日本医学; 和方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; 高脂血症❗ ➕ アレルギー❗ ➕ 。 解放を急ぐべき、 シナによる、 桜木琢磨市議ら 実質 拉致事件ら❗

        ☆      高脂血症❗    ➕     アレルギー❗    ➕    ;

      ◇◆      日本医学 ;   和方 ❗  ;
  三石分子栄養学➕藤川院長系;   代謝医学❗ ;

    ◇◆    『  確率的  親和力  』  ;
    【    確率的な、 親和力、 とは、
   その一方に、 必ず、 タンパク質、な、
   酵素    コウソ  、 を含む、
    代謝員ら、 が、 互いへ、
   文字通りに、 合体を成す、
    度合いを、 一定以上に、
   成し得た場合に、 成し得る、
    『  同化  』、 か、 『  異化  』、 である、
   代謝、な、働きよう、 を、 成す、
    上での、
   その、 確率的な、 合体性、 の、
   あり得る、 度合い、 でもあり、
    あり得る、 代謝らの各々の、 成る、
   度合い、 でもあり、
    
     その不足性、、が、 より、
   埋め余され得ない、場合らにおいては、
  どの、 代謝も、 成り立ち得ない、
    という事になる❗ 。
   
      この、 概念の体系知らを、
  自らへの前提として、 成る、
   事において、
   三石分子栄養学➕藤川院長系、 と、
  その他の、 より、
   人々の、 あり得る、命や健康性を、
   取りこぼすべくして、 取りこぼし得る、
    笊  ザル  、な、
   医療系ら、などとは、 決定的に、
     異なる❗     】    ;
  
   【    笊な、 医学系らなり、
   医療系らなり、  の、 主らは、
  より、 医者側の立場にある、者であれ、
  より、 患者側の立場にある、者であれ、
   同一な、 個人の、 代謝ごと、な、
  代謝員らの組み合わせ、ごとにも、
  異なり得る、 
   確率的な親和力ら、での、 あり得る、
  不足性、 を、 より、
   埋め余し得べき、 手段な、
  事らを、 人々へ、宛て得ない、
   度合いら、を、成せば、成す、ほどに、
  人々へ、  余計な、  可損   カゾ    ;
   ≒     リスク    ;     、 らや、
    実害ら、 を、 宛て付ける、
   実質における、 犯罪加害性ら、を、
    成す事になり、
   相応に、 処罰されるべき、 度合いらを、
  自らの側に、成し付ける、
   筋合いにも、ある     】    ;

   【     笊な、 医療系ら、などは、
   確率的な親和力らでの、 不足性、が、
  どの人の、 どの、 あるべき、
  代謝ごと、にも、無い、 事を、
   自らを正当化する向きでの、
    前提として、 ある、
    が、
      それは、 
   同じ様な、 飲み食いようらを成し付け、
  同じような、運動性らを成し付ける、
  同じような、遺伝性らへの主である、
   同じ寮などに暮らす、 人々、や、
    家族員ら、 などにおいて、
    脚気 、などの、 万病のどれ彼を成して、
   死んだりする、 人々が出る、
   その、一方で、
   より、 全く、 万病を発症せずに、
  健康性を成し得てゆく、
   人々が、 あり得て来てある、
   事、などへの、 合理性のある、
   説明性を、 より、 全く、
     欠いてある、事を、
   自らに、 肯   ウベ  なう、 ものであり、
  全く、 不合理な、ものでもあり、
   科学的     ≒      定量的    、 な、
    根拠を、 より、 全く、
   自らの側に、 欠いてある、
    ものでもある❗     】   ;
        。
    
       ◇◆    『  代謝  』、 は、
   人々の心と体の万象に、
   普遍性を成して、 ある、
   事において、
     質量性を成してある、宇宙における、
『  万有引力  』、 のごとき、
    立場にあり❗    ;

      個別な、人、の、 個別な、
   代謝員らごとの、  合体性、の、
   あり得る、 度合い、 でもある、
   確率的な親和力ら、や、
  その、 代謝を成す事へ向けての、
   あり得る、 不足性 、 へ宛てて成る、
   体系知ら、の、 存在、や、質、
  を、 より、 欠いてある、
  事に基づく、  健康性 、などへ向けた、  
  情報な事らは、
  宇宙の開発へ向けた、 情報な事ら、
  への、 前提から、
  万有引力、 や、 重力、 へ宛てて成る、
  体系知ら、の、存在、や、質、
  を、 より、 欠いてある、
  ようなものだ。

     あるべき、代謝らを成す、のに、
  欠かし得ない、 
 あるべき、代謝員ら、への、摂取らでの、
  あるべき、度合いら、を、決める、
    確率的な親和力の、度合いなり、
   不足性の度合い、なり、と、
  あり得る、 あるべき、代謝ら、は、
   精神系の現象らのもとにも、
  体だけの現象らのもとにも、
  必ず、あり得てある、ものであり、
    万有引力、 などが、
  自らに、 質量性のある、
  全ての物らに、あり得てある、
   ように、
    人々や、その他の命員らの、
  全ての、 それ自らな、現象らへの、
  必要な、要因性として、
  あり得てあるものだから、だ。

    眠りようらの一定の度合いらも、
  意識性らの一定の度合いらも、
  それを成すのに、
  特定の、代謝ら、や、
   代謝らの連携性の成り立ち、
  を、必要としてある。

     万有引力、 などが、
  物理的な、 森羅万象の全てに与る、
  普遍性を自らに成し宛てられ得てある、
  ように、
   代謝ら、や、確率的親和力ら、は、
  人々の、それ自らな、万象、の、
  全てに与る、
  普遍性を自らに帯びてある、
   存在であり、

   それら、への、体系知ら、を、
  より、欠いてある、事を、
  前提とし、 それを、さらして、
   観せ付けるようにもして、成る、
   情報な事らは、
  あり得る、人々の命と健康性への、
  影響性を成し得る、交信系らや、
 それらに握接し得る、
  誰彼の自らな思案系らにおいては、
   それが、 誰彼の、思案系の、
  自らな、内容な事であれ、
  発信され得てある、ものであれ、 
   あり得る、人々の命や健康性ら、の、
  度合いら、を、 勝手に、 賭けた、
  丁半博打を、 人々へ、
   押し宛てて、 成し行わしめ得もする、 
   要因性を、
  より、余計に、成す物でもあり、

     自らの社会への主権者である、
  人々が、  自ら、成すべき、
  法によって、 禁じ、
   差し止めるべき、 宛ての物でもある❗ 。

    この手の、 
  人々の命や健康性の度合いら、を、
  賭けさせしめ得べくもある、
   丁半博打らにおいては、
   具体的に、 何彼が、 当たりで、
  その度合いは、 どれ程であり、
   どれ彼が、 外れで、
  その度合いが、 どれ程である、
  か、が、 
  より、明らかに、されず、
  され得ようも、より、無い、
   のに対して、
    あるべき、代謝ら、や、
  確率的親和力ら、へ、宛てて、
  成り得る、
  より、分析型の、体系知らは、
  それら、を、 
  我彼へ、 より、 具体的に、
  明らかにする、もとになるものとして、
    ある❗     】    ;
       。 

    ◇◆   『  分析な上での、 事実性ら  』  ;

  【     医療系や、 健康系、 などと、
  それらなどで、 あり得る、
   度合いのある、 系らにおいては、
   情報でもある事ら、 などは、

   より、  あるべき、代謝ら、 や、
  あるべき、代謝員ら、 への、
  あるべき、 度合いら、での、摂取ら、の、
  あるべき、事へ向けての、
   分析型の、 体系知らに、
  より、 照らし合わせて、
  観宛てられるべきであり、
   
     それら、を、 より、 欠いて、 
  あり得る、人々の、 健康性らや、
   万病へ向けての、 事ら、へ、
  取り組む事は、

    『    物らは、 上なる存在から、
  下なる存在へ、 落ちる、べき、
  秩序性を帯びてある、 ものだ、
   という事が、 事実、 であり、
   万有引力、 などの、 考えようら、
 は、 ただの、 仮説なり、
  理論なり、を、 自らに、 
    体   ヤド  す 、だけのもので、  
  事実、 では、ない、
   デタラメなものだから、
    質量のある物ら、の、
  物理的な現象らへ取り組むに当たって、
   万有引力の概念などは、
  より、無視すべきだ    』  、   
   と、 判断する、向きにある、
   古代のギリシャの人々の、
   一定数のような、
   人々が、  より、 万有引力、へ、
  宛てて、成る、
  観念、 の、 内容な事ら、 などに、 
  照らし合わせようら、
 を、 成さないようにしながら、 
  地球の、 物理的な現象らへの対処法な、
  事ら、を、成し行おうとしたり、
  地球の外側な、 宇宙の、
  物理的な、 現象らや、
  あり得る、現象ら、への、
  対処法な、 事ら、などを、
  成し行おうとしたりしても、
   万有引力の、在り、働き得ようら、
 を、 より、 無視すれば、する程に、
   その、在り、働き得ようら、を、
  より、踏まえ得た場合らにおいて、
  初めて、 あり得る、ものとなる、
   成果ら、や、効果ら、などを、
  より、 全く、 欠き続けてしまう、
  事にしか、ならない、 ように、

    より、 あるべき、代謝ら、を、  
  差し引きでも、 より、 能く、
  成し付ける上で、
  より、 あり得る、成果ら、や、
  効果ら、などを、 
   欠かし付け得てしまう、
   事にしか、成らない❗  。

     我々は、 道を渡るにも、
  車らの、 行き交いようら、や、
  その、 欠けようら、への、
  観察し宛てる、 情報な事ら、を、
  基にもして、
   無意識の内にも、
   分析な上での、 事実性を、
  観宛てられ得る、 仮説なり、
  理論なり、 を、 思い構え、
   それに基づいて、
   より、 安全に、 道を横断し得たり、
  それに、 失敗し得たりしており、
    
    あり得る、可能的な、 事実ら、
  を、 予測し宛てて、
  より、 我彼への、 危害性などのある、
  それら、を、 より、 未然に、
  その実現を避け得るようにして、
  我彼の安全性ら、などを、
  成し付け得てもあり、

    無意識の内にも、
  分析な上での、事実性の、
  度合いら、での、差、 などを、
  観積もりもして、
   色々な、あり得る、物事ら、を、
  より、 成し行い得たり、
   より、 成されないようにし得たり、
  し付けてあり、

    医療系の事ら、でも、何でも、
   可能的な、事実ら、への、
   分析型の、 思い巡らしよう、
  などを、 より、 欠いてしまったり、
  より、欠かしめられてしまったりする、
  事は、
  より、 余計な、 可損   カゾ    ;
   ≒    リスク    ;    、 らや、
   実害ら、 が、  我彼へ、
  宛て付けられる事を、
 より、 必然性のあるものにしてしまう、
   事にも、成る❗     】      ;
     。

     ◇◆    『   アナフィラキシー   』 、 とは、
      激しいアレルギー反応が、
   全身に起きた状態のことで、

   はじめは、  軽い症状であった、としても、
  急速に悪化し、  気道が狭くなって、
  息ができなくなったり❗ 、
  血圧が下がって、   ショック状態       ;
 (    酸素や栄養を含む、  血液が、
   全身の細胞たちの各々へ、  適切な形で、 
  届かなくなってしまう状態    )      ;      
  、 になって、
   短時間のうちに、  命が脅かされる❗ 
  、 ことがあり、

  
     アナフィラキシーを疑う、
   症状が、 少しでも、みられたら、
  迅速に、 治療を開始すべき、
    必要性がある❗ 。

      まずは、
   『  アドレナリン  』 、 という、
   特効薬を、 筋肉へ注射して、
   重症化を食い止める。

   ◆     アナフィラキシーの時に、
   最初に見られることが、 多い、 のが、
    皮膚の変化で、

    皮膚の一部が、 赤くなったり、
   腫れ上がったりして、
   痒   カユ   みを伴うことも、あり、

    この変化の中には、 
    蕁麻疹も含まれる。

   症状が、  皮膚にだけ見られる場合には、
   アナフィラキシーとは、 診断されず、
   命にかかわることは、  ほとんど、
     ない、

      が、
  アナフィラキシーの緊急サインであれば、
   皮膚での症状に加えて、 急速に、
  下記のような、 異変が起こる。
 
  【  緊急で、受診が必要な症状  】  ;

    ぐったりしている❗ 。
  意識が、もうろうとしている❗ 。
   尿や便をもらす❗ 。
   脈が、 触れにくい❗ 、 
   または、不規則である❗ 。
   くちびるや爪が、 青白い❗ 。
   のどや胸が、 締め付けられる 。
     声が、かすれる❗ 。
   犬が吠えるような、咳が出る❗ 。
    息がしにくい❗ 。
   持続する、 強い咳込みがある❗ 。
  息をすると、  ゼーゼー 
  ヒューヒュー、 という、 音がする❗ 。
   繰り返し、 吐き続ける❗ 。
  我慢出来ないくらいに、
   強い腹痛がある❗ 。
  まぶたや口の中が、 ひどく腫れている❗ 。
 
     このような症状が、 一つでも現れたら、
   救急での受診が、必要だ❗ 。

    特に、 言葉の話せない乳幼児では、
   息苦しさや腹痛、 などを、
  周りの人に伝えるのは、 困難だ❗ 。

    それゆえに、  保護者、 などが、
  子どもを見て、 判断する場合には、
 「  ぐったりしているか、どうか❗  」、
   という、 項目が、 重要になる。

    判断に迷う場合は、 重篤な状態である、
  可能性を考慮し、 医療機関に、
  電話で、 相談するなどし、

    明らかに、 日頃と違う様子が見られる、
  場合には、
   救急の要請をすべきだ❗     】
        。

       ☆   2歳児の母親の記録❗  ;

    症例:     2歳、男性。
    3   mm   大の、  心室中隔欠損あり。
    2回、を、肺炎を起こしている❗ 。
    猫アレルギーで、
    鼻水、鼻血あり。
   音に敏感❗ 。
   寝付きが悪い。
    爪が脆    モロ   い。
  
    R1.3、(   他院で、測定   )    ;
    フェリチン    ;       30  。

       ◇◆    『  タンパク鉄  』  ;
  【    タンパク質に、 包まれ、
  封をされて、  危険な、
   電子強盗、 を仕立てる、
   反応らを成す、   鉄   イオン  、な、
   状態を成さないように、
   封じ込められてもある、 
     『  鉄  タンパク  』、 であり、
  『  貯蔵  鉄  』、 な    】   、 
   『  フェリチン  』    ;

       ◇◆     『  鉄    Fe  』    ;
  【     その原子の核を成す、   正電荷、な、
  陽子 、が、  26個 、があり、
   よって、  その原子番号が、   26  、 な、
  金属である、 元素 、で、
    人々の体らにおいて、
  エネルギーら、を、能く、成す、上で、
  タンパク質ら、と共に、
  より、 それへの摂取らを、
  欠かす訳には、行かない、
  極めて、 重要な、 代謝ら、への、
  補因子、 な、 ミネラル  、であり、
   タンパク質な、  酵素    コウソ  、
  と、  一定の度合い以上で、
   合体をする事により、  初めて、
   その、 タンパク質、 と、
  代謝な、 働きを成し合い得る、
  代謝員 、 でもある、  元素❗    】   ;
       。

   R1.10  、より、
    プロテイン      ;
      5  g    ✖    2     、 を開始。

       ◇◆     『  プロテイン  』      ;
   ≒    【     色々な、アミノ酸たちから成る、
  『  タンパク質  』   】   ;
 『  タンパク質な、 サプリメント  』   ;
      、
   ◇◆    『  アミノ基   ➕   カルボキシ基  』   ;
  【     タンパク質らの各々を構成する、
  色々な、 アミノ酸たち、 においては、
   共通する、 属性な事として、
    アミノ基な、  NH2  、 と、
    カルボキシ基な、  COOH  、 とを、
   必ず、 その分子な身柄に帯びて、 成る、
    という事が、 あり、
     従ってまた、
    色々な、アミノ酸たちから成る、
   どの、 タンパク質 、も、 必ず、
   その身柄に、  NH2  、 と、
  COOH  、とを、 帯びて、 成る❗     】   ;
      。  

   R2.1  、 より、  下記を開始。

      キレート鉄      ;      
      5   ~    ➕   mg  。

   フラッシュ・フリー・ナイアシン    ;
      4百   mg    ✖     2   。

     ◇◆     【     ビタミン   B3  、 で、
       5百種 、以上もの、 ❗、
   代謝ら、に、必要とされている、
    『  ニコチン 酸  』 、でもある、
   『  ナイアシン  』  ;   
   水へ溶ける、  水溶性な、
   代謝員であり、
  脂溶性な、代謝員ら、などとは、異なり、
 より、人々の体での、備蓄性に欠ける❗    】 ;
【   C6   ➕   H5   ➕   N   ➕   O2   】    ;
   、 と、
   それに近い、 
   『  ナイアシン・アミド  』    ;
 【    C6   ➕   H6   ➕   N2   ➕   O    】   ;      
           。

       ビタミン   C    ;
       3千   mg 。

       ◇◆     『   ビタミン  C  』  ;
 【      疫鎮    ヤクチン    ;      ワクチン     ;
  、らの、  あり得る、  副作用ら、 の、
   度合い、を、 より、 軽減もし、
    ウィルス 、らの本体を、
   断ち切りもし、
  実験らでは、
   肺病を成す、  結核菌たちを、
   全滅させもし、
   繊維状、 な、 タンパク質 、である、
   コラーゲン 、 たちを、 より、
   丈夫に成す、事において、
   血管らを構成する、 組織ら、を、 より、
  丈夫に成しもし、
   免疫員、な、 白血球たちの各々を、
  より、 活性化して、
  働き者にしてやりもし、 
    その体に、  不具合ら、 が、
  余計に、 あれば、ある程に、
  より、  大量に摂取しても、
   腹が、 より、 下らなくなり、
    腹の、ゆるみ、や、 下りよう、を、成す、
  それへの摂取らの度合いが、
  その体の中の、不具合らの、
  度合い、への、目安になる、
  『  補酵素   ホコウソ  』  、
    では、 あるが、
    それ自らの、 電子強盗化による、
   あり得る、 加害性らへ対しては、
   子宝    ビタミン   E1  、 らにより、
   差し止めるべき、 必要性もある❗     】、
    『  ビタミン  C  』    ;
  【    C6    ➕    H8    ➕    O6    】   ;
       。

       亜鉛     Zn      ;
       5  ~  ➕  mg 。

      ビタミン   B6     ;
       ➕  ~  20   mg 。

      ◇◆    『  ビタミン   B6  』  ;
 【     アミノ酸、への、代謝を成す、
  事で、    タンパク質、への、
  代謝を成し、
  免疫な機能らの、 正常な働きを維持し、
   皮膚の抵抗力を増進し、
  赤血球の内側にある、  タンパク質な、
  ヘモグロビン 、への合成、や、
  神経を伝達する物質、への、
  合成、 など、 と、
   脂質、への、 代謝にも関わる、
    代謝員❗    ;

      生鮮食品らの中では、  通常は、
   リン酸     ;       H3PO4     、 や、
  タンパク質 、 と結合した状態で、
  存在しており、 
   調理や消化の過程で、 分解され、
  最終的には、  ピリドキサール、や、
  ピリドキサミン、とか、
  ピリドキシン 、 となって、 
 人々の体の本当の内側へ、 吸収される❗  ;
 
     水へ溶ける、 水溶性な、
    補酵素   ホコウソ  、 であり、
 脂溶性な、 補酵素ら、などとは、異なり、
  より、人々の体での、備蓄性に欠ける    】   ;
 【    C8      H11     N      O3    】   ;
     、 
     『  高  タンパク  食  』、 の、
  有用性の、 あり得る、度合い、を、より、
  余計に、 成し付ける、のに必要なのが、
   タンパク質への代謝に要りような、
   補酵素   ホコウソ  、 である、
   ビタミン  B6 ❗    ;

    仮名で、 6文字、 な、
   タ・ン・パ・ク・し・つ、とは、
   6 、 で、 重なり得てもある❗    】   ;
       。

       E400    ✖    1  。

        ◇◆      『   ビタミン  E  』  ;
   【     人々が、  大量に撮るべき、
   ビタミン  C  、 などが、
    他者から、  その枠内の、 電子を、
   自らの側へ、 引き寄せて、 奪う、
   電子強盗になる事を、  未然にも、
  より、 差し止め、
   子宝    ビタミン   E1 、 を、
   はじめとして、  色々とある     】   ;

【    バス・ジャック事件に巻き込まれて、
   大火傷を負わされた後に、
   女流作家に成った、 日本人が、
   ビタミン  E  、 の、 大量な、
  肌への塗布、 や、 摂取により、
   その火傷した肌の健全性を、 大いに、
  回復し得た例、 などが、
    報告されている❗     】    ;
 
     『  ビタミン   E  』   ; 
  【    C29    ➕    H50    ➕    O2    】   ;
          。

      ビタミン   D    ;
        5千  IU   。

        ◇◆    『  ビタミン  D  』  ;
    【     コレステロール 、 を、
  自らへの原料としており、
  2つがある、 腎臓 、たちが、
    働き者な、 活性型にしてくれ、
   それが、  欠乏すると、
   若年死が増える、 事が、
   判明し得てある、 補酵素 、な     】、
     『  ビタミン  D  』  ;
 【    C28       ➕    H44       ➕    O     】   ;
     。

       ビタミン  K    ;
         20  mg  。

       ◇◆      『  ビタミン  K  』   ;
 【        脂へ溶ける、  脂溶性、の、 
   ビタミンの一種で、 
  『    C31    ➕    H46    ➕    O2    』
   、などの、 色々な物があり、

    『  ビタミン   K  依存性  』 、 の、
   タンパク質 、らの活性化に、 必須であり、
    動物の体内で、  血液の凝固や、
    組織の石灰化に関わっており、
     欠乏すると、 出血の傾向性を成し、
   骨スカ症    ;    骨粗鬆症    ;     、や、     
  動脈の硬化に関連している❗
   、 と、 考えられており、
   過剰症は、 特に、 ないが、
   血栓症の人などは、
   摂取量を制限されることも、ある。

    ビタミン   K   、は、  小腸から吸収され、
   カイロミクロン  、 にとりこまれ、
  リンパを介して、 肝臓に移行し、
    血液の凝固に関わる、
    因子を活性化し、
    骨の、 繊維状の、タンパク質、な、
 『  コラーゲン  』、 への合成に関わる❗ 。

    LDL    ;       低分子コレステロール     ;
     、 を介して、  血潮の中を移動し、
   臓器へ運ばれ、    最終的には、 
   尿から排泄される。 

    天然に在る、  ビタミン  K  、には,
   植物に在る、 K1  、  と,
  細菌に在る、  K2   、 とがある。
   
    ビタミン   K  、の働きとして、
   最も、よく知られている物は、
  肝臓での、 プロトロンビン 、への、
   合成を触媒することで、
   食餌中での不足や、 吸収での障害とか、
   肝機能の不全、 などによって、
   K  、が欠乏すると、
   血潮の中のプロトロンビンが減少して、
  血液の凝固が阻害され、
   出血の傾向性が現れる。

     野菜類の、  ビタミン   K  、は、
   吸収されにくく、  サプリや、
   植物の油脂に含まれる、  K   、は、
   よく吸収される❗ 。
   
    納豆に含まれる、  MK -   7  、は、
   よく吸収され、 活性が高い❗     】    ;
           。

    レシチン 、 にがり。

     ◇◆     『   レシチン  』  ;
  【      lecithin   、 は、
   グリセロ・リン脂質の一種。

    自然界の動植物において、 
  すべての細胞らの中に在り、
   生体膜の主要な構成分。

   レシチン 、  という名は、
  ギリシャ語で、 卵黄を意味する 、
  λέκιθος (   lekithos 、 レキトス   ) 、
   に由来する。

    レシチン 、は、 元は、
   リン脂質 の1種類である、
  ホスファチジルコリン
(   Phosphatidylcholine   ) 、への、
  別名であったが、 現在では、
  リン脂質を含む、 脂質から成る、
   製品のことを、 総称して、 
   レシチン 、 と呼んでいる。

    市場などでは、 原料に、
  何を使用しているかで、分類され、
  卵黄を原料とするものは、
  「  卵黄  レシチン  」、
  大豆を原料とするものは、
「  大豆  レシチン  」 、
  と呼ばれ、区別される。

    レシチンの特性として、
   油を、 水に分散させて、
  粒たちの各々を作る、 『  乳化力  』、
   皮膚や粘膜から、 
   物質を透過させて吸収する、 
   浸透作用がある。

     これらがゆえに、
   医薬用な、 リポソーム  、への材料、
  静脈への注射用な、 脂肪乳剤、
  痔や皮膚病への治療薬として、
    利用されている。

    体内で、 脂肪 、が、
   エネルギーとして、 
   利用され、貯蔵される際に、
  タンパク質 、 と結びついて、
 『  リポ・タンパク質  』、 となり、
   血潮らの中を移動するが、

  この、タンパク質、と、脂肪の結合に、
  『  レシチン  』 、を必要とする。

     体内の、 レシチンの総量は、
  体重が、 60  Kg  、 の、 ヒトで、
  6百  グラム  、程度である。

     レシチンの不足は、
   疲労、  免疫力の低下❗、  不眠、
  動脈硬化、  糖尿病、
  悪玉コレステロールの沈着 、 などの、
  多くの症状ら、 への、 原因ら、の、
   一定の度合いで、 あり得る     】    ;
         。

      ◇◆    『  マグネシウム    Mg  』     ;
  【     その原子の核を成す、    正電荷、な、
  陽子 、が、  12個 、があり、
   よって、  その原子番号が、 12  、 の、
   金属な、 元素 、であり、
    人々の体においては、
   カルシウム   Ca  、 が、  ちぢこめる、
   筋肉ら、の、各々を、
  より、 ゆるめる、働きも成し、
    インスリン 、が、
    細胞ごとへ、 送り届ける、
    『  ブドウ糖  』、を、
  自らが、 細胞らの内側にも、
  十分に、ある場合には、
  その細胞の内側へ、 引き入れる、
  働きも成す、 
   ので、
    マグネシウム    Mg ❗ 、 が、
  人々の体において、 不足させられる、
   事は、
  その人々において、
 『  インスリン  抵抗性  』、 を、高めて、
   あり得る、 血糖値ら、を、
  より、 余計に、 成し増さしめたり、
   心臓での筋肉らのちぢこまりようら、
 を、 より、 ゆるめ得なくして、
  突然死 ❗ 、を、 成さしめたりする、
  向きへ、 余計な、圧力をかける、
    事になる❗    】   ;
        。

    高タンパク  /  低糖質食 。

    R2.5  、に、  当院     ;     藤川医院    
   、 を、 受診。

    先日に、 他院で測定した、

       フェリチン    ;       87  。
   プロテイン    ➕     メガ・ビタミンで、

    ・爪が丈夫になった。
  ・気分が安定した。
  ・泣くことがなくなった。
    B50  、が、苦手で飲めない。

   →     メグビー・ミックス     ;
           1  /  2包    ✖    2   。

    インクレミン    ;     
      ➕   ml    、 を開始。

     一週間後に、 再診、

     プロテイン     ;       
       5  g    ✖    2   。

    メグビー・ミックス      ;
        1  /  2    ✖    2   。

    インクレミン  、は、  下痢をするため、
     5  ml   、 のみ。

     R2.6、
   インクレミン     ;
    ➕  ml   、 を、 飲めるようになった。

   ・挨拶できるようになった。
 ・しっかりしてきた。
 ・明るくなった。
 ・下痢をしなくなった。
  ・アレルギーが、 かなり、 改善し、
   鼻水が出なくなった。

    見た目にも、 とても、穏やかで、
  受け答えも、しっかりしていて、
   2歳児には、見えない。
     4  ~  5歳レベル? 。

   心室中隔欠損も、治るだろう。
   お母さん、凄いね。

    元の記事は、こちら

        ◇◆     『  亜鉛   ➕   銅  』   ;
  【     亜鉛   Zn    ➕     銅   Cu     ;

    ・・水へ溶ける、 水溶性、 な、
    物ら、の、全てを引き受けて、
  処理する、
  『  腎臓たち  』、 の、 各々の、
  どちらか、や、 両方から、
 『  エリスロポエチン  』、 なる、
  ホルモン、 が、 血潮へ送り出され、
  それが、
  『  骨髄  』、を成してある、
   細胞らへ届く、と、

 『  赤血球  』、 たちが、 
  より、 作り出されて、
 血潮の量が、 増やされもする、
  事になる、 が、

  『  赤血球  』、 を、 作り合うのは、
  ビタミン   B群   、 に含まれる、
  補酵素   ホコウソ  、 な、
  『  葉酸  』 、 に、 
  同じく、 補酵素 、 な、
『  ビタミン  B12  』、 と、
 『  鉄  Fe  』、 だけではなく、

 『  鉄  Fe  』、 を、
  しかるべき所らへ送り届ける、
 『  銅  Cu  』、 も、
  必要なのだ ❗ 、 という。

  この、 『  銅 Cu  』、 は、

   イカ、や、 タコ、の血潮にあって、
   自らへ、 酸素   サンソ   O  、 を、
  くっ付けて、 彼らの各々の、
  体の細胞たちへ、 それを送り届ける、
  運び員をやっており、
   それが為に、
  イカ、や、 タコ、の、血潮らは、
  青く見える状態を成してあり、

    人々の体らにおいては、
   白髪に成る、のを防いで、
  より、 髪の毛ら、などをして、
  本来の色を失わずに、
  在り続けさせるべく、
    髪の毛らの根の所で、 入れ替わるべき、
   色のある新手と、  能く、
  入れ代わるようにする、
  働きも成してあり、

 三石分子栄養学➕藤川院長系らによると、
  『  銅  Cu  』、 への、
  過剰な摂取による、 害らは、
 『  亜鉛  Zn  』、 への、
  摂取を、 相応に、 成す事で、
  防がれ得る、 という     】   ;
      。

      ◇◆     『  銅  』   ;     Cu    ;
 【     その原子の核を成す、  正電荷、な、
   陽子    ;     プロトン    ;     、  が、
    29個 、  があり、
  よって、 その原子番号が、  29 、 の、
  金属な、 元素であり、
   人々が、 その体の外側から、 必ず、
   摂取し続けるべき、
   必須の、 ミネラル、 の、
   16種のうちの、 一つ❗     】  ;
          。

      ◇◆   『  亜鉛  』   ;     Zn    ;
  【     その原子の核を成す、  正電荷、な、
  陽子    ;    プロトン    ;      、 が、
   30個 、 があり、
   よって、   その原子番号が、   30  、 の、
    金属な、 元素であり、
   人々が、  その体の外側から、 必ず、
  摂取し続けるべき、   
   必須の、 ミネラル、 の、 
  16種のうちの、 1つ     】   ;    
         。

      ☆      高脂血症に対する、 
    プロテイン     ;      20  g    ✖    2
      ➕    ナイアシン    ;
       5百  mg    ✖    6    ;

     1年半を継続している。
   他に、
    B50 、 C1000 、  E400
   、を、 標準量を継続。
   見事に、 高脂血症が改善している❗ 。

    ・ナイアシンは、   他の、
  どんな、 高脂血症への治療薬より、
   安全、かつ、 有効な、
   高脂血症への治療薬である。

   ・ナイアシン  、の投与により、
   血潮の中での、  コレステロールの値は、
   高い人は、 下がり、
   低い人は、 上がり、   180
   ・に収斂する❗ 。

     ・ナイアシンは、
    中性脂肪を下げ、

   【     血潮にあって、  その行く先々で、
   脂員    ヤニン   、 らを配る、   
   自らを成す、 分子の、 比ぶるに、
    少ない方の、  コレステロール、 で、 
  『  悪玉   コレステロール  』  
     、 などとも言われる、
     低分子   コレステロール 、 な     】 、
   LDL  -  コレステロール   
    、 を下げ、

    【     血潮にあって、 その行く先々から、
   脂員らを回収しては、  肝臓へ、
   送り届ける、  自らを成す、
    分子の、 比ぶるに、多い方の、
    『  善玉  コレステロール  』
   、 などとも言われる、
    高分子  コレステロール  、な     】 、
    『  HDL- コレステロール  』
   、 を上げる❗ 。

    ・ナイアシン     ;
     2  g   、 の投与にて、
   中性脂肪 、と、  
    LDL  -  コレステロール     ;
 『   低分子  コレステロール   』    ;
   、 は、
    50  %  、 を低下し、
   HDL -  コレステロール    ;
 『   高分子  コレステロール   』
  、は、  
    35  %   、を増加する。


         ◇◆     『  ATP  』     ;
  【    アデノシン  3  燐酸  リンサン    】   ;
  【     炭素    C10          ➕      水素   H16
     ➕     窒素   N5       ➕     酸素   O13
      ➕      燐   リン   P3      】    ;
 【   C10   H16   N5   O13  P3   】   ;
    【    エネルギー、らを、 放つ、
  もとな、 分子であり、
   燐酸    ;       H3PO4    ;       を、
   自らへの構成因として、成る、
      ATP     】    ;      

      ◇◆    『  アデノシン  』    ;
 【     遺伝情報らを帯びる、 核酸 、
   を構成する、  塩基らの1種員、 な、
  アデニン 、と、  リボース   ;  (  糖  )  
   、とが、 結合した物であり、

    『  塩基  』  、は、   化学において、
   電子強盗、な、 『  酸  』、 と、
  対になって、 働く、  物質の事であり、
    一般に、 正電荷、な、『  プロトン  』   ;
  『  陽子  』    ;     、  を受け取る、  または、
   負電荷な、 電子対を与える、 物質 。

     核酸    ;   (    DNA  、   RNA   )   
  、 を構成する、  
   ヌクレオシド 、らの、 一つ❗   ;  
 【    C10    H13   N5   O4    】   ;
     、  
      ◇◆     『   燐   リン   P  』    ;
   【     その原子の核を成す、   正電荷な、
   陽子     ≒      プロトン    、 の数が、
    15個  、 であり、     よって、
  その原子番号が、   15   、 な、
    窒素族元素らの一つ。 

   黄燐な、 白燐や、 紫燐  シリン  、と、
   黒燐や、赤燐、  などの、同素体らがある。

    黄燐は、 蝋  ロウ  状の固体では、
   毒性が強く、  空気中に置くと、
   自然に、発火し、 燐光を発する❗ 。

    天然では、  単体としては、無く、 
  燐酸塩 、 などとして在り、
   鉱物や、動植物界に、広く在り、
   主要な鉱石は、 燐灰石だ     】   ;
         。​

     ☆     最強のコスパ健康法❗  ;
      これからが楽しみ    ;

  「  すべての不調は  自分で治せる  」、
   アマゾン・カスタマー・レビューより   ;

    40歳の女性、 子供は、4歳と、9歳。
   31歳で、一人目を出産してから、
  坂道を転がり落ちるように、 体調が悪化。
    日常生活もままならないほど、
   辛いのに、 家事と育児は、休みなし。

    極度の冷え性、 不眠症、
  とにかく、疲れやすくて、
   怪我と病気ばかり。
  ほんと、死ぬか、 と思いました。

    高額な整体や鍼灸、漢方薬
  、 など、 色々と試しましたが、
  効果は、いまひとつで、 散財する一方。

    三か月前に、 この本と出会い、これだ❗
  、と思って、すぐに、
   高タンパク・低糖質を開始。

   (   「  うつ消し  ごはん  」、の、
  タイトルは、 知っていましたが、
  私は、 鬱じゃないし、 と思って、
   スルーしてました。
   しかし、 やっぱり、 完全に、
   鬱でしたね❗   ) 。

       一か月目  ;
   プロテイン    ;      20  g    ✖    2
     ➕    鉄    ;     18  mg
     ➕    ATP  セット  。

      二か月目 ;
   プロテイン    ;      20  g    ✖    2
      ➕    鉄    ;     36  mg    ✖    2
      ➕    ATP  セット    ;    (   メガ量   )  。

    三か月目 ;    
   プロテイン    ;      20  g    ✖    2
     ➕    鉄    ;      54  mg    ✖    2
     ➕    ATP  セット
     ➕     アドオン・セット
     ➕    EAA    ;      15  g  。

    ↑今は、ここです。
    ちょうど、 今は、
   コロナ騒ぎの真っただ中で、
  病院に近づかない方が、いい、と思って、
   フェリチン 、 と、 BUN  、は、まだ、
  はかっていません。

      ◇◆     『  BUN  』  ;
 【     その体に、 あり得る、
   タンパク質らの度合いを反映する、
    窒素   N  、 を含む、 
   『  尿素  窒素  』     】     ;
           。     

    とりあえず、  生理前の、
   貧血症状がなくなるまで、
  鉄分を飲み続けていきます。

   ナイアシンのおかげで、
  睡眠導入剤を飲む、頻度が減りましたし、
  花粉症も、ほぼ、治りました。

    PMS    ;        月経前症候群    ;
  、は、  ありますが、  以前と比べると、
   軽く、 経血量も減りました。

    冷え性も、だいぶ、
   良くなってきました❗ 。
   お肌の調子もよくなってきましたが、    
  なぜか、 顎と首に、沢山の、
  ニキビができる様になってしまいました。

   ナイアシン・アミド 、を、 徐々に、
  ナイアシンに、シフトしていますが、
  なぜか、頻繁に、吐き気があります。

  (    ナイアシン     ;      
    5百  mg    ✖    3   、
   ナイアシン・アミド    ;
     5百  mg    ✖    3    ) 。

    ナイアシン・アミドを卒業したら、
   吐き気も卒業できる、 と期待。

    少々は、問題のある子供たちにも、
   少しずつ、 プロテインや鉄分を飲ませて、
  高たんぱく/低糖質を心がけています。

   自閉症傾向の、 4歳児は、 かなり、
  落ち着いてきたように思います。

    多動・情緒不安定・学習障害傾向の、
   9歳児は、 糖質への依存が強くて、
   難しいですが、 徐々に良くなる
   、と、希望が持てるようになりました。

  (    小児科で相談したら、
  病名を頂けたと思いますが、
  我が子を薬漬けにしたくなかったので、
  受診は、しませんでした    ) 。

     こんなに貴重な情報を、書籍で、
  公開していただけて、
   感謝しか、ありません。

   藤川先生の大きな愛と志を感じました。
  分子栄養学を指導しているクリニックは、
   首都圏にありますが、
  高額な自費治療になるので、
  一般人には、 ハードルが高すぎます。

    ア〇ウェイや、 ニュー●キンの、
  サプリを、 妊娠中や授乳中に、
  飲んでいましたが、
  足りてませんでしたね❗  (  笑  )。

   最近に、  ライ△ップで、
  【     炭水化物な、 糖質、 への、
  摂取を制限する     】 、
   糖質制限が、 ブームになっていますが、
   一時の流行で終わるのではなく、
  正しい知識が、 世の中に定着して、
  常識化してくれることを願っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      ☆     藤川院長❗   ;

    冷え性、  疲れやすいのは、 完全に、
   ATP 、 の不足ですね。

     お子さんのおられる女性は、 全員が、
   鉄タンパク不足です❗ 。

    食事だけで、必要な、
   タンパク質を摂取することは、
   不可能です。

   卵、肉を食べつつ、
  プロテイン     ;       20  g    ✖    2
   、 を追加するのが、 効率的です。

    処方薬のフェルムは、
    100  mg   、 なので、
  Nowアイアン     ;     36  mg    ✖    3
  、 が飲めると良いです。

    PMS  、  過多月経には、
    C    ➕    E    、 が、  効果があります。

    C1000    ✖    6  ~  9   、

    毎食後に、   ➕    E400    ✖    5   、
  朝、の、 メガ量を推奨しています。

    不眠には、
   ナイアシン 、 が効果があります❗ 。

    発達・行動障害のあるお子さんには、
   プロテイン    ➕    鉄
    ➕    ナイアシン・アミド
  、が、 最も、効果があります❗ 。

    ナイアシン・アミド  、は、
    6歳までには、 
     5百  mg    ✖    3  、
    7歳以上は、
     5百  mg    ✖    6  。


         ◇     EAA パラドクス❗  ;

    【     タンパク質らのどれ彼を構成し得る、
  必須な、 アミノ酸、たち、な     】  、
    EAA 、での、  パラドックス    =
    EAA 、のみの大量な摂取は、
   EAA 不足を引き起こす❗   ;

     EAA  、への大量な摂取による、
   不調は、
     ビタミン   B6  、  ビオチン  、
  その他の、 ビタミンや、
  ミネラル、 での、  不足性による❗ 、
  と、 言われているが、
  それは、 本質ではない❗ 。

    【     人々の体の内側で、  より、 全く、
   合成され得ないが為に、
     その体の外側から、 摂取し付けるべき、
   命に関わる必要性を帯びてある     】 、
   必須アミノ酸の桶理論は、
  非必須アミノ酸が、 十分な量、 で、
  ある❗ 、
   ことが、 前提条件。

    非必須アミノ酸は、
  必須アミノ酸から、作られる❗ 。

    非必須アミノ酸が、十分にある、
   前提のもと、での、 
   各必須アミノ酸、 の、 必要量の比率が、
    プロテイン・スコア❗ 。

     EAA 、のみの大量な摂取では、
   EAA 、が、  
   非必須アミノ酸、らへの合成に浪費され、
   プロテイン・スコアが低下する❗ 。

     つまり、   EAA 、のみの、
   大量な摂取は、
   EAA 、の不足を引き起こす❗    ;
  「   EAA  パラドックス   」。

     非必須アミノ酸は、
 ”  体に不必要な、アミノ酸  "  、ではない❗。

   ”   体に必要だが、必須アミノ酸から、
  合成が可能な、アミノ酸❗  ”  。

    1日に、  10  g  、 以下の、
    EAA  、なら、  食事で、
   非必須アミノ酸らを補えるので、 
    安全❗ 。

    つまり、
  ESポリタミン      ;
     2 g     ✖   3   、は、 安全❗ 。

     ◇◆     『  ES  ポリタミン  』   ;
  【     色々な、 アミノ酸、 たちから成る、
   『 タンパク質  』、らを成す事へ向けて、
   その、 アミノ酸、たちを補給する薬     】  ;
        。

    10  g   、 以上の、 
   EAA  、を摂取する時には、
   非必須アミノ酸らを、
   食事だけでは、補えない❗ 。

    EAA  、の、 3倍の、
    『  プロテイン  』      ;
 ≒    【     色々な、アミノ酸たちから成る、
  『  タンパク質  』   】   ;
 『  タンパク質な、 サプリメント  』   ;
     、 を併用するべき、 必要性がある❗ 。

     プロテイン    ;
    30  g   ➕   EAA  ;    10  g  。
     プロテイン     ;
    60  g    ➕   EAA  ;    20  g  。


      ☆    新しい生活習慣で健康寿命をのばす❗  ;

   「  すべての不調は  自分で治せる  」、
   アマゾン・カスタマー・レビューより   ;

    タンパク質の不足が、 体調不良、への、原因だなんて、
    思ってもみませんでした。
   血圧が低く、 疲れやすく、いつも、だるい感じで、
   風邪もひきやすく、 花粉や紫外線アレルギーもあり、 年中に、
   体調不良です。

   お菓子大好き、 揚げ物大好きで、特に、
   スナック菓子は、毎日に食べてました。

     プロテインを摂るようになってからは、
  お菓子を少しづつ減らすことができ、 今は、 
    ほとんど、食べてません。


      ◇◆      【    異食い性の欲求性ら❗    ;
    甘い物ら、を、 やたらに、
   飲み食いしたがったり、
     暑くもない頃合いに、 やたらに、
   氷を口に含みたがったり、
    新聞紙を、 ムシャムシヤと、
   食べたがったり、 する、
     その主の、 命や健康性を、 能く、
   成し付け得てゆく上での、
   必要性の、 無い、 
   飲み食いの宛ての物らへ対する、
   欲求性ら、 であり、
    タンパク質 、 を、  その一方に、  
   必ず、 含む、  
   あるべき、 代謝員ら、への、
   あるべき、 度合いら、での、
   飲み食いなどによる、 摂取ら、において、
   より、 漏れ、ら、を、成し付けない、
   事によって、 より、 未然な内にも、
  その、 あり得る、 発ち現れようの、
  度合いを、 差し減らし得る、
   が、
   特に、   日本人たちにおいては、
   タンパク質、 と、 より、  危険な、
   電子強盗、な、 状態である、
   『  鉄   イオン  』、 な、 状態を、
   成さない、 方の、
   『  鉄分  』、  と、 への、 
   補給や備蓄の度合いら、を、
   一定以上に、 成し付け得て、
    タンパク質と鉄分とでの、
   不足性ら、 を、  より、
   埋め余し得る、 度合いら、 を、
   一定以上に、 成し付け得る、
   事で、   より、  未然な内にも、
   異食い性の欲求性ら、の、 成る、
   あり得る、 度合いら、を、より、
   差し減らし得る❗     】 。

   ジムに通ってる人だけが、 飲む物
  、 と思ってましが、  全然に、違いました。

     三か月くらいを、 
   高タンパク、低糖質、メガビタミン生活を続けてます。

    友達から、 肌が綺麗になった❗
   、と、 褒められました。

   朝も、普通に起きられるようになり、  疲れにくくなり、
  花粉症も、ましになってきて、
   健康と美容の両方に、効果が現れました。
  藤川先生、新しい生活習慣をありがとうございます😊
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      ☆      藤川院長❗    ;

    普通の食事をしている人は、 全員が、タンパク不足です。
   特に、 女性のタンパク不足は、 極めて深刻です。

    女性に多い疾患、  たとえば、
  リウマチ、甲状腺機能低下症、シェーグレン症候群
  、 などは、 その全てで、
   タンパク質の不足が、原因です❗ 。

    上記の疾患らが、 産後に発症する場合が、多いのも、
  妊娠と出産で、 より、タンパク不足になるからです。

     DNA  、には、  
   タンパク質の作り方が、 書いてあります。

    必要に応じて、
   DNA  →  mRNA  →  タンパク質  、を合成❗ 。

     タンパク質の不足があると、  上記の、
   コーディングが阻害され、 健康を維持できません。
     タンパク不足による、
  「  コーディング不足病  」、 です。


    ◇◆     『  遺伝子らの日頃の仕事  』   ;

   『    特定の、 タンパク質、 を、
   自らの含まれてある、 細胞、 の、
  内側の物らに、 作らしめる事❗   』   ;

   【     遺伝子らを膜に包んで、
   自らの内に含んである、  細胞ごとの、
   内側において、

   自分の側の、  負電荷、な、
  電子   e➖   、 を、
    電子強盗、な、 
  『  酸化体  』   、 である、  物質へ、
   与え付けてやる、  能力性な、
   『  塩基性  』、 を、 帯びてある、
   分子なり、 物質なり、 な、
    『   塩基   』、 ら、 が、
   遺伝子、の、 本体な、   DNA     ;
   『  デオキシリボ    核酸  』   ;
   、の、  一定の度合いらを成しており、
    その身柄に帯びられてある、
   が、

      この、 塩基、の、 
   3つごと、が、   一つごとの、
   並びよう、を、 成し合っており、

     その塩基らの一つごとへ、

      『  RNA  』     ;
    『   リボ    核酸   』    ; 
    、 の、 身柄を構成する、
    塩基ら、の、
   分子としての構成の異なる、
   一つずつが、
    対応すべくあり、

    塩基、な、 アデニン     ;
  【     C5     H5     N5     】    ;
  、へ対しては、
   塩基、な、 ウラシル     ;
  【    C4    H4    N2    O2    】    ;
   、 が、 宛てがわれ、
   塩基な、 シトシン    ;
  【    C4    H5    N3    O    】    ;
   、へ対しては、
   塩基な、   グアニン    ;
  【    C5    H5    N5    O    】    ;
  、 が、 宛てがわれるべくもあり、

      その、 3つごとによる、
  一つごと、 の、  並びよう、へ、

    色々な、アミノ酸たちの中の、
    1種類員、な、
    アミノ酸、が、
   一つだけ、 で、 
   宛てがわれるべくあり、 

     同じ細胞の内側にある、
   『  リボゾ一ム  』、らの各々において、
    『  リボ   核酸  』、 が、
  その身柄に帯びて、 持って来た、
   3つごとの、 塩基ら、な、
   一つごとの、 並びよう、ら、 へ対して、
   一つずつの、 アミノ酸、 が、
   宛てがわれる形で、
   次々に、 立体的にも、
   色々な、アミノ酸、 たちが、
    連ねられ、 組み合わせられてゆく、
   事で、
   特定の、 タンパク質らの各々が、
   形作られてゆく❗ 。 

    遺伝子らの各々は、
  自分では、 何もしない、が、
  『  リボ   核酸  』、 らの、
   働きようらにより、
   特定の、 タンパク質、 を、
  毎日に、 いつでも、 必要に応じて、
   自らの含まれてある、
   細胞の内側の物らに、 
    作り出さしめる、 事を、
   自らの、 日頃の仕事としており、

    あるべき、 代謝ら、の、
    成る、事や、
   健全性、 などの、 全ては、
   遺伝子らが、 能く、 特定の、
  タンパク質ら、を、 細胞ごとに、
   作り出さしめる、 事を、
   大前提として、 ある❗     】   ;
            。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント