ウイルスの本体を断ち切る、 剣豪 ビタミン C 、の突出害らも防ぐ、 子宝 ビタミン E1

☆ ビタミン C 、 の突出害 ❗ 、 を防ぐ、
子宝 ビタミン E 1 ;

三石巌氏の会社な、 メグビー社 ;

☆ メガ・ビタミン主義の話から、
メグビー 、は、
ビタミン B群 、や、 C 、を、
ガッポガッポ摂取しているんだ~、
と、 思われた方もいる、 と、思います。
それは、 違います。

三石巌氏は、 大量摂取だけではなく、
ネットワークの重要性も、
大事にしていました。

特に、 ビタミン C 、 においては、
10g 、 以上の摂取をする場合には、
逆に、 電子強盗な、
活性酸素 サンソ 、 を生む、
リスク 、 が、 出てきます。


☆ ビタミン C 、の、 突出害の問題 ! ;

ウイルスの本体を断ち切りもする、
本来は、 電子強盗な、
『 活性酸素 』 、 を除去する働き
( 抗 酸化 機能 ) 、 のある、
ビタミン C ≒ C 6 H 8 O 6 、
炭素 C 、 の、 6個 +
水素 H 、 の、 8個 +
酸素 O 、 の、 6個 、 自体 、 が、

電子強盗な、
ラジカル 、 になってしまう、
というものです。

ビタミン C 、 は、
活性酸素から、 電子を奪われ、
自らが、 酸化される事で、
電子強盗、な、
『 ラジカル 』 、 になります。

≒ 自らの側の、 電子を奪われた、
原子や、分子ら、は、
その他の、 原子や分子ら、から、
負電荷な、 電子を奪い取り得る、
電子強盗を働き得る、 状態にされる 。


・・通常は、 タンパク質から成る、
酵素 コウソ 、の、 作用により、
還元されます ≒

電子強盗を働き得る、 状態から、
それをしない状態へ、もどされる 、 が、
そのバランスが乱れると、
ラジカル 、として作用する事になります。


このラジカル化した
( 酸化された ) 、 ビタミン C 、
の、 割合が、 多くなることが、
ビタミン C 、 の、 突出 、 です。


また、 ビタミン C 、 は、
鉄イオンや、 銅イオン 、 の存在下では、
活性酸素
( スーパー・オキサイド、 過酸化水素、
ヒドロキシ・ラジカル ) 、 の、
発生源になります。

炎症や、 エネルギーの生産の、
過多などが続き、
フリー・ラジカルの発生量が多い、
状態で、
抗酸化防御率とのバランスが崩れると、

遺伝子 、 とも言う 、 DNA 、や、
タンパク質と、 脂質、での損傷を招き、

鉄 イオン 、 の放出
( ヘム・タンパク、 の、 分解や、
それの、 ミトコンドリア 、 からの流出 )
、 と、 成り、
上のような反応を招いてしまうのです。


メグビー社では、 一度に、
10g 、以上の、 ビタミン C 、
の、 摂取は、 もちろん、
お勧めしていません❗ 。

また、 ビタミン C 、を、
多めに摂取する場合は、
他の抗酸化成分である、
ビタミン E 、や、
コエンザイム Q 10 ≒
補酵素 ホコウソ Q 10 、
などと、 一緒に摂取する、
ことを、 お勧めしているのですよ。

他の抗酸化成分を一緒に摂る事で

☆ ビタミン C 、 の酸化を、
子宝 ビタミン E 1 、 が還元し

ビタミン E 、 の酸化を、
コエンザイム Q 10 ≒
補酵素 ホコウソ Q 10 、 が還元し、
何度も、 再利用できる・・、
という、 関係が成り立つのです。


その他に、
ビタミンや、ミネラル、などの、
栄養素らは 、
腸で、 吸収される時に、
輸送 タンパク 、 という、
タンパク質に結合して、 運ばれます。

ですので、 やはり、
タンパク質は、 外せません! 。

という事で、 メグビーのは
メガ・ビタミン主義だから、といって、
偏った摂取では、なく、
体の中のネットワークを考慮した、
無駄のない栄養素らの摂取が、特徴です。
理論あっての製品なのです。


☆ 電子強盗、な、 活性酸素 、 たち❗ ;

酸素 サンソ 、は、
保存中の食品の金属イオン 、 を酸化する
≒ 金属イオン、と、 結びつく 、
ことで、
生体内へ、 吸収しにくくしたり、
食品の成分を変質させることで、
香りや、見た目、 を損なう。

それだけでなく、 植物油の中の、
必須 脂肪酸 、は、
分子状な、 酸素 サンソ 、の、
電子強盗を働く、
ラジカル反応 、 により、 変色し、固化し、
さらに、 毒性を示す、 酸敗 、
と、 称される、
不都合な反応を引き起こす。

このような、 食品としての、
品質の劣化を防止する目的で、
食物に由来の食品添加物である、
アスコルビン酸 ≒ ビタミン C 、
や、 α-トコフェロール ≒
ビタミン E 、 が、
一般的に、 利用されている。

このような、 電子強盗を差し止める、
『 抗 酸化 物質 』 、は、
食品のみならず、 医薬品や、
化粧品の変質を防止するための、
酸化防止剤としても、 利用される。


☆ 活性酸素 サンソ 、 は、
酸素分子が、 不対電子 、 を、
捕獲することにより、

その、 不対な、 電子 、が、
他の原子や分子の枠内にある、
別の、 不対な、 電子 、 と、
結びつき合って、
『 共有 結合 』 、 を、 成す、
能力性を帯びてある事も、あって、

スーパー・オキシド、
ヒドロキシル・ラジカル、 過酸化 水素、
という順に、 生成する。

スーパー・オキシド 、は、
酸素の分子から、 生成される、
最初の、 還元体 ≒
電子強盗に仕立てられた物 、 を、
電子強盗をせずにすむ状態の物 、へ、
もどしてやる、 もとをなす存在 、
であり、

他の活性酸素への前駆体であり、
生体にとって、 重要な役割を持つ、
一酸化窒素 NO 、 と反応して、
その作用を消滅させる。

活性酸素の中でも、
ヒドロ・キシル・ラジカル 、は、
きわめて、 反応性が高い、 ラジカル 、
であり、
活性酸素による、 多くの、
生体への損傷は、
ヒドロ・キシル・ラジカル 、 によるもの、
と、 されている。

過酸化水素 H2 O2 、 の反応性は、
それほどは、 高くなく、
生体の温度では、 安定しているが、

金属イオン、 や、 光 、 により、
たやすく、 分解して、
ヒドロ・キシル・ラジカル 、
を生成する。

活性酸素は、 1 日に、
細胞の一つあたりに、
約 十億個が、 発生し、

これに対して、 生体の、
活性酸素を消去する能力
( 抗 酸化 機能 ) 、 が、
働くものの、
活性酸素は、 細胞内の、
遺伝子 、 とも言う、 DNA ≒
遺伝情報らを帯びてある、
タンパク質たちから成る、
デオキシリボ 核酸 、 を、
損傷し,
平常の生活でも、
DNA 、 での、 損傷の数は、
細胞の一つあたりで、
一日に、 数万から、 数十万個になる、
が、 この、 DNA 、 での、 損傷は、
タンパク質らを作り直す事において、
すぐに、 修復される。


☆ 活性酸素を発生する部位として、
代表的なもの、としては、
細胞らの各々の中に、 千個ほどもあって、
動き回ってもいる、 ミトコンドリア 、
および、 葉緑体 、 が、 挙げられる。

いずれも、 金属 、を、
酵素 コウソ 活性の中心に持つ 、
「 電子伝達系 」 、 と呼ばれる、
オキシターゼ 、 の、 複合体が、
効率的に、 酸化還元反応を繰り返し、
エネルギーへの代謝の、
根幹をなしている。

とはいえ、 わずかの、 代謝での、
損失が存在し、
それは、 おもに、 副反応である、
フェントン反応 、 により、
中心金属が、 活性酸素種を生成する。

このような、 活性酸素種が、 原因 、 の、 酸化ストレス順応の化学進化は、
色々な生体内の、 『 抗 酸化 物 』、
を、 生み出してきた。

海洋生物から、 陸生生物への、
進化らの一環として、
陸生植物 、 は、 アスコルビン酸
( ビタミン C ) 、
ポリフェノール類、
フラボノイド類 、 および、
ビタミン E 、 な、 トコフェロール類、
の、 ような、
海洋生物には、 見られない、
抗酸化物質 、 の産生を始めた。


☆ ビタミン C 、は、 肺炎も治す❗ ;
Orthomolecular Medicine News Service(OMNS), September 12, 2016
国際オーソモレキュラー医学会ニュース ;
執筆者: Andrew W. Saul編集員 ;

☆ ビタミン C 、は、
十分な量を用いた場合には、
肺炎に対し、
強力な、 抗 ウイルス 、
・抗生物質効果をもたらすことが、
臨床的 エビデンス 、 によって、
確認されている。

Robert F. Cathcart, MD 、 は、
1日に、 最大で、
20万 mg ≒
2百 グラム 、 の、
ビタミン C 、 を用いることにより、
肺炎の治療に成功した (1,2) 。

☆ ビタミン C 、 は、
きわめて頻繁に、 経口摂取すれば、
かなりの程度まで、
静脈内投与に似た効果を得る事ができる。

私が肺炎を患った時には、
飽和状態
( 腸の許容量 ) に達するまで、
6分ごとに、
2千 mg ≒
2 グラム 、 の、
ビタミン C 、 を要した。

3時間で、 熱は、 数度が、 下がり、
咳は、 ほとんど、 止んだ。

1日の経口摂取量が、
十万 mg ≒
百 グラム 、 を、
少し超える、 という状態で、
全快には、
わずか、数日しか、かからなかった。

膨大な量の、 ビタミン C 、
を用いて、 肺炎を治す、
という、 考えは、
少しも、 新しいものでは、ない。

呼吸器系の認定専門医である、
Frederick R. Klenner, M.D. は、
1940年代から、 何十年にも渡り、
日常的に、 この方法を用いていた (3) 。

ビタミン C 、 には、
概して、 価値があるが、
そんなに大量に摂るのは、 無効だ、
または、 いささか、 有害だ、
という、 考えを、
かかりつけの医師が持っているなら、
その医師は、
Klenner医師の原論文を読んだ方が、よい
(4) 。

「 アスコルビン酸を使う位なら、
患者を見殺しにした方が、
良いとする、 医師もいるだろう。

そんな医師が、
診断結果をあれこれ考えている間に、
患者には、
ビタミン C 、 を与えるべきだ 」
( Frederick R. Klenner, M.D. ) 。

☆ ビタミン C 、 は、
単独で、 使う事もできるし、
薬剤と一緒に、 正しく使う、
方法を選んだ場合は、
そうする事も、できる。
処方薬は、
そうした役目は、果たさない。

毎年に、 5万人を超える、
アメリカ人達が、 肺炎で死んでいる。

ビタミン C 、を積極的に使えば、
この数字が、 ずっと低くなる事に、
疑いの余地は、 無い 。

それに、 ビタミン C 、
を排除するべき、
人道的な口実は、 無いのだ。

この記事を、
どの政党の、 どの党員であれ、
自由に、 シェアして頂きたい。
政治家たちにも、
ビタミン C 、は、 必要だ。
https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/1686507424798908

1日に、 5万 ~ 十万 ミリ・グラムの、
ビタミン C 、 が、
「 ガンの活性を大いに抑える 」
Orthomolecular Medicine News Service(OMNS), September 16, 2016
執筆者: Andrew W. Saul 編集員 ;

日本版「 ニューズウィーク 」 の、
2016年 9月6日号 は、

ビタミン C 点滴療法のスペシャリストな、
柳澤厚生 MD, PhD 、 に焦点を当て、
彼による論理的根拠、 と、 方法や、
投与量について、 有り難いほどに、
詳しく論じている。
もし、 ガンと闘っている家族や友がいる、
なら、 この記事は、 必見だ。
全文を読んでほしい。
英語に翻訳したものを、
下記サイトで無料で見得る:
https://isom-japan.org/wp/wp-content/uploads/2018/01/NewsweekSept06English.pdf
柳澤医師が言うには、
「 この療法で用いている、 ビタミン C 、
は、 高い濃度のもので、
1回に、 50 ~ 百 g 、 を投与する。

これは、レモンなら、
2千 ~ 5千個分に相当し、
これを経口投与ではなく、
静脈内点滴によって、 静脈へ直に注入する、
ことにより、 血中のビタミン C 、 の、
濃度を大幅に引き上げる。
化学療法と、 高用量 ビタミン C
点滴療法を併用するケースは、
どんどん、 増えている。
他の治療法への助けとして、
この療法を用いれば、
大きな成果が得られる 」 。

「 高用量 ビタミン C 点滴療法は、
ほぼ、 すべての形態のガンに、
大変に有効である事が、 わかっている。
痛みが大いに減った、 と述べた患者は、
かなりの数にのぼる…(中略)、

…肺ガンによる呼吸困難があった、
患者たちの一人は、 点滴後に、
咳が鎮まったことに気付き、
本人も、 家族も、 驚いていた 」。

この雑誌の編集者:
「 我々は、 少なくとも、
高用量 ビタミン C 点滴療法の、
存在について、 知る必要がある 」。
人の命を救う、こうした情報を掲載する、
ことにより、
日本版 「 ニューズウィーク」 、 は、
皆に恩恵を施したのだ。
https://www.facebook.com/100003189999578/posts/1698263546956629/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック