日本医学; 話方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; 体力性、と、健康性、とは、必ずしも、平行しない❗

     ☆   体力性と、健康性、とは、
   必ずしも、 平行しない❗    ;

     ☆    日本医学 ;    和方 ❗   ;
  三石分子栄養学➕藤川院長系;   代謝医学❗ ;

    ☆    代謝員らの合体性の度合い、
  による、 代謝ら、の、あり得る度合い     ;

   タンパク質な、  酵素    コウソ  、
  と、   
  補酵素    ホコウソ   、 な、  
   ビタミン 、か、
   補因子 、な、  ミネラル 、
   とは、
   文字通りに、  『   合体   』、をする、
  事により、  
   『  代謝  』、 な、 働きを成し合う、
   代謝員ら、 であり、
    
      この代謝員らの合体性の度合い、
  が、 一定以下である場合らにおいては、
   どの、代謝、も、成されない❗ 。

     人によって、 
  代謝員らごとの、合体性の度合い、
  が、 異なる、 だけでなく、
  同じ一人のヒトにおいても、
  その、 代謝員らごとに、
  合体性の、 能く、成され得る、
  あり得る、度合いは、
  異なり得る❗  。

    この、 三石分子栄養学➕藤川院長系 、
 で、 言う所の、

     代謝員ら、ごとの、
  代謝を成す上で、 必要な、
  合体性 、での、 あり得る、 度合い、
  らの系でもある、
    『   確率的  親和力   』、 
  らにおける、 不足性、らを、
  より、 埋め余し得るような、
  度合い、ら以上の、  度合い、らで、 
  
   必ず、 その一方に、
  タンパク質、らを、 含む、
  
   あるべき、 代謝員ら、 への、
  飲み食いなどによる摂取ら、
  を、 成し付ける、
   事が、
   人々が、 その命と健康性とを、
  より、 確かに、 より、 能く、
   成し得てゆく上で、
  他の何よりも、
  圧倒的に、 重要な事であり、
    
    これの度合いを、 欠けば、欠く程に、
   人々の命や健康性を、
  より、よく、成すべき、
 運動ら、や、 薬らに、
 手術ら、などの、
 あり得る、 効果らの度合いらは、
  より、 小さくなり、
 
    それが、 一定度合い以上に、
  欠けてしまうと、
  何をしても、 助からない、
 状態に、 誰もが、成る❗  。
 
    どんな健康法も、 どんな治療も、
  どんな薬も、 どんな手術も、
  どんな運動も、 
    代謝員らごとの、
  『  確率的   親和力  』、 らでの、
   あり得る、 不足性ら、を、
    埋め余し得る以上の、 度合いらでの、
  あるべき、 代謝員ら、への、
   飲み食いなどによる、 摂取ら、の、
  質としての度合い、や、
  量としての度合い、 を、
   欠けば、 欠く程に、
  より、 その人々の命や健康性を、
  能く、成さしめる、  その、 あり得る、
  効果らの度合いら、を、
  より、 小さくされ、
   それが、一定度合い以上に成れば、
  誰もが、 必ず、 死に至る、
  のであり、

     癌   ガン   、などを、
   我が身に成しても、
  完治する人々が、成る、一方で、
  再発させる人々が、 成る、のも、
     この、 あるべき、度合いら
   ≒     つまり、
   『  確率的   親和力  』、 らの、
  あり得る、 不足性 、らを、
  より、 埋め余し得る、 度合いら     、
   での、
  あるべき、代謝員ら、への、
  飲み食いなどによる摂取ら、について、
   より、 有り余らしめる、 のと、
  より、 欠かしめる、 のと、の、
   互いへの、 違いよう、 らに、
   決定的な、 要因性ら、がある❗  。

      他者の枠内の、   負電荷な、
  電子    e   、 を、   
   対電子の相方にすべく、
   自らの枠内へ、 引き寄せる、事で、
   他者の電子を奪い寄せる、
   働きを成す、    電子強盗、 な、
   活性酸素ら、は、
  必ずしも、 酸素    サンソ   、では、ない、
    物ら、だが、
    大食い細胞、 とも、言われる、
   血潮の内外を動き回れる、
   単細胞、 な、 マクロファージ 、
   の、 中にあって、
     マクロファージ 、が、 
    その膜に包み込むようにして、
    呑み込み宛ての、  細菌 、
   などへ対して、
    その枠内の電子を奪い去る事で、
   細菌、 などを解体して、
   殺す、 などして、
    人々の体の健康性を成す事への、
  足しになってある、
   一方で、
    運動性らを成すと共に、
  その体のあちこちに成り立って、
    他者の電子を奪い寄せる事により、
  その身柄の構造らや機能らを、
  より、損ないもする。

     あるべき、代謝員ら、への、
   あるべき、度合いら、での、
   飲み食いなどによる摂取ら、
  を、 より、 欠けば、 欠く程にも、
    それらが、 能く、満たされ得ている、
  場合らにおいては、
   より、 適度な運動性らであるものが、
   より、 可能的な損害性らを成す、
  過剰な運動性らに、 その質を、
   変えられてしまう事になる。

     また、  運動性らも、
   気の持ちようら、などと、同じく、
   代謝系の外側から、
    あるべき、代謝ら、の、
   成る、と、成らぬ、とを、
  左右し得る、ものら、であり、
    あるべき、度合いら、などを、
   変化させないとも、 限らない、
   ものら、でもあり、
     同一の人が、
   より、 運動性らを成す場合にも、
   より、 運動性らを成さないであった、
  場合の、 
   あるべき、代謝員ら、への、
   摂取らのありようら、 と、
    同じような、 ありよう、な、
     摂取らを成す事が、 
     その、あり得る、健康性を、
  よく、成す上で、
   妥当な事である、とは、限らない。

     医療機関らでの、検査らによる、
  数値らを帯びてもある、情報な、
  事柄ら、や、
   医療機器らによる、それら 、
  の、 変化の、 ありようら、や、
   一定である、 様ら、 を、
    よく、 踏まえ、
    我彼の成す事ら、と、
   成さない事ら、とを、
  よく、 観察し、 分析もして、
   関連付けて観てゆく事で、
     特に、  場合ごとの、  確率的親和力ら、
  の、 あり得ようら、などを、
    探り探りしてゆくべく、
   我彼の健康性らを、能く、
  成すべき、 人々は、ある❗ 。
       
   
      ☆     マラソンでは、 
   水分と塩分を適切にとらないと、
  『  急性  腎不全  』、 を成す、
   危険性がある❗   ;

   2019年  9月15日  22時00分  ;
  by   RUN 4 FFWPU    ;

     マラソン・ランナーが、
  マラソン中に失った水分と塩分に関する、
  研究から、
   長距離走に挑む、 走員    ハシリン   、
  らは、   水分だけでなく、
  塩分も、 適切に摂取しなければ、
   腎障害により、  
  命を落とし得る、 危険性がある❗ 、
  ことが、 判明しました。

The   Role   of   Volume   Regulation    
and   Thermoregulation    in    AKI 
  during    Marathon   Running     | 
   American   Society   of   Nephrology

   Marathoners,    Take   Your   Marks … 
  and   Fluid   and   Salt ❗

    マラソンは、   紀元前、の、  450年に、
   マラトンの戦いで、   
  ペルシャの大軍を破った、  アテナイ軍の、
   伝令兵が、  マラトンから、
  約   40  Km   、を離れた、
   アテナイ  、  までを走破して、
   吉報を伝えた、   
   という、  故事が、  語源です。

     歴史書では、  伝令兵、な、
  フィディピディス氏は、
  勝利を伝えた直後に、 息を引き取った、
  と、 いわれていますが、
    マラソンが、 プロ・アマを問わず、
  走員らの間に浸透した、 須方   スポー    ;
   スポーツ    、  になった現代においても、
  「    マラソンは、   すべての須方の中で、
   突然死が発生する数が、 最も多い   」、
   種目になっています。

     ≒       カルシウム    Ca  、が、
   ちぢごめる、 筋肉ら、を、
  マグネシウム   Mg   が、  ゆるめる、
   働きもするので、
    マグネシウム   Mg  、 を、
   一定度合い以上に、  欠くと、
   その主らへ、 突然死が訪れる、
   事に成る❗  。

     また、  コレステロール 、を、
  自らへの原料として成り得る、
   ビタミン   D  、 の、 欠乏が、
   若年死を増す、 事が、
   判明し得ている、
   と、 報道され得ており、
     
     ビタミンら、や、ミネラルらに、
  タンパク質ら、な、
  あるべき、代謝員ら、を、
  一定度合い以上に、 欠く事は、
   当然に、 その主らを殺す事になる❗ 。

        前の研究では、
   マラソンを終えた馳員ら、の、  実に、
   82   %   、 が、
   急性腎不全を発症している、
  ことが、 判明していましたが、

   そのメカニズムは、
  よく、 分かっておらず、
   熱中症が、
  急性腎不全を引き起こすことから、
   体温の上昇が、 原因なのではないか、
  と、推測されていました。

     そこで、
  ジョンズ・ホプキンス大学医学部の、
  腎臓科医である、  Chirag   Parikh  氏らの、
   研究チームは、   2017年に、
  アメリカのコネチカット州は、
  ハートフォードで開催された、
  マラソン大会の参加者を対象とした、
  モニター調査を実施しました。

    調査では、 
 「   列須   レス    ;
   レース    、 の前後の、
   血圧・心拍数・体重    」、
   「    マラソンを開始の、  24時間前  、
  ・マラソンを終了の直後  、
  ・マラソンの終了から、 24時間後の、
   3回の血液・尿検査   」 、
  「   マラソン中の体温    」 、
  「    汗を収集する、 パッチにより、
  集めた、 マラソン中の汗   」 、  
   など、
   マラソン後の血液と尿だけだった、
  以前の研究よりも、 格段に、
   詳細な項目が、
   検査への対象になりました。

     マラソンのレースが終了してみると、
   調査の対象となった、   
   23人の馳員ら、のうちの、
   12人が、  マラソン後に、
   急性腎不全を発症していました。

    しかし、  体温の上昇は、  ほぼ、
  全ての、 馳員ら、で、 認められたため、
   研究チームは、
  「   体温の上昇は、  
  急性腎不全への直接の原因では、ない   」、
  と、 結論しました。

   また、  Parikh   氏 、 が、
   馳員ら、が失った、  水分と塩分ら、
  とを調べたら、
   馳員ら、は、  最大で、
   6・81   リットル  、    の水分と、
   7・21  g   、の、
   ナトリウム    Na   、を喪失していました。

    70   Kg  、の体重を持つ人の、
   体内の水分量は、  平均して、
   42  リットル   、 で、
  水分の、 十 %   、 を失うと、
  死への危険性がある、
   ということを踏まえると、
   水分を、  約   7  リットル   、
  を失うことが、  いかに、
  体に負担を与えるかが、 分かります。

   by   Juliano  Ferreira  記者 。

   また、  Parikh   氏は、
  急性腎不全の馳員ら、の、
   血液な、 サンプルらには、
  コペプチン  、  という物質が、
  通常の、  20倍も ❗ 、 含まれている、
  ことを発見しました。

    コペプチンとは、
   タンパク質らの各々を構成する、
  アミノ酸、 の、化合物である、
  ペプチドの一種で、
   抗利尿ホルモンが分泌される際に、
  生成される、 物質です。

      抗利尿ホルモンは、  その名の通り、
    腎臓への水分の供給を減らし、
   尿への生成を抑える働きをする、
   ホルモンです。

    研究チームは、
 「    マラソン馳員ら、の体内では、
   抗利尿ホルモンが、
  腎臓への水分供給を減らさせ、
   尿が作られないようにすることで、
   激しい運動により、
  急速に失われる、 水分や塩分の、
  釣り合いをとろうとする、  
 メカニズムが働いているのではないか   」、
  と、 推測しています。

    Parikh   氏は、
 「   水分と塩分の不足が引き金となって、
   腎臓への血流が滞り、
  腎臓が炎症を起こす❗  、 
  ことが、  急性腎不全、への、
  原因だ、  と、 考えられます    」、
  と、 述べて、
  長距離走の後の、
  腎不全を予防するには、
   水分と塩分の補給が重要だ、
  との、 見方を示しました。

     研究チームは、  今後は、
   マラソン馳員ら、が、
  命への危険性におびやかされることなく、
  マラソンに挑むことができるよう、
  選手、な、 個人にあわせた、
 最適な、 水分・塩分の補給法を見つける、
  手法を開発していく考えだ、
  とのことです。


   ☆     スクワットを、 千回を行った、
  十代の少女たちが、
  「  尿が褐色になる  」 、  などの、
  症状で、 病院送りになってしまう    ;

    2019年  7月30日   12時22分   ;
   by    Oleg   Magni    記者   ;

        竦淘    スクトー     ;
  『  スクワット  』    、
 は、   下半身に大きな負荷をかける、
  筋トレの一種で、
  ダイエットにも、
  大きな効果がある、
  と、 されています。

   そんな、  竦淘を、
  千回を行った少女たちが、
 「  激しい痛み  」、  
 「  尿が褐色になる   」、   などの、
  症状らに襲われ、  
  病院送りになってしまった、
   ことが、 報じられました。

   ;     妹子上下1000下 肌肉溶解险丢命 | 
中國報 China Press

2 Teens Hospitalized with Kidney Damage After Doing 1,000 Squats Apiece

    中国の重慶に住む大学2年生の少女は、
   夏休みに、 広東省に住む友と、
  根途で、  動画会話をし、
  その会話の中で、  自分たちの運動不足が、
    気になりだした、2人は、
  このままでは、いけない、と、思い立ち、
  一緒に、 千回の竦淘をしたそうです。

    さすがに、   千回もの、 
  竦淘をした後の少女は、 
  体調が、よくなかったそうですが、
  「   これは、 運動後の疲労だろう   」 、
  と、 思っていた模様。

   しかし、  2日後になると、  単に、
   足が痛いだけでなく、
   曲げることをすら、 
  できなくなってしまったそうです。

   さらに驚くべきことに、
 「  褐色のおしっこ  」 、  が出たことで、
   少女は、 病院に行くことを決意しました。

     病院で診察を受けたら、少女は、
 「   横紋筋  融解症  」、   という病である、
   可能性を指摘され、 さらに大きな、
  病院へと搬送されました。

    検査の結果にて、   少女の血潮の中の、
   タンパク質な、  ミオグロビン 、 たちの、
  濃度や、   
  何らかの代謝を成す、  酵素    コウソ  、な、
   タンパク質である、
  『  クレアチンキナーゼ   』、 たちの、
  濃度が、  異常な数値を示している、
   ことが判明。

     いずれの成分も、
   骨格筋、な、 細胞が、 壊死   エシ  し、
  融解して、  筋な、 細胞、の内の、
  成分たちが、  血潮の中に溶け出す、
   横紋筋融解症によって、
   血の中での、  それらの、
   濃度が、上昇するものです。

     横紋筋融解症は、 事故や負傷、
  などの、  外傷的要因や、
  熱中症、  などの、
  非外傷的要因によって、 引き起こされる、
  ほかに、
   あまりにも、 負荷が高すぎる、
   運動を行った場合にも、  
  まれに起きる病です。

   通常のランニング、 などでも、
   ミオグロビンをはじめとする、
  筋肉な、 細胞、ごとの内の、
  成分たちが、  血の中に溶け出す、
  ことは、 ありますが、
   水へ溶ける、 水溶性な、物らを、
   一手に引き受けて、 処理する、
   2つがある、  腎臓  、 たちが、
  血の中の不要物ら、を、  しっかりと、
  除去してくれます。

   しかし、  一気に、  大量の、
  筋肉、な、 細胞、の内、の、
  成分たちが、 血の中に溶け出してしまうと、
   腎臓たちが、 
  不要物を処理しきれずに、
  腎機能が低下してしまう、
   とのこと。

    最悪の場合には、
   横紋筋融解症は、
  急性腎不全を引き起こして、
  命に関わる病であるため、
   少女は、   救命集中治療室
    (   EICU   )    、  に送られて、
   治療を受けました。

    治療のおかげで、  少女は、
  回復したそうですが、 後に、
  ビデオチャット越しに、  同じく、
   スクワットを、  千回を行った友も、
  病院送りになっていた、
  ことが、 判明したそうです。

     FBI  、の、  医療責任者である、
   ブルース・コーエン氏によると、
   褐色の尿が出る、  という事態は、
  かなり深刻であり、  通常は、
  そこまで症状が進行すると、
  手遅れだ  ❗  、  とのこと。

   少女たちは、 幸運にも、
  一命を取り留めたわけです。

    コーエン氏によると、
  スクワットを、 千回をしたからといって、
   横紋筋融解症になることは、
  非常に、 まれだそうです。

   しかし、   普段は、ほとんど、
  運動をしない人が、 一気に、
  高い負荷の運動を過剰に行った場合には、
   肉体的限界を突破して、
  横紋筋融解症になってしまう、
  ケースが、 まれにある、   とのこと。

    こうした事態を避けるためにも、
  普段から、 運動をして、
  体を慣れさせておくことや、
  もう、限界だと思ったら、
  トレーニングを終了する、
  こと、などが、 重要だ、
  と、  コーエン氏は、述べました。

       ☆     日頃に、
  より、 あるべき、代謝員ら、への、
  あるべき、度合いら、での、
  飲み食いら、を、欠いてある人々は、
   そうではない人々が、
   より、 軽く完治し得たり、
   そもそも、 発症しなかったりする、
     あり得る、病ら、などへの、
  要因性もある、 物事らを、
  同じように、成して、
   より、  発症したり、  
    完治をせずに、 死ぬに至ったりする、
   あり得る度合いらを、
  その日頃において、 余計に、
  自らに成し付けている事になる。
   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント