三石分子栄養学+藤川院長; 鉄蛋政策; 双極性障害 !、 ADHD

☆ 人々の命と健康性とを成し続ける、
のに必要な、
あるべき、 代謝ら、 を、
より、 漏れを成さないように、
成し続ける、事へ向けて、
その度合いを、 より、 成し増すべく、
その度合いらへの換算性を意識し、
その度合いらへの、 観積りようら、を、
我彼へ、 より、 成して観せ得る、
医療者ら、 が、
医療を主導し、
あるべき、 代謝ら、を、
より、 漏れの無いように、
人々において、 成し続ける、
度合いを成し増す、 事を、
最優先に成すべき、
最たる、目的な事として、
意識し宛 ア て得る、
能力性のある、人々が、
医者としても、 患者としても、
より、 在り得て、
共に、 能く、
あるべき、 代謝らを成す、 事へ向けて、
手立てな事らを成し合う、 状況らを、
より、 一般的で、 通例なものにする、
にも、
日本人たちの一般に、 より、 あるべき、
あり得る、 福利らを成す、 事へ、
より、 向いてある、
一定度合い以上の、
知的共感性に基づく、
社会倫理性のある精神性の主らが、
より、 医者としても、 患者側の、
誰彼としても、 在る、
度合いらを、一定以上に、 成し、
増すべき、 必要性があり、

日本人たちの一般を、
福利らの供与などの、
目的の宛てに、 より、 できない、
知的共感性を、 より、 欠いてある、
より、 反社会員であり、
反日員である、 者ら、 を、
より、 日本の一般社会から、
隔離する、 などして、
その不作為による、
あるべき、 あり得る、 福利ら、 への、
阻害性らを、
より、 成させ得ないようにする、
度合いらを、一定以上に、成す、
事らが、
日本人たちにおいて、
より、 成されないままにされる、
場合には、

あるべき、 代謝ら、が、
無いが代 シロ 、 にされてある、
従来の、 医療行為らに替えて、
あるべき、 代謝らを我彼に成す、
事へ向けた、 医療行為らが、
日本の全域で、 より、 当たり前に、
なされるようにする事の、
一つをさえ、 より、 成されない、
ままにされる事になる。

反社会員らなり、 反日員らなり、
の、 作為型、や、不作為型の、
悪さら、 なり、 実質的な、
犯罪加害性ら、なり、へ対して、
日本の主権者としてもある、
日本人として、
より、 自ら、 日本人たちの一般への、
償いようら、を、それらに成さしめ、
日本人たちの一般の足しになる、
情報らほど、 より、
その拡散が、 阻害されて来てある、
日本の状況らを、 より、去らしめるべく、
自らを、あるべき、伝えようへの主として、
機能させるなり、
より、 あるべき事らへ対して、
不作為型の阻害性ら、 などを、
余計に、成してある者らを、
無力化するなりする、
度合いら、が、 一定以上に、
日本人たちの自らによって、
成されない内は、

『 高 タンパク質 食 』
➕ 『 高 ビタミン 摂取 』
➕ 『 高 ミネラル 摂取 』
➕ オメガ 6 、 などに比べて、
より、 炎症を成さずに、
細胞の膜 、 などの、 生体膜を、
構成などする、
不飽和、な、 脂肪酸 、 の、
『 オメガ 3 』 、 を、日頃から、
より、 高度に、 摂取し続ける、事が、
あるべき、 代謝ら、 を、
より、 漏れの無いように、
成し続ける、事へ向けて、
必要な事であり、

どんなに、 素晴らしい、薬らや、
手術ら、なども、
あるべき、 代謝ら、の全体に対して、
その、 数 % 、 以内の、
代謝らを、 復活させたり、
新たに、 成したり、する事で、
人々の命や健康性を、 よく、成す、
足しに成る、だけ、のものであって、

あるべき、代謝ら、の、
より、 全体な、 度合いらを成す、
分子栄養学系の、 手立てな事が、
それらと比べても、
圧倒的に、必要性の度合いに、
優れてある、
といった事が、

日本人たちの一般の、
共通の認識になるまでに、
何十年でも、
遅れを取らされ得る事が、
当然に、見込まれ得る事になる。


☆ 「 うつ消し ごはん 」、
カスタマーレビュー ; より、

75歳になる母がいます。
離れて暮らしています。
母は、 15年前から、 うつ病に罹り、
十年前には、双極性障害へと変わりました。
加えて、 糖尿病、高血圧、
骨粗しょう症も、患っています。

さらに、 数年前には、 癌
( 耳下腺 ) 、 になって、
切除手術を行い、放射線治療もしました。

現時点で、 再発・転移は、ありません。
病気のデパートのような、 体に加え、
転んで、 骨折したりと、 不運が続き、
筋力の低下もあるのか、
歩くのも、かなり、しんどいよう。

うつの時には、 寝たきりに近い状態となり、
同居の家族たちは、 「 このまま、
人生を閉じるしかないのかな 」、 と、
あきらめ気味でした。

そんな時に、私が、藤川先生の本に出会い、
まずは、 プロテイン 、 を買って、
「 少しずつでも、 飲んで 」 、 と、
お願いしたのが、 3か月前のこと。

その後に、 ヘム鉄のサプリを送り、
慣れた頃に、 『 キレート 鉄 』
≒ 『 タンパク質 、 などに、
封をされる様に、挟まれてある、鉄分 』 、
を送って、
毎日に、 飲んでもらう様にしました。

さらに、
【 ウィルス 、 の本体を断ち切りもし、
実験では、 結核菌を全滅させもした 】、
『 ビタミン C 』 、も、 送り、
毎日に、 飲んでもらいました。

そして、 先日に、 実家に帰った際に、
6日間をかけて、 以下の、
サプリ 、を、 毎日に飲める所まで、
持っていきました。

・ プロテイン ; 10 ✖ 1 or 2 。

・ Iron ; 鉄 ; 36 mg ✖ 1(昼)。

・ B-50 ✖ 2 ( 朝・夕 ) 。

・ C500 ✖ 4
( 朝・昼・夕・就寝前 )。

・ E100 ; 百 IU ✖ 2
( 朝・夕 ) 。

・ 『 ビタミン B3 』 、 な、
『 ナイアシン 』 ; 百 ✖ 3
( 朝・昼・夕 ) 。

・ ナイアシン・エステル ;
250 ✖ 4
( 朝・昼・夕・就寝前 ) 。

@ マルチ・ビタミン & ミネラル ✖ 2 。

・ 塩を、 "ぬちまーす"、 に変更 ❗。

※ C 、には、 少量ながら、
亜鉛 Zn 、 ・B2 、 ・B6 、を含む。

※ E 、は、 骨折で、 血栓ができた、
ことがあるので、 少量から。

※ マルチ・ビタミン 、 には、
亜鉛 Zn 、 が、 多めに含まれていて、
アミノ酸、 が、 18種類も入っている、
とのことで、 少しでも、
タンパク質への摂取の足しになれば、
と、思って、 摂らせています。

ここからは、 嘘のような話なのですが、
上記のサプリを飲み始めて、
3日目くらいから、
「 なんだか、 気持ちが明るくなった 」 、
と、 母。
普段は、 不眠で苦しむ人なのに、
夜も、 短時間ながら、 ぐっすり眠れた、
と、言います。

私としては、 数カ月、いや、
年単位で、 少しでも、良い変化があれば…、
ぐらいに思っていたので、
これは、 嬉しい発言でした。

恐らく、 たまたま、 うつ→
そう 、に転じる、タイミングだったのかな、
と、思うのですが、
本人は、「 サプリが効いてる気がする 」 、
と、 言います。

勘違いであっても、 そう思ってくれるなら、
嬉しい❗。
本人が信じるのが、何よりですもん。
さらに、 私が行く前は、 ほぼ、
寝たきりだった母が、 帰る時には、
父と共に、駅まで見送りに来てくれました。

自ら、 「 私も行く 」 、 と言って、
杖をつきながら、 改札まで、
歩いてくれて、なんだか、 胸がジーン…。

何より、 外に出よう、 という、
前向きな気持ちになってくれた事に、
感動しました。
やっぱり、 効いているのかも。

私が滞在した、 6日の間には、
ナイアシン・フラッシュは、
出なかったのですが、 帰ったあとに、
数日が経って、
「 お酒を飲んだみたいに、
真っ赤になった 」 、 と、 電話が。

事前に、 「 フラッシュが出るかも 」 、
と、 説明してあったので、
焦ることは、 なかったようで、
むしろ、 「 すごく効くんだね~ 」 、
と、 喜び、 今も、 毎日に、
上記の、 サプリを、 せっせと、
摂ってくれています。
徐々に、 フラッシュも、
出なくなっているようです。

今後の計画としては、
・ ナイアシンを徐々に増やす、
エステル→
徐放性の、 ナイアシンに切り替える ❗。

・マグネシウム Mg ❗ 、 を足す
( カルシウム Ca 、 と、
Mg 、 とについて、 反転比率のもの、
を、 すでに購入済み )、
と、 思っています。

ビタミン D 、も、 必要かな?。
ベンフォ・チアミンも?、 と、
思ったりもしますが、 あまり増やして、
混乱させても、 いけないので
( 今も、相当にがんばってくれています )、
焦る気持ちに蓋をしながら、
ゆっくり進めていこう、
と、 思っています。

藤川先生のこの本に出会っていなければ、
私も、家族も、 そして、本人も、
暗い気持ちのまま、 あきらめていったんだ、
と、 思います。
でも、今は、 確かな希望が持てています。

年齢的にも、 病歴からしても、
完治は、 無理かな~、 と思っていますが、
少しの改善でも、 本人の表情が、
明るくなってくれて、 私としては、
十分に、 嬉しいです。
息切れせずに、 これからも、
一緒に続けたい、 と、 思っています。
行ける所まで行きますよ❗。
母に与える、サプリは、 すべて、事前に、
私が飲んで、人体実験しています 笑。
カプセルの大きさとか、重要ですもんね。
私自身も、 毎日に、 メガ量を摂って、
体調は、 すこぶる好調です❗
ーーーーーーーーーーーーーーー
☆ 藤川院長❗ ;

しっかり勉強されて、 工夫されており、
素晴らしい経過ですね。
プロテイン 、が、 もう少し、
飲めるようになれば、さらに良いですね。

双極性障害 ( 躁うつ病 ) 、は、
最重度のタンパク不足が、原因です。

20 g ✖ 2 ~ 3 、
を飲めれば、 甘い物が、 欲しくなくなり、
糖質の量が、 減ります。

ナイアシンは、 3千 mg 、 が目標です。
ナイアシン・フラッシュで、
増量が難しければ、
ナイアシン・エステル、
ナイアシン・アミド 、 を使用して、
増量すれば良い、 と、 思います。

https://www.facebook.com/100003189999578/posts/2223531124429866/

脊髄小脳変性症も、 1週間で上向いてきた❗;

症例; 60代の前半、 男性。
30歳から、 甲状腺機能低下症で、 投薬中。

60歳、 前立腺ガン、 を手術。
61歳、 心筋梗塞で、 ステントを留置。

H29頃から、 足が思うように動かない、
バランスが、取れない。
声が出しにくい、 歌が上手く歌えない。
妻が、 本を読み、 H31.4 、 から、
卵、肉を増やし、
ビタミン C 、 3 g 、 を開始した。

R1.5 、 妻と共に受診。
【 その体内の、 タンパク質、らの、
ありよう、 などを反映する、
尿素窒素 、 な 】 、
BUN ; 27.7 、

Cre ; 1.08 、
T-chol ; 百28 、
ALP ; 百45 、

【 タンパク質に、 封せられる様に、
包まれて、 成る、 貯蔵鉄 、な 】 、
『 フェリチン 』 ; 百35 。

呂律が回らず、 ゆっくりでないと、
喋れない。
下肢の失調歩行あり、
階段から降りる時、 手すりを持たないと、
降りられない。

→高タンパク / 低糖質食 ➕ プロテイン ; 20 g ( 60 cc ) ✖ 2 。

ベンフォ・チアミン 、 B50 、
ナイアシン・アミド 、
E400 、
マグネシウム Mg 、 を開始。

一週後に、 再診、
米と小麦は、 完全に止めた、
プロテイン
≒ 十分な、 品質の、 タンパク質 、
は、 規定量を、 2回、 を飲めている。

その結果にて、 言葉が、はっきりしてきた。
階段を、 手すりに頼らないで、
降りられるようになった。

プロマック 、を処方。
今後は、 4週毎に、 通院を予定。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
甲状腺機能低下症、 前立腺ガン、
心筋梗塞、 脊髄小脳変性症、と、
疾病、が、 多数。
典型的な、 長年の質的栄養失調。

Cre、 が、 高値で、 腎障害があるので、
BUN 、は、 当てにならない。

男性で、 甲状腺機能低下症なんて、
長年の、重度のタンパク不足、 以外に、
考えられない。

T-Chol 、 が、 低値は、
長年の、 重度な、 タンパク不足。

男性で、 フェリチン ; 百35 、も低い、
長年の、重度な、 タンパク不足。

一週間、を、 断糖→
食後高血糖が、なくなる→
血流が改善→ 症状らが、 改善。

ビタミンらの投与の効果は、
これからでしょう。

神経難病治療プロトコール
https://www.facebook.com/100003189999578/posts/2017964504986530/
フレデリック・クレナーの多発性硬化症
( MS ) 治療プロトコール
https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1582258685223783
多発性硬化症 ( MS ) 、 に対する、
オーソモレキュラー治療、
半年で、 ほぼ、 完治した
https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1553428784773440

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2221858321263813&id=100003189999578

ADHD = 男の子 = 鉄不足 ❗ ;

教科書的には、 ADHD、 の、
男女比は、 3 ~ 4 : 1 。
しかし、 当院の患者で見ると、
男女比は、 百 : 0 。

母親が、 全員が、 貧血、もしくは、
鉄不足あり。

1) 現在、 貧血への治療を受けている。

2) 妊娠中に、 貧血があり、
フェジンの静注を受けた。

≒ タンパク質に包まれて、成る、
貯蔵鉄 、な、 フェリチン 、
と、 異なり、
危険な、 電子強盗、 である、
『 鉄 イオン 』、 らの、
静脈への注射 ❗ 。

3) 貧血は、 指摘されていないが、
『 低 フェリチン 』 。

ADHD 、の、 男の子は、 全員、が、
母親から引き継いだ、 鉄不足で、
フェリチン ; 50未満。

女性に比べ、 男性は、
鉄不足に、 極めて脆弱 ❗。

女性では、
フェリチン ; 10 未満 =
最重度の、 鉄不足 ❗ =
「 Fe↓↓ 」 、 と記載。

フェリチン ; 10 ~ 50 =
鉄不足 = 「 Fe↓ 」 、 と記載。

男性では、
フェリチン ; 50 未満 =
最重度の、 鉄不足 ❗ =
「 Fe↓↓ 」 、 と記載。

フェリチン ; 50 ~ 百 =
鉄不足 = 「 Fe↓ 」 、 と記載。

つまり、 女の子の、
フェリチン ; 10 ~ 50 、 では、
無症状だが、

男の子の、 フェリチン ; 50 未満 、
は、 ADHD 、になる。

鉄不足の男の子は、
1) じっと座っていられず、
直ぐ走り出してしまう
( レストレスレッグス様 )。

2) 待合室に入った時から、
ドンドンと、床を踏みならす足音がする。

3) 体幹が、 グニャグニャで、
背もたれや、壁に、もたれ掛かる。

治療は当然、
1) 高タンパク / 低糖質食 ➕ プロテイン、

2) 鉄剤
( もしくは、 キレート鉄 ) ➕ C 、

3) 飲めるなら、 B50 、
ナイアシン・アミド。

4) もっと、 飲めるようなら、
ビタミン E 、 マグネシウム Mg 。

プロテインが飲めると、 2 ~ 3ヶ月で、
すっかり、落ち着く。

上記が、 全てを飲めるようなら、
1年で、 IQ 、が、
20程度を上昇する。

子供より、 一緒に治療している、
母親の方が、 より早く、
効果を実感出来る。

他院での、 貧血への治療 =
鉄剤の投与のみで、 食事への指導は、
一切が、 なし。

当院での貧血への治療 =
造血の材料 ( タンパク質 ➕ 鉄 )
➕ 造血の補酵素
( B6、 葉酸、 B12 、 C、 E ) 。

写真は、 ある日の初診患者リスト;
( カルテ番号、 プロフィール、
診断、 フェリチン値 ) 。

9431、 11歳の男子、
ADHD、 Fe ↓↓

9432、 47歳の女性、 貧血、 Fe ↓↓

9435、 46歳の女性、
貧血、 Fe ↓ ( 他院で、採血 ) 。

9436、 15歳の女子、
OD ( 起立性 調節 障害 ) 、
Fe ↓ ( 他院で採血 ) 。

9437, 12歳の男性、
ADHD 、 Fe ↓↓
9438, 45歳の女性、
貧血、 Fe ↓

https://www.facebook.com/100003189999578/posts/2225242570925388/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック