲間なので、
   皮膚、  爪や、 その周囲、 唇や口腔
  (  こうくう  ) 、 内 、 などに、
   褐色の色素沈着が表れます    」 。

    血液の中の、 ナトリウム、 への、
  保持の能力も、弱まる❗
   、ために、
   低ナトリウム血症が見られる事もある。

 ▽薬で、ホルモンらを補充❗   ;

 治療では、 三つのホルモンのうちで、
   特に重要な、 コルチゾール 、と、
  アルドステロン、の、 補充、による、
   療法を行う。
    
    通常では、  飲み薬だが、
   具合が悪いときは、 点滴を行う。

     田辺医長は、 「     薬は、 一生を、
  服用し続けなければ、なりませんが、
  普段通りの生活が送れるようになり、
   出産も、可能です     」、  と話す。

    ケガや感染症などが起こったときは、
   薬を増量する必要があるが、
   慣れれば、 自分で調節も可能だ、
   という。

     ただし、  薬を中断すると、
  体内の、 ホルモンが、消失し、
  急性副腎不全を起こす事があるので、
  中断しては、いけない。

 アジソン病は、  左右の副腎らが、
  90  %  、 以上を破壊されないと、
   症状が出ない❗ 。

    田辺医長は、  「     ひどい、疲れやすさや、
 脱力、 などが、 長引くときは、
   内分泌科の専門医を受診し、
  検査を受けてください     」
   、と、 呼び掛けている。

  (    メディカル・トリビューン=時事    )  ;
 (     記事の内容、医師の所属、肩書などは、
  取材の当時のものです     ) 。


      ☆     肌も若々しく保つ❗   ;
         19/   6/19   19:35    ;

     ◇      知的創造性なり、
    知的共感性なり、の、より、
    ある精神性の主である人々が、
  創り出して来てある、 物事らを、
より、 単に、 準  ナゾラ  えて、
     覚え、
    そうして、 覚え置いた、ものらを、
   原型な、 ものらとする、
  それらからの、 変化型の、ものらや、
      それら、を、
条件反射式の記憶性の働きにより、
   あらためて、 現す、
  事において、
  勉強や、 知能検査なるもので、
  どんなに、 高い得点を稼ぎ得ようとも、

    それは、 準知性の働きによる、
   だけで、 十分なものであって、

   自らの、 観念な、 規定性ら、なり、
  観念な、物や事、 などである、
  観念性ら、なり、 をも、相手として、
  分析し、 遣り繰りする、
   度合いらを成す、事にも、 重なる、

      知的創造性の働き得ようら、
    の、そのもの、には、
  より、  与  アズカ  らない、
     ものだが、

     より、  知的な共感性を欠いてあり、
   人々の一般への愛しみの情念性をも、
   相応に、欠いてある、
    準知性員らが、
   準知性による、得点性によって、
   誰彼を監督し、指揮する、役職を得  エ  、
   医者になり、 教師になり、
   将校になる、 といった事が、
    階級社会な、 欧米のみならず、
     世界で、
  最も、 部族社会性を脱却し得てある、
   日本の社会においてさえ、
     あり得て来てある。

       より、 準知性員に過ぎない主らを、
   参加させる社会らにおいては、
   一定な度合い以上に、 
   知的な共感性のある主らにとって、
     その社会の一般の主ら、の、
   より、 足しに成り得る、
    その度合いの大きさに応じて、
   自らにおいても、 成すべき、
   価値性の度合いらを宛て得る、
    物事ら、の、 成り立ちや、
   それらの、あり得る事を知る、
     主らを成す事、 などが、
    より、 準知性員な、主らの、
    不作為性らによって、
   相応に、 差し止め続けられ、
    何十年も、 その社会の一般の主らを、
     益し得る、 物事ら、が、
   より、 限られた人々にしか、
   知られないままにされる、
    といった事が、 相応に、
   あるべくして、ある事にも成る。

       準知性員らは、
    世界中の、 耳のある主らに響き渡るべき、
   価値のある、音楽らを、
   より、 聴こえ得なくする、 
雑音を放つ、 壁であり、

     火事を消し去るべく、
   成される、   場掛  バケ    ;      バケツ    ;
  、 での、  履列    リレ    ;      リレー      ;
  、   を、  より、
  自分の所では、 取り合わずに、
    他の人々へも、つなげない、
   邪魔な、 野次馬であり、

     どの一般の社会らにおいても、  より、
       隔離して、 その不作為型の、
      犯罪な加害性らを、 より、
      その社会の一般の主らへ、
   宛て付け続け得ないようにすべき、
    宛ての者らでしかない。

     ☆     三石分子栄養学➕藤川院長系ら、
    の、 実例らに基づく、 体系知ら、が、
   それへ宛てて、 日本の内外の社会らの、
   一般の主権者たちの知り得る、
   度合いらを成し増しつつ、
     万病から、 人々を解放する、
  度合いらを成し増してゆく場合にも、

    そうした事らを、より、 差し止め続ける、のは、
     より、 短期間に、 自らや、
  自らの身内社会員ら、だけの、
   利益性を、 最大限に、 収奪する、
    事に、 特化すべくある、
   精神性への主である、 
    準知性員ら、 であり、

     その影響性を、自らへ、宛て付けさせる、
  それらに保護されてある立場の者らや、
  それらへの部下としてある者ら、
   などの、
   より、 他律性の奴僕としての度合いを、
   自らの精神系に成してある者ら、だ。

    日本人たちの一般の側に立って、
  反社会員らなり、 反日員らなり、を、
  一般の社会らから、去らしめる、
   事業らを成す主らは、
    世界中の人々へ、 
  それな自らが、 栄養分である、 だけ、でなく、
  可能的な、 栄養分ら、を、
   現実態、の、 栄養分ら、にもする、
 より、あるべき、 代謝らの各々を成し合う、
   代謝員、 としても、ある、
   タンパク質、らに、
  ビタミン、ら、や、 ミネラル、ら、 
    への、 摂取を、
  より、 漏れの無いように、
日頃から、 成し続けるべき、
   必要性を知らしめ、

      それを、より、能く、 実行せしめる、
  事へ向けても、
   多大な貢献性を成す事にもなる。


     ☆    『   いつまでも、 若々しく、
   綺麗な肌を帯びたい   』、 という、
   気持ちは、 多くの女性が持っている、
   ものだ、 と、 思うが、
  綺麗な肌を保つのに、 効果を発揮する、
   食べ物、 という物があるそうだ。

     ≒     
    【     繊維状の、 タンパク質であり、
血管、などの組織らを構成する、
『 コラーゲン 』、 が、 
より、 丈夫に、 3重の螺旋   ラセン  、
な、 構造を成す、のに必要な、
『   ビタミン  C❗  』  、 と、
   ビタミン   C    、 の、 電子強盗化による、
加害性ら、を、 能く、 防ぐ、
『   子宝 ビタミン   E1❗   』  、 とを、
    あわせて、 大量に、 摂取し続けよ❗      】  。

    食べ物によって、 効果は、 様々だが、
   現在にて、 自分が悩んでいる、
  肌の悩みに合わせて、 摂取すると、
   いいのかもしれない。

8 Foods for Beautiful Skin | Skincare Nutrition Tips | Skin Care | Reader's Digest

■ アボカド ❗ ;

   『   アボカド   』 、 は、 
『   ビタミン   B群   』 、 に含まれる、
『   ビオチン   』、 や、
『    子宝   ビタミン   E❗   』 、 が、
   豊富に含まれているために、
   乾燥肌を防ぐ、 効果があり、

   また、 皮膚を柔らかくする、
   効果があるそうだ。

     ただ、単に、 食べるだけでなく、
   裏ごしした、 アボカド 、を、肌に塗ったり、

     須擂   スライ    ;
≒      スライス     ;       、 した物を、
   肌の上に乗せても、 効果を得られる、
  とのこと。

   また、 髪の毛や、 ツメの傷みを防ぐ、
   効果もあるそうだ。

      ◇    『   ビオチン   』 、 は、 
   ビタミン   B群    、 に属する、 
   水溶性の、 ビタミン    、 で、

    オランダの研究者の、 ケーグル氏が、
   酵母の増殖に必要な因子として発見し、
   『  ビオチン  』  、 と、 名づけた。

     その後に、 ネズミらによる研究により、
   皮膚の炎症を防止する❗
    、 因子、
   な事が、 発見され、
  『   ビタミン  H   』
     、 と名づけられた。

    現在は、 最初に発見されたときの、
 『   ビオチン   』 、 との名が、 一般的だ。

     水や、 『   アルコール   』    ;
    ≒      『   エタノール   』   ;
   ≒     『   C2    ➕    H6    ➕    O   』   ;
    、 に溶けやすく、
    熱、や、 光、と、 電子強盗、な、 
  『   酸   』 、 に対しては、 安定だが、
   自分の、   電子   e➖       、 を、 
  『  酸  』  、な、 物質へ、 
    引き寄せさせて、
  与える、  能力性がある、 
   『   塩基性   』、 のある、 液体である、
  『   アルカリ   』、 に対しては、
    不安定だ。 

 『   ビオチン   』 、 は、   生体内では、
  ほとんどが、   『   タンパク質   』
  、 と、 結合してある❗
   、  状態で、 存在する。

      消化の過程で、  タンパク質が分解すると、
  『  ビオチン  』  、 が遊離し、 主に、
   『   空腸   』 、 から、 吸収される❗ 。

     ◇    『   ビタミン  B7   』 、 とも、
   言われる、 『   ビオチン   』    ; 
   ≒     
   『    炭素   C   、 が、 10個     ➕
   水素   H   、が、    16個     ➕
   窒素   N   、 が、   2個     ➕
   酸素   O    、 が、  3個     ➕
    硫黄   S     、 が、 1個 ❗    』 。 


        ■ 緑茶 ❗ ;

   緑茶には、 カテキン、 などの、
  色々な、ポリフェノール 、が、
   含まれている為に、 肌にとって、
    優しい飲み物とされているそうだ。

    毎日に、 4杯程を摂取するのが、
   効果的、 とのこと。

     ■ トマト ❗ ;

   ドイツで行われた実験によると、
   トマト、な、  塗謂    ヌリー    ;    ペースト    ;      、と、
   オリーブの油、  とを、 毎日に摂取すると、
   日焼けを防ぐ❗
   、 効果が現れたそうだ。

     これは、  トマトに多く含まれる、
        『   リコピン   』    ;
    ≒     『    C40    ➕    H56    』     ; 
   、と、
        『   カロテノイド   』   ; 
  ≒     『    C40    ➕    H56    』    ;
    、 という、 成分が、 
   細胞の破壊を緩やかにする❗  、 効果がある
    、 と、 考えられている、 とのこと。

■ 鮭 ; サーモン ❗ ;

    鮭   シャケ   、には、 
    『   子宝   ビタミン   E1   』   ;
≒     『    C29    ➕    H50    ➕    O2    』     ;
  、が、 電子強盗を差し止める、 
  『   抗 酸化 力   』   、 の、 
    約  千倍もの❗ 、 抗酸化力を持つ❗ 、
        『   アスタキサンチン   』    ;
  ≒      『    C40    ➕    H52    ➕    O4    』     ; 
   、という、 成分が含まれており、

    この、 アスタキサンチンが、
     肌の弾力性を良くする❗
    、  効果があるそうだ。


       ◇◆      『  エラスチン  』    ;
 【     英:   Elastin   、   もしくは、 
   弾性繊維  (  だんせい  せんい  )  、 とは、
   タンパク質、な、 コラーゲン  、の、
   繊維を支える役割を持つ、  繊維。

   ヒトでの、 エラスチンの含有量は、
   項靱帯で、 約  78  ~  80  %   、
  動脈で、  約  50  %   、
   肺で、  約   20  %  、
  真皮で、 約  2  ~  5  %   、を占める。

   ヒトだけでなく、ブタやウシ、ウマ、
  などの、 哺乳類や、 その他では、
  魚類 、 などにも含まれている。

    『  エラスチン  』 、 は、
   皮膚や血管では、 年齢と共に、 減少し、
  皺   シワ  、 への原因となる。

    エラスチンは、  生体内において、 まず、
  先駆体タンパク質、な、 トロポエラスチン   ;
  (   分子量が、  7万   )  、 として、
   血管や、 平滑筋の細胞、とか、
   繊維芽の細胞 、 などで、 生合成される。

    次に、 トロポエラスチン、な、 分子は、
   ミクロ・フィブリル  、 と呼ばれる、
  『  糖タンパク質  』 、 の、
  周囲や間隙に集合した後で、
  その分子らの間で、 適切に、 架橋されて、
   弾性繊維のコア・タンパク質である、
 『  エラスチン  』 、 となる。

   正常な、 エラスチン、への形成には、
  この第一段階である、
  トロポエラスチン、の、
  規則的な、 自己集合が、 重要で、
  この自己集合を、
 「  コア・セルベーション  」、  と呼ぶ。

    また、 コアセルベーションは、
  エラスチン 、への形成のみならず、
  エラスチンの弾む性な機能の発現にも、
  深く関与することが、 知られている     】   ;
         。

    ◇    『   アスタキサンチン   』、 は、
   体の必要性に応じて、
  『   ビタミン  A   』  、 へ、 成る、
   カボチャ、 などの、 色素でもある成分、な、
   『   ベータ・カロチン   』    ;
  ≒     『    C40    ➕    H56    』     ; 
    、 と、 ほぼ、 同じ、
    構造をしており、

     人々の体が、  一般に、 互いに、 より、
   似てある物らを、 使い回して、
  機能らや構造らでの、漏れへの、
   間に合わせを成す、
  傾向性がある事を、 あらためて、
   思わしめる物もある。


     ■ たまご❗  ;

    卵に豊かに含まれる、 タンパク質が、
   兌滅   ダメツ    ;
    ≒      ダメージ      ;         、 を受けた、
   肌の細胞を修復する、  働きをするそうだ。

    また、 ビオチン  、も含まれている為に、
   乾燥肌にも、 効果を発揮する❗ 、 という。

■ 柘榴 ザクロ ❗  ;

     ザクロ 、には、 多くの、 酸化を防止する、
   成分らが含まれており、 更に、
  『  コラーゲン  』  、への生成を支援する❗ 、
    効果がある、 という。

   ■  胡桃 クルミ ❗  ;

     クルミ 、には、 
【      同じ、 不飽和、な、 脂肪酸 、である、
   オメガ   6   、 などと比べて、
  より、 炎症を成さずに、
  細胞の膜、 などを構成し続けてくれる      】  、
   『   オメガ  3   』 、 系の      ;      『   N  3   』、系の    ;
   、    『  不飽和、な、 脂肪酸  』  、 が、 豊かに、
      含まれており、

    肌や髪の毛らを、  紫外線から、守る❗
   、 効果がある、 という。

   ■ 豆類 ❗  ;

    豆類には、   卵と同じく、
   タンパク質が、多く含まれており、
   兌滅を受けた、肌の細胞を修復する❗
   、  働きがあるそうだ。


      ◇◆       体に良い、とか、
   健康に良い、とか、 言われる、
   より、 特定の、何彼を、
   バカスカと、 無闇に、
   飲み食いしたり、
   成し行いまくったり、する事は、
   それが、 
  より、 あるべき、代謝ら、の、
  あり得る、 成り立ちようら、を、
   そこなってしまい得る、
    度合いら、に、応じて、
   我彼の命と健康性に責任性のある、
   人々が、
   より、 避けるべくもある事であり、

     特定の、 何彼への、
   余計な、摂取らが、 あるべき場合は、
   より、 あるべき、代謝ら、を、
   欠かし得ないようにするが為に、
    代謝員らの組み合わせごとの、
  確率的な親和力らでの、
   不足性ら、を、 より、
   埋め余し得るようにする、
   場合、 などに、 限られる。


    ☆    アトピーの20代な女性、 2ヶ月で改善❗  ;

    症例;     20代の後半な女性。
    数年前から、 アトピーあり。
    皮膚科で、  アレグラ      ;
   (   抗  アレルギー  剤   )      、 の投与。
   ステロイドは、 使用していない。

    H30.6、  当院    ;      藤川医院    、 を受診。
     パンが大好き。
  アトピーに加え、  光線過敏症がある❗ 、 と言う。

   ≒  
  【     どくだみ茶を飲み付ける人などが、
  普通に、 日射しを浴び付けるだけで、
  その首の辺りの肌に、 火傷を負う❗
   、 といった事がある     】 
         。

     頻回に、 献血に行っている❗ 、 と言う。

      BUN    ;       12・5   、 
  
      ◇◆     『  BUN  』  ;
 【     その体に、 あり得る、
   タンパク質らの度合いを反映する、
    窒素   N  、 を含む、 
   『  尿素  窒素  』     】     ;
           。     

      フェリチン    ;     10  。

       ◇◆    『  タンパク鉄  』  ;
  【    タンパク質に、 包まれ、
  封をされて、  危険な、
   電子強盗、 を仕立てる、
   反応らを成す、   鉄   イオン  、な、
   状態を成さないように、
   封じ込められてもある、 
     『  鉄  タンパク  』、 であり、
  『  貯蔵  鉄  』、 な    】   、 
   『  フェリチン  』    ;

       ◇◆     『  鉄    Fe  』    ;
  【     その原子の核を成す、   正電荷、な、
  陽子 、が、  26個 、があり、
   よって、  その原子番号が、   26  、 な、
  金属である、 元素 、で、
    人々の体らにおいて、
  エネルギーら、を、能く、成す、上で、
  タンパク質ら、と共に、
  より、 それへの摂取らを、
  欠かす訳には、行かない、
  極めて、 重要な、 代謝ら、への、
  補因子、 な、 ミネラル  、であり、
   タンパク質な、  酵素    コウソ  、
  と、  一定の度合い以上で、
   合体をする事により、  初めて、
   その、 タンパク質、 と、
  代謝な、 働きを成し合い得る、
  代謝員 、 でもある、  元素❗    】   ;
       。

  →高タンパク  /  低糖質食    ➕    プロテイン。
    
   Nowアイアン     ;      36  mg  、
    B50  、    C1000   、      E400  。

    【    鉄分を人へ補給する    】 、
   『  フェルム  』   、 を処方。
   
    献血へは、 行かないよう❗ 、 指導。

    ナイアシン     ;       百  mg    ✖    3    、 で開始。

     H30.8、
   プロテインを飲んで、 食事も、キッチリできている。
   ナイアシンは、 徐々に、 増量し、
    2百  mg    ➕    2百  mg    ➕    3百  mg  。

    献血には、 行っていない。
   肌の調子が、かなり、良くなった❗ 。
    光線過敏症も、良くなった❗ 。

   解説;
  アトピーも、 最重度の鉄タンパク不足が、原因。

    皮膚のターン・オーバーは、
   20歳で、 28日 、    
    70歳で、   百日 。

   ステロイドを使用していない、 軽傷例ではあるが、
  皮膚のターン・オーバー     ;
    2回転で、改善している。

    20歳代なら、  約  60日  、
     40歳代なら、 約  百日  、
    70歳代なら、  約  2百日に相当。

    ◇    皮膚ビタミン、ミネラル  ;

     A 、 B6  、 C  、   セレン   Se  、
       鉄   Fe  、     亜鉛   Zn  。

    ◇     粘膜ビタミン、ミネラル ;

    A  、  B2  、 ナイアシン 、  Fe  、  Zn  。

     A  、  Se  、  Zn   、  を加えれば、  更に、良いかも。

    元の記事は、こちら

      ◇◆   『    ビタミン    A   』   ;
 【     糖と糖とを結び付ける事において、
   糖と糖とからも成る、   粘液ら、や、  
  粘膜ら、を、 よく成す、  
   代謝ら、を、  タンパク質な、
  酵素   コウソ  、 と、 合体をする事で、
   成す、  補酵素    ホコウソ  、 であり、
    『  カボチャ  』  、 などの、 
   色素な成分、 の、 ベータ・カロチン 、
   から、 人の体において、
    その必要性らに応じて、
  作り出され、 その場合らにおいては、
  より、 異物性や、 過剰な摂取による、
  損害性、 成る物、 を、 成さない     】 、
    脂へ溶ける、
  『  ビタミン  A  』    ;
  【    C20   ➕   H30   ➕   O    】   ;
        。

     ◇◆    『    ビタミン    B2  』     ;
 【      脂質、や、糖質、 とか、
   タンパク質 、 が、分解され、
  エネルギー 、 にかわる際に、
  タンパク質な、  酵素    コウソ   、 と、
  合体をして、  それらの各々への、
  代謝、 な、 働きを成す、 栄養素 、
   というよりは、  代謝員 、であり、
     成長への促進にも、  欠かせない、
   ために、
   「  発育  ビタミン  」、  とも、
   よばれ、    
   皮膚や粘膜、に、 髪、や、 爪 、
  などの、 細胞の再生や、
  細胞を傷つけ、 老化の進行、への、
  一要因とされる、   電子強盗でもある、
  『  過酸化  脂質  』、 を分解し、
  消去する、 代謝な、 働きも成す❗    ;

     水へ溶ける、  水溶性な、
   黄色い、 補酵素   ホコウソ  、であり、
  脂溶性な、 ビタミンら、などとは、
    異なり、
 より、人々の体での、備蓄性に欠ける    】    ;
 【    C17     H20    N4    O6    】   ;    
        。

     ◇◆     【     ビタミン   B3  、 で、
       5百種 、以上もの、 ❗、
   代謝ら、に、必要とされている、
    『  ニコチン 酸  』 、でもある、
   『  ナイアシン  』  ;   
   水へ溶ける、  水溶性な、
   代謝員であり、
  脂溶性な、代謝員ら、などとは、異なり、
 より、人々の体での、備蓄性に欠ける❗    】 ;
【   C6   ➕   H5   ➕   N   ➕   O2   】    ;
   、 と、
   それに近い、 
   『  ナイアシン・アミド  』    ;
 【    C6   ➕   H6   ➕   N2   ➕   O    】   ;      
           。

      ◇◆    『  ビタミン   B6  』  ;
 【     アミノ酸、への、代謝を成す、
  事で、    タンパク質、への、
  代謝を成し、
  免疫な機能らの、 正常な働きを維持し、
   皮膚の抵抗力を増進し、
  赤血球の内側にある、  タンパク質な、
  ヘモグロビン 、への合成、や、
  神経を伝達する物質、への、
  合成、 など、 と、
   脂質、への、 代謝にも関わる、
    代謝員❗    ;

      生鮮食品らの中では、  通常は、
   リン酸     ;       H3PO4     、 や、
  タンパク質 、 と結合した状態で、
  存在しており、 
   調理や消化の過程で、 分解され、
  最終的には、  ピリドキサール、や、
  ピリドキサミン、とか、
  ピリドキシン 、 となって、 
 人々の体の本当の内側へ、 吸収される❗  ;
 
     水へ溶ける、 水溶性な、
    補酵素   ホコウソ  、 であり、
 脂溶性な、 補酵素ら、などとは、異なり、
  より、人々の体での、備蓄性に欠ける    】   ;
 【    C8      H11     N      O3    】   ;
     、 
     『  高  タンパク  食  』、 の、
  有用性の、 あり得る、度合い、を、より、
  余計に、 成し付ける、のに必要なのが、
   タンパク質への代謝に要りような、
   補酵素   ホコウソ  、 である、
   ビタミン  B6 ❗    ;

    仮名で、 6文字、 な、
   タ・ン・パ・ク・し・つ、とは、
   6 、 で、 重なり得てもある❗    】   ;
       。

        ◇◆      『   セレン   』   ;
   【     電子強盗を差し止める、
    『  抗  酸化  力  』、 について、
   子宝    ビタミン   E1  、  の、
  60倍も ❗ 、 優れてある、ともされる、
     ミネラル  、であり、
    その原子の核を成す、   正電荷な、
   陽子 、 が、 34個があり、
  よって、  原子番号が、  34  、である、
  代謝、への、 補因子 、な     】  、
   『  セレン  』   ;
    、は、  
    タンパク質らに含まれる、
   硫黄    イオウ   S   、  と、
    入れ代わる、  能力性があり、
    それが為にも、    それへの、
  過剰な摂取には、  問題性がある、 
      ものの、
   タンパク質らの、 人々の体での、
   有用性を高めもする❗ 
        、  という      】   ;
           。    

       ◇◆     『   ビタミン  C  』  ;
 【      疫鎮    ヤクチン    ;      ワクチン     ;
  、らの、  あり得る、  副作用ら、 の、
   度合い、を、 より、 軽減もし、
    ウィルス 、らの本体を、
   断ち切りもし、
  実験らでは、
   肺病を成す、  結核菌たちを、
   全滅させもし、
   繊維状、 な、 タンパク質 、である、
   コラーゲン 、 たちを、 より、
   丈夫に成す、事において、
   血管らを構成する、 組織ら、を、 より、
  丈夫に成しもし、
   免疫員、な、 白血球たちの各々を、
  より、 活性化して、
  働き者にしてやりもし、 
    その体に、  不具合ら、 が、
  余計に、 あれば、ある程に、
  より、  大量に摂取しても、
   腹が、 より、 下らなくなり、
    腹の、ゆるみ、や、 下りよう、を、成す、
  それへの摂取らの度合いが、
  その体の中の、不具合らの、
  度合い、への、目安になる、
  『  補酵素   ホコウソ  』  、
    では、 あるが、
    それ自らの、 電子強盗化による、
   あり得る、 加害性らへ対しては、
   子宝    ビタミン   E1  、 らにより、
   差し止めるべき、 必要性もある❗     】、
    『  ビタミン  C  』    ;
  【    C6    ➕    H8    ➕    O6    】   ;
       。

        ◇◆      『   ビタミン  E  』  ;
   【     人々が、  大量に撮るべき、
   ビタミン  C  、 などが、
    他者から、  その枠内の、 電子を、
   自らの側へ、 引き寄せて、 奪う、
   電子強盗になる事を、  未然にも、
  より、 差し止め、
   子宝    ビタミン   E1 、 を、
   はじめとして、  色々とある     】   ;

【    バス・ジャック事件に巻き込まれて、
   大火傷を負わされた後に、
   女流作家に成った、 日本人が、
   ビタミン  E  、 の、 大量な、
  肌への塗布、 や、 摂取により、
   その火傷した肌の健全性を、 大いに、
  回復し得た例、 などが、
    報告されている❗     】    ;
 
     『  ビタミン   E  』   ; 
  【    C29    ➕    H50    ➕    O2    】   ;
          。
 

        ◇◆     『  亜鉛   ➕   銅  』   ;
  【     亜鉛   Zn    ➕     銅   Cu     ;

    ・・水へ溶ける、 水溶性、 な、
    物ら、の、全てを引き受けて、
  処理する、
  『  腎臓たち  』、 の、 各々の、
  どちらか、や、 両方から、
 『  エリスロポエチン  』、 なる、
  ホルモン、 が、 血潮へ送り出され、
  それが、
  『  骨髄  』、を成してある、
   細胞らへ届く、と、

 『  赤血球  』、 たちが、 
  より、 作り出されて、
 血潮の量が、 増やされもする、
  事になる、 が、

  『  赤血球  』、 を、 作り合うのは、
  ビタミン   B群   、 に含まれる、
  補酵素   ホコウソ  、 な、
  『  葉酸  』 、 に、 
  同じく、 補酵素 、 な、
『  ビタミン  B12  』、 と、
 『  鉄  Fe  』、 だけではなく、

 『  鉄  Fe  』、 を、
  しかるべき所らへ送り届ける、
 『  銅  Cu  』、 も、
  必要なのだ ❗ 、 という。

  この、 『  銅 Cu  』、 は、

   イカ、や、 タコ、の血潮にあって、
   自らへ、 酸素   サンソ   O  、 を、
  くっ付けて、 彼らの各々の、
  体の細胞たちへ、 それを送り届ける、
  運び員をやっており、
   それが為に、
  イカ、や、 タコ、の、血潮らは、
  青く見える状態を成してあり、

    人々の体らにおいては、
   白髪に成る、のを防いで、
  より、 髪の毛ら、などをして、
  本来の色を失わずに、
  在り続けさせるべく、
    髪の毛らの根の所で、 入れ替わるべき、
   色のある新手と、  能く、
  入れ代わるようにする、
  働きも成してあり、

 三石分子栄養学➕藤川院長系らによると、
  『  銅  Cu  』、 への、
  過剰な摂取による、 害らは、
 『  亜鉛  Zn  』、 への、
  摂取を、 相応に、 成す事で、
  防がれ得る、 という     】   ;
      。

      ◇◆     『  銅  』   ;     Cu    ;
 【     その原子の核を成す、  正電荷、な、
   陽子    ;     プロトン    ;     、  が、
    29個 、  があり、
  よって、 その原子番号が、  29 、 の、
  金属な、 元素であり、
   人々が、 その体の外側から、 必ず、
   摂取し続けるべき、
   必須の、 ミネラル、 の、
   16種のうちの、 一つ❗     】  ;
          。

      ◇◆   『  亜鉛  』   ;     Zn    ;
  【     その原子の核を成す、  正電荷、な、
  陽子    ;    プロトン    ;      、 が、
   30個 、 があり、
   よって、   その原子番号が、   30  、 の、
    金属な、 元素であり、
   人々が、  その体の外側から、 必ず、
  摂取し続けるべき、   
   必須の、 ミネラル、 の、 
  16種のうちの、 1つ     】   ;    
         。

     ☆    アトピーも良くなりました❗  ;

  「  うつ消し  ごはん  」、カスタマー・レビューより   ;

     生まれて、間もなく、 アトピーになり、37年目の女性です。

    これまで、 アトピーを治すために、
   色んな事をやってきました。

   漢方、 アトピー用の保湿剤、 イソジン、 ビオチン療法、
   ビタミン  C   、  乳酸菌  、   マクロ・ビオティック、
  脱ステロイド  、  運動  、 等 。

   マクロ・ビオティックは、  5年ほどを、
   ストイックにやっていました。
  そのせいで、 生理が止まってしまった❗ 、事もあります。

    一昨年の末に、 流産をしたことで、
  タンパク質の重要性を知りました❗ 。
    
   それから、色々と調べていく内に、
  藤川先生のブログにたどりつきました。
  読んですぐ、 先生が、良心的なお人柄だ、 と思いました。

    プロテインを規定量、  サプリを飲み始めて、
   8ヶ月が経過した時から、 肌の調子が、急に、よくなり始めました。

    きっと、 タンパク質の不足の期間が長かった❗
  、 ために、
   体内の修復作業に、時間がかかったのだ、 と、思います。

    今は、これまでにないような、 スベスベ肌を実感していて、
  これからは、良くなる、 一方なのでは、ないか
   、と、思っています❗ 。

    自分も、こんなに柔らかい肌になれるんだぁ❗
   、と、喜んでいます。

    長年の炎症により、   手の甲は、 色素の沈着と、白斑のある、
   まだら模様❗ 、 と、 なっていますが、  これも、
   時間をかけて、 よくなれば、いいな
   、と、 思っています。
   あと、 妊娠&出産もできたら、いいな(^^)

   藤川先生の本に出会えて、本当に、よかった、と思います。
   感謝の気持ちを伝えたくて、レビューしました。
  ありがとうございました❗ 。

これからも続けていきます❗ 。
ーーーーーーーーーーー

       ◇◆     『  プロテイン  』      ;
   ≒    【     色々な、アミノ酸たちから成る、
  『  タンパク質  』   】   ;
 『  タンパク質な、 サプリメント  』   ;
      、
   ◇◆    『  アミノ基   ➕   カルボキシ基  』   ;
  【     タンパク質らの各々を構成する、
  色々な、 アミノ酸たち、 においては、
   共通する、 属性な事として、
    アミノ基な、  NH2  、 と、
    カルボキシ基な、  COOH  、 とを、
   必ず、 その分子な身柄に帯びて、 成る、
    という事が、 あり、
     従ってまた、
    色々な、アミノ酸たちから成る、
   どの、 タンパク質 、も、 必ず、
   その身柄に、  NH2  、 と、
  COOH  、とを、 帯びて、 成る❗     】   ;
      。  

     ☆      藤川院長❗    ;

   プロテインを併用して、 プロテイン・スコアへの換算で、
    体重    ✖    1・5  ~  2  g   
   、の、   タンパク質、への摂取を続ければ、
    アトピーは、 改善します❗ 。

   ≒
 【     体重が、  50   Kg  、 な、 人であれば、
    1日に、  50    ✖    1・5  ~  2  g     】
            。

    鉄不足の人も、 とても多い❗ 
   、 ので、
   プロテイン    ➕    鉄   、 が、 最も重要です❗ 。

     皮膚のターン・オーバーは、    20歳で、  28日 、
   50歳で、  百日 、
     70歳で、  2百日 、 程度です。

    概ね、 3回の、 ターン・オーバー期間で、
    改善する人が、多いです。

     当院でも、 長年のアトピーが、
   3  ~  6ヶ月程度で、 すっかり良くなり、
   ”  もう、自分が、アトピーであった事を忘れてしまった  "
   、 と、 言われる人もいます。

     以下の、 ビタミン、ミネラルも、必要です。

   ◇   フィード・バック・ビタミン、ミネラル    ;

    A  、  B1  、 B2  、 B3、 B5  、 葉酸、 B12、
    C  、  E  。

       ヨウ素   I   、     マグネシウム   Mg  、   亜鉛   Zn  、
    CoQ10      ;        補酵素    キュー・テン     ;
     コエンザイムQ10  。

    ◇    皮膚ビタミン、ミネラル    ;

    A  、  B2  、 B3  、   Fe  、  Zn   。

    ◇     抗炎症ビタミン、ミネラル    ;

     A  、  B2  、  C  、  E   、
    セレン   Se  、     銅   Cu  、     マンガン   Mn  、
    Fe  、  Zn  、    CoQ10    。

    ◇     シェア・コメントより    ;  

   私も、赤ちゃんの頃から、アトピーの37歳。
  今は、 手の湿疹のみ。
  もうすこしで、 完治しそうだぜ♪

     タンパク質を増やしてから、 湿疹部の皮膚での、 排泄と再生が、
   ハイ・スピードで、 めまぐるしい❗ 、 笑 。
ちょっと、辛い時もあるけど、 自然治癒力が、盛んに働いている❗
   、と、 わかるので、 うれしい^_^



      ◇◆     『  ビタミン   B1  』    ;     
【    硫黄   S   、   の、 1個  、 を含む    】  ;
      『   チアミン  』   ;
 【     ブドウ糖 、への、  代謝に必要とされる、
   補酵素    ホコウソ   、 であり、
    酵素    コウソ   、な、   タンパク質、と、
  合体をして、 代謝の働きを成す❗   ;
    
       B1  、が、  より、  不足すると、
   それだけ、  ブドウ糖 、たちから、
   エネルギーらを成す、 代謝ら、に、
   不足性を成し、
    糖質ら、 が、  血潮を行きもする、
   タンパク質ら、と、結びついて、
   体のあちこちの構造らの丈夫性、や、
   機能ら、を、 より、 損ない得る、
   『  糖化の害  』、らの、
   度合いら、を、 余計に、
   成す事にもなる❗    ;

    水へ溶ける、 水溶性な、
   ビタミン 、であり、
    脂溶性な、物らとは、 異なり、
 より、 人々の体での、 備蓄性に欠ける    】  ;
 【     C12     H17     N4     OS +  
          Cl-      HCl      】     ;
     
      ◇◆   『   ベンフォチアミン   』     ;
  【     C19    H23   N4   O6    P    S     】    ;
   、   
    ブドウ糖、 などの、 炭水化物、な、
  糖質、 への、 代謝な、働きもなす、
  補酵素   ホコウソ   、な、   ビタミン   B1  、 
   への、  誘導体 、 で、
   ビタミン  B1  、 の、 欠乏症ら、
  などへの、 治療で、  患者へ、 
 投与されたりする、   準  ビタミン  B1     】  ;
      。

    ◇◆      『   B5   ;    パントテン酸   』  
   、と、
  『  パントテン酸  カルシウム  』  ;
       ➕    コエンザイム・エー    ;
  【     ビタミンB群 、に含まれ、
   かっては、  ビタミン  B5  、とも、
  呼ばれていた、 
  CoA    ;     コエンザイム・エー     ;
 (   補酵素  A  )  、への、 構成分として、
   糖、 への、 代謝や、 脂肪酸、 への、
  代謝において、 重要な反応に関わる、
    『  パントテン酸  』   ;

      『  ビタミン    B5  』   ;
  【     糖質、や、脂員、 への、
   代謝を成す、  『  パントテン酸  』    】   ;
 【   C9    ➕   H17   ➕   N   ➕   O5   】  ;
  、 
   、 として、 働き❗ 、
   肝臓の補酵素  ; (   CoA  ) 、への、
  構成分として、  糖、 や、脂質、 と、
  タンパク質、 への、 代謝 、 などで、
    重要な役割をはたし、
     通常は、   パントテン酸、  の、
  補給、や、  抗生物質により、
   腸内細菌たちをも含む、  細菌たちが、
   殺し絶やされる事にも、より得る、
  副作用、への、 予防、と、治療、とか、
  接触皮膚炎、に、 湿疹、や、便秘、への、
   治療に使用される❗     】   ;
       。

        ◇◆    『  葉酸  』    ;
  【    鉄分    Fe   、や、  それを送り届ける、
   銅    Cu   、 に、
   ビタミン   B12   、と、共に、
   赤血球 、を作る、  代謝 、な、
   働きを、  タンパク質な、
   酵素   コウソ  、 へ合体する事で、 成す、
    ビタミン   B9  、  とも、言われる、
     代謝員 、 で、    不足すると、
      胎児に、 奇形を成す事などがある❗    】   ;  
【   C19   ➕   H19   ➕   N7   ➕   O6  】  ;
        。

      ◇◆     『   ビタミン   B12  』    ;
  【     腸内細菌たち、 などが、
  金属な、  コバルト   Co  、 からも、
  作り出す、   補酵素    ホコウソ  、 であり、
   補酵素 、 である、からには、
     酵素    コウソ    、な、  タンパク質、
  と、 合体をして、 初めて、
  特定の、 代謝、 な、働きを成すべき、
   能力性を帯びてある、 存在であり、
      鉄    Fe  、 や、
  同じく、  ビタミン   B群  、 に含まれる、
   『  葉酸  』、  と共に、
  赤血球 、を、 成す、 代謝 、にも、
  働く     】   ;   
 【    コバルト    Co  、  の、   1個  、  と、
  燐   リン   P  、 の、 1個 、  とを含む    】  ;
【   C63  H88  Co  N14  O14  P  】 ;
       
      ◇◆    『   コバルト  Co  』   ;
  【     ビタミン   B12  、 への、
   構成分でもあり、
   人々の腸内細菌たちの中には、
   『  コバルト  』  、 からも、
  ビタミン  B12  、 らを合成して、
  その人々の健康性を成す、
  足しに成ってくれる、者らもある。

      その原子の核を成す、
   正電荷、な、 『  陽子  』     ;
   『  プロトン  』    ;       、 が、
   27個 、 で、 あり、
   よって、  その原子番号、 が、  
   27 、 な、  金属元素❗   ;
      
      その名は、   
  ドイツ語で、  地の妖精 、 を意味する、
   コーボルト    ;  (  kobold    、 または、
  kobalt   )    ;      、  に由来する。

     コバルト、な、 鉱物は、
  冶金が困難なためな、  千5百年代、な、
  日本では、 戦国時代であった、
  16世紀ごろの、  ドイツでは、
  コーボルトが、 坑夫らを困らせるために、
  魔法をかけたもの、
  と、 考えられていた     】    ;
      。

    ◇    <   ビタミン B12 、 の働き   >    ;

   ・新しい細胞を作り、
   壊れた細胞を修復する働き。

 ・神経の壊れた部分を修復する働き。

 ・伝達物質を作る働き。

 ・免疫を正常にする働き。

 ・脳の詰まった所らを、かき出す働き。

 ・血流をよくする働き。

    このように、 
   色々な、働きが、 あります。

  また、 『   ビタミン   B12  』 、 は、 
  大量かつ配合によって、
    効果的に働きます。

  『   ビタミン  B12  』 、は、 
   水溶性     ;     (    水に溶ける性質のもの    )     ;
   、 ですが、

   脂肪、な、成分と、
 なじみやすい構造をもっています。

    ◇     脳は、 タンパク質とともに、
   脂肪、な、成分を多く含む、 器官です。

    それが為に、 
   ビタミン   B12   、は、 
   たやすく、 脳に入り、

   脂肪、な、成分による、 汚れで、
  詰まった部分らを洗い出す❗
   、 ことにより、
  元どおりの、  健全な物に復元し、
 また、 切れた部分があれば、つなげる❗
 、  修復、な、 作用を発揮します。

    ◇   『   ビタミン   B12   』 、 には、
   脳の血流を、よくする❗
   、 とともに、
  脳神経の働きを、 改善、 あるいは、
  促進する、作用があります。

  同時に、 動脈硬化への原因となる、
 『  ホモシステイン  』  、や、 
  電子強盗、な、 活性酸素    ;
   (    ふえすぎると、 体に害を及ぼす、
  非常に、 不安定な酸素    )      ;
  、 を除去する、
  働きも、持っています。

   日常の生活習慣や生活環境を、
  改善する❗  、 とともに、
 栄養面を改善することが、 大切です。

   脳梗塞への予防・対策・後遺症に、 
  『  ビタミン  B12  』

   子供たちの集中力・学力向上、
  受験に、 『  ビタミン  B12  』


      ◇◆     『   マンガン  』   ;     Mn    ;
 【     その原子の核を成す、   正電荷、 な、
   陽子    ;      プロトン    ;        、 が、
   25個 、 があり、
   よって、  その原子番号が、   25   、の、
   金属な、 元素     】    ;
 
  【     人体にとっての、必須の元素。
   骨の形成や、 代謝に関係し、
  消化 、 などを助ける働きもある。

    一部では、 活性酸素への対策としての、
  必須のミネラルに挙げる人もいる。

    不足すると、 成長異常、平衡感覚異常、
  疲れやすくなる、   糖尿病     ;
 (   インスリンへの合成の能力が、
  低下する❗ 、 ため   )   、
    骨の異常   ;  (   脆くなる❗ 、 など   ) 、
   傷が治りにくくなる❗ 、
   生殖能力の低下❗ 、 や、
   生殖腺の機能での障害❗ 、
   などが起こる。

   しかし、 マンガンは、 川などの、
  天然の水などに含まれ、 上水道水としては、
  多すぎて、むしろ、 除去する場合がある、
  などし、  普通に生活していて、
  マンガンが不足することは、
   まず、ない。

    マンガン鉱石精錬所作業員、
  ・れんが職人、 ・鋼管製造業者、 などで、
   過剰に曝露されると、
   マンガン中毒を起こす。

     頭痛・関節痛・易刺激性・眠気、
  などを起こし、やがて、 情動不安定、
  ・錯乱に至る❗ 。
    大脳基底核や、錐体路も障害し、
  パーキンソン症候群、 ・ジストニア 、
  ・平衡覚での障害を引き起こす、
  ほかに、  無関心・抑うつ、 などの、
   精神症状も、報告されている。
   マンガンの曝露から離れれば、
  3 ~  4か月で、 症状は、 消える❗ 。

     マンガンは、 脱酸素剤として、
  使用されるように、
  強い酸素への吸着な作用がある、
  が、 ゆえに、 十分に酸化されていない、
  天然マンガンが多い地層の、
   洞窟や、井戸、 などでは、
  貧酸素化した、 地下水を経由して、
  内部の空気の酸素が欠乏し、
  そこへ、 十分な換気を行わずに、
  奥へ入った場合は、
   酸素欠乏症になり、
  最悪の場合においては、 死ぬ❗ 、
   おそれがある。

    また、 肥料の撒きすぎによる、
  土壌の酸化 、などで、 土の中の、
  マンガン、 たちが、 還元されたり、
  湖、 などの水底に溜まった、
   マンガンが、 貧酸素水などで還元され、
  結果として、 
  マンガンが、 酸欠状態を保持したり、
  流れに乗って、 移動されてしまう、
    現象などもある❗     】   ;
          。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント