三石分子栄養学+藤川院長系; マグネシウム Mg 、の不足も、突然死を招く !

☆ マグネシウム Mg 、の不足も、 突然死を招く❗;
☆ 三石分子栄養学➕藤川院長系❗;
<< 作成日時 : 2018/ 7/30 00:42 >>

☆ Dr. Mercola 、 より ;

☆ マグネシウム Mg 、 は、
心臓、筋肉、腎臓をはじめとする、
体のあらゆる臓器で必要な、
ミネラルの一種です。
原因不明の疲労感や倦怠感、不整脈、
筋肉や、 まぶたの痙攣 ケイレン 、に、
悩まされている人がいたら、
それは、 マグネシウム 、 の欠如が、
原因かもしれない。

血液検査を受けたばかりの人は、
検査結果で、 マグネシウム 、での不足が、
発見できる、 と、 考えるかもしれない。
が、 体内の、 マグネシウム 、 のうちで、
血の中に在るのは、 わずかに、
1 % 、 なので、 血液なサンプルから、
マグネシウム 、の濃度を計測しても、
あまり、有用では、ない。

マグネシウム Mg 、 たちは、
骨や臓器で蓄 タクワ えられ、
色々な生体機能らのために利用される。

が、 マグネシウム 、 での、
不足を成していても、 気がつかない、
ことが、 多いために、
「 目に見えない、 欠如物質 」 、
と、 言われています。

研究者たちは、人の、 タンパク質において、
『 3千7百51 』 、もの、
マグネシウム 、 との、 結合部位ら、
を、 発見しており、
健康や疾患における、
マグネシウムの役割が、 かなり、
過小評価されている可能性を示した。

また、 体内に在る、
タンパク質たちから成る、
3百種類以上もの、 酵素 コウソ 、
らの中にも、 マグネシウム Mg 、 は、
見つかっており、
これは、 環境化学物質や、 重金属、に、
その他の、 毒素ら、 による、
ダメージを防ぎ、 体の解毒作用に、
重要な役割を果たしている。

☆ マグネシウムの働きようら ;

☆ アデノシン 3 リン酸
( ATP ) 、 を活性化することで、
体のエネルギーを放出する。

☆ タンパク質、 炭水化物、 脂肪、
へ宛 ア てた、 消化を助ける。

☆ タンパク質から成る、
『 リボ 核酸 』
≒ 『 RNA 』
、 と、 遺伝子の本体な、
『 デオキシリボ 核酸 』
≒ 『 DNA 』 、 の、
合成において、
その基本な構造の単位としての、働きを成す。

☆ 足りないと うつ病にもなる
セロトニン 、 などの、
神経伝達物質らに成り得る、
その前駆体としての、 作用を成す。

Dean 医師の最新の著書な、
「 The Magnesium Miracle
( マグネシウムの奇蹟 」 、 では、
マグネシウム Mg 、 での不足が、
引き金になって、起こりうる、
22もの、 疾患
( その、すべてが、 科学的に実証済み )
、 について、 書かれている。

☆ 不安障害、 パニック発作 。
喘息 。 血栓 。 腸疾患 。 膀胱炎 。
うつ 。 デトックス ≒ 解毒性 。
糖尿病 。 疲労感 。 心臓病 。
高血圧 。 低血糖 。 不眠症 。 腎臓病 。
肝臓病 。 偏頭痛 。 筋骨格での疾患
( 線維筋痛症、 痙攣、 慢性的な腰痛、 など )。
神経疾患 。 産婦人科系疾患
( PMS [ 月経前症候群 ] 、 不妊、 子癇前症 )
。 骨粗しょう症 。 レイノー症候群 。
虫歯 。

☆ マグネシウム 、の不足で、
まず現れる、 兆候には、
食欲不振、 頭痛、 吐き気、 疲労、に、
倦怠感 、 などが、あります。
状態が、 より、進行していくと、
次のように、 深刻な症状に発展する、
ことがある。

しびれ感 、 チクチク感 、
筋肉の収縮と痙攣 、 発作 、
人格の変化 、 不整脈 、 冠動脈攣縮 。

慢性疾患を防ぐ方法について考える際に、
ほとんどの人は、 マグネシウム 、
を思い浮かべることは、 無いでしょう。
が、 マグネシウム Mg 、 は、
大変に重要な役割を果たします。

マグネシウム 、 を十分に摂取すると、
インスリン 、 による、 糖 、 へ宛てた、
代謝での、 不全性、への、 リスク 、を低減し、
中高年者における、 糖尿病前症 、 から、
糖尿病への進行を遅らせる効果がある ❗ 。

研究者グループは、
「 糖尿病へのリスクが高い人には、
マグネシウム 、 を十分に摂取することで、
進行を遅らせ得る、可能性が高い 」 、
と、述べている。

複数の研究らにおいては、
マグネシウム 、を多く摂取すると、
男女で、 共に、 骨密度が高くなる、
ことが、 わかっており、
ノルウェーでの研究では、
飲料水の中の、 マグネシウム 、が、
股関節での、 骨折へのリスクを低減させる、
ことが、 わかっている ❗ 。

American Journal of Clinical Nutrition
( アメリカ 臨床 栄養学誌 ) 、 に、
発表された研究では、
マグネシウム Mg 、 を豊富に含む、
食生活により、
結腸や、直腸にできる、 腫瘍 、
についての、 リスク 、 が、 低減する、
ことが、 明かされている。

メタ・アナリシス 、 によると、
マグネシウム 、への摂取量が、
百 mg ≒ 十分の一 グラム 、
を上昇する毎に、
結腸や直腸での、 腫瘍、 への、
リスク 、が、 13 % 、 を低減され、
結腸直腸ガン、への、 リスクも、
12 % 、 を低減される、
ことが、 わかった。

研究者グループは、 マグネシウムによる、
抗癌作用は、 インスリン抵抗性を抑制する、
能力性と、 密接に、関連性があり、
腫瘍の増殖に影響しているのではないか、
と、 指摘している。

海藻類や、 ホウレンソウ、 フダンソウ、
などの、 緑葉野菜 、は、
マグネシウム 、 を豊富に含んでおり、
豆類、 ナッツ類、 カボチャ、 ひまわり、
ゴマ、 などの、 種子類にも、
マグネシウム 、は、 豊富で、
アボカドも、マグネシウム 、を含んでいる。

食事から、 マグネシウム 、をしっかり摂る、
ためには、 野菜ジュースがお勧めです。

現代の食物らは、 マグネシウム 、や、
ミネラル 、 が、 少ない傾向にあり、
マグネシウム 、をしっかり摂る為には、
マグネシウムを多く含む、 と、される、
食品を食べるだけでは、
十分とは、 言えない。

Dean 博士は、 次のように述べている。

「 マグネシウム 、 は、
カルシウム 、 よりも多く、 土壌より、
吸収されます。
百年前には、 通常の食生活で、
5百 mg 、 の、 マグネシウム 、 を摂取する、
ことが、 可能でした。
現代では、 せいぜい、 2百 mg 、
と、 考えられています 」 。

グリフォセート 、 などの、 除草剤には、
『 キレート作用 』
≒ 『 タンパク質などが、 ミネラル、 などを、
包み込んで、 封をする作用 』
、 があり、
食物に含まれる、 ミネラル 、 が、
体内に、 吸収されにくくなる ❗ 。

そのために、 必要な量の、 マグネシウム、
を得られる食物を見つけることは、
非常に困難です。

また、 調理や、加工により、
マグネシウム 、 は、 さらに、 減少する ❗ 。

一方で、 体内に吸収される、
マグネシウム 、 の量に影響をおよぼす、
食品もある。

例えば、 アルコールを過剰に摂取すると、
マグネシウム 、 を吸収するために必要な、
ビタミン D

『 炭素 C 、 の、 28個 、 に、
水素 H 、 の、 44個 、 と、
酸素 O 、 の、 1個 、 とから成る、
C28 H44 O 』 、
へ宛てた、 吸収 、 を、
妨げてしまう。

糖分を摂り過ぎると、
マグネシウム Mg 、 は、 腎臓をとおして、
体外に放出され、
「 純損失 」 、 を成してしまう、と、
フロリダ州 Pritikin Longevity Center 、 の、
副院長な、 Danine Fruge 医師 、は、
述べている。

次の様な要因も、 体内の、 マグネシウム 、
の、 濃度を低下させる原因となる。

@ 炭酸飲料や、カフェインの摂り過ぎ 。
@ 更年期 。
@ 老化
( 年齢層が高くなると、
マグネシウム 、 が不足することが、 多い。
これは、 年齢と共に、
体内への吸収率が、 減少する、 ことと、
吸収を妨げる作用のある薬、への、
使用が増える、 ためです ) 。

@ 利尿剤 。

@ 『 ビタミンら、などを作り出す 』 、
腸内にいる、 『 細菌たち 』 、 を殺し絶やす、
抗生物質
( ゲンタマイシン、 トブラマイシン )、

@ 副腎 皮質 ホルモン
( プレドニゾン、 デルタソン ) 、

@ 電子強盗、 な、 酸 、 の、
成り増しを抑える、 制酸剤 。

@ インスリン 、 などの、 薬の服用。

@ 消化器系の不調による、
マグネシウム 、 への吸収性の低下
( クローン病、 腸管壁浸漏症候群、
など )。

☆ マグネシウム 、 を摂る場合は、
カルシウム Ca 、 に、
ビタミン D3 、 や、
納得などに豊かにある、
ビタミン K2

『 C31 H46 O2 』、
も、 摂れているか、
を、考えに入れるべき、 必要性がある。

これらな成分らは、 相互に作用している。

カルシウム Ca 、 を過剰に摂取し、
マグネシウム Mg 、 との、
釣り合いが取れていない場合には、
心臓発作や、 突然死 、 を招く、
ことも、あります。

カルシウム 、 が、 過剰で、
マグネシウム 、が、不足すると、
筋肉が痙攣 ケイレン 、 するために、
心臓には、 特に、影響が出てしまう。

「 これは、 マグネシウム 、が関係する、
筋肉や神経の機能らが抑制されて起こる、
現象です。
マグネシウム 、 が不足すると、
筋肉が痙攣します。
一方で、 カルシウム 、 は、
筋肉の収縮を促します。
釣り合いが取れていれば、
筋肉は、 正常に機能する事ができます。
緊張を緩め、 動く事ができるのです 」、
と、 Dean 医師 、は、 説明している。

カルシウム 、と、 マグネシウム 、の、
釣り合いを取るには、
ビタミン K2 、 や、 ビタミン D 、も、
考えに入れて下さい。

これらな、 4種の栄養素らが、 まるで、
複雑な、 捨歩 ステプ
≒ ステップ 、 の、 舞いを踊るように、
相互に作用しながら、 機能しているのです。

これらな、 栄養素らの釣り合いが崩れる、
ことが、
カルシウムな、 サプリの摂り過ぎによる、
心臓発作へのリスクの増加や、
ビタミン D 、 での中毒が発生する、
原因らの一つ、 と、 なっている。

このように、 危険な副作用らの発生を、
説明づける、 栄養素の不足性として、
カルシウム Ca 、 を、
適切な部位らに保持する作用のある、
ビタミン K2 、の不足性が、 挙げられる。

納豆 、 などに豊かにある、
ビタミン K2 、 が不足すると、
カルシウム 、 は、 健康性を増進する、
効果らを成す、 度合いら、 より、も、
『 軟部組織らに蓄積されて 』

『 動脈硬化、ら、 などを成して 』 、
しまう、 といった、
問題な事らを引き起こす、
原因となる、 度合いらの方を、
余計に、 成してしまいます。

同じ様に、
ビタミン D 、な、 サプリを摂る場合は、
食事にも、気を配り、
ビタミン K2 、や、 マグネシウム 、 な、
サプリ 、 を、 忘れずに摂って下さい。

ビタミン D 、を、 沢山に摂って、
ビタミン K2 、や、 マグネシウム 、
が、 不足していると、
ビタミン D 、 での中毒や、
マグネシウム 、 での欠乏症 、 が起こり、
血の管などの、 石灰化により、
心臓を傷 イタ めてしまいます。

☆ 体内のマグネシウム濃度を高めるコツ ;

体内の、 マグネシウム Mg 、 や、
植物に由来する、 色々な栄養素ら、
の、 量を増加させるには、
野菜ジュースが、 お勧めです。

私の場合は、 毎日に、
5百 ~ 千 ml 、 の、 野菜汁を飲む、
ようにしており、 これが、 主な、
マグネシウム 、 の吸収源となっています。

肥えた土壌で栽培された、
オーガニックの食品らは、
より多くの、 マグネシウム 、を含みますが、
これは、 測定が難しいですね。

サプリを飲む場合は、 気をつけて、
選んで下さい。
マグネシウム 、は、 他の栄養素らと、
一緒に摂るべき、 必要性があります。

市場に出回っている商品には、
色々な種類のものが在り、
その、 百 % 、 が、 マグネシウム 、な、
サプリは、 存在しないのです。

サプリに含まれる、 その他の成分によって、
マグネシウム 、の、 人体可用性が異なり、
得られる効果らにも、 違いがある。

『 トレオン酸 マグネシウム 』 、
『 クエン酸 マグネシウム 』 、 は、
細胞たちの各々の中に、 千ほどもあって、
動き回ってもいる、
『 ミトコンドリア 』 、 などの、
膜を透過し得る、 効果が高い、
と、 されています。

さらに、 『 血液 脳 関門 』 、 を透過し、
認知症や、 記憶力に対して、
素晴らしい予防、治療効果をもたらします。

サプリを飲む場合は、
マグネシウム 、への摂り過ぎが、 心配ですが、
これには、 便の状態を確認する、
ことが、 有効であることを、
Dean 医師 、は、 説明しています。

「 マグネシウムが不足していないか、
を、確認するためには、
便の様子を確認して下さい。
マグネシウム 、 が多過ぎると、
便が緩 ユル くなります。
便秘がちな方には、 嬉しい事ですね。
便秘は、 マグネシウム 、の不足による、
症状らの一つでもあります 」 。

@ いずれにせよ、
高い度合いでの、 タンパク質ら、
と、 ビタミンら、 への摂取と、
一定の質と量の、 オメガ 3 系 、
などの、 脂肪酸ら、への摂取とを、
日頃の食事において、 成し行う事で、
我彼 ワレカレ の健康性を成す側の、
代謝ら、が、 十分以上に、 成し行われる、
事を可能にする事が、
我彼の健康性らを成す事への、
大前提な事であり、
それらを欠いて、 特定の、
突然死を防ぐ、 ビタミン D 、 やら、
マグネシウム 、 やら、 だけを、
やたらに摂取するようにしても、
我彼に、 万病を呼ぶ、 向きへ、
圧力を余計にかける事にしか、成らない。

@ 若年死を増やすのが、
ビタミン D 、 の、 欠乏で、
骨を丈夫にし、
筋肉の縮こまりを緩めるなどする、
マグネシウム 、 も、 不足すると、
突然死を招く ❗ 。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック