自己投影にもより、頼みにすべきではない規定性の者らを当てにして来た日本国民ら一般

規定性

【 脳神経らを通る電気信号らの系として、
精神系を思い捉えて観る場合においても、
その脳神経だの、 電気信号だのを、 宛、対象として、格付けて観ている、 観念らが成り立っており、
それらは、 観念らの外側にあるものらとして、
その観念らの成り立つ場において、
規定されてはあるものの、
やはり、 観念の設定上の存在らである事に、
何の変わりも無い。

観念によって、 その設定上のありようらを、
自在に変え得ない対象だからといって、
そうした、 観念による操作の対象に成らないものらが、 我々の各々の、
観念らの成り立つ場において、
その様に在るものらとして、観得てある、
観念の設定上の存在である事を、
やめる訳ではない。
観念らの外側にあるものらとして、
観念の成り立つ場において、 自動的に、
規定されて、 現れ出て来る物事らも、
観念の無い場に実在している、 と、
我々が、仮定し、確信もしている、
観念の外側の存在らそのもの、 と、
因果の鋳型に当てはめても観得る関係性を成して、
現れ出て来るにしても、
観念が、 それ自らの成り立ちを得ていない
場において、 実在し得ているものとして、
我々が、 確信を成して、 思い構えて観ている、
宛のものらそのものと、
観念の場に現れ出て来る物事らとは、
全くの別物同士であり、
我々の観念らの設定される、 仕組みらに合った形で、 脳神経だの、 電気信号らだの、
それらの関わりようらだの、
あらゆる、存在の欠如としての、 無だの、
誰彼の死を意味する状況だのが、 現象する、
手筈に成っているだけであって、
我々の観念らとは、 それ自らの成り立ちようらの、 異なる、 観念めいた何彼らの成り立ちようらを通して、 自らの精神系めいた
何彼の成り立ってある領域には、 無い、
世界らを、 翻訳して、 観ている主らがある、
とすれば、 その主らは、 我々とは、 違う様に、
物事らを、観念めいた何彼の成り立ってある場で、
現象させて観ている事になる。

我々は、 どんなに、
自らの精神系の外側に出て、 物事らの実態に、
当たり得ている、 つもり、 を、
成り立たせる事ができるとしても、
全く、 自らの精神系から、 一歩も、
抜け出せない、 設定上の存在であり、

自らの時々の精神系の様らを成り立たせている、
感らや、知覚らに、 記憶化された知覚らからも成る、 観念らなどの組み合わせらを、
自らの精神系の、無い、場にある、
何彼らとして、 規定して観ている、
だけの事であって、
それは、 自らの精神世界を構成していたり、
一定の条件らが整った場合に、 構成し得たりする、
自らの精神系の、 一定部分らや、
可能的な一定部分らに、
それらから成るものらをして、
『 自分ではない、
自分の相手にしているものら 』 として、
仕立てて、 観ている、だけの事でしかない。

独り相撲を、 自分の一定部分ら等を相手として、
やっているだけの事で、
あなたが、 あなたではない何彼らとして、
自らの精神系において、 相手にしている何彼らの様らは、 あなた自らを成り立たせている、
あなた自らの精神系のからくりらが成り立たたせて、
あなたへ観せている、 あなたの精神系の一定部分ら等から成るものでしかない。

旅に行く事には、 日頃の人間関係などに対して、
精神的な距離を置く事を通して、 それらを思い捉え直す機会を自らへ与える等の、 様々な意味や、効果が在り得るにしても、 それにおいても、
それを成す主は、 一定条件らの整いと共に、
その主の精神系に現れ出る、 自らの精神系の一定部分ら等に出会うだけであり、
『 自分の現在 』 を構成する事象らとしか、
出会えない。

誰彼が発明した、 時間旅行機なる物で、
過去の事象らめいた事象らや、
未來の事象らめいた事象らに出会い得たとしても、
その主は、 『 自分の現在 』 を、
そこに伴っており、
『 自分の現在 』 を抜け出して、
在り得ている訳ではないので、
その過去の物事めいたものらも、
未來の物事めいたものらも、
『 その主の現在を構成するものら 』
でしかない。
そこに、あるのは、 現在であり、
現在を構成する事象らでしかない。

時間旅行なるものの不可能性は、
誰も、 『 自らの現在 』 を
脱け出す事ができず、
自らの現在と共にある様に、
設定されてある存在である、
という事にある。

この事は、 『 現在 』 にしか、
時間や、空間などが、 存在せず、
時間や空間と共にある様に、
我々の観念の成り立つ場で、 観られて来てもいる、 過去や、未來なるものには、
それら等が、 その様には、 在り得ない、
という事にも関連する。

観念らには、 観念として、
観念されているものらと、
観念ではないものとして、
観念されているものらとがあり、
我々は、 後者の物事らを相手として、
独り相撲をやり続け、
その様らを、 我彼へ向かって、
言葉にして、述べて観せたりもする。

物質らが、 何の力でもなく、
何の働きも、成し得ない、
ただ、 何らかの働きらを成して、
在り合っている、 色々な力らの居合わせている、
動的な位置でしかない、 にも関わらず、
力ら、という、
観念の設定上の存在でありながら、
そうではない、 観念の成り立っていない場らにも、 在るものとして、 観念において、
規定されてもある、 宛のものらが、
どこに在り、 在り得るか、 を、
我々に、 知らせ、 観察させ得る、
目安、 や、 指標とするだけに留めず、
まるで、 それ自体が、
有力な存在であり、 何らかの働きを、
自らの力で、 成り立たせもしている、
有力な存在である事が、
自明の理であるかの様に、
全く、 力としての属性が、無い、
全く、 無力な存在であり、
全く、 どんな働きも成し得ない、
全くの、 怠け者である、
ただの、 色々な力らの居合わせている、
その場でしかなく、
移動した様にも観られ得る、
『 動的な位置でしかない、
原子などの物質ら 』 を,
何らかの力や、 力の源泉などとして、
仕立てて、観せたりもする人々もいるが、
彼らへ、 その様に観せている、
その観念らの成り立ちようらを宛とした、
一定度合い以上の構築性を成してある、
分析知の体系らが、
そこには、 欠けてあるが為に、
その様に、 その主に観させている、
観念らの規定性らを思い分けて観て、
そうした観念事項らを成り立たせ得ている、
からくりや、 枠組みらそのものを解いてゆく、
といった、
日本の仏教の法相の人々や、
その業績らを踏まえ得た度合を成してもいた、
精神性の、 様々な宗派などを成した人々と、
その文化的な継承を成して来た人々が、
取り組んで来てもいる、 列辺 レベ
≒ レベル 、 以上の事を、
そうした人々は、 全く、 できないままに、
同じ浅瀬で、 足踏みをし、
立ち往生をしているだけで、
ゲルマン蛮族員らを、 自らの先祖らの一部に持つ人々などで、 羽振りなどがよく、
世界の人々を主導する、つもりや、態勢にある事を明ら様にして来てもいる人々においても、
大カントを始めとする、
ほんの数人だけを例外として、
全く、 観念らの矛盾し合う場合もある、規定性ら等を宛とする、 思い分かりの体系知らを欠いており、
日本の、 倫理的な自律性に基づいて成り立つ、
匠の精神性や、道の精神性のある人々までが、
無意識での、自己投影の罠に掛かってもいるせいで、 観念らへの解枠 トワク 性の度合いを、
ほとんど全く、 欠いている、 そうした者らへ、
彼らの関わり得る人々の事らを宛、対象とした、
調停などの事らを成すべき必要性の度合の甚だしい大きさを思い量りもせずに、 何となく、
地球社会の事らを任せた気になっている事は、
自らや、自らの将来世代の人々の、 命の存続や、
健康性の一定度合い以上での存続を前提とする、
それらも含む、 在り得る、 福利らを、
自ら、未然に、消し去ってゆく事らの組み合わせらが成る方向へ、不作為らによる、後押しを成す事でもあり、
より早くに、 彼らの精神的な実態ら一般と、
在り得る実態ら一般とを、
より体系的に、 思い分けて観てゆく
段階らを成すべき、 利害関係上の立場と、
倫理的な欲求性をみたし得る立場とに、
日本国民ら一般は、在る 】 。


@ 文明というのを、
地震に崩れる列辺の、 石造りか、金属からなる、建物らからなる都市の住人らによる、
文物や、社会生活の体系といったものに限定して、

地震にも、壊れにくい様に設定し得てある、
体系知らからもなる、
木造りの建物ら 、 からなる、 集落らにおける人々の社会生活などの体系らを、
文明の、ではない、とする事には、
合理性は、全く、無く、
一部のゲルマン蛮族上がりの、歴史的な被差別者ら等が、
自分らの側のものだけを、
自分らに、なじみのない人々のものよりも、
高級である様に、 思いたいし、
思わせもしたい、 という、

シナ朝鮮人ら一般の、 反社会的な、氏族儒教型の、価値序列の観念の体系でもある、 部族道徳律の観念体系が、
自他への、序列化差別を成す事への志向性を、
主な規定性として成り立ってある様に、

自他への、序列化差別を成す規定性のある、
価値序列の観念体系に基づいて、
彼らに特有の、 文明なるものを述べて来てもいる
実態らがあるが、

日本列島には、
土器と、 土器らの存在機能らが可能にした、
煮物料理ら等や、
一定度合い以上の耐震性への
体系知らを帯びてある、
木造りの建物ら等に具現された、 体系知らと共に、 社会生活の体系知らを成し行う人々による、
日本型の文明が、 縄文時代には、既にあり、
社会一般の人々の、在り得る福利らを、
中長期的には、 最も拡充してゆく事に向いている、
社会建設性に富む、
匠の精神性なり、 道の精神性なりを、
代々に、つちかい、伝えて来得ているもいる。

シナ朝鮮人ら一般のメンタルに類する、
サイコパス性
≒ 精神病質性
、の、 一定度合い以上に、
深刻な精神性の者らをのぞけば、
日本社会一般の人々への反感性を成している、
精神性の度合いが少ない分だけ、
こうした事は、 ありのままに認め得る類の事だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

奥州平山氏
2017年06月29日 21:37
選ぶ意思 成れば、 因果の 必然系 選ぶ宛なる 可能らを観せ・・。

この記事へのトラックバック