日本医学; 話方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; まず、鉄とタンパク質での充足性を成すべし❗。 ビタミン B3 、な、 ナイアシン❗

      ☆    まず、  鉄とタンパク質での充足❗    ;
    ビタミン   B3  、な、
    ナイアシン    ;
  【   C6    H5   N   O2   】   ;

    【    炭素  C   、 の、  6個   
  ➕    水素   H    、 の、  5個 
  ➕     窒素   N   、の、  一個
  ➕     酸素    サンソ   O  、 の、  2個    】    ;

     ☆      日本医学 ;    和方 ❗   ;
  三石分子栄養学➕藤川院長系;   代謝医学❗ ;

    ☆    代謝員らの合体性の度合い、
  による、 代謝ら、の、あり得る度合い     ;

   タンパク質な、  酵素    コウソ  、
  と、   
  補酵素    ホコウソ   、 な、  
   ビタミン 、か、
   補因子 、な、  ミネラル 、
   とは、
   文字通りに、  『   合体   』、をする、
  事により、  
   『  代謝  』、 な、 働きを成し合う、
   代謝員ら、 であり、
    
      この代謝員らの合体性の度合い、
  が、 一定以下である場合らにおいては、
   どの、代謝、も、成されない❗ 。

     人によって、 
  代謝員らごとの、合体性の度合い、
  が、 異なる、 だけでなく、
  同じ一人のヒトにおいても、
  その、 代謝員らごとに、
  合体性の、 能く、成され得る、
  あり得る、度合いは、
  異なり得る❗  。

    この、 三石分子栄養学➕藤川院長系 、
 で、 言う所の、

     代謝員ら、ごとの、
  代謝を成す上で、 必要な、
  合体性 、での、 あり得る、 度合い、
  らの系でもある、
    『   確率的  親和力   』、 
  らにおける、 不足性、らを、
  より、 埋め余し得るような、
  度合い、ら以上の、  度合い、らで、 
  
   必ず、 その一方に、
  タンパク質、らを、 含む、
  
   あるべき、 代謝員ら、 への、
  飲み食いなどによる摂取ら、
  を、 成し付ける、
   事が、
   人々が、 その命と健康性とを、
  より、 確かに、 より、 能く、
   成し得てゆく上で、
  他の何よりも、
  圧倒的に、 重要な事であり、
    
    これの度合いを、 欠けば、欠く程に、
   人々の命や健康性を、
  より、よく、成すべき、
 運動ら、や、 薬らに、
 手術ら、などの、
 あり得る、 効果らの度合いらは、
  より、 小さくなり、
 
    それが、 一定度合い以上に、
  欠けてしまうと、
  何をしても、 助からない、
 状態に、 誰もが、成る❗  。
 
    どんな健康法も、 どんな治療も、
  どんな薬も、 どんな手術も、
  どんな運動も、 
    代謝員らごとの、
  『  確率的   親和力  』、 らでの、
   あり得る、 不足性ら、を、
    埋め余し得る以上の、 度合いらでの、
  あるべき、 代謝員ら、への、
   飲み食いなどによる、 摂取ら、の、
  質としての度合い、や、
  量としての度合い、 を、
   欠けば、 欠く程に、
  より、 その人々の命や健康性を、
  能く、成さしめる、  その、 あり得る、
  効果らの度合いら、を、
  より、 小さくされ、
   それが、一定度合い以上に成れば、
  誰もが、 必ず、 死に至る、
  のであり、

     癌   ガン   、などを、
   我が身に成しても、
  完治する人々が、成る、一方で、
  再発させる人々が、 成る、のも、
     この、 あるべき、度合いら
   ≒     つまり、
   『  確率的   親和力  』、 らの、
  あり得る、 不足性 、らを、
  より、 埋め余し得る、 度合いら     、
   での、
  あるべき、代謝員ら、への、
  飲み食いなどによる摂取ら、について、
   より、 有り余らしめる、 のと、
  より、 欠かしめる、 のと、の、
   互いへの、 違いよう、 らに、
   決定的な、 要因性ら、がある❗  。



       ☆     医師水野のブログ     ;
    ビタミン・ミネラル    ;
   ナイアシン・フラッシュ❗  ;
      2019年  9月9日  ;

    今回は、
  ナイアシン・フラッシュについて。
   ナイアシンの記事を書くと、
    質問が殺到します。
   各SNSや、ブログに来た質問から、
   「  ナイアシン・フラッシュ  」、
  を取り上げます。
 
      @    助手くん   ;
    ハカセ❗、  ナイアシン・フラッシュって、
  顔とかが、赤くなるやつですよね❗。
     @   ハカセ   ;
  そうそう、よく知っておるのう。
  ほてるので、フラッシュ 、 と言うんじゃ。
  副作用扱いされる事が、多いが、 実は、
  体に良い反応なんじゃよ。
 
   今までのナイアシン記事は、コチラ。

   ナイアシンで、お酒の強さが、 7倍❗ 。
 
   ナイアシン系4種❗ 。
 
   「  調べれば、すぐ分かる事  」 、
  を質問している方は、   現状での、
  ナイアシン 、 を含む、  全ての、
  サプリメントの服用をおやめください。
   
   基礎的な質問をしている人はまだ、
  サプリメントを飲む段階では、ない。
 
    知識不足のままの、 サプリメント、
 への、使用は、大変に危険です。
    自分で調べられない人は、
  使用すべきでは、ありません。
 
   知識不足のままの、 サプリメント、への、
  使用は、大変に危険。
 
   自分で調べて、 知識が充分になってから、
  サプリメントを使用する。
 
   @     ナイアシン・フラッシュって何?、
   何か良い事あるの?   ;

    国際オーソモレキュラー医学会ニュース、
   2013年  4月2日   ;
orthomolecular.org   外部サイト   ;

   Niacin   is   the Safest   and   Most Effective    
  Way   to   Control   Cholesterol
   ここには、 こう記載があります。
 
   一部の人に対する問題として、
  ナイアシンは、
  「  ナイアシン・フラッシュ  」 、  という、
  有名な副作用を引き起こすことがある。

    人によっては、  治療のための、
  高量を摂取後に、こうした、 一時的な
  (    30  ~  60分の   )     、   時には、
   痒みを伴う、皮膚の発赤が生じる。

    しかし、   全体的に見れば、
   ナイアシン・フラッシュは、
  有益な健康効果に関連している。

    ナイアシンは、  とくに、
  高親和性の、  Gタンパク質、への、
  共役な受容体である、   GPR109a  、
  と、   GPR109b   、 を活性化し、
   それが、  様々な、
   【    その原料により、   炎症を、成したり、
  差し止めたりし、   働き得ように、
   違いを生ずる    】  、
  プロスタグランジン類の放出につながり、
  結果として、  フラッシュ反応が生じる。

    血管の拡張と、 フラッシュをもたらす、
  ナイアシンの、 こうした影響は、
   脂質異常症を治すものとして、
  広く理解されている。

   ナイアシン・フラッシュを、
  副作用と表現する人もいるが、
  体が、  自分の脂質代謝経路を修正しているということであり、これはアテローム性動脈硬化の予防において重要となり得る。
緩効性や徐放性のナイアシンなど、その他の形態のナイアシンは、フラッシュを引き起こさないが、アテローム性動脈硬化の予防や治療の効果は他より低いとも考えられる。
 
    ナイアシンフラッシュは、
  プロスタグランジン類の放出によって、
  顔などが、ほてったり、
  赤くなったりする事です。

    通常は、 30  〜  60分で、
  自然におさまります。
  それ以上に、 ヒドい場合は、
  その方の健康状態に問題があります。
 
    繰り返します。
 
  ナイアシン・フラッシュがひどい場合は、
 「   ナイアシン、ヤバい❗  」、 ではなく、
 「   アナタの体が、ヤバい❗  」、 です。
 
    ナイアシン・フラッシュがひどい場合は、
  健康状態に問題あり❗   ;
 
    ナイアシン・フラッシュ自体は、
  上記のように、  脂質の異常や、
  動脈硬化に良い作用がある、
   という事です。
 
    @     ナイアシン・フラッシュは、
  身体に良い事が起きている。
 
   よく、耳にする個人的な感想としては、
  「  特有の爽快感がある  」 、
  「  テンションが上がる  」、
   などが、あります。
 
    私は、  最近に、  素のナイアシンを、
    2千   mg     ;     
     2   グラム      、 とかを、
  一気に摂っても、 あまり、
  フラッシュしませんが、
  テンションが上がる感じはします。
 
    最後に、もう1回、書いておきます。
 
    ナイアシン・フラッシュがひどい場合は、
   自身の健康状態に問題あり❗   ;
 
     @     ナイアシンのアレルギーって、
  あるんですか?   ;

    ナイアシン・フラッシュが、ひどすぎて、
  「   アレルギーとかあるんじゃ?  」、
  とか、思っちゃう系の疑問ですね。

    結論から言えば、
   ナイアシン 、 に対する、
  アレルギーは、ありません。
 
   @     ナイアシンに対する、
   アレルギーは、無い。
 
    @    ナイアシンは、
  「  ビタミン  」、  の1つです。
 
   ところで、
  ビタミンへの定義は、ご存知でしょうか?
    ぼんやりは、 知っていても、
  ハッキリと説明できる人は、少ない、
  と、思います。
 
   <   ビタミンへの定義     ;    3つ  >    ;
  ・生きるのに必要。
  ・必要量は微量。
  ・体内で、必要量を作れない。
 
    つまり、  ビタミンは、
  欠乏しまくると、死にます。

   ビタミンに、  アレルギーを起こしていた、
   とするなら、  ビタミンが摂れない、
  状態となります。
   つまり、 死にます。
 
  「  ビタミン   =  生命に必須   」 、 です。
    ビタミン・アレルギーがあったら、
  既に、死んでしまっているので、
  ビタミン 、に対する、
   アレルギーは、 無い 、
   という事です。
 
     ただし、 稀な場合に、 サプリメントの、
  「  カプセルの成分  」 、 や、
 「  錠剤に含まれる成分  」 、 に、
   アレルギーを起こす場合があります。
 
    目薬 、 などには、
  消毒薬の成分が、  添加物    ;
 (  防腐剤  ) 、  として入っていて、
  それで、  目がヤラれる方も、
  結構と、いたりします。

   使用期限・販売期限を伸ばすための、
  防腐剤ですね。

    防腐剤が入っている液体の、
 「  飲むタイプ  」 、 の、
  サプリメントは、 あまり、ない、
  と、 思いますが、
  目薬には、  割と当たり前に、
  消毒薬の成分が入ってますので、
   注意しましょう。
 
    目薬に含まれる、
   消毒薬の成分に注意❗。
 
   @     ナイアシン・フラッシュが、
  ひどい理由   ;    3つ    ;

     ナイアシン・フラッシュ自体は、
   良いもので、  それで、不調になる場合は、
  自分の身体が、ヤバい、 というのは、
  上に書いた通りです。
 
    その、 「  自分の身体が、ヤバい  」、
  というのは、  大きく、3つがあります。
 
    <    ひどい、 ナイアシン・フラッシュ、
  への、 原因   ;    3つ    >     ;

   ・まだ、 糖質を摂っている❗ 。

  ・栄養不足     ;
 (     特に、 タンパク質と鉄の不足   )、
   がある❗ 。

  ・間違った飲み方をしている。
 
    @    まだ、 糖質を摂っている場合    ;

     糖質を摂れば摂るほど、
  糖化や、 インスリンによる、 
  酸化が起きます。
   つまり、  炎症が起きます。
 
   炎症が起きると、
  プロスタグランジン 、  などが作られ、
  さらに、  そのプロスタグランジンが、
   炎症をひどくしたり、
    長引かせたりします。
 
   医学のあゆみ     ;
  「  プロスタグランジンと炎症  」

    プロスタグランジン  (  PG  )、 は,
  その生成が、 
   アスピリン様抗炎症解熱鎮痛薬で、
 阻害される、 ことから,
   急性炎症の症状である、
  発赤,熱感,腫脹,痛み,発熱、 などの、
  発現に関与する、 とされてきたが,
   最近の研究は、  その機序を、
  分子レベルで、 明らかにし
    ;  (  杉本の稿   ),    それとともに,
   PG  、が、  それを越え,
   炎症の慢性化,  免疫炎症への転化,
   組織リモデリング、  などにも、
  深く、かかわっている、
  ことを、 明らかにしてきた
    ;  (   青木,姚の稿   ).
 
   このように、  糖質への摂取は、
  プロスタグランジン 、 を増やします。
   
   そして、 そのプロスタグランジン系は、
  ナイアシン・フラッシュ、への、
  原因でもあります。
 
    最初の記事を再掲します。
国際オーソモレキュラー医学会ニュース、
  2013年  4月2日
orthomolecular.org   外部サイト

   Niacin   is   the Safest    and   Most Effective    Way   to   Control   Cholesterol

   ナイアシンは、 とくに、
  高親和性の、  Gタンパク質共役受容体な、
  GPR109a 、と、  GPR109b  、
  を活性化し、  それが、 様々な、
  プロスタグランジン類の放出につながり、
  結果として、 フラッシュ反応が生じる。
 
      糖質を摂る、 というのは、
  ナイアシン・フラッシュ、への元を、
  せっせと作り出している事に、
   他なりません。
 
   対策は、  糖質を控える事です。
  シンプルですね。
 
   糖質を摂っているなら、
  糖質オフをすれば、
  フラッシュは、軽くなる❗ 。
 
   実は、 糖質が多い、という、
  罠食品については、コチラ。

  実は、高糖質?、 「罠食品」❗ 。
 
    @     栄養不足    ;
(    特に、 タンパク質と鉄の不足   ) 、
    がある場合    ;

    タンパク質と鉄不足があると、
  ありとあらゆる、 「  副作用  」、や、
  「  合併症  」 、 が、 出やすくなります。
 
     エネルギーが作れず、
  体への修理のための材料も、より、
  無い、からです。
  全身が、 ボロボロです。
 
    そういう方は、
  糖質も、摂りまくっており、
  体中が、 炎症だらけです。

   プロスタグランジンも、 それは、
  それは、テンコ盛りです。
 
    タンパク質の不足と鉄の不足がある、
  という事は、
  ナイアシン・フラッシュ、への元になる、
  ものが、 沢山にあり、
  それに耐えられる、 体ですらない、
  という事です。
 
   いつも、  「  優先順位  」、 と、
  連呼しているのは、 こういう事です。

   タンパク質の不足と鉄の不足を放置して、
  他の何をしても、良くなりません。
 
    @    栄養ピラミッド、
  健康ピラミッドを再度をみてください。

   @    栄養ピラミッド 。
 
   @     健康ピラミッド 。
 
    また、  タンパク質の必要量は、
  プロテイン・スコアで、
  計算してください。

   @     プロテインスコア  。
 
   鉄については、  当ブログの、
 「  鉄関連カテゴリ  」、 をご覧ください。
 
     @    間違った飲み方をしている場合    ;

    「   ナイアシンフ・ラッシュが、
  ひどい❗   」 、  と言っている方は、
  上の、 「  栄養不足  」、と、 コンボで、
  この、 「  間違った飲み方  」、
  をしている人が、 かなり、多いです。

   ダブル・パンチなので、
  それは、ひどくなりますね・・。
 
    ナイアシンを飲み始める前に、 必ず、
  下の2つのサイトを、 「  少なくとも、
  10回以上は   」、   読んでください。
 
     もう1度を書きます。
   ナイアシンを飲み始める前に、
  必ず、 下の2つのサイトを、
 「   少なくとも、 10回以上は  」、
   読んでください。
  
   かの有名な、
 「  こてつ名誉院長のブログ  」、 に、
  飲み方が、書いてあります。
   精神科医こてつ名誉院長のブログ
 外部サイト  1 user

  『  ナイアシンの始め方  』
ナイアシンの始め方    ;     まず、
  ナイアシン・アミド      ;    
   5百   mg     ✖     3
    (    朝昼夕   1錠    )  、を、
  【   ビタミン   C   な   】 、    C1000    ;           ✖     3     (    朝昼夕   1錠   ) 、
   との併用の下で開始。     ↓次の週、
  ナイアシン・アミド     ;
   5百   mg     ✖     6    、   に増量…
 
    概要を言えば、   最初は、

     ビタミン    C   、 と、
   ナイアシン・アミド     ;
   1千5百   mg    、 で始めて、
  アミドを、   
  3千    mg   、 に増やしていきます。

   さらに、 その後に、
   5百   mg  、 ずつ、
  「    素の、 ナイアシン    ;
  (   速効性、の、 ナイアシン    」  、
  に切り替えていく、  という方法です。

   百    mg   、ずつ、
  素の、  ナイアシンを増やす方もいますが、
  あれは、  ナイアシン・フラッシュ、
  という、  「  ほてり  」、  が出まくって、
  全然、 増やせません❗ 。

    アミドを、 MAX まで増やしておくと、
  ナイアシン・フラッシュ、への元となる、
  『  ヒスタミン  』、  を、
  体の外に、  ある程度を、
  出し切っていますので、
  素の、ナイアシン 、 に切り替えても、
  フラッシュが、軽く済みます。
 
    さらに、ナイアシン自体に関しては、
  コチラを。
https://nico.team/「ナイアシン」
 藤川先生との対談・インタビュー/
 
  ナイアシンに関する質問を多く受けますが、
  10人いたら、 10人とも、
  この上のインタビューに書いてある事を、
  質問してきます。
   つまり、 全員です。
 
  10人が、 質問してきたら、10人とも、
  上のサイトを理解していない。
 
  「  読・ん・で  」 ❗。
 
    ナイアシン  、 を飲み始める前に、
  少なくとも、 10回くらいは、
   読んで下さい。
  2〜3回では、  頭に入ってません。
 
   @      アミドなら、 フラッシュは、
  絶対に、 起きないの?    ;

     結論から言えば、
  ナイアシン・アミドでも、
  フラッシュは、 起きる、
  可能性があります。

   確率的には、
 「  1%  程度  」、   と言われています。
 
     @    アミドの他の注意点は?    ;

   アミドでの注意点は、
  「  吐き気  」、  です。
   
  アミドで、吐き気が出た場合は、
  ナイアシン・エステルを。
 
    @     ナイアシンの種類については、
  コチラ。

   ナイアシン系4種❗ 。
 
    @    ナイアシン系を摂ってたら、
 他の、 ビタミンBは、いるの?    ;

    結論から書くと、要ります。
 
   ナイアシンは、 ナイアシンであって、
  他の種類の、 ビタミン   B  、 では、
  ありません。

   ビタミンは、 どの種類も、
  「  互換性がなく   」、それぞれについて、
  「   欠乏すると、 死にます❗  」 。

  つまり、  ナイアシンを摂ったら、
  ビタミン   B1  、が要らなくなる、とか、
  そういう事は、ありません。
 
   また、  ビタミン   B群 、 の全体が、
    【    水へ溶けて、  2つがある、
  腎臓たちで、  処理されるべくある    】、
  水溶性、の、  ビタミン  、 なので、
  蓄えが、 効きません。

   同じく、  水溶性、の、 ビタミンの、
  ビタミン   C  、  とともに、
  ビタミン   B群  、も、   毎日での、
  摂取が、基本です。
 
    ビタミン   B群  、  は、
   B50、   B75、   B100  、
  といった、 「   全部入り  」、 の、
   ものがあるので、   そういう物で、
  摂ると、 良いでしょう。
 
    もちろん、
  タンパク質の不足や、鉄の不足が、
  改善されてきてから、です。

  ひどい、 タンパク質の不足や、
  鉄の不足があると、
  ビタミンでも、体調を崩します。
 
  ひどい、 タンパク質の不足や、
  鉄での不足があると、
  ビタミンでも、体調を崩す。
 
    すべての基本は、
  タンパク質と鉄です。

  優先順位を間違えては、いけません。
 
  栄養の優先順位を間違えない❗ 。
 
  栄養ピラミッド、
 健康ピラミッドを参照してください。

  @   栄養ピラミッド 。
 
  @    健康ピラミッド 。
 
   以上、 ナイアシンフラッシュについて、
  でした。


     ☆      Wikipedia ➕  ;

   生きてある体、な、生体、の、
  内においては、
       『  ナイアシン  』     ;
  【   C6    H5   N   O2   】  、
  は、  
     トリプトファン    ;    
 【    C11     H12   N2    O2    】    ;      
  、
   から、 生合成される。

   トリプトファン  、 は、
  脳内の、 神経を伝達する物質でもある、
   『  セロトニン   』 、  を生み出す、
   原材料でもあり、
   人々が、 その体の外側から、
  必ず、 摂取し付けるべき、
  『  必須  アミノ酸  』、  の一種であり、
      
      セロトニン  、 の、  一定の度合い、
  を、 成すのに、
   その、  60倍の度合い、の、
  トリプトファン 、 を、 必要とする。
 
       ヒトの場合は、 さらに、
  腸内の細菌たちが、
  トリプトファン  、からの、
  ナイアシン 、への合成を行っている。

   このために、  通常の食生活を送る上では、
  欠乏症に陥ることは、 多くない。

     玉蜀黍   トウモロコシ  、
 を、 主食とする場合は、
   糖唐土    トウモロコシ    、の、 
  トリプトファンを含む量が、
  少ないが為に、
   ナイアシン  、と、
  トリプトファン  、とが、 ともに欠乏し、
  ペラグラ  、 などの、
  欠乏症状を呈する場合がある。

  また、  ロイシン     ;
 【     C6    H13    N    O2    】    、
  を非常に多く含む、
   モロコシを主食とする場合には、
  過剰の、  ロイシンにより、
(    トリプトファンを、  
   ビタミン   B3  、 な、   ニコチン酸  、
  に変換する際に、  重要な役目を持った、
   タンパク質な、 酵素    コウソ   、 の   )、
    『   キノリン酸
  ホスホリボシルトランスフェラーゼ   』、
    への、     阻害が起こり、
  結果として、 欠乏症に陥る、
  可能性がある。

    また、  『   ビタミン   B6   』     ;
   『   ピリドキシン   、 など   』     ;
  【    C8    H11    N    O3    】
  、の欠乏も、
  ナイアシン  、 の欠乏を促進しうる。

    ナイアシンは、  熱、  酸、  アルカリ、
  光、の、 いずれに対しても、
  安定ではあるが、 水溶性である。

   調理の際は、  煮汁、 などへの、
  損失に注意しなければ、ならない。


      ☆        ロイシン    ;    leucine     、
    は、   アミノ酸の、 1種であり、
   側鎖に、   イソブチル基     ;
 【    -  CH   (   CH3  )    CH2   CH3    】  ;   
 【    CH2    CH2    CH2     CH3    】   
    、
   を持つために、
    水な分子   ;    H2O  、 たちと、
   より、  引き寄せ合いをしない、
   疎水性、の、  アミノ酸に分類される。

   非極性側鎖アミノ酸 、でもあり、
     枝分かれした、 枝らを持つ、
   木のような格好をしてある、
  『  分枝鎖  アミノ酸  』  、  に分類される。

   略号は、   Leu  、 あるいは、  L   、 だ。

   白い結晶を成す事から、
  ギリシャ語で、  『  白い  』、を意味する、
     "  leuco  "  、 にちなめて命名された。
    英語式の発音を片仮名転記すると、
 「  リューシーン  」 、  となる。

    タンパク質を構成する、
  『  アミノ酸  』、  で、
  ヒトは、  ロイシンを合成できないため、
   ヒトへの必須アミノ酸の、1つ、
  に数えられる。
   
   幼児では、 生長に必要であり、
  成人では、  窒素平衡に必須である。

   ただし、
  遺伝子に異常がある場合は、
  メープルシロップ尿症への原因になる、
  アミノ酸の、1つでもある。

   脂肪酸への代謝らから、作り出される、
   脳の細胞ごとへの栄養分にもなる、
  『  ケトン体  』、 への原料に成る、
  属性な、 
   『  ケト  原性  』、  を持つ。

   タンパク質、への、 生成、と、
 分解とを調整することによって、
   筋肉の維持に関与する。

     ロイシンは、  一つを、
  キラル中心を持っており、
  天然型の、  ロイシンは、   
  S体の、  L -  ロイシン  、 であり、
  ヒトは、 これを苦く感ずる。

    対して、   天然には、 ほとんど、
 見られない、  R体の、D -  ロイシンは、
  ヒトには、  甘く感じられる。


   ☆     キラリティー (  対掌性  )  ;
    【英】:   chirality      ;
     回不重   エブエ   性    ;

   右手と左手の関係ように、
  ある構造と、 その鏡像の関係にある、
  構造が、  回転操作によって、
  互いに重ね合わせることができない、
  構造として、 存在することを言う。 

   このような構造は、
  鏡映対称 、 および、
  中心対称 、 を含まない、
  点群に属する、 結晶の場合に生ずる。

     @     キラル中心  (    キラルちゅうしん、
   英語:     Stereocenter    ) 、   とは、
   分子、の、  キラリティー     ;
    回不重性     、  を生じさせる、
   元となる、 原子をいう。
   
    不斉原子、 または、
    不斉中心  、 ともいう。

     ☆     補酵素    ホコウソ   、な、
   ビタミン 、らのどれ彼や、
   補因子 、 な、  ミネラル 、らの、
  どれ彼は、
  特定の、 タンパク質な、  酵素    コウソ  、
   と、  文字通りに、
   合体をして、
   特定の、 代謝 、を、 成し合う、
    ので、
     どの、 ビタミン 、や、 ミネラル  、
  を、 欠いても、
  どの、特定の、 タンパク質 、
  を、 欠いても、
  その特定の、 代謝 、 が、
   欠けてしまう。

     特定の代謝員、同士が、
  一定度合い以上で、  合体して、 初めて、 
   特定の、 代謝 、な、 働き、 が、
    成り立たしめられ得る、
   という事を、  きちんと、
   想像し得れば、
     ビタミン   B3   、な、  ナイアシン  、
  を、 よく、摂取すれば、
   他の、  ビタミン  B  、らへの、
  摂取らを欠いても、
  大丈夫なのかも知れない、
   といった、  危険な考えは、
    道理的に、 よく、 否まれ得る、
    宛ての物になる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント