三石分子栄養学+藤川院長系; 代謝医学!; 万能血液!。

☆ 『 遺伝子 発現 』
( いでんし・はつげん ) 、 とは、
単に、 『 発現 』 、 ともいい、
遺伝子の帯びてある、
塩基の配列ぶりとしての、
情報らが、 細胞における、
構造、 や、 機能に変換される、
過程 、 をいう。

具体的には、 普通は、
遺伝情報に基づいて、
『 タンパク質が合成される 』 、
ことを指すが、

タンパク質から成る、
『 RNA 』
≒ 『 リボ 核酸 』 、
として機能する、 遺伝子
( ノンコーディング RNA ) 、
に関しては、
『 RNA 』、 の、 合成 、が、
『 発現 』、 という事になる。

☆ エチル化 ;

化合物、 か、 単体な、 分子へ、
エチル基 、 な、 C2H5 - 、
を導入する、
反応 ❗。

☆ メチル化 ;

化合物 、か、 単体 、な、 分子へ、
メチル基 、な、 CH3 、
を帯びさせる、
反応 ❗ 。

☆ エステル化 ;

『 カルボン酸 』 、 な、
『 何彼 ➕ COOH 』 、
と、
『 アルコール 』 、 な、
『 何彼 ➕ OH 』 、
と、 から、
『 エステル 』 、 な、
『 何彼 ➕ COO ➕ 何彼 』 、
を、 成す、
反応 ❗ 。

@ 『 カルボン酸 エステル 』、 の、
特性基 ( 何彼 -COO- 何彼' ) 、
を、 『 エステル 結合 』
( ester bond ) 、 と呼ぶ事が、 多く、

エステル結合による、 重合体は、
『 ポリエステル 』
( polyester ) 、 と、 呼ばれる。

低い分子量の、 カルボン酸エステルは、
果実臭をもち、
バナナ、や、 マンゴー、などに、
含まれている ❗。


☆ 「 適量のお酒 」 、 ですら、
脳の認知機能の低下を早める、とする、
調査結果が、 2千17年に発表され、
飲酒が、 体に与える影響性らが、
徐々に、 明らかになってきた。

Nature 、 に発表された、
最新の研究では、 飲酒が、
『 幹細胞 』、 の、
タンパク質から成る、
遺伝子 、の本体である、 『 DNA 』
≒ 『 デオキシリボ 核酸 』 、
に、 『 不可逆な 』
≒ 『 ある事の成り行く、
順序の向きへ対して、
逆戻りな向きへの、
事の進展ぶりを成さない 』 、
兌滅 ≒ ダメージ 、 を与え、
ゆえに、 ガン細胞たちから成る、
『 がん 』 、 が引き起こされるのだ、
とする、 証拠が示されている。

Alcohol and endogenous aldehydes damage chromosomes and mutate stem cells | Nature
https://www.nature.com/articles/nature25154

Alcohol can cause irreversible genetic damage to stem cells, says study | Science | The Guardian
https://www.theguardian.com/science/2018/jan/03/alcohol-can-cause-irreversible-genetic-damage-to-stem-cells-says-study

Nature 、 に発表された、 新たな研究は、
アセトアルデヒド 、 に着目したもの。

これまでの研究から、
『 アセトアルデヒド 』
≒ 『 CH3 CHO 』
、は、
DNA 、や、 タンパク質 、 に結合して、
『 付加体 』 、 となり、
色々な疾病らに関与しているもの、
と、 考えられている。

ただし、 過去の研究では、
高い濃度の、 アセトアルデヒド 、
について、
ラボの中の、 シャーレの上で、
実験が行われており、 実際に、
人の体の中での、 効果を追跡する、
ものでは、 なかった。

一方で、 今回の研究は、
遺伝子を改変された、 鼠 ネズミ 、
を対象に行っている。

人の体には、
アセトアルデヒド 、 を取り除く、
防御層、と、
DNA 、 の、 ダメージを取り除く、
仕組み、 という、
2つの防御メカニズム、らがあるが、
今回の研究で示された内容によると、
アセトアルデヒドの毒性が、
これらな、2つのメカニズムらによって、
中和できない時に、
DNA 、が、 不可逆な兌滅を負う、
とのこと。

特に、
「 アルデヒドデヒドロゲナーゼ
( ALDH2 ) 」 、 と呼ばれる、
1つ目の防御層が、 無い、
ネズミ 、では、
DNA 、 の、 兌滅が大きくなる、
ことも、 判明。

人においては、 世界人口のうちの、
8 % 、 は、
遺伝的に、 ALDH2 、 が弱く、
これらな、 人らの多くは、
東アジアをルーツにしている事から、
中国では、 食道がんの患者数が多い、
と、 いわれている。

今回の研究は、 血潮の中の、
『 幹 細胞 』、 に着目して、
実験が行われたが、
他の類似の幹細胞についても、
同じ効果が見られるはずだ、
と、 研究者らは、 考えている。

2つの防御メカニズム、 らを、
両方、を、 持っていない時には、
十日間にわたって、
希釈した、 『 アルコール 』

≒ 『 エタノール 』
≒ 『 C2 ➕ H6 ➕ O 』
≒ 『 酒精 』

、 を投与された、 鼠たちは、
血潮を生み出す、 能力性、 を、
完全に、 失ってしまった、 そうだ。

幹細胞の、 『 ゲノム 』
≒ 『 その遺伝情報らの全て 』
、を、
『 DNA シークエンシングした 』
、 ら、
鼠たちの細胞は、 もはや、
機能していない、
ことが、 示された、 とのこと。

研究を行った、 MRC
分子生物学研究所の、
Ketan Patel 教授は、
「 アルコール、が、 私たちに、
どれほどの、 ダメージを与えるのか、
には、 議論があります 」 、
と、 しつつも、
「 この論文は、
アルコール 、 への、 代謝からの、
産物、 が、 体の組織を作るために、
重要な、 幹細胞、の、 DNA 、に、
ダメージを与える、 という、
大きな証拠となりました 」 、
と、 語った。

「 私たちの研究は、 アルコール 、
を、 効率的に処理できないときに、
DNA 、が、 ダメージを受ける、
リスクが高まり、 ゆえに、
特定の、 がん、 への、
リスクも、 高まる、
という事を強調しました 」 、
「 しかし、覚えておくべき事は、
アルコール、への除去や、
DNA 、への、 修復のシステムは、
完全ではなく、 別の方法で、
アルコールが、 がんを引き起こす、
ことも、 考えられる、
ということです。
たとえ、
防御システムに、 問題が、 無い 、
人でも、です 」 、と、
Patel 教授。

ただし、 飲酒によって、
食道がん・乳がん・大腸がん、への、
リスクが上がる、
と、 言われているが、
白血病 、 などの、 血液のがん、への、
リスクを上げる、 という、
証拠は、 見つかっていない。

研究チームは、
今回の研究に引き続き、 なぜ、
飲酒が、 「 特定の 」 、
がん、ら、と、 関連しているのか、
について、 調査を続けていく、
予定だ。

☆ 人間が持つ、 血液型には、
A型・B型・O型・AB型、
などが存在し、
輸血の場合には、
患者に適合した血液型を選択すべき、
必要性がある、 が、
O型は、 「 誰にでも、輸血できる 」 、
血液型である、 ことが、 知られており、
緊急の時には、
他の血液型への代替として、
輸血される、 ことがある。

ブリティッシュ・コロンビア大学の、
研究者らは、
A型の血液を、 O型に変換する、
酵素 コウソ 、 らの、
組みあわせを発見し、
「 万能血液への製造が、大きく前進した 」、 と、 発表した。

An enzymatic pathway in the human gut microbiome that converts A to universal O type blood | Nature Microbiology
https://www.nature.com/articles/s41564-019-0469-7

Type A blood converted to universal donor blood with help from bacterial enzymes | Science | AAAS
https://www.sciencemag.org/news/2019/06/type-blood-converted-universal-donor-blood-help-bacterial-enzymes

アメリカでは、 通常の手術や、
緊急の手術、に、 定期的な輸血、
などを含めると、 毎日に、
1万6千5百 リットル 、 もの❗ 、
血液が、 輸血されているそうだ。

が、 輸血される血液は、
患者の血液型に適合していなければならず、
誤った血液型のを輸血することは、
致命的な事態になり得る。

血潮の中に含まれる、 赤血球の表面には、 A / B型抗原と呼ばれる、
『 糖 』 、 が、 鎖状に連なってできた、
『 糖 』 、 な、 分子が存在し、
この糖な、 分子の、 末端の違いにより、
それぞれの血液型が、 分類されている。

A型の人が、 B型の血液を輸血される、
といった事態になると、
免疫系が、 本来の、 血液な、 抗原
、 とは、 違う、 抗原に対して、
攻撃を行ってしまう、 とのこと。

所が、 O型の血液には、
A / B型抗原が、 存在しないために、
違う血液型の患者に輸血しても、
『 免疫系 』 、 から、 攻撃されない。

それが為に、 O型は、
どの血液型の患者に対しても、
輸血が可能な、 万能血液である、
と、 考えられており、
適合する血液が足りない、
緊急時の手術、 などで、 重宝されている。

そして、 この考えを基に、
『 血液中から、 免疫反応を呼び起こす、
抗原を除去する、 ことによって、
万能な血液を作り出せるのではないか 』 、
と、 科学者らは、 研究を続けてきた。

これまで、 全体で、 2番目に多い、
血液型である、 A型の抗原を除去し、
A型の血液を、 万能血液に変換する、
という、 試みが行われてきた。

しかし、 赤血球の表面から、
『 糖 』、 な、 分子を除去できる、
既知の酵素 コウソ 、 では、
経済的に、 釣り合うほどには、
効率的な結果が得られていなかった、
とのこと。

そこで、 ブリティッシュコロンビア大学の、
化学生物学者な、
スティーヴン・ウィザーズ氏に率いられた、
研究チームは、
人間の腸内細菌から、 より、有効な、
酵素 コウソ 、 を探すことにした。

腸内細菌の中には、 腸壁に張り付き、
『 糖 』 、 を多量に含む、
『 糖 タンパク質 』、 の、 混合物な、
『 ムチン 』 、 を食べる種類がある。

ムチン、の、 糖、な、 分子は、
血液型を分ける、 決め手となる、
赤血球の表面にある、 A型抗原 、と、
似ているそうだ。

そんな、 ムチンを食べる微生物たちの、
DNA
≒ タンパク質から成る、
遺伝子、 の本体な、
『 デオキシリボ 核酸 』 、
、 を、 研究チームは、
人の便、な、 試料から分離。

『 ムチン 』 、 への分解をなす、
タンパク質から成る、 酵素 コウソ 、
が、 含まれる、
『 DNAD コード 』
≒ 遺伝子らの各々を構成する、
『 塩基、の、 3つごとに成す、
一つごとの、 並びよう 』 、
を、 切り取り、
実験で、 広く使われている、
『 大腸菌 』、 の中に、 組み込んで、
いずれかの大腸菌が、
『 ムチン 』 、 に似た、
『 A型 抗原 』 、 の、 糖 、な、 分子 、
を分解する、
『 タンパク質 』 、 を、
生産するのか、 どうかを、
研究者は、 モニタリングした。

当初のうちは、 この実験は、
失敗したかに思われていた。
が、
Flavonifractor plautii 、 という、
腸内細菌から得られた、
『 ムチン 』 、 を分解する、
酵素 コウソ 、 の、
DNA 、 を、 2つを、
同時に試したら、
すぐに、 抗原の、 糖 、 な、
分子 、 が除去された、
ことが、 判明。

人の血液らの中でも、
少量の分解酵素 コウソ 、 を、
A型の血液中に加えるだけで、
『 糖 、な、 分子 』 、 が除去される、
ことが、 確かめられた。

この酵素 コウソ 、 が、 広く、
使用が可能となれば、
輸血用の血液らの多くを占める、
A型のをして、 いずれをも、
『 万能血液 』 、 に変換できる、
こととなり、
適合する血液での不足性の問題が、
大きく緩和される、
と、 みられている。

一方で、 ウィザーズ氏は、
今後の研究で、 今回に発見された、
酵素 コウソ 、 らの組みあわせ、が、
赤血球の表面の、 本来は、
必要なものまでをも、 除去していないか、
どうか、 を、 確かめたり、
血液らの中の、 A型抗原らの全てを、
確実に除去する、
方法を確立したりするべき、
必要性がある、 と、 指摘。
実用化には、 まだ、
いくつかの障害を乗り越えるべき、
必要性があるそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策
2019年06月14日 05:29
学術秘書
池田です。


ご承知おきください。
http://kankan2025.jp/

では。


この件に関するお問い合わせ先:
みと・あかつかカンファレンス事務局長
ラクトース研究班「いもいち2025」班長代理
有限会社学術秘書
本店営業部
池田剛士
〒311-4141
茨城県水戸市赤塚1-386-1-107
電話:029-254-7189
携帯:090-4134-7927

この記事へのトラックバック