現らしめはしても、現れはしないものら 、など 。 現先、の、おさらい。

【 時としての間 、 ばかりではなく、
空間や、 動きようらに、 重み 、 などといったものらも、
感じようらや、 観ようらにおける、 それらの各々と、 それらを基にもしてあるものらが、
より、 余計な属性らを、 除き去られる形で、
抽象化され 、
時系列の観念らの各々を、 構成したり、
し得たりする、 観念な、 物事らや、
因果系の観念らの各々を、 構成したり、
し得たりする、 観念な、 物事ら、 との、
関係性らを帯びさせられもし、

感じようらや、 観ようら、そのものとして、
我々の各々な、 観念らの成り立つ系において、
創造されて来てある、 それらの各々とは、
別に、 独り立ちし得てもあるものらである、
かのように、
それらを成り立たせる、 観念らの系の主らに、 感じられも、 観られもして来てある 。


ある、 実感らや、 直観らにおいては、
それらも、 独り立ちし得てあるものらである、
と、 明らかに、 判る 、
その宛 アテ に成り得ても来てあるにせよ、

それでも、 それらは、
感じようらや、 観ようらにおいて、
創造されて来てあるものらに対して、
元から、 離れてあったり、 独り立ちしてあったりし得てある、 ものらではなく、
感じようらや、 観ようら、 として、 創造されて来てあるものらが、 投影されてあるものらであり、

感じようらや、 観ようらを喚起はするが、
直に、 感じようらや、 観ようら、 そのものには、 成り得ないで来てある、
『 ものそのもの 』 、 などと、 言われる、
ものら、 とは、 区別される。


感じようらや、 観ようら、 そのものを呼び起こしながら、 感じようらや、 観ようら、 そのものには、 成り得ないで来てあるものらは、
我々には、 直には、 その在りようを知り得ない宛のものらとして、 在り得てあり、

感じようらや、 観ようらとして、 創造されて来てあるものらを投影されて観られる宛にされる事が、
あるにせよ、
それらに基づいてあるのではなく、
それらを喚起する、 因としての働きようらを成して来てあるだけで、
感じようらや、 観ようらそのものには、
成り得ないで来てある事において、
そうしたものらとは、 区別される 。


我々の各々である、 観念らの成り立つ系でもある、
精神系には、
何 グラム 重 、 などといった、 重さは、
全く、 無い 、
あるいは、 無くても、 それ自らの成り立ちを得る事が、 できる、 し、
それ自らが占め得てある、 一片の空間も、
無い 、
あるいは、 無くても、 それ自らの成り立ちを得る事が、 できる 、 が、

それらを、 感じようらや、 観ようらにおいて、
成り立たせ、 互いへ、 互いを関わり合わせる、
精神系の働きようらが成り立つ所々においては、
そうしたものらが、 在り得てあるようにも、
感じられ、 観られる事が、 あり得る 。


観念において、 同じ領域なり、
同じ枠組みなりに、 あるらしく、 観える、
ものらは、
全く、 何の力でもない、 単なる、 動的な、
位置に過ぎない、 粒子以下のものとしての、
物質らの各々が、 何らかの力としての働きようを成す主 ヌシ として在り得てあるかのように、
勘違いをされる宛にも成り得てあるように、

それ自らとは、 異なる、 そこに、 共に、
あるらしく観える、 ものらと、 浸透し合ってあるものででもあるかのごとく、 混一視され得る、
という事にも因 チナ んで、
そうした事らは、 成され得る 。


いずれにせよ、
日本国民たちは、 より早くに、
日本国民たちの足元の地下へ、 より、 難なく、
出入りも、 行き来もでき、 住む事もできる、
避難網らを、作り拡げてゆく、 公共事業らを成す事により、

日本の、 財務省の役人らと、 与野党の、
主な政治家らが、
ギリシャなどの、 そうした、 手引きをする賊員らが、 そうしたように、
英米のカネ貸しらの主張する事らを、 そのまま、
自らもまた、 オウム返しにして、 主張し、
実行もする事において、

日本の、 中央政府の財政における、 緊縮、を、
繰り返し、 成す事を通して、

彼らの奉仕すべき、 日本の主権者として、
彼らへの、 主 アルジ の立場にある、
日本国民たちへ、 デフレ不況性 、 を、
押し付け続けて来てある、

その、 デフレ不況性、 を、 解消し去ってゆく、
と共に、
日本国民たちの防衛性の度合いを飛躍的にも高めてゆくべき、 緊急性のある状況にもある 】。


☆ 古い記事の引っ越し保管と改訂など ;


☆ 現先取引 ( げんさき とりひき ) ;

◇ 現先取引 、 とは、

債券を、 一定期間後に、 一定の価格で、
買い戻す、 もしくは、 売り戻すことを、
条件として、 売り買いをする取引のことです。


◇ 期間は、 短いもので、 1日、
長いものだと、 数カ月のものもあります。


売り手が、 買い戻す約束をしている場合は、

『 売り現先 』 、 と、 言い、

買い手が、 売り戻す約束をしている場合は、

『 買い現先 』 、 と呼ばれます。


◇ メリットとしては、

売り手は、 債券を売ることによって、
短期の、 資金の調達ができることであり、

買い手は、 一定期間を、
債券を保有することによって、その期間に応じて、
付く、 利回りの金額を得られることです。



☆ 現先取引 、は、

債券や、 CP ( コマーシャル・ペーパー ) 、に、 CD ( 譲渡性 預金 ) 、 などを、
一定の期間の後に、 一定の価格で、
"買い戻す"、 あるいは、
"売り戻す"、 ことを、 予め、 取り決めた、
短期の資金の取引のことをいいます。


これは、 売り方と買い方が、 双方が、
合意の上で、 一定期間の利回りを、
相場の変動とは、 無関係に、 確定させるもので、
売り買いの形式をとりながら、

利子、 および、 当初の売り買いと、
反対の売り買い、 との、 単価差を組み合わせることで、
一定期間の利回りを確定する仕組み 、
と、 なっています。


その期間は、 短いもので、 1日、
長いもので、 数カ月 、 となっており、
また、 取引の収支尻は、
「 現先 レート 」 、と、 呼ばれる、
金利 、で、 計算されます。


◇ 一般に、 現先取引は、

売り手から見た場合を、
「 売り現先 ( 買戻し条件付 売買 ) 」、

買い手から見た場合を 、
「 買い現先 ( 売戻し条件付 売買 ) 」
、 と呼び、

売り手にとっては、 短期の資金調達手段として、

また、 買い手にとっては、
短期の資金の運用の手段として、

主に、 銀行や、 証券会社などに、
利用されて来ています。


通常、 マーケットで、 現先 、
と言った場合は、
「 債券の現先取引 」 、 を意味し、

本取引は、 短期金融市場において、
実質的に、 債券などを担保とした、
金融機関らの各々の間での、
資金の貸し借り、 という、 意味合いを持ちます。


◇ そのために、 日本の中央銀行である、
日銀も、 公開市場操作 ( オぺレーション )
の一つとして、
国債を使った、 現先取引によって、
金融市場での、 資金らの需給を調節しています。


なお、 債券の現先取引と、似たような取引に、
債券の、 レポ取引 、 がありますが、
現先が、 債券を、 担保に、 現金を貸し借りするのに対して、
レポ 、は、
現金を、 担保に、 債券を貸し借りする、
というもので、
その実体は、 債券と現金の、 どちらに、
注目しているかの違いだけで、
実質的な、 経済効果は、 同じです。


☆ レポ取引とリバースレポ取引とによる、
中央銀行による、 資金の供給の加減
2012/9/25 ;

ネット記事+論評群 http://www.worldtimes.co.jp/col/siten2/kp111018.html : :
法務省 koueki-psec@moj.go.jp :
:
☆ 菊池洋に:遺族へ、カルテを出す様に促す宛 09036496959 菊池医院 0192211620 通報宛先 ttp://www.jinji.go.jp/rinri/ 古い記事の引越改訂:
:

☆ レポ金利を生ずる、 債券らを貸し借りする取引 = レポ取引 :


◇ 債券を貸す主が、 債券を貸す、
見返りに、 担保金、である、
ある金額を受け取り、

一定期間を経た後に、
債券の返還を受けて、 担保金を返す、
という、 債券の貸し借り取引において、
貸し主は、
担保金への、金利を支払い、

借り主は、
債券への借り料を支払うが、

それらの差額 :
【 担保金への利息の金額 - 債券への借り料 】 が、
【 レポ 金利 】 、 で、
そうした取引が、 【 レポ 取引 】。 :



☆ 日本で、 レポ市場 、という場合は、 :

現金である、 担保が付いた、
債券らの貸し借り市場のことを言い、 :


◇ 債券への借り主は、
取引の決済に必要な、 債券を調達することを、
目的な事とし、 :

債券の貸し主は、
債券についての貸し料である、 担保金を得て、
それを運用して、 稼ぎ得る、
運用による、 利益の獲得を、 目的な事として、
取引が行われる。 : :


☆ 政策金利との絡みを観ると、 :

【 一般銀行ら、と、 それらへお金を貸す、
中央銀行との場合を観ると 】、 :
:
一般銀行らが、
債券らを、 中央銀行に貸し出して、
中央銀行から、 担保金である、
ある一定の金額を受け入れ、

債券の貸し主である、一般銀行らが、
差額の、 レポ金利 、 を、
中央銀行へ、 払う、 事になる。 :


☆ レポ 金利 を引き上げる、
という事は、
金利を引き上げて、
貸し出し総額を抑え減らす様にする、
事を意味する ≒

企業らや、人々が、 銀行ら等から、
お金を借りる時の費用が増して、
借りられるお金らの総額が減り、

色々な事業らで、 人手らが雇われる、
可能的な度合が減り、
あり得る、 労働らへ払われるカネらの総額が、
減り、
その金額らによる、 買い物らの、 あり得る、
度合が、 減る 。 :


@ リバース・レポ 取引 :

レポ取引 とは、 逆に、
債券らを、 担保に受け入れて、
資金を貸し出す :

【 = 将来に、 債券を返す、 代わりに、
貸した資金を返して貰う 】 。



@ リバース・レポ 取引 :

◇ 日本銀行 、
などの、 中央銀行が、
債券らを、 一般銀行らへ貸し出し、
一般銀行らから、 担保金 、という名の、
ある金額を、
中央銀行にある、 一般銀行らの各々へ当てがった口座から、 中央銀行の勘定へ受け入れ、
中央銀行が、 差額のリバース・レポ金利を払う、
という、 構図になる。 :
:

@ リバース・レポ金利を上げる、
という事は、 :

中央銀行が、 一般銀行らへ、債券らを貸し付ける度合いを増して、
一般銀行らから、
彼らが、 企業らや人々へ貸し出せる資金らを、
中央銀行が吸収する行為を伴う事であるから、

流動性を下げる :

【 世の中での、 カネ回りをなす、 そのカネらを、 世の中から減らす 】 、 事を意味する。 :



@ 初めの、 レポ金利の高上げが、
一般銀行らが、 中央銀行へ払う、 金額の度合いを増し、
一般銀行らが、 債券らを、 中央銀行へ差し出す度合いを減らし、

中央銀行から、 一般銀行らへ与えられる、
金額らが減る、 事を伴う場合には、


一般銀行らが、 企業らや人々へ貸せる、
元手の金額が減る、ので、

企業らや人々は、 より、 少ない、 元手の金額らを借りる為に、
より、 高い利息、金利を払う、
競争をさせられ合う度合が増して、

借金の費用である、 金利が高まり、
資本として働く、
資本性である、 おカネとして働く数値らを借りて、
成され得る、 事業らは、 減り、

それらで雇われ得る、労働らは、減る、ので、

あり得る、 労働らへ払われる金額らが、 減る、
方向へ、 圧力がかかり、

労働らへ払われる金額らが、 減れば、
買い物らへ使われ得る、 金額らが減り、

売り手である供給側の、 所得金額らが、 減り、

更に、 労働らへ払われ得る金額らは、減り、

更に、 買い物らに使われ得る金額らが減って、

手に手を取って、 螺旋 ラセン 階段を降りて行く、 2人の様に、

物価と、 所得金額らとが、 互いに、 互いを、
引き下げ合って行く、
デフレ・スパイラル型 ≒
物価下がり・螺旋型 、 の不況に成り得る方向へ、 圧力が掛かる事になる。


◇ 中央政府が、 それへの主である、
国民らから、 利子を付けて返す約束をする、
借りた形式で、 預かり得てある、 そのカネらを、 国民らへ回す度合を増す、 公共事業らを増すべき状況だ。


@ レポ 取引 、 とは、
アメリカでは、
買い戻す条件の付いた、売り取引を意味し、

Repurchase 、 が、語源で、
リパーチャス 取引 、とも、言う。 :


◇ 買い戻し条件や、 売り戻し条件の付いた、 債券の取引の事を、 レポ 取引 、 と言い、

日本では、 売り買いに加えて、
現金を、 担保に付ける、 債券の貸し借り取引をも、 レポ 取引 、 と、呼ぶ。 :


◇ 日本では、
買い戻し条件や、 売り戻し条件の付く取引を、
現先取引 、や、 新現先 、 と、呼び、 :


現金の担保の付いた、 債券の貸し借り取引を、
レポ 取引 、と、呼んで、 区別する事が、多い。 :
:


@ ある一定期間を、 債券を、 相手に貸し、
その担保として、 現金を受け取る取引や、
その逆の取引の事を、
現金担保 付き 債券 貸し借り 取引 、 といい、

一般に、 債券を貸す取引の方を、
レポ 取引 、 と、言い、 :

反対に、 債券を借りる取引を、
リバース・レポ 取引 、 という。

つまり、 同じ取引を、 立場の違いにより、
呼びかえている 。


◇ この取引には、 現金である、
担保による、 債券の貸し借り、
という機能と、
証券である、 担保による、
資金の、 運用に、 調達 、
という、 2つの機能らがある。 :


@ 簡単にいうと、
債券を必要としている相手に、 貸す為の取引と、
手持ちの債券を使って、
お金を調達したい場合の取引とがある。 :


こうした、2つの側面らがある事から、
現金 担保付き 債券 貸借取引 、 は、
あらかじめ、 債券 を特定する、
Special Collateral 取引
≒ SC 取引 、と、
債券を特定しないで行う、
General Collateral 取引
≒ GC 取引 、 に、 分かれている。 :


◇ 日本国債や、アメリカの財務省証券などの、 国債の貸し借りは、 GC取引に当たる。 :



@ 現先取引 、 とは、
債券を、 一定期間を経た後に、
一定の価格で、 買い戻す事を条件にして、
売る 、取引のことを、 いう。

現物での、 買い、を、 成し、
先物での、 売り、 を、 成す 、
事から、 現先取引 、 と呼ばれている。


◇ 現先取引 、では、 期間の利回りを、
相場とは、 関係を無しに、 確定させ得る 、 が、

その利回りの事を、 現先レート 、 という。



@ 現物: 今現在に、売買されているもの 。

先物: ××ヶ月後などに、 売買されるもの 。


◇ 現物取引とは、 スーパーで、 買い物をするのと、 同じです。

今あるものを、 今の値段で、 今買うのです。


◇ 先物取引とは、 ××ヶ月後に、 売買するが、
その価格は、 今決めておこう、 という取引です。


◇ 先物を、 100円で買った場合には、

××ヶ月後に、 101円になっていれば、
儲かるし、

99円になっていたら、 損をします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

奥州平山氏
2017年07月22日 10:36
過ぎ去れる 事の各々 すり合わせ
動きようらも 創られて、 今・・。

この記事へのトラックバック