日本医学; 和方❗; 三石分子栄養学➕藤川院長系; 代謝医学❗; 運動性、と、糖質、に、インスリン ❗

     ☆     運動性、と、糖質に、 インスリン   ;

     ☆      日本医学 ;    和方 ❗   ;
  三石分子栄養学➕藤川院長系;   代謝医学❗ ;

    ☆    代謝員らの合体性の度合い、
  による、 代謝ら、の、あり得る度合い     ;

   タンパク質な、  酵素    コウソ  、
  と、   
  補酵素    ホコウソ   、 な、  
   ビタミン 、か、
   補因子 、な、  ミネラル 、
   とは、
   文字通りに、  『   合体   』、をする、
  事により、  
   『  代謝  』、 な、 働きを成し合う、
   代謝員ら、 であり、
    
      この代謝員らの合体性の度合い、
  が、 一定以下である場合らにおいては、
   どの、代謝、も、成されない❗ 。

     人によって、 
  代謝員らごとの、合体性の度合い、
  が、 異なる、 だけでなく、
  同じ一人のヒトにおいても、
  その、 代謝員らごとに、
  合体性の、 能く、成され得る、
  あり得る、度合いは、
  異なり得る❗  。

    この、 三石分子栄養学➕藤川院長系 、
 で、 言う所の、

     代謝員ら、ごとの、
  代謝を成す上で、 必要な、
  合体性 、での、 あり得る、 度合い、
  らの系でもある、
    『   確率的  親和力   』、 
  らにおける、 不足性、らを、
  より、 埋め余し得るような、
  度合い、ら以上の、  度合い、らで、 
  
   必ず、 その一方に、
  タンパク質、らを、 含む、
  
   あるべき、 代謝員ら、 への、
  飲み食いなどによる摂取ら、
  を、 成し付ける、
   事が、
   人々が、 その命と健康性とを、
  より、 確かに、 より、 能く、
   成し得てゆく上で、
  他の何よりも、
  圧倒的に、 重要な事であり、
    
    これの度合いを、 欠けば、欠く程に、
   人々の命や健康性を、
  より、よく、成すべき、
 運動ら、や、 薬らに、
 手術ら、などの、
 あり得る、 効果らの度合いらは、
  より、 小さくなり、
 
    それが、 一定度合い以上に、
  欠けてしまうと、
  何をしても、 助からない、
 状態に、 誰もが、成る❗  。
 
    どんな健康法も、 どんな治療も、
  どんな薬も、 どんな手術も、
  どんな運動も、 
    代謝員らごとの、
  『  確率的   親和力  』、 らでの、
   あり得る、 不足性ら、を、
    埋め余し得る以上の、 度合いらでの、
  あるべき、 代謝員ら、への、
   飲み食いなどによる、 摂取ら、の、
  質としての度合い、や、
  量としての度合い、 を、
   欠けば、 欠く程に、
  より、 その人々の命や健康性を、
  能く、成さしめる、  その、 あり得る、
  効果らの度合いら、を、
  より、 小さくされ、
   それが、一定度合い以上に成れば、
  誰もが、 必ず、 死に至る、
  のであり、

     癌   ガン   、などを、
   我が身に成しても、
  完治する人々が、成る、一方で、
  再発させる人々が、 成る、のも、
     この、 あるべき、度合いら
   ≒     つまり、
   『  確率的   親和力  』、 らの、
  あり得る、 不足性 、らを、
  より、 埋め余し得る、 度合いら     、
   での、
  あるべき、代謝員ら、への、
  飲み食いなどによる摂取ら、について、
   より、 有り余らしめる、 のと、
  より、 欠かしめる、 のと、の、
   互いへの、 違いよう、 らに、
   決定的な、 要因性ら、がある❗  。

    代謝らの各々を直に成す訳では、ない、
  運動性ら、なども、
  あり得る、代謝ら、の、 興し廃し、
  に、 影響性を宛て、
  人々の命と健康性とを成し続ける、
   のに必要な、
  あるべき、 代謝らを成し付ける上で、
   間接的に、 足しに成る、
  効果らを成し得るが、
  その、あり得る効果らを、
   成らしめ、 その度合いらを、
  より、 大きくし得る、のも、
   人々の、日頃において、成され得る、
  あるべき、代謝員ら、への、
  あるべき、度合いら、での、
  飲み食いなどによる摂取ら、だ❗。
  
   
    ☆    ドクター江部の糖尿病徒然日記    ;
  
    スポーツ 、と、 血糖値 ❗ 。
  <   ブドウ糖 - グリコ-ゲン  >  システム、
  と、  <  脂肪酸 - ケトン体  >   システム 。
      糖尿病    ;      2019/  9/12   17:6 4 -    ;

  【    19/  9/10 ;    乳酸菌     ;
    筋トレと糖質     ;
  大変お世話になっております。
  江部先生に、 筋トレと糖質制限について、
  質問させていただきたいのですが、
   小生、 最近、 筋トレに励んでおりまして、
  先生も仰る通り、  筋トレ、と、
  スーパー糖質制限が、 相性が悪い、
   というのを感じております。
   もちろん、  マイナス面は、 ほとんど、
  ありませんが、  もう少し、
  効率を上げたい、 と、 思っております。

    そこで、   先生の過去の記事、
 「   運動とエネルギー源  ⑨ 
  糖質制限食と筋力トレーニング   」、
  を拝見させていただきました。

   この記事の通り、  
  高強度トレーニングの後に、
  適量の糖質を取ろうと思うのですが、
   食後血糖値    ;     
  百40   mg   /  dl   、
   前後になるようにするには、
  どれぐらいの量の糖質を取れば、
  よろしいでしょうか。

    もちろん、  個人差はある、 とは、
  承知なのですが。
    また、  同時に、  脂質を取ってしまうと、
  消化の優先順位故、遅れて、
  血糖値が上がってしまう、
  というのも、 拝見したのですが、
  その点も、留意したほうが、
  宜しいでしょうか?

  お時間あれば、 ご教授お願いします   】。

    こんにちは。
    乳酸菌さんから、筋トレと糖質について、
  コメント・質問を頂きました。

   乳酸菌 さん 、
  高強度トレーニング後であれば、
   筋肉な、 細胞、の中の、
   【    ブドウ糖 、 を、  細胞の表面に近い、
  細胞の外側な、  血潮の中から、
   細胞の中へ、 運び込む、
    潜水艦のような     】、
     「  GLUT   4  」  、 が、
  細胞の表面に移動しています。 

   従いまして、糖質を摂取しても、
  インスリン 、に依存することなく、
   血糖を、
  筋肉細胞が、 どんどん取り込みます。

    ≒
   【    インスリン 、 の、 追加での、
  分泌を呼ばない、 ので、
   筋肉、な、細胞ごとによる、
  ブドウ糖への、 取り込みと、
  利用とにおいては、
   血糖値が、 上がらない    】  。

   普通に、 一人前の糖質を摂取しても、
  血糖値は、ほとんど、上昇しない、
  と、 思います。

  「   GLUT  4  」、  の、
  細胞の表面への移動は、 
  運動の終了後の、  2~3時間  、 を、
  持続する、 ので、
  脂質を一緒に摂取しても、大丈夫です。

     以下☆☆☆は、 
  2018年  12月17日 ( 月 )、
 の、 本ブログ記事ですが、
  参考になりますので、うす青字の部分のみ、
  改変して、再掲します。

    ☆☆☆
   【   18/12/16   ;    はな   ;
   スポーツと糖質制限について    ;
  いつも、 ブログを拝読して、
 勉強させて頂き、ありがとうございます。
   さて、低血糖の話題がでましたが、
  私は、  50代の男性で、
  糖尿病では、ありませんが、
  研究のため、
  血糖値への測定器を購入し、    自身の、
  糖質への制限の状態を研究しております。
   質問ですが、  2年間、を、
  糖質への制限を実施した状態で、
  先日に、  半日と少し、を、
  自転車での、 トレーニングを実施し、
  帰宅、  かなり、疲れましたが、
  ふらふら、 という訳では、ありません。

   その時の血糖値が、  58  、でした。
   体調も、 普通でした。

   さて、後日に、  自転車レースで、
   30分間を、  かなりの、
  高強度の負荷をかけました。

   レース後に、  付き合いで、
  生クリームが、 たっぷりの、
  クレープを食べました。

   その1時間半後の、  
  血糖値は、  77  。

   またまた、  そのまま、
  寿司を普通程度を食べました。

   そのまた、  1時間半後の、
   血糖値が、   80  。
   さぞかし、上がってると思いきや…。

   これは、  予想以上に、
  レースでの消耗が激しかった、
  という事でしょうか?。

    自分としては、
  『  ケトン体  エンジン  』    ;
   ≒      自分の体の内において、
  自前の、  脂肪酸、 への、
  代謝ら、から、  脳の細胞ごとへの、
  栄養分としても働く、 
  ケトン体を作り出して、
   各方面で、 働かしめる、
   代謝らから成る系      、
   を利用すれば、
  血糖値に影響を与えずに、
  運動が出来るもの、
  と、 考えていたのですが    】 。

    こんにちは。
  2年間、を、 
  糖質への制限食を実践しておられるので、
  少々は、  心拍数が上昇する、
  レベルの運動負荷でも、
   筋肉は、
  <   脂肪酸-ケトン体  >  システム  、
  を、    主たる、
  エネルギー源として利用している、
  と、 思われます。

     脳も、 おそらく、
   かなりのエネルギーを
  <  脂肪酸-ケトン体  >   システム  、
  で、賄っていた、  と、 思います。

   それで、  血糖値が、
   58   mg  /  dl    、 でも、
  体調が、 普通だった、もの、
  と、 考えられます。

  『   自転車レースで、  30分間、を、
  かなりの高強度の負荷をかけました   』。

    自転車レースで、
  高強度の負荷で、   30分間なら、
  <  ブドウ糖-グリコーゲン  >   、が、
  主たるエネルギー源として利用された、
  と、 思います。

     こちらの場合は、
 <  脂肪酸-ケトン体  >  、 は、
  エネルギーへの源として、  ほとんど、
  使われないので、

   筋肉の中の、  グリコーゲン  、 は、
  ほぼ、使い切って、 枯渇状態であり、
    筋肉な、 細胞は、どんどん、
  血糖 、 を取り込み、
    グリコーゲン 、 を蓄積しますので、
   少々は、  糖質を摂取しても、
  血糖値が上昇しないのだ、
  と、 思います。

  筋の収縮により、   GLUT  4   、が、
  筋肉な、 細胞の表面に出ているのは、
    新潟医療福祉大学の、
   川中健太郎先生によれば、
  運動の終了後の、
  2 ~  3 時間 、を持続、
  とのことです。(☆)

  先生の論文に引用してある文献によれば、
  「   ラットに、  2時間の、
  水泳な運動を負荷したあとでは、
  運動の終了から、  3時間後でも、
  一定量の、 インスリン  、 の、
  刺激に対して、  より、  沢山の、
   GLUT   4   、 が、
  細胞膜の表面に、
  トランスロケーションできる   」 、
    そうです。

    つまり、  一旦は、  2 ~ 3  時間で、
  細胞の内に戻った、   GLUT  4   、
   ですが、
  その後も、しばらくは、
  トランスロケーションし易くなっている、
  のですね。

  『   レース後に、  生クリームが、
 たっぷりの、 クレープを食べ、
  その1時間半後の、  血糖値は、
    77   mg  。  
  寿司を普通程度を食べ、  1時間半後の、
  血糖値が、   80   mg   』 。

    上述のように、
  普段は、  細胞の内に沈んでいる、
   GLUT   4   、 が、
  運動による、  筋の収縮により、
  インスリン 、  の分泌を、 無しで、
   細胞の表面に上がってきます。

    つまり、
   【     インスリン 、 が、
   血潮の、  糖 、 を、  細胞ごとへ、
  送り届ける、  手間を取る事を、
   無しに     】、
   運動の終了後の、  3時間くらいまでは、
   GLUT   4   、 たちが、
  ブドウ糖 、 が、  その外側にある、
  細胞の表面に、
  非常に、 移動しやすくなっています。

   従って、
  糖質を食べて、
  血糖が上昇しはじめて、
  インスリン  、 の、  追加での、
  分泌が出はじめたら、
   非常に速やかに、
  多くの、  GLUT  4  、 たちが、
  細胞の表面に、
  トランスロケーションできる、
  ので、 
  クレープや、寿司を食べても、
  血糖値の上昇が、 ほとんど、
  なかったもの、 
   と、 思われます。

  『   これは、  予想以上に、
  レースでの消耗が激しかった?。
    ケトン体エンジン 、 を利用すれば、
  血糖値に影響を与えずに、
  運動が出来る、と、考えていたが   』。

   消耗が激しかった、
  というよりも、
  運動の効果が、
  普通に出現した、
  と、 考えられます。

   ほとんどのスポーツ    ;
  (    テニス、 サッカー、
  中距離・長距離走、 など   )    、
   においては、 
  主たる、 エネルギー源は、
  <   脂肪酸-ケトン体   >  、 です。

     しかし、
   最高の強度の運動    ;
  (     百  m  、 での競争、  など    )    、
   だけは、 
  <   ブドウ糖-グリコーゲン  >   システム
  、が、  主たるエネルギー源として、
  利用されます。

 (☆)  運動と骨格筋  GLUT  4   ;
  川中健太郎氏   ;
   特集◆   ス ポ ー ツの 科 学
  学術 の動向   2006.10 42-46  。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント